期末の自己資本比率は

Top PDF 期末の自己資本比率は:

2018年3月期 第3四半期末の自己資本比率について 最新のIRニュース|群馬銀行

2018年3月期 第3四半期末の自己資本比率について 最新のIRニュース|群馬銀行

(注)1. 総所要自己資本、リスク・アセット額に 8%を乗じた額であります。 2. リスク・アセットうち、信用リスクについて基礎的内部格付手法、オペレーショナル・ リスクについて粗利益配分手法により算出しております。 以 上

1 さらに読み込む

自己資本の構成に関する開示事項自己資本の充実の状況等自己資本の構成に関する開示事項( 連結 ). 項 目 平成 2 9 年 3 月末 経過措置による不算入額 平成 2 8 年 3 月末 コア資本に係る基礎項目 (1) 普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 213, ,14

自己資本の構成に関する開示事項自己資本の充実の状況等自己資本の構成に関する開示事項( 連結 ). 項 目 平成 2 9 年 3 月末 経過措置による不算入額 平成 2 8 年 3 月末 コア資本に係る基礎項目 (1) 普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 213, ,14

(注).1.「その他」、リスク・ウェイト毎に分類することが困難な資産である「投資信託」「金銭信託」「投資事業組合」等があり、「格付無し」欄に一括して計上しております。 . 2.「その他」に計上した資産を加重平均したリスク・ウェイト、平成28年3月期末32.6%、平成29年3月期末26.6%です。 ●標準的手法が適用されるエクスポージャーについて、リスク・ウェイト区分ごと信用リスク削減手法効果を 勘案した後残高並びに自己資本比率告示第七十九条五第二項第二号、第百七十七条二第二項第ニ号及び第 二百四十七条第一項規定により千二百五十パーセントリスク・ウェイトが適用されるエクスポージャー
さらに見せる

21 さらに読み込む

自己資本比率規制の第3の柱に基づく開示事項:東京スター銀行

自己資本比率規制の第3の柱に基づく開示事項:東京スター銀行

(注) 1. 上記エクスポージャー期末残高に証券化エクスポージャー、CVAリスク相当額および中央清算機関関連エクスポージャー含まれていませ ん。 (証券化エクスポージャーについて111~112ページ「証券化エクスポージャーに関する事項」をご参照ください。) 2.当行海外に営業拠点を有していないため、地域別情報記載を省略しています。 3.業種別区分、内部管理において使用している区分に基づき行っています。 4.「貸出金」個別貸倒引当金控除前額を記載しています。
さらに見せる

24 さらに読み込む

自己資本の充実の状況 新自己資本比率規制 ( バーゼル Ⅲ) による開示についてバーゼル Ⅲ とは 主要国の金融監督当局で構成するバーゼル銀行監督委員会が 2010 年 9 月に公表した 国際的に業務を展開する銀行の健全性を維持するための新たな自己資本比率規制のことです 国内基準行についてもバーゼル

自己資本の充実の状況 新自己資本比率規制 ( バーゼル Ⅲ) による開示についてバーゼル Ⅲ とは 主要国の金融監督当局で構成するバーゼル銀行監督委員会が 2010 年 9 月に公表した 国際的に業務を展開する銀行の健全性を維持するための新たな自己資本比率規制のことです 国内基準行についてもバーゼル

貸出金償却 期首残高 当期増加額 当期減少額 期末残高 目的使用 その他 平成26年度 平成27年度 平成26年度 平成27年度 平成26年度 平成27年度 平成26年度 平成27年度 平成26年度 平成27年度 平成26年度 平成27年度 製 造 業 115 97 97 82 3 3 112 93 97 82 - - 農 業 、 林 業 11 11 11 - 0 10 11 0 11 - - - 漁 業 - - - - - - - - - - - - 鉱業、採石業、砂利採取業 11 11 11 20 0 0 11 11 11 20 - - 建 設 業 386 307 307 148 28 109 357 197 307 148 6 - 電気・ガス・熱供給・水道業 - - - - - - - - - - - - 情 報 通 信 業 55 50 50 45 1 7 53 42 50 45 - - 運 輸 業、 郵 便 業 2 11 11 13 0 0 2 11 11 13 - - 卸 売 業、 小 売 業 103 95 95 132 17 30 85 64 95 132 77 - 金 融 業、 保 険 業 - - - 0 - - - - - 0 - - 不 動 産 業 476 429 429 416 0 8 475 420 429 416 - - 物 品 賃 貸 業 - - - - - - - - - - - - 学術研究、専門・技術サービス業 - - - - - - - - - - - - 宿 泊 業 - - - - - - - - - - - - 飲 食 業 35 30 30 26 0 0 35 29 30 26 - - 生活関連サービス業、娯楽業 30 29 29 25 0 4 30 24 29 25 - - 教 育 ・ 学 習 支 援 業 - - - - - - - - - - - - 医 療 ・ 福 祉 - 34 34 34 - 0 - 34 34 34 - - そ サ ー ビ ス 業 89 72 72 107 3 0 85 71 72 107 - - 国・地 方 公 共 団 体 等 - - - - - - - - - - - - 個 人 78 62 62 41 5 4 73 57 62 41 - - 合 計 1,397 1,244 1,244 1,095 60 185 1,336 1,059 1,244 1,095 84 - ※当金庫、国内限定されたエリアにて事業活動を行っているため、「地域別」区分省略しております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

(2) 財政状態 総資産 百万円 1 株当たり自己資本比率純資産自己資本比率純資産 ( 国内基準 ) 百万円 % 円銭 % 2006 年度第 3 四半期 782,620 36, , ( 概算値 ) 年度第 3 四半期 724,535 33,712

(2) 財政状態 総資産 百万円 1 株当たり自己資本比率純資産自己資本比率純資産 ( 国内基準 ) 百万円 % 円銭 % 2006 年度第 3 四半期 782,620 36, , ( 概算値 ) 年度第 3 四半期 724,535 33,712

8. 退職給付引当金、従業員退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務見込額に基づき、必要額を計上し ております。 9. 役員退職慰労引当金、役員に対する退職金支払に備えるため、当期末における要支給額を計上しております。 10. リース物件所有権が借主に移転すると認められるも以外ファイナンス・リース取引について、通常賃貸借取引

21 さらに読み込む

自己資本の充実の状況 単体自己資本比率 ( 国内基準 ) ( 単位 :%) 2011 年 3 月末 2012 年 3 月末 ( 注 ) 当金庫は 労働金庫法第 94 条第 1 項において準用する銀行法第 14 条の2の規定に基づき 労働金庫及び労働金庫連合会がその保有する資産等に

自己資本の充実の状況 単体自己資本比率 ( 国内基準 ) ( 単位 :%) 2011 年 3 月末 2012 年 3 月末 ( 注 ) 当金庫は 労働金庫法第 94 条第 1 項において準用する銀行法第 14 条の2の規定に基づき 労働金庫及び労働金庫連合会がその保有する資産等に

「繰越金(当期末残高)」 当期剰余金うち、配当など外部流出額と上記準備金、積立 金へ繰入額を除いた翌期へ繰越額です。 「土地再評価額と再評価直前帳簿価額差額」 自己資本比率算出にあたって、「土地再評価に関する法律」 (平 成10年3月31日公布、法律第34号)に基づき算出した「土地再評価 額と再評価直前帳簿価額差額」45%相当分が分子自己資本 補完的項目に加算することが認められています。ただし、加算でき る額、基本項目額が限度となります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

LEC Graduate University LEC 会計大学院紀要第 9 号 交差比率の新たな位置づけ - 資本利益率の構成要素としての有効性と限界 - 高田博行 小林健吾 エグゼクティブ サマリー 自己資本利益率 (ROE: Return on Equity) は つぎのとおり定式化できる 自

LEC Graduate University LEC 会計大学院紀要第 9 号 交差比率の新たな位置づけ - 資本利益率の構成要素としての有効性と限界 - 高田博行 小林健吾 エグゼクティブ サマリー 自己資本利益率 (ROE: Return on Equity) は つぎのとおり定式化できる 自

粗利益率が商品採算性基準になりう る、商品仕入原価がすべて仕入れに よって生じる変動費であることに基づく。 これについて直接原価計算発展経 過で、採算性基準本来的に粗利益でも 粗利益率でもなく、制約条件単位当たり 限界利益であることが明確にされた。これ 会計専門家間で周知ことと思わ れるので数値例で例証すること省略する が、この原理に即していえば商業で上述 様に仕入原価がその商品変動費である ことによって採算性指標として有効にな
さらに見せる

14 さらに読み込む

野村資本市場研究所|バーゼルⅢの自己資本比率の水準決定(PDF)

野村資本市場研究所|バーゼルⅢの自己資本比率の水準決定(PDF)

踏まえて 2010 年末までに水準調整を完了するという方針が示されており、その段階で 自己資本比率水準提案されていなかった。 バーゼル委員会および各国当局、市中協議文書公表後に QIS を行い、自己資本比 率水準を含むバーゼルⅢ議論・検討を重ねてきた。また、バーゼル委員会バーゼル Ⅲ適用について、2009 年 12 月市中協議文書で、「2012 年末までを目標に金融情勢 が改善し景気回復が確実になった時点で段階的に実施」するとしていた。そして、2010 年 7 月に開催された中央銀行総裁・銀行監督当局長官グループ会議で、9 月会議で 水準調整(calibration)と段階的実施措置(phase-in approach)について最終決定する方 針が合意された。今回 7 月会議方針どおり、自己資本比率水準調整と段階的実施 措置に関して決定が行われたものである。ただし、Tier 1 や Tier 2 算入可能証券要 件や資本控除取り扱いを含むバーゼルⅢ全体的な内容について、11 月ソウル・ サミットにおいて全体的な枠組みについて G20 首脳間で合意が図られる見通しである。 その後、自己資本規制、流動性規制について、詳細な規則文書が 2010 年末までに策定 され公表されることとなっている 2 。
さらに見せる

6 さらに読み込む

つまり 資本コストとは 調達資本に対して 企業に期待されている直近の投資収益率であることを意味している 調達資金は 負債と自己資本 ( 株主資本 ) によって構成されるので 資本コストは 負債コストと自己資本コストの加重平均値となる 調達資本のうち 負債コストは 外部金融機関が要求する利子率であり

つまり 資本コストとは 調達資本に対して 企業に期待されている直近の投資収益率であることを意味している 調達資金は 負債と自己資本 ( 株主資本 ) によって構成されるので 資本コストは 負債コストと自己資本コストの加重平均値となる 調達資本のうち 負債コストは 外部金融機関が要求する利子率であり

た上で、実践に向けた示唆を得ることにしよう。 2.1 カテゴリー・マネジメント売場を差別化する思考プロセス カテゴリー・マネジメント、売場を差別化するため思考プロセスを提供 する。消費者が楽しさを感じる売場になるようカテゴリーを定義し、他社と 差別化観点からカテゴリー役割を決め、その指針もとで戦略と戦術を策 定する。通常、四半期や半期ごとに、カテゴリー品揃え、価格設定、棚割 り、販促計画として展開される。カテゴリー定義と役割、いわば小売業 存在意義を規定する要素であり、マネジメント・レベルで明示化されるべきも である。
さらに見せる

6 さらに読み込む

自己資本比率規制の第 3 の柱 ( 市場規律 ) に基づく開示 平成 28 年度中間期 ( 単位 : 百万円 %) 項 目 経過措置による不参入額 コア資本に係る基礎項目 (1) 普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 154,709 うち 資本金及び資本剰余金の額 31,834 うち

自己資本比率規制の第 3 の柱 ( 市場規律 ) に基づく開示 平成 28 年度中間期 ( 単位 : 百万円 %) 項 目 経過措置による不参入額 コア資本に係る基礎項目 (1) 普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 154,709 うち 資本金及び資本剰余金の額 31,834 うち

 信用リスク削減手法と、担保、保証、貸出金と預金相 殺、クレジット・デリバティブ等により、保有債権リスク を削減する手法をいいます。  当行グループで、貸出等与信行為を行うにあたり、返 済可能性に関する十分な検証を行っていますが、その上で、 信用リスクを軽減するために、担保や保証等をいただくこと があります。当行グループが適用している担保や保証種類 として、担保で預金、有価証券、不動産等があり、不動 産担保が大半を占めています。保証で、信用保証協会、政 府関係機関、地方公共団体及び、債務者親会社による保証 が主となっています。担保・保証評価や管理等手続につ いて、当行が定める「貸出規定」「管理債権規定」等行 内規定等に基づいて、適切な取扱いを行っております。特に 不動産担保について、厳正な担保評価を行うべく、詳細な 規定を定めています。
さらに見せる

14 さらに読み込む

資料編自己資本の充実の状況等55 当行では 地域社会との 共存共栄 の理念のもと 自己責任原則に則り 資本の有効活用とリスクに対する銀行経営の健全性維持および適切性の確保を目的に 堅固な自己資本管理体制を確立し 企業価値の持続的 安定的な向上を図ることを自己資本管理の基本方針としています 自己資本の

資料編自己資本の充実の状況等55 当行では 地域社会との 共存共栄 の理念のもと 自己責任原則に則り 資本の有効活用とリスクに対する銀行経営の健全性維持および適切性の確保を目的に 堅固な自己資本管理体制を確立し 企業価値の持続的 安定的な向上を図ることを自己資本管理の基本方針としています 自己資本の

 当行で、業務計画策定時に経営体力である自己資本十分性を確認するためストレス・テストを実施し、その結果を踏ま えて部門別・リスクカテゴリー別に資本配賦を実施しています。  具体的に、①規制資本ベース(自己資本比率規制上所要自己資本)および②経済資本ベース(内部管理上VaRなどに より算出したリスク量)両面から資本配賦を行い、保有するリスクと自己資本比較や、配賦資本使用状況についてモニ タリングを実施し、自己資本充実度を評価しています。  更に③有価証券等価格変動によるリスクを一定範 囲内に抑えることにより、自己資本比率変動を目標水 準に基づき管理するとともに、資本配賦制度を通じて一 定リスク限度内でリターン目標を部門別に策定し ています。
さらに見せる

10 さらに読み込む

定量的な開示事項 ( 単体 ) 1. その他金融機関等 ( 自己資本比率告示第二十九条第六項第一号に規定するその他金融機関等をいう ) であって銀行の子法人等であるもののうち 規制上の所要自己資本を下回った会社の名称と所要自己資本を下回った額の総額 ( 連結 ) 当行の非連結対象子会社において 自己

定量的な開示事項 ( 単体 ) 1. その他金融機関等 ( 自己資本比率告示第二十九条第六項第一号に規定するその他金融機関等をいう ) であって銀行の子法人等であるもののうち 規制上の所要自己資本を下回った会社の名称と所要自己資本を下回った額の総額 ( 連結 ) 当行の非連結対象子会社において 自己

( 原資産を構成するエクスポージャーうち、三月以上延滞エクスポージャー額またはデフォルトしたエクスポージャー額及び当中間期損失額並 びにこれらの主な原資産種類別内訳(ただし、銀行または連結グループが証券化エクスポージャーを保有しない証券化取引原資産について、 当中間期証券化取引に係るものに限る)) (証券化取引を目的として保有している資産額及びこれら主な資産種類別内訳) (当中間期に証券化を行ったエクスポージャー概略)
さらに見せる

5 さらに読み込む

連結自己資本比率 ( 国内基準 ) 項 目 経過措置による不算入額 コア資本に係る基礎項目普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 281, ,181 うち 資本金及び資本剰余金の額 36,221 42,087 うち 利益剰余金の額 247, ,590 うち 自己

連結自己資本比率 ( 国内基準 ) 項 目 経過措置による不算入額 コア資本に係る基礎項目普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 281, ,181 うち 資本金及び資本剰余金の額 36,221 42,087 うち 利益剰余金の額 247, ,590 うち 自己

  ■ 証券化取引と  証券化取引と、企業などが保有している債権や不動 産などを原資産とし、原資産に係る信用リスクを優先劣 後構造ある二以上エクスポージャーに階層化し、そ 一部または全部を第三者に移転する性質を有する取引 ことをいい、証券化取引に対するエクスポージャーを 証券化エクスポージャーといいます。また、再証券化取 引と、証券化エクスポージャーを原資産とする証券化 取引ことをいい、再証券化取引に対するエクスポージ ャーを再証券化エクスポージャーといいます。なお、当 行単体及び連結グループで再証券化エクスポージャー に該当する取引ございません。
さらに見せる

43 さらに読み込む

単体自己資本比率 ( 国内基準 ) 項 目 経過措置による不算入額 経過措置による不算入額 コア資本に係る基礎項目 (1) 普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 225, ,110 うち 資本金及び資本剰余金の額 51,412 52,247 うち 利益剰余金の額 178,

単体自己資本比率 ( 国内基準 ) 項 目 経過措置による不算入額 経過措置による不算入額 コア資本に係る基礎項目 (1) 普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 225, ,110 うち 資本金及び資本剰余金の額 51,412 52,247 うち 利益剰余金の額 178,

5.派生商品取引及び長期決済期間取引取引相手リスクに関 するリスク管理方針及び手続き概要  派生商品取引取引相手信用リスクに関して、カレント・エクスポージ ャー方式により与信額算出を行っております。事業性与信先うち内部格 付を有する先について、上記方式により算出した与信額を貸出金等に含め た上で与信上限ガイドライン等を設定し、信用集中リスクコントロールを 行っております。ただし、信用リスク評価・計測にあたって、現状、派生商 品取引から発生する信用リスク量僅少と見込まれることから、信用リスク 計量化対象としておりません。担保による保全貸出金と同様方針に 基づき行っており、引当金算定「償却・引当基準」に基づき自己査定で保全 ない部分うち予想損失額に相当する額を、損失見込額としてその他偶 発損失引当金に計上し、損失額が確定した場合速やかに損失計上すること としております。自行信用力が悪化した場合に、対金融機関取引において 追加的な担保提供を求められる可能性ありますが、担保提供に適格な有価 証券保有潤沢であり、派生商品取引を継続して行うことに支障ないと 考えております。
さらに見せる

24 さらに読み込む

連結自己資本比率 ( 国内基準 ) コア資本に係る基礎項目 (1) 項目 平成 28 年度 経過措置に よる不算入額 普通出資又は非累積的永久優先出資に係る会員勘定の額 153, ,670 うち 出資金及び資本剰余金の額 1,194 1,186 うち 利益剰余金の額 152,830 15

連結自己資本比率 ( 国内基準 ) コア資本に係る基礎項目 (1) 項目 平成 28 年度 経過措置に よる不算入額 普通出資又は非累積的永久優先出資に係る会員勘定の額 153, ,670 うち 出資金及び資本剰余金の額 1,194 1,186 うち 利益剰余金の額 152,830 15

業務IT化が進展するなか、コンピュータシステムやネットワークシステム金庫業務運営に欠かせない存在です。 したがって、誤処理や災害、不正使用等によりシステムが停止した場合に、お客さまから信用失墜により経営 に重大な影響を与えることになります。 こうした認識もと、「情報資産保護に関する基本方針(セキュリティ・ポリシー)」に基づき適切な管理に努めるとと もに、定期的に事務・システムリスク管理部会を開催しています。事務・システムリスク管理部会活動内容、半 年毎にリスク管理委員会へ報告しています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

GameWith の特徴 1 国内最大のゲームメディア 2 成長性 収益性 安定性 売上高 65.3% 増 営業利益率 47.2% 3 最年少上場企業社長 自己資本比率 83.0% 1

GameWith の特徴 1 国内最大のゲームメディア 2 成長性 収益性 安定性 売上高 65.3% 増 営業利益率 47.2% 3 最年少上場企業社長 自己資本比率 83.0% 1

商材別売上高構成推移 29 ・ネットワーク広告、一過性プロモーション特需があった第 1 四半期を除き過去最高 ・タイアップ広告堅調推移し、過去最高を記録。需要大きく、売上に占める比率も上昇

43 さらに読み込む

第 3 期概要 LTV( 有利子負債比率 ) 27.5% ( 第 3 期末時点 ) 期末稼働率 99.5% ( 第 3 期末時点 ) 第 3 期 1 口当たり分配金 ( 確定 ) 5,580 円 格付け (JCR) AA ( 安定的 ) ( 第 3 期末時点 ) 1

第 3 期概要 LTV( 有利子負債比率 ) 27.5% ( 第 3 期末時点 ) 期末稼働率 99.5% ( 第 3 期末時点 ) 第 3 期 1 口当たり分配金 ( 確定 ) 5,580 円 格付け (JCR) AA ( 安定的 ) ( 第 3 期末時点 ) 1

 これに加え、本投資法人、規約に定める分配方針に従い、原則として毎期継続的に利益を超える金銭分配を行うこ ととしています(注1)。これに基づき、税法上出資等減少分配に該当する出資払戻しとして減価償却費30%にほぼ相 当する額である120,910,000円を分配することとし、投資口1口当たり利益超過分配金565円としました。 (注1) 本投資法人、継続的な利益超過分配に加えて、新投資口発行等資金調達等により、1口当たり分配金分配額が、一時的に一定程度減少することが見込まれる場 合に、1口当たり分配金金額を平準化する目的で、一時的な利益超過分配を行うことがあります。但し、経済環境、不動産市場及び賃貸市場等動向、保有資産 状況並びに財務状況等を踏まえ、本投資法人が不適切と判断した場合に分配可能金額を超える金銭分配を行わない場合もあります。また、安定的な財務運営 を継続する観点から、上記金銭分配を実施した場合に鑑定LTV(注2)が60%を超える場合において、利益超過分配を実施しないものとします。
さらに見せる

34 さらに読み込む

自己資本の充実の状況(単体)60 WAKAYAMA SHINREN REPORT DISCLOSURE 2018 自己資本の構成 経過措置によ項目平成 29 年度る不算入額 <コア資本に係る基礎項目 > 普通出資又は非累積的永久優先出資に係る組合員資本又は会員資本の額 82,870 81,138 う

自己資本の充実の状況(単体)60 WAKAYAMA SHINREN REPORT DISCLOSURE 2018 自己資本の構成 経過措置によ項目平成 29 年度る不算入額 <コア資本に係る基礎項目 > 普通出資又は非累積的永久優先出資に係る組合員資本又は会員資本の額 82,870 81,138 う

(1)経常収益 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (2)経常利益 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (3)当期剰余金 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (4)出資金及び出資口数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (5)純資産額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (6)総資産額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (7)貯金等残高 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (8)貸出金残高 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (9)有価証券残高 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (10)単体自己資本比率 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (11)剰余金配当金額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 (12)職員数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 8 直近2事業年度における事業状況を示す指標
さらに見せる

19 さらに読み込む

野村資本市場研究所|自己資本規制上の引当金の取扱いに関するバーゼル委員会の検討と当面の措置(PDF)

野村資本市場研究所|自己資本規制上の引当金の取扱いに関するバーゼル委員会の検討と当面の措置(PDF)

バーゼル委員会、ECL アプローチ導入によって一般に引当金総額が増加し、多 く場合で銀行自己資本比率が下がることを認識している。また、IFRS 第 9 号 CECL よりも 2 年先に適用が始まるため、米国会計基準(US-GAAP)を適用する銀行に 比べて IFRS を適用する銀行によりプレッシャーがかかること、さらに、IFRS 第 9 号施 行日後に IFRS を初めて適用する銀行や法域で移行問題が同様に生じることを指摘し ている。もっとも、現時点で ECL アプローチ適用が自己資本規制に与える影響大 きさが明らかでないことから、バーゼル委員会定量的影響度調査(QIS)を実施して その影響度を把握する方針である。バーゼル委員会として、QIS 後に経過措置が必要か どうか、どのような経過措置が適しているかについて検討を行う考えである。
さらに見せる

15 さらに読み込む

山口フィナンシャルグループ:ディスクロージャー2013(資料編)>山口フィナンシャルグループ自己資本の充実の状況

山口フィナンシャルグループ:ディスクロージャー2013(資料編)>山口フィナンシャルグループ自己資本の充実の状況

2. 持株会社グループ自己資本充実度に関する評価方法概要(第7条第3項第2号)  持株会社グループで、十分な自己資本を維持しつつ収益性改善と向上へ向け た取組を実施することを方針とし、経営体力に見合ったリスク・コントロールによ る健全性確保を行うこととしております。自己資本充実度に関して自己資 本比率、及びリスク量と自己資本対比による評価を行っております。  具体的に、各子銀行において自己資本(Tier1)範囲内で、各部門業務計 画に沿って資本を配賦し、各種リスク量(信用リスク、市場リスク)が配賦資本を 超えないようコントロールしております。オペレーショナル・リスクについて、 推定リスク量をあらかじめ自己資本(Tier1)から控除することとしております。  また、グループとして経営体力を超えたリスクテイクとならないよう、各子銀 行資本配賦額がグループ連結自己資本(Tier1)範囲内となるようコントロー ルを行っております。
さらに見せる

18 さらに読み込む

Show all 10000 documents...