整備を行うことを目的として

Top PDF 整備を行うことを目的として:

196 田中謙士朗他 : 経済成長とインフラの整備水準の関係性に関する国際比較研究 を得ることを目的とする 2. 分析に用いる指標について 2.1 経済成長を表す指標本研究では 経済成長指標とインフラ整備水準指標の両者の関係性を 我が国を含む先進諸国の国際比較データを用いて分析を行う 経済成長を表す

196 田中謙士朗他 : 経済成長とインフラの整備水準の関係性に関する国際比較研究 を得ることを目的とする 2. 分析に用いる指標について 2.1 経済成長を表す指標本研究では 経済成長指標とインフラ整備水準指標の両者の関係性を 我が国を含む先進諸国の国際比較データを用いて分析を行う 経済成長を表す

 なお、本研究では我が国における適正な交通インフラ 政策の在り方についての議論に資する事目的とし、交 通インフラの整備量と経済成長の関係性に関する分析 試み、その結果として両者の間に明確な相関関係が存在 することが見出された。この結果は、交通インフラ整 備することで経済成長率上昇させるという仮説支持 するものであることは間違いない。そもそも、もしもこ の仮説が偽であるなら、両者の間の相関も見出しえなかっ た可能性がきわめて高いからである。ただし、この仮説 より強固に確証していくためには、本研究で用いた制 御変数以外にも、例えば大都市圏への一極集中の程度や 農業基盤の相違など制御変数として導入しながら、当 該仮説の検証図ることが得策であることもまた、論 俟たない。ついては、今後はそうした多様な変数加味 した上での検証が必要である。
さらに見せる

7 さらに読み込む

都市再生効果検証の概要 1 検証の目的 都市再生施策によるこれまでの取組 我が国の経済を再生させるため 土地の流動化を通じた都市の再生を推進することを目的として 2002 年に都市再生特別措置法が施行され 国が都市再生緊急整備地域を指定し 国の重要施策として 都市再生を推進してきた 都市再生緊急整備

都市再生効果検証の概要 1 検証の目的 都市再生施策によるこれまでの取組 我が国の経済を再生させるため 土地の流動化を通じた都市の再生を推進することを目的として 2002 年に都市再生特別措置法が施行され 国が都市再生緊急整備地域を指定し 国の重要施策として 都市再生を推進してきた 都市再生緊急整備

1. 都市再生緊急整備地域内の基本指標の収集・整理の総括 • 地域指定されたエリアでは、 人口や世帯数、従業者数、地価水準等の指標において指定後の増加 がみられる。 • 地域別には、指定前には未利用地であったが指定後に大規模な建設投資が行われたエリア (例えば川口駅、川崎駅、守口大日など) では、人口や世 帯数、事業所数や従業者数に大きな増加傾向がみられ、東京都心エリア (東京駅・有楽町、新橋・赤坂・六本木、渋谷駅) では商品販売額や地価水準 の増加がみられる。
さらに見せる

58 さらに読み込む

年毎に報告するとともに その取引の適正性に関して留意すべき事項が発現した場合は取引の継続に関して協議を行うこととしております 基本原則 2 6 企業年金のアセットオーナーとしての機能発揮 当社の確定給付型企業年金は 総合収益を長期的に確保する観点から 受益者への年金給付を確実に行うことを目的として運

年毎に報告するとともに その取引の適正性に関して留意すべき事項が発現した場合は取引の継続に関して協議を行うこととしております 基本原則 2 6 企業年金のアセットオーナーとしての機能発揮 当社の確定給付型企業年金は 総合収益を長期的に確保する観点から 受益者への年金給付を確実に行うことを目的として運

 取締役会の決議をもって決定すべき事項取締役会規程で定めており、株主総会に関する事項、取締役等に関する事項、決算に関する事項、 株式に関する事項、組織及び人事に関する事項、重要な業務執行に関する事項、内部統制システムの整備、その他の事項について、会社法等 の法令に定める事項及びこれに準ずる重要事項について、取締役会の決議をもって決定することとしております。  また、経営の意思決定・監督機関としての取締役会と、その意思決定に基づく業務執行体制としての執行役員、各事業部門での業務分掌体制 設け、経営の意思決定と業務執行の分離の確立図り、経営陣は、業務分掌規程、職務権限規程に基づき、各事業分野内における施策の決 定や業務遂行行っております。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成 30 年度事業報告 一般財団法人自治体衛星通信機構 当機構は 地方公共団体等において通信衛星を共同利用するための設備を設置し 運用することによって 防災情報及び行政情報の伝送を行うネットワークの整備促進を図り もって地域社会における情報通信の高度化及び地域の振興に寄与することを目的として平成

平成 30 年度事業報告 一般財団法人自治体衛星通信機構 当機構は 地方公共団体等において通信衛星を共同利用するための設備を設置し 運用することによって 防災情報及び行政情報の伝送を行うネットワークの整備促進を図り もって地域社会における情報通信の高度化及び地域の振興に寄与することを目的として平成

1 第3世代システムの導入 現行の SCPC 方式とは異なる TDMA 方式導入し、新技術の導入による降雨 への耐性向上等、大幅な機能向上と信頼性向上目指すとともに、量産型の 衛星通信装置等の汎用品採用することによる整備費用の低廉化及び地球局 の普及向上図ることとした。併せて、映像の高画質化や多チャンネル化 実現するため、有識者会議及び次世代システム検討部会において、第3世代 システムの整備及び運用に関する課題等について検討行った。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2011 年度財団法人三鷹国際交流協会事業方針 国の公益法人制度改革の流れの中で 財団法人三鷹国際交流協会 (MISHOP) は 2012 年度中に公益財団法人へ移行することを目指すこととなりました 公益財団法人の認定を受けるにあたっては 公益目的事業を主として行うこと 公益目的事業を行うための経理

2011 年度財団法人三鷹国際交流協会事業方針 国の公益法人制度改革の流れの中で 財団法人三鷹国際交流協会 (MISHOP) は 2012 年度中に公益財団法人へ移行することを目指すこととなりました 公益財団法人の認定を受けるにあたっては 公益目的事業を主として行うこと 公益目的事業を行うための経理

2011 年度 財団法人三鷹国際交流協会事業方針 国の公益法人制度改革の流れの中で、財団法人三鷹国際交流協会(MISHOP)は、2012 年度中に公益財 団法人へ移行すること目指すこととなりました。 公益財団法人の認定受けるにあたっては、公益目的事業主として行うこと、公益目的事業行うた めの経理的基礎及び技術的能力有することなどはじめ、多くの基準に適合することが求められます。 このため 2011 年度は、公益財団法人への移行に向けた、さまざまな準備本格化させる年度となります。 事業においては、2010 年 3 月に確定した、協会の「基本方針」「活動計画」に基づき、『市民と外国籍
さらに見せる

11 さらに読み込む

歴史的町並み保存を目的としたまちづくりワークショップにおけるVR支援プロセスの提案-大分県宇佐市四日市門前町における街並み環境整備事業を事例として- [ PDF

歴史的町並み保存を目的としたまちづくりワークショップにおけるVR支援プロセスの提案-大分県宇佐市四日市門前町における街並み環境整備事業を事例として- [ PDF

整備事業行うためには住民間に街づくり協定が結ば れている必要があるが 、厳格なルールが住民の生活に支 障来たすこともあり 得る。住民が整備事業 によってど の様な町並みにしていくことが可能であるか理解し、 かつての町並みと現在の生活と照らし合わせながら現 実的な整備方針 立てていくプロセスが必要となる 。   本研究 では、歴史的町並み有する地区における街並 み環境整備事業の整備方針作り目的としたまちづくり ワークショップ(以下 WS)の現場において VR 技術用 いた支援システムの開発と活用行い、そこから得られ た知見基に支援プロセスの提案行う
さらに見せる

4 さらに読み込む

第 1 回令和の年金広報コンテスト募集要綱 コンテストの目的 令和の時代を迎え このたび新たに 次代を担う若い世代の皆さまと一緒に 年金について考えることを目的として ポスターや動画等を募集する 令和の年金広報コンテスト を行うこととしました このコンテストでは 1 ポスター部門 2 動画部門 3

第 1 回令和の年金広報コンテスト募集要綱 コンテストの目的 令和の時代を迎え このたび新たに 次代を担う若い世代の皆さまと一緒に 年金について考えることを目的として ポスターや動画等を募集する 令和の年金広報コンテスト を行うこととしました このコンテストでは 1 ポスター部門 2 動画部門 3

1 第 1 回 令和の年金広報コンテスト 募集要綱 ■コンテストの目的 令和の時代迎え、このたび新たに、次代担う若い世代の皆さまと一緒に、年 金について考えること目的として、ポスターや動画等募集する「令和の年金広 報コンテスト」行うこととしました。このコンテストでは、①ポスター部門、② 動画部門、③自由形式部門、の3つの部門で、年金の広報に関する作品募集しま す。
さらに見せる

8 さらに読み込む

WISS 2012 により作られたアプリではもし問題が起こっ ても個人対個人の関係として理解される傾向 があり, 新しいチャレンジに適している. このような考えに基づき,Kadecot は家電ネット ワークを操作するプログラミング環境を整備し公開 することを目的として開発されている. 我々はこれ を

WISS 2012 により作られたアプリではもし問題が起こっ ても個人対個人の関係として理解される傾向 があり, 新しいチャレンジに適している. このような考えに基づき,Kadecot は家電ネット ワークを操作するプログラミング環境を整備し公開 することを目的として開発されている. 我々はこれ を

これまでも様々な観点から複数家電の協調動作設 定簡単にするためのハード面・ソフト面からの工 夫はなされてきていた . しかしながら , それらは機能 連携動作設定のみに限っていたり , より汎用性が 高いものであってもプログラミング環境が汎用目的 なだけであって , 様々な専門性や興味持った開発者 が力合わせて開発進められるような環境整備は はかられておらず , 暗黙のうちに単独開発者による 開発前提としていた . 本システムではとりわけ大 きな専門性の違い , つまり , サービスロジックの開発 と画像等のリソースの開発プロセス分離し , 独立 して作業進められるようにした . そして ,Web 上 に提供されたコンテンツサーバの出力統合してア プリ完成させるための開発環境提供している .
さらに見せる

6 さらに読み込む

1 法人本部 法人本部事業計画 社会福祉法人ほっと福祉記念会は 利用者の尊厳を尊重し 多様な福祉サービスを総合的に提供することにより その人らしい暮らしを地域の中で営むことができるよう支援することを目的として 次のような事業を行う 第二種社会福祉事業 (1) 障害福祉サービス事業 (2) 移動支援事

1 法人本部 法人本部事業計画 社会福祉法人ほっと福祉記念会は 利用者の尊厳を尊重し 多様な福祉サービスを総合的に提供することにより その人らしい暮らしを地域の中で営むことができるよう支援することを目的として 次のような事業を行う 第二種社会福祉事業 (1) 障害福祉サービス事業 (2) 移動支援事

○名  称: 相談支援事業所 ふっとわーく 相談支援事業計画 1.基本方針 障がい者等からの相談に応じ、必要な情報の提供及び助言、障がい福祉サービスの利用 支援、権利擁護のために必要な援助行う。また、障がい者等が地域で自立して生活し ていくために、自立支援協議会運営し、地域のネットワーク体制の構築及び運営強 化、権利擁護や成年後見制度等の活用、障がいのある方々の就労や生活全般にかかる相 談支援体制の整備図ること目的とする。
さらに見せる

19 さらに読み込む

第 4 条 ( 使用目的 ) 1. お客様は お客様自身の業務においてデータのバックアップを行う目的でのみ本製品を使用することができ かかる目的以外に本製品を使用しないものとします お客様は 本ソフトウェアの複製 謄写 又は本ソフトウェアに対する修正 追加等の改変を行うことはできません ただし 本ソ

第 4 条 ( 使用目的 ) 1. お客様は お客様自身の業務においてデータのバックアップを行う目的でのみ本製品を使用することができ かかる目的以外に本製品を使用しないものとします お客様は 本ソフトウェアの複製 謄写 又は本ソフトウェアに対する修正 追加等の改変を行うことはできません ただし 本ソ

2. お客様は関連資料につき、お客様自身が本契約及び関連資料並びに関連契約に基づいて本ソフトウェア及び当社が提 供するサービス利用する目的に限り、合理的に必要とされる部数の複製行うことができます。 第 5 条(使用者及び使用場所) 1. 本製品の使用者(本条に基づき許容される使用者総称して、以下「使用者」といいます。)はお客様及びお客様が雇用す る従業員のみとします。なお、お客様が、お客様の支店、子会社含む関係会社、業務委託先等、お客様が第 4 条で定め る目的のために当該従業員以外の者に本製品使用させること希望する場合、お客様は、当社に対し、あらかじめその 旨通知し、当社の書面による承諾得ること必要とします。当社はライセンス証書記載のライセンスの種類及びその数 量の範囲内においてその承諾不合理に拒否しないものとします。
さらに見せる

7 さらに読み込む

山梨県 PPP/PFI 導入指針 1 総則一目的本指針は PPP/PFIの手法の導入検討を行うに当たって必要な手続を定めることにより 新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図り 効率的かつ効果的に社会資本を整備するとともに 県民に対する低廉かつ良好なサービスの提供を確保することを目的とする 二 定義

山梨県 PPP/PFI 導入指針 1 総則一目的本指針は PPP/PFIの手法の導入検討を行うに当たって必要な手続を定めることにより 新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図り 効率的かつ効果的に社会資本を整備するとともに 県民に対する低廉かつ良好なサービスの提供を確保することを目的とする 二 定義

二 定量評価(費用総額の比較による評価) 事業担当課は、検討会議において一の定性評価の結果、当該事業がPFI等の導入について適性 が認められると判断された場合、別添様式3のPFI等簡易定量評価調書により、自ら公共施設等 の整備行う従来型手法による場合と、採用手法導入した場合との間で、次に掲げる費用等の 総額(以下「費用総額」という。)比較するものとする。4において複数の手法選択した場合に おいては、各々の手法について費用総額算定し、その最も低いものと、従来型手法による場合の 費用総額との間で同様の比較行うものとする。
さらに見せる

9 さらに読み込む

群馬県 NPO 活動支援整備資金 群馬県内の銀行 信用金庫 信用組合の本店又は支店 平成 11 年 特定非営利活動に要する資金を貸し付けることにより 市民が行う自由な社会貢献活動として特定非営利活動法人の健全な発展に寄与することを目的とする 平成 11 年 群馬県環境政策課所管の群馬県環境保全創造資

群馬県 NPO 活動支援整備資金 群馬県内の銀行 信用金庫 信用組合の本店又は支店 平成 11 年 特定非営利活動に要する資金を貸し付けることにより 市民が行う自由な社会貢献活動として特定非営利活動法人の健全な発展に寄与することを目的とする 平成 11 年 群馬県環境政策課所管の群馬県環境保全創造資

県と金融機関が「共 助社会のための協力 に関する協定」締結。 主たる事業所の所在地が当金庫 の営業地区内にあり、かつ下記の 条件のいずれか満たす方 ①国や自治体等から「特定非営利 活動法人」の法人認証受けた方 ②国や自治体等から「認証保育所」 の認証受けた方③コミュニテイビ ジネス創出、充実させる事業者の 方④地域の商店会(商店会の会員 が行う商店会活性化目的とした会 社またはNPO法人含む)等の団 体の方
さらに見せる

6 さらに読み込む

1. 基本要件本事業実施にあたっては 国の平成 28 年度総務省当初予算地域公共ネットワーク等強じん化事業費補助金交付要綱に定めた 観光 防災 Wi-Fi ステーション整備事業 を行うものであるため 整備事業補助金交付要綱 ( 以下 交付要綱 という ) の趣旨に沿った事業提案を行うこと 2. 目的

1. 基本要件本事業実施にあたっては 国の平成 28 年度総務省当初予算地域公共ネットワーク等強じん化事業費補助金交付要綱に定めた 観光 防災 Wi-Fi ステーション整備事業 を行うものであるため 整備事業補助金交付要綱 ( 以下 交付要綱 という ) の趣旨に沿った事業提案を行うこと 2. 目的

2.目的 本市では、平成 25 年度から公衆無線 LAN「Nikko City Wi-Fi」実施し、本市訪れ る観光客、特に日本国内において通信手段有していない外国人観光客に対して通信環境 の提供行っている。今回、当市の観光入込客数の約 50%以上と多くの外国人観光客が 訪れる日光地域の世界遺産「日光の社寺」エリアに Wi-Fi ステーションの整備行い、市 および関係団体が提供する観光情報はじめとする様々な情報取得できるようにすると ともに、SNS等を通して世界遺産「日光の社寺」中心とした日本文化世界に発信し てもらうことにより、更なる誘客図るものである。
さらに見せる

7 さらに読み込む

独立行政法人水産大学校中期目標 制定 : 平成 23 年 3 月 2 日 変更 : 平成 27 年 11 月 9 日 独立行政法人水産大学校 ( 以下 大学校 という ) は 水産に関する学理及び技術の教授及び研究を行うことにより 水産業を担う人材の育成を図ることを目的として 平成 13 年 4 月

独立行政法人水産大学校中期目標 制定 : 平成 23 年 3 月 2 日 変更 : 平成 27 年 11 月 9 日 独立行政法人水産大学校 ( 以下 大学校 という ) は 水産に関する学理及び技術の教授及び研究を行うことにより 水産業を担う人材の育成を図ることを目的として 平成 13 年 4 月

このほか、施設、船舶、設備等の整備改修等計画的に行うとともに、その適切な管理及び効率的 利用に努め、教育研究の高度化・効率化に対応する。 また、資産の利用度のほか、経済的合理性といった観点に沿って、田名臨海実験実習場廃止し国 庫納付することなど検討し、事業規模縮減する。その他の保有資産についても、資産の利用度の ほか、本来業務に支障のない範囲内での有効利用可能性の多寡、効果的な処分、経済合理性といった 観点に沿って、その保有の必要性について不断に見直し行う
さらに見せる

5 さらに読み込む

場 外 警 備 以下の仕様により 業務を遂行すること 1 目的 (1) 和歌山競輪場 駐車場及び周辺地域において来場者の安全を確保するため適切な交通誘導 交通整理を行うとともに 秩序維持のため 警備任務を遂行することにより 和歌山競輪場 の円滑な運営に寄与することを目的とする (2) 和歌山競輪場駐

場 外 警 備 以下の仕様により 業務を遂行すること 1 目的 (1) 和歌山競輪場 駐車場及び周辺地域において来場者の安全を確保するため適切な交通誘導 交通整理を行うとともに 秩序維持のため 警備任務を遂行することにより 和歌山競輪場 の円滑な運営に寄与することを目的とする (2) 和歌山競輪場駐

の円滑な運営に寄与すること目的とする。 の円滑な運営に寄与すること目的とする。 の円滑な運営に寄与すること目的とする。 (2)和歌山競輪場駐車場及び周辺地域において、来場者による付近住民及び通行人等への暴力 (2)和歌山競輪場駐車場及び周辺地域において、来場者による付近住民及び通行人等への暴力 (2)和歌山競輪場駐車場及び周辺地域において、来場者による付近住民及び通行人等への暴力 (2)和歌山競輪場駐車場及び周辺地域において、来場者による付近住民及び通行人等への暴力 行為、不法行為及び不法駐車等の迷惑行為防止するとともに、早期発見、排除すること 行為、不法行為及び不法駐車等の迷惑行為防止するとともに、早期発見、排除すること 行為、不法行為及び不法駐車等の迷惑行為防止するとともに、早期発見、排除すること 行為、不法行為及び不法駐車等の迷惑行為防止するとともに、早期発見、排除すること 目的とする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

OIF とは Optical Internetworking Forum 1998 年に設立 IP ネットワークとフォトニックネットワークの間の物理的および論理的インタフェイスの仕様策定を行い, マルチベンダ環境での相互運用可能な製品とサービスの開発および広報活動による市場開拓を行うことを目的として

OIF とは Optical Internetworking Forum 1998 年に設立 IP ネットワークとフォトニックネットワークの間の物理的および論理的インタフェイスの仕様策定を行い, マルチベンダ環境での相互運用可能な製品とサービスの開発および広報活動による市場開拓を行うことを目的として

OIFとは ‹ Optical Internetworking Forum • 1998年に設立 年に設立 年に設立 年に設立 • IPネットワークとフォトニックネットワークの間の物理的および論 ネットワークとフォトニックネットワークの間の物理的および論 ネットワークとフォトニックネットワークの間の物理的および論 ネットワークとフォトニックネットワークの間の物理的および論 理的インタフェイスの仕様策定行い,マルチベンダ環境での 理的インタフェイスの仕様策定行い,マルチベンダ環境での 理的インタフェイスの仕様策定行い,マルチベンダ環境での 理的インタフェイスの仕様策定行い,マルチベンダ環境での 相互運用可能な製品とサービスの開発および広報活動による 相互運用可能な製品とサービスの開発および広報活動による 相互運用可能な製品とサービスの開発および広報活動による 相互運用可能な製品とサービスの開発および広報活動による 市場開拓行うこと目的としている。
さらに見せる

19 さらに読み込む

理学所見の観察を行うことにより循環機能を検査することを目的とする簡易な検査であ り 負荷の種類としては起立 寒冷 運動及び薬物等がある (10) 自律神経機能検査 (11) アルコール中毒に対する飲酒試験における症状監視 (12) 皮膚のインピーダンス検査 ( 皮電図記録作成 ) (13) 6 誘導

理学所見の観察を行うことにより循環機能を検査することを目的とする簡易な検査であ り 負荷の種類としては起立 寒冷 運動及び薬物等がある (10) 自律神経機能検査 (11) アルコール中毒に対する飲酒試験における症状監視 (12) 皮膚のインピーダンス検査 ( 皮電図記録作成 ) (13) 6 誘導

イ 同定検査予定して培養したものであれば、菌が陰性の場合であっても「1」から 「5」までの項により算定するが、あらかじめ培養により菌の有無のみ検索する場合 は、検体の種類にかかわらず、「6」の簡易培養により算定する。 ウ 細菌培養同定検査は、検体ごとに「1」から「5」までの所定点数算定できるが、 同一検体用いて簡易培養併せて行った場合は、「6」の簡易培養は算定できない。 エ 症状等から同一起因菌によると判断される場合であって、当該起因菌検索する目的 で異なった部位から、又は同一部位の数か所から検体採取した場合は、主たる部位又 は1か所のみの所定点数算定する。ただし、血液2か所以上から採取した場合に限 り、「3」の血液又は穿刺液2回算定できる。この場合、「注」の加算は2回算定で きる。
さらに見せる

82 さらに読み込む

高齢者の家庭における生活環境整備することを目的として住宅改修をした場合、助成金を受けることができます

高齢者の家庭における生活環境整備することを目的として住宅改修をした場合、助成金を受けることができます

① 手すりの取付けのための壁の下地補強 ② 浴室の床の段差解消に伴う給排水設備工事、スロープの設置に伴 う転落や脱輪防止目的とする柵や立ち上がりの設置 ③ 床材の変更のための下地補修や根太の補強又は通路面の材料変更 のための路盤の整備

6 さらに読み込む

実験 6 通信基礎実験 1 目的 ネットワークを通じてデータ転送を行うことを体験的に学ぶために 本実験ではT CP/IPプロトコルを使い ワークステーション間で通信を行うクライアントサーバモデルのプログラムを作成する 2 解説 1 ネットワークとプロトコルネットワーク ( コンピュータネットワーク

実験 6 通信基礎実験 1 目的 ネットワークを通じてデータ転送を行うことを体験的に学ぶために 本実験ではT CP/IPプロトコルを使い ワークステーション間で通信を行うクライアントサーバモデルのプログラムを作成する 2 解説 1 ネットワークとプロトコルネットワーク ( コンピュータネットワーク

UDPはTCPのコネクション型通信と比べ、信頼性の低いコネクションレス 型の通信行い、誤り制御、順序付け、フロー制御行わない。そのため、UD Pモジュールの処理が単純になり、TCPに比べ、高速なデータ転送が可能にな る。このようにIPがもつ最低限の機能のみユーザーアプリケーションに提供 しているため、誤り制御などの信頼性については上位のプロトコルで対処する必 要がある。

8 さらに読み込む

競技概要 ウェブデザインとは インターネット上でドキュメントを発行することを目的に 計画 設計およびデザイン またウェブサ イトの維持管理を行うこと と定義する ウェブデザイン職種競技では 競技課題に基づきウェブサイトの設計 構築の技能について競技を行う 評価は 1. プランニ ングとデザイン 2.

競技概要 ウェブデザインとは インターネット上でドキュメントを発行することを目的に 計画 設計およびデザイン またウェブサ イトの維持管理を行うこと と定義する ウェブデザイン職種競技では 競技課題に基づきウェブサイトの設計 構築の技能について競技を行う 評価は 1. プランニ ングとデザイン 2.

3. 競技中、水分補給の必要がある場合は、閉栓可能なペットボトルなどの飲料持参することはできる。但し、その飲 料などが原因で機材等にトラブルが発生した場合は自己責任となる。 4. 競技は、見物者などにより、騒音等が発生する可能性がある。騒音防止のために音楽 CD およびヘッドフォン、イヤフ ォン等の持込認める。音楽 CD については、競技用PC用いて再生すること。ただし MP3 プレイヤーやスマートフ ォン等は使用不可とする。音楽 CD については不要なデータが含まれていないか競技委員がチェックすることがある。
さらに見せる

18 さらに読み込む

Show all 10000 documents...