法第5条第24項に規定する移動支援事業

Top PDF 法第5条第24項に規定する移動支援事業:

規定する指定介護予防サービス事業者 同法第 54 条の2 第 1 項に規定する指定地域密着型介護予防サービス事業者若しくは同法第 115 条の45 の3 第 1 項に規定する指定事業者の指定を受け 児童福祉法第 21 条の5の3 第 1 項に規定する指定障害児通所支援事業者の指定を受け 障害者総合支

規定する指定介護予防サービス事業者 同法第 54 条の2 第 1 項に規定する指定地域密着型介護予防サービス事業者若しくは同法第 115 条の45 の3 第 1 項に規定する指定事業者の指定を受け 児童福祉法第 21 条の5の3 第 1 項に規定する指定障害児通所支援事業者の指定を受け 障害者総合支

イ (略) イ (略) (29) 社会福祉法人、公益社団法人若しくは公益財 団法人又は特定非営利活動促進 規定する法人のうち、介護保険41規定する指定居宅サービス事業者、同 42の2規定する指定地域密着型サー ビス事業者、同53規定する指定 介護予防サービス事業者、 同54の 2規定する指定地域密着型介護予防サ ービス事業者若しくは同115の45 1号イ規定する一号訪問事業係る同 115の45の3規定する指定事業者 の指定を受け、障害者総合支援24 規定する移動支援事業の実施について県内の 市町村から委託を受け、若しくは当該事業する事業を行い、同29規定する 指定障害福祉サービス事業者の指定を受け、又 は老人福祉の2規定する老人 居宅介護等事業を行つているものが所有する自 動車で、居宅介護等事業の用専ら供するもの に対する自動車税
さらに見せる

10 さらに読み込む

て 報告を求めるものとする ( 開示等に係る業務の特例 ) 第 5 条副学長等は 規程第 4 条第 1 項各号に規定する課に 開示等に係る請求書の受付を命じることができるものとする ( 審査請求 ) 第 6 条法第 42 条第 1 項に定める審査請求があったときは 第 2 条第 2 項及び第 3 項

て 報告を求めるものとする ( 開示等に係る業務の特例 ) 第 5 条副学長等は 規程第 4 条第 1 項各号に規定する課に 開示等に係る請求書の受付を命じることができるものとする ( 審査請求 ) 第 6 条法第 42 条第 1 項に定める審査請求があったときは 第 2 条第 2 項及び第 3 項

窓口来所して訂正請求をする場合、本人確認のため、運転免許証、健康保険の被保険者証、 個人番号カード(住民基本台帳カード(注)。ただし、個人番号通知カードは不可。)、在留カ ード又は特別永住者証明書(これらの書類とみなされる外国人登録証明書)等の住所・氏名が記 載されている書類を提示・提出してください。どのような書類が本人確認書類当たるのか分か らない場合や、本人確認書類の提出ができない場合は、窓口事前相談してください。 (注)住民基本台帳カードは、その効力を失うか、個人番号カードの交付を受ける時まで個人番
さらに見せる

60 さらに読み込む

自衛隊法第 65 条の 11 第 5 項の規定に基づく報告の概要 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 同年 6 月 30 日分 ) [ 届出等区分別 ] 別紙 1 自衛隊法第 65 条の 11 第 1 項 第 3 項及び第 4 項の規定に基づく届出 府省等名 自衛隊法第 65 条の 11 第 1

自衛隊法第 65 条の 11 第 5 項の規定に基づく報告の概要 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 同年 6 月 30 日分 ) [ 届出等区分別 ] 別紙 1 自衛隊法第 65 条の 11 第 1 項 第 3 項及び第 4 項の規定に基づく届出 府省等名 自衛隊法第 65 条の 11 第 1

4 管理職隊員であつた者は、離職後二年間、営利企業以外の事業の団体の地位就 き、若しくは事業従事し、若しくは事務を行うこととなつた場合(報酬を得る場 合限る。 )又は営利企業(前項二号及び三号掲げる法人を除く。 )の地位 就いた場合は、又は前項の規定による届出を行つた場合、日々雇い入れられ る者となつた場合その他政令で定める場合を除き、防衛省令で定めるところにより、 速やか、防衛大臣政令で定める事項を届け出なければならない。
さらに見せる

10 さらに読み込む

( 法第 33 条第 4 項の条例で定める建築物の敷地面積の最低限度 ) 第 3 条法 34 条第 8 号の3に規定する開発行為を行う場合における建築物の敷地面積の最低限度は, 法第 33 条第 4 項の規定に基づき,250 平方メートルとする ただし, 市長が良好な住居等の環境の形成又は保持のため

( 法第 33 条第 4 項の条例で定める建築物の敷地面積の最低限度 ) 第 3 条法 34 条第 8 号の3に規定する開発行為を行う場合における建築物の敷地面積の最低限度は, 法第 33 条第 4 項の規定に基づき,250 平方メートルとする ただし, 市長が良好な住居等の環境の形成又は保持のため

現在運用している茨城県開発審査会付議基準の包括承認基準は、市街化調整区域で行う開発行為等 のうち、知事が許可して差し支えない定型的、類似的なものをあらかじめ定めたもので、次に掲げる 13の開発行為の取扱いについて定められております。 このうちアンダーラインで示した6つの開 発行為の取扱いが今回条例化するものです。 なお、これ以外の包括承認基準定められた開発行為 については、今回条例化はしませんが、今までどおり運用されるものです。
さらに見せる

6 さらに読み込む

基づく事業協同組合並びにこれらに準ずる団体 ⑶ 地方自治法 ( 昭和 22 年法律第 67 号 ) 第 244 条の2 第 3 項に規定する指定管理者 ( 以下 指定管理者 という ) ⑷ 地方自治法第 260 条の2 第 1 項に規定する地縁による団体及び町会 自治会その他これらに準ずる団体 ⑸

基づく事業協同組合並びにこれらに準ずる団体 ⑶ 地方自治法 ( 昭和 22 年法律第 67 号 ) 第 244 条の2 第 3 項に規定する指定管理者 ( 以下 指定管理者 という ) ⑷ 地方自治法第 260 条の2 第 1 項に規定する地縁による団体及び町会 自治会その他これらに準ずる団体 ⑸

11 市長は、前条規定による勧告をした場合において、当該勧告を受 けた者が、正当な理由なく、その勧告従わなかったときは、その事実を公表する ことができる。 2 市長は、前項の規定による公表を行おうとするときは、規則で定めるところよ り、当該公表の対象となるべき者弁明の機会を付与しなければならない。 (苦情処理)

5 さらに読み込む

PowerPoint プレゼンテーション

旅行業法施行要領新旧 ( 案 ) 旧 新 第一 定義 ( 法第 2 条 ) 第一 定義 ( 法第 2 条 ) 1 旅行業 ( 法第 2 条第 1 項 ) 1 旅行業 ( 法第 2 条第 1 項 ) 1) 報酬について 1) 報酬について (1) 事業者が法第 2 条第 1 項各号に掲げる行為を行うこ

2) 管理、監督は、実質的なされれば足り、当該旅行業者等おけ る職制上、旅行業務取扱管理者が管理監督者の身分あることを要し ない。 3) 旅行業務取扱管理者資格は、現行上、旅行業務取扱管理者試験 の合格者のみ与えられるものであるが、旅行業法の一部を改正する 法律(平成16年法律72号)による改正前の旅行業法の規定よ り旅行業務取扱主任者試験合格した者、及び旅行業法の一部を改正 する法律(昭和7年法律33号)による改正前の旅行業法の規定 により資格認定を受けた者(以下「認定資格者」という。)について は、旅行業務取扱管理者試験の合格者とみなされる。
さらに見せる

25 さらに読み込む

(3) 集落地域整備法 ( 昭和 62 年法律第 63 号 ) 第 3 条に規定する集落地域 ( 同法第 4 条第 1 項に規定する集落地域整備基本方針が策定された場合にあっては 同条第 2 項第 1 号に掲げる事項の内容に該当する集落地域に限る ) (4) 農地法 ( 昭和 27 年法律第 229

(3) 集落地域整備法 ( 昭和 62 年法律第 63 号 ) 第 3 条に規定する集落地域 ( 同法第 4 条第 1 項に規定する集落地域整備基本方針が策定された場合にあっては 同条第 2 項第 1 号に掲げる事項の内容に該当する集落地域に限る ) (4) 農地法 ( 昭和 27 年法律第 229

ケ 垣又は柵の構造の制限については、緑地の現況、地区の特性等を考慮し、周辺の環境及び景 観との調和が図られるよう定めること。 (3) 沿道型(非住居系)の地区計画 ア 建築物等の用途の制限については、原則として二種中高層住居専用地域(住居系を除 く。 )の範囲内とする。ただし、隣接する市街化区域の用途地域との調和、野洲市都市計画マ スタープラン等の計画との整合が必要と認められる場合は準住居地域(住居系を除く。 )の範 囲内とし、工業系の用途地域隣接する場合は準工業地域(住居系を除く。 )の範囲内限 る。
さらに見せる

7 さらに読み込む

法第78条の2第4項各号及び第115条の12第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書

法第78条の2第4項各号及び第115条の12第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書

六の三 申請者と密接な関係を有する者(地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護係る指定の申 請者と密接な関係を有する者を除く。)が、七十八の十(二号から五号までを除く。)の規定 より指定を取り消され、その取消しの日から起算して五年を経過していないとき。ただし、当該指定 の取消しが、指定地域密着型サービス事業者の指定の取消しのうち当該指定の取消しの処分の理由と なった事実及び当該事実の発生を防止するための当該指定地域密着型サービス事業者による業務管理 体制の整備についての取組の状況その他の当該事実に関して当該指定地域密着型サービス事業者が有 していた責任の程度を考慮して、この号本文規定する指定の取消し該当しないこととすることが 相当であると認められるものとして厚生労働省令で定めるもの該当する場合を除く。
さらに見せる

3 さらに読み込む

(7) 居宅訪問型保育事業法第 6 条の3 第 11 項に規定する居宅訪問型保育事業をいう (8) 事業所内保育事業法第 6 条の3 第 12 項に規定する事業所内保育事業をいう (9) 家庭的保育事業等家庭的保育事業 小規模保育事業 居宅訪問型保育事業又は事業所内保育事業をいう ( 最低基準の目的

(7) 居宅訪問型保育事業法第 6 条の3 第 11 項に規定する居宅訪問型保育事業をいう (8) 事業所内保育事業法第 6 条の3 第 12 項に規定する事業所内保育事業をいう (9) 家庭的保育事業等家庭的保育事業 小規模保育事業 居宅訪問型保育事業又は事業所内保育事業をいう ( 最低基準の目的

ウ イ掲げる施設及び設備が避難上有効な位置設けられ、かつ、保育室等 の各部分からその一至る歩行距離が30メートル以下となるよう設けら れていること。 エ 保育所型事業所内保育事業所の調理室(次に掲げる要件のいずれか該当 するものを除く。以下このエにおいて同じ。)以外の部分と保育所型事業所 内保育事業所の調理室の部分が建築基準7号規定する耐火構造 の床若しくは壁又は建築基準施行令112規定する特定防火 設備で区画されていること。この場合において、換気、暖房又は冷房の設備 の風道が、当該床若しくは壁を貫通する部分又はこれ近接する部分防火 上有効ダンパーが設けられていること。
さらに見せる

24 さらに読み込む

(7) 居宅訪問型保育事業法第 6 条の3 第 11 項に規定する居宅訪問型保育事業をいう (8) 事業所内保育事業法第 6 条の3 第 12 項に規定する事業所内保育事業をいう (9) 家庭的保育事業等家庭的保育事業 小規模保育事業 居宅訪問型保育事業又は事業所内保育事業をいう ( 最低基準の目的

(7) 居宅訪問型保育事業法第 6 条の3 第 11 項に規定する居宅訪問型保育事業をいう (8) 事業所内保育事業法第 6 条の3 第 12 項に規定する事業所内保育事業をいう (9) 家庭的保育事業等家庭的保育事業 小規模保育事業 居宅訪問型保育事業又は事業所内保育事業をいう ( 最低基準の目的

(準用) 32 24から26まで及び28規定は、小規模保育事業B型について準用す る。この場合において、24中「家庭的保育事業を行う者(次及び26において 「家庭的保育事業者」という。)」とあるのは「小規模保育事業B型を行う者(32 おいて準用する及び26において「小規模保育事業者(B型)」という。)」と、 25及び26中「家庭的保育事業者」とあるのは「小規模保育事業者(B型)」と、 28中「小規模保育事業所A型」とあるのは「小規模保育事業所B型」と、同4号 中「次号並びに334号及び号」とあるのは「32において準用する次号」 と読み替えるものとする
さらに見せる

21 さらに読み込む

誓約書(介護保険法第115条の45の5第2項に該当しないことを誓約するもの) 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業の指定の手続き) | いわき市役所

誓約書(介護保険法第115条の45の5第2項に該当しないことを誓約するもの) 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業の指定の手続き) | いわき市役所

申請者  住所                      氏名(法人あっては名称及び代表者名)                                      ㊞

3 さらに読み込む

3 項 第 62 条第 3 項及び第 63 条第 3 項並びに業務方法書の取扱い第 11 条及び第 13 条第 1 項の改正規定 ( 第 4 項 を 第 3 項 に改正する部分に限る ) は 平成 27 年 1 0 月 14 日から 業務方法書の取扱い第 2 条第 1 項第 1 号の改正規定は 平成

3 項 第 62 条第 3 項及び第 63 条第 3 項並びに業務方法書の取扱い第 11 条及び第 13 条第 1 項の改正規定 ( 第 4 項 を 第 3 項 に改正する部分に限る ) は 平成 27 年 1 0 月 14 日から 業務方法書の取扱い第 2 条第 1 項第 1 号の改正規定は 平成

別清算開始の申立(以下「一括清算事由」とい う。)があった場合は、当該清算参加者と当 社との間存在するすべての金銭支払返還債 務(当社又は清算参加者が負担する参加者決済 係る支払債務、76規定により 清算参加者が負担する資金調達要した費用 相当額係る支払債務、70の8規定により当社が負担する当初証拠金及び国 債店頭取引清算基金の代用国債証券の利金相 当額係る支払債務並びに当社が負担する当 初証拠金金銭預託残高(清算参加者が金銭よ り現に預託している当初証拠金の額をいう。) 係る返還債務、国債店頭取引清算基金金銭預 託残高(清算参加者が金銭により現に預託して いる国債店頭取引清算基金の額をいう。)係 る返還債務及び破綻時証拠金金銭預託残高(清 算参加者が金銭により現に預託している破綻 時証拠金の額をいう。)係る返還債務をいう。 以下同じ。)及び国債証券引渡返還債務(4 6規定により当社又は清算参加者 が負担する証券決済債務、規定よ り当社又は清算参加者が負担するバイ・イン 係る国債証券引渡債務、規定により 清算参加者が負担する参加者バイ・イン係る 国債証券引渡債務、当社が負担する当初証拠金 代用預託残高(清算参加者が代用国債証券よ り現に預託している当初証拠金の数量をいう。 以下同じ。)係る返還債務、当社が負担する 国債店頭取引清算基金代用預託残高(清算参加 者が代用国債証券により現に預託している国 債店頭取引清算基金の数量をいう。以下同じ。 ) 係る返還債務及び当社が負担する破綻時証 拠金代用預託残高(清算参加者が代用国債証券 により現に預託している破綻時証拠金の数量
さらに見せる

30 さらに読み込む

この計画は 官民データ活用推進基本法 ( 平成 28 年法律第 103 号 ) 第 8 条第 8 項において 準用する同条第 6 項の規定に基づき 国会に報告するものである

この計画は 官民データ活用推進基本法 ( 平成 28 年法律第 103 号 ) 第 8 条第 8 項において 準用する同条第 6 項の規定に基づき 国会に報告するものである

○[No.9-2] 個人の健康・医療情報を活用した行動変容促進事業 ・ 生活習慣病等の領域では、各個人の生活習慣や行動をいかに効果的変容させら れるかが大きな課題。 ・ このため、IoT機器(ウェアラブル端末等)やその取得データを活用して、行動変 容を促進し、生活習慣病等の予防・改善を図る実証研究を実施。行動変容を促す アプローチの方法を検討するとともに、機器・ソフトウェアの開発つなげる。 同時に、当該実証研究を通じて取得される健康情報等をデータベース化し、解析 することにより、行動変容の促進や糖尿病等の改善つながるアルゴリズムの開 発等を目指す。平成29年度から平成31年度までの3年間の事業期間内、重症者 予防効果等の検証と行動変容を促進するアルゴリズムの開発を行うとともに、本 施策の効果を図る指標を明確化。
さらに見せる

117 さらに読み込む

身体障害者福祉法第15条に規定する医師の指定基準及び手続きについて (yte)

身体障害者福祉法第15条に規定する医師の指定基準及び手続きについて (yte)

・消化器外科: 「ぼうこう又は直腸機能障害」と「小腸機能障害」 ・泌尿器科: 「ぼうこう又は直腸機能障害」と「じん臓機能障害」 1 各機能障がいの医療関係のある診療科名を標榜している病院又は診療所 (在宅療養支援診 療所を含む)において診療従事し、かつ、その診断に関する相当の学識経験を有すること。 (1)経験年数

3 さらに読み込む

参考様式5 介護保険法第79条第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書 居宅介護支援事業所指定申請書

参考様式5 介護保険法第79条第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書 居宅介護支援事業所指定申請書

(参考様式)                         <居宅介護支援事業者用> 介護保険79各号の規定該当しない旨の誓約書                               年   月   日  恵那市長 様

2 さらに読み込む

記 1. 適用対象本通知は 製造販売業者等が GPSP 省令第 2 条第 3 項に規定する DB 事業者が提供する同条第 2 項に規定する医療情報データベースを用いて同条第 1 項第 2 号に規定する製造販売後データベース調査を実施し 医薬品の再審査等の申請資料を作成する場合に適用する GPSP 省

記 1. 適用対象本通知は 製造販売業者等が GPSP 省令第 2 条第 3 項に規定する DB 事業者が提供する同条第 2 項に規定する医療情報データベースを用いて同条第 1 項第 2 号に規定する製造販売後データベース調査を実施し 医薬品の再審査等の申請資料を作成する場合に適用する GPSP 省

・その他、申請資料の信頼性を担保するため必要な資料(例:製造販 売後データベース調査実施計画書の策定先立ち、利用する医療情報 データベース、調査デザイン、解析手法、実施可能性等を検討する調 査(製造販売後データベース調査のアウトカムを定義するため実施 したバリデーションスタディーを含む)を実施した場合は、当該調 査等の結果及び調査実施計画書又は統計解析計画書。当該調査実施計 画書又は当該統計解析計画書が存在しない場合は、それらの経過
さらに見せる

8 さらに読み込む

合は 同号に規定する施設に入所している者から 当該利用契約入所者を除くものとする ) とする (1) 児童福祉法第 7 条第 1 項に規定する児童福祉施設 ( 母子生活支援施設を除く ) (2) 前号に掲げる施設のほか 条例第 3 条第 1 項に規定する受給資格者又は受給資格者に係る国民健康保険法

合は 同号に規定する施設に入所している者から 当該利用契約入所者を除くものとする ) とする (1) 児童福祉法第 7 条第 1 項に規定する児童福祉施設 ( 母子生活支援施設を除く ) (2) 前号に掲げる施設のほか 条例第 3 条第 1 項に規定する受給資格者又は受給資格者に係る国民健康保険法

扶養親族等又は児童の数 金額 0人 2,342,000円 1人以上 2,342,000円当該扶養親族等又は児童1人につき 380,000円を加算した額(所得税法(昭和40年法律 33号)規定する老人控除対象配偶者又は老人扶 養親族があるときは当該老人控除対象配偶者又は 老人扶養親族1人につき100,000円を、特定扶養親族 等(同規定する特定扶養親族又は控除対象扶養 親族(19歳未満の者限る。)をいう。)があると きは当該特定扶養親族等1人につき150,000円をそ の額加算した額)
さらに見せる

20 さらに読み込む

和 36 年厚生省令第 1 号 ) 承認申請 : 法第 14 条第 1 項又は第 19 条の2 第 1 項の規定に基づく医薬品の製造販売承認申請一変申請 : 法第 14 条第 9 項 ( 法第 19 条の2 第 5 項において準用する場合を含む ) の規定に基づく医薬品の製造販売承認事項一部変更承認

和 36 年厚生省令第 1 号 ) 承認申請 : 法第 14 条第 1 項又は第 19 条の2 第 1 項の規定に基づく医薬品の製造販売承認申請一変申請 : 法第 14 条第 9 項 ( 法第 19 条の2 第 5 項において準用する場合を含む ) の規定に基づく医薬品の製造販売承認事項一部変更承認

承認後変更管理実施計画書(Post-Approval Change Management Protocol。以下「PACMP」 という。 )は、ICH で合意されたガイドライン案である「ICH Q12 医薬品のライフサイク ルマネジメント(案) 」において示された考え方です。PACMP を用いた承認事項の変更制 度とは、製造販売業者等と PMDA とがあらかじめ、製造方法等の変更内容、変更内容する評価方法及び判定基準、品質係る承認事項の変更案、変更手続の区分、GMP 適合 性調査の要否等について合意しておき、その後、合意された評価方法に従って検討を行 い、予定された結果が得られた場合は、品質係る承認事項を予定していた案へ迅速 変更できる制度です。
さらに見せる

23 さらに読み込む

の 9 児童福祉法第 6 条の 第 9 項に規定する家庭的保育事業 同条第 11 項に規定する居宅訪問型保育事業または同条第 12 項に規定する事業所内保育事業の用に供する施設 11 農業 林業または漁業を営む者が直接生産の用に供する施設農作物育成管理用施設 蚕室 家畜飼養管理用施設 農舎 農産物乾

の 9 児童福祉法第 6 条の 第 9 項に規定する家庭的保育事業 同条第 11 項に規定する居宅訪問型保育事業または同条第 12 項に規定する事業所内保育事業の用に供する施設 11 農業 林業または漁業を営む者が直接生産の用に供する施設農作物育成管理用施設 蚕室 家畜飼養管理用施設 農舎 農産物乾

【表2 消防用設備等および防災用設備等係る非課税施設】 表1掲げる特定防火対象物設置されるもの限り、非課税が適用されます。 (注) 消防、防災用設備等であっても、次に掲げる場合は非課税の対象となりません。 ・ 設置床面積がない場合(例えば、天井設置されたスプリンクラーへッドの部分) ・ 家屋の床面積含まれない部分や床面積の全部が非課税となる部分設置されている場合 (注) 廊下など2分の1が非課税となる部分設置されている消防用設備等は、設置面積の2分の1
さらに見せる

15 さらに読み込む

Ⅰ 総論 1 計画の趣旨この計画は 障害者自立支援法 ( 以下 法 という ) 第 88 条第 1 項の規定に基づき 法 87 条第 1 項の規定に基づく基本指針に即して 琴浦町障害者計画に掲げる 生活支援 の事項中 障害福祉サービス 相談支援及び地域生活支援事業の提供体制の確保に関し必要な事項を定

Ⅰ 総論 1 計画の趣旨この計画は 障害者自立支援法 ( 以下 法 という ) 第 88 条第 1 項の規定に基づき 法 87 条第 1 項の規定に基づく基本指針に即して 琴浦町障害者計画に掲げる 生活支援 の事項中 障害福祉サービス 相談支援及び地域生活支援事業の提供体制の確保に関し必要な事項を定

介護給付と訓練等給付 平成18年10月(一部平成18年4月より実施)より、新サービスが実施され ました。それ伴い、障害種別ごと複雑組み合わされていた施設・事業体系は 「介護給付」にあたるホームヘルプ(居宅介護)、重度訪問介護、行動援護、重度 障害者等包括支援、児童デイサービス、ショートステイ(短期入所)、療養介護、 生活介護、施設入所支援、ケアホーム(共同生活介護)と「訓練等給付」当たる 自立訓練、就労移行支援、就労継続支援、グループホーム(共同生活援助)の2種 類の体系再編されました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...