営に関する基準については,

Top PDF 営に関する基準については,:

退職給付に関する新会計基準の取り扱いについて

退職給付に関する新会計基準の取り扱いについて

3-3.イールドカーブについて イールドカーブにおける金利  「イールドカーブの設定に当たって、市場の個々 の債券の利回りをもとに、 スポットレート を推計す ることによって得られるイールドカーブを使用する 方法が標準的と考えられる。・・・スポットレートの 推定をせず、生の市場利回りを用いても良いと誤 解されることが考えられる。・・・」 (ASBJ宛提出した 「退職給付に関する会計基準(案)」等に対するコメント ~2 《結論の背景》①(第94項)~、社団法人日本年金数理人会、 社団法人日本アクチュアリー会、2010年5月)
さらに見せる

29 さらに読み込む

09★指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準について

09★指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準について

第4 運営に関する基準 1 内容及び手続の説明及び同意 基準省令第4条、指定介護老人福祉施設、入所者に対し適切な指定介護福祉施設サービス を提供するため、その提供の開始に際し、あらかじめ、入所申込者又はその家族に対し、当該指 定介護老人福祉施設の運営規程の概要、従業者の勤務体制、事故発生時の対応、苦情処理の体制 等の入所申込者がサービスを選択するために必要な重要事項について、わかりやすい説明書やパ ンフレット等の文書を交付して懇切丁寧に説明を行い、当該施設から指定介護福祉施設サービス の提供を受けることにつき同意を得なければならないこととしたものである。なお、当該同意に ついては、入所者及び指定介護老人福祉施設双方の保護の立場から書面によって確認することが 望ましいものである。
さらに見せる

6 さらに読み込む

水質環境基準水質環境基準は 人の健康を保護し 生活環境を保全するうえで維持されることが望ましい基準として 環境基本法に基づいて定められており 人の健康の保護に関する基準 ( 健康項目 ) と 生活環境の保全に関する基準 ( 生活環境項目 ) があります (1) 人の健康の保護に関する環境基準 ( 健

水質環境基準水質環境基準は 人の健康を保護し 生活環境を保全するうえで維持されることが望ましい基準として 環境基本法に基づいて定められており 人の健康の保護に関する基準 ( 健康項目 ) と 生活環境の保全に関する基準 ( 生活環境項目 ) があります (1) 人の健康の保護に関する環境基準 ( 健

水質環境基準 水質環境基準、人の健康を保護し、生活環境を保全するうえで維持されること が望ましい基準として、環境基本法に基づいて定められており、人の健康の保護に 関する基準(健康項目)と、生活環境の保全に関する基準(生活環境項目)があり ます。

6 さらに読み込む

目次 項目 P 1 人員 設備 運営基準について 1 人員 設備に関する基準 8 運営に関する基準 10 Q&A 集 人員 設備 運営基準編 17 2 介護報酬の基準について 21 < 加算 減算 > 24 Q&A 集 介護報酬編 47 医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護

目次 項目 P 1 人員 設備 運営基準について 1 人員 設備に関する基準 8 運営に関する基準 10 Q&A 集 人員 設備 運営基準編 17 2 介護報酬の基準について 21 < 加算 減算 > 24 Q&A 集 介護報酬編 47 医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護

また、指定通所リハビリテーション(1時間以上2時間未満に限る)又は介護予防通所リ ハビリテーションが、保険医療機関において医療保険の脳血管疾患等リハビリテーション料、 廃用症候群リハビリテーション料、運動器リハビリテーション料又は呼吸器リハビリテーシ ョン料のいずれかを算定すべきリハビリテーションが同じ訓練室で実施されている場合に限 り、専ら当該指定通所リハビリテーション又は指定介護予防通所リハビリテーションの提供 に当たる理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士、医療保険の脳血管疾患等リハビリテー ション料、廃用症候群リハビリテーション料、運動器リハビリテーション料又は呼吸器リハ ビリテーション料のいずれかを算定すべきリハビリテーションに従事して差し支えない。た だし、当該従事者が指定通所リハビリテーションに従事していない時間帯について基準 第 111 条第 1 項第2号又は第2項の従事者の員数及び厚生労働大臣が定める基準(平成 27 年厚生労働省告示第 95 号)の 24 の2イの従業者の合計数に含めない。
さらに見せる

143 さらに読み込む

特 別 座 談 会 収益認識に関する 会計基準 案 のポイント 売上計上基準はどう変わるのか 2017年 7月 ASBJより公開草案 収益認識に関する会計基準 案 等が公表されました これは 売上計上に関 する包括的な会計基準の草案です わが国においては収益認識に関する包括的な会計基準が設定されてい

特 別 座 談 会 収益認識に関する 会計基準 案 のポイント 売上計上基準はどう変わるのか 2017年 7月 ASBJより公開草案 収益認識に関する会計基準 案 等が公表されました これは 売上計上に関 する包括的な会計基準の草案です わが国においては収益認識に関する包括的な会計基準が設定されてい

矢農 理恵子 (やのう りえこ) 公認会計士、PwCあらた有限責任監査法人 アカウンティング・サポート部長 パートナー 金融機関等の監査およびアドバイザリー業務に携わった後、法人内での会計 に関する相談業務に従事。2012年より会計に関する相談業務のリーダーを 務める。グローバル・アカウンティング・コンサルティング・サービス・グルー プのパートナーとして、グローバルおよび国内にて、IFRS 関連業務にも関与。 企業会計基準委員会(ASBJ) 実務対応専門委員会専門委員および企業結合 専門委員会専門委員など。著書に「プラクティスIFRS」 (中央経済社)、 「IFRS 解説シリーズⅡ 連結」 (第一法規)など。
さらに見せる

9 さらに読み込む

住宅部分の外壁 窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基準 ( 平成 28 年国土交通省告示第 266 号 ) における 同等以上の評価となるもの の確認方法について 住宅部分の外壁 窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基準 (

住宅部分の外壁 窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基準 ( 平成 28 年国土交通省告示第 266 号 ) における 同等以上の評価となるもの の確認方法について 住宅部分の外壁 窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基準 (

住宅部分の外壁、窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基 準(平成 28 年国土交通省告示第 266 号)(以下「住宅仕様基準」という。)の 2 一次エネルギー消費量 に関する基準、暖房、冷房、全般換気、照明及び給湯(以下、 「各用途」)のそれぞれの設備につい て、住宅仕様基準で示す設備仕様(以下、 「標準仕様」という。)に該当すること、または、建築物エネ ルギー消費性能基準等を定める省令における算定方法等に係る事項(平成 28 年国土交通省告示第 265 号)(以下「算出告示」という。)において、標準仕様と同等以上の評価となるものを要件としている。 ここで、 「同等以上の評価となるもの」の確認(以下「同等性確認」という。)の方法について解説す る。
さらに見せる

19 さらに読み込む

01 初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則の運用について

01 初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則の運用について

5 この条の第2項第1号の基準期間の6分の1に相当する期間の日数及 び同項第2号の基準期間の2分の1に相当する期間の日数、勤務時間 条例に規定する週休日及び休日(代休日を指定されて、当該休日に割り 振られた勤務時間の全部を勤務した職員にあつて、当該休日に代わる 代休日)を除いた現日数の6分の1又は2分の1の日数(その日数に1 日未満の端数があるとき、これを1日に切り上げた日数)とする。ま た、職員の勤務しなかつた時間のうち1時間を単位とする病気休暇等の 時間を日に換算するとき、7時間45分をもつて1日とし、換算の結 果を合計した後に1日未満の端数を生じたとき、これを切り捨てる。 なお、職員の勤務時間、休日及び休暇に関する規則(昭和35年岡山 県人事委員会規則第16号)第2条第1項の規定により勤務時間が1日 につき7時間45分となるように割り振られた日又はこれに相当する日 以外の勤務日について、日を単位とせず、時間を単位として取り扱い、 それを日に換算するとき、7時間45分をもつて1日とするものとす る。
さらに見せる

16 さらに読み込む

05★指定居宅サービス等及び指定介護予防サービス等に関する基準について

05★指定居宅サービス等及び指定介護予防サービス等に関する基準について

ン事業所と併設の関係にある特別養護老人ホーム、社会福祉施設等における指定通所介護の 機能訓練室等との関係について、第3の六の2の(4)を参照されたい。 ただし、保険医療機関が医療保険の脳血管疾患等リハビリテーション料、運動器リハビリ テーション料又は呼吸器リハビリテーション料を算定すべきリハビリテーションの届出を行 っており、当該保険医療機関において、指定通所リハビリテーション(1時間以上2時間未 満に限る)又は指定介護予防通所リハビリテーションを実施する場合に、医療保険の脳血 管疾患等リハビリテーション料、廃用症候群リハビリテーション料、運動器リハビリテーシ ョン料又は呼吸器リハビリテーション料を算定すべきリハビリテーションを受けている患者 と介護保険の指定通所リハビリテーション又は指定介護予防通所リハビリテーションの利用 者に対するサービス提供に支障が生じない場合に限り、同一のスペースにおいて行うことも 差し支えない。この場合の居宅基準第 112 条第1項の指定通所リハビリテーションを行うた めに必要なスペース、医療保険のリハビリテーションの患者数に関わらず、常時、3平方 メートルに指定通所リハビリテーションの利用者数(指定通所リハビリテーションの事業と 指定介護予防通所リハビリテーションの事業とが同一の事業所において一体的に運営されて いる場合にあって、指定通所リハビリテーションの利用者数と指定介護予防通所リハビリ テーションの利用者数の合計数)を乗じた面積以上とする。
さらに見せる

41 さらに読み込む

「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」の一部改正について

「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」の一部改正について

介護予防負担金収 入(一般) 介護保険の居宅介護料で介護予防負担金収入(一般)をいう。 (介護保険法の給付等に関する省令・告示に規定する介護予防訪問入浴費、介護予防 短期入所生活介護費、介護予防訪問看護療養費等の利用者負担額のうち、一般分) ※会計基準省令第1号第1~第3様式、第2号第1~第3様式、勘定科目の大区分のみを記載するが、必要のないもの省略することができ る。ただし追加・修正できないものとする。会計基準省令第1号第4様式、第2号第4様式、勘定科目の小区分までを記載し、必要のない勘 定科目省略できるものとする。また、会計基準省令第3号第1~第4様式、勘定科目の中区分までを記載し、必要のない中区分の勘定科目 省略できるものとする。
さらに見せる

71 さらに読み込む

基準 は 属性基準 ( Attribute Standards) と 実施基準 ( Performance Standards) の2つの部分から成る 属性基準 は 内部監査を実施する組織や個人の属性に関するものである 実施基準 は 内部監査の業務の内容を明らかにするとともに 内部監査業務の実施状況

基準 は 属性基準 ( Attribute Standards) と 実施基準 ( Performance Standards) の2つの部分から成る 属性基準 は 内部監査を実施する組織や個人の属性に関するものである 実施基準 は 内部監査の業務の内容を明らかにするとともに 内部監査業務の実施状況

2420 ─ 伝達の品質 伝達、正確、客観的、明確、簡潔、建設的、完全かつ適時なものでなければならない。 解釈指針: 「正確な」伝達と、誤りや歪曲がなく、基礎となる事実に忠実なものである。「客観的な」伝達と 、公正不偏なものであり、すべての関連する事実と状況についての公正でバランスのとれた評価 の結果である。「明確な」伝達と、容易に理解でき、論理的で、不必要な専門用語を排除し、すべ ての重要性が高くかつ関連する情報を提供するものである。「簡潔な」伝達と、要領を得たもので、 不必要に綿密、詳細、冗長でなく、言い回しがくどくないものである。「建設的な」伝達と、内部 監査(アシュアランスおよびコンサルティング)の個々の業務の依頼者や、組織体に役立つもので、 必要な場合に改善をもたらすものである。「完全な」伝達と、対象の読者にとって非常に重要な 事柄を欠くことがなく、改善のための提言と結論を裏付けるすべての重要性が高くかつ関連する情 報と発見事項を含むものである。「適時な」伝達と、時宜を得たかつ目的にかなうものであって、 課題の重大性に応じて、経営管理者が適切な改善措置をとることができるようにするものである。
さらに見せる

30 さらに読み込む

都市計画法に基づく熊谷市における審査基準等 開発許可等に関する手数料・審査基準等について:熊谷市ホームページ

都市計画法に基づく熊谷市における審査基準等 開発許可等に関する手数料・審査基準等について:熊谷市ホームページ

法第42条 何人も、開発許可を受けた開発区域内において、第36条第3項の公 告があった後、当該開発許可に係る予定建築物等以外の建築物又は特定 工作物を新築し、又は新設してならず、また、建築物を改築し、又はそ の用途を変更して当該開発許可に係る予定の建築物以外の建築物として ならない。ただし、都道府県知事が当該開発区域における利便の増進上若 しく開発区域及びその周辺の地域における環境の保全上支障がないと認 めて許可したとき、又は建築物及び第一種特定工作物で建築基準法第88 条第2項の政令で指定する工作物に該当するものにあって、当該開発区 域内の土地について用途地域等が定められているとき、 この限りでない。 2 国が行なう行為について、当該国の機関と都道府県知事との協議が成
さらに見せる

73 さらに読み込む

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準について 平成30年度介護報酬改定について | 浦添市

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準について 平成30年度介護報酬改定について | 浦添市

なお、利用者の課題分析(第6号)から担当者に対する個別サービス計画の提出依頼(第 12 号)に掲げる一連の業務について基準第1条の2に掲げる基本方針を達成するために必要 となる業務を列記したものであり、基本的にこのプロセスに応じて進めるべきものであるが、 基準第4条、基本理念としての高齢者自身によるサービス選択を具体化したものである。 利用者指定居宅サービスのみならず、指定居宅介護支援事業者についても自由に選択できる ことが基本であり、指定居宅介護支援事業者、利用申込があった場合に、あらかじめ、当 該利用申込者又はその家族に対し、当該指定居宅介護支援事業所の運営規程の概要、介護支援 専門員の勤務の体制、秘密の保持、事故発生時の対応、苦情処理の体制等の利用申込者がサー ビスを選択するために必要な重要事項を説明書やパンフレット等の文書を交付して説明を行 い、当該指定居宅介護支援事業所から居宅介護支援を受けることにつき同意を得なければなら ないこととしたものである。なお、当該同意について、利用者及び指定居宅介護支援事業者 双方の保護の立場から書面によって確認することが望ましいものである。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1 人員 設備 運営基準について 基準 指定通所リハビリテーション事業者 ( 指定介護予防通所リハビリテーション事業者 ) は 山梨県指定居宅サービス等の事業に関する基準等を定める条例及び山梨県指定介護予防サービス等の事業に関する基準等を定める条例に従い 要介護者 ( 要支援者 ) の心身の状況等に

1 人員 設備 運営基準について 基準 指定通所リハビリテーション事業者 ( 指定介護予防通所リハビリテーション事業者 ) は 山梨県指定居宅サービス等の事業に関する基準等を定める条例及び山梨県指定介護予防サービス等の事業に関する基準等を定める条例に従い 要介護者 ( 要支援者 ) の心身の状況等に

また、指定通所リハビリテーション(1時間以上2時間未満に限る)又は介護予防通所リ ハビリテーションが、保険医療機関において医療保険の脳血管疾患等リハビリテーション料、 廃用症候群リハビリテーション料、運動器リハビリテーション料又は呼吸器リハビリテーシ ョン料のいずれかを算定すべきリハビリテーションが同じ訓練室で実施されている場合に限 り、専ら当該指定通所リハビリテーション又は指定介護予防通所リハビリテーションの提供 に当たる理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士、医療保険の脳血管疾患等リハビリテー ション料、廃用症候群リハビリテーション料、運動器リハビリテーション料又は呼吸器リハ ビリテーション料のいずれかを算定すべきリハビリテーションに従事して差し支えない。た だし、当該従事者が指定通所リハビリテーションに従事していない時間帯について基準 第 111 条第 1 項第2号又は第2項の従事者の員数及び厚生労働大臣が定める基準(平成 27 年厚生労働省告示第 95 号)の 24 の2イの従業者の合計数に含めない。
さらに見せる

142 さらに読み込む

「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の取扱いについて」の一部改正について

「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の取扱いについて」の一部改正について

社 会福祉法人 の会計処理 について 、「 社会福祉法 人会計基準 」(平 成 28 年 厚生労働 省令 第 79 号)及び「 社会福祉法人 会計基準の 制定に伴う 会計処理等 に関する運 用上の取 扱い について」 (平成 28 年 3 月 31 日付け雇 児発 0331 第 15 号・社 援発 0331 第 39 号・ 老発 0331 第 45 号、 厚生労働省雇 用均等・児 童家庭局長 、厚生労働 省社会・援 護局長、 厚 生労 働省 老健 局長 連名 通知 )に より 定めて いる とこ ろで ある が、 今般 、「 社会 福祉法 人会 計基準の一 部を改正す る省令」( 平成 30 年厚生 労働省令第 25 号)により 、退職共 済 事業 等に 係る 会計 処理 の明 確化 のた め、新 たな 勘定 科目 が追 加さ れた こと に伴 い、当 職 通知 につ いて 別添 のと おり 改正 し、 本年4 月1 日よ り適 用す るこ とと した ので 通知す る。
さらに見せる

63 さらに読み込む

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

1 地域包括ケア病棟入院料1及び地域包括ケア入院医療管理料1の施設基準 (1) 特定機能病院(医療法(昭和23年法律第205号)第4条の2第1項に規定する特定機能病院 をいう。以下同じ。)以外の保険医療機関であること。 (2) 当該病棟又は病室を含む病棟において、1日に看護を行う看護職員の数、常時、当該病 棟の入院患者の数が13又はその端数を増すごとに1以上であること。ただし、当該病棟又は 病室を含む病棟において、1日に看護を行う看護職員が本文に規定する数に相当する数以上 である場合に、当該病棟における夜勤を行う看護職員の数、本文の規定にかかわらず、 2以上であること。また、看護職員の最小必要数の7割以上が看護師であること。なお、注 2の届出を行う場合にあって、当該病棟又は病室を含む病棟において、1日に看護を行う 看護職員の数、常時、当該病棟の入院患者の数が15又はその端数を増すごとに1以上であ ること。ただし、当該病棟又は病室を含む病棟において、1日に看護を行う看護職員が本文 に規定する数に相当する数以上である場合に、当該病棟における夜勤を行う看護職員の数 、本文の規定にかかわらず、2以上であること。また、看護職員の最小必要数の4割以上 が看護師であること。
さらに見せる

384 さらに読み込む

季語 FOUR SEASONS 季語 JET SCOPE 噴水 雑音の強さに関する技術基準の解釈改正動向について 技術基準のワンポイントアドバイス電安法技術基準解釈の改正について 水は天より落ちて低きをめざし また天に帰る その輪廻の一時を過ごす地上では 命を育み 穢れを流し 清める き

季語 FOUR SEASONS 季語 JET SCOPE 噴水 雑音の強さに関する技術基準の解釈改正動向について 技術基準のワンポイントアドバイス電安法技術基準解釈の改正について 水は天より落ちて低きをめざし また天に帰る その輪廻の一時を過ごす地上では 命を育み 穢れを流し 清める き

委員会に上程され、別表第十二に新たに追加されるこ とが承認されました。  同様に別表第十の検討も電波雑音部会において行わ れました。別表第十の基準国内独自の規格ですが、 技術基準の性能規定化により解釈の国際整合規格への 移行が促進されたこと、また、電波法の関連省令等が CISPR11 に整合した形で改正されることから、J55011 を引用する形で改正案が作成され、平成 27 年3月 17 日に J55011 と同様に電気用品調査委員会に上程され、 改正することが承認されました。その後、同年5月 22 日に開催された産業構造審議会消費経済部会製品 安全小委員会においても、同様に承認されています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

untitled

金融商品に関する会計基準

(4)その他有価証券 基本的な捉え方 75. 子会社株式や関連会社株式といった明確な性格を有する株式以外の有価証券であって、 売 買目的又は満期保有目的といった保有目的が明確に認められない有価証券、 業務上の関係 を有する企業の株式等から市場動向によって売却を想定している有価証券まで多様な性 格を有しており、一義的にその属性を定めること困難と考えられる。このような売買目的 有価証券、満期保有目的の債券、子会社株式及び関連会社株式のいずれにも分類できない有 価証券(その他有価証券)について、個々の保有目的等に応じてその性格付けをさらに細 分化してそれぞれの会計処理を定める方法も考えられる。しかしながら、その多様な性格に 鑑み保有目的等を識別・細分化する客観的な基準を設けることが困難であるとともに、保有 目的等自体も多義的であり、かつ、変遷していく面があること等から、売買目的有価証券と 子会社株式及び関連会社株式との中間的な性格を有するものとして一括して捉えることが 適当である。
さらに見せる

26 さらに読み込む

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする

(ア) 予定建築物の建ぺい率,10分の6以下であること。ただし,福山市建築基準法施 行細則第6条の規定に適合する場合その規定に準ずることとする。 (イ) 予定建築物の高さ,原則として10メートル以下であること。 (4) 自己の生計を維持するために必要とする自己の業務の用に供する建築物であって,その経営 形態,運営管理上の観点から当該大規模既存集落において建築することがやむを得ないと認め られる合理的理由が存すること。この場合において自己の生計を維持するためと,定年,退 職等の事情がある場合等社会通念に照らし新規に事業を営むことがやむを得ないと認められ るものであること。
さらに見せる

16 さらに読み込む

リース取引に関する会計基準

リース取引に関する会計基準

結論の背景 経 緯 28. 我が国のリース取引に関する会計基準として、平成 5 年 6 月に企業会計審議会第一部 会から改正前会計基準が公表されている。改正前会計基準、ファイナンス・リース取 引について、通常の売買取引に係る方法に準じて会計処理を行うこととされており、そ の理由として、「リース取引に係る会計基準に関する意見書」(企業会計審議会第一部会 平成 5 年 6 月 17 日)で、「我が国の現行の企業会計実務において、リース取引、 その取引契約に係る法的形式に従って、賃貸借取引として処理されている。しかしながら、 リース取引の中に、その経済的実態が、当該物件を売買した場合と同様の状態にあると 認められるものがかなり増加してきている。かかるリース取引について、これを賃貸借取 引として処理すること、その取引実態を財務諸表に的確に反映するものといいがたく、 このため、リース取引に関する会計処理及び開示方法を総合的に見直し、公正妥当な会計 基準を設定することが、広く各方面から求められてきている。」と記載されている。 29. 改正前会計基準、法的に賃貸借取引であるリース取引について、経済的実態に着
さらに見せる

11 さらに読み込む

「介助犬の訓練基準に関する検討会報告書」について

「介助犬の訓練基準に関する検討会報告書」について

平成14年6月21日 「介助犬の訓練基準に関する検討会報告書」について  厚生労働省において、身体障害者補助犬法の施行に当たり、良質な身体障害者補助犬を 育成するため、介助犬育成団体の代表者を中心に、関係各方面の学識経験者からなる「介助 犬の訓練基準に関する検討会」を設置し、介助犬の訓練基準の策定についての検討を行って きたところですが、今般、同検討会より、介助犬訓練のための一定のガイドラインとして 「介助犬訓練基準」がとりまとめられ、「介助犬の訓練基準に関する検討会報告書」として 報告がなされましたので、情報提供いたします。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...