新外国人在留管理制度的实施

Top PDF 新外国人在留管理制度的实施:

外国人登録法廃止と在留管理制度としての住民基本台帳 : 外国人管理の理念

外国人登録法廃止と在留管理制度としての住民基本台帳 : 外国人管理の理念

に対して行っていたのであり,実際にどこに住 んでいるかについての申告規定は明確ではなか ったからである。  もともと,旧植民地出身者についての実質 な一時処遇に関連する法律だったのであるか ら,新たに日本に出稼ぎに来た外国の処遇に 適合することは難しかったといえよう。  さて,外国登録法自体がずっと子々孫々に わたるまで日本に居住する人々を想定していな いということについて,ここで再確認しておこ う。なぜならば,この点がこの法律の基本理 念であり,その理念は,日本という国民国家の 理念にもなっていると考えられるからである。  2012年12月現在,朝鮮半島からの旧植民地出 身者及びその子孫の法的地位は特別永住である が,これは,1991年11月から施行された, 「日本 国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した 者等の出入国管理に関する特例法」に定められ た在留資格である。この法律制定前までは,国 籍が韓国と国籍記載が朝鮮 2) では法的処遇がこ となっており,また,一世はある程度安定した 法的地位があったが,二世,三世と世代を重ね るごとに,不安定な地位になっていた。先の坂 中論文においては,在日コリアンの法的地位の 不安定さが論じられてもいる。しかも,この論 文は出入国管理局において優秀作として認めら れた論文であって,このような不安定を安定に 変えるべきと主張されているので,この論文の 影響もあって上記の法律がつくりだされたと考 えられる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

在留管理制度の導入に伴う政令・省令改正案に関するパブリックコメント

在留管理制度の導入に伴う政令・省令改正案に関するパブリックコメント

しかし、外国登録においては、 「通称名は、法律にみて正式な氏名ではないが、我が国 に長年居住し通称名を用いて取引その他に従事する外国の便宜を図って、登録事項ではな いものの特に登録原票、登録証明書に記載することを認められているものである」 (外国登 録事務協議会全国連合会法令研究会編著『新版外国登録事務必携』日本加除出版、198 8年、30頁)という扱いであった。これは、特に、在日韓国朝鮮の場合、通称名使用が 日本植民地時代の創氏改名に由来すること、また日本国内における差別感情のため多数が通 称名の使用を余儀なくされてきたことなどの経緯を考慮したものであった。なお、この点、 総務省は、改正後の住民基本台帳制度に関し、通称名について記載する運用を予定している (同省2010年1月作成「外国住民に係る住民登録業務のあり方に関する調査研究」の 最終報告) 。
さらに見せる

13 さらに読み込む

韓国における出入国管理法関連法令の改正と移住外国人の在留資格──中国・CIS 同胞と結婚移民者を中心に──
																																			
								
									利用統計を見る

韓国における出入国管理法関連法令の改正と移住外国人の在留資格──中国・CIS 同胞と結婚移民者を中心に── 利用統計を見る

結婚を政府が積極に奨励し支援する中で始 まった。ここでの特徴は結婚の大部分に結婚仲 介業者が介入していることである。これらの事 業は韓国の農村は1980年代半ばの日本の農村と 同様に,結婚適齢期を越えた独身男性数の増加 による次世代の低出産による人口減少と,高齢 化対策であり,外国を妻にむかえ出産を通じ て人口減少に対処することを目的としていた [설동훈외 2005 30-31]。中国同胞は韓国と同一 の文化と言語を維持してきたという点から政策 に最初のターゲットとなった。しかしなが ら,結婚仲介業者の過度の参入や偽装結婚,ま た韓国語が話せることから入国さえすれば,働 き口を見つけやすくまた家出なども容易である ことなどから社会問題を招くこととなった[이 혜경 2005:104-105]。時を同じくして1997年 12月13日に国籍法が全面改正され,それまでの 国籍取得の要件であった第3条1項の「大韓民 国の国民の妻」,また,帰化要件を満たしてい なくとも韓国内に連続して3年以上住所がある もので「妻が大韓民国の国民であるもの」とい う条文がすべて削除された。これは先の1994年 の出入国管理法施行規則の改正により,親族訪 問の資格新設に伴い,それまでの招請状による 入国と在留制度が廃止されたことで,特に中 国同胞が正式な査証申請を回避し,国籍取得目 の偽装結婚で在留することを防止するためで あった。この改正で男女にかかわらず外国配 偶者は国内に2年以上の居住と一定の要件を満 たした場合に法務部長官の帰化許可を受けなけ ればならないことが規定された(法律第5431 号 , 1997.12.13改正理由)。ただし,2002年には 永住資格が新設された。
さらに見せる

23 さらに読み込む

504 特定事業等に係る外国人の入国 在留諸申請優先処理事業 1. 特例を設ける趣旨外国人研究者等海外からの頭脳流入の拡大により経済活性化を図る地域において 当該地域における特定事業等に係る外国人の受入れにあたり 当該外国人の入国 在留諸申請を優先的に処理する措置を講じることにより 当該地域における

504 特定事業等に係る外国人の入国 在留諸申請優先処理事業 1. 特例を設ける趣旨外国人研究者等海外からの頭脳流入の拡大により経済活性化を図る地域において 当該地域における特定事業等に係る外国人の受入れにあたり 当該外国人の入国 在留諸申請を優先的に処理する措置を講じることにより 当該地域における

(3)特区計画の別紙「5 当該規制の特例措置の内容」の欄に、1. (1) から(3)及びそれぞれの場合に応じた3.の【要件】に該当すると判断 した根拠を示す内容を要件ごとに明記すること。 (4)上記(1)及び(2)において施設の提供を受ける主体が特定されてい ない場合には、当該特例措置を受けることを希望している外国企業が存在 し、当該外国企業が地方公共団体と調整等を行っていることを明記するこ と。
さらに見せる

7 さらに読み込む

在留外国人数の推移 3,000,000 人 2,500,000 2,382,822 人 2,000,000 1,500,000 1,000, ,612 人 500,000 0 昭和 平成 各年末現在 平成 23 年までは外国人登録者数 平成 24 年以降は, 在留外国人数 1

在留外国人数の推移 3,000,000 人 2,500,000 2,382,822 人 2,000,000 1,500,000 1,000, ,612 人 500,000 0 昭和 平成 各年末現在 平成 23 年までは外国人登録者数 平成 24 年以降は, 在留外国人数 1

⇒製造業における海外子会社等従業員を国内に受け入れ,製品開発等の専門技術を修得させ,当該技術を海外拠点に移転すること 等を可能とするため,経済産業大臣の認定を前提とした受入制度 建設及び造船分野における外国人材の受入れ (平成27年4月から開始) ⇒復興事業の加速化と東京オリンピック・パラリンピック競技大会関連の建設需要に対応するための建設分野,及び建設分野と人材 の流動性が高い造船分野における緊急かつ時限な措置として,国土交通大臣が適正な受入れの確保に関与する枠組みでの受入れ
さらに見せる

24 さらに読み込む

181007_はじめての外国人スタッフ採用(在留資格の種類)

181007_はじめての外国人スタッフ採用(在留資格の種類)

Copyright 2018 Continental Immigration & Consulting All right reserved. - 2 - はじめての外国スタッフの採用 外国を従業員として採用する場合でも、労働基準法や社会保険制度の義務等の 遵守など日本人を採用する場合と原則は同じです。外国の採用が日本人の採用 と異なる点は、外国には労働基準法や社会保険制度に関わる規制や義務に加え て入管法(出入国管理及び難民認定法)による規制があることです。入管法の規 制を遵守しないと、その外国在留資格が取り消されて日本で働けなくなるば かりか、その外国を雇用した事業主も「不法就労助長罪」により処罰( 3 年以 下の懲役または 300 万円以内の罰金)される可能性もあります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 新しい在留管理制度の対象者 3 ポイント1 在留カード の交付 4 ポイント2 在留期間が最長 5 年に 5 ポイント3 再入国許可制度の変更 6 ポイント4 外国人登録制度の廃止 7 手続の流れ 8 出入国港での手続 9 市区町村での手続 10 地方入国管理官署での手続 11 ~ 13 ご注

目次 新しい在留管理制度の対象者 3 ポイント1 在留カード の交付 4 ポイント2 在留期間が最長 5 年に 5 ポイント3 再入国許可制度の変更 6 ポイント4 外国人登録制度の廃止 7 手続の流れ 8 出入国港での手続 9 市区町村での手続 10 地方入国管理官署での手続 11 ~ 13 ご注

氏名,生年月日,性別,国籍・地域の変更届出 結婚して姓や国籍・地域が変わった場合など, 氏名,生年月日,性別,国籍・地域を変更したとき は, 14日以内に地方入国管理官署で法務大臣に届け出てください。 *氏名については,アルファベット表記を原則としていますが,漢字(正字)表記を併記することがで きます。その場合,漢字表記に変更が生じた場合にも変更届出が必要となりますのでご注意ください。

16 さらに読み込む

案内リーフレット「新たな在留管理制度がスタート」(中国語(簡体字)版) 外国人住民に関する登録制度が変わりました(2012年7月9日より) | 立川市

案内リーフレット「新たな在留管理制度がスタート」(中国語(簡体字)版) 外国人住民に関する登録制度が変わりました(2012年7月9日より) | 立川市

(*1) 法务省令 , 所指定「特定活动」在留资格者为亚东关系协会本部事务所及驻日巴勒斯总代 表部职员及其职员家属成员。 (*2) 在外国登录制度中,非法逗留者也已成为了登录对象,但在居留管理制度中不属于对象范 围。非法逗留外国,请尽快出面到最近入国管理官署并办理手续。详情请参看入国管理局 主页上刊登“出面申报指南”。
さらに見せる

16 さらに読み込む

第1部 第1章 外国人の入国 在留等の状況 第1節 外国人の出入国の状況 外国人の出入国者数の推移 1 外国人の入国 ア 入国者数 我が国への外国人入国者数は 出入国管理に関する統計を取り始めた昭和 25 年はわずか 1万8千人であったが 27 年4月 28 日に 日本国との平和条約 昭和 27 年

第1部 第1章 外国人の入国 在留等の状況 第1節 外国人の出入国の状況 外国人の出入国者数の推移 1 外国人の入国 ア 入国者数 我が国への外国人入国者数は 出入国管理に関する統計を取り始めた昭和 25 年はわずか 1万8千人であったが 27 年4月 28 日に 日本国との平和条約 昭和 27 年

平成 20 年における新規入国者全体に占める,就労目的の在留資格による新規入国者数の割 合は 0.9%である。 なお,これに含まれない「日本人の配偶者等」や「定住者」などの在留活動に制限のない 在留資格を持つ外国,旅行を目的としつつその資金に充当するための就労が可能なワーキ ング・ホリデー制度の利用者,大学教育の一環として我が国の企業に受け入れられて就業体 験をする,いわゆるインターンシップ制度を利用する外国の大学生及び資格外活動の許可を 受けた留学生等も同許可の範囲内で就労が認められているので,実際に働くことのできる外
さらに見せる

56 さらに読み込む

青山学院大学の外国人留学生入試に合格し、入学を希望する方のうち、現在日本に在留する資格(「短期滞在」も含む)を有していない方は、まず法務省入国管理局にて「在留資格認定証明書」を取得する必要があります

青山学院大学の外国人留学生入試に合格し、入学を希望する方のうち、現在日本に在留する資格(「短期滞在」も含む)を有していない方は、まず法務省入国管理局にて「在留資格認定証明書」を取得する必要があります

ただし、戸口簿や預金通帳等のコピーは濃度が薄いため、文字が読み取れないことがあります。 コピーをするときは、可能な限り記載事項を鮮明にコピーした資料を提出して下さい。 (3) 戸口簿の写しは、世帯住所について記載のあるページも含めて提出して下さい。 (4) 過去に留学や就学歴がある場合は、当該留学および就学に係る出席・成績証明を添付して下さい。 万が一、出席率が8割未満の場合は、理由書およびその裏付け(客観資料)が必要です。
さらに見せる

5 さらに読み込む

外国人留学生の就職支援と採用・雇用管理

外国人留学生の就職支援と採用・雇用管理

であるのが, 外国雇用サービスセンターをはじめとした政府諸機関であると言える。そして, 外国雇用サービスセンターをはじめとした政府関連諸機関が,地方自治体間のみならず,大 学間,企業間を繋ぐネットワーク形成していくことが,未来の大きな課題である。  日本政府の留学生を日本企業に就職させる就職支援の課題としては,留学生の日本企業への 就職率を高めるために,現在,留学生の優秀層の梃入れと同時に,今後,労働力不足が想定さ れる分野への留学生の就職支援をいかにはかってゆくかという課題である。日本政府がすすめ ているアジア財資金構想「高度実践留学生育成事業」は,留学生の優秀層の育成に力点のお かれた実験な取り組みであると言える。今後の労働力不足では,そうした優秀層ばかりか, 中小企業や介護福祉の現場を支える労働力層も想定されている。それゆえ,現在,日本語能力 等の問題で就職が困難な留学生を,労働力を不足が想定される中小企業や介護福祉の現場に就 職を促進してゆく新たな育成事業を必要としている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

参考資料編 資料シリーズ No58 アメリカの外国人労働者受入れ制度と実態 ―諸外国の外国人労働者受入れ制度と実態 2009―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

参考資料編 資料シリーズ No58 アメリカの外国人労働者受入れ制度と実態 ―諸外国の外国人労働者受入れ制度と実態 2009―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

プライバシー保護法に従い、次に掲げる条件に基づいて、さらに関連する情報公開を実施することができます。すなわち連邦訴訟 に関連して;法を執行する目的のために;一般法 93-647 に基づき、公認の親捜索者(parent locator)に対して;個人に関する事 柄、機密取扱者の人物調査、調達または便益-関連の問題に関連して情報源または国家の諸機関に対して;連邦政府関連の活動の 遂行に関して機関を支援するために関わってきた請負業者またはその従業員、譲受人とその従業員、コンサルタント、またはボラ ンティアに対して;連邦政府の債権回収の目的のために;法的見直し、調整、清算活動に関連して行政管理予算局に対して;記録 の当事者による書面の要請を受けてなされた議員の質問に答えて、議会のメンバーまたは職員に対して;記録管理に関連して;調 査中の問題が公知になり、労働法務官が省の完全性において信頼を保つために、情報公開が必要であると決定した場合に、または 公開が個人のプライバシーの不当侵害であると労働法務官が決定しない限り、労働法務官が情報の公開に合法な公共の利益が存 在すると決定した場合に、ニュースメディアと一般大衆に対して。
さらに見せる

22 さらに読み込む

外国人研修生総合保険 はじめに 外国人研修生 技能実習生の保護充実を内容とした入管法改正が行われ 新たに在留資格 技能実習 が創設されましたが 国の機関 JICA 等公的機関が実施する実務研修や実務を伴わない非実務のみの研修は 引き続き在留資格 研修 で入国 在留することができます そこで 外国人研

外国人研修生総合保険 はじめに 外国人研修生 技能実習生の保護充実を内容とした入管法改正が行われ 新たに在留資格 技能実習 が創設されましたが 国の機関 JICA 等公的機関が実施する実務研修や実務を伴わない非実務のみの研修は 引き続き在留資格 研修 で入国 在留することができます そこで 外国人研

保険金をお支払いしない主な場合 ※保険金をお支払いする場合、お支払いする保険金、保険金をお支払いしない主な場合の概要については、後記「6.外国研修生総合保険 の補償内容のあらまし」をご確認ください。  標準なタイプをお示ししております。下記以外のタイプや在留期間の途中でもご加入いただけます ので、(株)国際研修サービスにご相談ください。

8 さらに読み込む

在留資格 特定技能 について 平成 31 年 4 月出入国在留管理庁 最新資料はこちら ( 法務省 HP) を御覧ください 新たな外国人材受入れ ( 在留資格 特定技能 の創設等 ) okukanri01

在留資格 特定技能 について 平成 31 年 4 月出入国在留管理庁 最新資料はこちら ( 法務省 HP) を御覧ください 新たな外国人材受入れ ( 在留資格 特定技能 の創設等 ) okukanri01

【資料(目次)】 1 制度概要 ①在留資格について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2 制度概要 ②受入れ機関と登録支援機関について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 制度概要 ③就労開始までの流れ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 支援計画の概要① ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 支援計画の概要② ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6 登録支援機関とは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 届出について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 特定技能における分野別の協議会について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9 在留資格「特定技能」の新設に係る特例措置 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 基本方針・分野別運用方針・主務省令等について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11 参考資料 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらに見せる

46 さらに読み込む

高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度不交付高度人材としての在留資格認定証明書を取得するまでの手続きの流れ現行の就労資格に係る在留資格認定証明書交付申請在留資格該当上陸許可基準適合在留資格非該当上陸許可基準不適合在留資格認定現行の

高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度不交付高度人材としての在留資格認定証明書を取得するまでの手続きの流れ現行の就労資格に係る在留資格認定証明書交付申請在留資格該当上陸許可基準適合在留資格非該当上陸許可基準不適合在留資格認定現行の

高度専門・技術活動…本邦の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学又は人文科学の分野に属する知識若しくは技術を要する業務に従事する活動 高度経営・管理活動………本邦の公私の機関の事業の経営を行い又は当該事業の管理に従事する活動 別紙1 在留中の外国については,在留資格変更手続により,高度人材の活動 類型への該当性及びポイントを審査し,高度人材と認められるか否かを判断

6 さらに読み込む

外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度について

さらに、万一の労働災害・通勤途上災害に備えて労災保険に、日常生活での ケガや病気、障害補償や遺族補償に備えて健康保険や厚生年金保険等社会保険 にそれぞれ加入する必要があります。 また、 「技能実習生の入国・在留管理に関する指針」 (法務省)において、 「毎 年、不慮の事故や疾病に遭遇する技能実習生が見受けられることから、 (中略) 公的保険を補完するものとして民間の損害保険等に加入することについても、 技能実習生の保護に資するものといえます」とされており、この民間の損害保 険として外国技能実習生総合保険があります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

意 見 の 趣 旨 1 外国住民の住民基本台帳制度の対象外となる外国が一定の行政サービスの提供を受 けられること及び制度によっても変更がないことの周知徹底について (1) 各市区町村においては、非正規滞在者や在留資格「短期滞在」等の新住基制度の対象 外となる外国(以下「新住基制度対象外外国」という。) 2 についても、公立の義務教育 諸学校への就学、就学案内の送付等の教育関連や母子健康手帳の交付等の医療関連の一定の 行政サービスの提供が受けられること及び制度によってもこの取扱いに変更がないこと について、行政サービスを担当する各部署に周知徹底すべきである。
さらに見せる

11 さらに読み込む

ⅩⅢ 外国人技能实习制度 外国人技能实习制度是以支援外国人学习掌握日本的产业 职业的技术以及技能和知识, 回国后能够运用在日本学到的技术等, 为本国的产业发展做出贡献为目的的制度 但是, 现实中经常有各种纠纷发生, 例如 : 以低工资迫使技能实习生劳动 不支付加班费 以各种名义从工资中扣款 强迫存款

ⅩⅢ 外国人技能实习制度 外国人技能实习制度是以支援外国人学习掌握日本的产业 职业的技术以及技能和知识, 回国后能够运用在日本学到的技术等, 为本国的产业发展做出贡献为目的的制度 但是, 现实中经常有各种纠纷发生, 例如 : 以低工资迫使技能实习生劳动 不支付加班费 以各种名义从工资中扣款 强迫存款

在留資格「技能実習」について 技能実習は、受入れ形態により、企業単独型(イ型、海外の現 地法人、合弁会社、取引先企業の社員を受け入れて行う活動)と 団体監理型(ロ型、商工会・事業協同組合等の営利を目的としな い団体の責任及び監理の下で行う活動)とに分けられます。

10 さらに読み込む

外国人技能実習制度について 法務省出入国在留管理庁厚生労働省人材開発統括官

外国人技能実習制度について 法務省出入国在留管理庁厚生労働省人材開発統括官

主務省令第10条第2項第6号ロでは「申請者又は外国の準備機関(団体監理型技能実習にあっては、申請者、監理団体、取次 送出機関又は外国の準備期間)との間で、違約金等の制裁を定めていないこと」と規定されている。 これについては、技能実習生等との直接の契約でなくとも、実習実施者と取次送出機関などの関係者間で違約金を定めるよう な契約が行われた場合は、違約金を徴収するおそれがあるため、技能実習生の保護の観点から、このような規定を置いているも の。
さらに見せる

20 さらに読み込む

朝鮮人管理と密航、外国人登録制度

朝鮮人管理と密航、外国人登録制度

収容所から抜け出すことができた者もいる。もとより、密入国が発覚し、あるいは密航者であることを 自首して、大村収容所に入ることなく、調査・審査の末、在留資格を得た者も多い。テッサ・モーリス −スズキは、この法務大臣による在留特別許可が実際には恣意に行使されてきたと述べ、そのいくつ かの事例をあげている。1960 年代・1970 年代に在留特別許可を求める密航者が一般に用いた方法は、 入管申請取次ぎ行政書士に支援を求めることであるが、そうした行政書士のほとんどは、入国管理局の 元職員で、地方入国管理局の近くに事務所を構えていることが多かったという。100 万円ほどの「紹介料」 で法務省への陳情を引き受けてくれる政治家などを紹介してもらうのであるが、比較的長引く案件では、 代理人に支払われる紹介料も最初の 1 回切りでは済まなかったようである。渡日後 12 年で逮捕され、 大村収容所で 3 年間過ごした男性の場合には、最後には釈放され、在留の特別許可が与えられるが、そ の自由と引き替えに支払った金銭代償は大きく、結局はその費用を捻出するために、持ち家を売り払 わざるをえなかったという。大金がどこに消えていったかは、もちろん当人は知らない。ただ実際には、 多くの場合、金銭だけで解決できるわけではなく、そこには暮らしていた地域社会、会社などからの支 援が必要であったし、認められる在留期間も当初は 1 年間で、毎年それを延長してもらって、最終に「永 住権」への変更が認められるということになる 29) 。
さらに見せる

24 さらに読み込む

Show all 10000 documents...