• 検索結果がありません。

年度においても確保方策の不足(1 号:▲

資料61 子ども・子育て支援事業の「量の見込み」・「確保方策」の見直しについて 平成25・26年度浦安市子ども・子育て会議 議事録|浦安市公式サイト

資料61 子ども・子育て支援事業の「量の見込み」・「確保方策」の見直しについて 平成25・26年度浦安市子ども・子育て会議 議事録|浦安市公式サイト

... ① 1認定・・・3歳~5歳 幼稚園標準時間利用 ②一時預かり、一時保育、ファミリー・サポート・センター事業(就学前)、トワイライトステイ ③子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター)(就学児) 平成26年7月までを目途に ...

7

形式資料11 確保方策について 平成26年度第5回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料及び議事録 | いわき市役所

形式資料11 確保方策について 平成26年度第5回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料及び議事録 | いわき市役所

... このことから、本年8月に実施した幼稚園に対する意向調査結果を反映 させ、認定こども園移行希望を踏まえて設定しているが、認定こども園で 確保しきれない2認定(教育希望)は、1認定として設定する。 (1認 定で確保することにより、需要は満たされている) 。 ...

4

資料2 教育・保育の量の見込み及び確保方策の変更について 平成29年度(第2回)熊本県子ども・子育て会議を開催しました  熊本県

資料2 教育・保育の量の見込み及び確保方策の変更について 平成29年度(第2回)熊本県子ども・子育て会議を開催しました 熊本県

... 中間年における教育・保育見込み見直しにおいては、上記ア及びイ 要因を精査上、平成 31 年度末まで「①推計児童数」と「②潜在家庭類 型・③利用意向率」を改めて算出上、 「量見込み」補正を行う。 その際、 ...

77

1 計画改訂の趣旨 (1) 趣旨 1 (2) 見直しのための考え方 2 (3) 対象期間 2 (4) 対象事業 2 2 教育 保育の 量の見込み 及び 確保方策 について (1) 就学前の推計児童数 3 (2) 教育 保育の 量の見込み 3 (3) 量の見込み に対する 確保方策 4 (4) 見直し

1 計画改訂の趣旨 (1) 趣旨 1 (2) 見直しのための考え方 2 (3) 対象期間 2 (4) 対象事業 2 2 教育 保育の 量の見込み 及び 確保方策 について (1) 就学前の推計児童数 3 (2) 教育 保育の 量の見込み 3 (3) 量の見込み に対する 確保方策 4 (4) 見直し

... 就学前人口は、減少傾向ですが保育所へ申込数は、各年度4月現在でH27年度1,822人、H28年 度2,071人、H29年度2,200人と増加しており、保育ニーズは年々高まっています。 ...

9

「地方財源不足額」は本当に解消されているのか?―先送りされ続ける臨時財政対策債の償還財源確保

「地方財源不足額」は本当に解消されているのか?―先送りされ続ける臨時財政対策債の償還財源確保

... いないことが影響しているであろう。その推定金額は、2016 年度末時点で都道府県 33.0 兆円、市町 村 22.8 兆円と、それぞれ臨時財政対策債残高を僅かながら上回っている。これら数字には不 交付団体分含まれているため、割り引いて見る必要はあるが、その合計額 ...いえ、2018 年度末時点で 31.6 ...

14

報告第 6 号 平成 2 9 年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率の報告につ いて 担 当 財政課 目的 平成 2 9 年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率が確定したので 地方 公共団体の財政の健全化に関する法律 ( 平成 1 9 年法律第 9 4 号 ) 第 3 条第 1 項及 び

報告第 6 号 平成 2 9 年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率の報告につ いて 担 当 財政課 目的 平成 2 9 年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率が確定したので 地方 公共団体の財政の健全化に関する法律 ( 平成 1 9 年法律第 9 4 号 ) 第 3 条第 1 項及 び

... 額 引 上 げ 〔 附 則 第 5 条 関 係 〕 平 成 3 3 年 度 以 後 所 得 割 に つ い て 、 前 年 総 所 得 金 額 、 退 職 所 得 金 額 及 び 山 林 所 得 金 額 合 計 所 得 金 額 が 3 5 万 円 に 本 人 、 同 一 生 計 配 偶 者 及 び 扶 養 親 族 合 計 数 を 乗 じ て 得 た ...

39

第 3 章サービス見込量と確保のための方策 1. 平成 32 年度の成果目標 (1) 施設入所利用者の地域生活への移行 国の基本指針 平成 32 年度における数値目標 平成 28 年度末時点の施設入所者数の9% 以上が地域生活へ移行する 平成 28 年度末時点の施設入所者数から2% 以上削減する 和

第 3 章サービス見込量と確保のための方策 1. 平成 32 年度の成果目標 (1) 施設入所利用者の地域生活への移行 国の基本指針 平成 32 年度における数値目標 平成 28 年度末時点の施設入所者数の9% 以上が地域生活へ移行する 平成 28 年度末時点の施設入所者数から2% 以上削減する 和

... 【日中活動系サービス見込量に対する確保方策】 サービス提供事業所と連携しながら、利用ニーズに応じたサービス提供を行うことができ るよう、さらなる利用定員拡大と新たな事業所参入を促進します。 生活介護については、障害者地域における日中活動場として不可欠なサービスです。 ...

35

平成28年度健全化判断比率・資金不足比率

平成28年度健全化判断比率・資金不足比率

...  次に、将来負担比率を除く3つ指標うち、ひとつでも財政再生基準を超えた場合、 「財政再生団体」となり、国や県関与による確実な再生に取り組まなければなりませ ん。具体的には、財政健全化計画と同様、議会議決を経たうえで「財政再生計画」 策定、公表及びその実施状況議会へ報告、公表が義務付けられます。また、財政運営 ...

15

消防隊員が行う暑熱順化トレーニングの具体的方策に関する検証 (平成25年-第50号)

消防隊員が行う暑熱順化トレーニングの具体的方策に関する検証 (平成25年-第50号)

... 21 年度から自ら 身体を暑い環境に適応させる「暑熱順化」に着目し検 証を行っており、平成 21 年度検証で、3部制交替勤務 サイクルで防火衣等完全着装で一定強度以上運動 を行えば、暑熱順化を形成することが可能であること ...

7

資料3 コンビニエンスストアの 人手不足 と経営 武蔵大学経済学部 土屋直樹 2018 年度に経済産業省が加盟者 オーナー に対して行った調査によると1 従業員 が不足している と回答した割合は 61 にも上り 十分に足りており何かあっても対応で きる としたのはわずか6 でしかなかった 不足と回答

資料3 コンビニエンスストアの 人手不足 と経営 武蔵大学経済学部 土屋直樹 2018 年度に経済産業省が加盟者 オーナー に対して行った調査によると1 従業員 が不足している と回答した割合は 61 にも上り 十分に足りており何かあっても対応で きる としたのはわずか6 でしかなかった 不足と回答

... ・廃棄費用を減らす方策一つは、発注量を抑制することである。しかしそれには、品切 れが発生して販売機会喪失(機会ロス)を招くおそれがともなう。したがって加盟店は、 廃棄ロスと機会ロス双方を勘案しバランスをはからなければならない。しかし本部方 は、廃棄ロスをほとんど負担しないため、その抑制誘因は働かない一方で、機会ロスにつ ...

13

目次 Ⅰ 取組の位置づけ 1 Ⅱ 計画の期間 1 Ⅲ 進行管理 1 Ⅳ 平成 30 年度主要施策の体系 2 Ⅴ 平成 30 年度個別事業計画 4 1. 安全を確保するための方策 (1) 生産段階での安全確保 4 (2) 製造 加工 流通 販売段階での安全確保 5 (3) 消費段階での安全確保 14

目次 Ⅰ 取組の位置づけ 1 Ⅱ 計画の期間 1 Ⅲ 進行管理 1 Ⅳ 平成 30 年度主要施策の体系 2 Ⅴ 平成 30 年度個別事業計画 4 1. 安全を確保するための方策 (1) 生産段階での安全確保 4 (2) 製造 加工 流通 販売段階での安全確保 5 (3) 消費段階での安全確保 14

... (HACCP システム)構築に対する支援 農業水産振興課 9 16 食品等事業者へ HACCP システム導入推進 衛生指導課 9 17 食品等事業者自主衛生管理推進 衛生指導課 9 18 食品衛生監視指導計画に基づく収去検査 衛生指導課 10 7 学校給食における安全確保 教育総務課 10 8 ...

24

平成28年度 健全化判断比率・資金不足比率

平成28年度 健全化判断比率・資金不足比率

... また、 土地開発公社や第三セクター負債うち、 損失補償する契約をしてい るものについて、公社など経営状況によっては、将来、一般会計で負担しな ければならないことあり得ます。 さらに、 市職員が全員退職した場合に支払われる退職金加えて、現時点で確 定している将来財政負担や、 想定される財政負担を、 ...

15

11 資料1_各県の課題と対応方策等

11 資料1_各県の課題と対応方策等

... 〈対応方策〉 軽度者対策として個別会議機能強化については,国モデル事業を活用し県独自 アドバイザーを養成し,市町村へ派遣支援を実施していくこととしている。 制度改正に伴う事業移行について円滑に進捗するよう,保健福祉事務所とも連携し進捗管理を行 いながらヒアリング等で確認し,支援を行っていく。 ...

15

平成25年度 健全化判断比率・資金不足比率

平成25年度 健全化判断比率・資金不足比率

... また、 土地開発公社や第三セクター負債うち、 損失補償する契約をしてい るものについて、公社など経営状況によっては、将来、一般会計で負担しな ければならないことあり得ます。 さらに、 市職員が全員退職した場合に支払われる退職金加えて、現時点で確 定している将来財政負担や、 想定される財政負担を、 ...

15

3 処分理由別添 1,2の派遣元事業主は 1 労働者派遣法第 23 条第 3 項において 関係派遣先派遣割合報告書を提出しなければならないとされているにもかかわらず 平成 25 事業年度 26 事業年度 または 27 事業年度分について 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する

3 処分理由別添 1,2の派遣元事業主は 1 労働者派遣法第 23 条第 3 項において 関係派遣先派遣割合報告書を提出しなければならないとされているにもかかわらず 平成 25 事業年度 26 事業年度 または 27 事業年度分について 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する

... 73 )(抄) 附則(特定労働者派遣事業に関する経過措置) 第六条 この法律施行際現に旧法第十六条第一項規定により届出書を提出して特定労働者派遣 事業(旧法第二条第五に規定する特定労働者派遣事業をいう。)を行っている者は、施行日から起 ...

7

平成19年度 健全化判断比率・資金不足比率

平成19年度 健全化判断比率・資金不足比率

... また、 土地開発公社や第三セクター負債うち、 損失補償する契約をしている ものについて、公社など経営状況によっては、将来、一般会計で負担しなけれ ばならないことあり得ます。 さらに、 市職員が全員退職した場合に支払われる退職金加えて、 現時点で確定 している将来財政負担や、 想定される財政負担を、 ...

14

足 超に転じ 足元の 15 年半ばまで 不足 超幅が拡大を続けている この雇用判断 D.I. の 不足 超幅は 業況判断 D.I. の値が直近の値よりも高かったバブル景気の 199 年前後の 不足 超幅より も大きく これまでにない大きな値となっており 人手不足が深刻な状況となっていることが窺える

足 超に転じ 足元の 15 年半ばまで 不足 超幅が拡大を続けている この雇用判断 D.I. の 不足 超幅は 業況判断 D.I. の値が直近の値よりも高かったバブル景気の 199 年前後の 不足 超幅より も大きく これまでにない大きな値となっており 人手不足が深刻な状況となっていることが窺える

... く、今後高齢者増加によって医療、介護サービスに対する需要は増えることから、足元増加数 状況を勘案すると全従業者に占める構成比が最も高くなることが見込まれる。一方、 「建設業」では 2,519 人減と最も減少し、次いで「運輸業,郵便業」 (1,584 人減) 、 「生活関連サービス業,娯楽業」 (1,226 人減) 、 「宿泊業,飲食サービス業」 ...

15

2. 国に対する重点要望事項 (1) 待機児童解消に向けた取組の推進 1 子育て安心プラン に基づく受け皿の整備 保育人材の確保政府は 待機児童解消加速化プラン において 2013 年度から2017 年度末までの5 年間で新たに50 万人分の保育の受け皿を確保し 待機児童を解消することを公表した 同

2. 国に対する重点要望事項 (1) 待機児童解消に向けた取組の推進 1 子育て安心プラン に基づく受け皿の整備 保育人材の確保政府は 待機児童解消加速化プラン において 2013 年度から2017 年度末までの5 年間で新たに50 万人分の保育の受け皿を確保し 待機児童を解消することを公表した 同

... 厚生年金とともに徴収されており、料率 引き上げが続いていることから、企業にとって負担感が増している。改正子ども・子育 て支援法により、事業主拠出金法定上限率が0.25%から0.45%に、2018年 度料率は0.29%に引き上げられる 見込みだが、事業主拠出金6割弱は中小企業が ...

18

目次 1 はじめに 1 2 信用事業強化計画を実施するために行う指導の進捗状況 2 (1) 農業者に対する信用供与の円滑化その他の当組合が主として事業を行っている地域における経済の活性化に資する方策への指導 2 (2) 財務内容の健全性および事業の健全かつ適切な運営の確保のための方策への指導 7 (

目次 1 はじめに 1 2 信用事業強化計画を実施するために行う指導の進捗状況 2 (1) 農業者に対する信用供与の円滑化その他の当組合が主として事業を行っている地域における経済の活性化に資する方策への指導 2 (2) 財務内容の健全性および事業の健全かつ適切な運営の確保のための方策への指導 7 (

... 26 年度は,当組合管内農 業法人 10 先(11 月末現在)に対し,当組合と当金庫による同行訪問等を実 施し,農業者ニーズ把握や資金対応にかかる相談を行うとともに,ノウハ ウ共有化等必要な指導・サポートを行っております。加えて,平成 26 年 10 月に,県段階農協系統諸団体と連携し,農業法人等担い手経営体 ...

17

1. 国際シンポジウム 今後のわが国の介護サービス従事者の確保や介護サービスの充実の方策について考えます! フ ロク ラム 1 介護サービス従事者をいかに確保するか? ~ ドイツ 米国 日本の比較から今後の課題とその対策を考える手話通訳 開催日時 : 平成 27 年 10 月 8 日 ( 木 )13

1. 国際シンポジウム 今後のわが国の介護サービス従事者の確保や介護サービスの充実の方策について考えます! フ ロク ラム 1 介護サービス従事者をいかに確保するか? ~ ドイツ 米国 日本の比較から今後の課題とその対策を考える手話通訳 開催日時 : 平成 27 年 10 月 8 日 ( 木 )13

... ~いつまで元気に働く「10 コツ!」展 さまざまな生活場面中でも、人々生活を支え、健康、生きがいに繋がっているが「働く」場面です。 日本はどの国より早く超高齢社会を迎え、経験を重ね、ネットワークが広い熟年方々は、今後ますます ...

8

Show all 10000 documents...

関連した話題