平成23年3月31日における貸借対照表計上額

Top PDF 平成23年3月31日における貸借対照表計上額:

満期保有目的の債券 貸借対照表計上額 貸借対照表計上額 が貸借対照表計上額を超えるもの 610, ,963 54, , ,797 91,076 公社債 519, ,895 48, , ,414 85,165 外国証券 - - -

満期保有目的の債券 貸借対照表計上額 貸借対照表計上額 が貸借対照表計上額を超えるもの 610, ,963 54, , ,797 91,076 公社債 519, ,895 48, , ,414 85,165 外国証券 - - -

 このような運用方針を踏まえ、「保険業における『責任準備金対応債券』に関する当面の会計上及び監査 上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第21号)に基づいて、以下の保険契約を特定し小 区分としております。 ●一般資産区分については、団体保険商品区分及びその他の商品区分等を除くすべての保険契約 ●団体年金保険資産区分については、すべての拠出型企業年金保険契約及びすべての団体生存保険契約 ●一時払終身保険資産区分については、すべての保険契約
さらに見せる

10 さらに読み込む

6. 個別中間財務諸表等 株式会社キョーリン (1) 中間貸借対照表当社はより中間財務諸表を作成しているため 前中間会計期間末は記載しておりません 末 ( 平成 18 年 9 月 30 日 ) の要約貸借対照表 ( 平成 18 年 3 月 31 日 ) 区分 注記番号 構成比 構成比 ( 資産の部

6. 個別中間財務諸表等 株式会社キョーリン (1) 中間貸借対照表当社はより中間財務諸表を作成しているため 前中間会計期間末は記載しておりません 末 ( 平成 18 年 9 月 30 日 ) の要約貸借対照表 ( 平成 18 年 3 月 31 日 ) 区分 注記番号 構成比 構成比 ( 資産の部

③営業収益、営業利益、経常利益、中間(当期)純利益におけるパーセント表示は、対前年中間期増減率であります。 ④1712月中間期は、当中間会計期間より中間財務諸表を作成しているため、記載しておりません。 (2)財政状態 (注)記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。 総資産 純資産 自己資本比率 1株当たり純資産

10 さらに読み込む

6. 個別中間財務諸表等 (1) 中間貸借対照表 末 ( 平成 17 年 11 月 15 日 ) 末 ( 平成 18 年 11 月 15 日 ) の要約貸借対照表 ( 平成 18 年 5 月 15 日 ) 区分 注記番号 金額 構成比 金額 構成比 金額 構成比 ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 1.

6. 個別中間財務諸表等 (1) 中間貸借対照表 末 ( 平成 17 年 11 月 15 日 ) 末 ( 平成 18 年 11 月 15 日 ) の要約貸借対照表 ( 平成 18 年 5 月 15 日 ) 区分 注記番号 金額 構成比 金額 構成比 金額 構成比 ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 1.

──────── 1.計上区分の変更 関係会社からの受取配当金は前事業年度 においては営業外収益として計上しており ましたが、定款目的の変更に伴い、当事業 年度より営業収益とすることにいたしまし た。この変更により、営業収益および営業 利益が前事業年度に比較してそれぞれ 217,920千円増加しておりますが、経常利益 および税引前当期純利益に与える影響はあ りません。

17 さらに読み込む

目次 I 概況...3 II 計算書類等 貸借対照表 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 損益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から平成 29 年 3 月 31 日まで ) 重要な会計方針に係る事項に関する注記 その他の注記.

目次 I 概況...3 II 計算書類等 貸借対照表 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 損益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から平成 29 年 3 月 31 日まで ) 重要な会計方針に係る事項に関する注記 その他の注記.

3 I 概況 当協会は、平成 28 3 月、銀行・証券会社・金融商品取引業者が日本国内におい て仮想通貨ビジネスをはじめるにあたり、テクノロジー・会計・レギュレーション・ 商慣行などの面から、必要な情報の調査・研究、知見の集約、意見交換を積極的に行 い、業界の健全な発展を目指すことを目的に、一般社団法人仮想通貨ビジネス勉強会 として発足しました。その後、資金決済に関する法律(平成 21 法律第 59 号、その 後の改正を含み、以下「資金決済法」という。 )第 87 条に規定する仮想通貨交換業を 対象とした認定資金決済事業者協会としての認定を取得し、仮想通貨交換業の自主規 制業務を主たる事業目的とすることとし、平成 28 12 月、定款の一部を改正し、一 般社団法人日本仮想通貨事業者協会に改称しました。
さらに見せる

16 さらに読み込む

計算書類 貸借対照表 ( 平成 31 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 17,707 流動負債 10,207 現金及び預金 690 電子記録債務 2,224 受取手形 307 買掛金 4,934 電子

計算書類 貸借対照表 ( 平成 31 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 17,707 流動負債 10,207 現金及び預金 690 電子記録債務 2,224 受取手形 307 買掛金 4,934 電子

①  有価証券の評価基準及び評価方法 その他有価証券 ・ 時価のあるもの 期末の市場価格等に基づく時価法によっております。また、売却原価は移動平均法により算 定しております。(評価差額は全部純資産直入法により処理しております。)

6 さらに読み込む

大和リビング株式会社 第 30 期計算書類 自平成 30 年 4 月 1 日 至平成 31 年 3 月 31 日 貸借対照表 平成 31 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 千円 ) 科目 金額 科目 金額 資 産 の 部 負債の部 流動資産 31,058,186 流動負債 21,971,712

大和リビング株式会社 第 30 期計算書類 自平成 30 年 4 月 1 日 至平成 31 年 3 月 31 日 貸借対照表 平成 31 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 千円 ) 科目 金額 科目 金額 資 産 の 部 負債の部 流動資産 31,058,186 流動負債 21,971,712

 売掛金に係る顧客の信用リスクは、与信管理規程に沿ってリスク低減を図っております。 (2)金融商品の時価等に関する事項  平成313月31(当事業年度の決算における貸借対照計上、時価及びこれらの差額について は、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次に含めており ません((注2)参照)。

6 さらに読み込む

財 務 諸 表 そ の 1 貸借対照表 資産の部 単位 千円 科 第 66 期 目 第 67 期 科 平成30年3月31日現在 平成31年3月31日現在 目 単位 千円 第 66 期 第 67 期 609,425, ,430,339 平成30年3月31日現在 平成31年3月31日現在 負

財 務 諸 表 そ の 1 貸借対照表 資産の部 単位 千円 科 第 66 期 目 第 67 期 科 平成30年3月31日現在 平成31年3月31日現在 目 単位 千円 第 66 期 第 67 期 609,425, ,430,339 平成30年3月31日現在 平成31年3月31日現在 負

24. 25.     (ⅲ)市場リスクに係る定量的情報        当組合において、主要なリスク変数である金利リスクの影響を       受ける主たる金融商品は、 「預け金」、 「有価証券」のうち債券、       「貸出金」、 「預金積金」であります。当組合では、これらの金融       資産および金融負債について、 『協同組合による金融事業に関       する法律施行規則第69条第1項第5号ニ等の規定に基づき、自       己資本の充実の状況等について金融庁長官が別に定める事       項(平成19金融庁告示第17号)』において通貨ごとに規定さ       れた金利ショックを用いた時価の変動を市場リスク量とし、金       利の変動リスクの管理にあたっての定量的分析に利用しており       ます。当該変動の算定にあたっては、対象の金融資産および       金融負債を固定金利群と変動金利群に分けて、それぞれ金利       期日に応じて適切な期間に残高を分析し、期間ごとの金利変動       幅を用いております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ファイル名 : 決算公告. 貸借対照表 _1612.doc 更新日時 :2017/03/16 14:24:00 印刷日時 :17/03/16 14:24 (1) 貸借対照表 資産の部 流動資産 第 29 期 ( ご参考 ) ( 平成 27 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 第

ファイル名 : 決算公告. 貸借対照表 _1612.doc 更新日時 :2017/03/16 14:24:00 印刷日時 :17/03/16 14:24 (1) 貸借対照表 資産の部 流動資産 第 29 期 ( ご参考 ) ( 平成 27 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 第

退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込を当期までの期間に帰属させる方法については、ポイ ント基準によっております。 過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(9)による定額法によ り費用処理しております。

15 さらに読み込む

ファイル名 : 決算公告. 貸借対照表 _1812.docx 更新日時 :2019/03/27 15:47:00 印刷日時 :19/03/27 15:47 (1) 貸借対照表 資産の部 流動資産 第 31 期 ( ご参考 ) (2017 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 第

ファイル名 : 決算公告. 貸借対照表 _1812.docx 更新日時 :2019/03/27 15:47:00 印刷日時 :19/03/27 15:47 (1) 貸借対照表 資産の部 流動資産 第 31 期 ( ご参考 ) (2017 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 第

1.計算書類の作成方法について ブラックロック・ジャパン株式会社(以下、「当社」という。)の貸借対照及び損益計算書 は、「会社法」(20057月26法律第86号)、「会社計算規則」(20062月7法務省令第13号 )、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(2007内閣府令第52号)、「投資運用業統一経理基 準」(19906月21日本証券投資顧問業協会理事会決議)に準拠して作成しております。
さらに見せる

16 さらに読み込む

平成 25 年 4 月 16 日作成平成 25 年 6 月 12 日備付 第 58 期 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) 百万円 ( 負債の部 ) 百万円 現 金 3 預 金 5,553,256 預 け 金 197,572 当

平成 25 年 4 月 16 日作成平成 25 年 6 月 12 日備付 第 58 期 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) 百万円 ( 負債の部 ) 百万円 現 金 3 預 金 5,553,256 預 け 金 197,572 当

貸借対照注記 注1.記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。 2.有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法) 、子会社・子法人等株 式及び関連法人等株式については移動平均法による原価法、その他有価証券のうち時価のあるものについては、決 算の市場価格等に基づく時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)、時価を把握することが極めて困 難と認められるものについては移動平均法による原価法により行っております。
さらに見せる

10 さらに読み込む

貸借対照表 前会計年度本会計年度前会計年度本会計年度 ( 平成 28 年 ( 平成 29 年 ( 平成 28 年 ( 平成 29 年 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 < 資産の部 > 未収金前払費用貸付金その他の債権等貸倒引当金有形固定資産 <

貸借対照表 前会計年度本会計年度前会計年度本会計年度 ( 平成 28 年 ( 平成 29 年 ( 平成 28 年 ( 平成 29 年 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 3 月 ) 31 日 < 資産の部 > 未収金前払費用貸付金その他の債権等貸倒引当金有形固定資産 <

・「独立行政法人運営費交付金」には、独立行政法人に対する運営費交付金を計上している。 ・「国有資産所在市町村交付金」には、国有資産が所在する市町村に対する交付計上している。 ・「エネルギー対策特別会計への繰入」には、「特別会計に関する法律」第 90 条及び第 91 条第 1 項に 基づく電源立地対策・電源利用対策・燃料安定供給対策及びエネルギー需給構造高度化対策に要す る費用に要する経費の財源に充てるため、エネルギー対策特別会計への繰入れを計上している。 ・「貿易再保険特別会計への繰入」には、「特別会計に関する法律」第 6 条及び第 186 条第 1 項の規定
さらに見せる

34 さらに読み込む

ミニディスクロージャー(貸借対照表)

ミニディスクロージャー(貸借対照表)

リース取引については、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。 百万円あります。 10. 仮受金は、預金保険機構より受け入れたもので、主に、旧組合からの事業譲渡 なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融 により貸出金等を譲り受けた際の債権金額と譲受価額の差額であります。 資未実行残高そのものが必ずしも当組合の将来のキャッシュ・フローに影響を 当該仮受金については、譲り受けた貸出金等の平均残存貸出期間(5)に亘 与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情勢の変化、債権 って毎期均等を取崩し、収益認識する会計処理を行っております。 の保全、その他相当の事由があるときは、当組合が実行申し込みを受けた融資 11. 消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。 の拒絶又は契約限度の減額をすることができる旨の条項が付されております。 12. 貸出金のうち、破綻先債権は55百万円、延滞債権は 3,035百万円でありま また、契約時において必要に応じて預金・有価証券等の担保を徴求するほか、
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成 2 8 年度分 自平成 28 年 7 月 1 日至平成 29 年 6 月 30 日 貸借対照表貸借対照表附属明細書財務諸表に対する注記正味財産増減計算書正味財産増減計算書内訳書財産目録 公益財団法人広島平和ライオンズクラブ福祉事業団

平成 2 8 年度分 自平成 28 年 7 月 1 日至平成 29 年 6 月 30 日 貸借対照表貸借対照表附属明細書財務諸表に対する注記正味財産増減計算書正味財産増減計算書内訳書財産目録 公益財団法人広島平和ライオンズクラブ福祉事業団

一般正味財産への振替 0 0 0 当期指定正味財産増減額 0 0 0 指定正味財産期首残高 20,000,000 20,000,000 0 指定正味財産期末残高 20,000,000 20,000,000 0 Ⅲ 正味財産期末残高 95,325,832 96,263,093 △ 937,261

7 さらに読み込む

広報つ! 平成 30 年 3 月 16 日号 2 特集 貸借対照表 BalanceSheet 家計に例えてみよう!

広報つ! 平成 30 年 3 月 16 日号 2 特集 貸借対照表 BalanceSheet 家計に例えてみよう!

 そのため、全ての資産・負債情報なども把握できる「発生主義」の考え方が導入され、津市 でも国が示した基準に基づき、資産・負債などの状況や、行政サービスのコストがどのくらい かかっているかなどを示した4つの財務書類を作成し、毎年公表しています。  ここでは、一般会計と全ての特別会計・公営企業会計を合算した市全体の財政状況が分かる 「財務書類4」のうち、貸借対照と行政コスト計算書の概要をお知らせします。
さらに見せる

32 さらに読み込む

平成 28 年 6 月 23 日 JFE スチール株式会社 第 13 期 ( 平成 27 年 4 月 1 日から平成 28 年 3 月 31 日まで ) 計算書類 貸借対照表 P2 ~P3 損益計算書 P4 株主資本等変動計算書 P5 個別注記表 P6 ~P12 ( 表紙を含み全 12 ページ )

平成 28 年 6 月 23 日 JFE スチール株式会社 第 13 期 ( 平成 27 年 4 月 1 日から平成 28 年 3 月 31 日まで ) 計算書類 貸借対照表 P2 ~P3 損益計算書 P4 株主資本等変動計算書 P5 個別注記表 P6 ~P12 ( 表紙を含み全 12 ページ )

会計方針の変更等に関する注記 1 会計方針の変更 (企業結合に関する会計基準等の適用) 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成259月13。以下「企業結合会計基 準」という。)および「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成259月13。 以下「事業分離等会計基準」という。)等を当事業年度から適用し、取得関連費用を発生した事業 度の費用として計上する方法に変更しております。また、当事業年度の期首以後実施される企業結合 については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分の見直しを企業結合の属する事業 度の計算書類に反映させる方法に変更しております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成 28 年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 現金及び預貯金 5,113 保険契約準備金 4,601 現 金 0 支 払 備 金 632 預 貯 金 5,113 責

平成 28 年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 現金及び預貯金 5,113 保険契約準備金 4,601 現 金 0 支 払 備 金 632 預 貯 金 5,113 責

②金融商品の内容およびそのリスク  当社が保有する金融商品は主に預貯金、有価証券、保険料の未収債権であり、以下の リスクに晒されております。  預貯金は、主として普通預金および定期預金であり、預入先の信用リスクに晒されて おります。また、預貯金の一部はデリバティブ内包型預金であり、満期において元本 金額が全額支払われる安全性が高い金融商品でありますが、当該契約は金利の変動リス クを内包しております。
さらに見せる

16 さらに読み込む

資産の部 連結貸借対照表 2018 年 平成 30 年 3 月 31 日現在 負債の部 ( 単位 : 百万円 ) 項 目 金 額 項 目 金 額 流動資産 458,572 流動負債 281,443 現金及び預金 66,806 買掛金 37,367 受取手形及び売掛金 83,767 短期借入金 17,

資産の部 連結貸借対照表 2018 年 平成 30 年 3 月 31 日現在 負債の部 ( 単位 : 百万円 ) 項 目 金 額 項 目 金 額 流動資産 458,572 流動負債 281,443 現金及び預金 66,806 買掛金 37,367 受取手形及び売掛金 83,767 短期借入金 17,

ヘッジの有効性評価の方法 … 金利スワップについては、特例処理によっているた め、有効性の評価の判定を省略しております。 ②退職給付に係る会計処理の方法 退職給付に係る資産及び退職給付に係る負債は、従業員の退職給付に備えるため、当 連結会計年度末における退職給付に係る資産及び退職給付に係る負債の見込に基づき 計上しております。なお、退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込を当連結会計 年度までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。 過去勤務費用は、主としてその発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数( 15)による定額法により費用処理しております。数理計算上の差異は、主として各連結 会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15)による定 法により按分したを、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。 未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資 産の部におけるその他の包括利益累計の退職給付に係る調整累計計上しておりま す。
さらに見せる

10 さらに読み込む

貸借対照表平成 31 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 5,742,841 流動負債 3,250,717 現金及び預金 3,495,101 1 年以内返済予定の長期借入金 1,485,520 未 収 運 賃

貸借対照表平成 31 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 5,742,841 流動負債 3,250,717 現金及び預金 3,495,101 1 年以内返済予定の長期借入金 1,485,520 未 収 運 賃

貸 倒 引 当 金 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率に よる計算を、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘 案し回収不能見込計上しております。 賞 与 引 当 金 従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込のう ち当期の負担計上しております。

7 さらに読み込む

令和元年 6 月 24 日 第 10 期決算公告 東京都港区芝五丁目 36 番 7 号三田ベルジュビル4 階株式会社 SBJ 銀行代表取締役社長富屋誠一郎 貸借対照表 ( 平成 31 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の

令和元年 6 月 24 日 第 10 期決算公告 東京都港区芝五丁目 36 番 7 号三田ベルジュビル4 階株式会社 SBJ 銀行代表取締役社長富屋誠一郎 貸借対照表 ( 平成 31 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の

②市場リスクの管理 当行は、資産及び負債の総合的管理により金利リスクを管理し、経営委員会へ資産及び負債の金利や期間を報告する体制をとっており ます。また、統合リスク管理チームにおいて金利感応度分析等のモニタリングを行い、リスク管理委員会へ報告する体制をとっており ます。当行の主要なリスク変動である金利リスクの影響を受ける主たる金融商品は、 「貸出金」 、 「有価証券」 、 「預け金」 、 「預金」 、 「借用 金」となっており、金利の変動リスク管理は、金融資産及び金融負債について VaR を計算し、定量的な分析をしております。なお、平 成 31 3月 31 現在で、市場リスクも加味した、当行の運用及び調達総体での VaR は 1,385 百万円であります。なお、VaR の算定に あたっては、保有期間 240 、信頼区間 99%の前提によっております。ただし、VaR は過去の相場変動をベースに統計的に算出した一定 の発生確率での市場リスク量を計測しており、通常では考えられないほど市場環境が激変する状況下におけるリスクは捕捉できない場 合があります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成23年3月31日変更認定 新旧対照表 上越市(高田地区)中心市街地活性化基本計画  上越市ホームページ

平成23年3月31日変更認定 新旧対照表 上越市(高田地区)中心市街地活性化基本計画 上越市ホームページ

このため、商業、公益、居住 施設、駐車場からなる当該事業 実施により、大和跡地に整備さ れる拠点施設との間で 2 核 1 モ ールを形成し、まちのにぎわい 向上を図っていく。当該事業地 は、市内で最も歩行者交通量が 多い本町商店街と駅前通りが交 差する主要な場所であり、人々 のニーズに適う魅力ある施設を 整備することにより、まちへの 集客力が増すものと期待ができ るほか、まちの人たちが望む 常買回り品の購入等、市民生活 の利便も図っていく。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...