増)、営業利益55億28百万円(同55.4%増)、経常利益56億28

Top PDF 増)、営業利益55億28百万円(同55.4%増)、経常利益56億28:

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

【海外における事業展開について】 海外においては政治・経済の状況、社会情勢、法令や規制等の予期せぬ変更により、当社グループの想定通りに事業を展開できない可能性があります。海外ユーザーの嗜好や 消費行動が日本のユーザーと大きく異なることがあります。この違いにより海外市場において想定通りに事業を拡大していくことができない可能性があります。海外子会社の 財務諸表は現地通貨にて作成されますが、連結財務諸表上は換算されます。為替相場の変動により為替差損益が発生するため、当社グループの業績および財政状況に影響を 与える可能性があります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

(2)当期の財政状態の概況 (資産の部)  当連結会計年度末において総資産は71,736となり、前連結会計年度末に比べ599の減少となりまし た。流動資産は主に現金及び預金が増加したことにより、5,585増加し38,968となりました。また、固 定資産は機械装置及び運搬具が減少したことと減価償却費を計上したことにより、6,185減少し32,767 となりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

年 6 月期の運用状況の予想 (2018 年 1 月 1 日 ~2018 年 6 月 30 日 ) ( 金額は百万円未満切捨て % 表示は対増減率 ) 1 口当たり分配金 1 口当たり営業収益営業利益経常利益純利益利益超過 ( 利益超過分配金分配金は含まない ) 百万円 % 百万円 %

年 6 月期の運用状況の予想 (2018 年 1 月 1 日 ~2018 年 6 月 30 日 ) ( 金額は百万円未満切捨て % 表示は対増減率 ) 1 口当たり分配金 1 口当たり営業収益営業利益経常利益純利益利益超過 ( 利益超過分配金分配金は含まない ) 百万円 % 百万円 %

当期中に返済期限が到来した有利子負債の借換え資金として179の調達を行い、返済した有利子負債の平 均調達期間5.2年、平均調達金利0.91%に対し、新規有利子負債の平均調達期間は7.9年、平均調達金利は 0.61%となりました。 当期末の借入金残高は1,517、投資法人債残高は295、有利子負債残高は1,812となり、当期末の 総資産有利子負債比率(注1)は40.6%、長期固定金利比率(注2)は100.0%、平均デットコスト(注3) は0.96%、平均残存年数(注4)は4.6年となっています。
さらに見せる

29 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

また、事業ビジョンを推進する拠点の整備を国内外で進めるなかで、東京・市谷地区の拠点の再開 発に取り組んでいます。東京近郊に分散している各事業部門の企画や営業及び本社の機能をこの地区 に集約し、有効に活用することで、新規事業開発を強力に推進していきます。 平成29年4月には、DNPのICT分野での事業競争力強化を目的として株式会社DNPデジタ ルソリューションズを発足させました。平成28年10月に設立した株式会社DNPコミュニケーシ ョンデザインと連携した新たな体制のもとで、マーケティングと決済サービスの融合を進めるととも に、ICTやBPO関連での相乗効果を高め、デジタルマーケティング事業などを推進していきま す。
さらに見せる

37 さらに読み込む

連結損益計算書概要 単位 : 百万円 百万円未満切捨て 2Q 実績の通期予想進捗率 通期予想 売上 67,906 80,125 対前年 +12,219 (118.0%) 51.7% 155,000 営業利益 経常利益 3,453 営業利益率 :5.1% 3,792 営業利益率 :4.7% 対前年 +

連結損益計算書概要 単位 : 百万円 百万円未満切捨て 2Q 実績の通期予想進捗率 通期予想 売上 67,906 80,125 対前年 +12,219 (118.0%) 51.7% 155,000 営業利益 経常利益 3,453 営業利益率 :5.1% 3,792 営業利益率 :4.7% 対前年 +

2013年3月期 第2四半期 トピックス 第2四半期 累計 (2012年4月-9月) ジャンル別 ベスト5 第2位:「20歳若く見えるために私が実践している100の習慣」 第3位:「 ポケットモンスター ブラック・ホワイト 2 公式ぜんこく図鑑完成ガイド 」 第4位:「光圀伝」

9 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高は1,599(前年四半期比10.0%減)、 セグメント利益は113(前年四半期比68.6%減)となりました。 (コンシューマサービスセグメント) コンシューマサービスセグメントにおきましては、「サンプル百貨店」におけるサンプル商品の拡充と会員数の 増加に注力し、主力の有償サンプリングサービス「ちょっプル」は引き続き堅調に推移しております。また、前第 2四半期連結会計期間より損益を取り込んでおりますファッションECサイト「MUSE&CO.」の売上貢献もあり、売上 高は堅調に推移しました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

当第2四半期連結会計期間末における流動資産は4,044となり、前連結会計年度末に比べ41減少い たしました。これは主に現金及び預金が27増加した一方、受取手形及び売掛金が50、繰延税金資産が 39減少したことによるものであります。 当第2四半期連結会計期間末における固定資産は1,139となり、前連結会計年度末に比べ179増加い たしました。これは主に建物(純額)が22、工具、器具及び備品(純額)が16、ソフトウェアが69 、関係会社株式が58、差入保証金が59増加した一方、のれんが19、ソフトウェア仮勘定が 32減少したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

船橋競馬は、前期比1日となる55日開催されました。前年度6月にスタートし、2年目を迎えたナイター競馬 「ハートビートナイター」は、本年度は4月からスタートいたしました。5月にはビッグレース「かしわ記念」が 開催され、同日には恒例の「おうまフェス2016~親子であそぼ。~」を近隣商業施設と共に主催し好評を博しまし た。また、南関東の他場開催(川崎・大井・浦和)の場外発売は前期同様210日実施されました。JRAの場外発売 施設「J-PLACE船橋」での発売は前期同様51日実施されました。なお、4月にオープンした複合型場外発売 施設「サテライト船橋・オートレース船橋」での発売は357日実施されました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

2.会計基準の選択に関する基本的な考え方 …………………………………………………………………………………… 4 3.連結財務諸表及び主な注記 …………………………………………………………………………………………………… 5 (1)連結貸借対照表 ………………………………………………………………………………………………………… 5 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 …………………………………………………………………………… 7
さらに見せる

19 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

販売契約別ではクラウド型サービス(月額契約)の需要が好調に推移する一 方で、オンプレミス型サービス(ライセンス契約)に関しても11月にミサワホー ムとの大型商談が決まるなど、特に第4四半期(9-12月期)に需要が拡大した。 ミサワホーム<1722>が導入したシステムは、クラウドサービスを提供するAWS (アマゾンウェブサービス)上に「eセールスマネージャー」のシステムを構築 したもの。クラウドとオンプレミス両方の長所を取り入れたシステムで、全体 の投資コストを最小限に抑えたいと言う顧客ニーズを実現した。顧客にとって は、AWSを利用することによって低コストで高セキュリティ、拡張性のあるシ ステム環境上で、自社のニーズに合わせたソフトウェアにカスタマイズするこ とが可能になるといったメリットが生じる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業 売上高は16,737(前年同期はなし)、事業利益(のれん償却前営業利益)2,105)、のれん償却 額366、セグメント営業利益は1,739)となった。 ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の顧客が順調に拡大したこと(会 員数は2016年3月末280人から、2016年9月末295人へ拡大)や役務消化効率の向上への取り組みなどが背景。 具体的には、同社は、予約の当日キャンセル率改善、EC機能強化による収益向上のための施策として、2016年4 月にミュゼプラチナム会員向けアプリ「ミュゼパスポート」をリリースした。同社によれば、「ミュゼパスポー ト」のダウンロード数は好調に推移した。また、併せて、予約キャンセルに関する会員規約の見直しや当日予約 会員に対するキャンペーンを実施した。更に、2016年8月より、法人向けマーケティングサービス「ミュゼマーケ ティング」の提供を開始した。美に関心の高い女性に対して製品・サービスの認知拡大やイメージ調査などの実 施を考える法人向けに、295人の女性会員と「ミュゼプラチナム」の店舗、会員専用サイト・アプリを活用した 豊富な媒体メニューを提供するための取り組みを推進した。尚、「ミュゼプラチナム」は、美容脱毛専門サロン 市場での「店舗数・売上 No.1」を5年連続、「顧客満足度 No.1」を3年連続獲得している(2016年7月時点、 株式会社東京商工リサーチの調査)。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2 事業別目標 売上高 ( 億円 ) 2017 年度実績 2020 年度目標 営業利益 売上高 ( 億円 ) 売上比 ( 億円 ) 営業利益 ( 億円 ) 売上比 紙 板紙事業 3, % 3, % H&PC 事業 1, % 2,

2 事業別目標 売上高 ( 億円 ) 2017 年度実績 2020 年度目標 営業利益 売上高 ( 億円 ) 売上比 ( 億円 ) 営業利益 ( 億円 ) 売上比 紙 板紙事業 3, % 3, % H&PC 事業 1, % 2,

(3)働き方改革 グループ全社員の働き方を抜本的に見直し、一人ひとりの生産性・効率性を向上させ、成 長分野へ経営資源をシフトします。 当社基幹工場の三島工場では製造や物流業務に従事す る女性社員が増加しているため、安心して働けるよう、本年 4 月に事業所内保育所『GOO.N すくすくはうす」を開設しました。今後も女性活躍の環境づくりの取り組みを強化します。

32 さらに読み込む

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

中国では、パッケージ用インキは出荷が堅調に推移しましたが、出版用インキ及び新聞用インキの需要減少などによ り、減収となりました。東南アジアでは、出版用インキ及びパッケージ用インキの出荷が伸長したことにより、増収とな りました。オセアニアでは、新聞用インキの需要減少などにより、減収となりました。インドでは、出版用インキ及びパ ッケージ用インキの出荷が好調であったことにより、増収となりました。以上の結果、全体としては増収となりました。 営業利益は、上記の売上状況ながら原料価格上昇の影響などにより、減益となりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

オールインワン・インフォメーション端末「AIO-71」は、平成28年2月に発売し好評を頂いている高性能 Android搭載端末「AIO-51」の新機種で、自治体向け「住民広域見守りサービス」や、ホテル・旅館 の客室端末などにご利用いただけます。 引き続き、お客様のニーズに合わせたトータルソリューションサービスを提供していくと共に、市場環境の変化 に柔軟に対応した新商品開発・新規事業開拓を推進してまいります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第 2 四半期決算 総括 ヘ ーシ 2 第 2 四半期実績 連結業績 減収増益 各利益過去最高 1 売上高 1 兆 4,990 億円 前年比 3.6% 5 期振り減収 営業利益 1,155 億円 前年比 +14.3% 5 期連続増益 経常利益 1,218 億円 前年比 + 8.7% 四半期純利益 2

第 2 四半期決算 総括 ヘ ーシ 2 第 2 四半期実績 連結業績 減収増益 各利益過去最高 1 売上高 1 兆 4,990 億円 前年比 3.6% 5 期振り減収 営業利益 1,155 億円 前年比 +14.3% 5 期連続増益 経常利益 1,218 億円 前年比 + 8.7% 四半期純利益 2

経常利益 1,218、前年比+ 8.7% ・四半期純利益 ※2 999、前年比+26.4% 7期連続増益 ●四輪世界販売 … 1,404千台で過去最高 ※1 ・日本、中国、インドネシア、パキスタンで減少したものの、 インド、欧州等で増加

26 さらに読み込む

2. 平成 26 年 6 月期の運用状況の予想 ( 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 26 年 6 月 30 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百

2. 平成 26 年 6 月期の運用状況の予想 ( 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 26 年 6 月 30 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百

共益費 その他収入 維持管理費 公租公課 保険料 その他支出 減価償却費 ③ A90 クイーンズコート福住 16,668 15,684 984 6,393 1,419 761 26 992 3,195 10,275 13,470 A91 コーポ東洞院 17,678 16,967 711 7,923 2,383 900 33 825 3,780 9,755 13,535 A92 ベレール大井町 15,193 14,141 1,052 5,798 1,511 652 22 937 2,675 9,395 12,070 A93 シエテ南塚口 16,916 15,804 1,111 7,768 2,662 984 47 833 3,240 9,148 12,388 A94 プライムライフ三宮磯上公園 14,484 13,570 913 7,156 1,841 846 24 1,018 3,426 7,327 10,753 A95 HERMITAGE NANBA WEST 15,418 14,355 1,063 8,031 1,844 1,024 28 1,788 3,345 7,387 10,732 A96 センチュリーパーク新川1番館 16,960 14,697 2,263 7,986 2,281 887 42 983 3,792 8,974 12,766 A97 ウエストアベニュー 12,084 11,826 258 6,352 1,607 569 22 1,240 2,912 5,732 8,644 A98 リトルリバー本町橋 13,438 12,808 630 6,517 1,825 943 26 1,015 2,705 6,921 9,627 A99 プライムライフ御影 12,366 12,035 331 5,957 1,462 760 21 752 2,960 6,409 9,369 B8 近代科学社ビル 39,112 33,765 5,347 23,129 8,463 4,329 75 874 9,386 15,983 25,369 B9 新宿アイランド (注) (注) (注) (注) (注) (注) (注) (注) (注) (注) (注) B14 レキシントン・プラザ西五反田 139,821 122,419 17,401 70,368 30,899 12,635 203 1,074 25,555 69,452 95,008 B15 クロス・スクェアNAKANO 28,653 23,922 4,730 15,683 7,408 3,852 86 876 3,460 12,969 16,429 B16 大木青葉ビル 40,415 32,159 8,256 30,819 12,130 3,883 107 909 13,787 9,596 23,383 B17 レキシントン・プラザ八幡 162,868 130,425 32,443 79,116 46,129 11,592 167 799 20,427 83,752 104,179 B18 イオンタウン須賀川 142,719 142,719 - 94,445 56,124 8,052 207 622 29,438 48,274 77,713 C1 ストップパーキング神田須田町 2,443 2,443 - 265 - 252 - - 13 2,178 2,191 C21 ボンセジュール千歳船橋 23,798 22,413 1,384 5,386 227 1,754 60 - 3,344 18,411 21,756 C22 ボンセジュール四つ木 22,415 22,415 - 4,749 224 1,022 39 - 3,463 17,665 21,129 C23 ボンセジュール日野 21,354 21,331 22 4,052 213 1,188 46 - 2,604 17,301 19,906 C24 ボンセジュール武蔵新城 17,697 17,697 - 3,198 167 926 42 - 2,062 14,499 16,561 C25 ボンセジュール小牧 45,224 45,192 31 12,266 201 4,744 192 - 7,128 32,958 40,087 C26 ボンセジュール秦野渋沢 23,659 23,320 339 7,250 213 1,848 82 - 5,106 16,408 21,514 C27 ボンセジュール伊丹 15,968 15,968 - 4,995 145 1,400 54 - 3,395 10,973 14,368 合計 2,740,449 2,542,588 197,861 1,261,221 435,966 175,993 5,085 116,754 527,420 1,479,227 2,006,648
さらに見せる

39 さらに読み込む

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

本判決に対し㈱ザ・トーカイは、東京海上日動火災保険㈱に対する請求が棄却されたことについて、平成 24年12月20日、控訴を提起しました。また、静岡市及び当時の㈱サン設計事務所所属の建築士3名からも控 訴の提起があり、現在、訴訟は東京高等裁判所に係属しております。 なお、㈱ザ・トーカイの第61期(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)において、一部の関係 者が損失を負担できない可能性を考慮し、同社が負担する可能性のある129を特別損失として処理し ておりますが、本判決を踏まえて検討した結果、新たに会計処理は行っておりません。
さらに見せる

19 さらに読み込む

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

セグメント別の業績概要は次のとおりであります。各セグメントの売上収益は外部顧客に対する売上収益を記載 しており、各セグメントの利益は、営業利益であります。 (日本) 国内においては、完成車検査問題等の影響により、OEM製品の売上が減少し、当セグメントの売上収益は576 53と前期比18.1%の減収となりました。損益面につきましては、全社をあげた固定費及び原価の低減活 動を推進いたしましたが、減収影響を補うことが出来ず、調整後営業利益は前期比42悪化し、1132 となり、また、年度を通じて実行した事業構造改革による関連費用1696の計上により、前期比61 87悪化し、596営業損失となりました。
さらに見せる

14 さらに読み込む

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

1 ○添付資料の目次 1.経営成績等の概況 ……………………………………………………………………………………P.2 (1)当期の経営成績の概況 …………………………………………………………………………P.2 (2)当期の財政状態の概況 …………………………………………………………………………P.2 (3)当期のキャッシュ・フローの概況 ……………………………………………………………P.2 (4)今後の見通し ……………………………………………………………………………………P.3 2.会計基準の選択に関する基本的な考え方 …………………………………………………………P.3 3.連結財務諸表及び主な注記 …………………………………………………………………………P.4 (1)連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………P.4 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 ……………………………………………………P.6 (3)連結株主資本等変動計算書 ……………………………………………………………………P.8 (4)連結キャッシュ・フロー計算書 ………………………………………………………………P.9 (5)連結財務諸表に関する注記事項 ………………………………………………………………P.10 (継続企業の前提に関する注記) …………………………………………………………………P.10 (会計方針の変更) …………………………………………………………………………………P.10 (セグメント情報等) ………………………………………………………………………………P.10 (1株当たり情報) …………………………………………………………………………………P.10 (重要な後発事象) …………………………………………………………………………………P.10
さらに見せる

12 さらに読み込む

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

■ 社長インタビュー 中期経営計画の数値目標を上方修正。グループの総力を上げてさらなる飛躍を目指します。 受注高、売上高及び各利益項目において過去最高を更新しました。  当中間期におけるわが国の経済は、個人消費や企業 収益の改善に足踏みがみられ、一部に力強さを欠いた ものの、雇用情勢・所得環境は改善を続け、輸出・生 産は横ばいを維持するなど、総じて緩やかな回復基調 で推移しました。

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...