日本再興戦略

Top PDF 日本再興戦略:

2018 年度事業計画書 Ⅰ 基本方針 1. 健康関連分野を取り巻く環境と直近の動向 健康医療分野が政府の日本再興戦略の重点分野に位置づけられ 健康 医療戦略が策定されるなど 予防や健康管理 生活支援サービスの充実 医療 介護技術の進化などにより 成長分野としてマーケットは大きく拡大することが期待さ

2018 年度事業計画書 Ⅰ 基本方針 1. 健康関連分野を取り巻く環境と直近の動向 健康医療分野が政府の日本再興戦略の重点分野に位置づけられ 健康 医療戦略が策定されるなど 予防や健康管理 生活支援サービスの充実 医療 介護技術の進化などにより 成長分野としてマーケットは大きく拡大することが期待さ

 健康医療分野が政府の日本再興戦略の重点分野に位置づけられ、健康・医療戦略が策 定されるなど、予防や健康管理、生活支援サービスの充実、医療・介護技術の進化な どにより、成長分野としてマーケットは大きく拡大することが期待されています。  健康医療に係る研究者、企業、研究機関が集積するここ関西では、 ヘルスケア産業は、

5 さらに読み込む

取組みの背景 これまでの流れ 平成 27 年 6 月 日本再興戦略 改訂 2015 の閣議決定 ( 訪日外国人からの 日本の Wi-Fi サービスは使い難い との声を受け ) 戦略市場創造プラン における新たに講ずべき具体的施策として 事業者の垣根を越えた認証手続きの簡素化 が盛り込まれる 平成 2

取組みの背景 これまでの流れ 平成 27 年 6 月 日本再興戦略 改訂 2015 の閣議決定 ( 訪日外国人からの 日本の Wi-Fi サービスは使い難い との声を受け ) 戦略市場創造プラン における新たに講ずべき具体的施策として 事業者の垣根を越えた認証手続きの簡素化 が盛り込まれる 平成 2

平成28年3月 総務省により全国16箇所で実証実験を実施 平成28年6月 無料公衆無線LAN整備促進協議会 認証連携PT(第4回)にて報告 一般社団法人 公衆無線LAN認証管理機構(Wi-Cert)の設立へ 平成27年6月 「日本再興戦略」改訂2015の閣議決定

10 さらに読み込む

日本再興戦略における位置づけ 日本再興戦略改訂 2014( 平成 26 年 6 月 24 日閣議決定 ) 5.(3) i) 金融 資本市場の活性化 2 資金決済高度化等 2020 年オリンピック パラリンピック東京大会等の開催等を踏まえ キャッシュレス決済の普及による決済の利便性 効率性の向上を図る

日本再興戦略における位置づけ 日本再興戦略改訂 2014( 平成 26 年 6 月 24 日閣議決定 ) 5.(3) i) 金融 資本市場の活性化 2 資金決済高度化等 2020 年オリンピック パラリンピック東京大会等の開催等を踏まえ キャッシュレス決済の普及による決済の利便性 効率性の向上を図る

・さらに、FinTechによるイノベーションを促す新たな規制・制度環境整備を実現するため、クレジットカード分野において、技術力・信頼度の高い決済 代行業者に新たに法的な位置付けを与えることにより、独自のIT技術をいかして効率的に取引の安全確保を図ること等を含め、必要な法制上の 措置を講ずる。 日本再興戦略改訂2016(平成28年6月2日閣議決定)

10 さらに読み込む

イノベーティブ アジア (Innovative Asia) 事業 外務省 2018 年 7 月 アジア途上国の優秀な人材が, 日本のイノベーションに貢献するとともに, 母国に戻って自国の産業発展に貢献できるよう, 政府開発援助 (ODA) 等を活用して次のような取組を行う 政府は, 日本再興戦略 2

イノベーティブ アジア (Innovative Asia) 事業 外務省 2018 年 7 月 アジア途上国の優秀な人材が, 日本のイノベーションに貢献するとともに, 母国に戻って自国の産業発展に貢献できるよう, 政府開発援助 (ODA) 等を活用して次のような取組を行う 政府は, 日本再興戦略 2

3.在外においては,在外公館が,関係機関等と有機的に連携して,日本企業での就職に 関心を持つ者を対象にしたジョブフェア等の開催や情報提供サービスを実施する。 ※政府は,「日本再興戦略2016」(平成28年6月2日閣議決定)において本事業の新規実施を決定。「未来投資戦略2017」にも記載あり。 中。

13 さらに読み込む

資料 1-1 KPI の進捗状況について ( 第 19 回産業競争力 会議資料 ) ( 一部時点修正 ) 本資料は 日本再興戦略 及び 日本再興戦略 改訂 2014 ( 以下 戦略 という ) に掲げられた KPI の進捗状況 を内閣官房日本経済再生総合事務局においてまとめたものである KPI の欄

資料 1-1 KPI の進捗状況について ( 第 19 回産業競争力 会議資料 ) ( 一部時点修正 ) 本資料は 日本再興戦略 及び 日本再興戦略 改訂 2014 ( 以下 戦略 という ) に掲げられた KPI の進捗状況 を内閣官房日本経済再生総合事務局においてまとめたものである KPI の欄

KPIの進捗状況について 本資料は、 「日本再興戦略」及び「 『日本再興戦略』改訂 2014」 (以下「戦略」という。 )に掲げられたKPIの進捗状況 を内閣官房日本経済再生総合事務局においてまとめたものである。  「KPI」の欄は、戦略の中短期工程表に掲げられたKPIを記載。

9 さらに読み込む

機密性 情報 1. 日本再興戦略 ( 平成 25 年 6 月 14 日閣議決定 ) 限り 日本再興戦略において 今後 10 年間で 全農地面積の 8 割 ( 現状は約 5 割 ) を担い手に集積し 担い手の米の生産コストを現状の全国平均 (1 万 6 千円 /60kg) から 4 割削減することを目

機密性 情報 1. 日本再興戦略 ( 平成 25 年 6 月 14 日閣議決定 ) 限り 日本再興戦略において 今後 10 年間で 全農地面積の 8 割 ( 現状は約 5 割 ) を担い手に集積し 担い手の米の生産コストを現状の全国平均 (1 万 6 千円 /60kg) から 4 割削減することを目

1 ○ 日本再興戦略(抜粋) Ⅱ) 解決の方向性と戦略分野(市場・産業)及び重要施策 農林水産業の競争力を強化する観点から、生産現場の強化や需要面の取組み、それらをつなぐ6 次産業化等を一体的に進めるとともに、経営所得安定対策(旧:戸別所得補償制度)を適切に見直し、 併せて、農林水産業の多面的機能の発揮を図る取組みを進め、新たな直接支払制度の創設の検討を 行う。農林水産業を成長産業とし、今後10 年間で6 次産業化を進める中で、農業・農村全体の所得を 倍増させる戦略を策定し、実行に移す。その着実な推進のため、官邸に設置した「農林水産業・地域の 活力創造本部」において、今後の政策の方向性を「農林水産業・地域の活力創造プラン(仮称)」として、 できるだけ早期に取りまとめる。
さらに見せる

54 さらに読み込む

日本再興戦略 改訂 2015 平成 27 年 6 月 30 日に閣議決定された 日本再興戦略 改訂 2015 においては 企業が確定給付企業年金を実施しやすい環境を整備するため 確定給付企業年金の制度改善について検討することとされている - 日本再興戦略 改訂 2015( 平成 27 年 6 月 3

日本再興戦略 改訂 2015 平成 27 年 6 月 30 日に閣議決定された 日本再興戦略 改訂 2015 においては 企業が確定給付企業年金を実施しやすい環境を整備するため 確定給付企業年金の制度改善について検討することとされている - 日本再興戦略 改訂 2015( 平成 27 年 6 月 3

□ 平成27年6月30日に閣議決定された『「日本再興戦略」改訂2015』においては、企業 が確定給付企業年金を実施しやすい環境を整備するため、確定給付企業年金の制度改 善について検討することとされている。 -「日本再興戦略」改訂2015(平成27年6月30日閣議決定)より抜粋- 5-2.金融・資本市場の活性化、公的・準公的資金の運用等

16 さらに読み込む

日本再興戦略 2016 ( 平成 28 年 6 月 2 日閣議決定 ) 未来投資戦略 2017 (2017 年 6 月 9 日閣議決定 ) では 今後の生産性革命を主導する最大の鍵として IoT ビッグデータ 人工知能 ロボット センサの技術的ブレイクスルーを活用することの重要性が指摘されている 日

日本再興戦略 2016 ( 平成 28 年 6 月 2 日閣議決定 ) 未来投資戦略 2017 (2017 年 6 月 9 日閣議決定 ) では 今後の生産性革命を主導する最大の鍵として IoT ビッグデータ 人工知能 ロボット センサの技術的ブレイクスルーを活用することの重要性が指摘されている 日

また、少子高齢化、労働力不足、インフラ老朽化対策、災害等課題対応先進国である日本において高度な 人工知能を備えたロボットを用いた解決の切り札を創り出し、世界に先駆けた技術を示すことで、世界へ売 り出す魅力ある製品・サービスの実現につなげることができる。 「日本再興戦略」改訂2015(2015年6月30日閣議決定)では、IoT(Internet of Things)、ビッグデー タ、人工知能による産業構造・就業構造変革の検討が主要施策の一つとして掲げられている。2015年8月に は、IoT、ビッグデータ、人工知能等による変革に的確に対応するため、産業構造審議会に「新産業構造部 会」が設置され、 IoT、ビッグデータ、人工知能等の発展がどのような経済・社会的インパクトをもたら し、これに向けてどのような対応を取っていくべきか、官民が共有できるビジョンを策定すると共に、官民 に求められる対応について検討を進めることとなった。この中で、次世代の人工知能技術の研究開発体制と して、経済産業省、総務省、文部科学省の3省が連携し、研究開発成果を関係省庁にも提供し、政府全体と して更なる新産業・イノベーション創出や国際競争力強化を牽引することの重要性が述べられている。
さらに見せる

29 さらに読み込む

2. 上位 関連計画 (1) 国の上位 関連計画 1) 日本再興戦略 2016( 平成 28 年 6 月 / 閣議決定 ) a. 日本再興戦略 2016 の基本的な考え方第二次安倍内閣は これまで数々の改革を断行し アベノミクスと呼ばれる経済政策を推進し 一定の成果を収めてきた しかしながら 国内の

2. 上位 関連計画 (1) 国の上位 関連計画 1) 日本再興戦略 2016( 平成 28 年 6 月 / 閣議決定 ) a. 日本再興戦略 2016 の基本的な考え方第二次安倍内閣は これまで数々の改革を断行し アベノミクスと呼ばれる経済政策を推進し 一定の成果を収めてきた しかしながら 国内の

2)スタジアム・アリーナ改革指針(平成 28 年 11 月 スポーツ庁) 日本再興戦略 2016 に位置付けられた“スタジアム・アリーナに関するガイドライン”を作 成する第一段階として、基本的な考え方を「指針」として、とりまとめた。 本指針は、スポーツの成長産業化を妨げている可能性のあるスポーツ施設に対する固定観 念や前例主義にマインドチェンジを促し、スタジアム・アリーナを核とした官民による新し い公益のあり方を提示することを目的としている。
さらに見せる

28 さらに読み込む

参考資料2-1 「日本再興戦略」改訂2014-未来への挑戦-(抜粋)

参考資料2-1 「日本再興戦略」改訂2014-未来への挑戦-(抜粋)

昨年の成長戦略では、女性の活躍・社会進出の障害となっていた保育所不足などの待 機児童問題に対して解決策を提示したが、今回の改訂戦略では、もう一つの大きな障害 となっていたいわゆる「小1の壁」の問題に解決策を示すとともに、企業側のマインド を変えるために、役員の女性比率や女性の登用方針等を積極的に情報開示することを促 すことを決定した。また、税制・社会保障制度等を女性の働き方に中立的なものにすべ く総合的な検討に着手するとともに、 「2020 年に指導的地位に占める女性の割合 30%」 を達成するために、国、自治体、企業が果たすべき役割を定め、女性の活躍を促進する ことを目的とする新法の提出に向けて検討を開始することとした。
さらに見せる

9 さらに読み込む

日本再興戦略 改訂 2015 における医療 介護等分野の実行状況 (1/2) KPI : 2020 年に 公的保険外サービス産業 の市場規模 10 兆円を創出 ( 現状 :4 兆円 ) 健康医療戦略推進本部の下に設置した 次世代ヘルスケア産業協議会 を通じて 公的保険外のサービス産業の活性化に係る具

日本再興戦略 改訂 2015 における医療 介護等分野の実行状況 (1/2) KPI : 2020 年に 公的保険外サービス産業 の市場規模 10 兆円を創出 ( 現状 :4 兆円 ) 健康医療戦略推進本部の下に設置した 次世代ヘルスケア産業協議会 を通じて 公的保険外のサービス産業の活性化に係る具

構成員(全23社): ㈱みずほ銀行、㈱北海道銀行、㈱秋田銀行、㈱北都銀行、㈱東北銀行、㈱足利銀行、㈱常陽銀 行、㈱千葉銀行、㈱千葉興業銀行、㈱横浜銀行、㈱北陸銀行、㈱静岡銀行、㈱紀陽銀行、㈱中国銀行、㈱福岡 銀行、㈱沖縄銀行、㈱西日本シティ銀行、㈱北日本銀行、㈱栃木銀行、横浜キャピタル㈱、地域経済活性化支 援機構、㈱ AGS コンサルティング、REVIC キャピタル㈱

14 さらに読み込む

CGS 研究会 ( 第 2 期 ) の中間整理実効的なコーポレートガバナンスの実現に向けた今後の検討課題 2018 年 5 月 18 日 CGS 研究会 1. はじめに 日本再興戦略 2013 JAPAN is BACK において コーポレートガバナンスを見直し 日本企業を国際競争に勝てる体質に変革

CGS 研究会 ( 第 2 期 ) の中間整理実効的なコーポレートガバナンスの実現に向けた今後の検討課題 2018 年 5 月 18 日 CGS 研究会 1. はじめに 日本再興戦略 2013 JAPAN is BACK において コーポレートガバナンスを見直し 日本企業を国際競争に勝てる体質に変革

これに対して、資本市場のプレッシャーの下で自発的に取組が進展していく可能性が 高いJPX日経400等の構成企業や機関投資家保有比率の高い企業よりも、むしろこ れまで取組が進んでこなかった企業こそ政策として後押しをする必要が高いという意 見や、外国機関投資家が大企業以外の日本企業にも注目し始め、コーポレートガバナン スの強化を求めている今、このような企業に対して、コーポレートガバナンス強化が自 社には無関係であると受け取られ得るようなメッセージを発信することは慎重に考え るべきという意見、成長企業にも積極的な取組を促すべきという意見もあった。また、 投資対象にならないような企業をターゲットにしてもあまり効果がないのではないか という意見もあった。
さらに見せる

20 さらに読み込む

日本再興戦略 2016 (2016 年 6 月 2 日閣議決定 )( 抜粋 ) 2-2. 活力ある金融 資本市場の実現 (1) 新たに講ずべき具体的施策 ⅱ)FinTech をめぐる戦略的対応 近年 FinTech と呼ばれる金融 IT 融合の動きが進展しており 金融業 市場に変革をもたらしつつある

日本再興戦略 2016 (2016 年 6 月 2 日閣議決定 )( 抜粋 ) 2-2. 活力ある金融 資本市場の実現 (1) 新たに講ずべき具体的施策 ⅱ)FinTech をめぐる戦略的対応 近年 FinTech と呼ばれる金融 IT 融合の動きが進展しており 金融業 市場に変革をもたらしつつある

世界をリードする海外展開も視野に入れた日本発の FinTech ベンチャーを創出し、利用者目線に立った金融サービスの革 新を目指す。こうした観点から、産・学の幅広い領域の人材により先進的アイディアが生み出され、エクイティ性の資金供給等 によりバックアップされながら、FinTech 企業が成長していくための環境(FinTech エコシステム)の形成を進める。このため、 FinTech をめぐる課題等を検討する「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」での議論を踏まえつつ、多様な領域の人材 の連携が図られる場の構築や海外の関係者との国際的なネットワーク形成等に向けた施策を推進する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

医療技術の と 医療機器産業をめぐる動向について 特許庁審査第一部応用光学 ( 光学要素 EL 素子 ) 審査官 早川貴之 抄録 日本再興戦略において健康長寿産業を戦略的分野の一つに位置付けられるなど 医療機器産業を含む医療分野が注目をあびている 医療機器は他の産業分野と異なり 薬事法の規制を受ける

医療技術の と 医療機器産業をめぐる動向について 特許庁審査第一部応用光学 ( 光学要素 EL 素子 ) 審査官 早川貴之 抄録 日本再興戦略において健康長寿産業を戦略的分野の一つに位置付けられるなど 医療機器産業を含む医療分野が注目をあびている 医療機器は他の産業分野と異なり 薬事法の規制を受ける

4. 医療機器政策について  日本の医療機器産業は約6000億円の赤字超過が続いて いるが、日本の高いものづくり技術を生かせば、より品質 の良い医療機器を作ることが可能であり、輸入超過を逆転 させることは十分に可能であると考えられる。また、医療 レベルについても平均寿命が世界トップレベルであること から分かるように、極めて高水準であるといえる。輸入超 過の状況を打破すべく医工連携による医療機器開発の重要 性が叫ばれ、近年、我が国においても成長戦略等において、 医療機器を含む医療分野及び医療周辺産業の活性化による 経済成長が期待されているところである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

た取り組み推進について述べられている また, 同時に閣議決定された 日本再興戦略 改訂 2015 においては, 日本経済の更なる活性化を図り, 競争力を高めるため, 高度外国人材受入れ促進のための取組強化, 専門的 技術的分野における外国人材の活躍促進のほか, 中長期的な外国人材受入れの在り方につい

た取り組み推進について述べられている また, 同時に閣議決定された 日本再興戦略 改訂 2015 においては, 日本経済の更なる活性化を図り, 競争力を高めるため, 高度外国人材受入れ促進のための取組強化, 専門的 技術的分野における外国人材の活躍促進のほか, 中長期的な外国人材受入れの在り方につい

・ 一方,自治体が直接実施している日本語教室においては,その90%がボランティアにより実施さ れているという実態がある。日本語教室において「日本語を教える/学ぶ」こと以外にも,多くの住 民がボランティアとして日本語教室に関わるからこそ,日本語教室が外国人にとって地域社会との接 点になり,その地域で暮らしていく上で必要な情報や人とのつながりを得たりする場になっている。 正に日本語教室そのものが一つのコミュニティや,いざという時のセーフティネットとしての役割を 担っている場合もある。こういった取組は,地域の国際化・多文化共生を進める最前線であると同時 に,さらには住みやすい地域づくりや地域の活性化につながるものである。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ン創出の実現と大学の成長の双方を実現するために 大学知財マネジメントの戦略的方針を定めること及び大学知財マネジメントの体制 システム強化を積極的に行うことが重要であることが示されています 加えて 同年 日本再興戦略 216 で示された 企業から大学 国立研究開発法人に対する投資額を225 年度までに

ン創出の実現と大学の成長の双方を実現するために 大学知財マネジメントの戦略的方針を定めること及び大学知財マネジメントの体制 システム強化を積極的に行うことが重要であることが示されています 加えて 同年 日本再興戦略 216 で示された 企業から大学 国立研究開発法人に対する投資額を225 年度までに

(e)さくらツールの改善とコンソーシアム型共同研 究への展開  2016年度(平成28年度)に構築したさくらツール については、基本的に大学対企業の個別型(1対1型) 共同研究を対象とするものです。2017年度(平成29 年度)には個別型共同研究を対象とするさくらツール の大学界、産業界への普及活動を実施するとともに、 産学官のユーザーからの意見に基づき当該ツールを より日本の実情に合ったものに改善していきます。ま た、コンソーシアム型(多数参画者型)共同研究にお いては、多数参画者の意見調整を図ることが求めら れるという特有の事情があることから、これを新たな 検討課題とし、コンソーシアム型共同研究を対象と するツールの構築も行います。なお、委託調査の受 託機関であるアンダーソン・毛利・友常法律事務所に  ここで、さくらツール策定にあたっての基本的な
さらに見せる

9 さらに読み込む

本事業の意義 実効性 ( 見直しの必要性 ) 医療情報データベース基盤整備事業 ( 平成 23 年度 ~ 10 協力医療機関 ) 日本再興戦略 ( 平成 25 年 6 月 14 日 ) 医療 介護情報の電子化の促進 医薬品の副作用データベースシステムについて データ収集の拠点となる病院の拡充や地域連

本事業の意義 実効性 ( 見直しの必要性 ) 医療情報データベース基盤整備事業 ( 平成 23 年度 ~ 10 協力医療機関 ) 日本再興戦略 ( 平成 25 年 6 月 14 日 ) 医療 介護情報の電子化の促進 医薬品の副作用データベースシステムについて データ収集の拠点となる病院の拡充や地域連

• 当初の狙いからかい離し、有効性もあやしい事業であり、廃止すべきではないか。 • 論点は以下の3つあり、 ①日本に従来の副作用データベースを超える医療情報データベースが必要か、 ②必要だとして、現在の仕組みが効果の見込めるものとなっているか、

11 さらに読み込む

sakurako café

特集 : 内部監査 内部監査におけるデータ分析活用のアプローチ PwCあらた有限責任監査法人リスクアシュアランスパートナー久禮由敬システム プロセス アシュアランス部アソシエイト夛田桂子 はじめに わが国では 日本再興戦略 により コーポレートガバナ ンスの強化が推進され 企業の持続的な価値創造の取

PwC Japan グループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社(PwCあらた有限責任監査法人、京都監査法 人、PwCコンサルティング合同会社、PwCアドバイザリー合同会社、PwC税理士法人、PwC弁護士法人を含む)の総称です。各法人は独立して事業を行い、 相互に連携をとりながら、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、法務のサービスをクライアントに提供しています。 © 2016 PricewaterhouseCoopers Aarata LLC. All rights reserved.
さらに見せる

8 さらに読み込む

目次 第一総論 Ⅰ. 日本再興戦略改訂の基本的な考え方 1 Ⅱ. 改訂戦略における鍵となる施策 4 1. 日本の 稼ぐ力 を取り戻す 4 (1) 企業が変わる (2) 国を変える 2. 担い手を生み出す ~ 女性の活躍促進と働き方改革 8 (1) 女性の更なる活躍促進 (2) 働き方改革 (3) 外

目次 第一総論 Ⅰ. 日本再興戦略改訂の基本的な考え方 1 Ⅱ. 改訂戦略における鍵となる施策 4 1. 日本の 稼ぐ力 を取り戻す 4 (1) 企業が変わる (2) 国を変える 2. 担い手を生み出す ~ 女性の活躍促進と働き方改革 8 (1) 女性の更なる活躍促進 (2) 働き方改革 (3) 外

日本企業の生産性は欧米企業に比して低く、特にサービス業をはじめ とする非製造業分野の低生産性は深刻で、これが日本経済全体の足を引 っ張っている状況にある。また、グローバルな市場で戦っている産業・ 企業には、市場環境の変化への対応が遅れ、苦戦を強いられているケー スも多い。第2次安倍内閣発足後のマクロ環境の改善により企業業績は 回復しつつあるものの、競合するグローバル企業との比較では、未だ十 分とは言い難い。サービス分野を含めて生産性の底上げを行い、我が国 企業が厳しい国際競争に打ち勝って行くためには、大胆な事業再編を通 じた選択と集中を断行し、将来性のある新規事業への進出や海外展開を 促進することや情報化による経営革新を進めることで、グローバル・ス タンダードの収益水準・生産性を達成していくことが求められている。 企業の「稼ぐ力」の向上は、これからが正念場である。
さらに見せる

130 さらに読み込む

日本再興戦略 改訂 2015( 抜粋 ) 平成 27 年 6 月 30 日閣議決定 第二 3つのアクションプラン一. 日本産業再興プラン 5-2. 金融 資本市場の活性化 公的 準公的資金の運用等 (3) 新たに講ずべき具体的施策 i) 金融 資本市場の活性化等 1 決済高度化及び金融グループを巡る

日本再興戦略 改訂 2015( 抜粋 ) 平成 27 年 6 月 30 日閣議決定 第二 3つのアクションプラン一. 日本産業再興プラン 5-2. 金融 資本市場の活性化 公的 準公的資金の運用等 (3) 新たに講ずべき具体的施策 i) 金融 資本市場の活性化等 1 決済高度化及び金融グループを巡る

金融関連IT企業への出資の柔軟化 オープン・イノベーション (外部連携による革新) の動き (出所)決済業務等の高度化に関するスタディ・グループ第2回 野村参考人説明資料 欧米銀行では、ITイノベーションを取り込むことを目的とした、 IT・ネット企業等との戦略的な連携・協働が活発化

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...