株式数(以下 付与株式数

Top PDF 株式数(以下 付与株式数:

2. 株式併合について (1) 株式併合の目的上記 1. 単元株式数の変更について に記載のとおり 単元株式数を 1,000 株から 100 株に変更するにあたり 単元株式数の変更後も 当社株式の売買単位あたりの価格の水準を維持するため 当社株式について 10 株を1 株に併合 ( 以下 株式併合

2. 株式併合について (1) 株式併合の目的上記 1. 単元株式数の変更について に記載のとおり 単元株式数を 1,000 株から 100 株に変更するにあたり 単元株式数の変更後も 当社株式の売買単位あたりの価格の水準を維持するため 当社株式について 10 株を1 株に併合 ( 以下 株式併合

Q5 最低投資金額への影響はありますか。 A5 理論上ですが、最低投資金額は現在と変わりません。 Q6 所有株式が減れば、受け取ることができる配当金は減るのですか。 A6 株主様のご所有の株式は、10 分の1となりますが、株式併合の効力発生後にあって は、株式併合の割合(10 株を1株に併合)を勘案して、1株当たりの配当金を設定させていただ く予定ですので、業績の変動など他の要因を除けば、株式併合を理由にお受け取りになられる配 当金の総額が変動することはございません。ただし、10 株未満の株式については、株式併合に より端数株式となるため、これを当社が一括して処分し、その代金を各株主様の有する端数の割 合に応じてお支払いすることとなります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

3 併合により減少する株式数 株式併合前の発行済株式総数 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 普通株式 A 種優先株式 181,353,953 株 40,000,000 株 株式併合により減少する株式数普通株式 163,218,558 株 A 種優先株式 36,000,000 株 株式併合

3 併合により減少する株式数 株式併合前の発行済株式総数 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 普通株式 A 種優先株式 181,353,953 株 40,000,000 株 株式併合により減少する株式数普通株式 163,218,558 株 A 種優先株式 36,000,000 株 株式併合

(1)株式併合の目的 全国証券取引所は、 「売買単位の集約に向けた行動計画」を発表し、すべての国内上場会社の普通株式の売買単位 を 100 株に統一することを目指しており、その移行期限は平成 30 年 10 月 1 日とされています。 当行は、東京証券取引所に上場する企業として、この趣旨を尊重し、当行の普通株式の売買単位(単元株式)を 1,000 株から 100 株に変更するとともに、単元株式の変更後においても証券取引所が望ましいとしている投資単位 の水準(5 万円以上、50 万円未満)を維持することを目的として、普通株式について 10 株を 1 株に併合し、また、 あわせて、 A 種優先株式についてもその権利に変動が生じないようにするため、普通株式と同様に単元株式を 1,000 株から 100 株に変更するとともに、10 株を 1 株に併合する株式併合(以下あわせて「本株式併合」といいます。) を行います。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2. 株式併合 (1) 株式併合の目的上記 1. 単元株式数の変更 に記載のとおり 当社株式の単元株式数を変更するにあたり 中長期的な株価変動を勘案しつつ 投資単位を証券取引所が望ましいとする水準 (5 万円以上 5 0 万円未満 ) に調整することを目的として 株式併合 (2 株を1 株に併合 )

2. 株式併合 (1) 株式併合の目的上記 1. 単元株式数の変更 に記載のとおり 当社株式の単元株式数を変更するにあたり 中長期的な株価変動を勘案しつつ 投資単位を証券取引所が望ましいとする水準 (5 万円以上 5 0 万円未満 ) に調整することを目的として 株式併合 (2 株を1 株に併合 )

平成29年8月1日 単元株式の変更、株式併合及び定款一部変更の効力発生日 平成29年10月下旬頃 端数株式処分(買取)代金の支払開始 Q10 株主優待については、どうなるのでしょうか。 A10 株主優待については、株式併合の割合に応じて優待基準株式を変更するとともに、200株以 上500株未満(株式併合後の株式)の優待基準を新設するほか、12,000株以上(株式 併合後の株式)ご所有の株主様において、事前申請により株主優待乗車証(電車全線パスもし くは電車・バス全線パス)もしくは東急ホテルズツインルーム宿泊券を選択できる制度を新設い たします。詳細は本日別途開示しております「株主優待制度の一部改定に関するお知らせ」をご 参照ください。
さらに見せる

7 さらに読み込む

(2) 株式併合の内容 1 併合する株式の種類普通株式 2 併合の方法 比率平成 28 年 10 月 1 日をもって 平成 28 年 9 月 30 日の最終の株主名簿に記録された株主様の所有株式数を基準に 10 株につき 1 株の割合で併合いたします 3 併合により減少する株式数株式併合前の普通株式

(2) 株式併合の内容 1 併合する株式の種類普通株式 2 併合の方法 比率平成 28 年 10 月 1 日をもって 平成 28 年 9 月 30 日の最終の株主名簿に記録された株主様の所有株式数を基準に 10 株につき 1 株の割合で併合いたします 3 併合により減少する株式数株式併合前の普通株式

第10条 当会社は、第50条に定める剰余金 の配当を行うときは、優先株式を有する 株主(以下、「優先株主」という)また は優先株式の登録株式質権者(以下、 「優 先登録株式質権者」という)に対し、普 通株式を有する株主(以下、 「普通株主」 という)または普通株式の登録株式質権 者(以下、「普通登録株式質権者」とい う)に先立ち、それぞれ次に定める金額 を上限として、完全子会社となる会社に おける商法第365条もしくは第35 3条の規定による株主総会の決議また は当該優先株式発行に際して取締役会 の決議で定める額の剰余金の配当(以 下、「優先配当金」という)を支払う。
さらに見せる

8 さらに読み込む

toyo kanetsu 1478 2017年5月12日IR情報単元株式数の変更、株式併合及び定款の一部変更に関するお知らせ

toyo kanetsu 1478 2017年5月12日IR情報単元株式数の変更、株式併合及び定款の一部変更に関するお知らせ

問合せ先 取締役常務執行役員管理本部長 兒玉 啓介 (TEL. 03-5857-3333) 単元株式の変更、株式併合及び定款の一部変更に関するお知らせ 当社は、平成 29 年5月 12 日開催の取締役会において、単元株式の変更及び定款の一部変更について決議 するとともに、平成 29 年6月 29 日開催予定の第 109 期定時株主総会に、株式併合に関する議案を付議すること を決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第一部 証券情報 EDINET 提出書類 第 1 募集要項 1 新規発行株式 種類発行数 ( 株 ) 内容 1 単元の株式数は 100 株であります 普通株式 130,500 ( 注 )3完全議決権株式であり 権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります ( 注 )1 平成 30 年

第一部 証券情報 EDINET 提出書類 第 1 募集要項 1 新規発行株式 種類発行数 ( 株 ) 内容 1 単元の株式数は 100 株であります 普通株式 130,500 ( 注 )3完全議決権株式であり 権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります ( 注 )1 平成 30 年

但し、新株予約権1個あたりの目的となる株式は、以下の定めにより調整されることがある。 ① 当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の新株予約権についてその1個あ たりの目的たる株式を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1株未満 の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式株式分割前の発行済普通株式総数で除したを、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株 式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除したを、それぞれ意味するものとし、以下同じとす る。調整後の株式は、株式分割の場合は会社法第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日 の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとする。  
さらに見せる

113 さらに読み込む

単元株式数の引下げ、株式併合および発行可能株式総数の変更に関するお知らせ IRニュース | IR情報 株主・投資家の皆さまへ | 森永乳業株式会社

単元株式数の引下げ、株式併合および発行可能株式総数の変更に関するお知らせ IRニュース | IR情報 株主・投資家の皆さまへ | 森永乳業株式会社

2 .株式併合 (1)併合の目的 上記「1.単元株式の引下げ」に記載のとおり、普通株式の単元株式を 100 株に変 更するとともに、個人投資家による売買機会の拡大および中長期的な株価変動等を勘案 しつつ売買単位を適切な水準に調整することを目的として、株式併合(5株を1株に併 合)を実施することといたしました(以下「本株式併合」 ) 。なお、本単元株式変更お よび本株式併合に伴い、当社株式の売買における売買単位(金額)は従前に比して2分 の1の水準となります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

第一部 証券情報 第 1 募集要項 1 新規発行株式 普通株式 種類発行数内容 完全議決権株式であり 権利内容に何ら限定のない当 1,740,100 社における標準となる株式であります なお 単元株株式数は100 株であります ( 注 )1. 本有価証券届出書による当社普通株式に係る募集 ( 以下

第一部 証券情報 第 1 募集要項 1 新規発行株式 普通株式 種類発行数内容 完全議決権株式であり 権利内容に何ら限定のない当 1,740,100 社における標準となる株式であります なお 単元株株式数は100 株であります ( 注 )1. 本有価証券届出書による当社普通株式に係る募集 ( 以下

そこで、当社として持続的成長を実現するために、新しいゲーム開発に着手し、加えて自社だけではなく他社と の提携も有効活用することで開発ラインナップを拡充させる経営戦略の下、直近では、平成30年10月に株式会社ス クウェア・エニックスとの共同タイトル『ゲシュタルト・オーディン』をリリースし、さらに、平成31年1月9日に は、Shanghai Giant Network Technology Co.,Ltd.(所在地:中国上海、代表者:劉 偉)との間で共同開発契約を 締結するなど、共同でのタイトルリリース(注3)を進めております。
さらに見せる

14 さらに読み込む

注記事項発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む ) 2019 年 3 月期 2Q 428,904,352 株 2018 年 3 月期 428,904,352 株 2 期末自己株式数 2019 年 3 月期 2Q 1,333,471 株 2018 年 3 月期 1,3

注記事項発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む ) 2019 年 3 月期 2Q 428,904,352 株 2018 年 3 月期 428,904,352 株 2 期末自己株式数 2019 年 3 月期 2Q 1,333,471 株 2018 年 3 月期 1,3

  セグメントの業績は、次のとおりです。各セグメントの売上収益は、セグメント間の内部売上収益を含んでおり ます。当第2四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。 なお、2017年7月1日付で、「特殊鋼製品」における電池用材料事業の強化等を目的として、連結子会社である 株式会社SHカッパープロダクツ他1社(以下、「SHカッパープロダクツ等」)の所属するセグメント区分を 「電線材料」から「特殊鋼製品」に変更いたしました。これに伴い、SHカッパープロダクツ等の前第2四半期連 結累計期間(2017年4月1日~2017年9月30日)の業績は「特殊鋼製品」セグメントに計上しております。  
さらに見せる

16 さらに読み込む

注記事項発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む ) 2019 年 3 月期 1Q 428,904,352 株 2018 年 3 月期 428,904,352 株 2 期末自己株式数 2019 年 3 月期 1Q 1,332,651 株 2018 年 3 月期 1,3

注記事項発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む ) 2019 年 3 月期 1Q 428,904,352 株 2018 年 3 月期 428,904,352 株 2 期末自己株式数 2019 年 3 月期 1Q 1,332,651 株 2018 年 3 月期 1,3

  セグメントの業績は、次のとおりです。各セグメントの売上収益は、セグメント間の内部売上収益を含んでおり ます。当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。 なお、2017年7月1日付で、「特殊鋼製品」における電池用材料事業の強化等を目的として、連結子会社である 株式会社SHカッパープロダクツ他1社(以下、「SHカッパープロダクツ等」)の所属するセグメント区分を 「電線材料」から「特殊鋼製品」に変更いたしました。これに伴い、SHカッパープロダクツ等の前第1四半期連 結累計期間(2017年4月1日~2017年6月30日)の業績は「特殊鋼製品」セグメントに計上しております。  
さらに見せる

16 さらに読み込む

2. 株式の併合 (1) 併合の目的上記 1. に記載のとおり 単元株式数を1,000 株から100 株に変更するにあたり 単元株式数の変更後も 当社株式の売買単位あたりの価格の水準を維持し また各株主様の議決権の数に変更が生じることがないよう 当社株式について10 株を1 株にする併合 ( 以下

2. 株式の併合 (1) 併合の目的上記 1. に記載のとおり 単元株式数を1,000 株から100 株に変更するにあたり 単元株式数の変更後も 当社株式の売買単位あたりの価格の水準を維持し また各株主様の議決権の数に変更が生じることがないよう 当社株式について10 株を1 株にする併合 ( 以下

Q3. 株式併合は資産価値に影響を与えないのですか。 A3.株式併合の前後で、会社の資産や資本に変わりはありませんので、株式市況の動向等の他 の要因を別にすれば、理論上は、株主様ご所有の株式の資産価値に変動はありません。 株式併合後においては、ご所有の株式は10分の1になる一方で、1株当たりの純資産額 は10倍になるからです。

6 さらに読み込む

単元株式数の変更、株式併合および定款の一部変更に関するお知らせ

単元株式数の変更、株式併合および定款の一部変更に関するお知らせ

(3) 併合により減少する株主 当社の株主構成 (平成 28 年 3 月 31 日現在) 所有株式 株主(割合) 所有株式(割合) 総株主 53,515 名(100%) 706,669,179 株(100%) 10 株未満 368 名(0.69%) 762 株(0.00%) 10 株以上 53,147 名(99.31%) 706,668,417 株(100%) (注)上記の株主構成を前提として株式併合を行った場合、 10 株未満の株式の み所有の 368 名(所有株式の合計 762 株)は、当社株主としての地位を失 うことになりますが、株式併合の効力発生前に、「単元未満株式の買増」の 手続きをご利用いただくことで株式併合後も引き続き当社株主となってい ただくことも可能ですので、お取引の証券会社または当社の株主名簿管理人 (みずほ信託銀行㈱)までお問合せ下さい。
さらに見せる

5 さらに読み込む

注記事項 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む )

注記事項 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む )

1.経営成績等の概況 (1)当期の経営成績の概況 当社は、生徒たちの健全な成長を学習面で応援し、生徒たちの学力向上を通して社会に貢献していくという基本理念 の下、創業以来一貫して質の高い授業にこだわり続けています。その実現には魅力ある教師陣の存在が不可欠であり、 人材採用と育成に継続的に力を注いでいます。平成30年9月末日現在において中学部・高校部を合わせた教師は659 名、うち正社員教師634名、専任講師16名、講師9名(4名はネイティブ講師)という構成になっており、正社員比率で 96.2%、専任比率は98.6%となっています。
さらに見せる

15 さらに読み込む

注記事項 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む )

注記事項 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む )

2017年9月期 58.60 ― 46.6 8.1 4.3 (参考) 持分法投資損益 2018年9月期 ―百万円 2017年9月期 ―百万円   (注) 1.当社は、2018年4月28日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を行っておりますが、前事業年度の期首に当該株式分割 が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。

12 さらに読み込む

注記事項 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む )

注記事項 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む )

こうした環境のもと、当社は、中核的な顧客基盤であるユニー顧客層の囲い込みに改めて注力することで、顧客 基盤を拡大し、新たな収益機会の獲得を目指してまいります。 そのような認識のもと、当社は、ユニー株式会社と、ユニー株式会社を株式交換完全親会社、当社を株式交換完 全子会社とする株式交換(以下、「本株式交換」といいます)を実施することについて、平成30年2月6日付けで 取締役会決議を行い、同日、株式交換契約を締結いたしました。
さらに見せる

24 さらに読み込む

3. その他 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 有 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む

3. その他 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 有 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む

売買目的有価証券以外の有価証券のうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が 取得原価まで回復する見込があると認められないものについては、当該時価をもって中間貸借対照表計上額と するとともに、評価差額を当中間期の損失として処理(以下「減損処理」という。)することとしております。 当中間期における減損処理額はありません。

15 さらに読み込む

注記事項 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む )

注記事項 (1) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 会計上の見積りの変更 : 無 4 修正再表示 : 無 (2) 発行済株式数 ( 普通株式 ) 1 期末発行済株式数 ( 自己株式を含む )

  [抗がん剤 SyB L-1101(注射剤) / SyB C-1101(経口剤)(一般名:Rigosertib Sodium<リゴセルチブナトリ ウム>)] リゴセルチブ注射剤については、導入元であるオンコノバ・セラピューティクス社(本社:米国ペンシルベニ ア州、以下「オンコノバ社」という)が実施している国際共同第Ⅲ相臨床試験の日本における臨床開発を当社が 担当しており、国内では平成27年12月に試験が開始され、既に30症例が登録されております。本試験は、現在の 標準治療である低メチル化剤による治療において効果が得られない(HMA不応)または治療後に再発した高リスク 骨髄異形成症候群(MDS)を対象とし、全世界から20ヶ国以上が参加して実施中です。当社は、国内で平成28年7 月に最初の患者登録を完了し、現在、症例集積が順調に進行しておりますが、平成30年1月に行われた中間解析 結果を踏まえ、事前に計画した統計学的な基準に基づき症例を増加の上で本試験を継続することを決定してお ります。
さらに見せる

52 さらに読み込む

_14.indd

相対的記載事項は 変態設立事項 ( 発起人の特別利益 現物出資 財産引受 設立 費用 発起人の報酬 ) がその代表的な例である 2) 株式発行事項の決定会社の設立時に発行する株式に関する事項 ( 株式の種類及び数 額面株式を発行する場合 額面以上の株式を発行する場合のその数及び金額 無額面株式を発行

に報告しなければならない。ただし、約款により定型化された特定取引や取締役会が 承認した取引総額の範囲の中で履行する取引は除外する。 4) 遵法統制基準及び遵法支援人 事業年度末現在、資産総額が 5 千億ウォン以上の上場会社は役員・職員がその業 務を行う際に従わなければならない遵法統制基準に関する手続(以下、“遵法統制基 準”)を備えなければならず(ただし、他の法律により内部統制基準及び遵法監視人を 置かなければならない上場会社は除外)、遵法統制基準の遵守に関する業務を担当 する者(以下、“遵法支援人”)を 1 名以上置かなければならない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成 30 年度ランキングポイント基準 4 月 1 日 2018 年度は原則として ドロー数によってシード数とポイント加点を下記のように算出します エントリー数 シード数 ポイント付与 シングルスA ダブルスA シングルスB ダブルスB 2~5 1 ベスト2 以上 1 位

平成 30 年度ランキングポイント基準 4 月 1 日 2018 年度は原則として ドロー数によってシード数とポイント加点を下記のように算出します エントリー数 シード数 ポイント付与 シングルスA ダブルスA シングルスB ダブルスB 2~5 1 ベスト2 以上 1 位

平成30年度ランキングポイント基準 4月1日 2018年度は原則として、ドローによってシードとポイント加点を下記のように算出します。 エントリー シード ポイント付与 シングルスA ダブルスA シングルスB ダブルスB 2~5 1 ベスト2以上 1位 80 40 30 15

7 さらに読み込む

( 注 1) 応募株券等の総数が 株式に換算した買付予定数 (2,523,000 株 以下 買付予定数 といいます ) に満たない場合は 応募株券等の全部の買付けを行いません ( 注 2) 応募株券等の総数が買付予定数以上の場合には 応募株券等の全部の買付けを行います ( 注 3) 単元未満株式につ

( 注 1) 応募株券等の総数が 株式に換算した買付予定数 (2,523,000 株 以下 買付予定数 といいます ) に満たない場合は 応募株券等の全部の買付けを行いません ( 注 2) 応募株券等の総数が買付予定数以上の場合には 応募株券等の全部の買付けを行います ( 注 3) 単元未満株式につ

(1) 公開買付けの成否 本公開買付けにおいては、応募株券等の総数が株式に換算した買付予定(2,523,000 株)に満たな い場合には応募株券等の全部の買付けを行わない旨の条件を付しましたが、応募株券等の総数 (4,971,000 株)が株式に換算した買付予定以上となりましたので、公開買付開始公告及び公開買付届 出書に記載のとおり、応募株券等の全部の買付けを行います。

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...