対応できる低消費電力向け

Top PDF 対応できる低消費電力向け:

公開 資料 5-1 超低消費電力型光エレクトロニクス 実装システム技術開発 ( 中間評価 ) ( 平成 24 年度 ~ 平成 33 年度 10 年間 ) プロジェクトの概要 ( 公開 ) NEDO IoT 推進部 平成 29 年 9 月 28 日 超低消費電力光エレクトロニクス実装システム技術開発中

公開 資料 5-1 超低消費電力型光エレクトロニクス 実装システム技術開発 ( 中間評価 ) ( 平成 24 年度 ~ 平成 33 年度 10 年間 ) プロジェクトの概要 ( 公開 ) NEDO IoT 推進部 平成 29 年 9 月 28 日 超低消費電力光エレクトロニクス実装システム技術開発中

■個々の民間企業では技術開発は困難 ■我が国のエレクトロニクス産業を支える 技術の国際競争力強化 国民生活の中に浸透しつつあるクラウドコンピューティング、 ライフラインとなっているデータセンタ、ネットワーク等に係る 情報通信機器の消費電力量を削減し、CO 2 排出量を削減する ことは、地球温暖化対策として非常に重要。 公益性 高い取り 組み。

58 さらに読み込む

磁気浮上型水力発電機に適用する低消費電力センサと充電システムの開発

磁気浮上型水力発電機に適用する低消費電力センサと充電システムの開発

ータリースイッチを使用したことでボックス外部からのコントローラの切り替 えが容易になっている。電源挿し込み口は形状を変えることにより,挿し込み の間違いを回避できるようにした。もし間違えてしまっても,スイッチングコ ンバータと各デバイスの間にダイオードを挟んであるため,誤動作や破損を防 ぐことができる。各デバイスには外付けのスイッチを設けている。これは PWM アンプ,センサアンプ,FPGA の順番に電源を入れるためである。
さらに見せる

84 さらに読み込む

イットリウム系大電流・低損失超電導電力ケーブル

イットリウム系大電流・低損失超電導電力ケーブル

撲滅、1 kmを超える長尺化、コストでの安定製造技術の確 立がある。今回の成果を踏まえて上記課題を早急に解決し、 Y系線材をニーズに応じて提供できるよう努力したい。 ケーブル開発では、超電導線材を多層導体化したケーブ ルの交流損失特性を含む電気的特性及び機械的特性の基礎 データを収集し、コンパクトで損失なケーブル設計を確 立した。当社Y系線材を用いて15 m長の大電流・損失超 電導電力ケーブルシステムを構築し、ケーブル送電損失は 冷却に必要な電力消費を加味しても既存の電力ケーブルの 1/3以下となる2.1 W/m/ph@5 kA以下を達成した。 30年 間の運用に相当する加速条件のもとで長期課通電試験を実 施し、システムの健全性を実証した。Y系ケーブルの実用 化のためには、実系統での長期信頼性・安定性の検証が必 要であり、先行しているビスマス系超電導ケーブルの成果 も活用して実用化に向けた開発を進めたい。
さらに見せる

7 さらに読み込む

FPGA と SoC FPGA および SoC 製品ファミリ低消費電力 実績のあるセキュリティ 優れた信頼性

FPGA と SoC FPGA および SoC 製品ファミリ低消費電力 実績のあるセキュリティ 優れた信頼性

ProASIC3 ファミリ: ProASIC3/E FPGA CPLD を置き換える密度 FPGA ProASIC3 シリーズ フラッシュFPGA は、今日最も要求が厳しいボリューム アプリケーションのために消費電力、性能、密度、機能を飛躍的に 進歩させた製品です。ProASIC3 デバイスは Arm Cortex-M1 プロセッサをサポートしており、プログラムのしやすさ、短い開発期間、コスト が特長です。ProASIC3 デバイスはフラッシュを採用し、330~35K のロジック エレメントと 620 の高性能 I/O をサポートしています。一部の ProASIC3 デバイスは車載向けに AEC-Q100 認定を取得しています。これらのデバイスは AEC T1 スクリーニングを行い PPAP 文書付きで提供 しています。
さらに見せる

28 さらに読み込む

予備評価を行い この手法により 性能を低下させることなく消費電力を効果的に削減できることを確認した (2) コンパイラによる低電力指向最適化まず上記 (1) に述べた スタティック電力削減に必要となる 利用されない領域を完全に把握するアルゴリズムを開発し 昨年度までに開発したディレクティブベースコン

予備評価を行い この手法により 性能を低下させることなく消費電力を効果的に削減できることを確認した (2) コンパイラによる低電力指向最適化まず上記 (1) に述べた スタティック電力削減に必要となる 利用されない領域を完全に把握するアルゴリズムを開発し 昨年度までに開発したディレクティブベースコン

(2) 消費電力プロセッサによるクラスタシステムの構築と電力性能評価 上記のプロトタイプMegaProtoでの高性能・電力計算の実現方式を詳細に検討する ために、MegaProtoに用いられる消費電力プロセッサCrusoeを用いて、4ノードか らなるクラスタシステムを構築し、電力測定、性能評価を行った。その結果、複数 の消費電力プロセッサを用いることにより、いくつかのベンチマークプログラム において、高性能プロセッサよりも電力あたりの性能を改善できることがわかった。 特にメモリ最適化などの行った場合の並列プログラムでの電力削減効果が消費電 力プロセッサでは大きいことがわかった。ネットワークについても、電力消費特性 の評価を進めるとともに、消費電力プロセッサのDVS(Dynamic Voltage Scaling) 機能を用いた場合の電力削減効果についても測定、考察をおこなった。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ADV7390/ADV7391/ADV7392/ADV7393: SD / HD低消費電力、チップ・スケール、10 ビットビデオ・エンコーダ

ADV7390/ADV7391/ADV7392/ADV7393: SD / HD低消費電力、チップ・スケール、10 ビットビデオ・エンコーダ

ADV739x はバス上の標準スレーブ・デバイスとして機能しま す。 SDA ピン上のデータは 8 ビット長で、 7 ビット・アドレスと R/W __ ビットに対応しています。 ADV739x は、先頭バイトをデ バイス・アドレスとして、 2 番目のバイトをサブアドレスの先 頭として解釈します。サブアドレスの自動インクリメント機能 により、任意の有効なサブアドレスから始まる昇順サブアドレ ス・シーケンスで、レジスタとの間でデータの書込み/読出し ができるようになります。データ転送は常にストップ状態に よって終了します。すべてのレジスタを更新しなくても、固有 のサブアドレス・レジスタに 1 個ずつアクセスすることもでき ます。
さらに見せる

96 さらに読み込む

「電力自由化に向けての消費者の電力小売企業・サービス選択基準に関する意識調査」調査結果

「電力自由化に向けての消費者の電力小売企業・サービス選択基準に関する意識調査」調査結果

 「一番使用したい」では4位に留まった携帯電話通信は、「三番目に使用したい」まで含めると1位となった。 →消費者の組み合わせへのニーズを考慮した場合、乗り換え先として都市ガス会社が有利である。 Q. 電力供給サービスと以下サービスとの組み合わせにより料金削減が可能な場合、どの組み合わせを使用したいですか? 電力供給サービスと以下サービスとの組み合わせにより料金削減が可能な場合、どの組み合わせを使用したいですか? 電力供給サービスと以下サービスとの組み合わせにより料金削減が可能な場合、どの組み合わせを使用したいですか? 電力供給サービスと以下サービスとの組み合わせにより料金削減が可能な場合、どの組み合わせを使用したいですか? (料金削減額はいずれの場合も同じ)
さらに見せる

20 さらに読み込む

ADP5091/ADP5092: MPPT と充電管理機能付き超低消費電力のエネルギー・ハーベスタ PMU

ADP5091/ADP5092: MPPT と充電管理機能付き超低消費電力のエネルギー・ハーベスタ PMU

ギー伝導システムを保守するための外付け部品の選択手順、レイ アウトと組み立ての考慮事項について説明します。 エネルギー・ハーベスタの選択 エネルギー・ハーベスタの入力ソースは、コールド・スタート、 非同期昇圧、同期昇圧に対して最小レベルの電力を供給する必要 があります。コールド・スタートを完了するために必要な最小入 力電力は、次式で計算できます。

28 さらに読み込む

消費者の環境配慮型行動としてのカーボン・オフセット / 低炭素社会の実現に向けて

消費者の環境配慮型行動としてのカーボン・オフセット / 低炭素社会の実現に向けて

7 .東北夏まつりカーボン・オフセット ― 東北夏まつりネットワーク ―  青森ねぶた祭や仙台七夕まつりなど東北6県で行われる夏祭りの開催に伴い電力・燃料使用に より排出される CO 2 排出量を地域内の国内クレジットでオフセットする取り組みである。  具体的には,国内クレジット制度東北地域推進協議会は,東北緑化環境保全㈱に対して「東北 夏まつりカーボン・オフセット」事業を委託し,オフセットを支援する。東北緑化環境保全㈱は, 東北の35商工会議所と夏まつり40団体で組織する「東北まつりネットワーク」と連携し,東北の 夏まつり (各まつりの平均参加者数:106万人) で排出される CO 2 排出量 (29トン ― CO 2 )を東北の22
さらに見せる

38 さらに読み込む

1. 背景 目的 -1- CO2 排出量 の削減 地球温暖化防止 電力消費の削減と平準化 電力不足への対応 グローバルな要求事項 今後の電力供給体制への影響が大きい 地球温暖化が叫ばれる中 グローバルな要求事項として CO2 排出量の削減が求められている 加えて震災後の電力供給体制に対し 電力消費そ

1. 背景 目的 -1- CO2 排出量 の削減 地球温暖化防止 電力消費の削減と平準化 電力不足への対応 グローバルな要求事項 今後の電力供給体制への影響が大きい 地球温暖化が叫ばれる中 グローバルな要求事項として CO2 排出量の削減が求められている 加えて震災後の電力供給体制に対し 電力消費そ

6. 技術開発に関する結果(成功点) 除湿に必要な熱量と太陽熱の集熱量の関係が把握でき、シミュレーションツールも開発で きたのでシステム設計が行えるようになった。 除湿後に顕熱上昇した給気の冷却方法として、潜熱交換器よりも自然放熱が有効であるこ とが確認された。このことは省電力化やコスト低減に利用できる

9 さらに読み込む

スピントランジスタの基本技術を開発   ― 高速・低消費電力、メモリにもなる次世代半導体 ―

スピントランジスタの基本技術を開発   ― 高速・低消費電力、メモリにもなる次世代半導体 ―

スピンMOSトランジスタの基本技術を開発 ― 高速・消費電力、不揮発の次世代半導体 ― 本資料は、本年米国ボルチモアで開催のIEDM(International Electron Devices Meeting 2009)における当社講演 “Read/Write Operation of Spin-Based MOSFET Using Highly Spin-Polarized Ferromagnet/MgO Tunnel Barrier for Reconfigurable Logic Devices”に関するものです(現地時間12月7日14:00講演、講演番号9.2)。

20 さらに読み込む

最近の CPU (ARM の一種 ) Nvidia 社製 Tegra 3 の省電力技術 4-PLUS-1 メインである 4 つのコアに加え 低性能 低消費電力のコンパニオンコアを状況に応じて活用する技術 端末のパフォーマンスが必要なときは 4 つのコアから必要な数のコアを使い 不要なときは低消費電力

最近の CPU (ARM の一種 ) Nvidia 社製 Tegra 3 の省電力技術 4-PLUS-1 メインである 4 つのコアに加え 低性能 低消費電力のコンパニオンコアを状況に応じて活用する技術 端末のパフォーマンスが必要なときは 4 つのコアから必要な数のコアを使い 不要なときは低消費電力

ニオンコア を状況に応じて活用する 技術。 – 端末のパフォーマンスが必要なときは4 つのコアから必要な数のコアを使い、不 要なときは消費電力のコンパニオンコ アだけで動作して全体の消費電力を削

56 さらに読み込む

アウトライン トラフィック抑制型アドホックネットワークの必要性 研究目的 超低消費電力化効果の総合評価の枠組み 提案方式 トラフィック抑制型アドホックネットワーキング方式 自己同期型パイプラインによるデータ駆動チップマルチプロセッサ (CMP) プラットフォーム 総合評価 の消費電力の評価 トラフィ

アウトライン トラフィック抑制型アドホックネットワークの必要性 研究目的 超低消費電力化効果の総合評価の枠組み 提案方式 トラフィック抑制型アドホックネットワーキング方式 自己同期型パイプラインによるデータ駆動チップマルチプロセッサ (CMP) プラットフォーム 総合評価 の消費電力の評価 トラフィ

自己同期型パイプラインによるデータ駆動CMP – データ駆動方式では、負荷・機能分散が自在にできる。 – 自己同期型パイプラインでは、CMP化が自在にできる。 →消費電力化のため、4個のコアへ入力パケットを振り分け負荷分散処理を実現した。

20 さらに読み込む

情報処理学会研究報告 IPSJ SIG Technical Report Vol.2014-ARC-211 No /7/28 リアルタイム消費電流計測機能を活用する低消費電力 FPGA アクセラレータ 近藤秀弥 1 手塚宏史 1 稲葉真理 1 FPGA アクセラレータの電力最適化のために

情報処理学会研究報告 IPSJ SIG Technical Report Vol.2014-ARC-211 No /7/28 リアルタイム消費電流計測機能を活用する低消費電力 FPGA アクセラレータ 近藤秀弥 1 手塚宏史 1 稲葉真理 1 FPGA アクセラレータの電力最適化のために

我々はFPGA をアクセラレータとして用いて電 流効率を上げるため、消費電流解析を行えるハード ウェア基板であるFPGA電流解析ボード(FPGA Analysis Board of Current:F-ABC)の設計を行った。 計測対象は Xilinx 社のKintex7-325T で主な計測 電流はFPGA のコア電流(VCCINT) であり、他 9種類 の電源についても、各々の電源モジュールの出力に 対して消費電流計測機能を取り付けた。電流計測機 能は電流センス用の抵抗を取り付けてその電圧降下 をアンプにて増幅する回路となっている。この回路 をFPGAのアナログディジタルコンバータに接続して いる。これによりFPGAが自分自身の消費電流を計測 するフィードバックシステムを実現した。このFPGA ボードを使用することにより今まではアクセラレー タ全体としてでしか解析されていなかった消費電力 を使用用途に分けて詳細に解析することができる
さらに見せる

6 さらに読み込む

日本低炭素社会に向けた挑戦 -なぜ必要か、どうすればできるのか-

日本低炭素社会に向けた挑戦 -なぜ必要か、どうすればできるのか-

【太陽と風を活かした建築デザイン】太陽光や自然風を建築物内に取り込むパッシブデザイン設計など、それぞれの地域風土に合 わせた建築技術やデザインが広く普及している。また、断熱技術・日射遮蔽技術・自然通風技術などの個別の技術レベルも 向上しているため、住宅・建築物内の快適性を維持しつつエネルギー消費量の削減が可能となっている。この結果、住宅の 世帯あたりエネルギー需要は2000年比-40%程度、建築物でも床面積あたりで-40%程度に低減している。さらにそれぞれの建 築物の屋根や壁面には、太陽熱給湯器や太陽光発電が標準的に設置されており、特に 低層住宅では、高断熱、パッシブデザ イン、太陽エネルギー利用の組合せによって、そのほとんどがゼロカーボン住宅となっている。
さらに見せる

58 さらに読み込む

反強磁性体で世界最大の自発磁気効果をもつ低消費電力磁気メモリ材料:反強磁性体におけるワイル粒子の発見

反強磁性体で世界最大の自発磁気効果をもつ低消費電力磁気メモリ材料:反強磁性体におけるワイル粒子の発見

① 研究の背景 スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のメインメモリとして主に利用されている 揮発性メモリは、 CPU から直接アクセスできる記憶素子で、記憶保持に大きな電力消費しま す。近年、次世代メモリとしてより高速で記憶保持に電力を消耗しない不揮発性メモリの開発 が盛んに行われています。なかでも、強磁性体材料を用いた不揮発性メモリは磁気の方向を記 録する「磁気メモリ」で HDD 等での記録実績もあり、すでに実用化されつつあります。一方 で強磁性体の記憶素子はスピンの向きを揃えた、いわば小さな磁石を集積化させて使用してい るため、記憶素子同士の磁気的な干渉などにより高密度化に限界があるという重大な弱点を抱 えており、この点の解決が強く求められています。デバイスの高性能化を進めていく上で CPU の高性能化だけではシステム全体の高速化には繋がらず、プログラムやデータ転送を高速化す る必要があります。現在の強磁性体不揮発性メモリではまだ CPU との動作速度の違いがシス テム全体の高速化が進まない要因の1つとなっており、集積化と高速化の両立が次世代メモリ 材料には求められています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ADM8611/ADM8612/ADM8613/ADM8614/ADM8615: ウォッチドッグ・タイマとマニュアル・リセット付きの超低消費電力監視 IC

ADM8611/ADM8612/ADM8613/ADM8614/ADM8615: ウォッチドッグ・タイマとマニュアル・リセット付きの超低消費電力監視 IC

す。別電源入力を使って、ADM8612 と ADM8615 は 0.5 V~1.9 V の 20 種類の電圧レベルをモニタすることができます。 マニュアル・リセット入力を使うと、必要に応じて ADM8611、 ADM8612、ADM8613、ADM8615 をリセットすることができま す。 ADM8613、ADM8614、ADM8615 のウォッチドッグ機能は、 WDI ピンを使ってマイクロプロセッサの心拍(動作状況)をモニ タします。ADM8613 と ADM8614 にはウォッチドッグ・ディス エーブル入力があります。この入力を使うと、必要に応じてウ ォ ッ チド ッグ機 能 をデ ィスエ ー ブル するこ と がで きます 。 ADM8614 にはウォッチドッグ・タイムアウト延長入力もありま す。この入力を使うと、ウォッチドッグ・タイムアウトを 1.6 sec から 100 sec へ延長することができます。
さらに見せる

17 さらに読み込む

第1回 消費税率引上げに向けての経過措置の対応

第1回 消費税率引上げに向けての経過措置の対応

- 1 - 消費税率引上げに向けての経過措置の対応(第 3 回) (はじめに) 消費税法改正に伴う改正後の税率は、原則として、施行日以後に国内において事業 者が行う「資産の譲渡等」及び「課税仕入れ及び保税地域から引き取られる課税貨物」 (以下「課税仕入れ等」といいます。)に係る消費税について適用されます。

5 さらに読み込む

グリーンコンピューティングのための低消費電力マルチコア技術 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

グリーンコンピューティングのための低消費電力マルチコア技術 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

テクチャ(図4参照)を開発している。  OSCARマルチコアアーキテクチャでは、各プロセッサ により共有されるオフチップ及びオンチップの集中型の共 有メモリと、サーバ用SMPのように各プロセッサ用プラ イベートキャッシュを持たせることができると共に、我が 国が得意とするハードリアルタイム制御にも対応できるよ うに、自分しかアクセスしないデータを格納するローカル データメモリと他のプロセッサからも直接アクセスできる 分散共有メモリ、またそれらのプロセッサ近接メモリにア クセスが必要となる以前に集中共有メモリからデータを ロードしたり、他プロセッサが必要とする共有データを当 該プロセッサ上の分散共有メモリにストアしたりするため のデータ転送ユニットDTU(高機能DMAコントローラ) を持たせている所に特徴がある。さらに OSCARマルチコ アアーキテクチャでは、各プロセッサコア及びコア内のプ ロセッサ、DTU、各種メモリとメモリ内バンクなどを別々 に周波数制御及びクロック停止(クロックゲーティング)、 電源遮断(パワーゲーティング)するための周波数電圧制 御レジスタFVRも用意されている [6] 。2005年から 2007
さらに見せる

12 さらに読み込む

AD9833: 低消費電力 20 mW 2.3 〜 5.5 V プログラマブル波形発生器

AD9833: 低消費電力 20 mW 2.3 〜 5.5 V プログラマブル波形発生器

次のセクションで、これらのサブサーキットについて説明しま す。 回路の説明 AD9833 は、完全統合型のダイレクト・デジタル・シンセシス ( DDS )チップです。最高 12.5MHz のデジタル作成されたサイ ン波を提供するために、リファレンス・クロックが 1 つ、精 度抵抗が 1 つ、デカップリング・コンデンサが複数必要です。 RF 信号を生成するほか、簡単な変調方式から複雑な変調方式ま で広範囲にわたり完全な対応ができます。これらの変調方式は 全て、デジタル領域で実現されているため、 DSP 技法を使用し て複雑な変調アルゴリズムを正確かつ簡単に実現できます。 AD9833 の内部回路は、数値制御発振器( NCO )、周波数/位 相変調器、 SIN ROM 、 DAC 、レギュレータという主要な要素 で構成されています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Show all 10000 documents...