東洋製罐グループホールディングス株式会社

Top PDF 東洋製罐グループホールディングス株式会社:

「東洋製罐グループホールディングス株式会社とホッカンホールディングス株式会社の経営統合の中止に関するお知らせ」

「東洋製罐グループホールディングス株式会社とホッカンホールディングス株式会社の経営統合の中止に関するお知らせ」

(コード番号 5902 東証第一部・札証) 問 合 せ 先 取締役 武田 卓也 (TEL 03-3213-5111) 東洋製罐グループホールディングス株式会社とホッカンホールディングス 株式会社の経営統合の中止に関するお知らせ

2 さらに読み込む

「東洋鋼鈑株式会社株式に対する公開買付け実施に向けた進捗状況のお知らせ」 財務・決算情報 | 東洋製罐グループホールディングス

「東洋鋼鈑株式会社株式に対する公開買付け実施に向けた進捗状況のお知らせ」 財務・決算情報 | 東洋製罐グループホールディングス

東洋製罐グループホールディングス株式会社(以下、 「当社」といいます。 )は、平成 30 年2月7日付「東洋鋼 鈑株式会社株式 (証券コード : 5453 ) に対する公開買付けに関するお知らせ」 (以下、 「2月7日付プレスリリース」 といいます。 ) においてお知らせしたとおり、 東洋鋼鈑株式会社の普通株式に係る公開買付け (以下、 「本公開買付 け」といいます。 )の開始に向けて、現在、中国の競争法に基づき必要な手続及び対応を鋭意進めております。本
さらに見せる

2 さらに読み込む

「新たな東洋製罐グループ中期経営計画の策定に関するお知らせ」 財務・決算情報 | 東洋製罐グループホールディングス

「新たな東洋製罐グループ中期経営計画の策定に関するお知らせ」 財務・決算情報 | 東洋製罐グループホールディングス

会 社 名 東洋製罐グループホールディングス株式会社 代 表 者 名 取締役社長 中井 隆夫 (コード番号 5901 東証第一部) 問 合 せ 先 執行役員総務部長 小笠原 宏喜 (TEL 03-4514-2001 )

3 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

  株主とのコミュニケーション   J FEホールディングスは、株主総会を株主の 皆様との対話の場ととらえ、多くの方に出席い ただくために招集通知の早期発送を行うとと もに、株主総会開催日についても集中日を回避 しています。また、出席できない方のために、通 常の議決権行使書に加え、インターネットを通 じた議決権行使が可能な環境を整えています。  さらに、株主の皆様に当社への理解を深め ていただけるよう、2006年度から、工場見学会 と会社概況説明会を行っています。2009年度 は、 J FEスチールの東日本製鉄所(千葉地区・ 京浜地区)と西日本製鉄所(倉敷地区・福山地 区)、 J FEエンジニアリングの津製作所、ユニ バーサル造船の津事業所で合計20回の見学 会・説明会を実施し、計1,814名の株主の皆様 に参加いただきました。2006年度から4年間 の累計では9,400名を超える方々にお越しい ただきました。2010年度も引き続き、見学会・ 説明会を実施していきます。
さらに見せる

15 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

1. 気候変動と事業戦略  今年度の報告書では、 J FEグループの気候変動対応 に、かなり考え方の変化が見られるようになりました。 これまでも環境配慮型のオンリーワン・ナンバーワン 技術・製品が紹介されてきましたが、先進諸国を中心 とした気候変動規制の強化とそこから産み出される 新たな市場を見据えて、この問題にビジネス機会の視 点が明確に加えられるようになってきたからです。気 候変動をリスク要因とする姿勢から事業戦略の基本 課題として組み込む方向への転換が鮮明になったよ うに思います。まさに、CSRと本業の一体化です。  たとえば、 J FEエンジニアリングは、2010年度の経
さらに見せる

22 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

かじめ登録いただいた皆様へのIR メールの発信サービスなど、積極的な 情報発信に努めています。 また、海外の皆様に対しては、主要な プレスリリースを日本語と同時に英語 でも発信することを原則とするなど、国 内と同様の情報提供を行っています。 さらに、これからのIR(Investors Relations)では、マーケットや機関 投資家がどのような企業を高く評価 しているのか、JFEグループはどう見 られているのかを受信し、事業会社・ グループ会社に知らせていくことが 重要と考えています。
さらに見せる

39 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEホールディングスは、2014年3月、東京証券 取引所と経済産業省が共同企画で実施している2013 年度「なでしこ銘柄」に選定されました。なでしこ銘 柄は、「女性のキャリア促進」と「仕事と家庭の両立サ ポート」の2つの視点に基づき、女性の活躍推進に優 れた企業を選定するものです。当社グループでは、ダ イバーシティの推進を異なるライフスタイルや家庭状 況など、多様な背景を持つ従業員の能力を最大限に引 き出すための戦略として重要な経営課題の一つと位置 付けています。そのため、女性の積極的な採用ととも に、より働きやすい職場環境を実現するためさまざま な施策を実施しています。
さらに見せる

66 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

こうした視点から気候変動リスクの高いJFEスチールの 対策を見ると、かなり健闘していると評価できます。グループ の企業理念である「常に世界最高の技術をもって社会に 貢献」の言葉どおりに、高い技術力で生産段階でのCO 2 排出量削減に取り組み、CDQやTRTによる排熱・排圧エ ネルギーの回収技術、新型シャフト炉、 リジェネバーナー、 Super-SINTER TM などの省エネ技術によって、90年比で 粗鋼生産が13%増加したにもかかわらず、CO 2 排出量を 8.9%削減し、原単位ベースでは19%という大幅な削減実 績を残しているからです。
さらに見せる

23 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

海外事業を拡大していくうえではグローバル人材の育成は必要不可欠です。外国籍の総合職従業員および海外現地スタッフの 採用・育成に加え、日本人従業員に対しては、従来から実施している海外留学・研修の充実だけでなく、若手従業員の積極的 な海外派遣により実務経験を通じた人材育成を強化しています。 「JFEグループは、常に世界最高の技術をもっ て社会に貢献します。」という企業理念の実現 に向け、グループ全体の活動の方向性を示す 指針として、第5次中期経営計画の策定と合わ せ、2015年4月に「人材マネジメント基本方 針」を定めました。グループ各社において、本 方針に基づき、実情に応じた具体的な施策を展 開していきます。
さらに見せる

68 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

環境監査 JFEグループでは、一人ひとりが環境保 全の意味を正しく理解し、日常業務の中で 自覚を持って環境保全活動に取り組む企 業風土の醸成をめざして積極的な環境教育 を行っています。各事業会社では新入社時 や昇進時の研修プログラムの中に環境教 育を織り込み、階層別・職種別に年に一度 の頻度で環境問題をめぐる世の中の動き、 JFEグループにとっての環境保全活動の意 義と取り組み、社員としての責務、環境マネ ジメントの重要性などについて学ぶ環境保 全活動階層別教育を実施しています。 環境教育
さらに見せる

52 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

投資家 行政機関 地域社会、投資家、需要家、消費者など、 ステークホルダーの皆様とのコミュニケーショ ンは、JFEグループの環境保全活動につい ての理解を深めていただくだけでなく、経営 者や社員の意識を高め、部門間の理解を 深めるなど、JFEグループ全体の環境意識 の向上につながっています。また、そこから 生まれる活動によって、少しでも環境に配慮 した社会へと近づいていくものと考えていま す。こうした考えから、JFEグループでは、社 会とのコミュニケーションを環境マネジメント の重要な活動と位置づけ、質の向上に努め ています。
さらに見せる

56 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFE has historically placed high priority on environmental protection in all aspects, including not only protection of air and water quality, but also recycling and prevention of globa[r]

50 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

Development of new applications for coated steel sheets with low environmental loads; production of environment- friendly steel products (raindrop-stain resistant prepainted steel sheet [r]

56 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

The JFE Group has employed all its corporate strengths to protect the environment in our business activities, based on our environmen- tal philosophy of “The JFE Group considers the imp[r]

60 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

The JISF has set a 10% reduction in energy consumption as its goal for the year ending March 2011 compared to the year ended March 1991 level on the assumption that annual crude steel [r]

40 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

• Promote measures to prevent global warming based on Japan Iron and Steel Federation’s Voluntary Action Program (Achieve a 10% reduction in energy consumption amount during the perio[r]

52 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

The JFE Group Environmental Sustainability Report 2009 describes the Group’s environmental protection activities for the year ended March 31, 2009, as well as the results o[r]

44 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

• Promoting measures to prevent global warming in line with the Voluntary Action Program of the Japan Iron and Steel Federation (JISF) (Compared to FY1990, we plan to achieve a 10% decr[r]

23 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

廃棄物焼却施設の解体 現在、役割を終えた焼却施設の解体工事においては周辺環境への影響防止と作業員の安全確保が企業使命となってい ます。JFE は 100 件を超える焼却施設建設にともない、施設更新や増強工事にも多くの実績を持ち、この中で安全 を重視した解体工事、工事管理を実践してきました。ダイオキシン類の事前測定・評価や汚染除去、作業区域の遮蔽 や集じん、解体廃棄物の加熱無害化技術(オンサイトダイオバスター、ハイクリーン DX)、そして廃棄物の最終処分 までトータルに環境負荷を低減させる総合環境技術力(APOLLO システム)、そして廃棄物の最終処分までトータル に環境負荷を低減させる総合環境技術力を構築し、新しい解体工事として実施しています。またグループ会社の川鉄 マシナリーは、「完全無火気工法」解体技術を確立し、日本国内で先駆けて焼却炉の解体工事を行いました。
さらに見せる

46 さらに読み込む

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

JFEグループCSR報告書2017|JFEホールディングス株式会社

ソリューション JFEグループは、多くの環境、電力・エネルギーに関する技術・ノ ウハウを有しています。既に行っている電力供給事業やクリーン 燃料DMEおよび燃料電池発電などの実用化も含めてエネルギー 関連サービスを最大化することで、従来の電力供給事業のサー ビス向上やクリーンエネルギーへのニーズにも対応できるなど、 他社に類を見ないエコエネルギーソリューションの展開が可能 となります。JFEは、環境とエコエネルギーのトータルソリューショ ンを提供することで、21世紀のクリーンエネルギー社会を先導 します。
さらに見せる

50 さらに読み込む

Show all 10000 documents...