718百万円減益の1, 006百万円となりまし

Top PDF 718百万円減益の1, 006百万円となりまし:

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

ロバート・ボッシュ GmbH 株主 出資比率 ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新テクノ ロジーサービスを提供するリーディングカンパニーで す。従業員数は約 40 2,000 人( 2017 年 12 月 31 日現 在)を数え、 2017 年度売上高は 781 億ユーロを計上 しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業 機器テクノロジー、消費財、およびエネルギー・ビルデ ィングテクノロジー 4 事業セクター制で運営していま す。ボッシュは IoT テクノロジーリーディングカンパニ ーとして、スマートホーム、スマートシティ、コネクテッ ドモビリティ、さらにコネクテッドマニュファクチャリ ングに関する革新的なソリューションを提供していま す。ボッシュはセンサー技術、ソフトウェア、サービス に関する豊富な専門知識「 Bosch IoT cloud 」を 活かし、さまざまな分野にまたがるネットワークソリ ューションをワンストップでお客様に提供することが できます。コネクテッドライフにつながる革新技術を 提供することを、ボッシュ・グループは戦略目標に掲 げています。私たちは革新的で人々を魅了する製品 サービスを通じて、全世界人々生活質を向上さ せることを目指しています。この方針に基づき、ボッシ ュは 「 Invented for life 」をスローガンに掲げ、人社 会に役立つ革新的なテクノロジーを提供し続けていま す。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュ GmbH その子会社約 440 社、世界約 60 カ国で事業を展開する 現地法人で構成されており、販売/サービスパートナー を含むグローバルな製造・エンジニアリング・販売ネッ
さらに見せる

68 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

※  業績予想適切な利用に関する説明、その他特記事項 本資料に記載されている業績見通し等将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的である判断 する一定前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨ものではありません。また、実際業績等は 様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想前提なる条件及び業績予想ご利用にあたって注 意事項等については、添付資料3ページ「1.当四半期決算に関する定性的情報(3)連結業績予想など将来予測 情報に関する説明」をご覧ください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

本資料に記載されている業績見通し等将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的である判断 する一定前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨ものではありません。また、実際業績等は 様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想前提なる条件及び業績予想ご利用にあたって注 意事項等については、添付資料2ページ「1.当四半期決算に関する定性的情報(3)連結業績予想など将来予測 情報に関する説明」をご覧ください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」 いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計 基準」いう。)等を第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合子会社に対する当社持分 変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度費用として計上す る方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間期首以後実施される企業結合については、暫定的な 会計処理確定による取得原価配分額見直しを企業結合日属する四半期連結会計期間四半期連結財務諸表 に反映させる方法に変更しております。加えて、四半期純利益等表示変更及び少数株主持分から非支配株主持 分へ表示変更を行っております。当該表示変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間及び前連結会 計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表組替えを行っております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

  番号 物件名称 PML評価者 調査書日付  PML値(%) (注) 72 コンフォリア新宿御苑Ⅱ SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 9.15 73 コンフォリア市谷柳町 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 3.87 74 コンフォリア神楽坂 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 9.53 75 コンフォリア東池袋EAST SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 4.46 76 コンフォリア東池袋 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 2.75 77 コンフォリア新子安 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 7.52 78 コンフォリア新栄 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 12.26 79 コンフォリア北堀江 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 13.49 80 コンフォリア二番町 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 1.60 81 コンフォリア西新宿 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年12月 4.66 82 コンフォリア駒場 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年11月 7.40 83 コンフォリア神田神保町 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 6.87 84 コンフォリア日本橋 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 8.52 85 コンフォリア田町 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 6.55 86 コンフォリア麻布十番 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 6.40 87 コンフォリア錦糸町 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 8.15 88 コンフォリア南砂町 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 6.60 89 コンフォリア東品川 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年11月 3.83 90 コンフォリア目黒八雲 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年11月 5.51 91 コンフォリア用賀 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 8.96 92 コンフォリア新宿御苑Ⅰ SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 2.96 93 コンフォリア神楽坂DEUX SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 3.41 94 コンフォリア板橋仲宿 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2014年10月 3.40 95 コンフォリア北三条 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2015年9月 0.28 96 コンフォリア麻布EAST SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2015年9月 6.78 97 コンフォリア品川EAST SOMPOリスケアマネジメント株式会社 2015年10月 4.78 98 コンフォリア
さらに見せる

76 さらに読み込む

2016 第17号 百万人 兆円 特集 兆円

2016 第17号 百万人 兆円 特集 兆円

図5 C2A顧客情報連携イメージ 3.2 店内で顧客行動を見える化する    『買物動線分析』  買物動線分析は、店内で顧客買い回り行動を見える化・ 分析し、参謀による施策立案までをトータルに提供するサー ビスである。客単価を最大化させる4つステップ②でも示 したように、店内買い回り行動を把握することは、売上高を向 上させるためには欠かせない要素である。なぜなら、買物動線 を把握することが、効果的な店内レイアウトや棚割りなどに繋が り、ストレス無く滞店時間を延ばすことが可能なる。結果し て、非計画購買が促進され、客単価向上に寄与することになる。 事実、計画購買非計画購買を比較した場合、非計画購買が80 ~90%を占めるという調査結果がある[5]。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

当社は、平成 22 年 6 月 1 日、株主責任一環として、当社筆頭株主である当社取締役 相談役秋元竜弥間で、当社取締役相談役秋元が保有する当社普通株式 763,620 株のう ち、担保が設定されている 240,000 株および株式が制度信用銘柄に選定されているために 預託している 4,590 株を除いた 519,030 株について、事業再生ADR手続が成立すること を条件として、当社に対し無償譲渡することにつき合意いたしました。当社は、無償譲渡 を受けた自己株式 519,030 株式については、全て消却する予定です。この点詳細につい ては、平成 22 年 6 月 1 日付「自己株式無償取得及び消却に関するお知らせ」において公 表しております。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

  ⑧情報セキュリティ及び個人情報保護 事業活動において、グローバルなコンピュータネットワークや情報システムが不可欠なるなか で、ソフトウェアやハードウェア不具合ほか、世界規模でサイバー攻撃、コンピュータウィル スへ感染、個人情報漏えいなど発生リスクが高まっています。DNPは、情報セキュリティ 及び個人情報保護を経営最重要課題ひとつとして捉え、体制強化や社員教育などを通じてシス テムデータ保守・管理に万全を尽くしていますが、万一、悪意あるサイバー攻撃や事故などが 発生した場合には、事業活動に影響が及ぶ可能性があります。
さらに見せる

37 さらに読み込む

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

WEB事業主たる事業領域であるインターネットビジネス業界は、スマートフォンひとつで行える様々なサービス が普及し、人々生活インターネットが密接に関係するなど引き続き拡大傾向にあります。また、テクノロジー を活かした新たなサービスが続々登場しており、今後成長余地についても十分にある業界考えられます。 当社が運営するバーティカルメディアサイトや総合プラットフォームサイト「生活110番」についても、「生活お 困りごと」を抱えるユーザーをWEB集客し、テクノロジーを活かしてライフサービスを提供する加盟店マッチング させており、今後においても需要が拡大していく想定されます。
さらに見せる

22 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

(2)財政状態に関する説明 …………………………………………………………………………………………… 2 (3)連結業績予想など将来予測情報に関する説明 ……………………………………………………………… 2 2.四半期連結財務諸表及び主な注記 …………………………………………………………………………………… 3 (1)四半期連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………………… 3
さらに見せる

10 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

○添付資料目次 1.経営成績等概況 ……………………………………………………………………………………2 (1)当期経営成績概況 …………………………………………………………………………2 (2)当期財政状態概況 …………………………………………………………………………3 (3)当期キャッシュ・フロー概況 ……………………………………………………………3 (4)利益配分に関する基本方針及び当期・次期配当 …………………………………………4 (5)今後見通し ……………………………………………………………………………………4 2.会計基準選択に関する基本的な考え方 …………………………………………………………4 3.連結財務諸表及び主な注記 …………………………………………………………………………5 (1)連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………5 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 ……………………………………………………7 (3)連結株主資本等変動計算書 ……………………………………………………………………9
さらに見せる

20 さらに読み込む

(2) 譲渡予定資産の概要 No 物件名称用途 売買契約締結予定日 譲渡予定日 譲渡先 譲渡予定価格 ( 百万円 ) 帳簿価格 ( 注 1) ( 百万円 ) 譲渡予定価格と帳簿価格の差異 ( 注 2) ( 百万円 ) 1 Morisia 津田沼商業施設 平成 29 年 9 月 29 日 平成 29

(2) 譲渡予定資産の概要 No 物件名称用途 売買契約締結予定日 譲渡予定日 譲渡先 譲渡予定価格 ( 百万円 ) 帳簿価格 ( 注 1) ( 百万円 ) 譲渡予定価格と帳簿価格の差異 ( 注 2) ( 百万円 ) 1 Morisia 津田沼商業施設 平成 29 年 9 月 29 日 平成 29

(注 1)取得諸経費、固定資産税、都市計画税、消費税及び地方消費税を除いた金額を記載しています。 (注 2)取得予定資産はいずれも現物不動産です。 (注 3)取得予定資産については下記(2)記載譲渡予定資産である Morisia 津田沼譲渡代金差金決済を行う予定です。なお、本 件取引は各取得予定資産取得及び譲渡予定資産譲渡を同時に行うことを前提するものであり、何らかの理由によりいず れか物件取得又は譲渡に係る売買契約締結又は売買実行が中止なった場合には、本件取引全部が中止されます。
さらに見せる

24 さらに読み込む

その後 2017 年 12 月に至るまで 同様の取引構造による本件取引は 当初の年間 80 百万円程度から増加しながら間断なく継続され 2017 年は月額 250 百万円 ~280 百万円となっており これまでの取引における受注総額は 122 億円程となっておりました この間 当該取引に必要なクライ

その後 2017 年 12 月に至るまで 同様の取引構造による本件取引は 当初の年間 80 百万円程度から増加しながら間断なく継続され 2017 年は月額 250 百万円 ~280 百万円となっており これまでの取引における受注総額は 122 億円程となっておりました この間 当該取引に必要なクライ

7. 内部者関与について 本件は A 社代理人弁護士から A 社による詐欺である旨報告から発覚していること等からも、 当社では本件は A 社代表取締役 B 氏及び取締役 C 氏を主犯する詐欺事件である認識しており、 調査委員会からも、これまで調査では釣りビジョンを含む当社グループ内には本件架空取引に加 担した者はいないことが濃厚である報告されております。しかしながら、監査法人協議等 結果、より慎重に判断するため、内部不正事案同等調査として、得意先仕入れ先重複調査・ 内部者仕入れ先重複調査・稟議書調査・売上推移等分析調査・交際費調査等を行うこと し、現在それら調査を行っております。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成31年度予算概算決定額 森林整備事業 治山事業 林野公共事業 (平成30年度1次補正予算額5,199百万円 182, ,049 百万円 平成30年度第2次補正予算額 32,528百万円) 臨時 特別の措置 として31年度概算決定額44,128百万円を別途措置 対策のポイント 林業の成

平成31年度予算概算決定額 森林整備事業 治山事業 林野公共事業 (平成30年度1次補正予算額5,199百万円 182, ,049 百万円 平成30年度第2次補正予算額 32,528百万円) 臨時 特別の措置 として31年度概算決定額44,128百万円を別途措置 対策のポイント 林業の成

○災害発生危険性を低減するため、緊急的に整備が必要な荒廃山地約 600 箇所において、治山対策を大幅に進捗[平成32年度まで] ○災害発生危険性を低減するため、緊急的に整備が必要な海岸防災林約50kmにおいて、海岸防災林整備を大幅に進捗[平成32年度まで] ○流木災害発生危険性を低減するため、緊急的に整備が必要な荒廃森林約700箇所において、流木対策を大幅に進捗[平成32年度まで] 治山施設等緊急対策<公共>
さらに見せる

6 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 対前期増減率 ) 経常収益 経常利益 親会社株主に帰属する 1 株当たり当期純利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通 期 6,429,

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 対前期増減率 ) 経常収益 経常利益 親会社株主に帰属する 1 株当たり当期純利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通 期 6,429,

  ※ 業績予想適切な利用に関する説明、その他特記事項  本資料に記載されている業績見通し等将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的である判断 する一定前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨ものではなく、また実際業績等は様々な要因 により大きく異なる可能性があります。

12 さらに読み込む

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

 西日本最大級駅を運営する株式会社丹後王国では、施設運営に留まらず地域商社として販路拡大、 商材ブランド化など様々な施策による売上拡大運営コスト効率化を図り収益改善を着々進めています。 また淡路島では、兵庫県立淡路島公園で豊かな自然環境を活かした体験型エンターテインメント「ニジゲンノモ リ」を運営しており、6月には宿泊施設「グランシャリオ 北斗七星135°」をオープンしました。また同じく淡路 島内にはインバウンド観光客にも絶大な人気を誇るハローキティをモチーフにしたレストラン「HELLO KITTY SMILE」が本格稼動するなど、体験から飲食、宿泊までが一体なり、各施設を連動させた集客が可能になりまし た。当セグメント売上高は1,612(前年同期比34.5%増)増収し、前期はニジゲンノモリ等初期コスト が計上されていたこともありますが、当期は営業損失685(前年同期は営業損失732赤字幅は縮小 しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

 本資料は、「確定値」で計上しています。  本資料は、福島県に所在する税関官署において輸出通関又は輸入通関された貨物数量・ 金額を集計したものです。  したがって、輸出貨物については、福島県で生産された貨物であっても、福島県以外に所在す る税関官署で輸出通関された貨物は福島県貿易額に含まれず、また、輸入貨物については、 福島県で消費された貨物であっても、福島県以外に所在する税関官署で輸入通関された貨物 は福島県貿易額に含まれないことなります。
さらに見せる

26 さらに読み込む

売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 連結売上高 連結営業利益 ( 百万円 ) 25,000 1,209 1,400 1,200 20,000 1, ,000 15, , ,751 18,069 19,490 14,969

売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 連結売上高 連結営業利益 ( 百万円 ) 25,000 1,209 1,400 1,200 20,000 1, ,000 15, , ,751 18,069 19,490 14,969

同社は、 ガーデン及びエクステリア分野における幅広いソリューションを世界規模で提供で きるオンリーワンとして、 海外展開にも注力する。 中国で生産能力及び生産効率を高め、 ホームユースを中心に、 米国、 英国、 ドイツ、 オーストラリアほか、 韓国や現地中国へ 販路拡大を進めている。 米国では通販会社ガーデナーズ社提携しており、 同社商品が カタログに掲載されている。 英国では連結子会社化したベジトラグ社連携等を中心に事 業が進展。 中国でも 70 店舗販売ルートをもつ沂江正特連携により拡販を図る。 また、 今後はプロユース向け販路開拓にも注力する構えである。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

2.会計基準選択に関する基本的な考え方 …………………………………………………………………………………… 4 3.連結財務諸表及び主な注記 …………………………………………………………………………………………………… 5 (1)連結貸借対照表 ………………………………………………………………………………………………………… 5 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 …………………………………………………………………………… 7
さらに見せる

19 さらに読み込む

科 目 ( 資産の部 ) Ⅰ. 流動資産 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 現金及び預金 209, ,801 54,663 1 受取手形及び売掛金 25

科 目 ( 資産の部 ) Ⅰ. 流動資産 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 現金及び預金 209, ,801 54,663 1 受取手形及び売掛金 25

株式会社オリエンタルランド 経理部IRグル プ 047-305-2034 www.olc.co.jp/ 本資料にて開示されているデータは、発表日現在判断や入手可能な情報に基づくものです。当社グループ事業は、 顧客嗜好・社会情勢・経済情勢等影響を受けやすい特性を持っているため、本資料で述べられている予測や見通しには、 不確実性が含まれていることをご承知おきください。

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...