特 定 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 場 合 に

Top PDF 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 場 合 に:

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

イ 平成 27 年9月 30 日から(旧)一般労働派遣事業及び(旧)特定労働派遣事業は廃止と なり、労働派遣事業の実施希望するすべての事業主は、厚生労働大臣「労働派遣 」の許可受けなければならないこととされたところである。 当該改正の経過措置として、(旧)特定労働派遣事業行うため平成 27 年9月 29 日まで 厚生労働大臣に対して届出書(以下「(旧)特定労働派遣事業届出書」という。)提出 したは、平成 27 年9月 30 日から平成 30 年9月 29 日までの3年間(当該期間内改正法附 則第6条第4項の規定により労働派遣事業の廃止命じられたとき、又は法第 13 条第1項の 規定により労働派遣事業廃止した旨の届出したときは、当該廃止命じられた日又は当 該届出した日までの間)(以下「経過措置期間」という。)、(旧)特定労働派遣事業 行っていた事業主は引き続き「その事業が「常時雇用される労働」(※)のみである労働 派遣事業」行うことができる(改正法附則第6条第1項)とされたところである。
さらに見せる

10 さらに読み込む

かかりつけ 医 以 外 に 臨 床 調 査 個 人 票 の 作 成 を 依 頼 する 場 合 は 事 前 に 病 等 への 確 認 をお 勧 めします 担 当 する 診 療 名 指 定 年 月 日 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 平 野 文 祟 機 構 九 州 労 災 病 門 司

かかりつけ 医 以 外 に 臨 床 調 査 個 人 票 の 作 成 を 依 頼 する 場 合 は 事 前 に 病 等 への 確 認 をお 勧 めします 担 当 する 診 療 名 指 定 年 月 日 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 平 野 文 祟 機 構 九 州 労 災 病 門 司

科 平成26年12月19日 大江 晋司 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 消化管内科、肝胆膵内 科 平成26年12月19日 迎 寛 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 矢寺 和博 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 石本 裕士 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 西田 千夏 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 川波 由紀子 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 山﨑 啓 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 生越 貴明 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 赤田 憲太朗 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 小田 桂士 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器内科 平成26年12月19日 足立 弘明 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 神経内科 平成26年12月19日 岡田 和将 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 神経内科 平成26年12月19日 大成 圭子 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 神経内科 平成26年12月19日 橋本 智代 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 神経内科 平成26年12月19日 岩中 己男 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 神経内科 平成26年12月19日 豊田 知子 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 神経内科 平成26年12月19日 小畑 雅子 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 神経内科 平成26年12月19日 松尾 嘉三 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 神経内科 平成26年12月19日 楠原 浩一 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 下野 昌幸 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 山本 幸代 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 金城 唯宗 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 保科 隆之 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 佐藤 哲司 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 本田 裕子 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成27年1月1日 森下 高弘 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月26日 石井 雅宏 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 原田 真理 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 中本 貴人 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 小児科 平成26年12月19日 田中 文啓 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器、胸部外科 平成26年12月19日 岡 壮一 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器、胸部外科 平成26年12月19日 平井 文子 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器、胸部外科 平成26年12月19日 黒田 耕志 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ヶ丘1-1 呼吸器、胸部外科 平成26年12月19日 鳥本 桂一 産業医科大学病院 北九州市八幡西区 医生ケ丘1-1 内分泌代謝糖尿病内科 平成26年12月19日 権頭 聖 医療法人 権頭クリニック 北九州市八幡西区 永犬丸2-10-10 内科 平成26年12月19日 小田 和人 医療法人 小田内科消化器科
さらに見せる

143 さらに読み込む

3 給 与 が 毎 月 支 給 されていない 給 与 受 給 当 該 年 度 において 給 与 が 支 給 されない 月 が 生 じる( 派 遣 労 働 等 のインターバル 期 間 事 業 閉 鎖 )ことが 見 込 まれる 給 与 受 給 特 別 徴 収 義 務 指 定 後 において 同 様 の 状

3 給 与 が 毎 月 支 給 されていない 給 与 受 給 当 該 年 度 において 給 与 が 支 給 されない 月 が 生 じる( 派 遣 労 働 等 のインターバル 期 間 事 業 閉 鎖 )ことが 見 込 まれる 給 与 受 給 特 別 徴 収 義 務 指 定 後 において 同 様 の 状

 当町作成の納入書使用する場合は、払込指定金融機関(納入書裏面 記載)より納入してください。  当町作成の納入書使用しない場合は、納入書の送付省略しますの で、給与支払報告書(総括表)、特別徴収への変更依頼書、給与支払報 告書・特別徴収係る給与所得異動届出書提出する際、その旨 お知らせください。

8 さらに読み込む

パワーハラスメント(21 世 紀 職 業 財 団 ) 職 場 において 地 位 や 人 間 関 係 で 弱 い 立 場 の 労 働 者 に 対 して 繰 り 返 し 精 神 的 又 は 身 体 的 な 苦 痛 を 与 えることにより 結 果 とし て 労 働 者 の 働 く 権 利 を 侵 害 し

パワーハラスメント(21 世 紀 職 業 財 団 ) 職 場 において 地 位 や 人 間 関 係 で 弱 い 立 場 の 労 働 者 に 対 して 繰 り 返 し 精 神 的 又 は 身 体 的 な 苦 痛 を 与 えることにより 結 果 とし て 労 働 者 の 働 く 権 利 を 侵 害 し

その原因は様々ですが、一つは、働き方が変化して職場の人間 関係が希薄化してきたことが挙げられます。その背景は、情報処 理機器の進歩やサービス化により作業のIT化・自動化が進行し、 仕事の進め方がチーム単位から個人単位一層変わってきたことや、 成果主義という言葉代表されるよう雇用管理も個別化され、 同士の競争が激しくなってきたこと、正社員・契約社員・パー ト社員・派遣社員など、様々な雇用形態・労働条件の労働が一緒 仕事するようなってきたことなどがあります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

象 労 働 者 を 雇 入 れした 事 業 所 を 離 職 した 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 である 労 働 者 の 氏 名 離 職 年 月 日 離 職 理 由 が 明 らかにされた 労 働 者 名 簿 等 の 写 し 2 要 綱 第 9 条 第 2 項 第 1 号 アに 該 当 する 労

象 労 働 者 を 雇 入 れした 事 業 所 を 離 職 した 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 である 労 働 者 の 氏 名 離 職 年 月 日 離 職 理 由 が 明 らかにされた 労 働 者 名 簿 等 の 写 し 2 要 綱 第 9 条 第 2 項 第 1 号 アに 該 当 する 労

(企業参入型農業行うについて) 第3条 要綱第3条第1号アの企業参入型農業行うは、法人格有する団体とする。 (対象労働について) 第4条 要綱第3条第2号の対象労働は、県内既存事業所等から移動した正規雇用 は含めない。ただし、当該事業従事させること目的として操業開始前採用し、 研修等のため県内既存事業所配属させていたであること知事が認める場合は 対象労働含めるものとする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

求 められる 労 務 リスクへの 対 応 業 務 に 起 因 するケガや 病 気 の 場 合 高 額 な 損 害 賠 償 を 求 められる 可 能 性 があります 労 災 事 故 の 発 生 率 は 交 通 事 故 よりも 高 い 25 年 労 災 事 故 と 交 通 事 故 の 死 傷 者 発 生

求 められる 労 務 リスクへの 対 応 業 務 に 起 因 するケガや 病 気 の 場 合 高 額 な 損 害 賠 償 を 求 められる 可 能 性 があります 労 災 事 故 の 発 生 率 は 交 通 事 故 よりも 高 い 25 年 労 災 事 故 と 交 通 事 故 の 死 傷 者 発 生

②記名被保険が災害補償規定等定めていない場合 記名保険が補償対象または法定相続人支給するものとして保険 証券記載された金額。 ※ 補償内容の詳細 お支払いする保険金および費用保険金のご説明1基本構成 の補償内容、4保険金の種類追加する主な特約 ①被保険が支出する補償 金に関する特約記載された各特約にてお支払いする保険金いいます。

8 さらに読み込む

1. 安 全 上 のご 注 意 ( 必 ずお 守 りください) 警 告 事 項 1 設 置 工 事 は 電 源 工 事 が 必 要 な 場 合 も 御 座 います 事 から 工 事 業 者 が 行 ってください 2 異 常 が 見 られた 場 合 には 全 ての 電 源 (コンセントを 抜 く 等

1. 安 全 上 のご 注 意 ( 必 ずお 守 りください) 警 告 事 項 1 設 置 工 事 は 電 源 工 事 が 必 要 な 場 合 も 御 座 います 事 から 工 事 業 者 が 行 ってください 2 異 常 が 見 られた 場 合 には 全 ての 電 源 (コンセントを 抜 く 等

⑨ 電源プラグは確実差し込んでください。また定期的プラグの清掃お願い致します。 ⑩ 本機は放熱対策でスリットが多く設けてあります。放熱の妨げなるような場所へは設置しないでください。 ⑪ 静電気は十分気付けてください。特に冬季は故障の可能性が高くなる要因なります。 ① 専用アダプタへの電源は必ずAC100V接続してください。 ② 機器へは必ず決められた電源供給してください。
さらに見せる

22 さらに読み込む

取 得 させることを 定 めていない 場 合 には 現 行 法 と 同 様 特 許 を 受 ける 権 利 は 従 業 者 等 に 原 始 的 に 帰 属 することになります 典 型 的 には 使 用 者 等 から 従 業 者 等 に 通 知 したものに 限 って 特 許 を 受 ける 権 利 を 従

取 得 させることを 定 めていない 場 合 には 現 行 法 と 同 様 特 許 を 受 ける 権 利 は 従 業 者 等 に 原 始 的 に 帰 属 することになります 典 型 的 には 使 用 者 等 から 従 業 者 等 に 通 知 したものに 限 って 特 許 を 受 ける 権 利 を 従

森・濱田松本法律事務所は、従来からアジア諸国含む海外積極的弁護士 派遣し、いち早く中国(北京・上海)、シンガポール、ミャンマーへの進出果 たし、昨年はタイオフィス設けております。当事務所は、これらの活動 通じて培った新興国特有の諸問題かかわるノウハウと豊富なクロスボーダー 案件の経験活かして、グローバルビジネス展開されているクライアントの 皆様へリーガル・サービス提供してまいりました。このような体制より一層 拡充し、アジアの最前線でのクライアントの皆様のビジネスにより貢献するため 、今般、アジアの新興国の中でも最も成長著しいインドネシアにおいて、提携 関係有している ARFIDEA KADRI SAHETAPY-ENGEL TISNADISASTRA 法律 事務所(AKSET Law)、当事務所の弁護士が常駐するデスク設けること したものです。
さらに見せる

9 さらに読み込む

は じ め に 本 マニュアルは 足 場 の 設 置 が 困 難 な 高 所 作 業 での 墜 落 防 止 対 策 普 及 事 業 を 厚 生 労 働 省 か ら 建 設 業 労 働 災 害 防 止 協 会 が 受 託 して 作 成 したものである 建 設 業 における 墜 落 転 落 災 害 の

は じ め に 本 マニュアルは 足 場 の 設 置 が 困 難 な 高 所 作 業 での 墜 落 防 止 対 策 普 及 事 業 を 厚 生 労 働 省 か ら 建 設 業 労 働 災 害 防 止 協 会 が 受 託 して 作 成 したものである 建 設 業 における 墜 落 転 落 災 害 の

2.3.2 親綱等の付属金具  ⑴ 安全ブロック    作業の墜落阻止する器具。墜落により高速でストラップが繰り出されると「ロック機 能」が作動し、墜落防止することができる。ストラップの長さは、様々な長さがあるた め、使用する現場応じて適切な安全ブロック選定する必要がある。また、安全ブロック は、ショックアブソーバ付きの仕様のものがある。屋根上設置された安全ブロックと安 全帯直接ストラップ連結する場合は、落下時の衝撃緩和するショックアブソーバ付 きの安全ブロックの使用推奨する。
さらに見せる

58 さらに読み込む

これからの 労 使 協 議 制 労 使 協 議 点 検 チェックリスト 労 使 協 議 制 度 設 置 レベル 地 域 レベル 産 業 レベル 企 業 グループレベル 企 業 レベル 工 場 事 業 所 レベル 事 業 部 (カンパニー)レベル 構 成 当 該 地 域 の 企 業 労 使 産 業 別

これからの 労 使 協 議 制 労 使 協 議 点 検 チェックリスト 労 使 協 議 制 度 設 置 レベル 地 域 レベル 産 業 レベル 企 業 グループレベル 企 業 レベル 工 場 事 業 所 レベル 事 業 部 (カンパニー)レベル 構 成 当 該 地 域 の 企 業 労 使 産 業 別

66 協議会においてM&Aや事業、企業再編が行われた場合の対応について協議している 67 協議会において次年度の新卒採用計画について協議している 68 職種単位の労働密度や労働時間の適正化について協議している 69 特定の職種や職場において長時間労働が恒常的行われている場合、その改善策について協議している 70 職場単位で業務量の繁閑応じた人員計画や非典型雇用含めた人員体制の適正について協議している 71 新技術の導入(技術革新)伴う人員計画や人員体制への影響について協議している
さらに見せる

8 さらに読み込む

林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 とは 林 業 木 材 産 業 関 係 者 の 皆 様 が 融 資 機 関 から 事 業 資 金 を 借 り 入 れようとする 場 合 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )が 債 務 を 保 証 することによ

林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 とは 林 業 木 材 産 業 関 係 者 の 皆 様 が 融 資 機 関 から 事 業 資 金 を 借 り 入 れようとする 場 合 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )が 債 務 を 保 証 することによ

(注5)特定被災区域とは、法律定める特定被災区域いいます。 (青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、新潟県、長野県の全域又は 一部地域) 保証額の上限について 出資額によって保証の限度額が決まりますが、ほか会社・個人別次のような上限が設けられています。 ①一被保証当たりの保証の最高限度額は、原則として会社及び組合については4億円、個人については1
さらに見せる

16 さらに読み込む

この 事 業 は 厚 生 労 働 省 が 実 施 する 平 成 25 年 度 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 から 国 庫 補 助 金 の 交 付 を 受 けて 実 施 したもの である

この 事 業 は 厚 生 労 働 省 が 実 施 する 平 成 25 年 度 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 から 国 庫 補 助 金 の 交 付 を 受 けて 実 施 したもの である

以下、指針の記載事項中心として概説します。 補装具費の支給目的について 3 - 1 指針では、補装具費の支給目的は、法の規定等踏まえ、「補装具は、身体障害、身体障 害児及び障害の日常生活及び社会生活総合的支援するための法律施行令第1条規定 する特殊の疾病該当する難病患者等(以下「身体障害・児」という)の失われた身体機 能補完又は代替する用具であり、身体障害及び18歳以上の難病患者等(以下「身体障 害」という)の職業その他日常生活の能率の向上図ること目的として、又、身体障害 児及び18歳未満の難病患者等(以下「身体障害児」という)については、将来、社会人と して独立自活するための素地育成・助長すること等目的として使用されるものであり、 市町村は、補装具必要とする身体障害・児に対し、補装具費の支給行うものである。」 としており、その目的沿った取扱いがなされるよう、実際の支給に当たっては、次の点な ど考慮して行うこととしています。
さらに見せる

416 さらに読み込む

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援

予算の特色として、栗原の少子化問題は「子は何物も優る宝」との思いから、 人口増加の要となる子どもと子育て世代応援するため、新たな市独自の子育て 支援策として、幼稚園でも保育所でも兄弟姉妹がいる場合は、2人目以降無料 とする拡充策や、幼稚園3年保育の実現。さらに、保育所入所待機児童ゼロ する取り組みは、築館地区の保育所施設整備事業や、栗駒、志波姫、瀬峰地区の 幼保一体施設整備事業、くわえて、若者の定住促進向けた宅地分譲や助成事業 など、子育て支援重点置いた内容となっております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

労 働 者 派 遣 基 本 契 約 書

労 働 者 派 遣 基 本 契 約 書

(1)第2項規定する確定した納付命令における課徴金について、独占禁止法第7条の2第8項又は 第9項の規定の適用があるとき。 (2)第2項規定する納付命令若しくは排除措置命令若しくは刑法第96条の6又は第3項規定す る刑係る確定判決において、受注が違反行為の首謀であることが明らかなったとき。 5 第1項から第4項までの規定は、この契約による履行が完了した後においても適用するものとする。 6 受注は、契約の履行理由として、第1項から第4項までの賠償金免れることができない。 7 第1項から第4項までの規定は、発注生じた実際の損害額が賠償金の額超える場合において、
さらに見せる

10 さらに読み込む

労 働 者 派 遣 基 本 契 約 書

労 働 者 派 遣 基 本 契 約 書

(派遣労働の安全衛生等) 第10条 発注は、派遣労働に対し、労働派遣法、労働派遣事業の適正な運営の確保及び 労働の保護等に関する法律施行令(昭和61年政令第95号)、労働派遣事業の適正な運営 の確保及び派遣労働の保護等に関する法律施行規則(昭和61年労働省令第20号)その他の法 令及び派遣先が講ずべき措置に関する指針(平成11年労働省告示第138号)等定められた派遣 先としての責任負うほか、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)の趣旨沿って快適な作業 環境の保持努めるものとする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

労 働 者 派 遣 法 政 令 26 業 務 解 釈 例 集 社 団 法 人 日 本 人 材 派 遣 協 会

労 働 者 派 遣 法 政 令 26 業 務 解 釈 例 集 社 団 法 人 日 本 人 材 派 遣 協 会

○ 電子計算機機能搭載した高機能携帯電話端末(いわゆる「スマートフォ ン」)のプログラムの設計、作成、保守付随しておこなわれる、同携帯端 末上で動作するアプリケーションのテスト業務(単なるテスト作業ではなく、 テスト内容考えて、報告書作成するまでのテスト業務であれば、プログ ラムの設計付随して行われるシステムテストの一環と解される。なお、同 号の「電子計算機」とは、「演算、判別、照合などのデータ処理高速で 電子機器でプログラムの実行最低限必要な機能有しているもの」とあ るのみで、ハードの形態特に制限していないことからすれば、例えばスマ ートフォンの様、携帯電話器ではあっても、「演算、判別、照合などのデ ータ処理高速で行う電子機器でプログラムの実行最低限必要な機能 有しているもの」であれば、同号の「電子計算機」該当すると解される。) ○ 工場の生産ラインの制御等に関するコンピュータシステムのプログラム
さらに見せる

46 さらに読み込む

実 施 日 場 所 参 加 者 数 あじさいメイツ 無 料 相 談 会 1 月 30 日 ( 土 ) 12 人 指 定 管 理 者 事 業 との 共 催 事 業 (5) 勤 労 者 への 相 模 原 市 が 行 う 制 度 の 紹 介 あじさいメイツガイドブック やホームページにより 相 模 原 市

実 施 日 場 所 参 加 者 数 あじさいメイツ 無 料 相 談 会 1 月 30 日 ( 土 ) 12 人 指 定 管 理 者 事 業 との 共 催 事 業 (5) 勤 労 者 への 相 模 原 市 が 行 う 制 度 の 紹 介 あじさいメイツガイドブック やホームページにより 相 模 原 市

 相模原市立勤労総合福祉センター条例及び同条例の施行規則基づき、適正かつ公平な施設利用の 承認等実施した。設備の維持管理については「施設及び設備補修整備計画」の策定行い、市へ提出 するとともに、計画準じた大規模修繕係る報告及び修繕提案行った。小規模修繕については不具 の早期発見、早期対応努めた。また、施設の貸出し及び事業の実施を通して、勤労及び市民の福 祉の向上と利用サービス、利用率の向上図った。コピー機の設置やトレーニング室のリニューアル 等、来館の利便性やサービスの向上図るとともに、インターネットによる予約受付システム導入 した。さらには、ホームページやサン・エール通信、地域のイベントでのチラシの配布等、施設のPR 活動積極的行うと同時に、季節合わせたディスプレイ館内にて行い、来館施設の賑わい 演出した。
さらに見せる

18 さらに読み込む

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容

(3)受託は、受託情報の取扱い当たり、別紙「情報システム係る委託契約等 おける受託情報の取扱いに関する特記事項」遵守しなければならない。 15 業務委託完了後の業務の引継ぎ 受託は、この契約の履行期間が満了する場合、または、次期契約で区が他事業 当該業務委託する場合、引継書の作成および引継内容の説明はじめ、必要な引 継ぎ適切行わなければならない。この際、区からの資料等の請求は、受託の不 利益なる場合除いて応じるものとする。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

総会再度招集しなければならない。この場合は、前項の規定かかわらず、出席の半数以 上が第12条第2項の規定による正組合員である場合は、議事開き議決することができる。 (緊急議案) 第42条 総会では、第38条の規定によりあらかじめ通知した事項限って議決するものとする。 ただし、第39条第1項第9号から第14号まで及び第45条規定する事項並びに役員の選任 (第30条及び法第95条第2項の規定による改選除く。 )除き、緊急要する事項について はこの限りでない。
さらに見せる

33 さらに読み込む

作 業 内 容 清 掃 の 作 業 内 容 を 示 す これは 目 安 として 定 めたものであ 作 業 内 容 や 手 順 について 病 院 から 別 途 指 示 があった 場 合 は その 指 示 に 従 うものとす 下 記 項 目 について 実 行 し 作 業 を 行 うこと (1) 清 潔

作 業 内 容 清 掃 の 作 業 内 容 を 示 す これは 目 安 として 定 めたものであ 作 業 内 容 や 手 順 について 病 院 から 別 途 指 示 があった 場 合 は その 指 示 に 従 うものとす 下 記 項 目 について 実 行 し 作 業 を 行 うこと (1) 清 潔

5 ドアのノブ、手すり、窓枠等の手の触れる部分清拭する。 人が良く触れる場所は必ず清拭すること。 6 消耗品補充し、洗面台清掃する。 洗面台の清掃手順従う。 7 ごみ箱からごみ回収する。容器が汚れている場合は容器の汚れ取り除く。内容物手で押したり、移し替えたりしない。 8 床除塵用具(ダスタークロス等)使用し、除塵する。 床は不潔であり、床あるもの何かの上 9 部屋の奥から入口向かってモップで湿式清拭する。
さらに見せる

37 さらに読み込む

Show all 10000 documents...