当期純利益の減少、営業債

Top PDF 当期純利益の減少、営業債:

年 2 月期 (2018 年 9 月 1 日 ~2019 年 2 月 28 日 ) 及び 2019 年 8 月期 (2019 年 3 月 1 日 ~2019 年 8 月 31 日 ) の運用状 況の予想 (% 表示は対前期増減率 ) 営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益 1 口当た

年 2 月期 (2018 年 9 月 1 日 ~2019 年 2 月 28 日 ) 及び 2019 年 8 月期 (2019 年 3 月 1 日 ~2019 年 8 月 31 日 ) の運用状 況の予想 (% 表示は対前期増減率 ) 営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益 1 口当た

(注1)借入先に支払われる融資手数料等は含まれていません。 (注2)利払日は、2018年11月末日を初回として、以後毎年2月、5月、8月、11月各末日及び元本返済期限(同日が営業日でない 場合は翌営業日とし、当該日が翌月となる場合には直前営業日とします。)です。変動金利借入れについて、利払日に支 払う利息計算期間に適用する基準金利は、直前利払日(ただし、初回は借入実行日とします。)営業日前時点にお いて一般社団法人全銀協TIBOR 運営機関が公表する日本円TIBOR(TokyoInterbank Offered Rate)うち、3ヶ月物日本円 TIBORになります。基準金利である一般社団法人全銀協TIBOR 運営機関日本円TIBOR 変動については、一般社団法人全銀 協TIBOR 運営機関ホームページ(http://www.jbatibor.or.jp)でご確認ください。
さらに見せる

44 さらに読み込む

年 3 月期 ( 10 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 及び 2019 年 9 月期 (2019 年 4 月 1 日 ~2019 年 ) の運用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減

年 3 月期 ( 10 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 及び 2019 年 9 月期 (2019 年 4 月 1 日 ~2019 年 ) の運用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減

(注2)「総賃貸面積」は、2018年9月30日現在における、各保有資産に係るテナントと間で締結されている各賃貸 借契約に表示された賃貸面積合計を記載しています(ただし、建物に係る賃貸借契約においては、倉庫及び 土地(平面駐車場を含みます。)賃貸面積を含みません。)。ただし、マスターリース会社が賃貸人等と 間でパス・スルー型マスターリース契約による賃貸借契約を締結している場合には、2018年9月30日現在にお ける各保有資産に係るエンドテナントと間で締結されている各転貸借契約書に表示された賃貸面積合計を 記載しています。また、マスターリース会社が賃貸人等と間でサブ・リース型マスターリース契約による賃 貸借契約を締結している場合には、マスターリース契約に表示された賃貸面積を記載しています。以下同じで す。
さらに見せる

69 さらに読み込む

(2) 2019 年 8 月期 (2019 年 3 月 1 日 ~2019 年 8 月 31 日 ) の運用状況の予想の内容 営業収益営業利益経常利益 当期純利益 ( 利益超過分配金 ( 利益超過分配金を含む ) は含まない ) 2019 年 8 月期 ( 第 6 期 ) 2,529 1,264 1

(2) 2019 年 8 月期 (2019 年 3 月 1 日 ~2019 年 8 月 31 日 ) の運用状況の予想の内容 営業収益営業利益経常利益 当期純利益 ( 利益超過分配金 ( 利益超過分配金を含む ) は含まない ) 2019 年 8 月期 ( 第 6 期 ) 2,529 1,264 1

 本投資法人は、減価償却費 30%相当額を利益超過分配金額目途とし、原 則として毎期継続的に利益超過分配を実施する方針です(継続的な利益超過分 配)。 また、継続的な利益超過分配に加えて、新投資口発行等資金調達又は大規模 修繕等により、一時的に1口当たり分配金額が一定程度減少することが見込 まれる場合は、1口当たり分配金金額を平準化する目的で、一時的な利益超 過分配を行うことがあります。但し、経済環境、不動産市場及び賃貸市場等 動向、保有資産等状況並びに財務状況等を踏まえ、本投資法人が不適切と 判断した場合には利益金額を超える金銭分配を行わないことがあります。  なお、不測要因に基づく建物毀損等により、緊急に資本的支出が発生する場
さらに見せる

5 さらに読み込む

年 10 月期 (2018 年 5 月 1 日 ~2018 年 10 月 31 日 ) 及び 2019 年 4 月期 (2018 年 11 月 1 日 ~2019 年 4 月 30 日 ) の運用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含

年 10 月期 (2018 年 5 月 1 日 ~2018 年 10 月 31 日 ) 及び 2019 年 4 月期 (2018 年 11 月 1 日 ~2019 年 4 月 30 日 ) の運用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含

(注6) CROSS PLACE 浜松町に係る信託受益権売買契約は金融庁定める「金融商品取引業者等向け総合的 な監督指針」に規定されるフォワード・コミットメント等(先日付で売買契約であって、契約締結 から1か月以上を経過した後に決済・物件引渡しを行うこととしているものその他これに類する契約 (取引へ実質的な拘束力を持つ買付け意向表明及び予約契約等を含みます。)をいいます。以下同 じです。)に該当し、同契約上、本投資法人が同契約条項に違反し、かかる違反により同契約目 的を達成することができないことを理由として同契約が解除された場合、本投資法人は売買代金から 消費税等を除いた金額4%相当額(828百万円)を違約金として支払うものとされています。ただ し、同契約では、本投資法人が、新投資口発行等により、取得予定資産取得資金調達を完了す ることが、売買代金支払義務効力発生条件とされています。
さらに見せる

60 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

当第3四半期連結会計期間末における流動資産は2,986百万円となり、前連結会計年度末に比べ383百万円減少い たしました。これは主に商品及び製品が65百万円、受取手形及び売掛金が42百万円、繰延税金資産が42百万円増加 した一方、現金及び預金が598百万円減少したことによるものであります。 当第3四半期連結会計期間末における固定資産は1,289百万円となり、前連結会計年度末に比べ244百万円増加い たしました。これは主にのれんが113百万円、建物(額)が93百万円、ソフトウェアが46百万円増加した一方、差 入保証金が54百万円減少したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成 22 年 8 月期連結業績の概況 ( 単位 : 百万円 ) 平成 21 年 8 月期 平成 22 年 8 月期 増減額 前期比 売上高 4,045 4, % 営業利益 % 経常利益 % 当期純利益 2

平成 22 年 8 月期連結業績の概況 ( 単位 : 百万円 ) 平成 21 年 8 月期 平成 22 年 8 月期 増減額 前期比 売上高 4,045 4, % 営業利益 % 経常利益 % 当期純利益 2

„ 本資料中予想・予測などは、本資料作成時点で入手可能な情報 „ 本資料中予想 予測などは、本資料作成時点で入手可能な情報 に基づき当社が判断したものであり、潜在的なリスクや不確実性が 含まれています。そのため、事業環境変化等様々な要因により、 実際業績は言及または記述されている将来見通しとは大きく異 実際業績は言及または記述されている将来見通しとは大きく異 なる結果となることがあります。ご承知おきください。
さらに見せる

27 さらに読み込む

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

  C.資金調達概要 当期においては、2018年2月にコンフォリア上野入谷他3物件取得ため、また、2017年8月に借入れた借 入金返済資金(1,130百万円)に充てるため、投資口追加発行(23,300口)及び資金借入れ(2,960百万 円)を実施しました。その後、2018年3月にコンフォリア赤羽岩淵他2物件取得ため、また、2013年9月及 び2015年2月に借入れた借入金返済資金(6,900百万円)に充てるため、資金借入れ(12,340百万円)を実施 しました。さらに、2018年3月に借入れた借入金返済資金(2,790百万円)一部に充てるため、2018年6月に 投資法人発行(2,500百万円)を行いました。その結果、当期末(2018年7月末日)時点における出資総額は 99,814百万円、有利子負債は111,730百万円であり、総資産に占める有利子負債割合(LTV)については、当 期末時点で51.0%、期末における有利子負債平均残存年数は4.4年、長期比率は82.0%、固定化比率は88.7%と なっています。また、将来において投資対象資産を購入する等資金調達必要性が生じた場合に備えて、極度ロ ーン(アンコミットメントベース)に係る基本契約を2018年2月9日付で締結しました。
さらに見せる

76 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

※  業績予想適切な利用に関する説明、その他特記事項 (将来に関する記述等についてご注意) 本資料に記載されている業績見通し等将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断 する一定前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨ものではありません。また、実際業績等は 様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想前提となる条件及び業績予想ご利用にあたって注 意事項等については、添付資料2ページ「1.当四半期決算に関する定性的情報(3)連結業績予想など将来予測 情報に関する説明」をご覧ください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

以上結果、マーケティングソリューションセグメント売上高は1,801百万円(前年同四半期比24.4%増)、 セグメント利益は360百万円(前年同四半期比74.3%増)となりました。 (コンシューマサービスセグメント)   コンシューマサービスセグメントにおきましては、「サンプル百貨店」におけるサンプル商品拡充と会員数 増加に注力し、主力有償サンプリングサービス「ちょっプル」が堅調に推移しております。また、前期に実施し ておりましたTVCM終了により、広告宣伝費が減少しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

売上高/経常利益/当期純利益

売上高/経常利益/当期純利益

(注)本資料における業績予想や将来予測等に関する記述は、現時点で入手された情報にもとづき合理的と判断した予想であり、潜在的な リスクや不確実性その他要因が内包されております。したがいまして、実際業績は、見通しと大きく異なる結果となる可能性があります。 IR情報に関するお問い合わせ 株式会社 NEW ART HOLDINGS 経営企画部 Tel. 03-3567-8098 Fax. 03-3567-8092

23 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」と いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計 基準」という。)等を第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合子会社に対する当社持分 変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度費用として計上す る方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間期首以後実施される企業結合については、暫定的な 会計処理確定による取得原価配分額見直しを企業結合日属する四半期連結会計期間四半期連結財務諸表 に反映させる方法に変更しております。加えて、四半期利益表示変更及び少数株主持分から非支配株主持 分へ表示変更を行っております。当該表示変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間及び前連結会 計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表組替えを行っております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

また、王子ホールディングス株式会社と協力関係もと、王子製紙株式会社富岡工場遊休設備を 活用し高級白板紙抄紙機へ改造を行い、昨年10月より営業運転を開始しております。早期に利益貢献 するため引き続き品質と安定操業確立に取り組んでまいります。 加えて、当社川内工場においてセルロース・ナノファイバー第一期商業プラントを昨年6月に稼働し、 7月初旬より製品生産を開始いたしました。当社独自研究開発ノウハウを活かし、応用分野拡大 と販路拡大に注力し、早期生産拡大を目指します。
さらに見せる

19 さらに読み込む

2. 平成 26 年 6 月期の運用状況の予想 ( 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 26 年 6 月 30 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百

2. 平成 26 年 6 月期の運用状況の予想 ( 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 26 年 6 月 30 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百

本投資法人は、前述した本リファイナンス実施による有利子負債比率低下、収益力大幅な改善及びバ ンクフォーメーション強化等に伴い、デット及びエクイティによる資金調達能力が改善し、外部成長余力が 格段に向上したものと考えております。 フォートレス・グループは日本不動産市場に大規模かつ長期にコミットした投資運用会社であり、優良か つセクターバランスに優れたパイプラインアセットを保有しています。フォートレス・グループパイプライ ンサポート及びフォートレス・グループ並びに本投資法人が資産運用を委託する資産運用会社であるコンソ
さらに見せる

39 さらに読み込む

2. 平成 30 年 2 月期 ( 平成 29 年 9 月 1 日 ~ 平成 30 年 2 月 28 日 ) 及び平成 30 年 8 月期 ( 平成 30 年 3 月 1 日 ~ 平成 30 年 8 月 31 日 ) の運用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益

2. 平成 30 年 2 月期 ( 平成 29 年 9 月 1 日 ~ 平成 30 年 2 月 28 日 ) 及び平成 30 年 8 月期 ( 平成 30 年 3 月 1 日 ~ 平成 30 年 8 月 31 日 ) の運用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益

(注3)「敷金・保証金」は、平成29年8月31日時点における各信託不動産に係る各賃貸借契約書に表示された敷金・保証金残高合計額を 百万円未満を切り捨てて記載しています。したがって、各物件「敷金・保証金」合計がポートフォリオ合計と一致しない場合があ ります。 (注4)「賃貸可能面積」は、平成29年8月31日時点における各信託不動産に係る建物賃貸が可能な面積であり、賃貸借契約書又は建物図面 等に基づき賃貸が可能と考えられる面積合計を小数点以下を切り捨てて記載しています。また、ポートフォリオ合計欄は、上段に、 各信託不動産に係る建物賃貸可能面積合計を記載しています。下段には、信託受益権準共有持分を保有する物件について、保有 する信託受益権準共有持分割合に相当する賃貸可能面積を換算した上で、各信託不動産に係る建物賃貸可能面積合計を記載して います。
さらに見せる

39 さらに読み込む

2 2. 平成 29 年 12 月期の運用状況の予想 ( 平成 29 年 7 月 1 日 ~ 平成 29 年 12 月 31 日 ) ( 金額は百万円未満切捨て % 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 1 口当たり営業収益営業利益経常利益当期純利益利益超過 ( 利益超過分配金分配金は含まない

2 2. 平成 29 年 12 月期の運用状況の予想 ( 平成 29 年 7 月 1 日 ~ 平成 29 年 12 月 31 日 ) ( 金額は百万円未満切捨て % 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 1 口当たり営業収益営業利益経常利益当期純利益利益超過 ( 利益超過分配金分配金は含まない

日本プライムリアルティ投資法人(以下「本投資法人」といいます。)は、投資信託及び投資法人に関する 法律(昭和26年法律第198号。その後改正を含みます。)(以下「投信法」といいます。)に基づき、平成 13年9月14日に設立され、平成14年6月14日に発行済投資口総口数289,600口で株式会社東京証券取引所 (以下「東京証券取引所」といいます。)不動産投資信託証券市場に上場(銘柄コード8955)しました。そ 公募増資等により、現在発行済投資口総口数は923,000口となっています。本投資法人は株式会社 東京リアルティ・インベストメント・マネジメント(以下「本資産運用会社」といいます。)に資産運用業 務を委託し、主としてオフィスと商業施設からなる複合型ポートフォリオを効率的に運用することにより投 資主価値最大化を目指してきました。
さらに見せる

31 さらに読み込む

年 8 月期 (2018 年 3 月 1 日 ~2018 年 8 月 31 日 ) 及び 2019 年 2 月期 (2018 年 9 月 1 日 ~2019 年 2 月 28 日 ) の運用状 況の予想 (% 表示は対前期増減率 ) 営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益 1 口当た

年 8 月期 (2018 年 3 月 1 日 ~2018 年 8 月 31 日 ) 及び 2019 年 2 月期 (2018 年 9 月 1 日 ~2019 年 2 月 28 日 ) の運用状 況の予想 (% 表示は対前期増減率 ) 営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益 1 口当た

  (次期見通し) ① 次期運用環境 2018年から2019年は、消費主導型経済成長が予想されます。雇用市場逼迫を背景として賃金に対する上昇 圧力が継続する見通しです。賃上げする企業に対する減税も予定されています。低所得者層を優遇する政策も、 特に生活必需品を中心とした消費支出を支えると期待されます。このような消費増加は、物流施設主要ユー ザーである通販や小売系企業需要を高めると予想されます。金融市場では、日本銀行黒田総裁が再任された ことによって低金利政策が継続する可能性が高まりました。インカム不動産に対する投資需要は優良物件を中心 に増加し続けると予想されます。ただし、グローバル資本市場においては高いボラティリティが継続する可能性 があります。日本市場海外市場と連動性が高まっているため、海外リスク要因に注意する必要がありま す。ただし、資本市場ボラティリティが上昇する局面では非優良不動産や立地性劣る不動産投資需要が減 退するものの、先進的物流施設を含めて優良不動産は一般的に流動性が高いと評価されており、今後もコア投資 家を惹きつけると予想されます。首都圏物流施設市場では、2018年に空室率が増加する見通しです。新規供給 は圏央道沿い等エリアに集中するため、エリア間における空室率違いが明確になると予想されます。近畿圏 では大阪湾岸エリア及び内陸エリアともに新規供給が継続する予定であるため、テナント誘致競争が続くと予 想されます。
さらに見せる

43 さらに読み込む

記 2018 年 10 月期 営業収益営業利益経常利益当期純利益 12,077 5,683 4,980 4,977 1 口当たり ( 利益超過分配金 ( 利益超過分配金利益超過分配金は含まない ) を含む ) 2019 年 4 月期 12,135 6,366 5,626 5,624 1,495-1,

記 2018 年 10 月期 営業収益営業利益経常利益当期純利益 12,077 5,683 4,980 4,977 1 口当たり ( 利益超過分配金 ( 利益超過分配金利益超過分配金は含まない ) を含む ) 2019 年 4 月期 12,135 6,366 5,626 5,624 1,495-1,

運用資産  SHRが本日現在保有する不動産信託受益権(合計6物件)に加え、(ⅰ)SHIが本日現在 保有する不動産信託受益権(合計113物件)を本投資法人合併に伴い新SHRが承継する こと、及び(ⅱ)両投資法人が本日付で公表いたしました「国内不動産信託受益権 取得及び貸借(プライムメゾン白金台タワー 他5物件)並びに譲渡及び貸借解消 (エスティメゾン町田 他11物件)に関するお知らせ」に記載とおり、新SHRが2018 年5月1日付で不動産信託受益権(住居合計6物件)(以下「取得予定資産」といいま す。 )を取得し、かつ、同日付で不動産信託受益権(住居合計12物件) (以下「譲渡予 定資産」といいます。)を譲渡すること(本資産入替え)、また、本資産入替えを除 き、2019年4月期(第9期)末まで運用資産異動(新規物件取得、既存物件売却 等)がないことを前提としています。
さらに見せる

5 さらに読み込む

当期決算の特徴 ( 単体 ) 資金利益が減少するも 与信コスト減少と株式関係損益の改善等により経常利益 純利益は増益 ( 詳細は 4~5 頁をご覧ください ) 貸出金や有価証券の運用利回りの低下により資金利益は26 億円減少しました 一方 金融派生商品関係損益の改善等によりその他業務利益が12 億円

当期決算の特徴 ( 単体 ) 資金利益が減少するも 与信コスト減少と株式関係損益の改善等により経常利益 純利益は増益 ( 詳細は 4~5 頁をご覧ください ) 貸出金や有価証券の運用利回りの低下により資金利益は26 億円減少しました 一方 金融派生商品関係損益の改善等によりその他業務利益が12 億円

(注) 1.金額は百万円未満を、比率は小数点第3位以下を切り捨てて表示しております。 2.貸出金うち滋賀県内残高は、本部勘定に計上しているローンパーティシペーション等余資運用一環と て行っている貸出金を除いて記載しております。 3.消費者向け貸出うち、消費者ローンとは、借入利便性向上ため予め貸出条件等を定めてパッケージ化し た商品であり、その他消費者向け貸出とは、消費者ローン以外個人向け一般融資(事業性貸出を除く)で あります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

【参考】カテゴリー別売上高 (平成28年4月~平成29年3月) (単位:億円) カテゴリー 連結売上高 前期比 市場 (国内売上のみ) 当社主力ブランド 売上高 前期比 (%) 当期金額 前期金額 (前期比) 前期比較 菓子食品部門 1,234 1,151 (107%) +83 キャラメル・

26 さらに読み込む

当期純利益は 16 年 /17 年に前年比 15% 減少するも 17 年 /18 年は前年比 4.7% の回復 16 年 /17 年の当期純利益は 前年比 15% 減の 153 億チャット ( 約 12 億 7,700 万円 ) と MTSH は予測する これは 主として MTSH の収益低下に加え

当期純利益は 16 年 /17 年に前年比 15% 減少するも 17 年 /18 年は前年比 4.7% の回復 16 年 /17 年の当期純利益は 前年比 15% 減の 153 億チャット ( 約 12 億 7,700 万円 ) と MTSH は予測する これは 主として MTSH の収益低下に加え

本レポートは市況等に関する情報提供を目的として、当社と提携証券会社と契約に基づき、同社作成レ ポートをキャピタル・パートナーズ証券株式会社が翻訳してお届けするものです。本レポートは、信頼できると 考えられる公開情報に基づき作成されたものですが、その内容正確性及び完全性を保証するものではあり ません。本レポートに記載された内容等は作成時点ものであり、今後予告なく変更されることがあります。ま た、資料作成者自身私見等が含まれる場合があります。コメント中に個別銘柄や金融商品について触れて いる場合であっても、本レポートは特定証券売買推奨、勧誘又は申込みを目的としたものではありま せん。金融商品へ投資には各種リスクとご負担いただく費用等があります。投資にあたっては、当該金融商 品契約締結前交付書面等により、商品性、リスクおよび費用等をよくご確認いただき、投資家ご自身判断 と責任でお願いいたします。
さらに見せる

40 さらに読み込む

Show all 10000 documents...