売上高および営業利益を100

Top PDF 売上高および営業利益を100:

通期業績の推移 ( 連結 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 予 伪事業概要伪 ファミリーマンション販売が主力 環境性に富む立地で自社ブランド販売 売上高の 56.8% を占めるのが ファミリーマンション販売 である 住戸専用面積で 50 ~ 100 平方メートル

通期業績の推移 ( 連結 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 予 伪事業概要伪 ファミリーマンション販売が主力 環境性に富む立地で自社ブランド販売 売上高の 56.8% を占めるのが ファミリーマンション販売 である 住戸専用面積で 50 ~ 100 平方メートル

売上の 56.8% 占めるのが 「ファミリーマンション販売」 である。 住戸専用面積で 50 ~ 100 平方メートル、 主要駅より徒歩 10 分圏内で環境性に富む立地に建設され、 「プレサンス ロジェ」 などのブランドで販売される。 販売は子会社の ( 株 ) プレサンス住販が担当する。 次 に大きいセグメントが創業からの中核事業である 「ワンルームマンション販売」 であり、 売上 の 27.8% である。 住戸専用面積で 20 ~ 50 平方メートル、 都心の主要駅より徒歩 5 分圏 内で利便性に富む立地に建設され、「プレサンス」 ブランドで販売される。 ワンルームマンショ ンは資産運用目的に購入されるものであり、 主に給与所得者 ・ 富裕層などがターゲット 顧客である。「一棟販売」は自社開発したマンションの卸売販売であり、全体の 6.2% である。「そ の他事業」 には自社開発した物件の賃貸事業が含まれ、 4.1% の売上構成である。 地域別 に見ると、全国で 2,512 戸 (2015 年) 供給された中、近畿圏で 1,669 戸と大半占め、東海・ 中京圏で 695 戸、 その他の地域が 148 戸である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

中期経営計画 の振り返り 中計目標数値 2017 年度実績見通し ( 単位 : 百万円 ) 差異 売上高 83,100 80,500 2,600 営業利益 4,400 4, 経常利益 4,700 4, 親会社株主に帰属する当期純利益 2,900 2,6

中期経営計画 の振り返り 中計目標数値 2017 年度実績見通し ( 単位 : 百万円 ) 差異 売上高 83,100 80,500 2,600 営業利益 4,400 4, 経常利益 4,700 4, 親会社株主に帰属する当期純利益 2,900 2,6

(単位:百万円) • 現中計の目標数値に対し、売上は26億円、営業利益は3億円、未達の見通し • 最終年度となった2017年度は、放送事業の主力のテレビスポットが、企業の出稿手控えにより、業界全体で 下振れ傾向にあったことや、当社の全国ネット番組の不調が響き、広告収入が減少したことが主な原因 (新たな住宅展示場がオープンしたハウジング事業や、ゴルフ事業は堅調であった)

16 さらに読み込む

28 期連続増収増益を達成 ( 売上高 : 億円 ) 4,500 4,000 3,500 3, 年度 売上高 4,173 億円 経常利益 679 億円 売上高 4,000 億円を突破! ( 経常利益 : 億円 ) , ,

28 期連続増収増益を達成 ( 売上高 : 億円 ) 4,500 4,000 3,500 3, 年度 売上高 4,173 億円 経常利益 679 億円 売上高 4,000 億円を突破! ( 経常利益 : 億円 ) , ,

1 総資本経常利益率 % 15%以上 ○ 18.7% 20.9 22.6 23.0 23.1 2 総資本回転率 回 2回以上 × 1.1 回 1.3 1.3 1.3 1.4 3 営業収入経常利益率 % 10%以上 ○ 16.3 % 16.4 17.8 17.9 17.1 4 1株あたり純利益100円以上 ○ 376.1 円 350.3 325.8 306.0 278.9

32 さらに読み込む

売上高 営業利益の推移 売上高 百万円 4, 35, 3, 25, 34,253 37,572 3,224 34,813 営業利益 百万円 36,23 33,826 36,1 3,5 3,618 3, 2,5 1,979 2, 2, 15, 214 年 5 月 19 日 月 4, 1,

売上高 営業利益の推移 売上高 百万円 4, 35, 3, 25, 34,253 37,572 3,224 34,813 営業利益 百万円 36,23 33,826 36,1 3,5 3,618 3, 2,5 1,979 2, 2, 15, 214 年 5 月 19 日 月 4, 1,

(3) 2015 年 2 月期業績見通し 2015 年 2 月期の業績は、 上期までは前年同期比 2 ケタ台の減収減益と厳しい収益環境 想定している。 前述したように既存の主要顧客中心に売上の低迷が続くほか、 本社移転に 伴う賃借料の増加 (年間 70 百万円増) や人件費の増加などが収益圧迫要因となる。 ただ、 下期以降の収益回復見込み、 通期では売上で前期比 0.2% 増の 36,100 百万円、 営業利 益で同 5.5% 増の 817 百万円と増収増益維持する見通しだ。 前期から実施してきた収益改 善施策の効果が出てくるほか、 2014 年 4 月から新たにサービス開始した 「マーケティング 予算配分最適化サービス」 の導入によって、 第 3 四半期以降の売上増効果が見込まれる。 なお、 ダイレクトメール発送代行事業に関しては、 安定成長見込んでいる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

通期業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪業績動向伪 売上高 営業利益 経常利益ともに昨年並みに推移 (1) 2016 年 3 月期第 2 四半期の業績動向 2016 年 3 月期第 2 四半期の売上高は 17

通期業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪業績動向伪 売上高 営業利益 経常利益ともに昨年並みに推移 (1) 2016 年 3 月期第 2 四半期の業績動向 2016 年 3 月期第 2 四半期の売上高は 17

伪 成長戦略 中長期経営計画 (10 年間) に沿って成長基盤整備が進捗 (1) 中長期経営計画の進捗 同社では 2015 年 3 月期初年度、 2024 年 3 月期最終年度とする 10 年間の中長期経 営計画 「over the “NEXT DECADE”」 策定している。 最初の 3 年間は成長の基盤作りに 重点が置かれるため、 業績自体は横ばいの計画だ。 連結営業利益目標で言えば、 74 億円 (2015 年 3 月期)、 69 億円 (2016 年 3 月期)、 72 億円 (2017 年 3 月期) と続き、 最終年 度に 100 億円台へ引き上げる計画だ。 初年度の 2015 年 3 月期は連結営業利益目標 74 億 円 (実績 85 億円)、 連結経常利益目標 50 億円 (実績 65 億円)、 D/E レシオ目標 1.9 倍 (実績 1.8 倍) すべて達成した。 今年度も、 連結営業利益目標 69 億円 (見通し 70 億円)、 連結経常利益目標 47 億円 (見通し 50 億円)、D/E レシオ目標 1.8 倍 (第 2 四半期 1.77 倍) と中長期経営計画通りに進捗している。 ちなみに、 同社が売上目標掲げていない理由は、 不動産物件の売却により大きく上下に振れるためである。
さらに見せる

9 さらに読み込む

会社概要 売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 40,000 2,500 35,000 30,000 25,000 28,174 29,614 1,288 32,185 32,703 1,593 1,463 34,000 1,700 2

会社概要 売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 40,000 2,500 35,000 30,000 25,000 28,174 29,614 1,288 32,185 32,703 1,593 1,463 34,000 1,700 2

■中期的な見通し ○業績コミットメント型のストックオプション 2013年5月20日に開かれた取締役会で、同社は取締役および子会社含めた 従業員に対し、業績コミットメント型ストックオプション与えること決め た。これは、業績が一定の条件満たしたときに権利行使できるタイプのス トックオプション。同社が決定した行使条件は、2014年3月期から2016年3月 期までの営業利益が2,300百万円超えた場合に割り当て分の50%、営業利益が 3,000百万円超えた場合に残りの50%行使できるという内容。発行価格は新 株予約権1個(100株)につき1,000円、1株当たりの行使金額は1,333円。行使 期間は2014年7月1日から2019年6月30日となっている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

連結業績 (LC*) 売上高および営業収入 +6% 82,957 88, % 営業利益 ** 718 3, % +264% 税引前利益 1,020 4,663 持分法による投資利益 ( 純額 ) 787 1,008 当期純利益 1,263 3, %

連結業績 (LC*) 売上高および営業収入 +6% 82,957 88, % 営業利益 ** 718 3, % +264% 税引前利益 1,020 4,663 持分法による投資利益 ( 純額 ) 787 1,008 当期純利益 1,263 3, %

* ノートPC用電池パックの自主回収および自主交換プログラムに関する費用の戻し入れとして157億円、旧本社跡地の一部の売却益607億円、 半導体製造事業に関する設備等の売却に関して発生した利益156億円、ベルリン市の都市型複合施設の売却益100億円が含まれる。 ** 減価償却費は、無形固定資産と繰延保険契約費の償却費含む。 FY08 見通し

11 さらに読み込む

伪伪 Check Point 国内最大級の旅行比較サイト トラベルコちゃん を運営 2016 年 3 月期は売上高 全ての利益が過去最高を更新 当面は内部留保を優先 業績拡大による 1 株利益増大をベースとした株価上昇で株主に報いる方針 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 )

伪伪 Check Point 国内最大級の旅行比較サイト トラベルコちゃん を運営 2016 年 3 月期は売上高 全ての利益が過去最高を更新 当面は内部留保を優先 業績拡大による 1 株利益増大をベースとした株価上昇で株主に報いる方針 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 )

伪 中期経営戦略 長期的にグローバル市場でユーザー選択肢の No.1 サイトになる こと目標 同社は中期経営計画公表していないため、 具体的な中期の数値目標はない。 しかし、 同社はユーザーの利便性の向上やコンテンツの充実図ることで、 日本国内における競争優 位性維持、 拡大させる戦略である。 同時に、 「トラベルコちゃん」 の運営を通じて得られた ノウハウ等活かし、 旅行比較サイトの多言語化展開加速度的に推進し、 充実した旅行情 報サービス提供することにより訪日外人客の一段の取り込み行うことでインバウンド含 めた海外向け事業の強化拡大図る方針。 加えて、 既存の旅行関連商品の枠超えた、 新 たな商品等の紹介 ・ 販売についても積極的に展開するとしている。 これらにより中期的に売 上高 100 億円の達成目指していると考えられる。
さらに見せる

15 さらに読み込む

通期業績の推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 伪業績動向伪 史上 2 位の売上高 過去最高益を達成 (1) 2016 年 3 月通期の業績動向 2016 年 3 月期通期の売上高は 49,415 百万円 ( 前期比 11.2% 増 ) 営業利益 2,361

通期業績の推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 伪業績動向伪 史上 2 位の売上高 過去最高益を達成 (1) 2016 年 3 月通期の業績動向 2016 年 3 月期通期の売上高は 49,415 百万円 ( 前期比 11.2% 増 ) 営業利益 2,361

2016 年 3 月期通期の売上は 49,415 百万円(前期比 11.2% 増)、営業利益 2,361 百万円(同 202.6% 増)、経常利益 2,423 百万円 (同 137.9% 増)、親会社株主に帰属する当期純利益 1,435 百万円(同 147.3% 増)と大幅な増収増益達成した。売上で 45,000 百万円突破したのは、 30 期ぶり史上 2 位である。 売上は主力 3 セグメントともに好調で、 地域別には日本の売 上が特に伸長した (約 4,100 百万円増)。 利益の伸びはさらに顕著であり、 各利益ともに 過去最高益更新した。 増収に加えて、 総利益率の改善 (前期比 2.2P 増) 及び販管費率 の低減 (同 0.8P 減) が増益の要因である。 具体的には、 三發電器製造廠有限公司始め とする海外子会社が増収により増益に貢献し、 国内では特に 「ビルケンシュトック」 の増益 が寄与した。 セグメント別には主要 3 事業セグメントで増益達成し、 家具 ・ 家庭用品事業 が 914 百万円の増益、 服飾雑貨事業が 545 百万円の増益、 家電事業が 366 百万円の増益 だった。 顧客別には、 良品計画への OEM 販売が 17,737 百万円 (前期比 17.9% 増) と伸び、 すべてのセグメントに好影響及ぼした。
さらに見せる

10 さらに読み込む

売上高/経常利益/当期純利益

売上高/経常利益/当期純利益

「アイディアル ラウンド ブリリアント カット」の発表(1919年)から100記念し、 「エクセルコ ダイヤモンド展 よみがえりし、幻のティアラ」、2019年7月13日(土) ~8月25日(日)テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り「SUMMER STATION」内、テレビ 朝日 EXシアター17F特設会場にて開催

23 さらに読み込む

目次 1 1. 会社概要 2. 売上高と利益推移および分野別売上高 3. 中期経営計画について

目次 1 1. 会社概要 2. 売上高と利益推移および分野別売上高 3. 中期経営計画について

1-4.株式の状況 株主名 持株数(株) 持株比率 有限会社若尾商事 1,200,700 23.51% アイ・エス・ビー従業員持株会 324,000 6.34% 若尾 一史 135,500 2.65% 株式会社第一情報システムズ 90,000 1.76% ROYAL BANK OF CANADA (CHANNEL ISLANDS) LIMITED-REGISTERED CUSTODY 80,000 1.56% 株式会社SBI証券 79,200 1.55% 稲葉 正作 65,400 1.28% 株式会社KSK 61,600 1.20% 日本証券金融株式会社 54,300 1.06% 岡田 健樹朗 40,100 0.78%

31 さらに読み込む

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

キャンディ 281 272 (103%) +9 100 ミルクキャラメル ハイチュウ 101 98 ビスケット 228 230 (99%) ▲2 100 森永ビスケット 97 チョコレート 291 277 (105%) +14 104 チョコボール ダース 101 97 スナック 148 144 (103%) +4 97 おっとっと 111

26 さらに読み込む

売上高 営業利益の推移 ( 百万円 ) ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪事業概要伪 無料ネイティブアプリ と ネイティブソーシャルゲーム が事業の柱 同社は スマートフォン向けネイティブアプリの企画 開発 運営 販売を手掛けている

売上高 営業利益の推移 ( 百万円 ) ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪事業概要伪 無料ネイティブアプリ と ネイティブソーシャルゲーム が事業の柱 同社は スマートフォン向けネイティブアプリの企画 開発 運営 販売を手掛けている

中・大規模アプリについては、カジュアルゲーム 「breaker」 (中規模アプリ) が、アップデー トや海外展開、 姉妹作のリリースなどによりグローバル累計 100 万 DL 達成するなど、 アプ リの収益貢献期間の長期化に成功している。 また、 匿名 SNS 「ひまチャット」 は、 2015 年 12 月に累計 10 億メッセージ突破するとともに 100 万アカウント達成した。 更なるユーザー 数の拡大とコミュニケーションの活性化目指しており、 2015 年 12 月 14 日には様々な機能 改善に利用できる 「ひまポイント」 の導入リリースした。 「ひまポイント」 は、 他のユーザー から 「ども」 受け取ったり、 動画広告視聴したりすることによっても獲得できるほか、 ア プリ内課金でも入手することができる。 ポイント貯めていくことで、 送信できる写真の枚数や 利用できる顔文字スタンプのジャンルが増えるほか、 チャット履歴無制限に表示することも 可能となっており、 ユーザー数の拡大による広告収入に加えて課金収入の強化としての狙い もある。 また、 人気メンタリスト Daigo 氏監修の下、 心理学・統計学の手法応用した出会い・ 婚活マッチングサービス 「with」 については、 既に Web 版を通じてユーザビリティの改善に 注力しているが、 近日中にアプリ版リリース予定となっている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 売上高 営業利益 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期予 伪会社概要伪 BPO 関連と CRO 関連を主力とする 4 つの事業を展開 (1) 事業概要 同社は 1996 年に創業した人材派遣会社で 現在は BPO 関連事業 CRM 関連事業 一 般事務事業 製造

売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 売上高 営業利益 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期予 伪会社概要伪 BPO 関連と CRO 関連を主力とする 4 つの事業を展開 (1) 事業概要 同社は 1996 年に創業した人材派遣会社で 現在は BPO 関連事業 CRM 関連事業 一 般事務事業 製造

人材派遣業主事業とする同業他社との収益性、 株価指標表にまとめた。 2014 年度の 会社予想ベースの収益性に関しては、 11 社単純平均の経常利益率が 4.5% となっているのに 対し、同社は 5.3% と平均やや上回る水準となっている。2013 年度は 11 社平均が 3.8% であっ たのに対して、 同社は 2.4% と下回る水準であったが、 前述したように BPO 関連事業の収益 性向上によって、 業界平均並み以上の収益性まで回復したと言える。 また、 ROE に関しても 平均で 11.9% となっているのに対して、 同社は 21.9% と 2 倍近い水準となっており、 資本効率 のさがうかがえる。 一方、 自己資本比率に関しては 11 社平均の 52.4% に対して、 同社は 43.3% とやや下回る水準にある。 ただ、 こちらも前述したように未払税金等の時期的な影響に よるもので、 通期で比較するとほぼ同水準になっているとみられる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

伪伪 Check Point 3Q はデータアナリティクスなど 3 つの注力事業が大きな伸び 公共機関向けビジネスやオンリーワンサービスが進展 さらに進む構造改革 複数の要素に事業規模の拡大を期待 百万円 ) 売上高と営業利益の推移売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 百万円 ) 期 期 期

伪伪 Check Point 3Q はデータアナリティクスなど 3 つの注力事業が大きな伸び 公共機関向けビジネスやオンリーワンサービスが進展 さらに進む構造改革 複数の要素に事業規模の拡大を期待 百万円 ) 売上高と営業利益の推移売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 百万円 ) 期 期 期

(a) 売上の分析 同社の事業セグメントは、 デジタルマーケティング、 プラットフォームソリューション、 システ ムインテグレーションの 3 事業で構成される。 しかし、 同社では、 3 事業それぞれで注力事 業掲げており、 それら抜き出して、 6 事業とし、 投資家向けに情報提供している。 具体 的には、 デジタルマーケティングは、 EC (電子商取引) 関連の商品販売やサービス行う EC サービス事業と、 ビッグデータ関連のサービスワンストップで提供するデータアナリティ クス事業(注力事業)、プラットフォームソリューションは、基盤システム構築するプラットフォー ムソリューション事業と、 情報セキュリティサービス提供するセキュリティソリューション事業 (注力事業)、 システムインテグレーションは、 システムソリューションの構築行うシステムイ ンテグレーション事業と、 マイクロソフトのクラウドサービス基盤としたソリューションサービス 提供するマイクロソフトソリューション事業 (注力事業) に分かれる。 本レポートでも、 6 事 業同社の事業セグメントとして分析する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2 事業別目標 売上高 ( 億円 ) 2017 年度実績 2020 年度目標 営業利益 売上高 ( 億円 ) 売上比 ( 億円 ) 営業利益 ( 億円 ) 売上比 紙 板紙事業 3, % 3, % H&PC 事業 1, % 2,

2 事業別目標 売上高 ( 億円 ) 2017 年度実績 2020 年度目標 営業利益 売上高 ( 億円 ) 売上比 ( 億円 ) 営業利益 ( 億円 ) 売上比 紙 板紙事業 3, % 3, % H&PC 事業 1, % 2,

る白ライナーの生産三島工場に移管  三島工場の板紙・特殊クラフト紙の生産マシンクラフト紙生産へシフト 板紙とクラフト紙の増産分は、需要が旺盛な中国始めとするアジア諸国への輸出強 化します。 板紙の輸出は、当社 H&PC 海外工場で使用している段ボール需要ベースとし て、近い将来、H&PC 海外工場の近隣地で段ボール事業展開していく布石でもあります。 なお、大成は、現状の衛生用紙生産に加え、ウェットティシュー等の加工機設置して、 H&PC 国内事業に特化した生産工場へと事業転換します。
さらに見せる

32 さらに読み込む

損 益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から ) 平成 29 年 3 月 31 日まで ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 19,866,191 売上原価 13,060,545 売上総利益 6,805,645 販売費及び一般管理費 5,990,480 営業利益 815,164 営業外収

損 益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から ) 平成 29 年 3 月 31 日まで ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 19,866,191 売上原価 13,060,545 売上総利益 6,805,645 販売費及び一般管理費 5,990,480 営業利益 815,164 営業外収

555,813 (注)1.上記の金額の内、取引金額には消費税が含まれておらず、期末残高には消費税等は含 まれております。 2.取引条件及び取引条件の決定方針等は、取引に係る条件につき市場価格その他当該取 引に係る公正な価格勘案して一般の取引の条件と同様のもの決定しております。 7.1株当たり情報に関する注記

8 さらに読み込む

自平成 28 年 10 月 1 日連結損益計算書 ( 至平成 29 年 9 月 30 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 16,672,840 売上原価 11,434,600 売上総利益 5,238,240 販売費及び一般管理費 5,033,196 営業利益 205,044 営業外収益

自平成 28 年 10 月 1 日連結損益計算書 ( 至平成 29 年 9 月 30 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 16,672,840 売上原価 11,434,600 売上総利益 5,238,240 販売費及び一般管理費 5,033,196 営業利益 205,044 営業外収益

連結計算書類の作成にあたっては、当該子会社の平成29年9月30日現 在で実施した仮決算に基づく計算書類使用しております。 3.会計方針に関する事項 (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法 ① 有価証券の評価基準及び評価方法 その他有価証券

7 さらに読み込む

損益計算書 ( 平成 28 年 7 月 1 日から平成 29 年 6 月 30 日まで ) 項目金額売上高 34,060,254 売上原価 12,713,324 売上総利益 21,346,929 販売費及び一般管理費 20,108,972 営業利益 1,237,957 営業外収益 受取利息 80,2

損益計算書 ( 平成 28 年 7 月 1 日から平成 29 年 6 月 30 日まで ) 項目金額売上高 34,060,254 売上原価 12,713,324 売上総利益 21,346,929 販売費及び一般管理費 20,108,972 営業利益 1,237,957 営業外収益 受取利息 80,2

役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち当期 の負担額計上しております。 ④ 退職給付引当金 従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務の見込額に基づ き、当期末において発生していると認められる額計上しております。退職給 付の算定にあたり、退職給付見込額当事業年度末までの期間に帰属させる方 法については、給付算定式基準によっております。

7 さらに読み込む

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 36,913,502 売上原価 32,708,571 売上総利益 4,204,931 販売費及び一般管理費 1,902,147 営業利益 2,302,784 営業外収益

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 36,913,502 売上原価 32,708,571 売上総利益 4,204,931 販売費及び一般管理費 1,902,147 営業利益 2,302,784 営業外収益

連結納税制度適用しております。 会計方針の変更に関する注記 (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)  法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の 取扱い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)当事業年度から適用し、平成28年4月 1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法定率法から定額法に変更 しております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...