国と地方の財政の現状

Top PDF 国と地方の財政の現状:

RIETI - 国と地方:政府間財政関係の再設計

RIETI - 国と地方:政府間財政関係の再設計

には非効率である。だから、地方交付税を廃止して、義務教育、警察、消防、公衆衛生等 に限定したナショナル・ミニマム維持に必要な財源をから配分する以上に、地域間財 源調整をする必要はない。 だからといって、所得再分配を全くすべきでない、というわけではない。必要に応じて 所得再分配を行ってよい。しかし、大原則は、所得再分配は個人単位で行うべきものであ って、産業単位や地域単位で行うべきではない考える。なぜなら、「所得」格差は究極 的には個人に帰着されるものだからである。確かに、産業ごと、地域ごとにそこに属する 個人所得に相関はあろう(押しなべていえば、衰退産業従事者は所得が低く、成長産業 従事者は所得が高いなど)。さりとて、個人単位で所得再分配をないがしろにしてまで、 産業単位や地域単位で所得再分配を優先すべきではない。もちろん、産業単位や地域単 位で行う方が行政コストは安上がりだろう。しかし、1人当たり県民所得が低い沖縄県に 住む年収1億円人が恩恵を受ける形で手厚く地方交付税を配り、1人当たり県民所得が 高い東京都に住む年収300万円人には地方交付税を配らない、という財政移転による 所得再分配政策ミス(経済厚生損失)は、非常に大きい考えられる。
さらに見せる

26 さらに読み込む

目次 地方財政の果たす役割 1 地方財政計画 ( 通常収支分 ) の歳出の分析 2 都道府県の税源偏在の状況 3 国と地方の税源配分と地方歳入の状況 4 地方交付税とは 5 普通交付税の算定方法 6 地方交付税による財源保障 財源調整の状況 ( 平成 22 年度決算 ) 7 地方交付税法 ( 昭和

目次 地方財政の果たす役割 1 地方財政計画 ( 通常収支分 ) の歳出の分析 2 都道府県の税源偏在の状況 3 国と地方の税源配分と地方歳入の状況 4 地方交付税とは 5 普通交付税の算定方法 6 地方交付税による財源保障 財源調整の状況 ( 平成 22 年度決算 ) 7 地方交付税法 ( 昭和

包括算定経費導入により、従来算定項目数を3割削減 ◆地方分権推進委員会最終報告(平成13年6月14日) (抄) 3 地方交付税改革方向 による歳出や事務事業義務付け廃止・緩和を進めるとともに、地域実情に即した地方公共団体自主 的・主体的な財政運営に資する方向で、基準財政需要額算定方法あり方検討を行い、その一層簡素化 等見直しを図るべきである。
さらに見せる

21 さらに読み込む

目 次 Ⅰ. 我が国財政の現状 1. 平成 26 年度一般会計予算 1 コラム. 我が国財政を家計にたとえたら 3 2. 一般会計における歳出 歳入の状況 4 3. 国債残高の累増 5 4. 国及び地方の長期債務残高 6 5. 財政事情の国際比較 7 6. 国債残高の増加要因 高齢化の進

目 次 Ⅰ. 我が国財政の現状 1. 平成 26 年度一般会計予算 1 コラム. 我が国財政を家計にたとえたら 3 2. 一般会計における歳出 歳入の状況 4 3. 国債残高の累増 5 4. 国及び地方の長期債務残高 6 5. 財政事情の国際比較 7 6. 国債残高の増加要因 高齢化の進

 当局はG20で目標として掲げた、2015年度までに地方プライマリーバランス赤字対GDP比を 半減させ、▲3.3%にするという目標は達成できないかもしれない。(さらに、この目標は法人税率 引下げや消費税軽減税率導入によって達成できなくなるだろう。)  2015年より後財政健全化策は早急に必要であり、それには更なる歳入措置社会保障制度改 革を含むべきである。そうした計画は、できる限り成長に親和的で公平であるべきであり、下振れリ スクに対応するために、短期的な柔軟性を与えるだろう。取り得る施策としては、最低でも15%へ 段階的な消費税率引上げ、個人所得税課税ベース拡大、年金・医療支出へ対応がある。
さらに見せる

80 さらに読み込む

国税 地方税 保険料 社会保障給付 社会保障基金 というもうひとつの財布政府が財政目標のメルクマールとしているのは 国内の経済活動を包括するSNA( 国民経済計算 ) 統計における 中央政府 ( 国 ) と 地方政府 の財政だ この基礎的財政収支を 2020 年度に黒字化することを目標としている し

国税 地方税 保険料 社会保障給付 社会保障基金 というもうひとつの財布政府が財政目標のメルクマールとしているのは 国内の経済活動を包括するSNA( 国民経済計算 ) 統計における 中央政府 ( 国 ) と 地方政府 の財政だ この基礎的財政収支を 2020 年度に黒字化することを目標としている し

○「社会保障基金」というもうひとつ財布 政府が財政目標メルクマールしているは、国内経済活動を包括するSNA(国民経済計算)統計 における「中央政府()」地方政府」財政だ。この基礎的財政収支を 2020 年度に黒字化することを 目標している。しかし、実はSNA上では政府会計はもうひとつ存在する。それが「社会保障基金」だ。 この会計には、健康保険や年金保険保険料が収入として計上され、支出として社会保障給付を行う。実際 には医療・介護・年金をはじめする社会保障制度は保険料のみでは財源不足状態になっており、ここに は「」や「地方財政から一定割合公費が投入されている(資料1)。
さらに見せる

5 さらに読み込む

地方財政計画と自治体財源不足総額 前回記したように 地方財政計画は 内閣が国の政府予算関係資料として作成する 翌年度の地方団体の歳入歳出総額の見込額に関する書類 です そこに示される地方財政対策の攻防を経てようやく確定した地方交付税の総額こそ確保された大枠となります そして この枠に基づいて 各自治

地方財政計画と自治体財源不足総額 前回記したように 地方財政計画は 内閣が国の政府予算関係資料として作成する 翌年度の地方団体の歳入歳出総額の見込額に関する書類 です そこに示される地方財政対策の攻防を経てようやく確定した地方交付税の総額こそ確保された大枠となります そして この枠に基づいて 各自治

 この基準財政需要額基準財政収入額算定方 法に鑑みれば、単純に両者をそれぞれ歳出決算額 ないし歳入決算額比較し、その割合をみてもあ まり意味が感じられません。しかし、地方交付税 制度における財源保障考え方には、各省庁 が自ら貫徹し得ない政策を自治体を通じて確実に 実施させるという意味が込められていました。法 律等により自治体に実施が迫られる事務事業につ いては基準財政需要額に何らかの形で組み込まれ ているみるならば、基準財政需要額が歳出決算 額に比べて大きな割合を示す自治体は、そうした ところで手一杯、逆にその割合が小さな自治体は、 独自政策展開にお金をかけている、あるいはお 金がかかっている、概ねいえそうです。また、 市町村民税や固定資産税といった基幹税収を多く
さらに見せる

19 さらに読み込む

01_Tit.p65

意 年 7 月 13 日 税財政抜本改革と成長戦略の強力な推進による財政再建を望む 公益社団法人関西経済連合会 1. はじめにわが国の財政危機は いまや深刻な状況にある 国と地方を合わせた債務残高の対 GDP 比は 200% を超え OECD 加盟国の中で突出して高い これは財

この財政危機中で未曾有東日本大震災が発生した。地震・津波・原発 事故が重なった複合的な大震災は、ものづくりサプライチェーン脆弱性や エネルギー供給制約など、日本経済弱点を顕在化させた。震災復興を通 じてこうした弱点を克服するとともに、企業国際競争力強化ため成長 戦略取り組みを強化していかなければならない。現状、震災を理由に成長 戦略に関する種々施策が棚上げにされているが、むしろ震災後危機状況 ゆえに施策実現を急ぐべきである。成長戦略取り組みに遅れをとれば、 震災復興に影響するのみならず、国内生産基盤空洞化雇用喪失が一層 加速されかねない。さらに、電力安定供給が成長戦略にとって大前提で あるにもかかわらず、現下電力供給不安制約は震災復興日本経済 成長にとって大きな足かせなり、当面電力需給対策強化は急務である。
さらに見せる

44 さらに読み込む

目次 はじめに... 1 第 1 下水道財政の現状 平成 17 年度研究会を踏まえた地方財政措置の見直し... 2 (1) 平成 17 年度研究会の報告の概要... 2 (2) 平成 17 年度研究会を踏まえた地方財政措置の見直しの概要 近年の下水道事業の現状...

目次 はじめに... 1 第 1 下水道財政の現状 平成 17 年度研究会を踏まえた地方財政措置の見直し... 2 (1) 平成 17 年度研究会の報告の概要... 2 (2) 平成 17 年度研究会を踏まえた地方財政措置の見直しの概要 近年の下水道事業の現状...

18 <資料16:資本費に係る地方交付税措置額状況(全団体、平成 25 年度)> これは、昭和 46 年に制定された「公害防止に関する事業に係る財政特別措置に関する法律」 (昭和 46 年法律第 70 号)に基づく下水道事業が 関係している考えられる。同法は、公害防止に関する施策推進を図る ために公害防止対策事業に対する財政特例措置を定めたものである。 同法に位置付けられた公害防止対策事業計画に基づき実施される下水道事業 など公害防止対策事業に対しては、国庫補助負担割合特例等財政 特例措置がある。こうした特例措置一環として、同法において、下水道事 業を含む公害防止対策事業に係る地方元利償還金について、地方交付税 法定めるところにより基準財政需要額に算入することが定められており、 地方交付税法において、通常よりも高い地方交付税措置率(元利償還金 50%、 通常下水道事業債事業費補正措置率は 16~44%)が定められている。 <資料17><資料18>
さらに見せる

33 さらに読み込む

資料 1 税財政制度を通じた論点 Ⅰ 現状と課題 1. 地方財政の財政の概要 地方財政の平成 23 年度決算は 歳入約 兆円 歳出 97.0 兆円となっている なお 借入金残高は約 兆円と依然と高い水準にある 国と地方における最終支出ベースにおける比率は 42:58 となって

資料 1 税財政制度を通じた論点 Ⅰ 現状と課題 1. 地方財政の財政の概要 地方財政の平成 23 年度決算は 歳入約 兆円 歳出 97.0 兆円となっている なお 借入金残高は約 兆円と依然と高い水準にある 国と地方における最終支出ベースにおける比率は 42:58 となって

・ 住民に身近な行政サービスを提供する基礎的自治体や広域行政を担う道州 が財政的に自立し必要な財源を確保するために、消費税を地方基幹税にす るなど、偏在性が小さく安定性を備えた税体系構築が必要ではないか。 ・ 我が国では、国税・地方税で課税ベースがかなり重複していることから、 その再構築検討あわせて、 地方歳入庁創設や国税 ・ 地方一体徴収、 特別徴収推進など地方を通じた徴税組織 ・ 徴収方法を検討することで、 納税者利便向上とともに、徴税コスト効率化を図るべきではないか。
さらに見せる

5 さらに読み込む

都市の現状と課題 ( 地方都市 ) 地方都市の現状と課題 多くの地方都市では 急速な人口減少と高齢化に直面し 地域の産業の停滞もあり活力が低下 住宅や店舗等の郊外立地が進み 市街地が拡散し 低密度な市街地を形成 厳しい財政状況下で 拡散した居住者の生活を支えるサービスの提供が将来困難になりかねない状

都市の現状と課題 ( 地方都市 ) 地方都市の現状と課題 多くの地方都市では 急速な人口減少と高齢化に直面し 地域の産業の停滞もあり活力が低下 住宅や店舗等の郊外立地が進み 市街地が拡散し 低密度な市街地を形成 厳しい財政状況下で 拡散した居住者の生活を支えるサービスの提供が将来困難になりかねない状

(2)このような状況中、「日本再興戦略」において定められた「コンパクトシティ実現」に向け、国土交通省 も連携を図りつつ、民間投資喚起を軸する中心市街地活性化を図ることが有効。 (1)中心市街地へ来訪者又は中心市街地就業者若しくは小売業売上高を相当程度増加させることを目指して 行う事業を認定し、重点支援することで民間投資を喚起する制度を新たに創設。

35 さらに読み込む

野村資本市場研究所|米国地方財政とカジノ-ラスベガスとアトランティック・シティの事例-(PDF)

野村資本市場研究所|米国地方財政とカジノ-ラスベガスとアトランティック・シティの事例-(PDF)

一方、アトランティック・シティ場合、観光等産業が低迷している状況を打開すべ く、1976 年にカジノ産業が合法化され、当初はカジノ産業が地域経済再生に寄与して いたものの、カジノ以外顧客も含めた誘致を意識した施設更新があまり行われないま ま、カジノ事業者収益構造でも非カジノ部門収益が伸び悩む状況が続いていた。その ような中、1990 年代から東海岸諸都市にカジノが創設され、カジノ産業における競争環境 激化が進み、地域経済全体が悪化していった。また、ラスベガスは異なり、人口は 1980 年代からほとんど増加しておらず、産業分散化もあまり進んでいない状況下、2000 年代後半からはカジノ施設閉鎖等が続いた。そのような中、アトランティック・シティ は元々歳入における財産税へ依存度が高かったが、課税評価額大幅な下落や異議申し 立て増加等に見舞われ、財政状況が急激に悪化、ニュージャージー州管理下で財政再 建を目指している。
さらに見せる

23 さらに読み込む

経済財政運営と改革の基本方針 2018 ~ 少子高齢化の克服による持続的な成長経路の実現 ~ 1 第 3 章 経済 財政一体改革 の推進 4. 主要分野ごとの計画の基本方針と重要課題 (3) 地方行財政改革 分野横断的な取組等 ( 国 地方の行政効率化 IT 化と業務改革 ) 自治体行政の様々な分野

経済財政運営と改革の基本方針 2018 ~ 少子高齢化の克服による持続的な成長経路の実現 ~ 1 第 3 章 経済 財政一体改革 の推進 4. 主要分野ごとの計画の基本方針と重要課題 (3) 地方行財政改革 分野横断的な取組等 ( 国 地方の行政効率化 IT 化と業務改革 ) 自治体行政の様々な分野

1 デジタル技術を徹底的に活用した行政サービス改革断行 (1) 行政サービス100%デジタル化 ④ マイナンバーカード普及利便性向上 マイナンバーカードは、住民誰もが取得できる唯一公的な身分証であり、住民基本台帳基本4情報(氏名、住所、生年月日及び性 別)関連付けて、間違いなく自分がその氏名、住所、生年月日、性別を有する本人であることを証明する「署名用電子証明書」、マイナ ンバーカード所有者本人同一人であることを証明する「利用者証明用電子証明書」2種類公的な電子証明書が入っていることで、 安心安全なデジタル社会を実現する上で基盤なるものである。
さらに見せる

9 さらに読み込む

宝くじの現状と課題について 平成 30 年 10 月 4 日 ( 木 ) 自治財政局地方債課長伊藤正志

宝くじの現状と課題について 平成 30 年 10 月 4 日 ( 木 ) 自治財政局地方債課長伊藤正志

一 国際交流その他地域国際化推進に係る事業 二 地方公共団体がその運営に相当程度関与する博覧会、見本市、展示会、文化行事その他催しであつて総務大臣が 当せん金付証票に係る市場状況等を勘案して指定するもの運営に係る事業又はその他催し運営助成に係る 事業

14 さらに読み込む

講義の内容 13 日 ( 火 ) 講義 地方自治体の財政運営と議員の役割 ~ 地方財政の現状と健全化法の概要 ~ (13:00~14:30) 関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科教授稲沢克祐氏内容 : 財政健全化法制定の経緯や法律の概要について 法制定から6 年が経過した今の自治体財政の現状や議員

講義の内容 13 日 ( 火 ) 講義 地方自治体の財政運営と議員の役割 ~ 地方財政の現状と健全化法の概要 ~ (13:00~14:30) 関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科教授稲沢克祐氏内容 : 財政健全化法制定の経緯や法律の概要について 法制定から6 年が経過した今の自治体財政の現状や議員

関西学院大学稲沢先生講義地方自治体財政運営議員役割」で は、自治体環境変化をヒト、モノ、カネストックサイクルとして捉えた説 明がなされた。つまり、ヒト面では、都市部へ人口流出は続くし高齢化も 進むため、財政的には税収減扶助費増加は避けられない。モノ面では公 共施設は老朽化するし、橋梁や上下水道維持管理費用は人口が減ったから いって簡単には減額できる性質ものではない。また人口密度小さい自治体 ほど負担割合が高いは言うまでもない。カネ面では、先程合併算定替 縮小や高齢者福祉等増加他、生活保護世帯増加、債権劣化による金利 負担増など多く不安要素が出てくる。このような状況下、稲沢先生は財政民 主主義という言葉で説明されたが、市民代表である議員が予算使い方を議 会で審査し承認していくこと重要性を説明された。
さらに見せる

8 さらに読み込む

RIETI - 中国地方財政制度の現状と問題点-近時の変化を中心に-

RIETI - 中国地方財政制度の現状と問題点-近時の変化を中心に-

○ “Recentralization in China?” Ehtisham Ahmad, Li Keping, Thomas Richardson, Raju Singh IMF Working Paper WP/02/168.[r]

56 さらに読み込む

RIETI - 地方財政の再設計:地方ガバナンス改革からの視点

RIETI - 地方財政の再設計:地方ガバナンス改革からの視点

1 コーポレート・ガバナンス定義についてはいまだ定説がなく、例えばアメリカ法律協会(ALI) が 1982 年に採択した「コーポレート・ガバナンス原理:分析勧告」「試案1」においては、こ 意味内容がまだ完全には固まっていないとして定義規定を置くことが見送られた経緯があり、 1992 年最終案においても定義は与えられていない。この点につき「コーポレート・ガバナンス−ア メリカ法律協会『コーポレート・ガバナンス原理:分析勧告』研究」(証券取引法研究会国際部 会訳編(1992))p.69 参照。ここでは、青木昌彦「比較制度分析に向けて」(2002)pp.305 にしたがい、 「コーポレート・ガバナンス制度を、プレイヤー間戦略的相互作用を統治する自己拘束的なメカニ ズムみなす。すなわち、コーポレート・ガバナンス・システムは、会社組織ドメインにおける、ス テークホルダー(投資家、労働者、そして経営者)状態依存的な行動選択を規定する(フォーマル、 ないしインフォーマルな)実効性をもつルール集合体である。」捉えることする。なお、青木、 前掲書 pp.303―304 では、コーポレート・ガバナンスについて伝統的な2つ視点として、シュライ ファーヴィシュニーによる定義(「コーポーレート・ガバナンスは、株式会社に資金を提供した投 資家が、いかにして投資収益を確保するか、を扱うもの」 )ティロールによる定義(「経営者がステー クホルダー厚生を内部化するように誘導ないし強制を図るような制度デザイン」)が紹介されてい る。
さらに見せる

51 さらに読み込む

イタリアにおける国と地方の役割分担

イタリアにおける国と地方の役割分担

財源は、① IRAP(レジョーネ生産活動税)、②IRPEF(レジョーネ個人所得税)、③ 付加価値税、④医療サービスによる収入(患者負担部分)4つなっている。 従来事業主負担保険料に代わり、 1997 年から IRPEF 一部により、また 1998 年から新たに創設した IRAP により賄うシステムし、更に、2001 年より従来か らレジョーネへ交付金(医療関係が主)に代えて、これを付加価値税一部を基金 にしてレジョーネ間財政調整を行うシステムにすることにより、医療に関し、レジ ョーネに対して財政面で責任を持たせることした。IRAP は分権化を柱する 1990 年代地方行政改革中で、レジョーネを課税団体する税目創設による財政 分権化を促進する同時に、医療保健行政実際単位であるレジョーネ自主財 源強化を念頭において導入されたものなっており 19 、医療費約 90%が IRAP で 賄われているレジョーネもある。
さらに見せる

62 さらに読み込む

ノルウェーにおける国と地方の役割分担

ノルウェーにおける国と地方の役割分担

地方自治法 60 条による監視 上記ように、毎年予算編成において「予算均衡化」が求められるとともに、財 政赤字(当該年度歳入をもって歳出をまかなえない)が生じた際には、2 年以内に 赤字を解消することが求められる。地方自治法 60 条 1 項基準に該当する赤字が解消 できな地方自治体は、監視下に置かれ、県知事(フィルケスマン)指導下、 財政再建を進めることになる。この監視下に置かれる地方自治体は、内務省ホ ームページ(ROBEK-register) http://odin.dep.no/krd/english/topics/robek/bn.html に登録さ れ、団体名が公表されている 30 。2006 年 3 月末時点において 86 2 つ県が登録 されている。
さらに見せる

70 さらに読み込む

ドイツにおける国と地方の役割分担

ドイツにおける国と地方の役割分担

いる。昨今経済構造大きな変動中で国内雇用伸び悩み、 「新たな貧困」呼ばれる社会構造上 問題により、社会扶助受給者数社会補助支出額が年々増加し、郡(郡格市)財政に悪い影響を与え ている。これら問題はおよそ地域郡(郡格市)レベルで解決可能ではないにもかかわらず、社会扶助 という「社会保障最後網」担い手が郡(郡格市)であることから、この負担大きさが重大な問題 指摘されている。そもそも社会扶助は、他社会保険では十分に対応できない、国民需要・困窮に対 する扶助保障、つまり補足的な社会給付であり、そのため社会扶助守備範囲は他社会保険制度内 容によって大きく変わりうる。昨今高失業率下で失業保険給付期間を過ぎ、なおかつ旧失業扶助で は十分な生活費を得られないような場合、社会扶助がこれら制度に対する補足的役割を果たすことにな るため、失業保険や失業扶助制度次第では「最後網」にかかる受給者が増えていくことになる。こう した失業保険社会扶助負担関係について、地方公共団体やその関係団体が絶えず苦言を呈してきてい た。
さらに見せる

65 さらに読み込む

イギリスにおける国と地方の役割分担

イギリスにおける国と地方の役割分担

現実問題に対応できていない考える立場については共有している考えられるか らである。 保守党政権は,二層制が現状にあっていないという理由で,首相がサッチャーから メイジャーに変わっても同様地方行政制度改革を続けた。この改革は 1991 年に出さ れた協議書( Green Paper) 3 提案に基づくものであり,サッチャー政権改革で二層 制が保持された非大都市圏カウンティディストリクトを統合して一層制地方団 体(ユニタリー) Unitary Authority が創設された。しかし,この改革は必ずしも徹底さ れたものではなく 4 ,1995 年以降 46 ユニタリーが作られた一方で,二層制も一部で 存続し,それまで県ディストリクト二層制であった地域では,①カウンティ内 全ディストリクトがおのおのユニタリーとして再編された地域,②従来どおりカウン ティディストリクト二層制が存続している地域,③カウンティ内いくつかデ ィストリクトのみがユニタリーなり,残りは二層制が存続する地域,三通り地 域が混在することなった。ユニタリーは比較的広大な領域を持つもの(East Riding of Yorkshire や North Lincolnshire)も存在するが,多くユニタリー領域大きさは大 都市ディストリクト Metropolitan District それほど変わらず,大都市制度として側 面も持っている考えられる。なお,このとき改革によって,イングランド以外 地域については現在ところ基本的に一層制なっている。
さらに見せる

59 さらに読み込む

フランスにおける国と地方の役割分担

フランスにおける国と地方の役割分担

1.2.2. 上院(Sénat) 上院議員は地方団体を代表する議員で、間接選挙によって選出されることが共和 憲法第 24 条によって定められている。上院議員定数は 346 人(デパルトマン選出議 席数 326 議席、ニューカレドニアを含む海外領土 8 議席、外国定住フランス人代表 12 議席 )、被選挙権は 30 歳以上国民、任期は 6 年間で、3 年ごとに半数議員が改選 される 11 。上院議員は、国民議会議員、レジオン議会議員及びデパルトマン議会議員 全員並びにコミューン議会代表で構成される選挙人間接投票によって選ばれる。 2001 年 9 月に行われた上院議員選挙時選挙人は、該当選挙区下院議員 178 人、レ ジオン議会代表 583 人、デパルトマン議会代表 1,401 人、コミューン代表が 47,534 人 であった。国民議会上院はほぼ対等権限を有しているが、予算及び社会保障財政 に関する事項は国民議会に先議権があるほか、国民議会は内閣に対する不信任決議権 をもち、解散もある。国民議会上院で意見が一致しない場合には、首相要請で両 院協議会が開かれ、そこでも一致しない場合には下院に最終的な決議権が与えられる。 2003 年憲法改正により、地方団体及び国外在住フランス人に関する法案については 上院に先議権が与えられている。
さらに見せる

96 さらに読み込む

Show all 10000 documents...