度産業財産権制度各国比較調査研究等事業

Top PDF 度産業財産権制度各国比較調査研究等事業:

平成 22 年度特許庁委託産業財産権制度各国比較調査研究等事業 先使用権制度に関する調査研究報告書 平成 23 年 3 月 社団法人日本国際知的財産保護協会

平成 22 年度特許庁委託産業財産権制度各国比較調査研究等事業 先使用権制度に関する調査研究報告書 平成 23 年 3 月 社団法人日本国際知的財産保護協会

場合には、わからないと記入してください) 。 (a) 先使用制度の趣旨: 先使用制度は、インドネシア特許庁に特許出願をしていない、善意の先使用者を保護 することをその目的としている。この場合、当該発明の所有者は、当該発明の実施にあた って先使用者とみなされるが、この権利は、当該特許に対する保護の消滅又は存続期間の 満了と同時に消滅する。しかしながら、先使用者は、他人がその同意なく次に掲げる行為 を行うことを禁ずることを内容とする特許者としての排他的独占は取得しない。 A: 製品特許の場合:特許製品の製造、使用、販売、輸入、貸与又は引渡しをすること、
さらに見せる

14 さらに読み込む

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

世 中 出 場合 公開 良い情報 秘匿 情報 線引 を徹底 名や ー 名 商標を早期 出願 他社 同 名称 商標 を登録 い 場合 ン 大 損害 発生 知的財産 一定 技術水準 あ を客観的 示 指標 ン ー キ 投資を得や あ <事例:WHILL>

18 さらに読み込む

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

 出資を実施する目的としては、「技術の獲得」が次に多い。  自社の既存のビジネス領域以外の異業種の場合、「土地勘」がないため、対象領域 固有の問題に関するDDが難航することが予想される。  異業種の領域について専門的な知識を持った人材の活用手法を確立することが重要 になってくると考えられる。

20 さらに読み込む

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

公開情報調査 知財DD 関連 国内外 書籍 論文 調査研究報告書及 ン ー 情報 利用 本調査研究 内容 関 文献 収集 整理及 分析 ii 調査結果 米国 M&A 1 強 持 法律事務所 あ Finnegan,Henderson, Farabow, Garrett & Dunner, LLP( 以下 ン法律事務所 記載 ) 知財DD 関 論文 2000 年代初 公表 2 い う 米国 知財DD 体系立 整理 M&A

285 さらに読み込む

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

TUM ForTe - Office for Research and Innovation ............................ 291 中国 深圳市 .................................................................................... 294 総論 ............................................................................................... 294 産業 策 概況 .......................................................................... 294 策 ................................................................... 294 知的 産 策 .............................................................................. 295 機関 現状 ................................................................................. 296 深圳市 山科 創業服 中心 ..................................................... 296 深圳大学創業園 .......................................................................... 296 Shenzhen Green Pine Innovation .................................................... 297 英国 ...................................................................................................... 299 産業 策 概況 ............................................................................. 299 策 ...................................................................... 302 Tech City ..................................................................................... 302 CATAPULT ................................................................................. 303 START UP BRITAIN .................................................................... 304 知的 産 策 ................................................................................. 305 知的 産庁 Intellectual Property Office ..................... 305 THE COPYRIGHT HUB .............................................................. 305 大学 Oxford University Innovation OUI .... 305 .................................................................................................. 307 産業 策 概況 ............................................................................. 307 概況 策 ............................................. 308 i 概況 ................................................................... 308 策 ................................................................... 308 知的 産 概況 策 ........................................................ 310
さらに見せる

366 さらに読み込む

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

通 地域団体商標制度 周知 地 理的表示保護制度 違いや い 周知 行 いく 必要 地理的表示 GI 保護制度 併存 地域団体商標 位置 及び活用方法 地域団体商標 出願 決 段階 地域 ン 活動 地元 支援 い 支援者 知財総 合支援窓口 担当者 対 地域団体商標制 や権利取得 必要 書類や審査基準

79 さらに読み込む

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

調査の俯瞰図 背景 近年 有名 ン 商標 第三者 無断 商標出願・登録 いわゆ 悪意 baよ りaitれ 商標出願 発生 い 日米欧中韓 商標五庁を含 各国・地域 い 悪意を判断 要素や悪意 商標出願 あ 判断 時期

17 さらに読み込む

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

産業財産制度問題調査研究 . とめ 本調査研究結果 現在 ⽇本 電⼦出願 ⼀定以上 評価 得 い ⼀⽅ 操作や機能⾯ い 更 改善要望 あ 今後 利⽤促進や利便性 向上 い 検討 余地 あ 分 ー ー 意⾒ 企業や事務 所 規模や個⼈ い ⽴場 違い 多様 意⾒や要望 存在 う 中 多く ー ー 利便性 向上 く 検討 重 いく 必要

27 さらに読み込む

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

本件においては、Limelight社が、Akamai社製品の半分の価格で同社製品を販売していたと いう価格差をどう考えるかが重要な論点となった。Akamai社の専門家は、価格弾力性につ いての算定値を根拠として、CDNの市場が非弾力的、すなわち価格の変動によって需要が変 動する度合いが小さいことを述べ、侵害がなかった場合、Akamai社製品の価格がLimelight 社の2倍であったとしても、Limelight社の売上のうち価格に敏感な顧客(全体の25%)の 購入分を除く、全体の75%はAkamai社の売上となっていたはずであるとの分析を提出した。 Akamai社の専門家はまた、市場においてAkamai社が圧倒的にリードしていたとはいえ、同 社とLimelight社が直接の競合関係にあったこと(Limelight社自身それを認めていたこ と) 、CDNの需要を決定するのがエンドユーザーであり、取引先ではないこと、Limelight社 の侵害にもかかわらず、Akamai社が支配的な市場シェアを維持していたことを主張した。 これらに対する反論として、Limelight社は、侵害者の製品と特許者の製品の間に60~ 80%の価格差があったために、異なる市場セグメントに属するとして、逸失利益を認めな かった事案である BIC Leisure Prods., v. Widsurfing International 43 の事例を引用し、
さらに見せる

225 さらに読み込む

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

(ⅵ)電子出願システムに関する情報提示について ........................ 282 (ⅶ)電子出願システムに関する議論・方針 .............................. 283 (6)韓国 .............................................................. 285 (ⅰ)概要 ............................................................ 285 (ⅱ)電子出願システムの環境及び構成 .................................. 285 (ⅲ)電子証明書について .............................................. 289 (ⅳ)手数料の納付について .......................................... 289 (ⅴ)電子出願率 ...................................................... 290 (ⅵ)電子出願システムに関する情報提示について ........................ 290 (7)インドネシア ...................................................... 292 (ⅰ)概要 ............................................................ 292 (ⅱ)電子出願システムの環境及び構成 .................................. 292 (ⅲ)電子証明書について .............................................. 293 (ⅳ)手数料の納付について .......................................... 293 (ⅴ)電子出願率 ...................................................... 293 (ⅵ)電子出願システムに関する情報提示について ........................ 294 (8)シンガポール ...................................................... 295 (ⅰ)概要 ............................................................ 295 (ⅱ)電子出願システムの環境及び構成 .................................. 295 (ⅲ)電子証明書について .............................................. 297 (ⅳ)手数料の納付について .......................................... 298 (ⅴ)電子出願率 ...................................................... 298 (ⅵ)電子出願システムに関する情報提示について ........................ 298 (9)タイ .............................................................. 300 (ⅰ)概要 ............................................................ 300 (ⅱ)電子出願システムの環境及び構成 .................................. 300 (ⅲ)電子証明書について .............................................. 302 (ⅳ)手数料の納付について .......................................... 303 (ⅴ)電子出願率 ...................................................... 303 (ⅵ)電子出願システムに関する情報提示について ........................ 303 (10)フィリピン ...................................................... 307 (ⅰ)概要 ............................................................ 307 (ⅱ)電子出願システムの環境及び構成
さらに見せる

656 さらに読み込む

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

責定重「定責定 定 ITU-T 標準策 定 組織構 10 定 国 電気通信連 ITU International Telecommunication Union 電気通信標準 部門 あ ITU-T Telecommunication Standardization Sector 世界電気通信標準 総会 WTSA World Telecommunication Standardization Assembly 研究委員会 SG Study Group 作業部会 WP Working Party RG Rapporteur Group 電気通信標準 TSAG Telecommunication Standardization Advisory Group 電気通信標準 局 TSB Telecommunication Standardization Bureau

459 さらに読み込む

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

全体版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

普 学識経験者 調査・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】1 学識経験者 調査 目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】1 学識経験者 調査 手法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】1 調査対象者・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】1 調査実施方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】1 調査 目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】1 学識経験者 調査結果 概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】「 悪意 出願 あ 外延 明確 手法 い ・・・・・・・・・・・・ 】」 商標出願 悪意 考え方 各類型 関 課 い ・・・・・・・・・・・・ 】」 悪意 商標出願 適用 得 商標法 規定 い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】『 商標法 保護 利益 い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】』 学識経験者 結果 覧表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 】【
さらに見せる

425 さらに読み込む

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

要約版 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

 訴訟外の一般的なライセンス契約での額と、特許訴訟での実施料相 当の算定額とは、特許の無効化リスクや第三者侵害リスクの有無 や、契約時期が遅れた場合や係争関係での和解した場合には契約額 が高額となることが多いとの実情を考慮すると、特許訴訟での実施 料相当の算定額の方が高額とすべきケースも多いと考えられる。そ の場合には、各当事者は上記リスクに係る調整を加味して主張する

35 さらに読み込む

産業財産権制度問題調査研究事業について ~ 第四次産業革命を視野に入れた知財システムの在り方に関する検討会に関して~

産業財産権制度問題調査研究事業について ~ 第四次産業革命を視野に入れた知財システムの在り方に関する検討会に関して~

グ用途のみに用いられること、又は、②データの技 術的観点から製造時間の短縮や造形精度の向上など の機能的側面を有することが考えられます。ただ し、3Dデータは全て「プログラム」に該当しない との意見があることも考慮する必要があります。  また、3Dデータが「プログラム」に該当するか 否かによって、3Dデータの作成又は配付行為が産 業財産法上の間接侵害に該当するか否かの判断が 異なる可能性があります。そのため、3Dプリンティ ングに関わる者が安心して 3Dデータの流通を促進 させ、物品の製造を行えるよう、3Dデータの「プ ログラム」該当性が侵害の成否の要件とされてい ることの妥当性について検討の余地があると考えら れます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

知的財産デューデリジェンスの標準手順書及び解説 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

知的財産デューデリジェンスの標準手順書及び解説 特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁

対象会社自体 保有 知的財産 利用可能性・利用可能範囲 調査 必須 一方 情報通信分野(いわゆ 系) う 特許性 調査 必要 先行文献 範囲 広範 曖昧 確度 高い調査・検討 行うこ 難 い分野や 1 製 品等 非常 多く 特許発明 使用さ 網羅的 調査 膨大 時間 費用 要

113 さらに読み込む

特許庁委託事業 ASEAN 各国における 産業財産権出願代理人制度とその実態調査 2013 年 4 月日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部 協力 TMI Associates (Singapore) LLP

特許庁委託事業 ASEAN 各国における 産業財産権出願代理人制度とその実態調査 2013 年 4 月日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部 協力 TMI Associates (Singapore) LLP

(v) 資格を有している特許代理人の下で 12 ヶ月間のインターンシップを行 っていること シンガポール国立大学が実施する知的財産法コースにおいては、特許法、意 匠法、商標法、パリ条約、特許協力条約に関する知識の習得とその確認のた めの試験が行われます。知財法コース修了の後、12 ヶ月間のインターンシップ を行い、その後クレームドラフティング及び明細書作成を含む実務試験に合格 すると、特許代理人の資格を得ることができます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

産業財産権紛争を巡る現状に関する調査研究

産業財産権紛争を巡る現状に関する調査研究

. 調 査 研 究 の 趣 旨 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 6 7 検 討 の 経 緯 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 6 7 調 査 研 究 の 目 的 及 び 調 査 研 究 事 項 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 6 8 . 判 定 制 と A D R ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 6 8 判 定 制 に つ い て ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 6 8 A D R に つ い て ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 7 0
さらに見せる

504 さらに読み込む

企業の事業戦略におけるデザインを中心としたブランド形成・維持のための産業財産権制度の活用に関する調査研究

企業の事業戦略におけるデザインを中心としたブランド形成・維持のための産業財産権制度の活用に関する調査研究

キープコンセプト・デザイン(マイナーチェンジや派生意 匠)を保護するための制度としては、現行意匠法には、関連 意匠制度が規定されている。関連意匠制度においては、自 己の意匠登録出願に係る意匠のうちから選択した一の意匠 (本意匠)に類似する意匠(関連意匠)については、その出 願日が、本意匠の意匠登録出願の日以後で本意匠の意匠 公報の発行の日前である場合に限り、独自の効力を有する ものとして登録することができるものとなっている。かかる関連 意匠出願の時期的制限は、あくまでも本意匠の公報発行ま での先願の例外として位置づけることが適切であるとして規 定されたものであるが、他方、本意匠が公報発行によって公 知となった後であっても、数年間又は本意匠の権利存続期 間中であれば、公知となった本意匠によって新規性違反とさ れないよう時期的制限を緩和すべきとの考え方も存在する。 一方、複数の意匠の保護に関しては、現行意匠法上、一 意匠一出願が原則であり、二以上の物品の区分を願書の 「意匠に係る物品」の欄に並列して記載した場合、二以上の 物品の図面を表示した場合は、拒絶の対象となるが、多意 匠一出願制度の導入について検討してはどうか、との指摘も ある。
さらに見せる

5 さらに読み込む

各国における各種証明書等の電子的な取扱いに関する調査研究<PDF > 外国知的財産制度に関する調査研究報告 | 経済産業省 特許庁

各国における各種証明書等の電子的な取扱いに関する調査研究<PDF > 外国知的財産制度に関する調査研究報告 | 経済産業省 特許庁

1 本稿で 主に優先証明書及び登録証について論 る。その他 SAIC 発行する証明書の例 して 、例え Approval Certificate of Assignment, Approval Certificate of Name and Address Change, Certified Copy of Registration Certificate, Approval Certificate of Removal of Registration, Approval Certificate of Withdrawal of Application, Approval Certificate of Deletion of Goods/Services ある。

444 さらに読み込む

我が国の経済情勢等を踏まえた産業財産権に関する料金制度等の在り方に関する調査研究

我が国の経済情勢等を踏まえた産業財産権に関する料金制度等の在り方に関する調査研究

Q 分割納付制度 おい 前半 年分を安く 後半 年分を高く 改定を 行った場合 こ 改定分割納付制度を利用したい 思いま. 単数回答 件数 割合[r]

211 さらに読み込む

Show all 10000 documents...