太陽光発電システム保守・点検のための

Top PDF 太陽光発電システム保守・点検のための:

再生可能エネルギー発電システムに関するリスク――太陽光発電システムの保守管理

再生可能エネルギー発電システムに関するリスク――太陽光発電システムの保守管理

おわりに 本稿では、PV システム保守点検状況現状や、新たなリスクとそれに対する防止策、およびメンテナン スあるべき姿について紹介した。 今回紹介したパネル発熱リスクは、火災事故に発展する可能性が極めて高い事象であると考えられる。 現に欧米では、PV パネルが原因と見られる火災事故が報告されている。また、施工不良による出火事例報 告も少なくない。しかし、現状提示されている各機関が発行しているガイドラインに記載されている保守点 検方法では、当該リスクを確認することは困難である。さらに、潜在リスクとして紹介した雑草繁殖リス クに関しても、事業者側にとっては現場作業邪魔になるという理由で除草作業を行うことはあるが、延焼 拡大リスクという観点で認識している人は少ない。加えて、メンテナンスを実施するため安全面に対する 技術的な知見についても、十分に確立、周知されていないが現状である。PV システムが普及し始めて間も ないことから、未だ日本国内では大規模な事故がほとんど起こっておらず、また、顕在化していないような リスクがある可能性も考えられるが、現状で想定可能なリスクについては、最低限未然に防ぐ手立てを考え ていく必要がある。
さらに見せる

13 さらに読み込む

200 研究開発の俯瞰報告書環境 エネルギー分野 (2019 年 ) 2. 5 太陽光発電 太陽熱発電 (1) 研究開発領域の定義太陽光発電 太陽熱発電に関する科学 技術 研究開発を記述する 太陽光発電および太陽熱発電は 太陽の光 熱エネルギーを電力へ変換する発電方式である 特に発電システムとしての

200 研究開発の俯瞰報告書環境 エネルギー分野 (2019 年 ) 2. 5 太陽光発電 太陽熱発電 (1) 研究開発領域の定義太陽光発電 太陽熱発電に関する科学 技術 研究開発を記述する 太陽光発電および太陽熱発電は 太陽の光 熱エネルギーを電力へ変換する発電方式である 特に発電システムとしての

や IEC による標準化検討が行われている。PV 搭載自動車については、日本(トヨタなど)を 中心にコンセプトが提案され、NEDO における FS や IEA PVPS TASK 17 立ち上げなど に進展している。運輸部門に関連して、海外では道路一体型 PV 開発も進められている。 電力系統と高度な協調技術として、自律調整機能(電圧安定化、周波数安定化、力率調整、 出力制御、ソフトスタート等)と電力会社・アグリゲータと双方向通信機能が実装されるス マートインバータが開発され、標準化が進んでいるが、具体的利用方法について検討・検証が 求められている。発電予測については、各国でプロジェクトが立ち上がっている。IEA PVPS TASK 16 においても国際的な情報交換場が作られている。日射量モデル改良、衛星観測 データや全天カメラ画像によるリソース増加や、深層学習、アンサンブル学習など予測手 法が研究されている。国内各電力会社でも発電出力把握方法検討が進み、実装されている。 日射量から推定モデルが基本であるため、スマートメータ等実測データによる補正や検証 が必要である。出力制御については、海外でも実装されているが、国内ではより高度なリアル タイム制御、日射短時間予測を利用した制御計画修正など研究が行われている。蓄電池 導入も進められているが、コスト低減が求められている。
さらに見せる

50 さらに読み込む

住宅におけるマイクロコージェネレーションシステムと太陽光発電システムの導入効果に関する研究 [ PDF

住宅におけるマイクロコージェネレーションシステムと太陽光発電システムの導入効果に関する研究 [ PDF

いた PEFC-CGS 検討 5.1 計算概要 これまで検討では省エネ法定める電力 1 次エネルギー換算値を用いていて電力消費量か ら 1 次エネルギー消費量へ換算を行ったが、数 年 後 に は 多 く 発 電 所 が 超 高 効 率 火 力 発 電 (MACC)を採用し、その電力 1 次エネルギー換 算値は受電端効率 50%を想定して、7.2[MJ/kWh] となると言われている。系統電力高効率化によ り、全電化システム省エネルギー効果が大幅に 向上することとなる。しかし PEFC についても現 在盛んに開発研究が行われているため、数年後に は機器効率が上昇しているものと考えられる。そ こ で 、PEFC-CGS 排 熱 回 収 効 率 は 現 行 機 51.5%とし、発電効率を 35%、40%(2010 年以降 導入段階における仕様目標、HHV)とし、系統 電力は MACC 発電によるものと想定した場合 住宅設備システム検討を行う。ここでは、全電 化システム 1、全電化システム 2 と前検討で省エ ネ ル ギ ー 効 果 高 か っ た PEFC-CGS2 、 PEFC-CGS4 を対象とする。
さらに見せる

4 さらに読み込む

安曇野市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱

安曇野市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱

( 1 ) 住宅屋根等へ設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連系し、 かつ、 太陽電池最大 出力値(対象システムを構成する太陽電池モジュール公称最大出力値合計値(キロワッ ト表示とし、小数点以下第3位を四捨五入する。 )とする。以下同じ。 )が 10 キロワット未満 対象システムであるもの

2 さらに読み込む

パンフレット ※ユーザー様向け | 田淵電機のパワーコンディショナ(パワコン)・太陽光発電システム「EneTelus」 EIBS C 2018 01 PDF

パンフレット ※ユーザー様向け | 田淵電機のパワーコンディショナ(パワコン)・太陽光発電システム「EneTelus」 EIBS C 2018 01 PDF

蓄電ハイブリッドシステムパッケージについて 太陽光で「電気をつくり」、蓄電池に「貯めて」、必要な時に「かしこく使う」 太陽光で「電気をつくり」、蓄電池に「貯めて」、必要な時に「かしこく使う」 田淵電機

2 さらに読み込む

集光型太陽光発電システムの高日射地域における性能優位性

集光型太陽光発電システムの高日射地域における性能優位性

汚れ指標は以下ように導出している。まず、計測され た各時刻発電電力に対して、その時日射強度と有効面積 で割った変換効率(Eff )を導出した。こうすることでCPVや Si-PVがスペクトルや日射強度変化によって発電電力が変 動する影響を除外した。さらに温度変化による影響を除外す るために、各モジュール裏面温度を測温抵抗体(Pt100) で測定し、CPVは使用した化合物半導体セル出力温度 係数(-0.10%/℃)を、固定Si-PVは出力温度係数(-0.41% /℃)をそれぞれ使用して、25℃で値となるように温度補 正後変換効率(Eff ')を導出した。下記式(1)が温度補正式 である。
さらに見せる

5 さらに読み込む

東御市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱

東御市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱

(趣旨) 第1条 この告示は、地球温暖化防止対策一環として、市内における新エネルギー導入を促 進するため、住宅用太陽光発電システム設置に要する経費に対し、予算範囲内で補助金を 交付することについて、東御市補助金等交付規則(平成 16 年東御市規則第 37 号)に定めるもの ほか、必要な事項を定めるものとする。

11 さらに読み込む

都市における住宅用太陽光発電システム普及分析の動向と展望

都市における住宅用太陽光発電システム普及分析の動向と展望

発電システムに絡む火災等事故が起きていることが確認できる。 さらに太陽光発電システム普及が進んだ都市においては、発電出力が不安定な太陽光発電 を有効に利用するために蓄電池や電気自動車を住宅や電力系統に連系し、さらに、インターネッ トで情報をやり取りできるいわゆるスマート家電製品運転を自動的に操作することによって ディマンドリスポンスを行う、という状況が想定される。すなわち、都市内に存在する発電、 蓄電、電力消費機器それぞれ運用状況情報を管理し、効率的に電力需給を行うことにな る。近年提案されているスマートコミュニティはこの状況を目指すものであり、都市エネル ギー自立、レジリエンス観点からも好ましいと考えられるが、市民はこの状況変化を抵抗な く受け入れるであろうか。
さらに見せる

18 さらに読み込む

目次 1. 検討の目的 検討内容 太陽光発電設備のリユース リサイクル 適正処分に関する検討 使用済太陽光発電設備の撤去から処分までのフローに関する調査 使用済太陽光発電設備等の撤去から処分までのフロー 使

目次 1. 検討の目的 検討内容 太陽光発電設備のリユース リサイクル 適正処分に関する検討 使用済太陽光発電設備の撤去から処分までのフローに関する調査 使用済太陽光発電設備等の撤去から処分までのフロー 使

40 3.3 使用済太陽光発電設備リサイクルに関する海外動向調査 世界的に太陽光発電設備導入が進んでいるが、我が国に先んじて、固定価格買取制度が 導入されていた欧州では、導入量が急増しているにも関わらず、廃棄時処理について明確 な措置が講じられていない点が問題視され、シナリオ分析により、太陽電池モジュールを欧 州 WEEE 指令に追加することにより、不適切な処理・廃棄により発生する環境影響を低減 し、結果として経済的利益が生まれる、という結論が得られたため、 2012 年 8 月に発効し た改正欧州 WEEE 指令において太陽電池モジュールが対象製品に追加されている。改正欧 州 WEEE 指令今後課題としては、各国国内法制定状況、国内法施行状況、目標値 達成状況を確認し、各国法機能状況や成果、目標設定妥当性等点を見直していく点 が挙げられる。また、同指令発効以前より、太陽電池モジュールメーカーが主体的に産業 団体( PV CYCLE)を立ち上げ、回収・リサイクルスキームを構築している。現在 PV CYCLE にて回収されている太陽電池モジュール 95%以上は、工場でロットアウト、および輸 送時・設置時に損傷を受けたものであり、技術的寿命( 30 年以上)を全うして廃棄された 太陽電池モジュールは全体 1%に満たない。PV CYCLE 今後課題としては、今後制定 される各国国内法へ対応が挙げられる。国内法内容が国により大きく異なった場合に は、 PV CYCLE リサイクルシステム変更等を求められる可能性がある。このような状 況を踏まえ、 我が国でも導入が急速に進んでいる太陽光発電設備へ将来的な対応を検討す る際参考として海外動向を調査した。
さらに見せる

108 さらに読み込む

京都女子学園に設置した太陽光発電システムの特性評価

京都女子学園に設置した太陽光発電システムの特性評価

電量が極めて大きいこと、また同じ東山区内アモルファスシリコン型太陽光発電と比較して、 本システムは年間発電量で約 6 %大きく、季節的にも夏季( 6 ∼ 8 月)を除く他季節で圧倒 的に有利であることが明らかになった。 京都市は1997年12月に開かれた第 3 回気候変動枠組条約締約国会議(COP 3 )で議決された 地球温暖化防止ため国際的取り決めである「京都議定書」採択地である。また、2009 年 1 月に京都市は日本政府から「環境モデル都市」に選定された。この環境モデル都市構想で は、将来に向けた温室効果ガス削減目標として2030年までに1990年レベルから40%削減、 2050年までに60%削減するという極めて挑戦的な中長期目標を設定している。更に長期的には 温室効果ガスを「排出しない」という観点に立って「カーボン・ゼロ都市に挑む」ことを基本 姿勢にしている。しかしながら、京都市太陽光発電助成制度は最大出力 1 kWあたり¥45,000 (平成20年度)であり、他自治体に比べかなり低い(例えば、大阪市では¥100,000/kW) 。また、
さらに見せる

14 さらに読み込む

日本語(Japanese) | 田淵電機のパワーコンディショナ(パワコン)・太陽光発電システム「EneTelus」

日本語(Japanese) | 田淵電機のパワーコンディショナ(パワコン)・太陽光発電システム「EneTelus」

免 責 事 項 ◎製品改良ため、仕様および外観一部を予告無く変更することがあります。 ◎現時点で公開されている要求および仕様に対応しています。今後法令・省令が変更された場合は別途対応とさせていただきます。 ◎広義パワーコンディショナへ対応は仕様が開示された後対応とさせていただきます。 ◎広義パワーコンディショナ要求内容によっては、設置済みパワーコンディショナに対して現地作業や有償作業が必要になる場合があります。 ◎出力制御機能により発電が抑制された場合発電量補償等一切補償は応じかねます。
さらに見せる

36 さらに読み込む

No.. 適用範囲本仕様書は住宅用の太陽光発電システムに使用する パワーコンディショナ R 蓄電池取付可能タイプ について適用する 2. 準拠規格 JIS C 8980 小出力太陽光発電用パワーコンディショナ ( 日本工業規格 ) JIS C 896 太陽光発電用パワーコンディショナの効率測定方法

No.. 適用範囲本仕様書は住宅用の太陽光発電システムに使用する パワーコンディショナ R 蓄電池取付可能タイプ について適用する 2. 準拠規格 JIS C 8980 小出力太陽光発電用パワーコンディショナ ( 日本工業規格 ) JIS C 896 太陽光発電用パワーコンディショナの効率測定方法

・ JIS C 8980 「小出力太陽光発電用パワーコンディショナ」(日本工業規格) ・ JIS C 8961 「太陽光発電用パワーコンディショナ効率測定方法」(日本工業規格) ・ JIS C 4412-2 「低圧蓄電システム安全要求事項 分離形パワーコンディショナ特定要求事項」(日本工業規格) ・ マルチ入力システム用系統連系保護装置等個別試験方法 (JETGR0003-11-1.0 (2017) )

29 さらに読み込む

足立区住宅用太陽光発電システム設置費補助金交付要綱(案)

足立区住宅用太陽光発電システム設置費補助金交付要綱(案)

足立区太陽光発電システム設置費補助金交付要綱 (目的) 第1条 この要綱は、太陽光発電システム(以下「発電システム」という。)を設置した者に 対し、予算範囲内で必要な経費一部として補助金(以下「補助金」という。)を交付す ることにより、環境へ負荷少ないクリーンエネルギー普及促進を図り、もって環境 にやさしいまちづくりと地球規模で環境保全に寄与することを目的とする。
さらに見せる

20 さらに読み込む

国際的な太陽光発電システムの火災安全に関する取組みと安全性技術

国際的な太陽光発電システムの火災安全に関する取組みと安全性技術

レードオフ関係にある。コストが高くなり市 場に受け入れられないことから、安全性を向上 させる技術や製品開発は難しいといった技術者 や製品開発者声を聞くこともある。しかしな がら、安全性技術は、将来わが国太陽光発電 システム技術において差別化源泉にもなる可 能性もあり、積極的に進めるべき分野である。 そのためには、価格だけでなく、安全性観点 を含めて太陽光発電システムが市場で評価され る仕組みを産業界全体で検討する、または米国 ように、安全性技術導入を一部基準化して、 新技術製品導入を推進させるような取組みも有 効であると考えられる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

82_18【特集論文】スマートエネルギーシステムにおける太陽光発電予測

82_18【特集論文】スマートエネルギーシステムにおける太陽光発電予測

2 ) )により予測式を作成し,天気予報等を用いて PV発電 電力量を予測する方法 (以下「機械学習法」)について検討 した。機械学習法概要をFig. 8に示す。この方法は天気・ 発電係数法と比較し,天気予報や計算日射量等を基に予 測する点は同じだが,予測式作成方法,太陽光パネル 傾斜毎計算日射量を説明変数としている点が異なる。 3.4 ショートレンジ予測モデル

6 さらに読み込む

Qvou太陽光発電資料 最近の更新履歴  無担保太陽光発電事業特設サイト

Qvou太陽光発電資料 最近の更新履歴 無担保太陽光発電事業特設サイト

製品寿命はどのくらい? 太陽電池モジュール(ソーラーパネル)は表面が強化ガラスで保護されており、20年以上です。パワーコンディショナ など周辺機器は約10∼15年と言われています。トリナ・ソーラーでは太陽電池モジュールに25年長期出力保 証を設けていますので、安心して長くお使いいただけます。 掃除やメンテナンスは必要? ホコリや汚れは雨で流されるため掃除必要はいりません。ただし、鳥フンや落ち葉が大量に積もった場合は除去す る必要があります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

目次 0. 検討概要 太陽光発電設備の撤去 運搬 処理に関する検討 太陽光発電設備の撤去 運搬 処理に関する調査と現状分析 使用済太陽光発電設備のフロー リサイクル技術 リユース 環境配慮設計...

目次 0. 検討概要 太陽光発電設備の撤去 運搬 処理に関する検討 太陽光発電設備の撤去 運搬 処理に関する調査と現状分析 使用済太陽光発電設備のフロー リサイクル技術 リユース 環境配慮設計...

50 1)最終処分負荷と有害物質負荷削減 住宅用については、FIT 買取期間終了(2022 年以降)が排出契機となる可能性があ る(排出見込量推計によれば、2025 年で数万トン規模)。一方、非住宅用(主にビル・ 工場設置) 、非住宅用(主にメガソーラー、地上設置)については、FIT 買取期間が 最短でも 2032 年まで続くため、買取期間終了に伴う排出到来時期は早くともそれ 以降と見込まれる。 ただし、 太陽電池モジュールは FIT により導入が促進されたため、 FIT 買取期間終了後取扱いなど排出メカニズムが不明であり、製品寿命も不確実性 が高い点には留意が必要である。また、例えば、地震や台風、大雪等災害時に故障 品が短期間に大量排出される可能性についても留意が必要である。
さらに見せる

72 さらに読み込む

Qvou太陽光発電資料 最近の更新履歴  無担保太陽光発電事業特設サイト

Qvou太陽光発電資料 最近の更新履歴 無担保太陽光発電事業特設サイト

システム機器製品保証は? 10年間長期限定保証を実現。不具合や故障など場合は、保証期間内であれば無償対応させていただきます。 税金について 太陽光発電設備は何年で償却できますか? 太陽光発電設備は、太陽電池モジュール、パワーコンディショナーなどが一体となって発電・送電等を行う自家発電設 備であることから、一般に「機械装置」に分類されると考えられますので、その耐用年数は、減価償却資産耐用年数 等に関する省令別表第二「55 前掲機械及び装置以外もの並びに前掲区分によらないもの」「その他設 備」「主として金属製もの」に該当し、17年となります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Qvou太陽光発電資料 最近の更新履歴  無担保太陽光発電事業特設サイト

Qvou太陽光発電資料 最近の更新履歴 無担保太陽光発電事業特設サイト

システム機器製品保証は? 10年間長期限定保証を実現。不具合や故障など場合は、保証期間内であれば無償対応させていただきます。 税金について 太陽光発電設備は何年で償却できますか? 太陽光発電設備は、太陽電池モジュール、パワーコンディショナーなどが一体となって発電・送電等を行う自家発電設 備であることから、一般に「機械装置」に分類されると考えられますので、その耐用年数は、減価償却資産耐用年数 等に関する省令別表第二「55 前掲機械及び装置以外もの並びに前掲区分によらないもの」「その他設 備」「主として金属製もの」に該当し、17年となります。
さらに見せる

18 さらに読み込む

日本市場における 2020/2030 年に向けた太陽光発電導入量予測 のポイント 2020 年までの短 中期の太陽光発電システム導入量を予測 FIT 制度や電力事業をめぐる動き等を高精度に分析して導入量予測を提示しました 2030 年までの長期の太陽光発電システム導入量を予測省エネルギー スマート社

日本市場における 2020/2030 年に向けた太陽光発電導入量予測 のポイント 2020 年までの短 中期の太陽光発電システム導入量を予測 FIT 制度や電力事業をめぐる動き等を高精度に分析して導入量予測を提示しました 2030 年までの長期の太陽光発電システム導入量を予測省エネルギー スマート社

 2020年まで短・中期太陽光発電システム導入量を予測 FIT制度や電力事業をめぐる動き等を高精度に分析して導入量予測を提示しました。  2030年まで長期太陽光発電システム導入量を予測 省エネルギー・スマート社会姿を想定して導入量予測を提示しました。

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...