申告を行う場合

Top PDF 申告を行う場合:

( 注 3) 大口個人投資主 ( 配当基準日において発行済投資口総数の 3% 以上を保有 ) が 1 回に受け取る配当金額が 5 万円超 (6 か月決算換算 ) の場合には 必ず総合課税による確定申告を行う必要があります ( この場合には申告分離課税は 選択できません ) c. 源泉徴収選択口座への

( 注 3) 大口個人投資主 ( 配当基準日において発行済投資口総数の 3% 以上を保有 ) が 1 回に受け取る配当金額が 5 万円超 (6 か月決算換算 ) の場合には 必ず総合課税による確定申告を行う必要があります ( この場合には申告分離課税は 選択できません ) c. 源泉徴収選択口座への

源泉徴収選択口座内の上場株式等の譲渡による所得は、源泉徴収だけで納税が完結し、確定申告は不 要となります。源泉徴収税率は、前記a.の申告分離課税による税率と同じです。また、上場株式等の 配当等源泉徴収選択口座に受け入れた場合において、その源泉徴収選択口座内における上場株式等に 係る譲渡損失の金額があるときは、年末に損益通算が行われ、配当等に係る源泉徴収税額の過納分が翌 年の年初に還付されます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第 20 号様式の記載について 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します (2) この申告書は 堺市長に 1 通 ( 提出用及び入力用 ) を提

第 20 号様式の記載について 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します (2) この申告書は 堺市長に 1 通 ( 提出用及び入力用 ) を提

(2) この申告書は、堺市長に1通(提出用及び入力用)提出してください。 (3) 平成26年度税制改正により、市民税法人税割の税率が改正され、平成26年10月1日以後に開始する事業年度(又 は連結事業年度)の仮決算に基づく中間申告(連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります。)、確定した決算 に基づく申告及びこれらに係る修正申告する場合については、改正後の税率が適用されることになるので留意し てください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

選択式 計算式 第 1 問 5 点第 2 問 15 点 第 1 問輸出申告別紙 1 の仕入書及び下記事項により 輸出統計品目表第 30 類に属する医薬品の輸出申告を輸出入 港湾関連情報処理システム (NACCS) を使用して行う場合について 別紙 2 の輸出申告事項登録画面の統計品目番号欄 ( ~

選択式 計算式 第 1 問 5 点第 2 問 15 点 第 1 問輸出申告別紙 1 の仕入書及び下記事項により 輸出統計品目表第 30 類に属する医薬品の輸出申告を輸出入 港湾関連情報処理システム (NACCS) を使用して行う場合について 別紙 2 の輸出申告事項登録画面の統計品目番号欄 ( ~

【択 一 式】 ――― 各問題 1 点 ――― 第13問 次の記述は、輸出通関に関するものであるが、その記述の正しいものはどれか。一つ選び、 その番号マークしなさい。なお、正しい記述がない場合には、「 0 」マークしなさい。 1  関税法第67条の 3 第 1 項(輸出申告の特例)の規定の適用受ける特定輸出者が行う輸出 申告については、電気通信回線の故障その他の事由により電子情報処理組織使用して当該 輸出申告行うことができない場合として財務省令で定める場合除き、電子情報処理組織 使用して行わなければならない。
さらに見せる

22 さらに読み込む

確定 ( 中間 ) 申告書 ( 第 20 号様式 ) 記載の手引 1 この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します 2 この申告書は 市内の主たる事務所又は事業所 ( 以下 事務所

確定 ( 中間 ) 申告書 ( 第 20 号様式 ) 記載の手引 1 この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します 2 この申告書は 市内の主たる事務所又は事業所 ( 以下 事務所

(注) 1 「資本金等の額」とは、法人税法第2条第 16 号に規定する資本金等の額又 は同条第 17 号の2に規定する連結個別資本金等の額(保険業法に規定する 相互会社にあっては純資産額)いいます。 ただし、平成 27 年4月1日以後に開始する事業年度又は連結事業年度に係 る申告にあっては、無償増資、無償減資等による欠損 補行った金額 調整した金額とします。また、調整後の資本金等の額が資本金及び資本準 備金の合算額又は出資金の額に満たない場合は、資本金及び資本準備金の 合算額又は出資金の額資本金等の額とします。
さらに見せる

12 さらに読み込む

第 6 号様式記載の手引 1 この申告書の用途等 ( 1 ) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間申告は その税額が

第 6 号様式記載の手引 1 この申告書の用途等 ( 1 ) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間申告は その税額が

( 1 ) この申告書は、 仮決算に基づく中間申告(連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります。)、 確定した決算に基づく確定申告及びこれら に係る修正申告する場合に使用します。なお、事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間申告は、その税額が予定申告に係る 税額超えないときに限り行うことができることに留意してください。 ( 2 ) この申告書は、 事務所又は事業所(以下「事務所等」といいます。)所在地の都道府県知事に1通提出してください。ただし、 2以上の都道 府県に事務所等有する法人は、 主たる事務所等所在地の都道府県知事に対しては、 写し(提出用の写し)1通添付してください(主たる事 務所等所在地が大阪府の場合は、写し1通の添付は不要です。)。
さらに見せる

20 さらに読み込む

1 ガス供給業を行う法人の事業税の課税について ガス供給業を行う法人は 収入金額を課税標準として 収入割の申告となります ( 法 72 条の 2 72 条の 12 第 2 号 ) ガス供給業とその他の事業を併せて行う場合原則 : 区分計算を行い 収入割と所得割 ( 及び付加価値割 資本割 ) を申告

1 ガス供給業を行う法人の事業税の課税について ガス供給業を行う法人は 収入金額を課税標準として 収入割の申告となります ( 法 72 条の 2 72 条の 12 第 2 号 ) ガス供給業とその他の事業を併せて行う場合原則 : 区分計算を行い 収入割と所得割 ( 及び付加価値割 資本割 ) を申告

○ 従業者数は事業年度終了の日(仮決算による中間申告場合は、事業年度開始の日から6か月経 過した日の前日)現在における各部門の従業者数いいます。 ○ 分割基準の算定で用いられる、従業者数特有の計算(従業者数に著しい変動のある事務所における 平均計算、資本金1億円以上の製造業における工場従業者数の2分の1加算等)は行いません。 ○ それぞれの事業に区分することが困難な従業者の数については、所得等課税事業の付加価値額及び 所得の算定に用いた最も妥当と認められる基準によってあん分します。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第 6 号様式記載の手引 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中 間申告は その税額が予

第 6 号様式記載の手引 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中 間申告は その税額が予

結事業年度)の仮決算に基づく中間申告(連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります。)、確定した決算に基づく 申告及びこれらに係る修正申告する場合については、事業税所得割、付加価値割及び資本割並びに地方法人特別税の 税率は平成27年度税制改正後の税率が適用されます。 ③ ①・②について、標準税率以外の税率が適用される法人については、各都道府県ごとに定められた税率によります。 (4) 法第23条第1項第4号の5イ(1)の規定の適用受ける法人(無償増資による剰余金又は利益準備金の額の全部若しくは 一部資本金とした法人)にあっては、同号イ(1)に規定する剰余金又は利益準備金の全部若しくは一部資本金とした事 実及び資本金とした金額証する書類(株主総会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋)等)、同条第 1項第4号の5イ(2)の規定の適用受ける法人(無償減資等による資本の欠損の塡補行った法人)にあっては、同号イ (2)に規定する資本の欠損の塡補行った事実及び資本の欠損の塡補に充てた金額証する書類(株主総会議事録、債権者 に対する異議申立の公告(官報の抜粋)等)、同条第1項第4号の5イ(3)の規定の適用受ける法人(剰余金損失の 塡補に充てた法人)にあっては、同号イ(3)に規定する剰余金損失の塡補に充てた事実及び剰余金損失の塡補に充てた 金額証する書類(株主総会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋)、株主資本等変動計算書等)添付 してください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

1 電気供給業を行う法人の法人事業税の概要 1 2 課税標準の計算方法 < 目次 > (1) 課税標準となる収入金額の計算方法 3 (2) 電気供給業以外の事業を併せて行う場合 5 (3) 二以上の都道府県に事務所又は事業所 ( 事業所等 ) を設けて事業を行う場合 7 3 申告書に添付する書類 1

1 電気供給業を行う法人の法人事業税の概要 1 2 課税標準の計算方法 < 目次 > (1) 課税標準となる収入金額の計算方法 3 (2) 電気供給業以外の事業を併せて行う場合 5 (3) 二以上の都道府県に事務所又は事業所 ( 事業所等 ) を設けて事業を行う場合 7 3 申告書に添付する書類 1

二 電気供給業、ガス供給業、保険業及び貿易保 険業 各事業年度の収入金額 (資本割の課税標準の算定の方法) 法第72 条の21 第72 条の12 第1号ロの各事業 年度の資本金等の額は、各事業年度終了の日にお ける法人税法第2条第 16 号に規定する資本金等 の額又は同条第 17 号の2に規定する連結個別資 本金等の額と、当該事業年度前の各事業年度(以 下この項において「過去事業年度」という。)の 第1号に掲げる金額の合計額から過去事業年度 の第2号及び第3号に掲げる金額の合計額控 除した金額に、当該事業年度中の第1号に掲げる 金額加算し、これから当該事業年度中の第3号 に掲げる金額減算した金額との合計額とする。 ただし、清算中の法人については、第4項に規定 する場合除き、当該額は、ないものとみなす。 一~三・・略・・
さらに見せる

32 さらに読み込む

第 6 号様式記載の手引 R この申告書の用途等 ⑴ この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び特別法人事業税又は地方法人特別税に係る仮決算に

第 6 号様式記載の手引 R この申告書の用途等 ⑴ この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び特別法人事業税又は地方法人特別税に係る仮決算に

⑵ この申告書は、事務所又は事業所(以下「事務所等」といいます。)所在地の都道府県知事に1通提出し てください。ただし、2以上の都道府県に事務所等有する法人は、主たる事務所等所在地の都道府県知事 に対しては、写し(提出用の写し)1通添付してください。 ⑶ 法第23条第1項第4号の5イ⑴の規定の適用受ける法人(無償増資による剰余金又は利益準備金の額の 全部若しくは一部資本金とした法人)にあっては、同号イ⑴に規定する剰余金又は利益準備金の全部若し くは一部資本金とした事実及び資本金とした金額証する書類(株主総会議事録、債権者に対する異議申 立の公告(官報の抜粋)等)、同条第1項第4号の5イ⑵の規定の適用受ける法人(無償減資等による 資本の欠損の塡補行った法人)にあっては、同号イ⑵に規定する資本の欠損の塡補行った事実及び資本 の欠損の塡補に充てた金額証する書類(株主総会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋)等) 、同条第1項第4号の5イ⑶の規定の適用受ける法人(剰余金損失の塡補に充てた法人)にあっては、 同号イ⑶に規定する剰余金損失の塡補に充てた事実及び剰余金損失の塡補に充てた金額証する書類(株 主総会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋)、株主資本等変動計算書等)添付してください。
さらに見せる

16 さらに読み込む

第 6 号様式記載の手引 H この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間

第 6 号様式記載の手引 H この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間

30 「東京都に申告する場合の ⑦の計算」 (㉓から㉖までの欄) (1) ㉓の欄は東京都の特別区のみに事務所等有する 内国法人にあっては⑤の欄の金額記載し、東京都 の特別区にのみ国内の事務所等有する外国法人に あっては第6号様式別表1の2の④の欄の金額記 載し、2以上の都道府県に事務所等有する法人及 び都内分割法人にあっては第10号様式の道府県民税 の「分割課税標準額」の欄の東京都の特別区分の金 額記載します。
さらに見せる

15 さらに読み込む

第 1 問輸出申告別紙 1 の仕入書及び下記事項により 繊維製品の輸出申告を輸出入 港湾関連情報処理システム (NACCS) を使用して行う場合について 別紙 2 の輸出申告事項登録画面の統計品目番号欄 ( ~ ) に入力すべき統計品目番号を 別冊の 輸出統計品目表 ( 抜すい ) を参照して 下の

第 1 問輸出申告別紙 1 の仕入書及び下記事項により 繊維製品の輸出申告を輸出入 港湾関連情報処理システム (NACCS) を使用して行う場合について 別紙 2 の輸出申告事項登録画面の統計品目番号欄 ( ~ ) に入力すべき統計品目番号を 別冊の 輸出統計品目表 ( 抜すい ) を参照して 下の

1 オーストラリア協定における関税についての特別の規定による便益に係る税率の適用受け るため、輸出者、生産者若しくは輸入者自らが作成するオーストラリア協定原産品申告書又 は締約国原産地証明書税関長に提出することができる。 2  課税価格の総額が 20 万円以下の貨物については、オーストラリア協定に基づく締約国原産 地証明書、オーストラリア協定原産品申告書及び運送要件証明書のいずれも税関長に提出す る必要はない。
さらに見せる

23 さらに読み込む

第 6 号様式記載の手引 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間申告は その税額が予定

第 6 号様式記載の手引 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間申告は その税額が予定

 別表1(1)提出する法人  別表1(1)の10の欄の金額 (ただし、別表1(1)の10の欄の上段に記載された金額(使途秘 匿金の支出の額の40%相当額)がある場合には、当該金額加算し た合計額記載します。(2)及び(3)においても同じです。)  別表1(2)提出する法人  別表1(2)の8の欄の金額  別表1(3)提出する法人  別表1(3)の8の欄の金額 なお、( )内には、使途秘匿金の支出の額の40%相当額(別表1 (1)の10の欄の上段に外書として記載された金額、別表1(2)の8 の欄の上段に外書として記載された金額又は別表1(3)の8の欄の上 段に外書として記載された金額)、連結納税の承認取り消された場合 等における既に控除された法人税額の特別控除額の加算額(別表1 (1)の5の欄)、リース特別控除取戻税額(別表1(2)の5の欄又 は別表1(3)の5の欄の金額)及び土地譲渡利益金額に対する法人税 額(別表1(1)の7の欄、別表1(2)の7の欄又は別表1(3)の 7の欄の金額)の合計額記載します。
さらに見せる

19 さらに読み込む

第 20 号様式記載の手引 この申告書の用途等 () この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法以外の法が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します (2) この申告書は 事務所又は事業所 ( 以下 事務所等 といいます ) 所在地の

第 20 号様式記載の手引 この申告書の用途等 () この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法以外の法が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します (2) この申告書は 事務所又は事業所 ( 以下 事務所等 といいます ) 所在地の

25 「⑱のうち見込納付額⑲」 法人税法第75条の2第1項(同法第145条において準用する場合含みま す。)の規定により確定申告書の提出期限が延長されている法人が市町村民 税につき申告書の提出前に納付した金額又は同法第81条の24第1項の規 定により連結確定申告書の提出期限が延長されている法人(当該法人との間 に連結完全支配関係がある連結子法人(連結申告法人に限ります。)含み ます。)が市町村民税につき申告書の提出前に納付した金額記載します。 26 「広島市内に所在する事務
さらに見せる

5 さらに読み込む

確定 中間 修正申告書 ( 第 20 号様式 ) 記載の手引 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します (2) この申告書は 千葉市長あてに 1

確定 中間 修正申告書 ( 第 20 号様式 ) 記載の手引 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します (2) この申告書は 千葉市長あてに 1

(26) 「この申告により納付すべき市民税額⑭+⑱ ⑲」について、⑭又は⑱の欄に△印付して記載し た場合におけるこの欄の計算については、⑭又は⑱の欄零として計算します。 (27) 「⑲のうち見込納付額⑳」は、法人税法第75条の2第1項(同法第144条の8において準用する場 合含みます。)の規定により確定申告書の提出期限が延長されている法人が市民税につき申告書の 提出前に納付した金額又は同法第81条の24第1項の規定により連結確定申告書の提出期限が延長さ れている法人(当該法人との間に連結完全支配関係がある連結子法人(連結申告法人に限ります。) 含みます。)が市民税につき申告書の提出前に納付した金額記載します。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第 6 号様式記載の手引 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間申告は その税額が予定

第 6 号様式記載の手引 1 この申告書の用途等 (1) この申告書は 仮決算に基づく中間申告 ( 連結法人以外の法人が行う中間申告に限ります ) 確定した決算に基づく確定申告及びこれらに係る修正申告をする場合に使用します なお 事業税及び地方法人特別税に係る仮決算に基づく中間申告は その税額が予定

(2) その他の申告提出する法人 「その他」 57「翌期の中間申告の要否」 次に掲げる法人は「要」、その他の法人は「否」○印で囲んで表 示します。 (1) 連結申告法人以外の法人にあっては、当該事業年度の当該法人に 係る法人税額(当該金額のうちに特別控除取戻税額等がある場合 には、当該特別控除取戻税額等控除した額)に6乗じて得た 金額当該事業年度の月数で除して計算した金額が 10 万円超 える法人(翌期に法人税法第 71 条第1項及び第 144 条の3第1項 (同法第 72 条第1項及び第 144 条の4第 1 項の規定が適用される 場合含みます。)の規定により中間申告する必要のある法人 含みます。)
さらに見せる

10 さらに読み込む

申告に必要なもの 印鑑 確定申告書等 ( 税務署より送付されている場合 ) 市民税 県民税申告のご案内ハガキ ( 市より送付されている場合 ) 所得の種類によって下記の表よりお持ちください ( 申告する内容によって複数にまたがる場合があります ) 給与 年金源泉徴収票 ( 紛失された場合は 給与 年

申告に必要なもの 印鑑 確定申告書等 ( 税務署より送付されている場合 ) 市民税 県民税申告のご案内ハガキ ( 市より送付されている場合 ) 所得の種類によって下記の表よりお持ちください ( 申告する内容によって複数にまたがる場合があります ) 給与 年金源泉徴収票 ( 紛失された場合は 給与 年

 申告相談の待ち時間少なくするため、日程表のとおり対象地区指定しましたが、ご都合がつかない場合 は他の日時にお越しください。また、申告期限が近づくにつれて大変混み合い長時間お待ちいただくようになり ますので、お早めに申告相談されますようお願いします。 【問い合わせ先】●住民税や一般的な所得税の申告についての問い合わせは 行方市役所税務課 ℡ 0299-72-0811 ●所得税・ 消費税・贈与税・相続税等の申告全般についての問い合わせは 潮来税務署 ℡ 0299-66-6931(自動音声案内サービス 0選択)
さらに見せる

6 さらに読み込む

4 申告の手続きを行う 法人都道府県民税 事業税 法人市町村民税の申告データを新規に作成する 法人都道府県民税 事業税 法人市町村民税の申告データを新規に作成します (1) 使用するメニュー メインメニュー 画面で 申告に関する手続き をクリックし 表示された 申告メニュー 画面から 申

4 申告の手続きを行う 法人都道府県民税 事業税 法人市町村民税の申告データを新規に作成する 法人都道府県民税 事業税 法人市町村民税の申告データを新規に作成します (1) 使用するメニュー メインメニュー 画面で 申告に関する手続き をクリックし 表示された 申告メニュー 画面から 申

画面下部の「申告様式」の表示は、「様式名称」と「様式番号」で切り替え ることができます。 ・申告様式名称で表示したいとき:「様式名称」クリックします。 ・申告様式様式番号で表示したいとき:「様式番号」クリックします。 別表の内容照会・編集したい場合は、対象の別表選択して、「別表一 覧」画面下部の「別表表示」クリックします。

24 さらに読み込む

申告に必要なもの 印鑑 確定申告書等 ( 税務署より送付されている場合 ) 市民税 県民税申告のご案内ハガキ ( 市より送付されている場合 ) 所得の種類によって下記の表よりお持ちください ( 申告する内容によって複数にまたがる場合があります ) 給与 年金源泉徴収票 ( 紛失された場合は 給与 年

申告に必要なもの 印鑑 確定申告書等 ( 税務署より送付されている場合 ) 市民税 県民税申告のご案内ハガキ ( 市より送付されている場合 ) 所得の種類によって下記の表よりお持ちください ( 申告する内容によって複数にまたがる場合があります ) 給与 年金源泉徴収票 ( 紛失された場合は 給与 年

 対象地域は、公共下水道認可区域および農業集落排水事業区域除く市内全域となります。  この事業では、申請者より浄化槽工事の一部負担していただく分担金と、設置後に市が行う維持管理などの費用 毎月の使用料として納付していただくことになります。  本事業のメリットは、浄化槽設置にかかる個人負担が軽減されることと、浄化槽の性能生かすために欠かせない適 正な維持管理が確保されることです。
さらに見せる

6 さらに読み込む

準用する政令第 6 条の 25 第 1 号に定める金額 11 市町村民税の 申告書 空欄は 次のように記載します (1) 法人税の中間申告書に係る申告の場合は 中間 (2) 法人税の確定申告書 ( 退職年金等積立金に係るものを除きます ) 又は連結確定申告書に係る申告の場合は 確定 (3) (1)

準用する政令第 6 条の 25 第 1 号に定める金額 11 市町村民税の 申告書 空欄は 次のように記載します (1) 法人税の中間申告書に係る申告の場合は 中間 (2) 法人税の確定申告書 ( 退職年金等積立金に係るものを除きます ) 又は連結確定申告書に係る申告の場合は 確定 (3) (1)

(2) この申告書は、事務所又は事業所(以下「事務所等」といいます。)所在地の市町村長に1通提出してください。 (3) 法第 292 条第 1 項第 4 号の 5 イ(1)の規定の適用受ける法人(無償増資による剰余金又は利益準備金の額の全部若しくは 一部資本金とした法人)にあっては、同号イ(1)に規定する剰余金又は利益準備金の全部若しくは一部資本金とした事実及 び資本金とした金額証する書類(株主総会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋)等)、同条第 1 項第 4 号 の 5 イ(2)の規定の適用受ける法人(無償減資等による資本の欠損の塡補行った法人)にあっては、同号イ(2)に規定する資 本の欠損の塡補行った事実及び資本の欠損の塡補に充てた金額証する書類(株主総会議事録、債権者に対する異議申立 の公告(官報の抜粋)等)、同条第1項第 4 号の 5 イ(3)の規定の適用受ける法人(剰余金損失の塡補に充てた法人)にあ っては、同号イ(3)に規定する剰余金損失の塡補に充てた事実及び剰余金損失の塡補に充てた金額証する書類(株主総 会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋)、株主資本等変動計算書等)添付してください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

欄記載のしかた留意事項 7 この申告の基礎 法人税に係る修正申告 更正 決定又は再更正を基礎にして修正申告をする場合は 法人税に係る修正申告書を提出し 又は更正 決定若しくは再更正を受けた年月日 ( 当該法人が連結子法人である場合又は連結子法人であった場合には 当該法人との間に連結完全支配関係がある

欄記載のしかた留意事項 7 この申告の基礎 法人税に係る修正申告 更正 決定又は再更正を基礎にして修正申告をする場合は 法人税に係る修正申告書を提出し 又は更正 決定若しくは再更正を受けた年月日 ( 当該法人が連結子法人である場合又は連結子法人であった場合には 当該法人との間に連結完全支配関係がある

⑵ この申告書は、事務所又は事業所(以下「事務所等」といいます。)所在地の都道府県知事に1通提出し てください。ただし、2以上の都道府県に事務所等有する法人は、主たる事務所等所在地の都道府県知事 に対しては、写し(提出用の写し)1通添付してください。 ⑶ 法第23条第1項第4号の5イ⑴の規定の適用受ける法人(無償増資による剰余金又は利益準備金の額の 全部若しくは一部資本金とした法人)にあっては、同号イ⑴に規定する剰余金又は利益準備金の全部若し くは一部資本金とした事実及び資本金とした金額証する書類(株主総会議事録、債権者に対する異議申 立の公告(官報の抜粋)等)、同条第1項第4号の5イ⑵の規定の適用受ける法人(無償減資等による 資本の欠損の塡補行った法人)にあっては、同号イ⑵に規定する資本の欠損の塡補行った事実及び資本 の欠損の塡補に充てた金額証する書類(株主総会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋)等) 、同条第1項第4号の5イ⑶の規定の適用受ける法人(剰余金損失の塡補に充てた法人)にあっては、 同号イ⑶に規定する剰余金損失の塡補に充てた事実及び剰余金損失の塡補に充てた金額証する書類(株 主総会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋)、株主資本等変動計算書等)添付してください。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...