地方公共団体からのよ

Top PDF 地方公共団体からのよ:

Ⅳ 地方公共団体向け財政融資の在り方 1 現 状 地方債14に係る資金調達においては 地方公共団体の自律的な財政運営を促す観点 から 民間等資金によることを基本とし 財政融資資金については 財投改革以降 地方公共団体の資金調達力及び資金使途に着目した重点化 財政投融資改革の総 点検について 平成 1

Ⅳ 地方公共団体向け財政融資の在り方 1 現 状 地方債14に係る資金調達においては 地方公共団体の自律的な財政運営を促す観点 から 民間等資金によることを基本とし 財政融資資金については 財投改革以降 地方公共団体の資金調達力及び資金使途に着目した重点化 財政投融資改革の総 点検について 平成 1

① 資金調達能力低い地方公共団体については、民間等資金を補完し、資金安 定的確保を図る。 ② 経済・金融危機等により、市場における資金調達が困難になった場合は、民間 等資金へ補完機能を超えて資金供給を行うが、市場環境が好転次第、早期に 市場公募資金を含む民間等資金を中心とした資金調達に転換する [図表4-8] 。 ③ 財政状況が極度に悪化した「財政再生団体 20 」については、公的資金によるセー
さらに見せる

12 さらに読み込む

消防局長あいさつ Top Message 消防局長 上原満 Mitsuru Uehara 埼玉東部消防組合とは 地方公共団体には 普通地方公共団体 と 特別地方公共団体 の 2 種類があります 普通地方公共団体とは 都道府県や市町村のように 一般的かつ標準的な団体をいいます 一方 特別地方公共団体と

消防局長あいさつ Top Message 消防局長 上原満 Mitsuru Uehara 埼玉東部消防組合とは 地方公共団体には 普通地方公共団体 と 特別地方公共団体 の 2 種類があります 普通地方公共団体とは 都道府県や市町村のように 一般的かつ標準的な団体をいいます 一方 特別地方公共団体と

地方公共団体には、 「普通地方公共団体」と「特別地方公共団体 2 種類があ ります。普通地方公共団体とは、都道府県や市町村ように、一般的かつ標準的な 団体をいいます。 一方、特別地方公共団体とは、特別区、地方公共団体組合、財産区 3 種類 があり、このうち「地方公共団体組合」とは、普通地方公共団体が他普通地方 公共団体と共同して仕事をしようとするときに設ける公共団体をいいます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

不要な不動産 ( 建物および土地 ) の地方公共団体への寄附は可能か? 地方自治法 96 条 1 項 9 号 負担付きの寄附又は贈与 の検討から 神山智美.

不要な不動産 ( 建物および土地 ) の地方公共団体への寄附は可能か? 地方自治法 96 条 1 項 9 号 負担付きの寄附又は贈与 の検討から 神山智美.

前述自治法逐条解説 15 および『別冊法学セミナー No.211 新基本法コン メンタール 地方自治法』 16 )によれば,同条決議事項は,議会中心的な議 決権行使項目として列挙されている。くり返しになるが,自治法 96 条に り「地方公共団体団体意思決定」(例として自治法 96 条 1 項 1 号,2 号等) または「執行機関執行前提として議会が事前に意思決定に関与するべく, 議会本来的な権限を定めること」(例として自治法 96 条 1 項 5 号等)が重要 となる。ここで検討する同法同条同項 9 号「負担付き寄附又は贈与を受け ること」は,後者にあたり,要するに「執行機関執行前提として議会が事 前に意思決定に関与する」ことが目的である。執行機関執行に対して,監視, 牽制,承認,同意等見解表明が期待されているである。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3 市長等は 国会議員 地方公共団体 3 ( 略 ) 3 ( 略 ) 3 ( 略 ) 3 市長は 国会議員 地方公共団体の 3 ( 略 ) の議会の議員及び他の地方公共団体の長 ( これらの者の秘書 代理人及び使者を含む ) から その公正な職務執行を妨げ 又はその職権を不正に行使するよう働きかけを

3 市長等は 国会議員 地方公共団体 3 ( 略 ) 3 ( 略 ) 3 ( 略 ) 3 市長は 国会議員 地方公共団体の 3 ( 略 ) の議会の議員及び他の地方公共団体の長 ( これらの者の秘書 代理人及び使者を含む ) から その公正な職務執行を妨げ 又はその職権を不正に行使するよう働きかけを

 削除 第7条 市長は、その任期開始日(再  選挙により市長となった者にあっては  その選挙期日とし、公職選挙法(昭  和25年法律第100号)第259条  規定適用がある者にあっては  当該者退職申立てがあったことに  より告示された選挙期日とし、更正  決定又は繰上補充により当選人と定め  られた市長にあってはその当選効力  発生日とする。次項において同じ。  )において有する次各号に掲げる資  産等(外国にあるものを含む。)につ  いて、当該資産等区分に応じ当該各  号に掲げる事項を記載した資産等報告  書を、同日から起算して100日を経  過する日までに作成し、市長に提出し  なければならない。
さらに見せる

8 さらに読み込む

中部地方における地方公共団体による地球温暖化対策の推進状況等調査

中部地方における地方公共団体による地球温暖化対策の推進状況等調査

図 1.2.1-1 中部地方7県県内総生産 (資料:「平成 18 年度県民経済計算」、内閣府) 業種別構成比を図 1.2.1-2 に示す。いずれ県も製造業割合が、全国平均 20%よりも大 きい。特に愛知県、三重県では 30%を超えている一方、サービス業や卸売・小売業割合が全 国平均より低い傾向にある。しかし愛知県は中部地方県で唯一、卸売・小売業割合が全国 平均を 1 ポイントではあるが上回っている。また、福井県には 4 ヶ所に計 1,129 万 kW 原子 力発電所が立地していることから(p.51 図 1.2.6-1 参照)、電気・ガス・水道業割合が他県や 全国と比較して非常に大きい。
さらに見せる

57 さらに読み込む

クス JFMトピッ 平成28年度の事業概要をお知らせします 地方公共団体の代表者等で組織される代表者会議において 平成28年度事業計画等が議決されました 貸 付 け に つ い て 地方公共団体による資本市場からの資金調達 平成28年度事業別貸付計画 を効率的かつ効果的に補完するため 地方公共団 2

クス JFMトピッ 平成28年度の事業概要をお知らせします 地方公共団体の代表者等で組織される代表者会議において 平成28年度事業計画等が議決されました 貸 付 け に つ い て 地方公共団体による資本市場からの資金調達 平成28年度事業別貸付計画 を効率的かつ効果的に補完するため 地方公共団 2

らい平コミュニティセンターが多く市民に利用 されている理由1つに、土日も開館(原則月曜 休館)しているという点が挙げられます。休日を 利 用して父 親 が 子どもと一 緒 にプレ イル ームで 遊 ぶと いった光景もよく見られます。また、一年を通じて様々な イベントを開催していますが、土日に開催することで多く 家族が一緒に参加することができます。イベント内容も、 地元農家協力による野菜や自家製パン販 売、紙 飛行 機をつくって遊 ぶ 大 会 や季 節 催事に因んだものなど 、 地 域に根 差した温 かみある、誰もが気 軽に参加できる 企 画を積 極 的に行っています。 「コミュニティセンターに 行けば何かやっているというイメージをつくりたいと思って います。この場を通じて皆さんが知り合いになって、地 域 輪が広がり、地 域に愛情を持つようになること、それは 今も昔も大切なことです。」 (田口センター長)
さらに見せる

20 さらに読み込む

平成 30 年 4 月 一般財団法人環境イノベーション情報機構 一般財団法人環境イノベーション情報機構 ( 以下 当機構 という ) では 環境省から平成 30 年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 地方公共団体カーボン マネジメント強化事業 ) の交付を受け 地方公共団体における 地方公共

平成 30 年 4 月 一般財団法人環境イノベーション情報機構 一般財団法人環境イノベーション情報機構 ( 以下 当機構 という ) では 環境省から平成 30 年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 地方公共団体カーボン マネジメント強化事業 ) の交付を受け 地方公共団体における 地方公共

(2)事務事業編に基づく省エネ設備等導入支援事業(第2号事業) 先進的・モデル的な取組によりカーボン・マネジメントに係るノウハウ普及を目的とする事業 (技術実証を除く)であって、次1)~4)全てに該当していること。ただし、小中学校、水道 施設、下水道施設及び廃棄物処理施設のみに設備等を導入するものを除く。(小中学校、水 道施設、下水道施設、廃棄物処理施設いずれかと併せて、その他地方公共団体所有施 設(庁舎等)に省エネルギー設備等を導入し、エネルギーマネジメントシステム等により複数施 設をネットワーク化して面的かつ効果的なものとする場合は対象とすることができる。)
さらに見せる

45 さらに読み込む

地方公共団体の情報システム調達における機能要件の表記方法利用ガイド 平成 27 年 3 月 地方公共団体情報システム機構

地方公共団体の情報システム調達における機能要件の表記方法利用ガイド 平成 27 年 3 月 地方公共団体情報システム機構

39 第2節 BPMN を用いた作業表記例 1 作業表記例について 本調査研究では、「住民基本台帳業務」及び「個人住民税業務」について、全国 地方公共団体参考になる、汎用的な作業表記例を作成する。本調査研究研究協 力団体事例では、研究協力団体における組織形態や業務フロー図利用目的により、 作成されている業務フロー図粒度等がそれぞれ研究協力団体にとって最適な形 で設定されている(研究協力団体事例は、別冊事例集を参照されたい)。ただし、 全国地方公共団体では、組織体制や業務所掌等がそれぞれ異なることから、作業 順序に差異が生じることや作業に団体独自加除が講じられる可能性も考えられ、研 究協力団体事例をそのまま自団体業務フロー図として利用することは困難であ ると考えている。
さらに見せる

64 さらに読み込む

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

与党第5次提言では、平成27年度と28年度2年間を、特に集中的に自立支援施策展開を図 る期間としているが、真に事業者事業再建が図れるよう、国がしっかりと取り組むとともに、相当 因果関係ある損害が継続する間は、東京電力に賠償を確実に行わせること。 事業再建を図るために必要となる農地や店舗、機械設備等事業用資産再取得等に要する 費用など、帰還、移転等に伴う追加的費用について、確実に賠償を行わせること。
さらに見せる

7 さらに読み込む

「地方公共団体の財政の健全性に関する比率」の算定結果について

「地方公共団体の財政の健全性に関する比率」の算定結果について

  北海道夕張市ような地方自治体財政破綻を未然に防ぐため、平成20年4月に「地方公共団体財政健全化に関する法律」 (以下「財政健全化法」といいます。)が施行されました。  財政健全化法では、市一般会計決算だけでなく、市全て特別会計、一部事務組合(多摩川衛生組合、東京たま広域資源循環組 合等)、第三セクター等(土地開発公社、府中文化振興財団等)決算や借入金残高なども合わせて「地方公共団体財政健全性に関
さらに見せる

7 さらに読み込む

地方公共団体における官民連携のための事例研究(滞納公金 回収への官民協力)

地方公共団体における官民連携のための事例研究(滞納公金 回収への官民協力)

1982 年(昭和 57 年) 、第二次臨調第三次答申では、事務・事業合理化観点か ら「民間委託により実施することが可能な事務・事業については、計画的に民間委託等 を推進することとし、地方財政計画にもこれを反映させる。 」 34 としている。 1983 年(昭和 58 年) 、第二次臨調最終答申では、 「地方行政減量化・効率化につ いては、我が国行政大きな部分を地方行政が占めていることにかんがみ、地方公共団 体事務・事業合理化、組織・機構見直し、定数や給与・退職手当適正化を図る など、徹底した行政減量化を進めることが重要な課題である。このため、第一次答申 では、国施策に関連する増員抑制や事務・事業民間委託(略)を指摘したところで あり、また、第三次答申では、第一次答申方向に沿って一層合理化・適正化を図る ため各般にわたる具体的方策について提言した。」 35 とし、地方公共団体における民間 委託について、従前答申を整理している。
さらに見せる

55 さらに読み込む

国地方公共団体まとめ.indb

国地方公共団体まとめ.indb

3 インターネットを利用してダイレクト納付やインターネットバンキングによる納付ができます。   特に利用回数多い手続に便利です(消費税中間納付、源泉所得税毎月納付手続など)。 ※ e-Taxを利用するには、事前に電子証明書等取得、開始届出書提出などが必要です。 国、地方公共団体がe-Taxを利用して電子申告を行う際には、国においては政府共用認証局(   )が発行する官職証 明書、地方公共団体においては地方公共団体組織認証基盤(    )が発行する職責証明書を利用することができます。
さらに見せる

64 さらに読み込む

「地方公共団体の財政の健全性に関する比率」の算定結果について

「地方公共団体の財政の健全性に関する比率」の算定結果について

  北海道夕張市ような地方自治体財政破綻を未然に防ぐため、平成20年4月に「地方公共団体財政健全化に関する法律」(以下「財政健 全化法」といいます。)が施行されました。  財政健全化法では、市一般会計決算だけでなく、市全て特別会計、一部事務組合(多摩川衛生組合、東京たま広域資源循環組合等)、第 三セクター等(土地開発公社、府中文化振興財団等)決算や借入金残高なども合わせて「地方公共団体財政健全性に関する比率」(以下「比
さらに見せる

7 さらに読み込む

地方創生応援税制 ( 企業版ふるさと納税 ) の運用改善 ( 別紙 1) 平成 31 年度税制改正 企業版ふるさと納税の一層の活用促進を図るため 企業や地方公共団体からの意見等を踏まえ 徹底した運用改善を実施する 地方創生関係交付金と併用する地方公共団体へのインセンティブ付与 地方創生関係交付金の対

地方創生応援税制 ( 企業版ふるさと納税 ) の運用改善 ( 別紙 1) 平成 31 年度税制改正 企業版ふるさと納税の一層の活用促進を図るため 企業や地方公共団体からの意見等を踏まえ 徹底した運用改善を実施する 地方創生関係交付金と併用する地方公共団体へのインセンティブ付与 地方創生関係交付金の対

2.基金へ積立要件緩和 (マニュアル:2-1⑤) ○ 奨学金返還支援事業以外にも基金利用が容易となるようにするとともに、複数事業(地域再生計画に 記載された事業に限る)実施を目的とする基金設置を可能とする。 ○ 事業終了時に寄附累計額が事業へ支出累計額を上回らないことが確実に見込まれることを前提と して、各年度における寄附額上限(積立額5割)を撤廃する。なお、以下要件を満たす必要がある。
さらに見せる

5 さらに読み込む

地方公共団体における消費者教育の事例集 参与との意見交換|消費者庁

地方公共団体における消費者教育の事例集 参与との意見交換|消費者庁

これまで、新入社員や新入生、教員免許更新時講座,警察学校講座などで、 出前講座を行ってきました。 なお、 平成 24 年度は全体で 126 回 6,220 人参加で出前 講座を実施しました。 その取組ひとつとして、 『 「未来教師」に出前講座!!~行政と教育機関と連 携で実践に即した消費者教育を!~』と題して、岩手大学教育学部社会教育科法学 概論講義中で、社会科教師を目指す学生を対象として、契約と悪質商法、金利 とカード決済仕組みやトラブル対処法などについて講座を行いました。岩手大学と は、人文社会科学部では新入生オリエンテーション、共同研究などで交流がありま した。今回、教育学部法学担当教授が学外講師を探す中でお声がけをいただき、 この講座開催に繋がりました。講座テーマは、大学生が大学生活や卒業後に陥り やすい消費者トラブルで、消費生活センター出前講座からいくつか選びひとつ 講座としました。消費者教育を通して、消費者トラブルはなぜ起きるか、どう対 処するか、学生時代から事例に触れることで、消費者教育へ関心が高まり、消費 者トラブルへ理解が進むことを期待しています。また、大学法学領域で行われて いる消費者教育に、消費生活センターが持っている情報とノウハウを加えることに り、学生がより現実的かつ実践的な理解ができ、実生活で対応力が向上するように 行なっています。
さらに見せる

148 さらに読み込む

「地方公共団体の短時間勤務の在り方に関する研究会」説明資料

「地方公共団体の短時間勤務の在り方に関する研究会」説明資料

■ 職務に応じた待遇確保(第6条) • 国は、雇用形態異なる労働者についてもその待遇相違が不合理なものとならないようにするため、事業主が行う 通常労働者及び通 常労働者以外労働者待遇に係る制度共通化推進 その他必要な施策を講ずる。 • 政府は、派遣労働者置かれている状況に鑑み、 派遣労働者について、 派遣元事業主及び派遣先に対し、派遣労働者賃金決定、教 育訓練実施、福利厚生施設利用その他待遇について規制等措置を講ずることにより、派遣先に雇用される労働者と間におい てその業務内容及び当該業務に伴う責任程度その他事情に応じた 均等な待遇及び均衡とれた待遇実現を図るものとし、この法 律施行後、 3年以内に法制上措置を含む必要な措置を講ずる とともに、当該措置実施状況を勘案し、必要があると認めるときは、所 要措置を講ずる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

⑤5 地方公共団体における検証等に関する調査結果

⑤5 地方公共団体における検証等に関する調査結果

また、心中以外虐待死事例うち「検証していない事例」で、かつ、 「児童相談所又は市町村(虐待対応担当部署)関与事例」は4事例であ り、一方、心中による虐待死(未遂含む)うち「検証していない事例」 で、かつ、「児童相談所又は市町村(虐待対応担当部署)関与事例」は 4事例であった。

12 さらに読み込む

地方公共団体の格付方法 ニュースリリース | 日本格付研究所  JCR 17d0182 1

地方公共団体の格付方法 ニュースリリース | 日本格付研究所 JCR 17d0182 1

6/ 6 http://www.jcr.co.jp/ ◆ 留意事項 本文書に記載された情報には、人為的、機械的、またはその他事由による誤りが存在する可能性があります。したがって、JCR は、 明示的であると黙示的であるとを問わず、当該情報正確性、結果、的確性、適時性、完全性、市場性、特定目的へ適合性につ いて、一切表明保証するものではなく、また、JCR は、当該情報誤り、遺漏、または当該情報を使用した結果について、一切責任 を負いません。JCR は、いかなる状況においても、当該情報あらゆる使用から生じうる、機会損失、金銭的損失を含むあらゆる種 類、特別損害、間接損害、付随的損害、派生的損害について、契約責任、不法行為責任、無過失責任その他責任原因いかんを問
さらに見せる

7 さらに読み込む

地方公共団体における民間委託の推進に関する調査

地方公共団体における民間委託の推進に関する調査

〇 職員削減や配置転換、事務量増大に対する効果:経費削減、本庁窓口や出張所のみで効果、人手不足解消など、状況 は様々である。委託時は内閣府「業務フロー・コスト分析に係る手引き」を参考に業務を棚卸し、間接費用算定も行った上で 検討することが重要である 〇 価格と質二面性:過剰な価格競争により質確保が難しくなることを委託側、受託側双方が懸念している 質担保には要求水準を明確にし、価格と質両面で正当な評価を行うことが不可欠である
さらに見せる

10 さらに読み込む

「地方公共団体の財政の健全性に関する比率」の算定結果について

「地方公共団体の財政の健全性に関する比率」の算定結果について

※( )内は計算により算出された参考数値で、マイナス値は黒字割合、将来負担に対する余裕程度を示しています。 ア.健全化判断比率 ①実質赤字比率   一般会計等に赤字額はありませんので、比率は算定されません。 ②連結実質赤字比率  すべて会計で見ても、赤字額はありませんので、比率は算定されません。 ③実質公債費比率  平成22~24年度3か年平均で「6.2%」となります。

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...