2016年度に消費者庁に通知された消費者事故等は1万186件

Top PDF 2016年度に消費者庁に通知された消費者事故等は1万186件:

News Release 平成 27 年 4 月 2 日 消費者安全法の重大事故等に係る公表について 消費者安全法に基づき 平成 27 年 3 月 23 日から平成 27 年 3 月 29 日までに関係行政機関等から生命 身体被害に関する消費者事故等として通知された事案は 63 件 うち重大事故等と

News Release 平成 27 年 4 月 2 日 消費者安全法の重大事故等に係る公表について 消費者安全法に基づき 平成 27 年 3 月 23 日から平成 27 年 3 月 29 日までに関係行政機関等から生命 身体被害に関する消費者事故等として通知された事案は 63 件 うち重大事故等と

管理番号 事故発生日 通知受理日 製品名 被害状況 事故内容 事故発生 都道府県 備考 G1150323-01 平成27年3月17日 平成27年3月23日 電気冷凍庫 火災 当該電気冷凍庫を焼損する火災が発生。発火源も 含め、現在、原因を調査中。 石川県 G1150323-02 平成27年1月13日 平成27年3月23日 バッテリー(携帯端末用) 火災 当該バッテリー(携帯端末用)を焼損する火災が発 生。発火源も含め、現在、原因を調査中。 群馬県

7 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(サッカーの授業中の死亡事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(サッカーの授業中の死亡事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

(2)地方公共団体より4(食品-、製品-2、役務-) (3)消費安全調査委員会(消費)より0 2.重大事故として通知事案( 27 ) ()関係行政機関( 27

7 さらに読み込む

資料7 平成24年度インターネット広告・表示(年間24,000件)の監視結果 インターネット消費者取引連絡会|消費者庁

資料7 平成24年度インターネット広告・表示(年間24,000件)の監視結果 インターネット消費者取引連絡会|消費者庁

販売事業、当該美容クリーム 「細胞の老化を遅らせる」の著 しい美肌効果があるかについて、 メーカー側合理的な根拠を確認 することなく表示してい。 この美容クリームを使用するだけ で実際以上著しい美肌効果が得 られると誤認せるおそれがある。

3 さらに読み込む

年末年始、高齢者のもち等による窒息事故にご注意! 事故情報の一元化|消費者庁

年末年始、高齢者のもち等による窒息事故にご注意! 事故情報の一元化|消費者庁

「子どもの窒息事故ご注意ください!」(平成24年8月24日) http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120824kouhyou_1_1.pdf 5.事故が起きてしまっときの参考:応急手当 窒息事故が起き場合の応急手当の方法について、 別紙のとおりです。 万が一の時参考してください。

5 さらに読み込む

照会専門員(消費者安全課事故調査室)の募集について 採用情報|消費者庁

照会専門員(消費者安全課事故調査室)の募集について 採用情報|消費者庁

② 関連業務補助(パソコンでの文書作成(MS-Excel,MS-Word )) ③ その他消費安全課長が必要と認める業務 3. 応募資格 次の①又は②の要件を満たすもの(利害関係を有する職業との兼業不可)。年齢不問。

2 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(プール施設の脱水機での重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(プール施設の脱水機での重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

管理番号 事故発生日 通知受理日 製品名 被害状況 事故内容 事故発生 都道府県 備考 G1170424-04 平成29年4月16日 平成29年4月24日 普通乗用自動車 火災 当該普通乗用自動車を焼損する火災が発生。発火 源も含め、現在、原因を調査中。 北海道 G1170424-05 平成29年4月17日 平成29年4月24日 普通乗用自動車 火災 当該普通乗用自動車を焼損する火災が発生。発火 源も含め、現在、原因を調査中。 広島県 G1170424-06 平成29年4月19日 平成29年4月24日
さらに見せる

9 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(保育サービスでの重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(保育サービスでの重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

管理番号 事故発生日 通知受理日 製品名 被害状況 事故内容 事故発生 都道府県 備考 E3161219-01 平成28年12月19日 平成28年12月19日 運輸サービス(乗合バス) 重傷1名(70歳代) 乗合バスがバス停から発車し際、当該バス停か ら乗車し乗客席を譲ろうとし他の乗客1名が 転倒し、骨折する重傷。

7 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(介護サービスでの重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(介護サービスでの重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

管理番号 事故発生日 通知受理日 製品名 被害状況 事故内容 事故発生 都道府県 備考 E3170123-01 平成29年1月20日 平成29年1月23日 運輸サービス(乗合バス) 重傷1名(70歳代) 乗合バスが運行中、圧雪により凹凸が激しくなっ 路面で車体が大きく弾み、この振動で乗客1名が座 席から滑り落ち、腰椎破裂骨折の重傷。

8 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(露天風呂での重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(露天風呂での重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

(2)地方公共団体(2) ●製品による事故情報() ●役務による事故情報() 注: ()及び(2)の事案について、被害拡大のおそれがあり得ると考え られることから、 通知に対して対応状況を確認し、 その結果を踏まえ、 今後の対応を検討する予定。

11 さらに読み込む

平成25年度消費者庁政策評価書(概要)[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成25年度消費者庁政策評価書(概要)[PDF: ] 政策評価|消費者庁

 以上のとおり、目標向けて一定の成果を挙げているものの、法制度 の周知徹底や制度の検討について引き続き取組むべき課題であるこ とから、「相当程度進展あり」と判断し。  個人情報保護法について、事業からの漏えい事案が引き続き注 目を集める、個人情報の取扱いに対する国民の不安感根強いも のがあり、個人情報の取扱いに対する苦情・問合せ依然として多くあ る。また、「パーソナルデータの利活用に関する制度見直し方針」基づ き、平成27年通常国会関連法案を提出することとており、今後も 法案提出向け検討が進められることとなる。さらに、個人情報の取 扱い係る国際的なルールの検討も、急速進展している。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成25年度消費者庁政策評価書[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成25年度消費者庁政策評価書[PDF: ] 政策評価|消費者庁

目標達成度合いの 測定結果 相当程度進展あり ・法制度の検討に関する業務に関して、「消費の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判 手続の特例に関する法律案」を平成25年4月国会提出し(同年12月成立)ほか、景品表示法への 課徴金制度の導入について消費委員会へ諮問を行う(平成25年12月)とともに、消費委員会(専門 調査会)における出席・資料提供を通じて制度の在り方について検討を行っ。また、消費契約法 ついては、消費委員会における「消費契約法に関する調査作業チーム」の会合や法務省における 「法制審議会民法(債権関係)部会」への出席を行うとともに、消費において「消費契約法の運用 状況に関する検討会」を設置・開催し、消費契約法の見直し向け本格的検討の準備作業として、 消費契約法の運用状況を踏まえ立法事実の把握や論点の整理を行っ
さらに見せる

39 さらに読み込む

資料4 「消費者庁越境消費者センター(CCJ)」を国民生活センターに移管します インターネット消費者取引連絡会|消費者庁

資料4 「消費者庁越境消費者センター(CCJ)」を国民生活センターに移管します インターネット消費者取引連絡会|消費者庁

これら対処するため、平成 27 年度以降、本事業を独立行政法人国民生活センター (以下「国民生活センター」という。 )移管して実施することとしまし。これよ り、 ①より高度な消費生活相談対応するための知見・ノウハウの確保や全国の消費生 活センターとの連携の強化、 ②海外機関からの信頼確保による連携の更なる拡大、 ③ 国民生活センターの情報発信力やノウハウを活用し、 より効果的な消費への啓発・ 注意喚起が期待できます。
さらに見せる

4 さらに読み込む

平成26年度消費者庁事前分析表[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成26年度消費者庁事前分析表[PDF: ] 政策評価|消費者庁

 行政機関や事業から関係法令基づき事故情報を収集するとともに、医療機関を含む多様な主体から事故情報を幅広く収集する。  収集し事故情報を定期的公表するとともに、消費への注意喚起、事業への働きかけの対応を行う。  重大事故が発生し場合の緊急時、必要応じ、関係省庁による緊急対策本部を設置し、的確対応する。  食品を始めとし消費安全に関し、時宜適っテーマを選定し、消費正確な情報を提供し、理解を深め、自らの判断により適切な消費行動が行えるよう、継続してリスクコミュニケーション を推進していくこととしている。特に、食品中の放射性物質に関して消費の目線立ち、関係府省庁、地方公共団体、消費団体と連携しつつ、消費への分かりやすい情報提供、消費 とのリスクコミュニケーションの強化努めている。
さらに見せる

34 さらに読み込む

電気ケトルの転倒等による乳幼児の熱傷事故にご注意ください 事故情報の一元化|消費者庁

電気ケトルの転倒等による乳幼児の熱傷事故にご注意ください 事故情報の一元化|消費者庁

)当該事案を取り上げる経緯 消費、医療機関ネットワーク事業 ※ 参加している病院より、電気 ケトルの転倒により熱傷を負っという情報が 15 ※2 (平成 24 年 10 月末現 在) 、事故情報データバンク寄せられています。このほか、日本小児科 学会 Injury Alert(傷害速報)も2報告ています。

8 さらに読み込む

News Release 平成 30 年 10 月 26 日 電動シャッター動作時の事故に注意! 今般 消費者安全調査委員会より 電動シャッター動作時の事故 に係る事故等原因調査の報告書が取りまとめられ 調査委員会から消費者庁長官に対し 消費者への周知に関する意見が提出されました こうした意見を踏ま

News Release 平成 30 年 10 月 26 日 電動シャッター動作時の事故に注意! 今般 消費者安全調査委員会より 電動シャッター動作時の事故 に係る事故等原因調査の報告書が取りまとめられ 調査委員会から消費者庁長官に対し 消費者への周知に関する意見が提出されました こうした意見を踏ま

3. 電動シャッターをお持ちの方への注意 ()可能な限り安全装置を取り付けましょう 電動シャッター、挟まり事故を防止するため、下記のようないろいろな 安全装置があります。現在販売ている電動シャッターで、これらの安全装置 のいずれかが標準装備ているものが多いですが、20 年以上前の古い電動シャ ッターで安全装置が付いていないものも多くあります 2 。
さらに見せる

6 さらに読み込む

「消費者庁越境消費者センター(CCJ)」を国民生活センターに移管します インターネットをめぐる消費者トラブル|消費者庁

「消費者庁越境消費者センター(CCJ)」を国民生活センターに移管します インターネットをめぐる消費者トラブル|消費者庁

これら対処するため、平成 27 年度以降、本事業を独立行政法人国民生活センター (以下「国民生活センター」という。 )移管して実施することとしまし。これよ り、 ①より高度な消費生活相談対応するための知見・ノウハウの確保や全国の消費生 活センターとの連携の強化、 ②海外機関からの信頼確保による連携の更なる拡大、 ③ 国民生活センターの情報発信力やノウハウを活用し、 より効果的な消費への啓発・ 注意喚起が期待できます。
さらに見せる

4 さらに読み込む

こどもの窒息事故(平成24年8月24日付消費者庁通知より) こどもの事故を防ぐために|浦安市公式サイト

こどもの窒息事故(平成24年8月24日付消費者庁通知より) こどもの事故を防ぐために|浦安市公式サイト

●急いで飲み込まないよう、ゆっくりとよく噛み砕いてから飲み込むよう注意 をうながす。 ●食べ物を口入れまましゃべったり、 テレビを見ながらの食事せない。 ●遊びながら、歩きながら、寝ころんだままものを食べさせない。

4 さらに読み込む

平成24年度消費者庁政策評価書[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成24年度消費者庁政策評価書[PDF: ] 政策評価|消費者庁

消費基本計画 施策番号60番  未公開株、社債、 ファンド取引を利 用し高齢などを 狙っ詐欺的商法 よる新たな消費被 害の事案について、 情報集約から取締り までを一貫してかつ 迅速行う体制のも と、取締りを強化し ます。また、高齢 被害が集中してい ることを踏まえ、多 様なチャネルを通じ 注意喚起・普及啓 発を強化します。、被害の防止・ 回復の迅速化向 けた制度の運用・整 備の在り方について も検討を行います。  特に、無登録業者 や無届募集よ る違法な勧誘行為 ついて、国民対す る情報提供と注意喚 起を一層充実せま す。悪質な業者対 して文書による警 告を行うほか、関係 行政機関の間で情報 交換・意見交換を行 うことにより、被害 の未然防止及び拡大 防止を図ります。
さらに見せる

64 さらに読み込む

平成22年度消費者庁政策評価書[PDF:] 政策評価|消費者庁

平成22年度消費者庁政策評価書[PDF:] 政策評価|消費者庁

2 各観点からの検討 ()必要性 ①景品表示法の運用について、消費が適正な選択を行える意思決定環境を創出・確保する観点から、商品又はサービスの品質 の内容や価格の取引条件について誤認を与えることにより消費の適正な選択を妨げる不当な表示に対して、景品表示法基づ いて厳正対処すること必要不可欠である。また、景品表示法の普及・啓発を図り、事業における法令遵守の取組を支援する こと、同法違反行為の未然防止を図る観点から必要不可欠である。さらに、不当な表示や過大な景品類、短期間のうち、そ の内容がエスカレートし、際限なく広がっていくおそれを有している。このような不当な表示を効果的規制するため、規 制当局の限らリソースだけで困難であるところ、業界自らが自主的かつ積極的守るべきルールとして定め公正競争規約 が積極的活用、円滑な運用が行われるよう関連団体を支援すること景品表示法違反行為の未然防止の観点からも必 要不可欠である。
さらに見せる

45 さらに読み込む

日本の消費者行政の仕組みと越境消費者センター (CCJ) 支援消費者地域の消費者行政の推進 処分 指導 助言 あっせん 啓発 相談 国の消費生)建議等消費者委員会 活センタ( 独 ) 国民生活センターー消費者庁 隙間事案 への対応( 勧告等 ) 消費者に身近な諸法律を所管 執行 等 消費者庁 越境消

日本の消費者行政の仕組みと越境消費者センター (CCJ) 支援消費者地域の消費者行政の推進 処分 指導 助言 あっせん 啓発 相談 国の消費生)建議等消費者委員会 活センタ( 独 ) 国民生活センターー消費者庁 隙間事案 への対応( 勧告等 ) 消費者に身近な諸法律を所管 執行 等 消費者庁 越境消

* 総務省「平成26年度家計調査」 * 統計処理の便宜上、決済時の実為替レートでなく、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が発表している、各年のTTS(電信売 相場)およびTTB(電信買相場)の各年間平均値から、CCJにおいて年間平均の中間値(中値)を算出し、一括換算し。また、USD、 EUR、GBP以外の通貨によるトラブル金額、本分析において含んでいない。各レートの状況以下のとおり。

27 さらに読み込む

Show all 10000 documents...