感染症、皮膚炎、精神的なストレス

Top PDF 感染症、皮膚炎、精神的なストレス:

< 適応症 > 表在性皮膚感染症 深在性皮膚感染症 リンパ管 リンパ節炎 慢性膿皮症 ざ瘡 ( 化膿性炎症を伴うもの ) 外傷 熱傷及び手術創等の二次感染 乳腺炎 肛門周囲膿瘍 咽頭 喉頭炎 扁桃炎 ( 扁桃周囲炎 扁桃周囲膿瘍を含む ) 急性気管支炎 肺炎 慢性呼吸器病変の二次感染 膀胱炎 腎盂腎

< 適応症 > 表在性皮膚感染症 深在性皮膚感染症 リンパ管 リンパ節炎 慢性膿皮症 ざ瘡 ( 化膿性炎症を伴うもの ) 外傷 熱傷及び手術創等の二次感染 乳腺炎 肛門周囲膿瘍 咽頭 喉頭炎 扁桃炎 ( 扁桃周囲炎 扁桃周囲膿瘍を含む ) 急性気管支炎 肺炎 慢性呼吸器病変の二次感染 膀胱炎 腎盂腎

- 2 - <適応症> 表在性皮膚感染、深在性皮膚感染、リンパ管・リンパ節、慢性膿皮、ざ 瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺、肛 門周囲膿瘍、咽頭・喉頭、扁桃(扁桃周囲、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性 気管支、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱、腎盂腎、前立腺(急 性、慢性)、精巣上体(副睾丸)、尿道、子宮頸管、胆嚢、胆管 感染性腸、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺、子宮内感染、 子宮付属器、涙嚢、麦粒腫、瞼板腺、外耳、中耳、副鼻腔、化膿性 唾液腺、歯周組織、歯冠周囲、顎、炭疽、ブルセラ、ペスト、野兎病、 肺結核及びその他の結核、Q熱
さらに見せる

8 さらに読み込む

2014 年 10 月 29 日放送 MRSA 腸炎はあるのか? 神戸大学病院感染症内科教授岩田健太郎 MRSA 腸炎の歴史きょうはこのMRSA 腸炎は本当にあるのかという 多少刺激的なタイトルでお話ししようと思います MRSA 腸炎は抗菌薬関連下痢症の一つで 抗菌薬治療をおこなっている患者さんが下

2014 年 10 月 29 日放送 MRSA 腸炎はあるのか? 神戸大学病院感染症内科教授岩田健太郎 MRSA 腸炎の歴史きょうはこのMRSA 腸炎は本当にあるのかという 多少刺激的なタイトルでお話ししようと思います MRSA 腸炎は抗菌薬関連下痢症の一つで 抗菌薬治療をおこなっている患者さんが下

我々医師は、あまりこの「なぜ」という質問をしない傾向にあります。小学校に入学 してから大学を卒業する、医師国家試験を受ける、そして医師として活躍する、いずれ も教育において、この「なぜ」と問う機会というのがあまりありませんでした。どちら かというと、質問に答えるほうでした。先生に質問されて答える、テストで質問されて 答える、入試で質問されて答え、国家試験で質問されて答えるという、質問に答える技 量において我々は非常に高い訓練を受けていました。ですので、医師というのは非常に 質問に大量に迅速に、そして正確に答えると、そういう技量にかけては非常に高いもの を持っていると考えられますが、質問をするという側に立つということを比較的苦手と しています。どちらかというと、質問をするというのは、知性に劣るという偏見を持ち がちです。わからない、わからないと言うわけですから。しかし、孔子が、 「如何せん、 如何せんと言わざる者、 (そのよう者は)我、これを如何ともしがたし」 「どうしてだ ろう、どうしてだろうと聞かない弟子は、私はどうすることもできないんだよ」と言っ たように、むしろどうしてだろうという問う気持ちこそが知性の証、ソクラテスの無知 の知ということになるわけです。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2012 年 11 月 21 日放送 変貌する侵襲性溶血性レンサ球菌感染症 北里大学北里生命科学研究所特任教授生方公子はじめに b 溶血性レンサ球菌は 咽頭 / 扁桃炎や膿痂疹などの局所感染症から 髄膜炎や劇症型感染症などの全身性感染症まで 幅広い感染症を引き起こす細菌です わが国では 急速な少子

2012 年 11 月 21 日放送 変貌する侵襲性溶血性レンサ球菌感染症 北里大学北里生命科学研究所特任教授生方公子はじめに b 溶血性レンサ球菌は 咽頭 / 扁桃炎や膿痂疹などの局所感染症から 髄膜炎や劇症型感染症などの全身性感染症まで 幅広い感染症を引き起こす細菌です わが国では 急速な少子

ML 耐性では 3 菌種 とも耐性株が存在し、その割合が GAS では 55%、SDSE で 19%、GBS では 21%となってい ます。耐性菌はいずれも増加傾向にあります。 ニューキノロン系薬耐性菌は、GBS で急速に増加し臨床に問題となっています。 薬剤の標的である DNA ジャイレースとトポイソメラーゼ IV に変異が生じています。耐 性菌は GAS で 15%、SDSE で 14%程度ですが、成人由来の GBS 株は既に 60%が耐性で、そ れらの莢膜型はほとんどが Ib 型です。

5 さらに読み込む

特 集 入院 入院での治療で力を入れている疾患は 以下のような重症のいろいろな疾患です 1 重症のアトピー性皮膚炎 重症薬疹 水疱症など 外来では管理の難しい場合に入院していただきます 2 重症の感染症 ほうかしきえん 顔面に生じる丹毒 ( 赤い腫れ ) や下腿に生じる蜂窩織炎などの細菌感染症が多い

特 集 入院 入院での治療で力を入れている疾患は 以下のような重症のいろいろな疾患です 1 重症のアトピー性皮膚炎 重症薬疹 水疱症など 外来では管理の難しい場合に入院していただきます 2 重症の感染症 ほうかしきえん 顔面に生じる丹毒 ( 赤い腫れ ) や下腿に生じる蜂窩織炎などの細菌感染症が多い

はこわい 糖尿病は、血液中のブドウ糖が有効に使われないために、慢性 に血糖値が高くなる病気です。進行すればのどが渇く、よくトイレに行く、全 身がだるい等の症状が現れますが、初期症状はありません。また、これら 状もゆっくり進行するため、ご自身では気づいておられないこともしばしば です。糖尿病が悪いコントロールのまま長期化すると、手足のしびれ、視力 低下や腎不全などの糖尿病に特徴合併症を引き起こします。それだけ ではなく、脳梗塞や心筋梗塞といった大きな血管の病気の原因にもなりま すし、最近ではがんや認知の原因になっていることも分かりました。
さらに見せる

8 さらに読み込む

胆嚢炎 胆管炎 感染性腸炎 腸チフス パラチフス コレラ バルトリン腺炎 子宮内感染 子宮付属器炎 涙嚢炎 麦粒腫 瞼板腺炎 外耳炎 中耳炎 副鼻腔炎 化膿性唾液腺炎 歯周組織炎 歯冠周囲炎 顎炎 炭疽 ブルセラ症 ペスト 野兎病 肺結核及びその他の結核症 Q 熱 < 適応菌種 > 本剤に感性のブド

胆嚢炎 胆管炎 感染性腸炎 腸チフス パラチフス コレラ バルトリン腺炎 子宮内感染 子宮付属器炎 涙嚢炎 麦粒腫 瞼板腺炎 外耳炎 中耳炎 副鼻腔炎 化膿性唾液腺炎 歯周組織炎 歯冠周囲炎 顎炎 炭疽 ブルセラ症 ペスト 野兎病 肺結核及びその他の結核症 Q 熱 < 適応菌種 > 本剤に感性のブド

副作用は? 特にご注意いただきたい重大副作用と、それぞれの主自覚症状を記載しま した。副作用であれば、それぞれの重大副作用ごとに記載した主自覚症状の うち、いくつかの症状が同じよう時期にあらわれることが一般です。 このよう場合には、ただちに医師または薬剤師に相談してください。

8 さらに読み込む

COVID-19のメンタルヘルスケア―感染症パンデミックにおける精神科の役割―

COVID-19のメンタルヘルスケア―感染症パンデミックにおける精神科の役割―

感染診療に関わった医療従事者を対象とした, メンタルヘルスについての定期スクリーニング も有益である 33) .職員のメンタルヘルス不調が発生 した際には,業務上の配慮や専門支援を速やかか つ安心して得られる体制が確保されるべきである. 個人のセルフケアが十分に行われるためには,医 療従事者がメンタルヘルスを維持するために役立つ 情報にアクセスできることが必要であり,メンタル ヘルス専門家からの心理教育が有益である.ここで 言う心理教育とは,災害等の激しいストレスに晒さ れた際に起こりうる一般心身の反応やその経 過,ストレス対処の方法等について,正確情報を 受け手の状況や心情に配慮して伝えることを指す. セルフケアの具体方法に関しては,様々情報が WHO や心理学・精神医学系学会から公表されてい る 22) 34) 35)
さらに見せる

9 さらに読み込む

JAID/JSC 感染症治療ガイドライン2018―男性尿道炎とその関連疾患―

JAID/JSC 感染症治療ガイドライン2018―男性尿道炎とその関連疾患―

 尿道治療の原則は,原因微生物に対して適切治療を行うことである.さらに尿道患者は症状が改善すると 治療を中断したり,処方箋通りに内服しないなど,服薬コンプライアンスが低い患者が多く,再診をしない患者が 多い 48) .さらに,複数の原因微生物が関与している可能性があり,咽頭や直腸からも尿道と同時に検出されること がある.従って,尿道の治療にはできるだけ単回で,尿道だけではなく咽頭や他の部位の存在する STI 原因微生 物に対しても 95% 以上の効果が期待できる治療法を選択することが理想である.上述したように,初診時に淋菌 の有無を確認し,淋菌性尿道と非淋菌性尿道とを区別して治療を開始すべきである.症状が軽い場合,また無 症状の場合には,核酸増幅法など原因微生物を検出する検査の結果を待って治療を行う.アメリカ CDC のガイド ラインでは,患者の再診が期待できないため,淋菌およびクラミジア両者に有効治療レジメン(dual therapy)に よる治療が推奨されている 13) .しかし,わが国が健康保険のもとで尿道の診療を行っている以上,淋菌性尿道 ではまず淋菌の治療を行い,その後再診時にクラミジアの結果をみてクラミジアの治療を開始することが望ましく, 我々は再診の必要性を患者に説明すべきである.さらに後述するが,わが国では淋菌感染に対して CTRX 1g の 使用を第一選択薬として推奨している 2) .現時点において大半の淋菌株は CTRX 1g にて治療可能であると考えられ るため,諸外国のよう耐性菌を考慮した dual therapy は推奨しない.しかし,淋菌の CTRX に対する耐性の状 況に応じて,治療法を変更する可能性があることを付記する.治療に際して,尿道の治療とともに,STI の原因 微生物の蔓延を防ぐことが重要となる.パートナーへの治療とともに,治療期間内はコンドームを使用しない性交 渉(オーラルセックスを含む)を行わないよう,指導を行う 2) (AⅣ).
さらに見せる

18 さらに読み込む

マチ性心炎を含む ) リウマチ性多発筋痛 エリテマトーデス ( 全身性及び慢性円板状 ) 全身性血管炎 ( 大動脈炎症候群 結節性動脈周囲炎 多発性動脈炎 ヴェゲナ肉芽腫症を含む ) 強皮症 成年性浮腫性硬化症 多発性筋炎 ( 皮膚筋炎 ) 強直性脊椎炎 ( リウマチ性脊椎炎 ) 3. アレルギー性

マチ性心炎を含む ) リウマチ性多発筋痛 エリテマトーデス ( 全身性及び慢性円板状 ) 全身性血管炎 ( 大動脈炎症候群 結節性動脈周囲炎 多発性動脈炎 ヴェゲナ肉芽腫症を含む ) 強皮症 成年性浮腫性硬化症 多発性筋炎 ( 皮膚筋炎 ) 強直性脊椎炎 ( リウマチ性脊椎炎 ) 3. アレルギー性

特発性低血糖 11.皮膚疾患 <湿疹、皮膚> △湿疹・皮膚群(急性湿疹、亜急性湿疹、慢性湿疹、接触皮膚、貨幣 状湿疹、自家感作性皮膚、アトピー皮膚、乳・幼・小児湿疹、ビダー ル苔癬、その他の神経皮膚、脂漏性皮膚、進行性指掌角皮、その他 の手指の皮膚、陰部あるいは肛門湿疹、耳介及び外耳道の湿疹・皮膚、 鼻前庭及び鼻翼周辺の湿疹・皮膚など) (ただし、重症例以外は極力投与 しないこと)
さらに見せる

8 さらに読み込む

皮膚の血管炎・結節性多発動脈炎なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

皮膚の血管炎・結節性多発動脈炎なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

2.皮膚型結節性多発動脈  cutaneous polyarteritis nodosa 結節性多発動脈と同じ皮膚症状を呈するが,他臓器症状を 欠くものをいう.皮疹はレンサ球菌感染などを契機に反復,遷 延する.まれに全身症状をきたして結節性多発動脈に移行す る例があるため慎重経過観察が必要である.安静および下肢 の挙上とともに,血管拡張薬,NSAIDs,DDS などを用いる.

5 さらに読み込む

疾病 傷害及び死因の統計分類基本分類表新旧対照表 現行改正 第 Ⅰ 章感染症及び寄生虫症 A02.2 局所的サルモネラ感染症 A02.2 局所的サルモネラ感染症 A04.7 クロストリジウムディフィシレによる全腸炎 A04.7 クロストリジウム ディフィシルによる全腸炎 A05 その他の細菌性食中毒

疾病 傷害及び死因の統計分類基本分類表新旧対照表 現行改正 第 Ⅰ 章感染症及び寄生虫症 A02.2 局所的サルモネラ感染症 A02.2 局所的サルモネラ感染症 A04.7 クロストリジウムディフィシレによる全腸炎 A04.7 クロストリジウム ディフィシルによる全腸炎 A05 その他の細菌性食中毒

L03.0  手指及び趾<足ゆび>の蜂巣 L03.0  手指及び趾<足ゆび>の蜂巣<蜂窩織> L03.1  (四)肢のその他の部位の蜂巣 L03.1  (四)肢のその他の部位の蜂巣<蜂窩織> L03.2  顔面の蜂巣 L03.2  顔面の蜂巣<蜂窩織> L03.3  体幹の蜂巣 L03.3  体幹の蜂巣<蜂窩織

29 さらに読み込む

ジカウイルス感染症における臨床的アプローチ

ジカウイルス感染症における臨床的アプローチ

言われている 9) .ヒトスジシマカのメスは,通常は花 の蜜や樹液などを吸っているが,産卵の前には吸血 する.感染した人からメスが吸血すると,蚊の腸の 内壁細胞にウイルスが感染する.ウイルスは他の組 織にも広がり,これが唾液腺にまで及ぶとウイルス が唾液中に放出されるようになる.蚊はウイルスか ら有害影響を受けないようであり,生涯感染した ままである.蚊は,吸血の前に唾液を注入すること でウイルスを伝播する.唾液中には皮膚感覚を麻痺 させる成分が含まれており,効率よく吸血すること ができる.真夏の気温であれば産卵後数日から 1 週 間で孵化して幼虫となり,その後 10 日ほどで成虫に なる.外気温にもよるがメス成虫の寿命は 30∼40 日である.
さらに見せる

6 さらに読み込む

腺炎 子宮内感染 子宮付属器炎 涙嚢炎 麦粒腫 瞼板腺炎 外耳炎 中 耳炎 副鼻腔炎 化膿性唾液腺炎 歯周組織炎 歯冠周囲炎 顎炎 炭疽 ブルセラ症 ペスト 野兎病 肺結核及びその他の結核症 Q 熱 < 適応菌種 > 本剤に感性のブドウ球菌属 レンサ球菌属 肺炎球菌 腸球菌属 淋菌 モラクセラ (

腺炎 子宮内感染 子宮付属器炎 涙嚢炎 麦粒腫 瞼板腺炎 外耳炎 中 耳炎 副鼻腔炎 化膿性唾液腺炎 歯周組織炎 歯冠周囲炎 顎炎 炭疽 ブルセラ症 ペスト 野兎病 肺結核及びその他の結核症 Q 熱 < 適応菌種 > 本剤に感性のブドウ球菌属 レンサ球菌属 肺炎球菌 腸球菌属 淋菌 モラクセラ (

ない、手足のふるえ、羽ばたくよう手のふるえ、手足のこわ ばり、足のしびれ、手のしびれ、脈が速くなる 皮膚 皮膚が黄色くなる、あおあざができる、はれ、中央にむくみを ともなった赤い斑点、赤い発疹、全身の赤い斑点と破れやすい 水ぶくれ(水疱) 、じんましん、かゆみ、発疹、皮下出血

7 さらに読み込む

腺炎 子宮内感染 子宮付属器炎 涙嚢炎 麦粒腫 瞼板腺炎 外耳炎 中耳炎 副鼻腔炎 化膿性唾液腺炎 歯周組織炎 歯冠周囲炎 顎炎 炭疽 ブルセラ症 ペスト 野兎病 肺結核及びその他の結核症 Q 熱 < 適応菌種 > 本剤に感性のブドウ球菌属 レンサ球菌属 肺炎球菌 腸球菌属 淋菌 モラクセラ ( ブ

腺炎 子宮内感染 子宮付属器炎 涙嚢炎 麦粒腫 瞼板腺炎 外耳炎 中耳炎 副鼻腔炎 化膿性唾液腺炎 歯周組織炎 歯冠周囲炎 顎炎 炭疽 ブルセラ症 ペスト 野兎病 肺結核及びその他の結核症 Q 熱 < 適応菌種 > 本剤に感性のブドウ球菌属 レンサ球菌属 肺炎球菌 腸球菌属 淋菌 モラクセラ ( ブ

【この薬の使用中に気をつけなければならないことは?】 ・他の抗結核薬と一緒に飲んでいる場合は、重篤肝障害がおこることがあるの で定期に肝機能検査がおこなわれます。 ・意識障害(気を失う、もうろう状態)などがあらわれることがあるので、自動 車の運転などの危険を伴う機械の操作をおこなう場合には、十分に注意してく ださい。

7 さらに読み込む

Microsoft Word - 接触皮膚炎( 変更).docx

Microsoft Word - 接触皮膚炎( 変更).docx

2)惹起反応 惹起反応はまだ明らかにされていないところが多い。感作が成立した個体に再び接触 アレルゲンが接触後、表皮細胞より種々の化学伝達物質、サイトカイン、ケモカインの 産生が見られる。さらには、肥満細胞の脱顆粒、血管の拡張と内皮細胞の活性化、好中 球、好酸球の浸潤である。これらの顆粒球の浸潤に続いて T リンパ球も浸潤してくる。 T リンパ球の活性化においてランゲルハンス細胞あるいは真皮樹状細胞などの抗原提示 細胞が T リンパ球に情報を伝える。活性化されたエフェクタ-T リンパ球が表皮に向か い遊走し再び皮膚、特に表皮内に集まり種々のサイトカインを局所に放出し、活性化さ れた T リンパ球が表皮細胞を障害、もしくは TNF により直接表皮細胞が障害され、海綿 状態を主とした湿疹性の組織反応が形成され、アレルギー性接触皮膚が発症すると考 えられている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

皮膚の血管炎なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

皮膚の血管炎なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

鑑別診断 若年で上記の特徴を備えた紫斑をみた場合は,本の可能性 も考えて他症状の有無について問診し,各種検査や必要に応じ て皮膚生検を施行する.血小板減少性紫斑病,結節性多発動脈 ,G グッドパスチャー oodpasture 症候群,ウイルス感染(papular purpuric gloves and socks syndrome),SLE などを鑑別する.とくに成人例では 顕微鏡多発血管との鑑別が重要である.

5 さらに読み込む

接触皮膚炎・湿疹なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

接触皮膚炎・湿疹なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

接触皮膚の特殊型 ①全身性接触皮膚(systemiccontactdermatitis):接触ア レルギーに感作された人が,非経皮(経口投与,注射,吸入 など)にアレルゲンを取り込んだ結果,全身にアレルギー反応 をきたしたものをいう.湿疹性病変や浮腫性紅斑を生じる.シ イタケ(図 7.7c)や水銀を抗原とするものがとくに有名である. 全身に生じた歯科金属アレルギーも本の一種である. ②接触皮膚症候群(contactdermatitissyndrome):原因物 質に経皮に繰り返し曝露され続けることにより,その原因物 質がリンパ流や血行性に散布され全身に皮膚病変が出現したも の.自家感作性皮膚(後述)の一部は本の可能性がある. また,多形紅斑様皮疹や紅皮として出現することもある. ③光接触皮膚(photocontactdermatitis):13 章 p.217 参照. ④ R リール iehl 黒皮(Riehl’ smelanosis):16 章 p.291 参照. ⑤ピアスによる金皮膚(golddermatitisduetoearpiercing): 従来,ニッケルなどイオン化しやすい金属が原因となることが 多かったが,近年は金(gold)使用のピアスによるものが多発 している.装着部の難治性硬結が特徴で,ときにリンパ濾胞様 構造を形成する(図 7.8).
さらに見せる

6 さらに読み込む

Ⅰ. 感染予防策の実際 1. 標準予防策 1) 標準予防策の定義 感染症の有無に関わらず すべての患者に対して標準的に行う疾患非特異的な感染予防対策である 汗を除く血液, 体液 ( 唾液 胸水 腹水 脳脊髄液など ) 分泌物 ( 喀痰 浸出液など ) 排泄物 ( 尿 便など ), 傷のある皮膚 粘膜

Ⅰ. 感染予防策の実際 1. 標準予防策 1) 標準予防策の定義 感染症の有無に関わらず すべての患者に対して標準的に行う疾患非特異的な感染予防対策である 汗を除く血液, 体液 ( 唾液 胸水 腹水 脳脊髄液など ) 分泌物 ( 喀痰 浸出液など ) 排泄物 ( 尿 便など ), 傷のある皮膚 粘膜

感染性の医療廃棄物は、袋の口はしっかり閉じ廃棄物の飛散、流出を防止する。  点滴調整などに使用した注射器や点滴ボトル、消毒薬の空きボトルなどは、非 感染性の医療廃棄物として廃棄する。  注射針類、メスなどの刃等の鋭利ものやアンプルなどのガラスは、耐貫通性 の針捨て容器、あるいは一斗缶に入れ、感染性の医療廃棄物として廃棄する。 《 医療廃棄物の考え方》

32 さらに読み込む

< 五類定点対象疾患 ( 週報 )> 疾患名 RSウイルス感染症インフルエンザ咽頭結膜熱 A 群溶血性レンサ球菌咽頭炎感染性胃腸炎水痘手足口病伝染性紅斑突発性発しんヘルパンギーナ流行性耳下腺炎川崎病急性出血性結膜炎流行性角結膜炎細菌性髄膜炎 無菌性髄膜炎マイコプラズマ肺炎 クラミジア肺炎 ( オウム

< 五類定点対象疾患 ( 週報 )> 疾患名 RSウイルス感染症インフルエンザ咽頭結膜熱 A 群溶血性レンサ球菌咽頭炎感染性胃腸炎水痘手足口病伝染性紅斑突発性発しんヘルパンギーナ流行性耳下腺炎川崎病急性出血性結膜炎流行性角結膜炎細菌性髄膜炎 無菌性髄膜炎マイコプラズマ肺炎 クラミジア肺炎 ( オウム

【症状】 つつが虫病は病原体を持ったツツガムシの幼虫に吸着された後、7~10日後に発症します。主症状は、38~ 40℃の高熱とその後に現れる発疹です。加えてツツガムシに吸着された部分の皮膚が変化した1cmほどの大き カサブタが身体のどこかにあることも特徴です。人から人への感染はありません。発病後早期に適切抗菌薬 による治療を受けると通院治療で完治しますが、治療が遅れた場合は入院治療が必要で、死亡してしまうことも あります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

61 完全大血管転位症 62 眼皮膚白皮症 63 偽性副甲状腺機能低下症 偽性副甲状腺機能低下症 64 ギャロウェイ モワト症候群 65 急性壊死性脳症 66 急性網膜壊死 67 球脊髄性筋萎縮症 球脊髄性筋萎縮症 68 急速進行性糸球体腎炎 急速進行性糸球体腎炎 69 強直性脊椎炎 70 強皮症

61 完全大血管転位症 62 眼皮膚白皮症 63 偽性副甲状腺機能低下症 偽性副甲状腺機能低下症 64 ギャロウェイ モワト症候群 65 急性壊死性脳症 66 急性網膜壊死 67 球脊髄性筋萎縮症 球脊髄性筋萎縮症 68 急速進行性糸球体腎炎 急速進行性糸球体腎炎 69 強直性脊椎炎 70 強皮症

290 ポルフィリン 291 マリネスコ・シェーグレン症候群 292 マルファン症候群 慢性炎症性脱髄性多発神経(CIDP) 多巣性運動ニューロパチー(ルイス・サムナー症候群) 294 慢性血栓塞栓性肺高血圧 慢性血栓塞栓性肺高血圧

6 さらに読み込む

日焼け・日光皮膚炎・色素性乾皮症なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

日焼け・日光皮膚炎・色素性乾皮症なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

どで対処する. (unscheduled DNA synthesis)〕値 UDS〔不定期 DNA 合成 図 13.19 色素性乾皮(xeroderma pigmentosum) a:40 歳代女性,D 群.顔面に色素沈着を認める.b:10 歳代男性.露光部を中心に色素沈着を認める.c:40 歳代女性.30 歳代より基底細 胞癌が多発してきた.d:20 歳代男性,D 群.精神遅滞と歩行不能を伴っていた.e,f:b と同一症例.日光曝露を受けやすい前胸部や上背 部に色素沈着を認める.g:d と同一症例.鼻背部に基底細胞癌を発症.
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...