監査役の報酬に関する方針

Top PDF 監査役の報酬に関する方針:

んでまいります (3) 経営陣幹部 取締役の報酬を決定するに当たっての方針と手続き本報告書の 報酬の額又はその算定方法の決定方針の開示内容 に記載のとおりです (4) 経営陣幹部の選任と取締役 監査役候補の指名を行うに当たっての方針と手続き本報告書の 業務執行 監査 監督 指名 報酬決定等の機能に係

んでまいります (3) 経営陣幹部 取締役の報酬を決定するに当たっての方針と手続き本報告書の 報酬の額又はその算定方法の決定方針の開示内容 に記載のとおりです (4) 経営陣幹部の選任と取締役 監査役候補の指名を行うに当たっての方針と手続き本報告書の 業務執行 監査 監督 指名 報酬決定等の機能に係

その結果、取締役会議事運営は概ね適切であり、当社取締役会実効性は充分確保されているものと評価いたしました。 今後につきましても、継続して取締役会自己分析・評価を行い、取締役会更なる実効性向上に努めてまいります。 【補充原則4 −14−2 取締役・監査に対するトレーニング方針】 取締役及び監査は、その役割や責務を果たすために、経理財務やリスクマネジメント等について、有識者・専門家を招いたセミナー開催や社 外セミナー・各種研修会・講演会へ参加など、知識習得や更新等研鑽に努めております。新任社外取締役及び社外監査については、 就任時に当社に関する知識を習得するために、自社事業・財務・組織等説明、工場見学等を実施しております。就任後も必要に応じて継続的 に研修等を実施してまいります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

取締役及び監査役に対する株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の導入に関するお知らせ

取締役及び監査役に対する株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の導入に関するお知らせ

記 1.目的 当社では、平成22年10月に「骨太方針」と題する向こう10年間経営目標を 設 定 い たし ま し た 。こ れ に あわ せ 、 「 骨太 方 針」 達 成 た め 、 取締 等 に対 する 目標 達成度合いに応じて支給する中期インセンティブ報酬を設計することとし、取締役及 び監査に対する株式報酬型ストックオプションを予定しております。

2 さらに読み込む

本報告書の 2.1. 取締役報酬関係 報酬の額又はその算定方法の決定方針の開示内容 に記載のとおりです 4. 経営陣幹部の選任と取締役 監査役候補の指名を行うに当たっての方針と手続経営陣幹部 ( 部長 ) の選任については 以下のことを勘案の上 候補者を選び 取締役会決議を経て選任しております 1

本報告書の 2.1. 取締役報酬関係 報酬の額又はその算定方法の決定方針の開示内容 に記載のとおりです 4. 経営陣幹部の選任と取締役 監査役候補の指名を行うに当たっての方針と手続経営陣幹部 ( 部長 ) の選任については 以下のことを勘案の上 候補者を選び 取締役会決議を経て選任しております 1

 取締役選任手続については、取締役会で候補者を推薦し、株主総会決議により決定しております。また、監査選任に関する議案を株 主総会に提出するに際しては、監査同意を得ることとしております。 5.経営陣幹部選任と取締役・監査候補個々選任・指名について説明  取締役候補及び監査候補につきましては上記方針に基づき選任・指名しておりますが、現在は個々選任・指名理由を開示しておりませ ん。今後、企業活動透明性観点から、株主総会招集通知及び有価証券報告書を通じて個々略歴について開示する方針です。
さらに見せる

12 さらに読み込む

様式 1 公表されるべき事項 国立大学法人高知大学 ( 法人番号 ) の役職員の報酬 給与等について Ⅰ 役員報酬等について 1 役員報酬についての基本方針に関する事項 1 役員報酬の支給水準の設定についての考え方 高知大学の主要事業は教育 研究事業である 役員報酬水準を検

様式 1 公表されるべき事項 国立大学法人高知大学 ( 法人番号 ) の役職員の報酬 給与等について Ⅰ 役員報酬等について 1 役員報酬についての基本方針に関する事項 1 役員報酬の支給水準の設定についての考え方 高知大学の主要事業は教育 研究事業である 役員報酬水準を検

  高知大学は、本学が理念としている「教育基本法精神に則り、国民的合意下に、 地域社会及び国際社会に貢献しうる人材育成と学問、研究充実・発展推進」に基 づき、教育研究さらなる高度化を図り、国内外多様な分野において指導的 割を果たす人材を育成することを使命としている。また、四国山地から南海トラフに至る まで地球環境を眼下に収め、「地域から世界へ、世界から地域へ」を標語に、現場主 義精神に立脚し、地域と協働を基盤とした、人と環境が調和とれた安全・安心で 持続可能な社会構築を志向する総合大学として教育研究活動を展開し、教育では、 総合的教養教育を基盤とし、「地域協働」による教育深化を通して課題解決能力あ る専門職業人を養成、研究では、黒潮圏にある豊かな地域特性を生かした多様な学術 研究を展開し、もって世界と地域を往還する教育・研究成果を発信し、地域社会・国 際社会発展に寄与することを学長リーダーシップ下で推進している。
さらに見せる

12 さらに読み込む

price_list_31_36.indd

ビジョン 競争力のあるスペシャリティーファーマを目指す (2) コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方と基本方針本報告書 Ⅰ1. 基本的な考え方 および 当社基本方針 をご覧ください (3) 取締役会が経営陣幹部 取締役の報酬を決定するに当たっての方針と手続本報告書 Ⅱ1. 取締役報酬関係 報

当社では、コーポレート・ガバナンス充実を株主価値向上ため重要課題であると認識下で、経営監督と執行機能分担を明確に して、取締役会における迅速かつ適切な経営判断と機動的な業務執行に努めております。 社外取締役は、独立性高い立場から、取締役会で議案審議等において適宜必要な発言をすることにより、取締役会における監視・牽制機 能を果たす他、外部幅広い知見に基づく助言・提言により、取締役会が適切かつ柔軟な経営判断を下すため機能を果たしております。 当社といたしましては、現在ところ上記コーポレート・ガバナンス体制が十分にその機能を果たしていると考えております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

⑦【参考資料1】平成28年度診療報酬改定の基本方針(骨子案)に関する参考資料

⑦【参考資料1】平成28年度診療報酬改定の基本方針(骨子案)に関する参考資料

○ このため、高度な急性期医療が必要な患者は、質高い医療や手厚い看護が受けられ、リハビリが必要な患者 は身近な地域でリハビリが受けられるようにする必要があります。同時に、退院後生活を支える在宅医療や介護 サービスを充実し、早期に在宅復帰や社会復帰ができるようにするとともに、生活支援や介護予防を充実させ、住み 慣れた地域で長く暮らすことができるようにする必要があります。

23 さらに読み込む

貸借対照表 前会計年度本会計年度前会計年度本会計年度 ( 平成 28 年 ( 平成 29 年 ( 平成 28 年 ( 平成 29 年 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 < 資産の部 > 未収金前払費用貸付金その他の債権等貸倒引当金有形固定資産 <

2. 監査役会に関する事項は 法令 定款および別に定める 監査役会規程 による ( 役付取締役 常務会 ) 第 7 条役付取締役は 常務会を組織して 取締役会の決定した経営基本方針に基づき経営に関する重要事項を審議 決定する 2. 常務会に関する事項は 別に定める 常務会規程 による ( 取締役の業

3)各部・室業務計画を決定し、各種業務活動を調整し、その実行を監督する。 4)各部・室予算案を統括調整して、本部予算案を申請するとともに実行予算内重要支出を承 認し、予算実行を監督する。また、予算支出稟議を承認する。 5)担当本部内組織、業務分掌および役職者人事異動・変更を取締役社長に申請する。 6)担当本部内人事考課を評価調整し、部・室長等管理監督者を評価する。

34 さらに読み込む

独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構 ( ) の役職員の報酬 給与等について Ⅰ 役員報酬等について 1 役員報酬についての基本方針に関する事項 1 役員報酬の支給水準の設定についての考え方 役員の報酬水準については 国家公務員給与 民間企業の役員の報酬等を考慮して定め

独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構 ( ) の役職員の報酬 給与等について Ⅰ 役員報酬等について 1 役員報酬についての基本方針に関する事項 1 役員報酬の支給水準の設定についての考え方 役員の報酬水準については 国家公務員給与 民間企業の役員の報酬等を考慮して定め

JOGMEC副理事長は理事長を補佐し、我が国企業による資源開発支援、資源 備蓄、金属鉱業等における鉱害防止に必要な技術及び資金供給等重要な任 務へ取組が求められており、それに見合った適切な処遇が必要である。副理事 長報酬水準については、国家公務員給与(事務次官給与 23,175千円(平成28 年人事院))、機構と同規模民間企業役員報酬(27,429千円(平成28年民間 企業役員報酬調査)等を考慮して定めており、また、平成28年度業績給につい ては、平成27年度評価結果(A評価)及び役員報酬水準等を総合的に勘案して、 評価結果に即した割合1.5で支給しており、妥当である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

本報告書 Ⅰ1. 基本的な考え方 および 当社基本方針 をご覧ください (3) 取締役会が経営陣幹部 取締役の報酬を決定するに当たっての方針と手続本報告書 Ⅱ1. 取締役報酬関係 報酬の額又はその算定方法の決定方針の開示内容 をご覧ください (4) 取締役会が経営陣幹部の選解任と取締役 監査役候補の

本報告書 Ⅰ1. 基本的な考え方 および 当社基本方針 をご覧ください (3) 取締役会が経営陣幹部 取締役の報酬を決定するに当たっての方針と手続本報告書 Ⅱ1. 取締役報酬関係 報酬の額又はその算定方法の決定方針の開示内容 をご覧ください (4) 取締役会が経営陣幹部の選解任と取締役 監査役候補の

また、執行役員制度を執り、執行役員が業務を執行し、取締役は経営・監督機能に専念しております。当制度下、社長と各部門執行責任者に よる部門執行責任者会議を月2回程度開催し、取締役会、経営会議で決議事項実施・進捗状況報告や課題、改善策検討を行っておりま す。 さらに、監査会、会計監査人、監査部による監査が、各々監査計画に従い実施され、社長、取締役会に報告されております。社長と監査・ 会計監査人、監査と会計監査人、会計監査人と財務担当取締役が定期、不定期に会合を開催し、連携を保っております。なお、監査機能 強化に係る取組み状況につきましては、本報告書Ⅱ1.【監査関係】「監査、会計監査人、内部監査部門連携状況」および【社外取締役(社 外監査サポート体制】をご参照ください。
さらに見せる

15 さらに読み込む

当社の取締役の報酬等の額は 各取締役の職責および経営への貢献度に応じた報酬と 役位に応じた報酬 また会社業績や各取締役の成果に連動して算定する報酬とを組み合わせて算定することを基本としております 監査役の報酬額は 株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において 常勤監査役と非常勤監査役の別 社内監査

当社の取締役の報酬等の額は 各取締役の職責および経営への貢献度に応じた報酬と 役位に応じた報酬 また会社業績や各取締役の成果に連動して算定する報酬とを組み合わせて算定することを基本としております 監査役の報酬額は 株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において 常勤監査役と非常勤監査役の別 社内監査

Ⅳ 内部統制システム等に関する事項 1.内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況 (1)内部統制システムについて基本的な考え方 当社役割は、ディスクロージャー・IR実務に関する情報加工サービス専門会社として、お客様から投資家へ適正な情報開示を総合的 に支援することを通して、投資家適正な企業価値評価と投資行動を促進し、お客様各社資金調達と成長戦略を支援することにあります。 その結果、資本市場健全な成長に寄与し、ひいては経済、社会発展に貢献することが、当社社会的使命です。この使命実現ために 定めた経営理念と、経営理念に基づく「社会・環境行動基準」、「PRONEXUS行動基準」ふたつ行動基準によって、企業市民と事業会社 両側面から経営あり方を明確化しております。なかでも当社は開示前機密情報を取り扱うことから、「社会・環境行動基準」に「法令遵 守と機密保持」と「フェア&オープン」を重要な基準として掲げております。この「社会・環境行動基準」に基づき「内部統制システム基本方 針」を定め、コンプライアンス委員会設置、リスク管理統括部門設置、業務執行効率性と適正性確保、内部監査実効性確保等、コ ーポレート・ガバナンス骨格を明確化しております。
さらに見せる

14 さらに読み込む

取締役会に諮って決定しています また 監査等委員である取締役の報酬に関しては 監査等委員である取締役報酬等の基準に関する内規 に基づき 監査等委員である取締役の協議によって決定しています (iv) 当社では 経営陣幹部の選解任につきましては 業績や会社への貢献度などの総合的な評価に基づき 取締役会が

取締役会に諮って決定しています また 監査等委員である取締役の報酬に関しては 監査等委員である取締役報酬等の基準に関する内規 に基づき 監査等委員である取締役の協議によって決定しています (iv) 当社では 経営陣幹部の選解任につきましては 業績や会社への貢献度などの総合的な評価に基づき 取締役会が

(v)当社では、株主総会招集通知で、選解任・指名について説明します。 〈補充原則4-1-1> 当社取締役会では、「取締役会規則」で会社法に定める取締役会専決事項ほか、株主総会に関する事項、財務に関する事項、取締役に関する 事項、株式および社債に関する事項、内部統制システム整備に関する事項、当社グループに係る経営基本方針、取締役に決定を委任する 事項、重要な業務執行、その他社長が必要と認めた事項について取締役会で決定することとし、それ以外具体的な業務執行等については代表 取締役または担当取締役に委任することとしています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

(社)日本監査役協会

(社)日本監査役協会

・ 全て業種で「内部統制監査及び四半期レビュー双方に関する報酬額を含め、既に監査契約を締結 した」とする回答が最も多く、商業、不動産業でその傾向は顕著である。 ・ 建設業、電気・ガス業、金融・保険業では「内部統制監査及び四半期レビューを含めた監査契約を仮 契約として締結したが、報酬額については調整中」と回答が多く、規模が大きく、また、各種業法 により規制を受ける業種ほど調整に時間を要するものと考えられる。
さらに見せる

61 さらに読み込む

28 CONTENTS 各監査担当の連携状況 の職務の執行が効率的に行われるこ および監査役の報酬 監査報酬の内容 常勤監査役 監査法人およびマツダの監査部 とを確保するための体制 および監査役の報酬については 株主 監査公認会計士等に対する報酬は次のとお 門は 以下の会合を定期的に設け 内部統制に

28 CONTENTS 各監査担当の連携状況 の職務の執行が効率的に行われるこ および監査役の報酬 監査報酬の内容 常勤監査役 監査法人およびマツダの監査部 とを確保するための体制 および監査役の報酬については 株主 監査公認会計士等に対する報酬は次のとお 門は 以下の会合を定期的に設け 内部統制に

日本語 http://www.mazda.com/ja/investors/stockinfo/meeting/ 英語 http://www.mazda.com/en/investors/stockinfo/meeting/ 株主・投資家と対話  マツダは、適時・適切な情報開示を実施する という方針もと、さまざまなIR活動を展開し ています。株主・投資家皆様と対話機会 として、株主総会をはじめ、四半期ごと決算 説明会を開催し、経営状況や事業活動につい て説明しています。また、国内・海外証券アナ リスト、機関投資家、個人投資家などへ事業 説明会を実施しています。
さらに見せる

7 さらに読み込む

当社は 持続的な成長と中長期的な企業価値向上の実現に貢献するための資質があり 専門的知識を有する人物を 幅広く候補者として人選し 取締役は取締役会において決定しており 監査役は監査役会において決定しております (5) 取締役会が上記 (4) を踏まえて経営陣幹部の選解任と取締役 監査役候補者の指名を

当社は 持続的な成長と中長期的な企業価値向上の実現に貢献するための資質があり 専門的知識を有する人物を 幅広く候補者として人選し 取締役は取締役会において決定しており 監査役は監査役会において決定しております (5) 取締役会が上記 (4) を踏まえて経営陣幹部の選解任と取締役 監査役候補者の指名を

 毎月開催される取締役会において、経営企画部門を通じて関係書類提出や内容説明、議事録提出等を行っております。また、重要議案に つきましては、個別に事前説明を行うことにより、取締役会における業務執行向上を図っております。 2.業務執行、監査・監督、指名、報酬決定等機能に係る事項(現状コーポレート・ガバナンス体制概要)  重要な意思決定については、社外取締役2名を含む5名取締役で構成されている取締役会において審議上、取締役会において決議されて おります。また、取締役会で決議された事項においては、経営会議に迅速に伝達を行うことにより、業務執行責任明確化を図っております。当社 は、監査制度を採用しており、株主総会もとに法定機関である取締役会、監査会を設置し、毎月定例取締役会を開催すると同時に、年間 数回監査会を開催しております。毎月開催される取締役会においては、重要事項審議、業務執行に関する検討・審議など、監督機関として 運営を行っております。さらに、月2回経営会議及び月1回グループ経営会議を設けております。当該会議を通じて、法令遵守精神を繰 り返し確認すると共に、激変する経済環境へ対応を協議しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

H14調査報告書

目次 1. ガバナンス体制... 1 取締役 監査役選任... 1 役員の独立性基準... 1 各会社機関の独立性基準... 2 監査役会設置会社... 2 指名委員会等設置会社... 2 監査等委員会設置会社... 3 活動状況... 3 経験... 3 利益相反... 4 役員兼任数... 4

基本的に、提案額が他競合他社と比較して過剰な金額でない限り、賛成助言とする。近年、業績連 動型タイプ報酬を導入する企業も増えてきているが、その詳細は開示されず、対象者に社外取締役 や社内外監査が含まれる場合がある。その場合、反対助言とする場合もある。社外取締役と社内外 監査職務は、株主を代表して、経営陣による過剰なリスクを伴う業務判断などを回避させる事で あるが、そのような社外取締役や社内外監査報酬が社内役員と同内容業績連動型である場合、 彼ら独立性に影響を及ぼす懸念が生じると考えるためである。
さらに見せる

13 さらに読み込む

Microsoft Word - M 平成30年度診療報酬改定の基本方針

Microsoft Word - M 平成30年度診療報酬改定の基本方針

○ 今後、 2025 年にはいわゆる団塊世代が全て 75 歳以上高齢者となり、 2040 年にはいわゆる団塊ジュニア世代が 65 歳以上高齢者となる等、人口 高齢化が急速に進展する中で、活力ある社会を実現することが必要である。 そのためにも、国民一人一人予防・健康づくりに関する意識を涵養し、健 康寿命延伸により長寿を実現するとともに、世界に冠たる国民皆保険持 続可能性を確保しながら、あらゆる世代国民一人一人が状態に応じた安 心・安全で質が高く効果的・効率的な医療を受けられるようにすることが必 要である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

代表取締役副総裁 代表取締役専務取締役 専務取締役 常務取締役 取締役 常勤監査役

代表取締役副総裁 代表取締役専務取締役 専務取締役 常務取締役 取締役 常勤監査役

5,495,419 6,932,687 1,437,268 (26.2%) 区  分 比較増減 1 対前年比状況 平成29年度においては、「給与、報酬等支給総額」が前年度比+0.9%、「最広義人件費」が前年 度比+2.7%となった。これは、人事院勧告を踏まえた国家公務員給与改定に関する取扱いに準 じて国家公務員と同様ベースアップ及び賞与支給月数増加を実施したこと、前年に比べ定年退 職者数が多かったことから退職手当支給額が増加したことが主な要因となっている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

監査役会は 監査役の権限強化を図るため上限を 5 名とし 会社法第 335 条第 3 項の定めに基づきその半数以上が社外監査役で構成されております また 監査役は内部監査部門 会計監査人と連携し 三様監査が各々有効となるように努め業務全般に対する監査の充実を図っております 監査役候補の指名は 代表取

監査役会は 監査役の権限強化を図るため上限を 5 名とし 会社法第 335 条第 3 項の定めに基づきその半数以上が社外監査役で構成されております また 監査役は内部監査部門 会計監査人と連携し 三様監査が各々有効となるように努め業務全般に対する監査の充実を図っております 監査役候補の指名は 代表取

取締役会は、業務執行者による職務執行をはじめとする経営全般に対する監督機能を担い、経営公正性・透明性を確保するとともに、法令又 は定款で定められた事項ほか、経営方針や経営計画、事業会社業務執行に関する重要事項等についても、意思決定を行っております。これ ら以外重要な業務執行及びその決定については、グループ経営会議等下位会議体及び担当取締役に権限委譲を行うとともに、取締役会 は、それら会議体及び取締役職務執行状況を監督しております。社外取締役は、当社グループ持続的な成長と中長期的な企業価値 向上を図るため、ステークホルダー視点に立ち、取締役会及び取締役業務執行ならびに利益相反を監督しております。
さらに見せる

13 さらに読み込む

マネジメントアプローチ 株主総会 会計監査人の選解任 監査役の選解任 取締役の選解任 監査 選解任議案の決定 連携 監査役会 会計監査人 補助 監査役室 監査 経営の意思決定権限委譲 取締役会 監督 答申 経営 監督 役員等報酬諮問委員会役員等指名諮問委員会コーポレート ガバナンス委員会 連携 業務

マネジメントアプローチ 株主総会 会計監査人の選解任 監査役の選解任 取締役の選解任 監査 選解任議案の決定 連携 監査役会 会計監査人 補助 監査役室 監査 経営の意思決定権限委譲 取締役会 監督 答申 経営 監督 役員等報酬諮問委員会役員等指名諮問委員会コーポレート ガバナンス委員会 連携 業務

 「考える会」で議論概要は、企業行動委員を通じて組織長へ、参加者を通じて各職場 へそれぞれフィードバックされます。同時に社内イントラネットにも掲載し、従業員全員が閲覧で きます。 「考える会」で提起されたコンプライアンス課題うち、全社レベルで取り組むべき課題 については、企業行動委員会で報告・議論され、具体的なAGP浸透施策やコンプライアンス 推進活動に反映しています。2017年度「考える会」では、 「働き方改革」 を通じて得られた成 果およびコンプライアンスに関わる課題を中心に議論しました。今後もAGP浸透中心的な 活動として、継続的に実施します。
さらに見せる

10 さらに読み込む

取締役 当行の平成 27 年度における取締役の役員報酬基準の内容は以下のとおり 本俸( 月額 ) :864 千円 特別調整手当( 月額 ): 特別手当( 年額 ) : 平成 27 年度における改定内容として 以下のとおり実施 常勤監査役 当行の平成 27 年度における常勤監査役の役員報酬基準の内容は

取締役 当行の平成 27 年度における取締役の役員報酬基準の内容は以下のとおり 本俸( 月額 ) :864 千円 特別調整手当( 月額 ): 特別手当( 年額 ) : 平成 27 年度における改定内容として 以下のとおり実施 常勤監査役 当行の平成 27 年度における常勤監査役の役員報酬基準の内容は

4 モデル給与 5 業績給仕組み及び導入に関する考え方 【講ずる措置】  当行では、年功によらず人事評価に応じた処遇とする人事制度を導入しており、 同制度を適正に運用することで人件費増加を抑制すると共に、これまで国家公 務員に準じた給与改定を実施してきている。この結果、本行ラスパイレス指数 (年齢・地域・学歴勘案)は、平成17年度127.4から平成27年度114.8に▲12.6 ポイント低下している。平成28年度においても、引続き人事制度を適正に運用する ことに加えて、職員早期退職等により人件費増加を抑制する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...