度の当期純利益

Top PDF 度の当期純利益:

業績ハイライト & トピックス 05.3Q 業績ハイライト 連結売上高は 10% 増収 営業利益 当期純利益はそれぞれ同 47% 同 18% 増加 年末商戦におけるエレクトロニクス ゲームビジネスの好調と 金融分野の拡大により 売上高と当期純利益は四半期ベースで過去最高を記録 2005 年度業績見通

業績ハイライト & トピックス 05.3Q 業績ハイライト 連結売上高は 10% 増収 営業利益 当期純利益はそれぞれ同 47% 同 18% 増加 年末商戦におけるエレクトロニクス ゲームビジネスの好調と 金融分野の拡大により 売上高と当期純利益は四半期ベースで過去最高を記録 2005 年度業績見通

• 2005年度業績見通しを以下理由により上方修正: (1) 第3四半期為替レートが、想定よりも円安で推移したこと (2) エレクトロニクスおよび金融分野第3四半期実績が見通しを上回ったこと 液晶テレビ“BRAVIA<ブラビア>”は、全世界で好調な売上を記録。米国では導入以降、 市場シェア1位をキープ、期末時点で金額シェア約30%。 日本市場シェア(金額)は、 第3四半期を通じて約25%まで上昇。                      (直近データより)
さらに見せる

15 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

当第3四半期連結会計期間末における流動資産は2,986百万円となり、前連結会計年度末に比べ383百万円減少い たしました。これは主に商品及び製品が65百万円、受取手形及び売掛金が42百万円、繰延税金資産が42百万円増加 した一方、現金及び預金が598百万円減少したことによるものであります。 当第3四半期連結会計期間末における固定資産は1,289百万円となり、前連結会計年度末に比べ244百万円増加い たしました。これは主にのれんが113百万円、建物(額)が93百万円、ソフトウェアが46百万円増加した一方、差 入保証金が54百万円減少したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

据置型ゲーム機関連では、「Wii」当第1四半期 3 か月間販売台数は 343 万台(累計販売台数は 927 万台)となり、また、対応ソフトウェアにおいては、当第1四半期発売「スーパーペーパーマリオ」 や「マリオパーティ8」がミリオンセラーとなったほか、前連結会計年度中に発売した「Wiiスポーツ」や 「はじめてWii」も、引き続き好調に推移しました。

8 さらに読み込む

具体的な組替調整額の内容は以下のとおりです その他の包括利益その他有価証券評価差額金繰延ヘッジ損益為替換算調整勘定 組替調整額 その他有価証券の売却及び減損に伴って当期に計上された売却損益及び評価損等 当期純利益に含められた金額 ヘッジ対象に係る損益が認識されたこと等に伴って当期純利益に含められた金

具体的な組替調整額の内容は以下のとおりです その他の包括利益その他有価証券評価差額金繰延ヘッジ損益為替換算調整勘定 組替調整額 その他有価証券の売却及び減損に伴って当期に計上された売却損益及び評価損等 当期純利益に含められた金額 ヘッジ対象に係る損益が認識されたこと等に伴って当期純利益に含められた金

また、将来解消見込年度が長期にわたる一時差異はスケジューリング可能な一時差異であるため、原 則どおり、解消見込年度に応じた法定実効税率を用いて税効果会計を適用すべきと考えられます。 なお、いわゆる会社区分①、②、③及び④ただし書き会社にあっては、将来解消見込年度が長期に わたる将来減算一時差異に係る繰延税金資産回収可能性に関する取扱いが別途定められているため (繰延税金資産回収可能性判断に関する監査上取扱い 5.(2))、実務上は、簡便的なスケジューリ ングを行っていたケースもあると考えられます。特に会社区分①会社にあっては、スケジューリングを行 っていないケースも考えられます。しかし、今回税制改正に伴い、将来年度ごと法定実効税率が異 なることとなったため、少なくとも3カ年スケジューリングは実施しなければならないことに留意が必要で す。
さらに見せる

9 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

流動資産は前連結会計年度末に比べ925百万円増加し、15,055百万円となりました。これは主に、仕掛品減少43 百万円があったものの、現金及び預金増加492百万円、受取手形及び売掛金増加364百万円、商品及び製品増 加97百万円があったこと等によるものであります。 固定資産は前連結会計年度末に比べ733百万円増加し、8,416百万円となりました。これは主に有形固定資産減 少218百万円、無形固定資産減少56百万円があったものの、投資有価証券増加751百万円、退職給付に係る資産 増加280百万円があったこと等によるものであります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成 22 年 8 月期連結業績の概況 ( 単位 : 百万円 ) 平成 21 年 8 月期 平成 22 年 8 月期 増減額 前期比 売上高 4,045 4, % 営業利益 % 経常利益 % 当期純利益 2

平成 22 年 8 月期連結業績の概況 ( 単位 : 百万円 ) 平成 21 年 8 月期 平成 22 年 8 月期 増減額 前期比 売上高 4,045 4, % 営業利益 % 経常利益 % 当期純利益 2

【参考】 中国検索エンジン最大手・百(バイドゥ)と 新サービス「China Express Coupon」 p p 」 „ 「中国進出企業」PRニーズに加え、 7月から中国人 観光客向けビザ発給条件緩和を受け「訪日中国人観光客 観光客向けビザ発給条件緩和を受け「訪日中国人観光客」 に向けた日本企業PRニーズも急速に拡大

27 さらに読み込む

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

 当連結会計年度における当社グループ属する人工知能(AI)技術領域では、アルゴリズム活用による既存ソフトウ エア高度化、効率化を目指すニーズ高まりを受け、市場環境は良好な状況が続いております。  こうした環境中で、当社グループは新規案件獲得およびアルゴリズムライセンス積み上げを推し進めるととも に、アルゴリズムソフトウエアを拡販してまいりました。同時に中長期成長を見据え、アルゴリズムソフトウエア 研究開発や先行投資に更に注力いたしました。また、優秀な人材採用も積極的に進めており、当連結会計年度末時点 における従業員数は連結73名(子会社役員含む)となっております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

当期純利益は 16 年 /17 年に前年比 15% 減少するも 17 年 /18 年は前年比 4.7% の回復 16 年 /17 年の当期純利益は 前年比 15% 減の 153 億チャット ( 約 12 億 7,700 万円 ) と MTSH は予測する これは 主として MTSH の収益低下に加え

当期純利益は 16 年 /17 年に前年比 15% 減少するも 17 年 /18 年は前年比 4.7% の回復 16 年 /17 年の当期純利益は 前年比 15% 減の 153 億チャット ( 約 12 億 7,700 万円 ) と MTSH は予測する これは 主として MTSH の収益低下に加え

日本貿易振興機構(ジェトロ)調査によると、ミャンマー賃金は地域で最も低水準である。しかし、ミ ャンマー労働力は一般に熟練が低く雇用者が熟練労働者を探すは困難である。従って、労働生産性 を改善する必要があるが、このことは労働集約型製造誘致に寄与することになる。 ミャンマー政府は初めて国民最低賃金を設定し、2015年9月1日に有効となった。労働者は標準的な8時間 労働で少なくとも3,600チャット(現在為替レートで2.80米ドル/300円)賃金が支払われることになる。 新賃金基準では、ミャンマー最低月額賃金は月83米ドルに設定されている。しかし、フィリピン国民賃 金・生産性委員会によると、ラオス、ベトナム、カンボジア月額最低賃金と比較した場合(月額最低賃 金は107米ドル~136米ドル)、ミャンマー賃金水準は依然として競争力がある。
さらに見せる

40 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

  (3)会計方針変更・会計上見積り変更・修正再表示 (企業結合に関する会計基準等適用) 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」と いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計 基準」という。)等を当第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合子会社に対する当社持 分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度費用として計上 する方法に変更しております。また、当第1四半期連結会計期間期首以後実施される企業結合については、暫定 的な会計処理確定による取得原価配分額見直しを企業結合日属する四半期連結会計期間四半期連結財務 諸表に反映させる方法に変更しております。加えて、四半期利益表示変更及び少数株主持分から非支配株 主持分へ表示変更を行っております。当該表示変更を反映させるため、前第1四半期連結累計期間及び前連 結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表組替えを行っております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社株式を交付する取引に関する実務上 取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)に準じています。 (1) 取引概要 本制度に基づき設定される信託が当社拠出する金銭を原資として当社株式を取得します。当該信託は、当社株 式及び当社株式時価相当金銭を、当社定める役員株式給付規程に従って、対象取締役等に対して給付しま す。当該給付時期は、原則として対象取締役等退任時となります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

当第2四半期連結会計期間末における流動資産は2,989百万円となり、前連結会計年度末に比べ380百万円減少い たしました。これは主に商品及び製品が51百万円、繰延税金資産が48百万円増加した一方、現金及び預金が365百 万円、受取手形及び売掛金が144百万円減少したことによるものであります。 当第2四半期連結会計期間末における固定資産は1,297百万円となり、前連結会計年度末に比べ252百万円増加い たしました。これは主にのれんが133百万円、建物(額)が101百万円、工具、器具及び備品(額)が36百万 円、ソフトウェアが28百万円増加した一方、差入保証金が54百万円減少したことによるものであります。 (負債)
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

負債につきましては、前連結会計年度末に比べ 1.4%増加し、76,788 百万円となりました。これは主 として、平成 30 年3月末が休日であったことから、支払手形及び買掛金が 3,248 百万円増加したことな どによります。 純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ 10.1%減少し、49,276 百万円となりました。これは 主として利益剰余金が親会社株主に帰属する当期損失 5,206 百万円や剰余金配当 667 百万円による 減少などにより 5,832 百万円減少したことによります。また自己資本比率は、前連結会計年度末に比べ 2.9 ポイント減少し 39.1%となりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

評価 換算差額等 その他有価証券評価差額金 評価 換算差額等合計 純資産合計 平成 26 年 4 月 1 日残高 ,232,121 当期変動額 剰余金の配当 193,300 当期純利益 897,219 株主資本以外の項目の当期変動額 ( 純額 ) 5,460 5,460 5,46

評価 換算差額等 その他有価証券評価差額金 評価 換算差額等合計 純資産合計 平成 26 年 4 月 1 日残高 ,232,121 当期変動額 剰余金の配当 193,300 当期純利益 897,219 株主資本以外の項目の当期変動額 ( 純額 ) 5,460 5,460 5,46

2.法人税等税率変更による繰延税金資産及び繰延税金負債金額修正 「所得税法等一部を改正する法律」 (平成27年法律第9号)及び「地方税法等 一部を改正する法律」 (平成27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成 27年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等引下げ等が行われることと なりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債計算に使用する法定実 効税率は従来35.64%から平成27年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれ る一時差異については33.10%に、平成28年4月1日に開始する事業年度以降に解消 が見込まれる一時差異については、32.34%となります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

評価 換算差額等 その他有価証券評価差額金 評価 換算差額等合計 純資産合計 平成 28 年 4 月 1 日残高 3,022 3,022 30,837,402 当期変動額 剰余金の配当 193,300 当期純利益 1,446,814 株主資本以外の項目の当期変動額 ( 純額 ) 2,239 2,23

評価 換算差額等 その他有価証券評価差額金 評価 換算差額等合計 純資産合計 平成 28 年 4 月 1 日残高 3,022 3,022 30,837,402 当期変動額 剰余金の配当 193,300 当期純利益 1,446,814 株主資本以外の項目の当期変動額 ( 純額 ) 2,239 2,23

消費税等会計処理は、税抜方式によっております。 6.会計方針変更 (平成28年度税制改正に係る減価償却方法変更に関する実務上取扱い適用) 当社は、法人税法改正に伴い、 「平成28年度税制改正に係る減価償却方法変 更に関する実務上取扱い」 (実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業 年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減 価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

当第2四半期連結会計期間末における流動資産は4,044百万円となり、前連結会計年度末に比べ41百万円減少い たしました。これは主に現金及び預金が27百万円増加した一方、受取手形及び売掛金が50百万円、繰延税金資産が 39百万円減少したことによるものであります。 当第2四半期連結会計期間末における固定資産は1,139百万円となり、前連結会計年度末に比べ179百万円増加い たしました。これは主に建物(額)が22百万円、工具、器具及び備品(額)が16百万円、ソフトウェアが69百 万円、関係会社株式が58百万円、差入保証金が59百万円増加した一方、のれんが19百万円、ソフトウェア仮勘定が 32百万円減少したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

  報告セグメント状況は以下とおりであります。 (マーケティングソリューションセグメント) マーケティングソリューションセグメントにおきましては、当連結会計年度において、オンラインゲーム事業を 営むファイブスターズゲーム株式会社全株式を売却した事により連結範囲から除外しており、売上減少要因 となりました。利益面につきましては、利益高いプログラマティック広告売上減少や、人件費増加が影響 しました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

( 注 )1. 平成 28 年 12 月期 ( 実績 ) 及び平成 29 年 12 月期第 3 四半期累計期間 ( 実績 ) の1 株当たり当期 ( 四半期 ) 純利益は期中平均発行済株式数により算出しております 2. 平成 29 年 12 月期 ( 予想 ) の1 株当たり当期純利益は 公募株式数

( 注 )1. 平成 28 年 12 月期 ( 実績 ) 及び平成 29 年 12 月期第 3 四半期累計期間 ( 実績 ) の1 株当たり当期 ( 四半期 ) 純利益は期中平均発行済株式数により算出しております 2. 平成 29 年 12 月期 ( 予想 ) の1 株当たり当期純利益は 公募株式数

当社グループ属する不動産業界は、政府による金融緩和政策に伴う金利低下長期化や不動 産に対する銀行融資条件緩和等により投資用不動産需要は拡大しております。 このような事業環境もと、当社グループでは、東京 23 区における晩婚化や高齢化等による人 口構造変化に伴い、単身者や少人数世帯コンパクトタイプ賃貸マンション需要は底堅い需 要が継続するものと考え、これら社会変化を積極的に捉え、不動産ソリューション事業とプロ パティマネジメント事業を提供してまいりました。このような状況下、当社は平成 29 年7月 24 日取締役会におきまして計画を修正しており、平成 29 年6月まで実績値に、平成 29 年7 月から平成 29 年 12 月まで計画値を勘案して策定しております。平成 29 年 12 月期業績 は、売上高 17,118 百万円(前期比 47.5%増)、営業利益 1,023 百万円(前期比 71.7%増)、経 常利益 1,011 百万円(前期比 91.1%増)、親会社株主に帰属する当期利益 642 百万円(前期比 95.4%増)を見込んでおります。
さらに見せる

14 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

船橋競馬は、前期比1日増となる55日開催されました。前年度6月にスタートし、2年目を迎えたナイター競馬 「ハートビートナイター」は、本年度は4月からスタートいたしました。5月にはビッグレース「かしわ記念」が 開催され、同日には恒例「おうまフェス2016~親子であそぼ。~」を近隣商業施設と共に主催し好評を博しまし た。また、南関東他場開催(川崎・大井・浦和)場外発売は前期同様210日実施されました。JRA場外発売 施設「J-PLACE船橋」で発売は前期同様51日実施されました。なお、4月にオープンした複合型場外発売 施設「サテライト船橋・オートレース船橋」で発売は357日実施されました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

金融市場において長期金利は、米国金利上昇を受け、平成30年2月に10年国債金利は一時0.1%近辺まで上 昇したものの、その後は株安に伴う債券買い等により、小幅に金利低下が進みました。日経平均株価は、企業 好業績へ期待感から上昇し、平成30年1月には一時24,000円台まで上昇したものの、その後は米国株安を 受けて下落基調となり、概ね21,000円台で推移となりました。為替は、株高基調を受け110円前半で推移が 続きましたが、平成30年3月には、米中貿易摩擦へ懸念等から約1年4カ月振り円高水準となり、年度末 には106円台で推移となりました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

評価 換算差額等 その他有価証券評価差額金 評価 換算差額等合計 純資産合計 平成 29 年 4 月 1 日残高 5,261 5,261 32,093,156 当期変動額 剰余金の配当 193,300 当期純利益 1,517,252 株主資本以外の項目の当期変動額 ( 純額 )

評価 換算差額等 その他有価証券評価差額金 評価 換算差額等合計 純資産合計 平成 29 年 4 月 1 日残高 5,261 5,261 32,093,156 当期変動額 剰余金の配当 193,300 当期純利益 1,517,252 株主資本以外の項目の当期変動額 ( 純額 )

6.会計方針変更 会計上見積り変更と区別することが困難な会計方針変更  従来、当社は物流ビルA棟一部減価償却方法については定率法を採用して おりましたが、当事業年度より定額法に変更しております。これは、当該建物 取り壊しを決定したことから、供用可能期間にわたり減価償却費を均等に配分す ることが費用収益を対応させる観点から、より適切であると判断したためであり ます。したがって、耐用年数は営業終了予定月まで期間とし、将来にわたり変 更しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...