平成24年度 最終報告(案)

Top PDF 平成24年度 最終報告(案):

池田市行財政改革推進プラン平成24年度最終報告(案)

池田市行財政改革推進プラン平成24年度最終報告(案)

平成年度決算は黒字となり、経常収支比率についても89%と年ぶり に100%を下回りましたが、今後の財政推計を見たとき、依然として予断を 許さない状況にあります。 そのため、 平成年度においては、 プランに沿った取組みを行うとともに、

11 さらに読み込む

池田市行財政改革推進プラン平成23年度最終報告(案)

池田市行財政改革推進プラン平成23年度最終報告(案)

平成年度決算は黒字となりましたが、市税収入の減少等の原因により、 経常収支比率が年ぶりに100%を超えるなど、今後の財政推計を見たとき、 依然として予断を許さない状況にあります。 そのため、 平成年度においては、 プランに沿った取組みを行うとともに、 行政が携わっている事業について今一度見直すことで事業のスリム化を図り、 プランの目標達成に向けて、引き続き行財政改革を断行してまいります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

池田市行財政改革推進プラン平成24年度最終報告(案)

池田市行財政改革推進プラン平成24年度最終報告(案)

平成年度は、人事評価システムの本格実施、家庭ごみ収集業務の一部委 託、市職員の給料削減等による人件費削減や指定ごみ袋、ごみ持込み手数料の 見直しによる歳入の確保等に取り組みました。また、空港・資産活用課や発達 支援課を新たに設置するなど、市民視点での組織編制を行いました。

12 さらに読み込む

A Web Web , , ,160 5,142

平成24年度 在宅医療連携拠点事業活動の進捗報告

今年度の取り組みは主に点 (1)災害時に必要なAEDや衛星電話等の備品購入と貸し出しの周知 各代表者で構成された在宅医療連携協議会において、備品 の必要時の貸し出しについて周知した。当面、メンテナンスを 含めた保管は拠点事業所で 行うことにした。

16 さらに読み込む

平成22年度 最終報告

平成22年度 最終報告

平成年度は、市職員の給料・手当の削減等による人件費削減や債権回収 センターによる滞納整理の強化、みんなでつくるまちの寄付等による歳入の確 保対策、なかよしこども園の調理業務の委託、府からの権限移譲に対する町での連携による共同処理の実施等に取り組みました。その結果、単年度の 実質収支では、平成年度も引き続き黒字となり、 「改革プラン」の数値目標 である職員数158人削減や人件費総額70億円以下をクリアしました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

平成20年度 最終報告

平成20年度 最終報告

( 4) 数値目標 ①安定的な財政構造の確立(臨時財源補てんをせず形式収支黒字化) ②経常収支比率 90%台 ③職員数 158 人削減(対 18 年度比 18%削減) ※ H 22. 4. 1、企業会計(病院・水道)を除く全職員。ただし、上下 水道部門の統合による 20 人の減及び平成 18 年度の計画と実績の

9 さらに読み込む

《平成24年度版》

《平成24年度版》

結果は各申請団体に通知し、対象となった事業及び団体、補助金額について は、広報いとまんや市ホームページ、糸満市市民活動支援センター広報紙やブ ログで公表します。 また、交付決定後の説明会・講座への参加、糸満まちづくりカフェ2015で の活動報告、実績報告書の提出を必ず行って頂きます。

14 さらに読み込む

平成21年度 最終報告

平成21年度 最終報告

平成年度は、市職員の給与カットを主とした人件費削減や債権回収セン ターの新設による滞納整理の強化、市有土地の売却といった歳入の確保対策、 葬祭場などへの指定管理者制度導入施設の拡大による行政のスリム化などに取 り組みました。 一方、 総合窓口課によるワンストップサービスを実施するなど、 市民サービスの向上にも努めました。その結果、単年度ベースでは、平成年度も引き続き黒字となり、 「改革プラン」の数値目標である職員数158人削 減や人件費総額70億円以下をクリアする見込みとなっております。しかしな がら、100年に一度といわれる世界同時不況もあり、今後の財政推計をみた とき、決して安心できるとは言えない状況であることに変わりはありません。 そのため、行政が携わっている事業を今一度見直し、真に10万池田市民の ためになることは何かを見極め、事業のスリム化、メリハリをつけた事業展開 を行います。
さらに見せる

10 さらに読み込む

平成24年度 業務概況書

平成24年度 業務概況書

この会議は、原則として毎週1回定時開催するものとし、その他必要に応じて随時開催するものとしてい ます。議長は、会議における審議状況を遅滞なく理事長に報告するものとされています。 (5)運用リスク管理会議 管理積立金、退職等年金給付積立金及び経過的長期給付積立金の運用に関するリスク管理並びに厚生年金 保険給付調整積立金、退職等年金給付調整積立金及び経過的長期給付調整積立金の運用に関するリスク管理 が適切になされるよう、その審議を行うため、理事長を議長とした運用リスク管理会議を設置しています。
さらに見せる

33 さらに読み込む

池田市行財政改革推進プラン平成25年度最終報告(案) an

池田市行財政改革推進プラン平成25年度最終報告(案) an

平成年度は、事務事業の抜本的な見直しを図るため「事務事業評価結果 を使用した市長・副市長ヒアリング」を実施したほか、公金収納業務や平日の 放置自転車移動業務を委託するとともに、葬祭場使用料の見直しやコンビニ収 納の導入による歳入の確保に取り組みました。 また、 「こみなみ市長の出前講座」

16 さらに読み込む

池田市行財政改革推進プラン平成25年度最終報告(案) S3  an

池田市行財政改革推進プラン平成25年度最終報告(案) S3 an

(※) 97.6 − ※1 経常収支比率とは、財政構造の弾力性を表す指標で、この比率が高いほど投資的経費等の臨時 的経費に使用できる一般財源が少なく、財政構造が弾力性を失っていることを示す。地方税、普 通交付税のように使途が特定されず毎年度経常的に収入される財源が、人件費、扶助費、公債費 のように毎年度経常的に支出される経費にどれくらい充当されているかを見ることで、財政の健 全性を判断できる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

平成24年度 一般社団法人衛星放送協会 事業報告

平成24年度 一般社団法人衛星放送協会 事業報告

媒体別でみると、地上波テレビ広告を含む「マス媒体」は、前年比10.9%と9年ぶりの前年越えとなった。最も 構成比の高い「テレビ広告」は、010年から1年ぶりのプラス成長の103.0%となった。それ以外の「新聞広告」・ 「雑誌広告」も10%、100.%とそれぞれ9年ぶり、13年ぶりに前年比を越えることとなった。広告費全体は震 災前の水準を上回ることになったが、これが継続するかどうかの判断はまだ予断を許さない状況と考えた方が良い と見るべきだろう。
さらに見せる

20 さらに読み込む

花と緑のまちづくり構想 事業進捗状況報告書(平成24年度)

花と緑のまちづくり構想 事業進捗状況報告書(平成24年度)

市民センターの緑化の充実 市民センターの緑化の充実 市民センターの緑化の充実 実績 緑化面積 ・弁財市民センター 地上部分 11.3㎡ ・朝志ヶ丘市民センター 地上部分 8.9㎡ ・宮戸市民センター 地上部分 .6㎡ ・栄町市民センター 地上部分 106.9㎡ ・仲町市民センター 地上部分 130.5㎡ ・溝沼市民センター 地上部分 171.7㎡ ・根岸台市民センター 地上部分 78.56㎡ R階 77.6㎡ ・膝折市民センター
さらに見せる

57 さらに読み込む

平成24年度 業務概況書

平成24年度 業務概況書

専門委員会報告書では、新たにポートフォリオ策定の際の許容度として運用目標等からの下振れリスクが一定程度 超えないことが採用され、具体的には、全額国内債券運用において名目賃金上昇率から下振れするリスクを超えない ことがリスク許容度として示されています。また、ALMの観点から、予定積立金額からの下振れリスクの検証は依 然重要であり、予定積立金額を下回る確率や損失額(下回る額)の平均額についてのシミュレーションによる検証に ついても示されていることから、これらについて検証等を行いました。その他、「リスクシナリオ等による検証につ いて、より踏み込んだ複数のシナリオで実施するなど、一層の充実」を求められていることから、ここでは、ケース E(内閣府経済再生ケース)及びケースG(内閣府参考ケース)の経済前提を用いて策定することとしました。
さらに見せる

77 さらに読み込む

H27saisyu an 池田市行財政改革推進プランII平成27年度最終報告(案)

H27saisyu an 池田市行財政改革推進プランII平成27年度最終報告(案)

一層の見直しを通してスリム化を図り、当該年度の目標、引いてはプランⅡの 目標達成に向けて、引き続き行財政改革を断行してまいります。 そして、子どもからお年寄りまで「10万人総活躍」によるまちづくりに向 けて、 「For the People」 を合言葉に、 全職員が心を一つにして、 より効率的な、

36 さらに読み込む

★★★平成30年度県民運動計画(最終案)

★★★平成30年度県民運動計画(最終案)

「前照灯の早め点灯と原則ハイビームの徹底運動」推進要綱 平成30年2月栃木県交通安全対策協議会提唱 1 趣 旨 夕暮れ時は、道路交通が輻輳することに加え、注意力の散漫等により交通事故が多発しており、 これらの内外的要因による「見落とし」や「発見の遅れ」を防止するためには、意欲的に安全運転 を励行する必要がある。本運動は、全ての車両が前照灯を早めに点灯することで、ドライバーが歩 行者等の他の道路利用者をより早く発見するとともに、自車の存在をより早く他の道路利用者に知 らせて注意を喚起する。さらに、ドライバーは、夕暮れ時等において、対向車や先行車がいない場 合の原則ハイビーム(前照灯上向き点灯)走行を徹底し、歩行者や自転車を早期に発見することによ り、夕暮れ時と夜間の交通事故の防止を図るものである。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成14年度事業計画(案)

平成14年度事業計画(案)

1)年間外国映画統計資料 平成元年より各年度に配給公開された輸入外国映画作品について『外画概 況』 (国別・会社別)を作成。国内の輸入映画産業における基礎的な統計 データを調査・集計し、当協会の公式ウェブサイト(日本語・英語)並び に各メディアを通じて公表。日本国内をはじめ海外からの要請並びに問い 合わせにも対応し、広報活動に努める。

5 さらに読み込む

030514第1回資料2-4最終

030514第1回資料2-4最終

l人口一人あたりにすると世界平均の1/4程度、水資源量では1/2程度 世界各国の降水量等 ここで水資源量とは 、降水量から蒸発散量が引かれ表流水・ 地下水となった量( 国際河川の影響も考慮) 。 資料: 国連食糧農業機関ウェブサイト「 AQUASTAT」 、国土交通省水資源部「 平成15年版 日本の水資源」

23 さらに読み込む

030514第1回資料2-4最終

030514第1回資料2-4最終

l人口一人あたりにすると世界平均の1/4程度、水資源量では1/2程度 世界各国の降水量等 ここで水資源量とは 、降水量から蒸発散量が引かれ表流水・ 地下水となった量( 国際河川の影響も考慮) 。 資料: 国連食糧農業機関ウェブサイト「 AQUASTAT」 、国土交通省水資源部「 平成15年版 日本の水資源」

38 さらに読み込む

平成24年度成果報告書

平成24年度成果報告書

実験方法は6-1--3に準じ、150ml 容小型オートクレーブを用いて 150-170℃の油 浴中で 120-180 分間加熱し、のち黒液を分離してパルプを解繊・洗浄し、パルプ収率と残 留リグニン量を求めた。 表 12 に、蒸解結果を示す。プラントの蒸解装置の運転条件を 170℃、120 分とすると、 スギチップの蒸解性は蒸解液中の初期水酸化ナトリウム濃度に大きく影響されているが、 ソーダ蒸解がアルカリ濃度5%を必要としたことに比較して%で十分に脱リグニンが進 行しており、添加した亜硫酸ソーダによるリグニンのスルホン化効果が出ているものと考 える。また、添加する亜硫酸ソーダ濃度はパルプ収率やリグニン量に顕著な影響を与えな かったことから、検討した添 加量より少量で蒸解性やリグ ニンの水溶性化に寄与してい ると思われる。しかし、初期 亜硫酸 ソー ダ濃 度 1.7%に比 較し て 6.7%では、脱リグニ ン度が若干低下していたこと から、pH の低下を及ぼすよう な多量の亜硫酸ナトリウムの 添加は蒸解性を低下させるこ とが明らかとなった。よって、 アルカリ処理をベースとした 本前処理プロセスに亜硫酸ソ ーダを添加してアルカリ・サ ルファイト蒸解を行うことは 可能であるが、その添加量は さらに検討が必要であると判 断した。一方、その洗浄性の 実験室レベルでの検討につい ては、ドラムフィルター型洗 浄装置の洗浄時間と透水量等 のデータが必要となるので、 プラント機器を用いて検討す る必要がある。
さらに見せる

284 さらに読み込む

Show all 10000 documents...