教授等の 尽力により、 大

Top PDF 教授等の 尽力により、 大:

はじめに ~ 子どもは宝 ふくおかの宝 ~ 福岡県は 4つの大学病院に加え 救命救急センター が 9か所指定されるなど 医療環境が整備されているとともに 医療関係の皆様のご尽力により 充実した医療提供体制が保たれています 一方 少子高齢化の進行や疾病構造の変化などにより 県民の医療に対するニーズは多

はじめに ~ 子どもは宝 ふくおかの宝 ~ 福岡県は 4つの大学病院に加え 救命救急センター が 9か所指定されるなど 医療環境が整備されているとともに 医療関係の皆様のご尽力により 充実した医療提供体制が保たれています 一方 少子高齢化の進行や疾病構造の変化などにより 県民の医療に対するニーズは多

一方、少子高齢化進行や疾病構造変化などにより、県民医療に対するニーズは多 様化しております。なかでも、小児救急医療は、安心して子どもを産み、健やかに育てる 社会基盤として、その確保・充実が重要な課題となっています。 本県では、小児救急医療体制整備に努めるとともに、幼いお子さん病気やケガに対 する保護者皆様不安に対応するため、平成16年10月から、福岡県医師会や小児救 急中核病院協力を得て、小児救急医療電話相談事業(#8000)を開始し、平成2 1年6月からは、受付時間を翌朝7時まで延長しました。さらに、平成27年4月からは、 土日祝日日中相談受付を開始しました。経験豊富な看護師や小児科医が対応するこの 電話相談に、現在、毎月平均3800件を超える相談が寄せられており、多く保護者 皆さんにご利用いただいております。
さらに見せる

64 さらに読み込む

客員教授等に就任 当社の事業企画部長が東京都市大学客員教授に就任しました|お知らせ|株式会社 長大

客員教授等に就任 当社の事業企画部長が東京都市大学客員教授に就任しました|お知らせ|株式会社 長大

一方、東京都市大学は、2016 年に、同大学院 総合理工学研究科中に、社会人を対象にした「社会人選抜 社会基盤マネジメントプログラム」を設けており、日本持続的な発展と国際化に対応できる実践的能力と、社会 事象を総合的に捉え理解する能力を持つ、将来リーダーとなる技術者育成に力を入れております。宗広 研究テーマと合致、当社宛に客員教授委嘱要請を受けたことで実現したものです。なお、宗広は、引き続き当 社で勤務を継続します。
さらに見せる

3 さらに読み込む

1. 有害鳥獣対策の法規制の緩和と捕獲業務の体制強化 建議 農作物の大敵である有害鳥獣の被害防止対策につきましては 毎年 補助事業等の活用により ワイヤーメッシュ柵 電気牧柵器及び箱罠の設置等に多額の予算を計上していただき また その普及や管理に関する知識の伝達等にご尽力いただいておりますことに対し

1. 有害鳥獣対策の法規制の緩和と捕獲業務の体制強化 建議 農作物の大敵である有害鳥獣の被害防止対策につきましては 毎年 補助事業等の活用により ワイヤーメッシュ柵 電気牧柵器及び箱罠の設置等に多額の予算を計上していただき また その普及や管理に関する知識の伝達等にご尽力いただいておりますことに対し

なお、アライグマに関しては特定外来生物法に基づき、安全講習会を受講した 非免許所持者が捕獲に従事できる制度もあります。 次に、捕獲用箱罠猟友会以外配布についてですが、現在は市が捕獲を委託 している猟友会へ貸し出しを行っており、捕獲従事者増加や破損により更 新が必要なものもあり、地域要望を踏まえ、年次計画で箱罠を整備しておりま す。一方、自己農地捕獲では、個人利益確保・被害防止が目的ですので箱罠 貸し出しは行っていない状況です。
さらに見せる

7 さらに読み込む

HOKUGA: 北倉公彦教授 献辞 略歴・著作目録等

HOKUGA: 北倉公彦教授 献辞 略歴・著作目録等

北倉先生は,2000年4月に本学経済学部に教授としてご着任され,爾来 13年にわ たって研究・教育に携わり,本学発展に貢献されました。先生は,学部においては食 料・農業経済論を,また大学院においては農業政策特殊講義,農業再編政策特殊研究を ご担当され,数多く学生,院生を育てられました。また,2010年から2年間,本学 開発研究所長を務められ,各種研究プロジェクト推進にご尽力されました。
さらに見せる

8 さらに読み込む

三井大相教授退任記念号の発刊に寄せて

三井大相教授退任記念号の発刊に寄せて

このような学内で御貢献に加え,学外でも,全国商工会連合会調査専門委員会委員,国 民教育研究所調査専門委員会委員,JR東日本鉄道安全研究所学識専門委員などを務められ 御専門分野で社会的発展にご尽力された御功績は極めて大きなものがあります。 以上,小生把握した限りでもこのように学内外で御活躍は多岐にわたり改めて先生

2 さらに読み込む

HOKUGA: 献辞 小田清教授 髙原一隆教授 略歴・著作目録等

HOKUGA: 献辞 小田清教授 髙原一隆教授 略歴・著作目録等

献 辞 経済学会長 経済学部長 森 下 宏 美 北海学園大学経済学部および経済学会は,本年3月に定年退職される小田清教授と髙 原一隆教授ご功績を讃え,これまでに賜ったご指導とご厚誼に対する感謝気持ちと ともに, 経済論集 第 62巻第4号を,両先生ご退職記念号として献呈いたします。 小田清先生は,1984年4月に助教授としてご着任され,爾来 30余年間,多方面に おいて本学発展にご貢献されました。先生は,学部においては開発政策を,大学院に おいては開発政策特殊講義,開発政策特殊研究をご担当され,数多く学生,院生を育 てられました。また,開発研究所長(1998∼2004年),経済学部長(2005∼2008年), 経済学研究科長(2009∼2011年)を歴任され,大学運営にご尽力されました。
さらに見せる

17 さらに読み込む

HOKUGA: 献辞 小坂直人教授 野崎久和教授 略歴・著作目録等

HOKUGA: 献辞 小坂直人教授 野崎久和教授 略歴・著作目録等

世界をまたにかける民間企業で調査研究活動に裏打ちされた教育と研究手法や姿勢 は,わが経済学部教育・研究にとってきわめて有益なものであり,ゼミナールや大学 院で講義・演習を通じて,多く有能な学生・院生を輩出されました。 学内活動においては,協議員,国際交流委員,就職委員などを歴任されました。なか でも,全学委員会である国際交流委員会では,中心的な立場で,カナダ・レスブリッジ 大学をはじめとする協定校と交流事業発展に多大なご尽力をされました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

HOKUGA: 相川雅之教授の停年退職挨拶並びに略歴・業績等

HOKUGA: 相川雅之教授の停年退職挨拶並びに略歴・業績等

学園論集,第 43号,33-52(1983) 29.相川雅之,三浦信之, 人工光合成:生体二 子層膜中電子伝達機構に関する研究 北海学 園大学学園論集,第 45号,17-43(1983) 30.Masayuki Aikawa, Nobuyuki Miura, Takashi Sumiyoshi, and Meiseki Katayama, Electron Transfer Across Biological Membranes Reaction between Hydrated Electron and Methylviologen ;Proceedings 7th International Congress of Radiation Research.A4 01 (1983)

11 さらに読み込む

HOKUGA: 山ノ井髙洋教授の退職挨拶並びに略歴・業績等

HOKUGA: 山ノ井髙洋教授の退職挨拶並びに略歴・業績等

3.2 視覚数理モデルに関する研究は,北大博士課程で指導した山崎敏正(NECC&C 研,現 在基礎研),小山隆正(松下電器東京研)らと共同研究を続ける。視覚数理モデルに関しては, 錯視図形測地線数値解を求める際にニューラルネットワーク手法を取り入れ,モデルを 改良して,国内論文として,発表し,知能情報ファジィ学会特別講演中でも発表した。 これら共同研究は,北海学園大学工学研究科院生学位論文としてもまとめられている。 3.3 平成⚗年に博士後期課程が設置され,平成 11 年⚔月より北海学園大学工学研究所内にハイ テク・リサーチ・センターが開設され,視覚脳内機構解明に関する研究でプロジェクトと して参加。当時 NEC 中央研究所山﨑敏正博士と共同で,NEC 製医療用脳波計測機を用い て,種々画像提示時脳波を計測し,画像処理時ヒト脳内処理過程を等価電流双極子推 定法を用いて,この際時空間的脳内処理過程を明らかにして,多数学会発表を行い,英文
さらに見せる

13 さらに読み込む

独立行政法人水産大学校中期目標 制定 : 平成 23 年 3 月 2 日 変更 : 平成 27 年 11 月 9 日 独立行政法人水産大学校 ( 以下 大学校 という ) は 水産に関する学理及び技術の教授及び研究を行うことにより 水産業を担う人材の育成を図ることを目的として 平成 13 年 4 月

独立行政法人水産大学校中期目標 制定 : 平成 23 年 3 月 2 日 変更 : 平成 27 年 11 月 9 日 独立行政法人水産大学校 ( 以下 大学校 という ) は 水産に関する学理及び技術の教授及び研究を行うことにより 水産業を担う人材の育成を図ることを目的として 平成 13 年 4 月

このほか、施設、船舶、設備整備改修を計画的に行うとともに、その適切な管理及び効率的 利用に努め、教育研究高度化・効率化に対応する。 また、資産利用度ほか、経済的合理性といった観点に沿って、田名臨海実験実習場を廃止し国 庫納付することなどを検討し、事業規模を縮減する。その他保有資産についても、資産利用度 ほか、本来業務に支障ない範囲内で有効利用可能性多寡、効果的な処分、経済合理性といった 観点に沿って、その保有必要性について不断に見直しを行う。
さらに見せる

5 さらに読み込む

調 査 対 象 大 学 等 の 概 要 等 () 設 置 者 学 校 法 人 国 際 医 療 福 祉 大 学 () 大 学 名 国 際 医 療 福 祉 大 学 福 岡 看 護 学 部 (3) 大 学 の 位 置 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 長 浜 栃 木 県

調 査 対 象 大 学 等 の 概 要 等 () 設 置 者 学 校 法 人 国 際 医 療 福 祉 大 学 () 大 学 名 国 際 医 療 福 祉 大 学 福 岡 看 護 学 部 (3) 大 学 の 位 置 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 長 浜 栃 木 県

学生に対する学習支援と生活支援は基礎ゼミナール位置づけで、少人数制きめ細 やかな指導を行っている。 2 実習授業、研究指導で付属病院、関連病院活用 本学部主たる実習施設となる高邦会高木病院と福岡山王病院は国際医療福祉大学 関連病院である。両病院看護部と共同して臨床指導者や看護師へ研修(電子カルテ 導入や看護研究)を本学部教員により実施している。また、夏期休業中には、教員病 院研修を計画している。なお他病院においても実習施設充実を図るため研修カリキ ュラムを策定する予定である。
さらに見せる

25 さらに読み込む

令和 3 年 3 月 25 日 近畿大学病院 第 270 回治験審査委員会議事録概要 開催日 :2021 年 3 月 22 日 ( 月 ) 17:15~17:35 場所 :PET 棟 3 階大会議室出席者 : 光冨徹哉教授 杉本圭相教授 福岡和也教授 奥村二郎教授 藤田貢准教授 永正誠委員 井上純子

令和 3 年 3 月 25 日 近畿大学病院 第 270 回治験審査委員会議事録概要 開催日 :2021 年 3 月 22 日 ( 月 ) 17:15~17:35 場所 :PET 棟 3 階大会議室出席者 : 光冨徹哉教授 杉本圭相教授 福岡和也教授 奥村二郎教授 藤田貢准教授 永正誠委員 井上純子

  説明文書、同意文書・分担医師変更・責任医師変更(賴晋也→口分田貴裕) 改訂   説明文書、同意文書・分担医師変更・責任医師変更(櫻井俊治→工藤正俊)、被験者募集手順(広告)に関する資料 改訂   治験実施計画書・説明文書、同意文書・分担医師変更・責任医師変更(武田真幸→林秀敏) 改訂 A Phase 2,Open-Label,Monotherapy,Multicenter Study to Evaluate the Efficacy and Safety of INCB054828 in Subjects With Myeloid/Lymphoid Neoplasms With FGFR1 Rearrangement (血液・膠原病内科/インサイト・バイオサイエンシズ・ジャパン 合同会社)
さらに見せる

9 さらに読み込む

概要 東北大学金属材料研究所の周偉男博士研究員 関剛斎准教授および高梨弘毅教授のグループは 産業技術総合研究所スピントロニクス研究センターの荒井礼子博士研究員および今村裕志研究チーム長との共同研究により 外部磁場により容易に磁化スイッチングするソフト磁性材料の Ni-Fe( パーマロイ ) 合金と

概要 東北大学金属材料研究所の周偉男博士研究員 関剛斎准教授および高梨弘毅教授のグループは 産業技術総合研究所スピントロニクス研究センターの荒井礼子博士研究員および今村裕志研究チーム長との共同研究により 外部磁場により容易に磁化スイッチングするソフト磁性材料の Ni-Fe( パーマロイ ) 合金と

【概要】 東北大学金属材料研究所周偉男博士研究員、関剛斎准教授および高梨弘毅教授グルー プは、産業技術総合研究所スピントロニクス研究センター荒井礼子博士研究員および今村 裕志研究チーム長と共同研究により、外部磁場により容易に磁化スイッチングするソフト 磁性材料 Ni-Fe(パーマロイ)合金と、磁化スイッチングに大きな外部磁場を必要とする FePt 規則合金を組み合わせたナノ磁石を作製しました。そして、Ni-Fe 合金における磁気モ ーメント渦構造(磁気渦構造、あるいは磁気ボルテックス構造と呼ばれる)磁化運動を 利用すると、 FePt 規則合金磁化スイッチングに必要な磁場(磁化スイッチング磁場)を 幅に低減できることを発見し、磁気記憶デバイス情報記録に必要な消費電力を大幅に削減す ることを可能にしました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

HOKUGA: 小林真之教授 献辞 略歴・著作目録等

HOKUGA: 小林真之教授 献辞 略歴・著作目録等

今,大学を取りまく環境は大きく変化し,時代新たな要請に応えるべく,教育改革 へ努力が求められております。教育と研究に注がれた先生情熱,そして学生に対す る厳しくも温かい先生まなざしを思い起こしつつ,私たちは経済学部新たな歴 を 築くために,日々努力してまいります。今後ともご指導,ご鞭撻,よろしくお願い申し 上げます。

9 さらに読み込む

無形資産の国外関連者への移転等に係る 居波教授

無形資産の国外関連者への移転等に係る 居波教授

● これまで移転価格調査においても、無形資産取引に係る所得が国外 関連者に偏っていることを把握したならば、事実関係を十分に精査した うえで利益分割法を用いて独立企業間価格を算定して納税者と協議 を重ねたうえで更正処分がなされることはあった。セーフハーバールー ルが組み込まれた所得相応性基準が導入されたであれば、課税当局は 無形資産取引価格(独立企業間価格に調整されていればその価格)が セーフハーバー範囲内であるかどうかを、同時文書化された書類を基 に検認するという画一的な作業を行うことから問題取引絞込みが可能 となると思われ、もし、セーフハーバー範囲外であれば、特異な発生 事項確認は要するが、度重なる納税者と協議を行うことなく処分が できるではないかと考える。したがって、所得相応性基準導入は、 移転価格課税無形資産に係る調査効率に大きく寄与することが期待で きるものである。
さらに見せる

143 さらに読み込む

高経大+高経附「高大コラボゼミ」 ―双方向的高大連携の試み― 矢 野 修 一 高崎経済大学教授 高崎経済大学附属高校顧問

高経大+高経附「高大コラボゼミ」 ―双方向的高大連携の試み― 矢 野 修 一 高崎経済大学教授 高崎経済大学附属高校顧問

(2)企業研究・企業訪問① * 各企業沿革、経営戦略、同業他社状況、 世界市場動向 を、各企業HP、テレビ・新 聞・雑誌ニュース、各種論文・調査資料 に基づき研究。

39 さらに読み込む

HOKUGA: 横山純一教授の退職挨拶並びに略歴・業績等

HOKUGA: 横山純一教授の退職挨拶並びに略歴・業績等

さらに,緊縮財政と財政支出削減が打ち出された。⽛課税に関する国際的な圧力や世界的な租 税競争,租税雇用へ影響観点から,もはや公的部門財政問題を高い税率を維持すること によって解決することは適切なことではない。フィンランドいくつか租税は国際基準と EU 基準に照らせば大変高い。財政支出削減こそが公的部門財政を改善する本質的な方法なので ある⽜(Ministry of Finance “Economic Survey September 1998”, 1998)。大きな政府見直しであ り,これまで高福祉・高負担国家から転換であった。そして,フィンランド政策当局は, このような認識を,1990 年代後半以降今日まで,ほぼずっと持ち続けたである。
さらに見せる

20 さらに読み込む

HOKUGA: 献辞 奥田仁教授 笠嶋修次教授 瀬川修二教授 略歴・著作目録等

HOKUGA: 献辞 奥田仁教授 笠嶋修次教授 瀬川修二教授 略歴・著作目録等

先生は,北海道立研究機関における研究員時代から北海道経済に対する深い問題関 心を持たれ,北海道内労働力市場や労働者賃金分析,建設業を中心とする地域産業 分析,さらには農山村調査などを通して北海道主要産業について研究成果を多く発 表されております。主著⽝地域経済発展と労働市場⽞では,グローバルな普遍性と特殊 性が歴史中で交錯する中,それぞれ地域における具体性に着目し,日本資本主義 発展における北海道を研究主要テーマに取り上げ,その歴史と未来について検討を進 められております。また先生は,EU 統合とその地域政策にも関心を深められ,北欧や イギリスを対象とした地域経済研究にも着手され,フィンランドなどへ実態調査成 果は,国際学会において報告し,国際的な研究交流にも力を注がれました。さらに先生 は,こうした研究成果を,北海道諸メディアを通して忌憚なく意見表明され,北海道 政策や世論形成へも貢献なさいました。
さらに見せる

16 さらに読み込む

次世代産業研究シーズカンファレンス2015発表資料(群大 山越教授)

次世代産業研究シーズカンファレンス2015発表資料(群大 山越教授)

【概要】 ・生体組織硬さ映像化技術は癌や腫瘍診断におけるツール ・従来法では、定量性、システム価格、生体へ安全性に課題 ・定量性、価格、実時間性、生体へ安全性を有する新たな映像技術 【技術特徴】

17 さらに読み込む

HOKUGA: 買買提力提甫教授・本城誠二教授の退職挨拶並びに略歴・業績等

HOKUGA: 買買提力提甫教授・本城誠二教授の退職挨拶並びに略歴・業績等

新疆工学院で全国大学統一教材を教えられる最初教員として再び教壇に立ち,専門科目と卒論 指導に当たりました。 1978 年から,中国では⽛改革・開放⽜政策が実施され,中央政府資金支援により沿海部各省 や,内陸部都市からアメリカ,日本,ヨーロッパ諸国へ留学生派遣が盛んにされました。 1982 年,新疆ウイグル自治区政府に一名留学生枠が与えられたので,幸い英語を独学した私は 選抜されました。⚕月中旬に北京に赴き,到着した日午後,すぐに英語で筆記試験と口頭試験 が行われました。両方とも合格でき,第一関門を突破しました。この留学予備クラスは,国連に よる中国少数民族大学教員を養成するためプログラムに対応するものとして計画され,まず 北京で英語・日本語を半年強化訓練し,その後欧米諸国に 12 人,日本に⚒人を⚑年から⚒年間派 遣するというものでした。学費や生活費がすべて国連予算(生活費は中国政府発遣留学生⚒ 倍)で賄われ,人員選抜や教育計画実施が,中国国務院民族事務委員会(以下国家民委と称 す)に任せられています。話によると,最初,国家民委は全国における各自所管民族大学から 20 数人を招集したが,少数民族一人もいなかったため,国連承認を得られなかったとことで す。国家民委は再び所管大学から少数民族を⚓人招集したところ,再び不許可でした。仕方なく, 国家民委は内モンゴル自治区,新疆ウイグル自治区,チベット自治区,寧夏回族自治区,広西チ ワン族自治区と延辺朝鮮族自治州から少数民族を一人ずつ選抜することにしたところ,漢人と 違った顔が増えたことでようやく認められました。クラスは 30 数人に膨みましたが,何回か 試験によって,半分近くが淘汰され,少数民族⚖人と漢人 10 数人が残りました。ここから虐めが 始まるです。少数民族教員がクラス後部座席に座らせられ,まずテープレコーダやカセット テープが割り当てられず,毎日受け取るべき教材プリントも行きわたりません。この日常茶飯事 に起こるこれらことに対し,漢人メンバーが知らん振り態度を取り,クラス内には対立が生 じ,少数民族教員不満がついに爆発しました。国家民委に再三抗議した後,教材提供は改善 され,宿舎も某大学地下室から某軍人施設に移されました。しかし,⚘月に最終的な選抜試験 が行われましたが,成績は発表されず,⽛みんなが地元に戻って,合格通知を待つ⽜ようにと国家 民委から指示が出されました。少数民族教員⚖人が成績発表を要求し施設に留まりましたが,⚑ 週間後に十数人武装軍人に追い出されました。その時,私派遣にかかわった北京出張中ウ イグル自治区副主席や教育機関トップがこの理不尽な対応について,中央政府関連部門に掛け 合いましたが,話は全然通じませんでした。
さらに見せる

23 さらに読み込む

Show all 10000 documents...