独立行政法人国際交流基金 芸術交流部長

Top PDF 独立行政法人国際交流基金 芸術交流部長:

平成 30 年度業務実績等報告書 ( 自己評価書 ) 2019 年 6 月 独立行政法人国際交流基金

平成 30 年度業務実績等報告書 ( 自己評価書 ) 2019 年 6 月 独立行政法人国際交流基金

エ.e ラーニングの開発・運営 2016 年 7 月に一般公開した e ラーニング「みなと」は世界中の人が様々なコースを通じて日本語を オンラインで学習できる日本語学習プラットフォーム(学習管理システム)である。メインコースで ある「まるごと日本語オンラインコース」は習熟度に応じた複数のコースを搭載。平成 30 年度は A2-3 コースと A2-4 コースを新たに公開したほか、A2-1 コースと A2-2 コースのスペイン語版及びインドネ シア語版、A1-1 コースと A1-2 コースのフランス語版をそれぞれ追加した。加えて、日本語学習者の 多様なニーズ・関心に応えるため「スピーチ A2(観光)コース」 、 「関西弁入門 A2 コース」 、 「華道 A1 コース」など幅広いコースを制作し公開した。これらの学習コースは国内外の国際交流基金の拠点で も運用を展開しており、平成 30 年度の年間開講コース数は約 150 コースとなった。コンテンツの数・ 内容の充実とユーザーの利便性向上に努めた結果、 「みなと」の利用登録者数は平成 30 年度末時点で 180 か国・地域で計 62,474 人となり平成 29 年度末時点の 33,031 人を大幅に上回った。また、一般社 団法人 e-Learning Initiative Japan が主催する第 15 回日本 e-Learning 大賞にて「eIJ Global 賞」 を受賞した。
さらに見せる

142 さらに読み込む

2020 年 10 月 22 日 No 国際交流基金アジアセンター 東京国際映画祭 co-present トークシリーズ アジア交流ラウンジ 全ラインナップ 日程発表 国際交流基金は 11 月 1 日 日 から 8 日 日 にかけて トークシリーズ アジア交流ラウンジ を開催します

2020 年 10 月 22 日 No 国際交流基金アジアセンター 東京国際映画祭 co-present トークシリーズ アジア交流ラウンジ 全ラインナップ 日程発表 国際交流基金は 11 月 1 日 日 から 8 日 日 にかけて トークシリーズ アジア交流ラウンジ を開催します

1970 年バンコク生まれ。タイ東北部コンケーンで育つ。1994 年、映画・映像制作を始める。2000 年、自身初の長編作品を完成。また 1998 年以来、世界各国で展覧会やインスタレーションを展 開。しばしば非直線的で、転位の強い感覚を伴う作品は、記憶、個人レベルのポリティクス、社会的 な問題を密やかな形で扱う。数々のアートプロジェクトや劇映画は、カンヌ国際映画祭(審査員 賞、パルムドール)をはじめ受賞多数。2016 年、テート・モダン(ロンドン)にて映画作品の回顧 展。また、プロジェクション・パフォーマンス『フィーバー・ルーム』は世界中の主要芸術祭で上演されてい る。最新の映画作品『メモリア』(20)はコロンビアを舞台にイギリスの女優ティルダ・スウィントンを主 演に迎える。
さらに見せる

7 さらに読み込む

附属明細書 平成18年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

附属明細書 平成18年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

 独立行政法人日本芸術文化振興会中期計画における基本方針を基に区分したものであります また 国 らの運営費交付金等によって賄わ る部分を運営費交付金対象 事 業収入等の自主財源により 賄わ る部分を運営費交付金対象外として表示しております  法人共通の費用の主な 訳 管理部門人件費であります また 法人共通の資産の主な 訳 総務部・経理部及び各部事業推進課等に所属する資産及び基金事業以外の 現金及び預金であり 土地・建物に いて 事務室面積で按分して算出しております
さらに見せる

37 さらに読み込む

事業報告書 平成15年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

事業報告書 平成15年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

Ⅱ 業務の実施状況 1.芸術文化活動に対する援助 すべての国民が芸術文化に親しみ、 自らの手で新しい文化を創造するための環境の醸成とその 基盤の強化を図る観点から、 芸術文化振興基金が平成元年度末に創設されました。 芸術文化振興 基金は、 その運用益により、 芸術家及び芸術に関する団体が行う芸術の創造又は普及を図るため の活動その他の文化の振興又は普及を図るための活動に対して援助するものです。
さらに見せる

17 さらに読み込む

目次 1. 国際文化交流と国際観光振興の政策的意義 2. 組織の在り方に関する検討 3. 今後の具体的な取組 資料 1 独立行政法人の制度及び組織の見直しの基本方針 ( 平成 24 年 1 月 20 日閣議決定 )( 関連部分 ) 2 国際交流基金と国際観光振興機構の統合あるいは連携強化のあり方に関

目次 1. 国際文化交流と国際観光振興の政策的意義 2. 組織の在り方に関する検討 3. 今後の具体的な取組 資料 1 独立行政法人の制度及び組織の見直しの基本方針 ( 平成 24 年 1 月 20 日閣議決定 )( 関連部分 ) 2 国際交流基金と国際観光振興機構の統合あるいは連携強化のあり方に関

主たる事業とし、海外での事業展開に当たっては、原則として、政府間あるいは外 交当局間で文化センター設置協定や口上書を取り交わした上で業務範囲や法的地 位を定め、相手国の教育省や文化省、大学・研究機関、日本語教育機関、芸術団体、 文化交流団体等とネットワークを構築し、連携して事業を実施する。JNTOは、 外国人観光客の来訪の促進による国際観光の振興を目的とし、訪日旅行の魅力の宣 伝、国際会議等の開催誘致、旅行市場のマーケティング等を主たる事業とし、海外 での事業実施に当たっては、相手国の運輸旅行業界、メディア等の事業者とのネッ トワークを構築し、訪日需要喚起、商品造成、訪日旅行者誘致の観点から連携して 事業を実施する。このように、国際文化交流国際観光振興については両法人で 別々に担っている。
さらに見せる

15 さらに読み込む

日本語パートナーズ 派遣事業募集要項 ( グループ短期派遣プログラム / 平成 27 年度第 1 回 ( インドネシア )) 1. 趣旨独立行政法人国際交流基金 ( 以下 基金という ) は 平成 26(2014) 年度から平成 3 2(2020) 年度まで 日本語パートナーズ 派遣事業を実施します

日本語パートナーズ 派遣事業募集要項 ( グループ短期派遣プログラム / 平成 27 年度第 1 回 ( インドネシア )) 1. 趣旨独立行政法人国際交流基金 ( 以下 基金という ) は 平成 26(2014) 年度から平成 3 2(2020) 年度まで 日本語パートナーズ 派遣事業を実施します

(2) 第2次選考(面接) 第1次選考を通過したグループに対し、以下の期間で基金が指定するいずれかの場所、日 時にて面接選考を行います。原則として、グループのメンバー全員を面接します。結果に ついては、合否に関わらず、グループの代表者に対してEメール及び文書で通知を行いま す。面接に関する詳細については、第1次選考を通過したグループの代表者に別途お知ら せします。

12 さらに読み込む

事業報告書 平成19年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

事業報告書 平成19年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

日本伝統芸能 舞踊と邦楽 中国公演 文化庁共催 国立劇場おき わ゜ルチンシ゜派遣公 演 琉球舞踊~美ら島の息吹~ 外務省在外公館文化事業 新国立劇場トヤ゠団ワシルトル公演 日中共 ハログゟェト演劇公演 周曪-花 嵐のたとえもあるさ- 国立劇場おき わ企璽公演 ゜ルチの芸能~舞踊劇ィシィモ~ の交流公演を実施するととも 日独青少 指 者コプ

30 さらに読み込む

独立行政法人日本芸術文化振興会

独立行政法人日本芸術文化振興会

・ 前期は、本公演で新制作と再演各 2 本ずつ、4 作品が上演されたが、新制作の「ナブッコ」と委嘱新作の 「夜叉ケ池」が圧倒的な印象を残した。再演2本は集客が見込まれるモーツァルト作品で、オール日本人 キャスト、大胆な読み替え演出と、それぞれ特徴を出し、丁寧に作られた公演だった。ただ目新しさという 点ではレパートリー演目は、どうしても弱いので、公演水準を保ちつつ、集客を確保することが今後の課 題となるだろう。高校生の鑑賞教室は、「愛の妙薬」が加わったことで、レパートリーに拡がりが出来た。有 名作品も楽しいが、喜劇で舞台そのものを高校生は楽しんでいた。研修所公演「魔笛」は、研修生出演の 短縮版でありながら、カロリーネ・グルーバーを演出に起用した手の込んだ舞台で成果をあげた。(後期 について)新制作の《リゴレット》と《死の都》の 2 本に、《フィガロの結婚》や《カルメン》など、再演を重ねて いる人気演目がラインアップに並んだ。演劇的なアプローチの演出の《リゴレット》、フィンランド国立劇場 からのプロダクション・レンタルの《死の都》は、どちらも手ごたえのある舞台で、新国立劇場としては思い 切った挑戦だと思った。それに対して劇場としての方針が定まってないと批判する声も聞くが、筆者は 様々な可能性を探りながら劇場が成長していく道をつけていると解釈しているし、一般には演出や演目に 理解され難い部分もあるかもしれないが、外野からの声にぶれずに今後もこうした路線は継続してほし い。レパートリー演目は、全体に不足はないのだが、歌手・指揮者ともにやや話題性に欠いていたかもし れない。文化庁芸術祭オープニングの特別公演(ウォルトンのオラトリオ《ペルシャザールの饗宴》ほか) のような、オペラのアリアではなく、歌曲やオラトリオ等で構成される演奏会もたまには悪くない。劇場を知 ってもらうためにも、年に 1 回位、開催されても良いのではないか。
さらに見せる

265 さらに読み込む

国際交流基金ジャパンファウンデーションとは 世界の全地域において 総合的に国際文化交流事業を実施する 組織として 1972 年 10 月に特殊法人として設立され 年 10 月 に外務省所管の独立行政法人となりました 現在 本部と京都支 部 ふたつの附属機関 ( 日本語国際センター 関西国

国際交流基金ジャパンファウンデーションとは 世界の全地域において 総合的に国際文化交流事業を実施する 組織として 1972 年 10 月に特殊法人として設立され 年 10 月 に外務省所管の独立行政法人となりました 現在 本部と京都支 部 ふたつの附属機関 ( 日本語国際センター 関西国

日本と韓国で、社会のさまざまな問題に取り組むために社会的 企業を立ち上げて運営している実践者および企業家と社会的企 業の研究者が一堂に会し、ソウルで会議と公開シンポジウムを 実施しました。社会構造が互いに似ている日韓両国で共通の問 題に携わる者同士の対話の場として、有益な事業となりました。 ❸Museology (美術館、博物館学) に関する国際シンポジウム 国際交流基金とセインズベリー日本藝術研究所 (英国) は、2010 年9月にシンポジウム「新しいMuseology―文化遺産と現代文化 の融合を求めて」を東京で開催しました。マンガを活用して効果 的に文化遺産を紹介した大英博物館の「縄文土偶展」や文化遺産 を活用した「まちおこし」を進める青森県立美術館の事例を紹介 し、美術館・博物館における展示手法のイノベーション、文化 遺産と現代文化の融合、そして美術館・博物館の社会的に果た すべき役割やMuseology (美術館・博物館学) の新たな方向性につ いての議論が交わされました。
さらに見せる

60 さらに読み込む

附属明細書 平成25年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

附属明細書 平成25年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

引当外退職給付増加見積額 劇場施設を設置し、伝統芸能の公開及び現代舞台芸術の公演を行うとともに、劇場施設を伝統芸能の保存振興又は現代舞台芸術の振興普及等を目的とす る事業の利用に供する事業。 法人共通の費用の主な内訳は、管理部門人件費であります。また、法人共通の資産の主な内訳は、総務企画部及び各部事業推進課等に所属する資産及び基金事業以外の現 金及び預金であり、土地・建物については事務室面積で按分して算出しております。
さらに見せる

40 さらに読み込む

附属明細書 平成27年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

附属明細書 平成27年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

劇場施設を設置し、伝統芸能の公開及び現代舞台芸術の公演を行うとともに、劇場施設を伝統芸能の保存振興又は現代舞台芸術の振興普及等を目的とす る事業の利用に供する事業。 法人共通の費用の主な内訳は、管理部門人件費であります。また、法人共通の資産の主な内訳は、総務企画部及び各部事業推進課等に所属する資産及び基金事業以外の現 金及び預金であり、土地・建物については事務室面積で按分して算出しております。
さらに見せる

30 さらに読み込む

平成27年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会 h27  chuuki

平成27年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会 h27 chuuki

その他の区分(国立劇場区分及び新国立劇場区分)の役職員及び、基金区分のうち、運営費交付金及 び芸術文化振興費補助金により人件費をまかなっている職員については、運営費交付金及び芸術文化振 興費補助金により財源措置がなされるため、退職給付に係る引当金は計上しておりません。厚生年金基 金から支給される年金給付については、運営費交付金及び芸術文化振興費補助金により厚生年金基金へ の掛金及び年金基金積立不足額に関して財源措置がなされるため、退職給付に係る引当金は計上してお りません。
さらに見せる

10 さらに読み込む

附属明細書 平成26年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

附属明細書 平成26年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

引当外退職給付増加見積額 劇場施設を設置し、伝統芸能の公開及び現代舞台芸術の公演を行うとともに、劇場施設を伝統芸能の保存振興又は現代舞台芸術の振興普及等を目的とす る事業の利用に供する事業。 法人共通の費用の主な内訳は、管理部門人件費であります。また、法人共通の資産の主な内訳は、総務企画部及び各部事業推進課等に所属する資産及び基金事業以外の現 金及び預金であり、土地・建物については事務室面積で按分して算出しております。
さらに見せる

41 さらに読み込む

平成26年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会 h26  chuuki

平成26年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会 h26 chuuki

その他の区分(国立劇場区分及び新国立劇場区分)の役職員及び、基金区分のうち、運営費交付金に より人件費をまかなっている職員については、運営費交付金により財源措置がなされるため、退職給付 に係る引当金は計上しておりません。厚生年金基金から支給される年金給付については、運営費交付金 により厚生年金基金への掛金及び年金基金積立不足額に関して財源措置がなされるため、退職給付に係 る引当金は計上しておりません。
さらに見せる

8 さらに読み込む

決算報告書 平成24年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

決算報告書 平成24年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

   うち基金運用収入 1,407,871,000 1,415,732,028 7,861,028    うち寄附金収入 1,000,000 0 △ 1,000,000    うちその他の収入 19,417,000 31,990,910 12,573,910   国立劇場事業収入 2,870,808,000 2,779,421,259 △ 91,386,741

3 さらに読み込む

事業報告書 平成20年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

事業報告書 平成20年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

ン片 文楽既成者研修 表会 回 文楽 手会、義外夗節 親 会 た、伝統芸能 と現代舞台芸術 の研修生の相互交流を図るた 、 館 特別講義を初 伝承者の現況 成 暻現在 区片 修了生 伝承者 割 歌舞伎俳優 ~ 第 期 人 人 % 歌舞伎音楽ン竹本 ~第 期 人 人 % 歌舞伎音楽ン鳴物 ~第 期 人 人 % 歌舞伎音楽ン長唄 ~第 期 人 人 % 大衆芸能ン寄席囃子 ~第 期 人 人 % 大衆芸能ン外神楽 ~第 期 人 人 % 能楽 役 ~第 期 人 人 % 文楽 ~第 期 人 人 % 組踊 第 期 人 人 %
さらに見せる

26 さらに読み込む

附属明細書 平成24年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

附属明細書 平成24年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

中期目標期間の最終年度であることから、独立行政法人会計基準第 81第3項の規定に基づき、運営費交付金債務残高の全額を収益化。 ① 費用進行基準を採用した業務:すべての業務。 ② 当該業務に係る損益等

40 さらに読み込む

附属明細書 平成23年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

附属明細書 平成23年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

合 計 57,970,544,433 58,110,000,000 58,004,885,643 0 バーデン・ヴュルテンベルク州立開発銀行ユーロ円建コーラブル債 4,300,000,000 4,300,000,000 4,300,000,000 0 欧州投資銀行ユーロ円建ターゲット・リデンプション債 2,000,000,000 2,000,000,000 2,000,000,000 0 0 欧州投資銀行ユーロ円建コーラブル債 958,266,667 1,000,000,000 965,277,701 0 国際金融公社ユーロ円建コーラブル債 4,960,694,445 5,000,000,000 4,967,184,054 0 外国債

38 さらに読み込む

附属明細書 平成21年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

附属明細書 平成21年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

, , △ , , △ , △ , △ , , △ , △ , , , , , , , , , , , , , , , , 引当外退職給付増加見積額 法人共通の費用の主な 訳 管理部門人件費であ ます また 法人共通の資産の主な 訳 総務企画部及び各部事業推進課等に所属する資産及び基金事業以外の現 金及び預金であ 土地・建物に いて 事務室面積で按分して算出して ます

38 さらに読み込む

PRESS RELEASE 2019( 平成 31) 年 4 月吉日国際交流基金アジアセンター株式会社パルコ 国際交流基金アジアセンター主催 響きあうアジア 2019 主要企画 DANCE DANCE ASIA Crossing the Movements 東京公演 2019 開催決定! 2019

PRESS RELEASE 2019( 平成 31) 年 4 月吉日国際交流基金アジアセンター株式会社パルコ 国際交流基金アジアセンター主催 響きあうアジア 2019 主要企画 DANCE DANCE ASIA Crossing the Movements 東京公演 2019 開催決定! 2019

国際交流基金アジアセンター http://jfac.jp/ 独立行政法人国際交流基金は全世界を対象に総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関 です。アジアセンターは 2014 年 4 月に設置され、ASEAN 諸国を中心としたアジアの人々との双方向の 交流事業を実施・支援しています。日本語教育、芸術・文化、スポーツ、市民交流、知的交流等さまざま な分野での交流や協働を通して、アジアにともに生きる隣人としての共感や共生の意識を育むことを目指 しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...