基本目標(分野)別事業費

Top PDF 基本目標(分野)別事業費:

第3章 分野別計画事業 基本構想実施計画の体系

第3章 分野別計画事業 基本構想実施計画の体系

基本構想の体系の項目順に、計画事業を当てはめています。 ・基本構想に掲げる「分野の将来像」を、それぞれ大項目、中項目に分類し、「実現に向けた基 本的取組」を小項目として分類しています。なお、小項目は略称を使用しています。 ・計画事業に付している事業番号は、小項目ごとの一連番号です。そのため、複数項目に該当す る事業は、小項目ごとに事業番号を付しています。この場合、本計画の中では事業概要を 掲載する項目を一つとしており、それ以外の項目については、以下の表中で「再掲」と表示してい ます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

平成22年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

平成22年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

具体的 研修計画の策定ン実施 各年度 行う具体的 研修計画の策定 あた 上記の基本方針を踏まえつつ 次のこ を勘案し 行う の する 1 階層研修 い より実践的 研修形式 実施するこ より 目標を着 実 実現し いく人材を育成する いう方針を継承する 第 期中期計画の実施 あたり さら 高い成果を生 出す人材を育成するこ 強く求められ いる こ のため 業務遂行能力の向上のため 暼益 あるプヤゼンテヴション コプュニケヴ ション コヴチング及びコンプライアンス等 関する研修をさら 充実させ 各階 層 ける一人 りの職務遂行能力を着実 高め いく の する
さらに見せる

146 さらに読み込む

平成17年度 項目別評価シート3〜7[PDF] 年度目標・事業計画等

平成17年度 項目別評価シート3〜7[PDF] 年度目標・事業計画等

⑤(③+④) 1, 423, 563, 908 ⑥目的積立金取崩額(平成17事業年度実行分) 26, 524, 765 ⑦(⑤−⑥) 1, 397, 039, 143 目的積立金の使途については、中期計画、年度計画において、 「施設・設備の更新・ 整備のほか、職員の資質向上のための研修等の充実、研究開発業務の充実、貨幣の信頼 を維持するために必要な情報提供の充実、職場環境の整備、及び環境保全の推進」に充 てることとしており、使途の詳細を検討するにあたっては、各部門からの要望を幅広く 聴取し、その有効活用について業務検討会で議論のうえ、平成17年度実施計画及び平 成18年度以降の基本計画を策定した。
さらに見せる

37 さらに読み込む

平成25年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

平成25年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

溶解・圧延工程における故障実績については、 新溶解設備に係る導入時トラ ブルによる影響を除いているにもかかわらず、 前年度に比して故障件数、 停止 時間ともに増加している。 柔軟で機動的な製造体制の構築のため、 貨幣製造工程間の人員配置を柔軟か つ機動的に行えるようにしているほか、 各種研修等を通じた人的基盤強化策が 展開されており、この結果、貨幣部門の職員1名が「卓越した技能者表彰(現 代の名工)」として、貨幣部門の職員3名が「なにわの名工」として表彰され た。 また、 本局の成形作業に従事する職員3名と東京支局の圧印作業に従事す る職員3名が「平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰創意工夫功労者 賞」を受賞した。
さらに見せる

152 さらに読み込む

平成24年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

平成24年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

(注)各欄積算と合計欄の数字は、四捨五入の関係で一致しないことがあります。 業務の実績 ○適切な部門管理の状況 年度計画の確実な達成に向けて、業務運営に伴う収支状況の把握を徹底するため、ER Pシステムを活用し、貨幣製造部門、貨幣販売部門、勲章・金属工芸品製造部門及び品位 証明部門、本支局及び工程にコストを試算した。また、年度当初に設定した標準的 な作業費用と実際の発生費用の相違等を作業時間及び貨幣製造等業務量など業務運営の実 績を踏まえて分析するとともに、貨幣製造契約の変更、貨幣販売計画の変更等に伴って収 入についても試算した。それらの結果を踏まえ、必要の都度収支状況を理事会で報告し、 必要な業務改善の検討を行っている。
さらに見せる

147 さらに読み込む

平成18年度 項目別評価シート3〜7[PDF] 年度目標・事業計画等

平成18年度 項目別評価シート3〜7[PDF] 年度目標・事業計画等

なお、総点検の結果、本支局の全プレス機械については、その安全性が確保でき ていることを確認した。 (ハ)中長期的な安全対策として、重大な労働災害を未然に防止する観点から、外部の 安全管理士による、プレス作業に対する安全診断、実技講習、実践的な講義等を本 支局で実施するとともに、職場巡視時の点検項目として、これまでの「整理・整頓」 「保護具の着用」等といった基本的なもののほか、重点点検事項として、個別の機 械・作業についても順次実地点検を行い、安全性の確認、安全作業標準の見直しを 行うこととした。 (平成18年9月から実施)
さらに見せる

32 さらに読み込む

平成23年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

平成23年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

注 各欄積算 合計欄の数字 四捨五入の関係 一致し いこ あります 業務の実績 ○適切 部門管理の状況 年度計画の確実 達成 向け 業務運営 伴う収支状況の把握を徹底するため ERPシステムを活用し 貨幣製造部門 貨幣 売部門 勲章ン金属工芸品製造部門 及び品位証明部門 本支局及び工程 コストを試算した また 年度当初 設 定した標準的 作業費用 実際の発生費用の相 等をトラノルの発生 作業時間 よ び貨幣製造等業務量 業務運営の実績を踏まえ 分析する 貨幣製造契約 の変更 貨幣 売計画の変更等 伴 収入 つい 試算した それらの結果を踏 まえ 必要の都度収支状況を理事懇談会 報告し 必要 業務改善の検討を行 い る
さらに見せる

145 さらに読み込む

目次 1. 中期経営計画の位置付け 2. 前提条件 3. 資金配分の基本方針 4. 経営目標 5. 事業目標 (1) 石油 天然ガス上流事業の持続的成長 6. 事業目標 (2) グローバルガスバリューチェーンの構築 事業目標 (3) 再生可能エネルギ

目次 1. 中期経営計画の位置付け 2. 前提条件 3. 資金配分の基本方針 4. 経営目標 5. 事業目標 (1) 石油 天然ガス上流事業の持続的成長 6. 事業目標 (2) グローバルガスバリューチェーンの構築 事業目標 (3) 再生可能エネルギ

*1 気候変動対応に対する当社の基本的な考え⽅や具体的な取り組みについては、当 社「ポジションペーパー」 ( https://www.inpex.co.jp/csr/weather/index.html ) をご覧ください *2 2℃シナリオとは、IEA (International Energy Agency) の“World Energy Outlook 2017”に提⽰されているSustainable Development Scenarioのように、 産業⾰命前からの平均気温上昇を2℃未満に抑えるエネルギー需要シナリオです *3 インターナルカーボンプライスの適⽤とは、温室効果ガスに価格付けし、プロジェクトの排
さらに見せる

25 さらに読み込む

3 地域別の業種リストを確認 対象業種の判断は 日本標準産業分類のに基づいて行われます 経営力向上計画の 2 事業分野と事業分野別指針 欄の 事業分野 ( ) が 次ページ以降の7 都府県別の業種リストにおける対象業種 ( ) に該当するかどうかを確認して下さい 経営力向上計画の 事業分野 ( )

3 地域別の業種リストを確認 対象業種の判断は 日本標準産業分類のに基づいて行われます 経営力向上計画の 2 事業分野と事業分野別指針 欄の 事業分野 ( ) が 次ページ以降の7 都府県別の業種リストにおける対象業種 ( ) に該当するかどうかを確認して下さい 経営力向上計画の 事業分野 ( )

※経営力向上計画の「事業分野(中分類)」が複数にまたがる場合、その中に対 象業種が含まれている場合には特例の対象となります。他方、当該設備が明らか に非対象業種の用にのみ供される場合には対象外となります。 (注意)経営力向上計画の認定申請書における「8.経営力向上設備等の種類」の「所 在地」に変更がある場合には工業会証明書の「変更事項」欄に変更前後の当該設 備所在地(都道府県名・市町村名)を記載して下さい。設備所在地の変更に伴う 経営力向上計画の変更申請は不要です。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成19年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

平成19年度 項目別評価シート[PDF] 年度目標・事業計画等

また、造幣局は、研究開発についての事前、中間、事後の評価を確実に行うものとし、そ の結果に基づき計画の必要な見直しを行うものとする。 中 期 計 画 貨幣の偽造防止技術等の研究開発については、 偽造抵抗力の向上に関する研究開発はもと より、 貨幣製造技術及び勲章等の金属工芸品製造技術の一層の高度化及び製造工程の効率化 を図るため、 重点分野が明確化された調査及び研究開発の基本計画を立案します。これに基 づき、費用対効果を勘案し、民間からの技術導入も含め、具体的な計画を策定し、調査及び 研究開発を実施します。
さらに見せる

102 さらに読み込む

豊中市雇用・就労施策推進プラン(基本方向) 分野別計画一覧 豊中市

豊中市雇用・就労施策推進プラン(基本方向) 分野別計画一覧 豊中市

( 「成長力底上げ戦略」 「福祉から雇用へ」の流れ) ( 5 ) 国は、労働力人口の減少に備えて、経済成長を下支えする基盤である「人材 能力」 「就労機会」 「中小企業」の底上げ・向上を図り、働く人全体の所得や生 活水準を引き上げつつ、格差の固定化を防止する目的をかかげ、 「成長力底上 げ戦略(基本構想) 」 ( 2007.2 )を推進しています。その背景には、すでに見た 産業構造の変化やグローバル化などのほか、 1990 年代後半からはじまった 「社 会福祉の基礎構造改革」や教育改革などの動きがあります。なかでも「福祉か ら雇用へ」という考え方にそった「就労志向型」施策はその典型で、先進国に 共通した減少となっています。国は雇用政策や社会保障政策、産業政策、文教 政策の一体運用をめざしていますが、これら一連の動きは、地域の特性を活か した就業の促進、就労支援の展開、そして地域レベルでの雇用施策や福祉、子 育て、教育などのいっそうの連携を促しています。
さらに見せる

51 さらに読み込む

資料2 第五期基本構想・長期計画 討議要綱 分野別論点案

資料2 第五期基本構想・長期計画 討議要綱 分野別論点案

市民雇用創出事業と業務の外部化 能力や成果に応じた給与のあり方、働き方、職員のモチベーションの維持等 セキュリティ対策の徹底 情報公開・説明責任のあり方 5.チャレンジする組織風土の醸成

5 さらに読み込む

平成17年度 項目別評価シート1[PDF] 年度目標・事業計画等

平成17年度 項目別評価シート1[PDF] 年度目標・事業計画等

ERPシステムを利用して、毎月、部門に収益と費用の実績を把握し、当初計画と の比較、分析を行うほか、原価差異についても分析を行い、その結果を理事懇談会に報 告した。 理事懇談会への月次報告については、従来総務部(経営企画担当)がERPシステム によるデ−タ分析等を基に報告していたが、組織全体の原価管理意識の醸成を図り、よ り現場の実態を踏まえた要因分析を行うために、平成17年8月分・月次報告から各部 が分担することとし、総務部は全般的な説明を行うこととした。
さらに見せる

31 さらに読み込む

分野別目次

分野別目次

「釧路市立学校施設耐震化 PFI 事業(第二期)その1・その2」 に関する融資契約の締結について 株式会社北海道銀行(以下、北海道銀行・頭取:堰八義博)と釧路信用金庫(理事長:佐藤禎 一)は、このほど釧路市が実施する「釧路市立学校施設耐震化 PFI 事業(第二期)その1・その 2」(以下、本 PFI 事業)の事業者(共同企業体代表企業)である宮脇土建株式会社と坂野建設 株式会社との間で、各々15 億円・25 億円のシンジケートローンの契約を締結しました。 1.「釧路市立学校施設耐震化 PFI 事業(第二期)その1・その2」の概要
さらに見せる

53 さらに読み込む

第4章:分野別施策と個別目標 宮崎県:「第3期宮崎県がん対策推進計画」策定のお知らせ

第4章:分野別施策と個別目標 宮崎県:「第3期宮崎県がん対策推進計画」策定のお知らせ

○ がんを早期に発見し、早期に治療できる人を増やすためには、がん検 診の受診率を上げるとともに、要精密検査とされた人の精密検査受診 率を上げることが大切です。 ○ 平成28(2016)年国民生活基礎調査の結果、本県におけるがん検診の 受診率は男性の肺がん(50.9%)を除いて30%ないし40%台であり、 第2期宮崎県がん対策推進計画における目標値(50%。胃・肺・大腸 は当面40%。 )を達成できていません。

25 さらに読み込む

平成15年度 項目別評価シート3〜7[PDF] 年度目標・事業計画等

平成15年度 項目別評価シート3〜7[PDF] 年度目標・事業計画等

○ エネルギー原単位の改善状況 第1種エネルギー管理指定工場(本局及び広島支局)における「貨幣の製造に係るエ ネルギー消費原単位」は、対前年度(=平成14年度)比で8. 1%の削減となった。 平成15年度は本局成形工場の新設備が稼動を開始したという要因もあり、今年度だ けで大幅な削減を達成することができた。16年度以降も引き続きいっそうの削減に努 めることとするが、貨幣製造枚数が減少した場合には下記の理由により継続的な目標達 成は極めて困難となる可能性が強い。
さらに見せる

32 さらに読み込む

平成18年度 項目別評価シート2[PDF] 年度目標・事業計画等

平成18年度 項目別評価シート2[PDF] 年度目標・事業計画等

また、造幣局は、研究開発についての事前、中間、事後の評価を確実に行うものとし、そ の結果に基づき計画の必要な見直しを行うものとする。 中 期 計 画 貨幣の偽造防止技術等の研究開発については、 偽造抵抗力の向上に関する研究開発はもと より、 貨幣製造技術及び勲章等の金属工芸品製造技術の一層の高度化及び製造工程の効率化 を図るため、 重点分野が明確化された調査及び研究開発の基本計画を立案します。これに基 づき、費用対効果を勘案し、民間からの技術導入も含め、具体的な計画を策定し、調査及び 研究開発を実施します。
さらに見せる

39 さらに読み込む

平成15年度 項目別評価シート2[PDF] 年度目標・事業計画等

平成15年度 項目別評価シート2[PDF] 年度目標・事業計画等

また、 流通貨幣及び記念貨幣に関する国内外の種々の情報や金属加工及び試験分析等に関 する幅広い分野の情報を調査・収集し、これらを整理してデータベース化するとともに、得 られた情報を行政部門を含む国民各層に還元するなど積極的に業務に活用します。 さらに、 世界造幣局長会議をはじめとした貨幣製造技術や分析技術等に関する国際会議へ 積極的に参加し、海外の貨幣製造技術や偽造防止技術等に関する最新の様々な情報を交換す ることにより、造幣事業に関する国際交流を図ります。
さらに見せる

48 さらに読み込む

4. 交付対象事業 ( 分野別 ) 分野別の交付対象事業は 以下のとおりである 交付対象事業数 ( 件 ) 交付額 ( 百万円 ) 分野 うち都道府県分 うち市区町村分 うち都道府県分 うち市区町村分 移住促進 , ,197 人材育成 確保

4. 交付対象事業 ( 分野別 ) 分野別の交付対象事業は 以下のとおりである 交付対象事業数 ( 件 ) 交付額 ( 百万円 ) 分野 うち都道府県分 うち市区町村分 うち都道府県分 うち市区町村分 移住促進 , ,197 人材育成 確保

~地域の総力を結集した地域ブランドの構築~ 基幹産業であるニット産業は、生産高は日本一を誇っているが、アジアからの輸入品の攻勢が強まる中、厳しい 環境におかれている。今後、市内の「ニット産業集積インフラ」を結集し、ブランド化に向けた方向性や五泉ブラ ンド基準・認証制度の導入を図るとともに、販路開拓事業を行うニット組合の取組を総合的に支援する。

11 さらに読み込む

平成16年度 項目別評価シート3〜7[PDF] 年度目標・事業計画等

平成16年度 項目別評価シート3〜7[PDF] 年度目標・事業計画等

また、ERPシステムについては、管理者層からERPシステムによる 業務分析手法についての研修要望が多かったことから、本局の課長以上の 管理者層を対象に、同システムの活用研修(レポート照会及び実績の分析 等を行うための基本的な知識及び技術の修得させることを目的としたも の)を実施したところ、受講した職員から有意義であったとする意見が多 かったことから、平成17年度は、対象者を拡大してERPシステムのよ り一層の定着を図るためのERP活用研修を継続実施することとした。
さらに見せる

35 さらに読み込む

Show all 10000 documents...