本研究成果は、米国の科学雑誌『

Top PDF 本研究成果は、米国の科学雑誌『:

のと期待されます 本研究成果は 2011 年 4 月 5 日 ( 英国時間 ) に英国オンライン科学雑誌 Nature Communications で公開されます また 本研究成果は JST 戦略的創造研究推進事業チーム型研究 (CREST) の研究領域 アレルギー疾患 自己免疫疾患などの発症機構

のと期待されます 本研究成果は 2011 年 4 月 5 日 ( 英国時間 ) に英国オンライン科学雑誌 Nature Communications で公開されます また 本研究成果は JST 戦略的創造研究推進事業チーム型研究 (CREST) の研究領域 アレルギー疾患 自己免疫疾患などの発症機構

と期待されます。 研究成果、2011年4月5日(英国時間)に英国オンライン科学雑誌「Nature Communications」で公開されます。 また、研究成果 JST 戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)研究領域「ア レルギー疾患・自己免疫疾患など発症機構と治療技術」における研究課題「細胞内シグ ナル制御による免疫リプログラミング」 (研究代表者 吉村昭彦慶應義塾大学医学部教授) によって得られたものです。
さらに見せる

8 さらに読み込む

今後 マウスにおける大脳新皮質の刺激パターンをさらに臨床に適用できるよう改良することで 睡眠障害や記憶障害の治療方法の開発に応用できると期待できます 本研究は 米国の科学雑誌 Science に掲載されるのに先立ち オンライン速報版 (5 月 26 日付け : 日本時間 5 月 27 日 ) に掲載

今後 マウスにおける大脳新皮質の刺激パターンをさらに臨床に適用できるよう改良することで 睡眠障害や記憶障害の治療方法の開発に応用できると期待できます 本研究は 米国の科学雑誌 Science に掲載されるのに先立ち オンライン速報版 (5 月 26 日付け : 日本時間 5 月 27 日 ) に掲載

5 ンレム睡眠時においても活性化していました。これを「再活性化」と呼びます。 光照射によって M2 から S1 へトップダウン入力を抑制すると、M2 における 再活性化阻害されませんでしたが、S1 における再活性化が阻害されました。 これまで研究で、記憶定着に神経活動再活性化が重要だと考えられて きましたが、実際にどの脳領域が再活性化を誘発しているか、全く分かって いませんでした。これら結果、感覚記憶定着に不可欠な感覚野における 再活性化に、皮質間トップダウン入力が必要であることを示しました。
さらに見せる

8 さらに読み込む

本研究成果は 平成 28 年 8 月 19 日 ( 米国東部時間 ) に米国化学会誌 Journal of the American Chemical Society のオンライン速報版で公開されました 研究の背景と経緯 超伝導現象はゼロ抵抗や完全反磁性 ( 注 2) を示す科学の観点から重要な物理

本研究成果は 平成 28 年 8 月 19 日 ( 米国東部時間 ) に米国化学会誌 Journal of the American Chemical Society のオンライン速報版で公開されました 研究の背景と経緯 超伝導現象はゼロ抵抗や完全反磁性 ( 注 2) を示す科学の観点から重要な物理

うが非常に大きいことがわかります。このような特異な挙動、ビスマス単原子シートに 発現する超伝導性質に起因する可能性があります。 【今後展開】 層状化合物結晶構造隙間に原子を挿入して結晶単位長を精密に調節する、という 手法これまで超伝導体化ため化学手法と異なっており、今回手法を用いるこ とによりビスマス化合物以外にも新たな超伝導体が見つかる可能性があります。ビスマス 化合物、量子コンピューターにも活用できると期待されているトポロジカル超伝導体化 も試みられていますが、今回 Y 2 O 2 Bi 新しいタイプビスマス化合物超伝導体であるた
さらに見せる

6 さらに読み込む

本研究成果は 日本時間 2017 年 9 月 5 日午後 6 時 ( 報道解禁日時 : イギリス時間 9 月 5 日午前 10 時 ) に Nature Publishing の英国オンライン科学雑誌 Scientific Reports( サイエンティ フィック リポーツ誌 ) に掲載されました

本研究成果は 日本時間 2017 年 9 月 5 日午後 6 時 ( 報道解禁日時 : イギリス時間 9 月 5 日午前 10 時 ) に Nature Publishing の英国オンライン科学雑誌 Scientific Reports( サイエンティ フィック リポーツ誌 ) に掲載されました

・ポリサルファイド( H 2 S n ): H 2 S よりも S 数が多い化合物。常温で H 2 S ようなガスとして存在しない。ポリサルファイ ドが脳内でも微量に生成されていることが分かっている。ポリサルファイド H 2 S が酸素によっ て酸化されても生成される(2nH 2 S + 1/2(2n-1)O 2 → H 2 S 2n + (2n-1)H 2 O )。この経路も 3MST によ って触媒される。また、ニューロンを取り囲むアストロサイトカルシウムイオンチャネルを活 性化して、カルシウム流入を促進させ、神経伝達物質を生成することで神経伝達活性化を調整し ている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

胞運命が背側に運命変換することを見いだしました ( 図 1-1) この成果は IP3-Ca 2+ シグナルが腹側のシグナルとして働くことを示すもので 研究チームの粂昭苑研究員によって米国の科学雑誌 サイエンス に発表されました (Kume et al., 1997) この結果によって 初期胚には背腹

胞運命が背側に運命変換することを見いだしました ( 図 1-1) この成果は IP3-Ca 2+ シグナルが腹側のシグナルとして働くことを示すもので 研究チームの粂昭苑研究員によって米国の科学雑誌 サイエンス に発表されました (Kume et al., 1997) この結果によって 初期胚には背腹

3. 今後展開 GSK3-β 、脳老化など原因による神経細胞死を引き起こす際に、神経細胞 内で活性化されている酵素一つとして見いだされており、アルツハイマー病と 関連も指摘されています。この酵素活性により体軸形成異常が消失するという 今回私たち成果、GSK3-β 活性が脳老化だけでなく初期発生と密接に関 連するという極めて興味深い結果を示しています。また、初期発生時身体形成 にカルシウムメッセンジャー働きが深く関与すること、健全な脳や身体発達 など体作り仕組みを解明する上で今後新しい知見をもたらすとともに、カルシウ ムメッセンジャーに対する薬品や物質作用を解析することで、副作用少ない薬 品開発や、環境ホルモンがカルシウムメッセンジャーに作用して形態異常に及ぼ す影響検討が可能になるなど臨床医学的にも大きな寄与が期待されます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

なお本研究は 東京大学 米国ウィスコンシン大学 国立感染症研究所 米国スクリプス研 究所 米国農務省 ニュージーランドオークランド大学 日本中央競馬会が共同で行ったもの です 本研究成果は 日本医療研究開発機構 (AMED) 新興 再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 文部科学省新学術領

なお本研究は 東京大学 米国ウィスコンシン大学 国立感染症研究所 米国スクリプス研 究所 米国農務省 ニュージーランドオークランド大学 日本中央競馬会が共同で行ったもの です 本研究成果は 日本医療研究開発機構 (AMED) 新興 再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 文部科学省新学術領

次に、インフルエンザ感染モデル動物であるフェレットを用いて、H7N2 ネコインフルエン ザウイルス病原性および伝播力を調べる実験を行いました。その結果、H7N2 ネコインフルエ ンザウイルスも H7N2 鳥インフルエンザウイルスも、 どちらも同じように鼻で良く増殖しました。 どちらウイルスに感染したフェレットも病的症状を示しませんでした。どちらウイルスも 飛沫によるフェレット間伝播見られませんでしたが、感染したフェレットと接触すること によりウイルスが伝播しました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

本研究成果は 2015 年 7 月 21 日正午 ( 米国東部時間 ) 米国科学雑誌 Immunity で 公開されます 4. 発表内容 : < 研究の背景 > 現在世界で 3 億人以上いるとされる気管支喘息患者は年々増加の一途を辿っています ステロイドやβ-アドレナリン受容体選択的刺激薬の吸入によ

本研究成果は 2015 年 7 月 21 日正午 ( 米国東部時間 ) 米国科学雑誌 Immunity で 公開されます 4. 発表内容 : < 研究の背景 > 現在世界で 3 億人以上いるとされる気管支喘息患者は年々増加の一途を辿っています ステロイドやβ-アドレナリン受容体選択的刺激薬の吸入によ

現在世界で 3 億人以上いるとされる気管支喘息患者年々増加一途を辿っています。ス テロイドやβ-アドレナリン受容体選択的刺激薬吸入による対症療法によって、気管支喘息 による死亡率以前より減少しましたが、未だ年間 25 万人も患者が死亡しています。薬剤 吸入によって気管支喘息を一時的に抑えることできますが、完治できないため、長期間薬 剤継続投与が必要となっています。そのため、気管支喘息完治を目指す新たな治療法開 発が望まれています。 近年、欧米でリウマチなど自己免疫疾患や臓器移植で拒絶応答 を抑える新しい治療法として炎症抑制機能を持つ制御性 T 細胞移植が行われ、その有効性が 示されてきました。制御性 T 細胞移植気管支喘息などアレルギー疾患においても有効な 治療法として期待されていますが、ヒト生体内で制御性 T 細胞を選択的に増やすこと難し く、加えて末梢血中制御性 T 細胞数少ないため、体外増幅なくして自家移植治療用充分 な細胞量確保難しいことが問題でした。そのため、有効な体外制御性 T 細胞増幅法が求め られています。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ス H95) は EF-G の GTP 結合部位と明確に相互作用しており このループが GTP 加水分解に直接関与していることが示唆されました ( 図 4 右 ) 本研究成果は わが国で推進している タンパク 3000 プロジェクト の一環として行われたものです 本研究成果の詳細は 米国の学術雑誌

ス H95) は EF-G の GTP 結合部位と明確に相互作用しており このループが GTP 加水分解に直接関与していることが示唆されました ( 図 4 右 ) 本研究成果は わが国で推進している タンパク 3000 プロジェクト の一環として行われたものです 本研究成果の詳細は 米国の学術雑誌

解析結果、リボソーム 30S サブユニット 16SrRNA へリックス ※ 8 h14 と EF-G スイッチ 1 相互作用を新たに発見し、EF-G がリボソーム助けを借り て活性型になることを構造的に裏付けることができました(図 4 左)。つまり、EF-G 単独で活性型構造とらず、リボソームと相互作用することによって初めて GTP 結合部位周辺構造が安定化することが示されたです。また、伸長因子 GTP 加水分解反応に関与すると考えられている 23SrRNA 2 つへリックス H89
さらに見せる

8 さらに読み込む

科学雑誌金田古田

科学雑誌金田古田

中国が南シナ海や西太平洋へ進出するようになってきた。沖縄から台 湾、フィリピンにかけて第一列島線から、さらに東小笠原諸島から グアム、サイパン、パプアニューギニアまで延びる第二列島線近くで活 動するようになって、この海域から米海軍を排除する意図と見られる。 さらに、中国インド洋にも進出しようとする。米国中国動きを 警戒し、南シナ海自由な航行こそ国益だとして中国に圧力をかける。 中国に対抗する米国動きそれだけでない。米国が開催したメコン 川流域国々と会談があった。それ「メコン川下流域開発閣僚級フ レンズ会合」である。これメコン川流域国々と支援国や国際機関 連携強化を目的に初めて開催された会議で、米国が議長を務め、メコン 川流域国々と日本、オーストラリア、EUなどが出席した。米国と敵 対関係にあったミャンマーオブザーバーとして出席したが、メコン川 上流にある中国招待されなかった。同会談でも、米国とメコン川流 域国々とで、地域開発で今後5年間具体的な行動計画について合意 があった。メコン川流域をめぐって、日本中国に対抗して存在感を維 持するために協力関係を強めており、そのことで新たに米国主導会議 ができたことになる。
さらに見せる

64 さらに読み込む

JAIST Repository: 自然科学・生命科学系研究者がトップジャーナルと認める学術雑誌に関する調査

JAIST Repository: 自然科学・生命科学系研究者がトップジャーナルと認める学術雑誌に関する調査

10%で全体 90%以上を占める結果となった。 以上より、研究者がトップジャーナルとして認めるジ ャーナル群が存在すること、また、分野により多少 差異あるものの、トップジャーナル群中でもさら に集中が起きていることが分かった。この結果を踏ま え、研究者が注目し、認めるジャーナル群論文出 版量を持って例えば国別や大学別ベンチマークを行 うことで、被引用数利用と視点から研究評 価を行える示唆を得た。
さらに見せる

5 さらに読み込む

凡例 本文書は 次の 3 つのグループに分かれる (1) 小池聖一編 関係文書目録 : 記念館所蔵関係文書の整理 公開 保存および研究基盤の創出に関する調査研究 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書 2004 基盤研究 (B) ( 科研費課題番号 )( 以下 既刊目録 という )

凡例 本文書は 次の 3 つのグループに分かれる (1) 小池聖一編 関係文書目録 : 記念館所蔵関係文書の整理 公開 保存および研究基盤の創出に関する調査研究 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書 2004 基盤研究 (B) ( 科研費課題番号 )( 以下 既刊目録 という )

田中英吉 雑誌切り抜き、A4変洋紙、2枚 0338 「大平正芳と私」『基督教世界』 昭和55年8月10日 桃谷勘三郎 B5洋紙1枚、乾式コピー 0339 「眞鍋兄を追慕して」『又信』 昭和13年8月31日 大平正芳 A4洋紙2枚、乾式コピー インタビュー原稿 0340 「長尾頼隆氏」 B5洋紙11枚、乾式コピー インタビュー原稿 0341 「増田健治」 B5洋紙2枚、乾式コピー インタビュー原稿 0342 「神原兄弟」 B5洋紙4枚、乾式コピー インタビュー原稿 0343 「太田誠三郎氏話」 昭和56年2月26日 B5洋紙4枚、乾式コピー インタビュー原稿 0344 「太田誠三郎」 B5洋紙7枚、乾式コピー インタビュー原稿 0345 「斎藤学」 B5洋紙3枚、乾式コピー インタビュー原稿 0346 「山本新太郎」 B5洋紙84枚、乾式コピー インタビュー原稿 0347 「桃谷氏話」 昭和56年2月29日 B5洋紙92枚、乾式コピー インタビュー原稿 0348 「山田ムマ、加地富江」 B5洋紙9枚、乾式コピー インタビュー原稿 0349 「村上錦二社長さん」 B5洋紙40枚、乾式コピー インタビュー原稿 0350 封筒(伝記編資料第5章) B4封筒(大平正芳)1通
さらに見せる

259 さらに読み込む

人文科学分野における研究成果の国際的発信支援施策の構築

人文科学分野における研究成果の国際的発信支援施策の構築

これら調査結果より、研究研究活動に関する意 識中に、時間不足感覚が存在していることがわか る。充実した研究活動をおこない、研究成果を国際的に 発信できる形にまで仕上げるために、一定時間確保 が必要である。これまで、本学研究成果発信支援、 翻訳・校閲料や学会出張費補助といった経費面でサ ポートに限られている。表4とおり、本学国際3制 度、利用実績が上がっていない。つまり、研究成果 国際的発信に関して、単に制度を準備するだけで 十分な効果得られず、研究者による積極的な発信行動 を後押しする支援が必要である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

韓国の引用索引データベースと学術雑誌評価 -- 世界水準の学術雑誌に向けて (特集 地域の研究成果を可視化する -- 各国データベースと評価)

韓国の引用索引データベースと学術雑誌評価 -- 世界水準の学術雑誌に向けて (特集 地域の研究成果を可視化する -- 各国データベースと評価)

2016年10月現在でWoSに登載されている韓国学 術雑誌111タイトルで、Scopusに登載されている韓 国学術雑誌250タイトルである。WoS収録雑誌 総数が約1万2000タイトル、Scopusが約3万5000タイ トルであるので、海外引用索引データベースなか で占有率大きいといえない。韓国未来創造科学 部と韓国科学技術院(KAIST) 調査によると、 2014年にクラリベイト・アナリティクス(旧トムソ ン・ ロイター) Science Citation Index(以下、 SCI)に収録された韓国発表論文数、5万4691件 で世界12位であり、ここ10年ほど10位から12位間 を推移している。一方、2010〜14年論文1件あたり 被引用数4.86(平均5.42)で31位であるため、質 的水準まだ低いといえる(参考文献③)。文部科学科学技術・ 学術政策研究所でScopusをもとに、 アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、日本、中国、 韓国7カ国論文形態特徴を明らかにした報告書 を発表した(参考文献①)。韓国機関に所属する著者 が発表した論文数、2004年から2006年間で2万 6195件であったが、2010年から2012年5万1355 件で約2倍に増加した。同じ東アジア地域日本9万 3410件から9万7382件でほぼ横ばい、中国13万3606 件から25万6394件で韓国と同じく約2倍に増加してい る。そのうち英語論文発表を見てみると、2010年か ら2012年間で、 韓国4万8629件でその割合が
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: 米国における研究開発エコシステムの特徴と最近の科学技術政策動向

JAIST Repository: 米国における研究開発エコシステムの特徴と最近の科学技術政策動向

1.米国科学技術政策における優先順位設定 1-1.2015 年度大統領予算案 国研究開発活動を理解する第一手がかり予算である。連邦政府研究開発予算、2015 会計年度 大統領予算案が与野党間で行われた合意に基づく予算法水準に抑えられており、総額で 1.2 パーセン ト増、また、主な省・機関について、国防省(DOD)0.9%増、国立衛生研究所(NIH)0.9%増、米国 航空宇宙局(NASA)1.0%減、エネルギー省(DOE)非国防研究開発 4.8%増、国立科学財団(NSF)0.0%、 国立標準技術研究所(NIST)3.4%増など、多少ばらつきがあるものの、概して低い水準に留まっている。 このような状況中、オバマ大統領予算案発表と合わせて「機会、成長、および安全イニシアチ ブ(Opportunity, Growth, and Security Initiative: OGSI)」を発表した。このイニシアチブ、雇 用創造、経済成長、そして全て国民へ機会創造に必要な追加的な裁量的予算措置を行おうとす るもので、全額措置された場合に 560 億ドル規模となる。その対象、非国防予算において、教育、 研究およびイノベーション、基盤と雇用、機会と移動、人々健康と安心と安全、より効果的・効率的 な政府としており、研究開発関連で、NIH について、3.9%増とし、新規グラントへ配分や、DARPA をモデルとした事業創設など、NSF について、8.9%増とし、新規グラントへ配分、NIST について 、3 倍増とし、製造技術開発拡大などが含まれている。ただし、これ財源が確保できる見通しが 明らかでないことから、オバマ政権が予算管理法上実現が困難な中で重要政策を明示したものとも理解 できる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

科学雑誌 について 科学雑誌 Newton は 1981 年の創刊以来 多くの方々に御愛読いただ いております ページ全面に展開するスーパーイラストレーションや美しくダイナミックな写真の数々 そして第一線の研究者に取材した正確でわかりやすいレポートによって 幅広い読者を獲得 ビジュアル科学雑誌のパイ

科学雑誌 について 科学雑誌 Newton は 1981 年の創刊以来 多くの方々に御愛読いただ いております ページ全面に展開するスーパーイラストレーションや美しくダイナミックな写真の数々 そして第一線の研究者に取材した正確でわかりやすいレポートによって 幅広い読者を獲得 ビジュアル科学雑誌のパイ

 その範囲宇宙技術、健康問題、生命科学、地球環境など多岐にわたります。記事や広 告へ注目度このような好奇心に対応してきわめて高く、必ず企業マーケット ・ コ ミュニケーションに貢献できると思います。  大都市周辺を中心に全国に Newton 読者広がっています。また、科学啓蒙雑誌と して使命を果たすべく全国図書館、学校図書館、研究室などにも積極的に配本しています。  そのため知名度も高く、事実を重視する誠実な編集者努力が記事内容に結実し、読者 信頼を勝ちえているです。そのような Newton へ広告掲載、企業イメージを磐 石なものにすると確信しています。
さらに見せる

14 さらに読み込む

米国科学技術動向報告

米国科学技術動向報告

本書、 EU 科学技術・イノベーションについて調査を実施し、取りまとめた報告書 である。具体的に、以下 3 つことに取り組んでいる。①現在政策歴史的な背景 や上位政策と関係を記述すること、②現行研究開発枠組プログラムである Horizon 2020 について記述すること(この内容が報告書中心である)、③Horizon 2020 に含 まれない研究開発・イノベーション関連動向について記述すること、である。以上を通 じて、 Horizon 2020 で進められようとしている取り組みについて説明を試みる。 各章構成以下とおりである。まず、第 1 章で科学技術政策背景について述べ る。歴史的な背景や上位政策について触れることで、現在取り組み位置づけを理解す るため土台を提供する。第 2 章で科学技術・イノベーション政策推進体制について 述べる。どのような組織が政策に関わり、どのようなプロセスで意思決定や資金配分が行 われるかについて述べる。第 3 章で 2013 年まで取り組みについて述べる。2014 年か ら新しい枠組プログラムである Horizon 2020 が始まったわけだが、これを理解するため に直近政策から変化を検討することが有用である。
さらに見せる

93 さらに読み込む

JAIST Repository: 米国の政権移行期における科学政策の変容 : 基礎研究政策を中心に

JAIST Repository: 米国の政権移行期における科学政策の変容 : 基礎研究政策を中心に

引用し、「もし我々が科学が社会において正しい役割を有していると信じるならば、なぜ、どのように してそうなかということについて人々を啓蒙することが科学コミュニティー責任である。それ科 学者が著名人や政治家やロビイストになることでなく、一市民となることである。」と書いている。 また、Alan Leshner 全米科学協会事務局長・Science 誌発行者、オバマ大統領開放性(openness)、 透明性、アカウンタビリティ向上という理念実現ために科学その研究成果や応用につい てより幅広い人々と共有する努力が必要であると述べている。さらに、Ralph Cicerone 米国科学アカデ ミー会長、政権誕生などに伴う科学関心高まり喜ぶべきことであるが、同時に議会や行政が 科学に依拠した政策形成を行おうとするならば科学科学研究成果とそれが国家にどのように貢 献するかを示さなければならいとしている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: 米国における基礎研究活動に対する評価の諸相 : 国立科学財団(NSF)を中心に

JAIST Repository: 米国における基礎研究活動に対する評価の諸相 : 国立科学財団(NSF)を中心に

米国が何に対し投資を行っているかということと、研究だけでなく、イノベーションと雇用創出 において競争的であるために投資すべきこと間に欠損が存在する。 ・配分意思決定に際し現在消費ため支出と投資ため支出を区別すること重要である。  この報告書に関し発表者が注目する点科学技術経済成長に大きく貢献するが、その多く応用 を念頭に置かない発見に起源を持つことを明言していることである。このような観点自明ことで あるが、研究開発政策論議中でともすればリニアモデルに回帰するものと受け取られる可能性もあ るものである。発表において研究開発活動における様々な評価中で、このような探求的な研究 に対する評価がどのように位置づけられているかということに留意し検討を加える。
さらに見せる

5 さらに読み込む

はじめに 東北大学流体科学研究所附属流体融合研究センターは 衝撃波に関する世界的研究拠点として研究成果を挙げてきた衝撃波研究センターを改組拡充して 平成 15 年 4 月に発足した 本センターの目的は 実験と計算を一体化した新しい研究手法 ( 次世代融合研究手法 ) を用いて 流体科学の先端融合領域

はじめに 東北大学流体科学研究所附属流体融合研究センターは 衝撃波に関する世界的研究拠点として研究成果を挙げてきた衝撃波研究センターを改組拡充して 平成 15 年 4 月に発足した 本センターの目的は 実験と計算を一体化した新しい研究手法 ( 次世代融合研究手法 ) を用いて 流体科学の先端融合領域

8. 藤代一成, 堀井秀之:第 3 章「社会技術設計方法」, 第 2 節「問題分析」, 安全安心た め社会技術, 東京大学出版会, (2006), 110-125. 国際学会 9. Issei Fujishiro, Yuriko Takeshima, Kaori Ono, and Seiichi Koshizuka: Point-Based Unification of Complex Data Visualization, Proceedings of NICOGRAPH International 2005, (2005), 147-148. 10.Issei Fujishiro, and Shigeo Takahashi: Potentials of Level-Set Analysis for Volume Exploration,

46 さらに読み込む

JAIST Repository: 米国の科学政策 : イノベーションの生起する場に関する考察(研究開発システムとモデル (1))

JAIST Repository: 米国の科学政策 : イノベーションの生起する場に関する考察(研究開発システムとモデル (1))

Description 一般論文.. ㌃ ewis 戦略国際問題研究所」 ) においては国防研究開発成果の 民生研究への 波及効果が述 べられているが、 ( 上記議会での 論議のような ) 国防研究開発が 一貫して国家が 関与すべきものでるのに 対し、 民生 研究が最終的な 利用者。 受益 者 が社会一般 ( 企業。 そして最終的にぼ 消費者 )[r]

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...