品質保証の対象は「動くソフトウェア」

Top PDF 品質保証の対象は「動くソフトウェア」:

製品 サービスの安全 安心 > マネジメントアプローチ ASQUA 味の素グループは 独自の品質保証システム ASQUA( アスカ :Ajinomoto System of Quality Assurance) を国内外で運用しています ASQUA( アスカ ) は 品質マネジメントシステムの国際規

製品 サービスの安全 安心 > マネジメントアプローチ ASQUA 味の素グループは 独自の品質保証システム ASQUA( アスカ :Ajinomoto System of Quality Assurance) を国内外で運用しています ASQUA( アスカ ) は 品質マネジメントシステムの国際規

 海外グループ従業員向けに、 「ASQUA(アスカ) スクール」 ※2 をタイ、ベトナム、ナイジェリ アで実施したほか、地域本部など品質保証部門長候補などを対象とした「RQM ※3 トレーニ ングコース」 を新たに開催しました。今回タイ、 ブラジルから4名が参加し、約1週間日程で、 品質保証統括業務を行う上で必要とされる基本的な考え方、知識などを習得しました。また、 地域本部である味の素アセアン地域統括社が担当地域各社品質保証マネージャーを対 象とした「アセアン品質保証セミナー」 を新たに開催し、10カ国より23名が参加しました。  国内外グループ各社でも個別に品質教育を実施しており、2017年度味の素冷凍食品(株) でISO9001/2015勉強会、アグリスクール(農場管理、農薬管理フィールド研修と講義)、 ベトナム味の素社でHACCP勉強会、 タイ味の素社で品質監査勉強会、 ワンタイフーヅ社で フードディフェンス勉強会など、ニーズに合った品質教育を積極的に実施しました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

連絡先 : 日本アエロジル株式会社品質保証部鈴木茂 TEL: E mail : ( 品質保証部 ) ( 鈴木茂 ) 項目 概要 添付資料 備考 ( 測定方法等 ) 1.MSDS の添付 代

連絡先 : 日本アエロジル株式会社品質保証部鈴木茂 TEL: E mail : ( 品質保証部 ) ( 鈴木茂 ) 項目 概要 添付資料 備考 ( 測定方法等 ) 1.MSDS の添付 代

2011 TLVs and BEIs (ACGIH) 本安全データシート(SDS)、現時点で入手できる最新資料、データに基づいて作成しており、新しい知見に より改訂されることがあります。またSDS中注意事項通常取扱いを対象にしたものです。取扱い 用途、使用法に適した安全対策を実施してください。本SDS情報を提供するものであり、記載内容を保証する ものでありません。

65 さらに読み込む

専有サービス SLA(品質保証制度)

専有サービス SLA(品質保証制度)

また専有サービスと一体で導入していただいている共有ファイアウォールサービスと専有ファイアウォール サービスについて適用となります。 ※但し、MDEOサービス除く。 ※共有ファイアーウォールサービスによる障害除く。 ●OSについて、当社標準提供しているOSが対象となり、 その標準提供OS当社へサポート範囲と同一となります。

8 さらに読み込む

GMP 第一三共株式会社信頼性保証本部品質保証部清水直樹

GMP 第一三共株式会社信頼性保証本部品質保証部清水直樹

•  遵守状況について自己点検や外部監査機会を 捉えて逐次確認、改善を実施 •  参考品を保管する出発原料、中間体等対象品目 をリスト化し、保管を開始( 2013年1月~)

24 さらに読み込む

安全のために ( 必ずお読みください ) 目次 品質保証に関して本機は SAMSON 日本総代理店株式会社オールアクセスが購入後 1 年以内の品質保証を行っております 修理の際は 購入時の保証書 ( 購入期日及び販売店捺印必須 ) を提示の上 お近くの販売店に御依頼下さい 保証書の提示が無い場合 保

安全のために ( 必ずお読みください ) 目次 品質保証に関して本機は SAMSON 日本総代理店株式会社オールアクセスが購入後 1 年以内の品質保証を行っております 修理の際は 購入時の保証書 ( 購入期日及び販売店捺印必須 ) を提示の上 お近くの販売店に御依頼下さい 保証書の提示が無い場合 保

トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20 スペシフィケーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21 品質保証に関して 本機、SAMSON 日本総代理店 株式会社オールアクセスが購入後1年以内品質保証を行っております。修理、購 入時保証書(購入期日及び販売店捺印必須)を提示上、お近く販売店に御依頼下さい。保証書提示が無い場合、保 証内であっても1年以内保証対象なりません。また、全て商品に、筐体内にシリアルナンバーが記入されています。 本書に記載された文章、図版、作品、全て「著作権」及びそれに付随する「著作隣接権」等諸権利を保有しています。弊社 では、内容を理解することを目的とする使用方法のみを許諾しております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

第7章 ソフトウェアの品質保証

第7章 ソフトウェアの品質保証

61 第 7 章 ソフトウェア品質保証 ソフトウェア品質保証内容 「ソフトウェア品質何か」という問題について、既に第 5 章で述べた。それでは「保 証」と何か。広辞苑第六版によれば、保証「大丈夫だ、確かだとうけあうこと」とある。 これに従えばソフトウェア品質保証、 「今対象としているソフトウェアについて、その品 質を誰かが使用する人などに大丈夫だ、確かだとうけあうこと」であることを意味している。 それではこれ、誰が、どのようにして行うだろうか。あるいは、こんなことがそもそも可 能なだろうか。この章でこういった立場から、ソフトウェア品質保証問題を考えてみ たい。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第2部 ソフトウェアの品質について

第2部 ソフトウェアの品質について

「・・・品質セックスと共通しています。例えば、だれもそれにいやといいません(もち ろん、ある条件もとにですが) 。そういった話したがらないものの、だれもが、そういった ことよく知っていると思っています。そして、だれでもそれを実行する自然赴くまま でよいと考えています(とにかく何とかやり遂げます) 。問題あるものの、その問題、自分 うまくやっているので自分に関係ないし、他人がその問題を引き起こしていると考えてい る人が多いものです(他人も時間をかけて、正しい行動をとってくれたならば、と心中で考 えています) 。・・・」
さらに見せる

8 さらに読み込む

特別コース 特別コース : ソフトウェア品質保証の基礎 活動報告 Report on Basic Course in Software Quality Assurance 主査 : 池田浩明 ( インテック ) 副主査 : 真野俊樹 (NEC システムテクノロジー ) 藤原雅明 ( 東芝ソリューショ

特別コース 特別コース : ソフトウェア品質保証の基礎 活動報告 Report on Basic Course in Software Quality Assurance 主査 : 池田浩明 ( インテック ) 副主査 : 真野俊樹 (NEC システムテクノロジー ) 藤原雅明 ( 東芝ソリューショ

2002 年度に本コースを設置して以来、毎年 2-30 名大所帯で活動を進めている。参加者動機、約 半数が品質保証部門へ異動などにより、ソフトウェア品質保証品質改善を基礎から学びたいというも であり、残り半数すでにソフトウェア品質保証に取り組んでおり、今抱えていて課題や悩み解決 糸口を探りたいというものである。本コースでソフトウェア品質保証基礎を学んだ参加者が翌年別 分科会に参加するケースも多く、研究会全体なかでエントリーコースとしても位置づけられる。 本稿で、今年度特別コース活動概要と評価について報告する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

同 R and RExcel  ソフトウェア品質技術者のための「データ分析勉強会」

同 R and RExcel ソフトウェア品質技術者のための「データ分析勉強会」

を実行します。別画面が開くので(図 3)、計 算結果を保存している変数 v1 値をコピーす るように指示すると(R expression ボックス に「v1」を入力し、 [OK]ボタンを押します)、 セル A2 に計算結果が返されます(セル幅等 によって、表示される桁数異なります)。  上記例で、実行した R コード 1 セ ル(1 行)分でしたが、複数セルに入力した コードを一度に実行することも可能です(図 2)。たとえば、乱数種を「123」に設定し (関数 set.seed が該当)、一様乱数を 1 つ生成 させてみましょう(関数 runif が該当)。セル A4 に「set.seed(123)」、セル A5 に「v2<- runif(1) 」とそれぞれ入力します。次に、セ ル A4 から A5 範囲を選択して右クリックし、 「Run code」を実行します。そして、セル A6
さらに見せる

6 さらに読み込む

Synergyソフトウェア品質ハンドブック

Synergyソフトウェア品質ハンドブック

6. 当社製品をご使用、最新製品情報(データシート、ユーザーズマニュアル、アプリケーションノート、信頼性ハンドブックに記載「半導体デバイス使 用上一般的な注意事項」等)をご確認上、当社が指定する最大定格、動作電源電圧範囲、放熱特性、実装条件その他指定条件範囲内でご使用ください。指 定条件範囲を超えて当社製品をご使用された場合故障、誤動作不具合および事故につきまして、当社、一切その責任を負いません。 7. 当社、当社製品品質および信頼性向上に努めていますが、半導体製品ある確率で故障が発生したり、使用条件によって誤動作したりする場合がありま す。また、当社製品、データシート等において高信頼性、Harsh environment向け製品と定義しているものを除き、耐放射線設計を行っておりません。仮に当社 製品故障または誤動作が生じた場合であっても、人身事故、火災事故その他社会的損害等を生じさせないよう、お客様責任において、冗長設計、延焼対策設 計、誤動作防止設計等安全設計およびエージング処理等、お客様機器・システムとして出荷保証を行ってください。特に、マイコンソフトウェア、単独 で検証困難なため、お客様機器・システムとして安全検証をお客様責任で行ってください。
さらに見せる

50 さらに読み込む

COPYRIGHT (C) 2016 SQIP ソフトウェア品質保証部長の会 ALL RIGHTS RESERVED 謝辞 以下の方々にご協力をいただきました この場を借りてお礼申し上げます アンケートに協力頂いた 部長の会の皆様 セキュリティ品質の確保 についてご講演いただいた 株式会社神戸デジタ

COPYRIGHT (C) 2016 SQIP ソフトウェア品質保証部長の会 ALL RIGHTS RESERVED 謝辞 以下の方々にご協力をいただきました この場を借りてお礼申し上げます アンケートに協力頂いた 部長の会の皆様 セキュリティ品質の確保 についてご講演いただいた 株式会社神戸デジタ

脆弱性 90%以上がSQLインジェクション • 2016年05月14日 15時03分 中国ハッカーサイトが今年2月以降、セキュリティーに穴(脆弱性)ある 日本公的機関や企業サイト名100件以上 を公表していることがわかった。 放置すればサイバー攻撃入り口にもなる危険な「穴」だが、日本で非公開 が原則だ。「公表されるとかえって攻撃者に狙われる」と関係者困惑するが、 危険を表面化させない日本対応が大量脆弱性放置につながっていると指 摘もある。 公表している、 中国セキュリティー専門家らが運営する脆 弱性報告サイト「 WooYun 」。ハッカーらが脆弱性を見つけて投稿し、一定
さらに見せる

25 さらに読み込む

同 R and RExcel  ソフトウェア品質技術者のための「データ分析勉強会」

同 R and RExcel ソフトウェア品質技術者のための「データ分析勉強会」

→「 ス ク リ プ ト に 名 前 を つ け て 保 存(Save script as)」として保存します。出力結果も同 じく「ファイル(File)」→「出力をファイル に保存(Save output as)」として保存します。 データセットについて、前回 4. ⑵で紹介 した手順で Excel 上に移すことができます。  なお、RExcel を利用したとしても、Excel 上 と R 上両データセット動的に結び付いて はいません。つまり、一方データセットを修 正しても、他方にその修正反映されません。 R 上データセットを修正したときに、上述 ようにそれ自体、あるいはデータセットを修 正したときスクリプトを保存するがよいで しょう。
さらに見せる

6 さらに読み込む

日本語版 R Script  ソフトウェア品質技術者のための「データ分析勉強会」

日本語版 R Script ソフトウェア品質技術者のための「データ分析勉強会」

一つ R オブジェクトを保護すれば、自動的に対応する SEXPREC 中ポインタが指す全て R オブジェクトが保護される。 PROTECT 呼び出しに責任を負うプログラマだけである。対応してマクロ UNPROTECT があ り、引数としてもはや不要になり保護を解除するオブジェクト数を int として与える。保護機構 スタックに基づく。したがって UNPROTECT(n) 保護されている直近 n 個オブジェクトを保 護解除する。 PROTECT と UNPROTECT へ呼び出し、ユーザコードが終了する際釣合が取れて いなければならない。 R もし管理がまずければ警告 "stack imbalance in .Call" (もしくは
さらに見せる

65 さらに読み込む

アトラスバレルSCT用量産モジュールの品質保証のシステム

アトラスバレルSCT用量産モジュールの品質保証のシステム

シリコンセンサー 4”ウェハーを用いる技術で製造されるので、一枚シリコンセンサー大きさ 6cm ×6cm 程度となる。実際に使用されるセンサー大きさ 63.96 mm×63.56 mm で厚 285 µ m である。その ためバレル SCT では合計 8448 枚シリコンセンサーをなるべく均等に隙間なく円筒状にならべる必要があ る。SCT で用いるシリコンセンサー片面読み出しため、二次元的な情報を得るために 2 組シリコンセ ンサーにステレオ角をつけて設置する。全ストリップから信号を読み出すために各ストリップと ASIC フロ ントエンドチップを電気的に接続しなければならない。この際、電気的性能ためにストリップと ASIC 短距離で電気的に接続するべきである。さらに、シリコンセンサー暗電流上昇による熱暴走を起こさな いために、シリコンセンサーや ASIC から熱を効率よく冷やさなければならない。
さらに見せる

57 さらに読み込む

ソフトウェア品質説明 平成25年6月公開 2

ソフトウェア品質説明 平成25年6月公開 2

対策として、逆に“使いにくく”する場合もある  ユーザビリティに関する国際規格IEC/IEC 62366  金融システム  株誤発注など、オペレータ操作ミス等により、金融機関や顧客が甚大な 損害を受けた事例多数(ユーザビリティ改善余地大)。

25 さらに読み込む

自己紹介 身分 ソフトウェア工学の研究者» 電気通信大学電気通信学部システム工学科» ちょっと 生臭い 研究 / ソフトウェアテストやプロセス改善など 先日までソフトウェアのよろず品質コンサルタント 専門分野 ソフトウェアテスト / プロジェクトマネジメント /QA/ ソフトウェア品質 /TQM 全

自己紹介 身分 ソフトウェア工学の研究者» 電気通信大学電気通信学部システム工学科» ちょっと 生臭い 研究 / ソフトウェアテストやプロセス改善など 先日までソフトウェアのよろず品質コンサルタント 専門分野 ソフトウェアテスト / プロジェクトマネジメント /QA/ ソフトウェア品質 /TQM 全

– 同時に、システム安全担当者、より深くソフトウェア開発にかかわり、 システム安全プロセスにソフトを取り込むようにしなければならない • ソフトウェア安全という概念無い – そのソフトウェアが動作するシステムという状況中でのみ、 ソフトウェア安全性を評価することができ

33 さらに読み込む

データ品質とスループットを保証する手段としてのアップストリーム FEC エラーと SNR

データ品質とスループットを保証する手段としてのアップストリーム FEC エラーと SNR

discards:MC5x20S ラインカードでだけ増分されます。 フレームそのものでなく、カード に特有さまざまなエラー条件によって廃棄されたパケットをリストします。 ● errors:エラー全体合計。これらうち多く重大なものでありません。 この値に カウントされるエラー、MC16C および MC28C など BCM3210 ベースカードに対する ものです。プリアンブルやユニーク ワードが正しく受信されなかった、割り当てアップスト リーム スロット数。受信した修正不可能なフレーム数。帯域幅「要求」コリジョ ン。「要求/データ」スロットでコリジョン(このタイプスロット Cisco CMTS にあ りません)。帯域幅「要求」際に受信した破損フレーム。「要求/データ」スロット際に 受信した破損フレーム。受信した破損レンジ要求数MC5x20 および MC28U など JIB ベ ースラインカード場合:何らかの理由で、Header Check Sequence(HCS)または巡回 冗長検査(CRC)によるエラーに分類されないアップストリーム側エラーフレーム。 HCS 問題が発生したアップストリーム フレーム。CRC エラーが発生したアップストリーム フレーム。受信した修正不可能な CW。帯域幅要求 IUC でコリジョン。
さらに見せる

15 さらに読み込む

_ソフトウェア品質保証部長の会_配布用

_ソフトウェア品質保証部長の会_配布用

「Moonwalking Bearに気づかない」 「放射線技師83%がゴリラを⾒逃した」 ⼈⾒たいモノしか⾒ない p ⼈無意識に専⾨性バイアスにとらわれる p 俯瞰的にものごとを捉える簡単でない p だからこそ“道具”(=⽅法論)が必要

65 さらに読み込む

自己紹介 氏名 : 誉田直美 ( ほんだなおみ ) 現職 : 日本電気 ソフトウェアエンジニアリング本部主席品質保証主幹上席ソフトウェアプロセス & 品質プロフェッショナル 略歴 : 日本電気株式会社入社以来 IT 系ミドルソフトウェア / 基本ソフトウェアなど汎用ソフトウェア製品の品質保証および

自己紹介 氏名 : 誉田直美 ( ほんだなおみ ) 現職 : 日本電気 ソフトウェアエンジニアリング本部主席品質保証主幹上席ソフトウェアプロセス & 品質プロフェッショナル 略歴 : 日本電気株式会社入社以来 IT 系ミドルソフトウェア / 基本ソフトウェアなど汎用ソフトウェア製品の品質保証および

用語定義 ▌ アジャイル開発  所定品質を確保したソフトウェアを,短期間で繰り返しリリースする手法 (出典:誉田直美、アジャイルと品質会計-プロジェクト高成功率を確保するハイブリッ ドアジャイルへ取り組み-、情報処理学会デジタルプラクティス、Vol.7 No.3、2016)

23 さらに読み込む

Show all 10000 documents...