平成18年6月期 第1四半期財務・業績の概況(連結)

Top PDF 平成18年6月期 第1四半期財務・業績の概況(連結):

平成20年3月期第1四半期財務・業績の概況(連結・個別) IRニュース|IR・PRニュース|株主・投資家の皆様へ|株式会社ミロク情報サービス

平成20年3月期第1四半期財務・業績の概況(連結・個別) IRニュース|IR・PRニュース|株主・投資家の皆様へ|株式会社ミロク情報サービス

2.連結財政状態に関する定性的情報 (1) 当四半期財政状態状況 当四半期総資産は、前連結会計年度末に比べ13億92百万円減少して193億95百万円となりました。 主な要因は、流動資産では、現金及び預金が5億10百万円、経営支援サービス事業営業貸付金が5億56百万円増加 し、連結子会社が取引先倒産に伴い債権取消を行ったことなどにより受取手形及び売掛金が25億77百万円減少、固 定資産では、償却費計上によりソフトウェアが億48百万円減少したことによるものであります。
さらに見せる

17 さらに読み込む

平成○年○月期 第○四半期財務・業績の概況(連結)

平成○年○月期 第○四半期財務・業績の概況(連結)

連結及び持分法適用範囲異動有無 : 有 連結(新規) 2社 (除外) -社 持分法(新規) -社 (除外) -社 2.平成 20 2月四半期財務業績概況平成 19 3月日 ~ 平成 19 5月 31 日) (1) 経営成績(連結進捗状況 (注)百万円未満を切捨表示しております。

5 さらに読み込む

平成20 年3月期 第1四半期財務・業績の概況

平成20 年3月期 第1四半期財務・業績の概況

また、当行営業基盤である東海地方経済においては、自動車関連企業業績が好調に推移し、設備投 資が増加を続けているほか、雇用・所得も改善を続け、個人消費は緩やかに回復してまいりました。 このような情勢下、当行グループは中期経営計画『THE NEXT』に基づき、積極的な営業活動を展 開するとともに、資金効率的な運用・調達並びに経営全般にわたる合理化に努めてまいりました。その結 果、平成203月四半期経営成績は、経常利益で7,63百万円、四半期純利益で3,37 百万円となりました。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2007年度(平成20年3月期) 第3四半期財務・業績の概況

2007年度(平成20年3月期) 第3四半期財務・業績の概況

アドバンスオートメーション事業 国内市場におきましては、安全操業や省エネなど環境対応へニーズは依然として高く、機能素 材など高付加価値製品へ設備投資や老朽化設備更新など投資も堅調に推移する一方、半導体 など一部市場で設備投資が弱含みに推移し、受注高頭打ち傾向が見られました。国際事業におき ましては、グローバルな市場拡大が継続する中、重点地域として注力した中国・韓国・東南アジア地 域で引き続き堅調な伸びを実現するとともに、欧米においても事業伸長を図ることができました。こ 結果、アドバンスオートメーション事業売上高は711億5千百万円(前年同期比9.0%増)とな りました。また、営業利益は原価率上昇により48億7千万円(前年同期比3.6%増)となりました。
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成18年3月期 第1四半期財務・業績の概況(連結) 決算短信|IRライブラリー|株主・投資家情報|コクヨ

平成18年3月期 第1四半期財務・業績の概況(連結) 決算短信|IRライブラリー|株主・投資家情報|コクヨ

          代      表      者  代表取締役社長   黒田 章裕           問合せ先責任者  経理部長       吉本 悦章 T EL (06) 6976 - 1221 四半期財務情報作成等に係る事項       ① 会計処理方法における簡便な方法採用有無 :   有 引当金計上基準等に一部簡便的 な方法を採用し ており ます。       ② 最近連結会計年度から 会計処理方法変更 :   無
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成20年3月期 第1四半期財務・業績の概況(連結・個別) 決算短信 株式会社アドウェイズIR情報

平成20年3月期 第1四半期財務・業績の概況(連結・個別) 決算短信 株式会社アドウェイズIR情報

(固定資産減価償却方法 変更) ──────  当四半期連結会計期間より法 人税法改正((所得税法等一部 を改正する法律 平成193月30日  法律6号)及び(法人税法施行 令一部を改正する政令 平成19 3月30日 政令83号))に伴い、 平成194月日以降に取得した資 産については、改正後法人税法に 定める方法に変更しております。  なお、この変更による損益に与え る影響は軽微であります。
さらに見せる

36 さらに読み込む

平成20年3月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結) PDF 2008年/IR  ニュースリリース|株式会社イントランス

平成20年3月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結) PDF 2008年/IR ニュースリリース|株式会社イントランス

当不動産業界におきましても、米国サブプライムローン問題、建築基準法改正による建築確認厳 格化及び金融商品取引法施行等による不動産市場へ影響など、先行きに対する不透明感が増しており ます。 このような状況下、当社はプリンシパルインベストメント事業強化・拡大並びにリテール事業立ち 上げ及び早期戦略化に向け、営業人員増強、大阪支社開設、リテール店舗として新橋店開設等に取 り組んでまいりました。また、販売チャネル拡大に向け、新たにプロジェクトチームを発足し、不動産事 業者及び不動産ファンド事業者へ営業活動を開始いたしました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

平成19年8月期 第3四半期財務・業績の概況(連結) IRニュース | フェスタリアホールディングス株式会社(Festaria Holdings Co., Ltd.)

平成19年8月期 第3四半期財務・業績の概況(連結) IRニュース | フェスタリアホールディングス株式会社(Festaria Holdings Co., Ltd.)

全体 売 高 9③.4不を占 る小売部門 売 高 地方 郊外型ショセヌングコン シヴ業態 売 高 振 より 前 比較 0.9不減少 ありま ま 郊外型ショセヌングコンシヴ乱立 よる商圏縮小 よび 都市型 MD 偏 商品開発 郊 外型ショセヌングコンシヴ店舗 競 力 よる売 高 減少を早期回復 る

11 さらに読み込む

平成20年6月期 第3四半期財務・業績の概況(連結) 手間いらず株式会社、財務関連情報ページです。

平成20年6月期 第3四半期財務・業績の概況(連結) 手間いらず株式会社、財務関連情報ページです。

 このような環境なか、国内インターネット関連市場は、PCについてはブロードバンド(高速インターネット回線)、 携帯電話については高速データ通信や定額料金制を背景にインターネット利用環境向上により、引き続き拡大傾向に あります。また、インターネットビジネスは、インターネットメディア多様なサービス展開、EC 市場拡大、新サー ビス可能性があり今後もさらに広がっていくことかとが予見されていることを含めましてインターネット広告媒体 として存在価値が確立されつつあります。
さらに見せる

38 さらに読み込む

2006年12月期 第1四半期財務・業績の概況(連結・個別) 決算短信 | wwwifiscojp

2006年12月期 第1四半期財務・業績の概況(連結・個別) 決算短信 | wwwifiscojp

平成183月日付で、株式会社東京ロジプロ発行 済株式数60.0%を取得し、子会社化いたしました。 (1)子会社化趣旨及び目的 ドキュメント梱包及び発送代行業務や物流シス テムコンサルティング業務を主業務とする株式 会社東京ロジプロを子会社化することは、一層 配送業務効率化が見込まれるほか、顧客拡大 にもつながると考えており、両社にとって業務上 シナジーを発揮することを目的としております。 (2)株式取得相手会社名称
さらに見せる

23 さらに読み込む

平成18年3月期 第1四半期財務・業績の概況

平成18年3月期 第1四半期財務・業績の概況

   社債発行による収入 − 14,949 △ 14,949 14,942    社債償還による支出 − △ 55,000 55,000 △ 110,000    長期借入れによる収入 50,000 16,900 33,100 30,790    長期借入金返済による支出 △ 51,158 △ 15,159 △ 35,998 △ 84,606    短期借入れによる収入 79,150 75,340 3,810 353,000    短期借入金返済による支出 △ 101,670 △ 75,610 △ 26,060 △ 332,490    コマーシャル・ペーパー発行による収入 230,000 247,000 △ 17,000 742,000    コマーシャル・ペーパー償還による支出 △ 171,000 △ 202,000 31,000 △ 728,000    自己株式取得による支出 △ 61 △ 38 △ 23 △ 429    配当金支払額 △ 9,112 △ 9,128 15 △ 18,208    少数株主へ配当金支払額 △ 19 △ 9 △ 10 △ 9    その他 6 − 6 34 財務活動によるキャッシュ・フロー 26,132 △ 2,757 28,890 △ 132,976 Ⅳ.現金及び現金同等物に係る換算差額 8 0 7 0 Ⅴ.現金及び現金同等物増減額(△減少額) △ 4,462 △ 2,030 △ 2,432 △ 360 Ⅵ.現金及び現金同等物期首残高 23,877 23,705 171 23,705 Ⅶ.連結子会社・持分法適用会社合併に伴う
さらに見せる

16 さらに読み込む

平成20年3月期第1四半期 財務・業績の概況(連結・個別) コーポレート(日本語)  ニュース | 株式会社ナガワ

平成20年3月期第1四半期 財務・業績の概況(連結・個別) コーポレート(日本語) ニュース | 株式会社ナガワ

このような環境なか、ユニットハウス事業におきましては新規取引先開拓に積極的に取り組む一方、レンタルにお いては備品等附帯サービスを強化し、シェア維持拡大に努めました。 この結果、レンタル売上及び新規法人向けハウス販売は好調に推移しましたが、展示場販売が低迷し、同事業セグメ ント売上高は前年同期比3. 9%減43億3千5百万円、 営業利益は前年同期比0. 8%増5億7千6百万円となりました。 建設機械レンタル事業におきましては、北海道南部建設市場大半を占める公共工事が大幅に縮小するなか、地域密 着営業とレンタル機材機種別採算管理を徹底しシェア維持と採算確保に努めました。しかし、建設機械入れ替え に伴う中古販売が前年同期に比べ大きく減少したため、 同事業セグメント売上高は前年同期比 18. 2 %減5億3千百 万円、営業利益は前年同期比 50. 9%減9千4百万円となりました。
さらに見せる

16 さらに読み込む

2018年6月期 第2四半期決算説明会資料 財務ライブラリー|IR・決算情報 |北川精機株式会社

2018年6月期 第2四半期決算説明会資料 財務ライブラリー|IR・決算情報 |北川精機株式会社

 産業設備業界 好況 背景 搬送機械 引合い増加  Qでと競争⼒ 強化が品質維持向上 原価低減徹底 部品標準化き  経産省サ イン事業 研究開発 ー 推進 が平成し2し⽉ き ⼤型 積層構成⾃由度 ⾼いでなRTP⼀⽅向連続繊維積層板 量産技術開発

33 さらに読み込む

2007年3月期第3四半期財務・業績の概況(非連結) オールアバウトグループのコーポレートサイト – IRニュース

2007年3月期第3四半期財務・業績の概況(非連結) オールアバウトグループのコーポレートサイト – IRニュース

③ キャッシュ・フローに関する分析  当四半期営業活動による現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、税引前四半期純利益225百万 円、減価償却費75百万円計上による増加に加え、ストックオプション行使による収入55百円があったものの、 子会社設立100百万円、投資有価証券取得71百万円、サーバ等有形固定資産取得178百万円等支出により、

10 さらに読み込む

平成17年3月期 第1四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

平成17年3月期 第1四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

な要因に、 前連結会計年度末に比べ 1億 17百万円( 0. 4%) 増加し 、 当 四半期末には 276億 83百万円と なり まし た。   ( 営業活動によるキャ ッ シュ ・ フ ロー)   営業活動によるキャ ッ シュ ・ フ ローは 、 11億 76百万円と なり まし た 。 こ 主な内訳は 、 税金等調整前 四半 純利益 14億 36百万円、 売上債権減少 13億 38百万円による増加、 法人税等支払 9億 19百万円によ
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成17年3月期 第3四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

平成17年3月期 第3四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

( 注) 売上高、 営業利益等におけるパーセント 表示は、 対前年同四半期増減率を示し ており ます。 [経営成績( 連結進捗状況に関する定性的情報等]   当四半期業績は、 パーキングシステムが、 新札発行に伴う 需要拡大により 、 大幅な売上伸長と なっ た こ と に加え 、 環境システムも 、 設備投資拡大を背景と し た需要に支えら れ 、 好調に推移いたし まし た。 こ 結果 、 売上高は 530億 89百万円( 前年同期比 9.6%増) と なり まし た。 利益面では、 増収効果に加え、 コ スト 競争力強 化により 、 売上原価率が1.8ポイ ント 改善さ れ、 営業利益は 60億 26百万円( 同 75.9%増) 、 経常利益は 60億 4 百万円( 同 78.8%増) 、 純利益は 35億 33百万円( 同 73.8%増) と 大幅増益と なり まし た。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成18年3月期 第1四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

平成18年3月期 第1四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

  当 四半期連結および単独売上高は、 時間情報システム、 環境関連システム両事業部門と も 、 堅 調な需要増を背景に、 好調に推移し まし た。 利益面では、 増収効果に加え、 営業力・コ スト 競争力強化等によ り 、 パーキングシステムと 環境システムにおいて、 売上原価率が大きく 改善さ れたため、 営業利益、 経常利益、 純利益いずれも が計画を上回る実績と なり まし た。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成16年3月期 第3四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

平成16年3月期 第3四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

                          ( 1) 有形固定資産    年度見込み額のう ち当四半期分を計上し ており ます。                           ( 2) 無形固定資産    年度見込み額のう ち当四半期分を計上し ており ます。                         法人税等計上基準    法定実効税率をベースに年間予想税率により 計算し ており ます。                         その他影響額が僅少な項目につき、 一部簡便的な処理を用いており ます。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成16年3月期 第1四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

平成16年3月期 第1四半期 財務・業績の概況(連結) 決算短信 | IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | アマノ

多店舗展開企業等から 需要が堅調に続き、 加えて官公庁需要顕在化も あっ て、 順調に実績を伸ば し ており ます。 時間管理機器は減収と なっ ており ますが、 こ れは期初計画で想定し た範囲内と 認識し てお り ます。 パーキングシステムは、 国内ではオムロン株式会社から 駐車場設備事業営業譲渡を受けたこ と による効果も 寄与し 、 順調に実績を伸ばし ており ます。 また、 海外では、 北米、 欧州、 アジア各地域と も 増収と なり まし た。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成18年3月期 第3四半期財務・業績の概況(連結) 【株主・投資家の皆さまへ】 決算短信 | IRライブラリ | アルプス電気

平成18年3月期 第3四半期財務・業績の概況(連結) 【株主・投資家の皆さまへ】 決算短信 | IRライブラリ | アルプス電気

(注)売上高、営業利益等におけるパーセント表示は、対前年同四半期増減率 [経営成績(連結進捗状況に関する定性的情報等] 当四半期における世界経済は、原油価格高止まりなどが懸念されながらも、米国が個人消費などを 中心として底堅い景気を見せ、中国も引き続き高い成長率を維持しました。日本については、企業収益改 善による民間設備投資増加に加え、個人消費も一部に回復が見られるなど明るさが出てまいりました。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...