無形固定資産(リース資産を除く)

Top PDF 無形固定資産(リース資産を除く):

連結貸借対照表 (2018 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部負債の部 固定資産 有形固定資産 製造設備 供給設備 業務設備 その他の事業設備 建設仮勘定 無形固定資産 その他の無形固定資産 投資その他の資産 投資有価証券 長期貸付金 繰延税金資産 その他の投資 貸倒引

連結貸借対照表 (2018 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部負債の部 固定資産 有形固定資産 製造設備 供給設備 業務設備 その他の事業設備 建設仮勘定 無形固定資産 その他の無形固定資産 投資その他の資産 投資有価証券 長期貸付金 繰延税金資産 その他の投資 貸倒引

⑵ 持分法の適用に関する事項 ①持分法適用した非連結子会社はありません。 ②持分法適用していない非連結子会社4社(㈱北雄ホームサービス他3社)及び関連会社1社 (㈱北陸燃商)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等から みて、持分法の対象から除いても連結計算書類に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても 重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。

14 さらに読み込む

有形固定資産シリーズ(2)_有形固定資産の会計処理の概要 固定資産の取得・減価償却

有形固定資産シリーズ(2)_有形固定資産の会計処理の概要 固定資産の取得・減価償却

固定資産の取得原価から残存価額控除した額す なわち減価償却総額は、期間又は生産高(利用高) のいずれか基準として配分される。固定資産は土 地のような非償却資産除くと、物質的原因又は機 能的原因によって減価し、早晩廃棄更新されねばな らない状態に至るものである。物質的減価は、利用 ないし時の経過による固定資産の磨滅損耗原因と するものであり、機能的減価は、物質的にいまだ使 用に耐えるが、外的事情により固定資産が陳腐化し、 あるいは不適応化したこと原因とするものであ る。減価が主として時の経過原因として発生する 場合には、期間配分基準とすべきである。これに 対して、減価が主として固定資産の利用に比例して 発生する場合には、生産高配分基準とするのが合 理的である(連続意見書三 第一 五)。
さらに見せる

7 さらに読み込む

無形資産投資と日本の経済成長

無形資産投資と日本の経済成長

本稿では、生産性や IT 革命から端発した無形資産の問題包括的に議論すること目的とし ている。次節では、CHS によって始められた無形資産投資の計測日本に適用する。その際、単 にマクロレベルにとどまらず、産業別の無形資産投資計測し、かつ国際比較を通して、日本の無 形資産投資の規模や成長への寄与が、国際的にみてどれくらいに位置しているのか考察する。 同時に、IT 化と無形資産投資に関する補完性についても言及する。第 3 節では、CHS で定義され た無形資産投資が、企業レベルでどの程度実施されているか独自のアンケート調査で明らかに する。さらに第 4 節では、無形資産の中でも組織管理や人的資源管理の効果に着目し、Bloom and Van Reenen (2007)に準じた日韓のインタビュー調査の概要紹介する。後に詳しく述べるよう に、彼らはインタビュー調査の結果スコア化し、企業の経営管理の定量化行ったが、我々の調 査でも同様の作業行うことにより、日韓の経営行動の特徴明らかにする。第 5 節では、こうした 無形資産の蓄積が企業価値に反映されているかどうか検証した研究紹介する。本稿で紹介す る多くの研究は、無形資産が何らかの形で株価などの企業価値に反映されていること示している。 そして最終節では、こうした分析から導出される政策的インプリケーション、現在に日本経済が直
さらに見せる

58 さらに読み込む

目次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 固定資産台帳の整備目的 1 Ⅲ 固定資産台帳の記載項目 2 Ⅳ 固定資産台帳の記載対象範囲 3 1 総則 3 2 建設仮勘定 4 3 リース資産 4 4 PFI 等 6 Ⅴ 固定資産台帳の記載単位 7 1 総則 7 2 付随費用 8 3 資本的支出と修繕費の区分 8 Ⅵ

目次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 固定資産台帳の整備目的 1 Ⅲ 固定資産台帳の記載項目 2 Ⅳ 固定資産台帳の記載対象範囲 3 1 総則 3 2 建設仮勘定 4 3 リース資産 4 4 PFI 等 6 Ⅴ 固定資産台帳の記載単位 7 1 総則 7 2 付随費用 8 3 資本的支出と修繕費の区分 8 Ⅵ

2 有形固定資産 63. 事業用資産とインフラ資産の開始時簿価については、取得原価が判明しているものは、 原則として取得原価とし、取得原価が不明なものは、原則として再調達原価とします (償却資産は、当該価額から減価償却累計額控除した価額計上。以下同様) 。ただ し、道路、河川及び水路の敷地のうち、取得原価が不明なものについては、原則とし て備忘価額1円とします。また、開始後については、原則として取得原価とし、再評 価は行わないこととします。なお、取得原価については、事実関係よく調査する必 要があり、安易に取得原価が不明だと判断することのないよう留意する必要がありま す。具体的には、地方債発行に関連する資料など、残存する証拠書類確認すること が考えられますが、それでも取得原価が判明しない資産については、取得原価の把握 のために、地方財政状況調査(決算統計)の数値用いることも考えられます。 64. また、取得原価の判明状況は各地方公共団体において異なることや地方債の償還年限
さらに見せる

43 さらに読み込む

RIETI - 無形資産投資における資金制約

RIETI - 無形資産投資における資金制約

要 旨 本稿は、無形資産投資における資金制約について、日本企業のデータ用いて実証 的に分析するものである。具体的には、キャッシュフロー説明変数に含む無形固定 資産の投資関数推計し、投資の内部資金に対する感応度とその産業・企業規模・企 業年齢による違い観察する。分析結果によれば、通常の設備投資と比較して、無形 資産への投資は内部資金に対する感応度が高く、特に中小企業や企業年齢の若い企業 において顕著である。この結果は、無形資産投資の資金調達において金融市場の失敗 が存在すること示唆している。また、現実の政策は、研究開発除いて有形の設備 投資に着目した制度が大部分だが、企業税制や中小企業金融の支援措置は無形資産投 資重視する方向に変えていくことが望ましい可能性示唆している。
さらに見せる

25 さらに読み込む

有形固定資産シリーズ(5) 固定資産の減損③

有形固定資産シリーズ(5) 固定資産の減損③

( 4 ) 割引前将来キャッシュ・フローの総額の見 積り 減損損失認識するかどうか判定するために見積ら れる割引前の将来キャッシュ・フローは、少なくとも土 地については使用期間が無限になりうることから、その 見積期間制限する必要がある。また、一般に、長期間 にわたる将来キャッシュ・フローの見積りは不確実性が 高くなる。このため、減損損失認識するかどうか判 定するために割引前将来キャッシュ・フロー見積る期 間は、資産又は資産グループ中の主要な資産の経済的残 存使用年数と 20 年のいずれか短い方とすることとされ ている(減損意見書四 2. ( 2 )②、減損適用指針 96 項)。
さらに見せる

8 さらに読み込む

< 算定方法 ( 一般電気事業供給約款料金算定規則 ( 省令 ))> 1. レートベース 1 特定固定資産 : 電気事業固定資産 ( 附帯事業に係る共用固定資産 貸付設備その他の電気事業固定資産の設備のうち適当でないもの及び工事負担金を除く ) の事業年度における平均帳簿価額を基に算定した額 2 建

< 算定方法 ( 一般電気事業供給約款料金算定規則 ( 省令 ))> 1. レートベース 1 特定固定資産 : 電気事業固定資産 ( 附帯事業に係る共用固定資産 貸付設備その他の電気事業固定資産の設備のうち適当でないもの及び工事負担金を除く ) の事業年度における平均帳簿価額を基に算定した額 2 建

・料金引き下げ時においては内部留保の自由度等が容認されることとなるが、その内容やその目的等については、例えば、料金改定時や毎年度経営効率化計画 発表時、株主総会時など、各事業者が、その内容説明する上で最も適切と考える時期に、その内部留保等がいかに需要家の利益に資するものであるかという こと、需要家に対して説明する。 ※ なお、平成7年7月の電気事業審議会料金制度部会中間報告においては、「電気事業者は、経営効率化計画や料金の定期的評価通 じて経営効率化努力、収支状況、料金の妥当性等に関する積極的な情報公開に努めること」とされているところであるが、今般の制度改正における経営自主性の拡大に伴って、 こうした自主的取組は今後、一層強化・拡充されることが適当である。
さらに見せる

32 さらに読み込む

2 リース会計に関する論点の整理注釈 38によると 借地権 ( 借地借家法の適用のないものを含む ) は 我が国では非償却の無形資産として扱う場合が多く 無形資産 ( 又は土地に準ずる資産 ) に該当するのか リースに該当するのかについてはその内容を踏まえて検討が必要であるとしている しかし 借地権

2 リース会計に関する論点の整理注釈 38によると 借地権 ( 借地借家法の適用のないものを含む ) は 我が国では非償却の無形資産として扱う場合が多く 無形資産 ( 又は土地に準ずる資産 ) に該当するのか リースに該当するのかについてはその内容を踏まえて検討が必要であるとしている しかし 借地権

BのEDが提案する「契約上の要素・契約上の定めのない財務的な要素・事業上の要素 ・借手固有の要素」のみならず、周辺における同用途の不動産の賃貸市場の需給動向、 賃貸市場における当該不動産の競争力等の情報が必要不可欠である。 (※1)借地権の第三者間取引(土地の所有権者以外に対する取引)は、借地権及び 当該土地上の建物一括で取引する場合のほか、借地権のみ単独で取引する 場合が考えられるが、前者の取引が殆どであり、後者は稀である。
さらに見せる

5 さらに読み込む

有形固定資産シリーズ(7)_資産除去債務②

有形固定資産シリーズ(7)_資産除去債務②

( 3 ) 建物等賃借契約に関連して敷金支出して いる場合 賃借建物等に係る有形固定資産(内部造作等)の除去 などの原状回復が契約で要求されており、当該有形固定 資産に関連する資産除去債務計上しなければならない 場合がある。この場合において、当該賃借契約に関連す る敷金が資産計上されているときは、当該計上額に関連 する部分について、資産除去債務の負債計上及びこれに 対応する除去費用の資産計上に代えて、当該敷金の回収 が最終的に見込めないと認められる金額合理的に見積 り、そのうち当期の負担に属する金額費用に計上する 方法によることができる(企業会計基準適用指針第21 号「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」 (以下「資 産除去債務適用指針」という。)9項)とされている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

3. 有形固定資産 ( リース資産を除く ) の減価償却は 定率法 ( ただし 平成 10 年 4 月 1 日以後に取得した建物 ( 建物附属設備を除く ) 並びに平成 28 年 4 月 1 日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法 ) を採用しております また 主な耐用年数は次のとお

3. 有形固定資産 ( リース資産を除く ) の減価償却は 定率法 ( ただし 平成 10 年 4 月 1 日以後に取得した建物 ( 建物附属設備を除く ) 並びに平成 28 年 4 月 1 日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法 ) を採用しております また 主な耐用年数は次のとお

当金庫では、これらの金融資産及び金融負債について、保有期間1年、過去5年の観測期間で計測され る99パーセンタイル値用いた時価の変動額市場リスク量とし、金利の変動リスクの管理にあたって の定量的分析に利用しております。 当該変動額の算定にあたっては、対象の金融資産及び金融負債それぞれ金利期日に応じて適切な期間 に残高分解し、期間ごとの金利変動幅用いております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成12年度固定資産税(償却資産)

平成12年度固定資産税(償却資産)

リース資産の申告義務は、原則として資産の所有者であるリース会社にあります。 ただし、ファイナンスリースのうち、リース期間経過後に所有権の移転が決まって いる場合は、賃借人が当該資産の申告していただく必要があります。 なお、平成20年4月1日以後に契約締結した所有権移転外ファイナンスリースにつ いて税務会計上は売買処理扱いとされていましたが、固定資産税(償却資産)において は従来どおりリース会社等の資産の賃貸人に申告義務があります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

1 償却資産とは (1) 固定資産税が課される償却資産固定資産税にいう償却資産とは, 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産 ( 特許権その他の無形減価償却資産及び自動車税, 軽自動車税の課税客体は徐く ) で, その減価償却額または減価償却費が, 法人税法または所得税法による所得の計算

1 償却資産とは (1) 固定資産税が課される償却資産固定資産税にいう償却資産とは, 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産 ( 特許権その他の無形減価償却資産及び自動車税, 軽自動車税の課税客体は徐く ) で, その減価償却額または減価償却費が, 法人税法または所得税法による所得の計算

(4) 注意事項 ① 青色申告等税務署に提出されている方も,内容に注意し必ずご申告ください。 ② 郵送で申告される方は,申告書控用に受付印押して返送しますので,住所,氏 名記入し,切手貼った返信用封筒同封してください。返信用封筒がない場 合,また切手貼ってない場合は返送できません。詳しくは固定資産税係償却資 産担当へお問い合わせください(16ページ参照 )。

16 さらに読み込む

1. 固定資産税 都市計画税について 固定資産税は 毎年 1 月 1 日 1 に 土地 家屋 償却資産 2 を所有している人がその固定資産の価格 ( 評価額 ) をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村に納める税です 固定資産税は 市民税とともに福祉や教育などのさまざまな行政サービスを行

1. 固定資産税 都市計画税について 固定資産税は 毎年 1 月 1 日 1 に 土地 家屋 償却資産 2 を所有している人がその固定資産の価格 ( 評価額 ) をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村に納める税です 固定資産税は 市民税とともに福祉や教育などのさまざまな行政サービスを行

なお、勧告が撤回された場合は、翌年度から一般農地としての評価になります。 (勧告の対象となる遊休農地は、農業振興地域内にある遊休農地) ●農地に係る課税の軽減の特例 平成28年4月1日から平成30年3月31日までの間に、所有する全ての農地(1 0a未満の自作地除く、農地中間管理機構に貸付期間10年以上で貸付した場合、 その貸付した農地につき、最初の3年間(貸付期間が15年以上の場合は、5年間) の固定資産税又は都市計画税の課税標準額が、1/2の額となります。
さらに見せる

14 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)申告の手引き

償却資産(固定資産税)申告の手引き

パチンコ台、パチスロ台、ゲームマシン、両替機、玉貸機、還元機等 印 刷 業 各種印刷機、活字盤鋳造機、裁断機等 建 設 業 ブロックゲージ、トランスショッパー、ポンプ、ポータブル発電機、ブルドー ザー、パワーショベル、コンクリートカッター、ミキサー、クレーン、フォー クリフト(ただし軽自動車税の対象となっているもの除く)等

9 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)の申告について

償却資産(固定資産税)の申告について

割賦販売資産については、所有権が売主に留保されている場合であっても、原則として買主が 申告することになります。 (2) リース資産 リース資産(ファイナンスリース)については、通常リース会社からの申告となり、ユーザーは申告の必要 はありません。ただし、譲渡条件付リース等の所有権留保付割賦販売に相当するものなど、ユー ザーにて申告要するものもありますので、取扱いが不明な場合は契約書ご確認ください。
さらに見せる

16 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)の申告について

償却資産(固定資産税)の申告について

割賦販売資産については、所有権が売主に留保されている場合であっても、原則として買主が 申告することになります。 (2) リース資産 リース資産(ファイナンスリース)については、通常リース会社からの申告となり、ユーザーは申告の必要 はありません。ただし、譲渡条件付リース等の所有権留保付割賦販売に相当するものなど、ユー ザーにて申告要するものもありますので、取扱いが不明な場合は契約書ご確認ください。
さらに見せる

16 さらに読み込む

コア資本に係る調整項目 無形固定資産 ( モーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) の額の合計額 うち のれんに係るもの ( のれん相当差額を含む ) の額 うち のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るもの以外の額 繰延税金資産 ( 一時差異に係るものを除く ) の額 適格引当

コア資本に係る調整項目 無形固定資産 ( モーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) の額の合計額 うち のれんに係るもの ( のれん相当差額を含む ) の額 うち のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るもの以外の額 繰延税金資産 ( 一時差異に係るものを除く ) の額 適格引当

中央清算機関関連エクスポージャーに係る信用リスク・アセットの額 マーケット・リスク相当額の合計額8%で除して得た額 オペレーショナル・リスク相当額の合計額8%で除して得た額 単体総所要自己資本額((ニ)×4%) うち、上記以外に該当するものの額 リスク・アセット等

5 さらに読み込む

償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引

償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引 償却資産(固定税)の申告手引

□ 経済産業省からの認定通知書の写し □ 電力会社との電力受給契約書の写し(需給開始日が明記されたもの) (4) 少額資産等の取り扱いについて 償却資産において、地方税法の規定に基づき申告の対象から除外される「少額資産」は、①使用可能期間 が1年未満であるものまたは取得価額 10 万円未満の資産のうち一時に損金算入したもの、②取得価額 20 万円未満の資産のうち3年間で一括償却したもの、③法人税法第 64 条の2第1項、所得税法第 67 条の2 第1項に規定するリース資産で取得価額 20 万円未満のもののみです。
さらに見せる

13 さらに読み込む

流動資産 19,550,695 流動負債 7,598,907 売掛金 商 未収入金 貸倒引当金 固定資産 3,428,304 固定負債 375,005 ( 有形固定資産 ) ( 478,444 ) 建 品 仕掛品 前渡金 短期貸付金 繰延税金資産 その他 物 ( 無形固定資産 ) ( 179,467

流動資産 19,550,695 流動負債 7,598,907 売掛金 商 未収入金 貸倒引当金 固定資産 3,428,304 固定負債 375,005 ( 有形固定資産 ) ( 478,444 ) 建 品 仕掛品 前渡金 短期貸付金 繰延税金資産 その他 物 ( 無形固定資産 ) ( 179,467

(関連当事者との取引に関する注記) 1. 親会社及び法人主要株主等 取引条件及び取引条件の決定方針等 (注1) ㈱バンダイナムコホールディングスとの取引条件及び取引条件の決定方針については、一般的な     市場価格勘案し、価格交渉行ったうえで決定しております。

5 さらに読み込む

株式会社プロシップ  固定資産、リース資産、減損会計、販売管理等のパッケージ ProPlus をコアとしたワンストップソリューションを提供

株式会社プロシップ 固定資産、リース資産、減損会計、販売管理等のパッケージ ProPlus をコアとしたワンストップソリューションを提供

※ 業績予想の適切な利用に関する説明、 その他特記事項 本資料に記載さ れている業績見通し 等の将来に関する記述は、 当社が現在入手し ている情報及び合理的であると 判断する一定の前提に基づいており 、 そ の達成約束する趣旨のも のではあり ません。 また、 実際の業績等は様々な要因により 大きく 異なる可能性があり ます。 業績予想の前提と なる条件および業績予想のご利用にあたっ ての注意事項等については、 添付資料2 ページの「 1 . 当四半期決算に関する定性的情報
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...