平成29年4月27日提出の臨時報告書に係る訂正報告書

Top PDF 平成29年4月27日提出の臨時報告書に係る訂正報告書:

臨時報告書(平成30年3月27日) 臨時報告書 | IR情報 | アース製薬 企業情報

臨時報告書(平成30年3月27日) 臨時報告書 | IR情報 | アース製薬 企業情報

⑤責任限定契約締結範囲変更 「会社法一部を改正する法律」(平成26法律第90号)施行により、責任限定契約を締結できる会社役員 範囲が変更され、業務執行を行わない取締役及び社外監査役でない監査役つきましても期待される役割を 十分発揮できるよう、当社現行定款第29条及び第41条一部をそれぞれ変更するものです。なお、本議案

3 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 アルパイン株式会社 (E0184 臨時報告書 提出書類 提出先 提出日 会社名 英訳名 臨時報告書 関東財務局長 平成 30 年 7 月 31 日 アルパイン株式会社 ALPINE ELECTRONICS, INC. 代表者の役職氏名 代表取締役社長米谷信彦 本店の所在

表紙 EDINET 提出書類 アルパイン株式会社 (E0184 臨時報告書 提出書類 提出先 提出日 会社名 英訳名 臨時報告書 関東財務局長 平成 30 年 7 月 31 日 アルパイン株式会社 ALPINE ELECTRONICS, INC. 代表者の役職氏名 代表取締役社長米谷信彦 本店の所在

 両社は、その後統合準備委員会においても、本経営統合後持株会社事業計画、最適なグループ構造、統合シ ナジー実現時期や手法等、両社持続的な成長を目指した戦略につき検討を進める中で、両社が直面する現在市 場環境においては、本経営統合によるシナジーを着実実現し、市場における競争力を確保することが極めて重要で あると結論至りました。また、両社は、本経営統合によるシナジーを着実実現するためは、まずは、両社が それぞれ有している人事、総務、経理、法務等管理部門及び経営戦略や事業戦略を担う企画部門等共通機能つ いて、同一法人内各共通機能を担当する人員を所属させ、事業戦略機能を強化した上で、当該事業戦略基づいて 運営される両社協業事業について、統合を強力推進することが最適であると考えております。かかる考え下、 両社は、同一法人内において各事業自律性を確保しつつ経営監督と業務執行分離を実現するガバナンス体制とす ること重要性も考慮し、本経営統合後経営体制つき、事業持株会社体制を採用した上で、カンパニー制及び執 行役員制を導入することを決定いたしました。その際、本変更により会社分割に関する手続を行う必要がなくなった ことから、本経営統合を加速する観点から、持株会社体制へ移行平成314月から平成311月1前 倒しすることを決定いたしました。加えて、両社は、事業持株会社体制採用に際して、両社一体感を高めること が重要であると考え、本経営統合後商号を「アルプスアルパイン株式会社」とすることを決定いたしました。  現在自動車業界は1001度とも言われる大きな変革時代入っており、特に、CASE(Connected, Autonomous, Shared, Electric)とよばれる4つ領域においては、インターネットへ常時接続機能搭載 (Connected)、自動運転(Autonomous)、自動車シェアリングサービス(Shared)及びハイブリッド車やEV等へ 電動化(Electric)等、他業界類を見ないほど大きな変化が短期間生じております。また、IT企業よ る自動車業界へ進出代表されるよう、自動車業界枠組みを超えた合従連衡動きは従前よりも格段加速し ております。両社は、本経営統合公表後も、それぞれ車載OEM顧客と会話を進めて参りました。両社は、車載 OEM顧客と会話する中で、2018年度以降もCASE領域へ経営資源集中は自動車業界全体トレンドであり続 け、アルプス電気やアルパインようなヒューマン・マシーン・インターフェース(HMI)等サプライヤーは、 単なる電子部品やモジュール製品納入だけではなく、クルマ全体におけるHMIシステム提案まで行うことが、 本経営統合検討当初想像していた以上期待されていることを実感する至りました。このよう目まぐるしく 変化している車載市場環境を踏まえ、両社強みを融合させた新製品開発及び市場投入まで時間短縮は、両社 にとって喫緊課題となっております。両社は、本経営統合を加速し、シナジー効果を着実創出することで、これ ら課題速やか対処し、顧客期待応えることが可能なると考えております。
さらに見せる

59 さらに読み込む

EDINET 提出書類 JUKI 株式会社 (E0159 有価証券報告書 表紙 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 平成 30 年 3 月 27 日 事業年度 第 103 期 ( 自平成 29 年 1 月 1 日至平成 29 年 1

EDINET 提出書類 JUKI 株式会社 (E0159 有価証券報告書 表紙 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 平成 30 年 3 月 27 日 事業年度 第 103 期 ( 自平成 29 年 1 月 1 日至平成 29 年 1

監査においては、連結財務諸表金額及び開示について監査証拠を入手するため手続が実施される。監査手続は、 当監査法人判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表重要な虚偽表示リスク評価基づいて選択及び適用 される。財務諸表監査目的は、内部統制有効性について意見表明するためものではないが、当監査法人は、リス ク評価実施に際して、状況応じた適切な監査手続を立案するため、連結財務諸表作成と適正な表示関連する 内部統制を検討する。また、監査は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見 積り評価も含め全体として連結財務諸表表示を検討することが含まれる。
さらに見せる

85 さらに読み込む

EDINET 提出書類 リズム時計工業株式会社 (E0229 臨時報告書 表紙 提出書類 臨時報告書 提出先 関東財務局長 提出日 平成 23 年 10 月 28 日 会社名 リズム時計工業株式会社 英訳名 RHYTHM WATCH CO., LTD. 代表者の役職氏名 代表取締役社長笠間達雄 本店

EDINET 提出書類 リズム時計工業株式会社 (E0229 臨時報告書 表紙 提出書類 臨時報告書 提出先 関東財務局長 提出日 平成 23 年 10 月 28 日 会社名 リズム時計工業株式会社 英訳名 RHYTHM WATCH CO., LTD. 代表者の役職氏名 代表取締役社長笠間達雄 本店

SRは、両社株式価値算定に際して、両社から提供を受けた情報及び一般公開された情報を原則と してそのまま採用し、それら資料及び情報等が、全て正確かつ完全なものであることを前提としてお り、独自それら正確性、信頼性、完全性または妥当性検証は行っておりません。また、両社とその 関係会社資産または負債(簿外資産および負債、その他偶発債務を含みます。)について、個別資 産および負債分析および評価を含め、独自評価、鑑定または査定を行っておらず、第三者機関へ 評価、鑑定または査定依頼も行っておりません。加えて、両社事業計画及び財務予想については両 者経営陣により現時点における最善予測と判断基づき合理的かつ適切な手続きに従って作成さ れていることを前提としております。なお、SRが助言を行った両社株式価値算定結果は、本株式交 換係わる割当て公正性・妥当性について意見を表明するものではありません。
さらに見せる

7 さらに読み込む

臨時報告書の訂正報告書 有価証券報告書|住宅地図・カーナビソフトのご提供からGISまでゼンリンは「地図」を通じて皆様の生活に貢献します。

臨時報告書の訂正報告書 有価証券報告書|住宅地図・カーナビソフトのご提供からGISまでゼンリンは「地図」を通じて皆様の生活に貢献します。

1【提出理由】  20183月7開催当社取締役会において、欧州及びアジアを中心とする海外市場(但し、米国を除く。)におい て募集する2023満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債(以下「本新株予約権付社債」といい、そのうち社債 みを「本社債」、新株予約権のみを「本新株予約権」という。)発行を決議し、20183月7付で金融商品取引法 第24条5第4項並びに企業内容等開示に関する内閣府令第19条第1項及び同条第2項第1号規定基づき臨時報 告提出しておりますが、上記取締役会において未定であった事項が決定されましたので、金融商品取引法第24条 5第5項規定基づき、本臨時報告訂正報告提出するものであります。
さらに見せる

3 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類不二サッシ株式会社 (E0142 臨時報告書 提出書類 臨時報告書 提出先 関東財務局長 提出日 平成 22 年 2 月 10 日 会社名 不二サッシ株式会社 英訳名 FUJISASH CO.,LTD. 代表者の役職氏名 代表取締役社長 吉本直史 本店の所在の場所 神奈川

表紙 EDINET 提出書類不二サッシ株式会社 (E0142 臨時報告書 提出書類 臨時報告書 提出先 関東財務局長 提出日 平成 22 年 2 月 10 日 会社名 不二サッシ株式会社 英訳名 FUJISASH CO.,LTD. 代表者の役職氏名 代表取締役社長 吉本直史 本店の所在の場所 神奈川

(4)吸収分割係る割当て内容算定根拠   分割会社は、承継会社発行済株式100%を保有しており、かつ、承継会社が本件分割に際して新た発行する 普通株式すべてが分割会社交付されるため、その交付される株式かかわらず、分割会社純資産額 変動は生じません。そのため、両当事者が任意合意したところに従い、承継会社が本件分割に際して分割会社 交付する譲渡制限株式数を80株と定めました。但し、「本件分割効力発生平成224月前日ま で増減を加除した資産、負債及び権利義務」を基礎として、両当事者が協議上これを変更することができる ものと定めております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

EDINET 提出書類 川崎化成工業株式会社 (E0081 臨時報告書 表紙 提出書類 臨時報告書 提出先 関東財務局長 提出日 平成 30 年 3 月 30 日 会社名 川崎化成工業株式会社 英訳名 Kawasaki Kasei Chemicals Ltd. 代表者の役職氏名 取締役社長豊澤幸平

EDINET 提出書類 川崎化成工業株式会社 (E0081 臨時報告書 表紙 提出書類 臨時報告書 提出先 関東財務局長 提出日 平成 30 年 3 月 30 日 会社名 川崎化成工業株式会社 英訳名 Kawasaki Kasei Chemicals Ltd. 代表者の役職氏名 取締役社長豊澤幸平

その結果、本日開催当社取締役会において、(ⅰ)本株式売渡請求は本取引一環として行われるものであ り、上記とおり、本取引により当社をエア・ウォーター完全子会社とすることが、当社企業価値向上資 するものであると判断しており、当該判断を変更すべき事情は特段生じていないこと、(ⅱ)本株式売渡対価は、 本公開買付価格と同一であり、本公開買付価格決定に際しては、エア・ウォーター及び当社から独立した第三者 委員会答申を取得する等、本取引公正性を担保するため措置が講じられていること等鑑みれば、本売渡 株主にとって合理的な価格であり、本売渡株主利益を害することないよう十分留意されていると考えられるこ と、(ⅲ)エア・ウォーター本公開買付け係る公開買付届出添付書類として提出されたエア・ウォーター 預金残高証明を確認した結果、エア・ウォーターは本株式売渡対価支払ため資金相当する銀行預金を 有していること、また、エア・ウォーターよれば、本株式売渡対価支払影響を及ぼす事象は発生しておら ず、今後発生する可能性も現在認識されていないことから、エア・ウォーターによる本株式売渡対価交付見込 みがあると考えられること、(ⅳ)本株式売渡対価交付まで期間及び支払方法について不合理な点は認められ ないことから、本株式売渡請求係る取引条件は相当であると考えられること、(ⅴ)本公開買付け開始以降本 至るまで当社企業価値重大な変更は生じていないこと、がそれぞれ認められると判断し、審議及び決議 参加していない豊澤幸平氏、関根正裕氏、唐渡有氏、長尾幸生氏及び植村幸也氏を除く取締役全員(3名)一 致で、当社をエア・ウォーター完全子会社とすることを目的とする本取引を進めるべく、エア・ウォーターから 通知とおり、本株式売渡請求を承認することを決議いたしました。なお、豊澤幸平氏はエア・ウォーターから 転籍、関根正裕氏はエア・ウォーター子会社から転籍、唐渡有氏はエア・ウォーター取締役を兼務、長尾幸生 氏はエア・ウォーター業務執行者を兼務しており、また、植村幸也氏は平成2912月末までエア・ウォーターが リーガル・アドバイザー選任している弁護士法人大江橋法律事務所所属弁護士でありましたので、利益相反回 避観点から、本公開買付けを含む本取引に関する全て決議において、その審議及び決議は参加しておらず、 また、エア・ウォーターと協議及び交渉は参加しておりません。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Microsoft Word - 内部統制報告書の訂正報告書の提出に関するお知らせ(リリース)

Microsoft Word - 内部統制報告書の訂正報告書の提出に関するお知らせ(リリース)

これ伴い当社は、本件不正行為による過年度決算へ影響額を調査した上、過年度決算 を訂正するとともに、平成 22 3月期第1四半期から平成 27 3月期第3四半期まで有価 証券報告、四半期報告について訂正報告提出いたしました。 これら事実は、本件不正行為発生した HTC 経理・財務部門において、本件元従業員 在職長期化加え、職務分掌が適切機能しておらず、相互牽制も利かなかったことなど よるものであります。また、HTC 従業員に対してコンプライアンス周知を図るとともに、 内部通報制度を設けておりましたが、HTC において他者業務遂行・推進関心を持つ職場風 土が十分醸成されておらず、有効機能しませんでした。
さらに見せる

8 さらに読み込む

EDINET 提出書類 石原産業株式会社 (E0076 訂正四半期報告書 表紙 提出書類 四半期報告書の訂正報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条の 4 の 7 第 4 項 提出先 関東財務局長 提出日 平成 30 年 6 月 4 日 四半期会計期間 第 94 期第 2 四半期 ( 自平成 2

EDINET 提出書類 石原産業株式会社 (E0076 訂正四半期報告書 表紙 提出書類 四半期報告書の訂正報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条の 4 の 7 第 4 項 提出先 関東財務局長 提出日 平成 30 年 6 月 4 日 四半期会計期間 第 94 期第 2 四半期 ( 自平成 2

文中将来に関する事項は、当四半期連結会計期間末日現在において当社グループが判断したものであります。 (1) 業績状況 当第2四半期連結累計期間(平成284月から平成289月30)における、世界経済は、米国では企業 業績改善と堅調な個人消費を背景景気穏やかな拡大基調が続き、欧州でも緩やか回復しました。一方、 アジアでは、中国経済減速などで力強さを欠く展開が続きました。日本経済は、雇用環境改善が見られまし たが、円高などにより企業業績が振るわず、停滞感が強まりました。
さらに見せる

24 さらに読み込む

訂正報告書(2017年6月7日提出) 有価証券報告書  株主・投資家の皆さま  第一三共株式会社

訂正報告書(2017年6月7日提出) 有価証券報告書 株主・投資家の皆さま 第一三共株式会社

1【有価証券報告訂正報告提出理由】 20166月20提出した第11期(自 20154月 至 20163月31)有価証券報告記載事項追加す べき事項がありましたので、有価証券報告訂正報告提出するものです。  

2 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 山口洋 (E2536 変更報告書 提出書類 根拠条文 提出先 氏名又は名称 住所又は本店所在地 報告義務発生日 提出日 変更報告書 No.9 法第 27 条の25 第 1 項東海財務局長山口洋名古屋市名東区猪高台平成 29 年 6 月 30 日平成 29 年 7 月 3

表紙 EDINET 提出書類 山口洋 (E2536 変更報告書 提出書類 根拠条文 提出先 氏名又は名称 住所又は本店所在地 報告義務発生日 提出日 変更報告書 No.9 法第 27 条の25 第 1 項東海財務局長山口洋名古屋市名東区猪高台平成 29 年 6 月 30 日平成 29 年 7 月 3

提出者1(山口洋)、提出者2(山口明美)、提出者3(株式会社保育サポート)、提出者4(山口稜)、提出者5(山口哲)、 提出者6(王厚龍)、提出者7(株式会社医薬情報研究所)、提出者8(株式会社じほうビジネスサービス)及び提出者9(佐原 忠一)は、発行者株主として議決権その他権利を共同して行使することを平成296月27合意しました。 (7)【保有株券等取得資金】 ①【取得資金内訳】 自己資金額(W)(千円)
さらに見せる

23 さらに読み込む

2018年2月28日 臨時報告書 臨時報告書 | 北興化学工業株式会社

2018年2月28日 臨時報告書 臨時報告書 | 北興化学工業株式会社

1【提出理由】  20182月27開催第68回定時株主総会において、決議事項が決議されましたので、金融商品取引法第24条5第 4項及び企業内容等開示に関する内閣府令第19条第2項第9号規定基づき、本臨時報告提出するもので あります。

4 さらに読み込む

EDINET 提出書類 佐久間寛 (E3231 変更報告書 表紙 提出書類 根拠条文 提出先 氏名又は名称 住所又は本店所在地 報告義務発生日 提出日 変更報告書 NO.3 法第 27 条の25 第 1 項近畿財務局長佐久間寛京都市伏見区平成 29 年 12 月 4 日平成 29 年 12 月 6

EDINET 提出書類 佐久間寛 (E3231 変更報告書 表紙 提出書類 根拠条文 提出先 氏名又は名称 住所又は本店所在地 報告義務発生日 提出日 変更報告書 NO.3 法第 27 条の25 第 1 項近畿財務局長佐久間寛京都市伏見区平成 29 年 12 月 4 日平成 29 年 12 月 6

(5)【当該株券等発行者発行する株券等に関する最近60日間取得又は処分状況】 年月 株券等種類 数量 割合 市場内外取引別 取得又は処分別 単価 平成2912月4 普通株式 200,000 3.41 市場外 処分 1,013 (6)【当該株券等に関する担保契約等重要な契約】 該当事項なし

13 さらに読み込む

1 有価証券報告書の訂正報告書の提出理由 2018 年 2 月 28 日付で提出しました第 28 期 ( 自 2017 年 6 月 1 日至 2017 年 11 月 30 日 ) 有価証券報告書について 当該有価証券報告書の提出後に本投資法人の資産運用会社であるジャパン リート アドバイザーズ株式会

1 有価証券報告書の訂正報告書の提出理由 2018 年 2 月 28 日付で提出しました第 28 期 ( 自 2017 年 6 月 1 日至 2017 年 11 月 30 日 ) 有価証券報告書について 当該有価証券報告書の提出後に本投資法人の資産運用会社であるジャパン リート アドバイザーズ株式会

投資対象不動産は、上記ような扱い結果、現行建築関係法令上規定一部を満たしていないが 違法とはならない、いわゆる既存不適格である建物を含む場合があります。特に、耐震設計基準に関し、昭和 56以前建築確認申請された建物については、いわゆる旧耐震基準を採用しており、現行法において必要と される基準を満たしていないものがあります。これら建物増改築等を行う場合は、現行規定合致す るよう、既存部分手直しをする必要があり、費用等追加的な負担が必要となるおそれがあります。 また、不動産係る様々な行政法規や各地条例による規制が投資対象不動産適用される可能性がありま す。例えば、一定割合において住宅を付置する義務や、駐車場設置義務、福祉配慮設備設置義務、緑化推進義 務及び雨水流出抑制施設設置義務等が挙げられます。このような義務が課せられている場合、当該投資対象不 動産を処分するときや建替え等を行うとき、事実上困難が生じたり、これら義務を遵守するため追加 的な負担が生じたりするおそれがあります。さらに、投資対象不動産を含む地域が道路設置等都市計画等対 象となる場合は、当該都市計画対象部分建築制限が付されたり、建物敷地とされる面積が減少し、投資 対象不動産に関して建替え等を行う際、現状と同規模建築物を建築できないおそれがあります。その他、 法律又は条例により、地球温暖化対策として、一定要件を満たす不動産所有者温室効果ガス排出関す る報告や排出量制限義務が課されることがあります。これら制度創設又は拡充伴い、排出量削減ため 建物改修工事や義務を達成できない場合排出権購入等負担を負う可能性があります。
さらに見せる

299 さらに読み込む

EDINET 提出書類 日新電機株式会社 (E0174 有価証券報告書 表紙 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 平成 29 年 6 月 27 日 事業年度 第 159 期 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3

EDINET 提出書類 日新電機株式会社 (E0174 有価証券報告書 表紙 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 平成 29 年 6 月 27 日 事業年度 第 159 期 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3

社外役員つき次とおり、いずれも独立性観点からも当社社外役員として適任であり、その職務遂行影 響を与える特別利害関係はありません。 ・当社社外取締役百合野正博氏は、当社第154期定時株主総会(平成246月26)で当社社外監査役 就任して以降、第156期定時株主総会(平成266月24)まで約2年間、当社社外監査役を務めた後、第 156期定時株主総会終結時社外監査役を退任し、新た当社取締役(社外取締役)選任され就任しており ます。同氏は、昭和484月同志社大学大学院商学研究科修士課程入学して以降、一貫して会計・監査 関する研究・事例分析など取り組むと共に、平成124月同志社大学商学部教授就任した後、平成15 4月同志社大学大学院商学研究科教授として同大学院で研究や同大学で教育を行っており、会計・監査 に関し第一線で積極的活躍している日本有数研究者であります。また、社外取締役就任以降取締役会 全回出席しており、その会計・監査に関する専門的で豊富な知見・経験を活かし、当社社外取締役として 職務を公正かつ適切遂行できるものと考えております。当社と同志社大学と取引として、当社は平成28 3月31までを期限として、同志社大学研究を委託する契約を締結していましたが、その対価(取引額)は、 当社が平成285月定めた「コーポレートガバナンス・ガイドライン」上「社外役員独立性判断基準」 で定める基準を大幅下回る僅少な額であり、同氏独立性は確保されており、株式会社東京証券取引所有 価証券上場規程第436条2により一般株主保護ため確保する独立役員(以降「独立役員」という)として、 平成266月証券取引所へ届出を行い現在至っております。
さらに見せる

106 さらに読み込む

EDINET 提出書類 日本電子材料株式会社 (E0204 有価証券報告書 表紙 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 近畿財務局長 提出日 平成 29 年 6 月 27 日 事業年度 第 58 期 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3

EDINET 提出書類 日本電子材料株式会社 (E0204 有価証券報告書 表紙 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 近畿財務局長 提出日 平成 29 年 6 月 27 日 事業年度 第 58 期 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3

①半導体検査用部品関連事業 ロジックIC向けつきましては、自動車用半導体向けを中心拡販を進めることができました。メモリー IC向けつきましても、需要は徐々に回復傾向となったものの、回復レベルは緩慢な状況で推移しました。 以上結果、売上面つきましては、前連結会計年度をやや下回る結果となりました。利益面つきまして も、生産能力強化や開発を推し進める一方で、経費削減も努めてまいりましたが、プロダクトミックス 変化、DRAM向け需要回復遅れによる国内工場稼働率へ影響等により、前連結会計年度を下回る結 果となりました。
さらに見せる

88 さらに読み込む

有価証券報告書第64期(自 平成25年4月1日 - 平成26年3月31日) 有価証券報告書 | 株式会社あかつき本社

有価証券報告書第64期(自 平成25年4月1日 - 平成26年3月31日) 有価証券報告書 | 株式会社あかつき本社

( 6)法令遵守に関するリスクについて  当社グループは、法令遵守係る問題につきグループ全体内部統制整備を図り、より充実した内部管理体制 を目指して努力するとともに、役職員教育・研修等徹底を通じ、その啓蒙を図っております。しかしながら、 当社グループ事業は、役職員活動を通じて執行されており、そのプロセス関与する役職員故意または過失 により法令違反する行為がなされる可能性があります。内部統制整備やコンプライアンス教育等は役職員違 法行為を未然防止するため有効な方策ではありますが、違法行為すべてを排除することを保証するものでは ありません。また、意図的な違法行為は総じて周到隠蔽行為がなされ、長期間にわたって発覚しないケースもあ り、将来において当社グループ業績影響を与えるような損害賠償を求められる事案が生じる可能性がありま す。また、当社グループは大量顧客情報を保有しており、その取扱いは万全セキュリティ体制を敷いており ますが、不正行為等により、顧客情報が外部流出する可能性もあり、当社グループ信用失墜を招くおそれが あります。
さらに見せる

93 さらに読み込む

有価証券報告書  第19期(平成27年1月1日  平成27年12月31日) 有価証券報告書・四半期報告書|楽天株式会社

有価証券報告書 第19期(平成27年1月1日 平成27年12月31日) 有価証券報告書・四半期報告書|楽天株式会社

その他 その他セグメントにおいては、通信事業等各種サービスを提供し、主な収益を下記通り認識しております。 楽天コミュニケーションズ 『楽天コミュニケーションズ』においては、中継電話事業を中心とした電話関連サービス及びインターネット接 続サービス等を提供しております。電話関連サービスについては、契約基づき、契約者に対して常時利用可能な 回線を提供し、当該回線を利用した通話サービス提供を行う事を履行義務として識別しております。常時利用可 能な回線を維持する履行義務については時経過基づき、通話サービス提供については回線利用応じて履 行義務が充足されると判断しております。したがって、回線提供については契約期間渡って期間均等額により 収益として計上するとともに、通話サービス提供については回線利用状況応じた回線使用料を各月収益と して計上しております。また、インターネット接続サービスについては、契約期間渡り、契約者へインターネ ット回線提供を行う事を履行義務として識別しており、回線使用料を各月収益として計上しております。各月 収益として計上された金額は、利用者により選択された決済手段に従って、クレジット会社等が別途定める支払 条件により履行義務充足後、短期うち支払いを受けております。
さらに見せる

248 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 株式会社アーク (E0244 臨時報告書 提出書類 提出先 提出日 会社名 英訳名 臨時報告書近畿財務局平成 30 年 1 月 18 日株式会社アーク ARRKCORPORATION 代表者の役職氏名 代表取締役社長金太浩 本店の所在の場所 大阪市中央区南本町二丁目 2

表紙 EDINET 提出書類 株式会社アーク (E0244 臨時報告書 提出書類 提出先 提出日 会社名 英訳名 臨時報告書近畿財務局平成 30 年 1 月 18 日株式会社アーク ARRKCORPORATION 代表者の役職氏名 代表取締役社長金太浩 本店の所在の場所 大阪市中央区南本町二丁目 2

【電話番号】 06(6260)1801(代表) 【事務連絡者氏名】 執行役員管理本部長  白石 泰基 【最寄り連絡場所】 大阪市中央区南本町二丁目2番9号 【電話番号】 06(6260)1040

5 さらに読み込む

訂正有価証券報告書 第17期(平成28年4月1日 平成29年3月31日) IRニュース

訂正有価証券報告書 第17期(平成28年4月1日 平成29年3月31日) IRニュース

【最寄り連絡場所】 大阪市中央区今橋四丁目1番1号 【電話番号】 06(4706)7501(代表) 【事務連絡者氏名】 常務取締役財務・経理本部長 入江 賢治 【縦覧供する場所】 日本商業開発株式会社東京支店

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...