否を判断する

Top PDF 否を判断する:

商標の類否判断の要件事実

商標の類否判断の要件事実

い,というのがその理由です。 これに対して,最高裁は,その商標が付された商品 について誤認・混同が生じないから商標は類似しない という東京高裁の判断否定しました。すなわち, 「商 標が類似のものであるかどうかは,その商標ある商 品につき使用した場合に,商品の出所について誤認混 同生ずる虞れがあると認められるかどうかというこ とにより判定すべきものと解するのが相当である」と いうわけです。そして,先ず商品の類判断基準に ついて,「指定商品が類似のものであるかどうかは, 原判示のように,商品自体が取引上誤認混同の虞れが あるかどうかにより判定すべきものではなく,それら の商品が通常同一営業主により製造又は販売されてい る等の事情により,それらの商品に同一又は類似の商 標使用するときは同一営業主の製造又は販売にかか る商品と誤認混同される虞れがあると認められる関係 にある場合には,たとえ商品自体が互いに誤認混同 生ずる虞がないものであっても,それらの商品は商標 法(大正 10 年法律 99 号)2 条 9 号にいう類似の商品 にあたると解するのが相当である」とし,次に「本件 においては『橘正宗』なる商標中『正宗』は清酒現 わす慣用標章と解され,『橘焼酎』なる『焼酎』は普 通名詞であるから,右両商標は要部共通するもので あるのみならず」として,「橘」という要部が共通す るとした上で,「原審の確定する事実によれば,同一 メーカーで清酒と焼酎との製造免許受けているもの が多いというのであるから,今『橘焼酎』なる商標 使用して焼酎製造する営業主がある場合に,他方で 『橘正宗』なる商標使用して清酒製造する営業主 があるときは,これらの商品は,いずれも『橘』じる しの商標使用して酒類製造する同一営業主から出 たものと一般世人に誤認させる虞れがあることは明ら かであって,それ故『橘焼酎』と『橘正宗』とは類似 の商標と認むべき」だ,という判断しました。
さらに見せる

13 さらに読み込む

必要に応じて精査することとする 恣意的な情報が検出された場合には 追加取材により裏付けをとることで価格評価の対象から除外するか否かを判断することとする また 重大な事項については速やかにスーパーバイザーおよび社長に報告することとする これらの検討事項および判断は各レポートチームの取材メモ チェックリ

必要に応じて精査することとする 恣意的な情報が検出された場合には 追加取材により裏付けをとることで価格評価の対象から除外するか否かを判断することとする また 重大な事項については速やかにスーパーバイザーおよび社長に報告することとする これらの検討事項および判断は各レポートチームの取材メモ チェックリ

取材した情報が少ない場合は、比較可能な関連する他の商品と整合性図るなど、追加取 材により裏付けとることで価格評価の対象から除外する判断することとする。 情報提供者に対しては、「メソドロジー」 WEB 上に公開することおよび協力要請する ことで、会社が定める価格評価方法上の条件満たすすべての市場情報提供するものと 期待している。情報提供者の情報が恣意的なものでないこと確認する必要がある場合は、 必要に応じてバックオフィスから情報得ること検討することとする
さらに見せる

18 さらに読み込む

米国情報 国際活動センターからのお知らせ 米国情報 2016 年 7 月 28 日 担当 : 外国情報部那須威夫 特許権者による特許製品の米国内外での制限付き販売は 米国特許権を消尽させるか否かについて判断した CAFC 判決の紹介 Lexmark International, Inc., v. I

米国情報 国際活動センターからのお知らせ 米国情報 2016 年 7 月 28 日 担当 : 外国情報部那須威夫 特許権者による特許製品の米国内外での制限付き販売は 米国特許権を消尽させるか否かについて判断した CAFC 判決の紹介 Lexmark International, Inc., v. I

国内においては消尽論であるから、特許権は消尽していない、との理論が成立しないためであろう。 Lexmark 判決は、消尽の有無のみについて争われ、再生産にあたるかかは争われていない。 特許権が消尽しているということになったら、再生産にあたるかかの議論があり得るのかもしれない。ただ し、 Jazz Photo 判決において、使い捨てカメラ修理調整(refurbish)する行為は再生産にはあたらないと判断さ れたことなどからして、米国においては一度販売されたものに対する修理等の行為が再生産にあたるとの判断 は難しいとの見方もある。本事件においてもそのような背景のもと、再生産の争点が争われなかったのかもし れない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

意匠の類否判断における需要者の意義と可能性 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

意匠の類否判断における需要者の意義と可能性 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

 平成 18 年改正により類判断の主体が明示されたこと が、意匠実務にどのような影響及ぼしているか、まず判 決文の表現ぶりへの影響調査しました(調査日:2014 年 5 月 30 日)。最高裁判所ウェブページの知的財産裁判例情 報データベースにおいて、意匠法第 3 条第 1 項第 3 号の類 判断が争われている事件について全文テキスト検索行 い、対象となる判決文中の判断主体の表現、A: 「看者」 「看
さらに見せる

2 さらに読み込む

113 判例研究 判示事項 債務超過の状態にある会社の取締役は 会社事業の整理(廃業)の要否や時期 方法などの判断を行うに当たっては 当該企業の業種業態 損益や資金繰りの状況 赤字解消や債務の弁済の見込みなどを総合的に考慮判断し 事業の継続または整理によるメリットとデメリットを慎重に比較検討し 総合

113 判例研究 判示事項 債務超過の状態にある会社の取締役は 会社事業の整理(廃業)の要否や時期 方法などの判断を行うに当たっては 当該企業の業種業態 損益や資金繰りの状況 赤字解消や債務の弁済の見込みなどを総合的に考慮判断し 事業の継続または整理によるメリットとデメリットを慎重に比較検討し 総合

して早期支払企図し、破産開始までX社が一括弁済求 めた形跡もなく、平成一七年度から二二年度までの間、買 掛残高は一七〇〇万円程度で推移していたことに照らせば、 A社の資金繰りが行き詰っていたとは認められない。③二、

13 さらに読み込む

したがって 監査人は 子会社及び関連会社の範囲の決定について 経営者による実質的な判断の合理性を確かめることになります Q2: 他の会社等の財務及び営業又は事業の方針を決定する機関 ( 意思決定機関 ) を支配しているか否かの判定は 具体的にはどのように行いますか A: 財務諸表等規則第 8 条第

したがって 監査人は 子会社及び関連会社の範囲の決定について 経営者による実質的な判断の合理性を確かめることになります Q2: 他の会社等の財務及び営業又は事業の方針を決定する機関 ( 意思決定機関 ) を支配しているか否かの判定は 具体的にはどのように行いますか A: 財務諸表等規則第 8 条第

投資事業組合が関連会社に該当すると判定された場合についても、同様に、通常の株 式会社における関連会社のケースと同様な監査手続実施する必要があります。 A:連結会計基準第7項ただし書きでは、他の企業の意思決定機関支配していることに 該当する要件満たしていても、財務上又は営業上若しくは事業上の関係からみて他の 企業の意思決定機関支配していないことが明らかであると認められる場合、当該他の 企業は子会社に該当しないものとしています。これ受けて、適用指針では、この例の 一つとして、「ベンチャーキャピタルなどの投資企業(投資先の事業そのものによる成 果ではなく、売却による成果期待して投資価値の向上目的とする業務専ら行う企 業)が投資育成や事業再生図りキャピタルゲイン獲得目的とする営業取引として、 又は銀行などの金融機関が債権の円滑な回収目的とする営業取引として、他の企業の 株式や出資有している場合において、連結会計基準第7項にいう他の企業の意思決定 機関支配していることに該当する要件満たしていても、次のすべて満たすような とき(ただし、当該他の企業の株主総会その他これに準ずる機関支配する意図が明確 であると認められる場合除く。)には、子会社に該当しないことにあたる。」とされ ています(適用指針第16項(4)参照)。
さらに見せる

16 さらに読み込む

1. 薬局のトリアージ 薬局で行うトリアージとは 医療機関を受診すべきか否か すなわち受診勧奨について判断することで す トリアージは薬剤師が行うセルフメディケーションの大前提となります 日本薬剤師会はトリアージ を以下のように説明しています 薬剤師は 体調のすぐれない方が薬局を訪れた際に 症状の訴

1. 薬局のトリアージ 薬局で行うトリアージとは 医療機関を受診すべきか否か すなわち受診勧奨について判断することで す トリアージは薬剤師が行うセルフメディケーションの大前提となります 日本薬剤師会はトリアージ を以下のように説明しています 薬剤師は 体調のすぐれない方が薬局を訪れた際に 症状の訴

*2 「軽症」と判断しても、患者さんに安易に「大丈夫」と言ってはいけません。いくら軽症にみえても、重症疾 患の初期である可能性は残ります。特に発症から間もない時期は不確定要素が多く注意が必要です。 2)全身状態と問診 重症度と緊急度把握するときに最優先されるのは「全身状態」です。全身状態とは患者さんの「全体 的な様子/雰囲気」ともいうべきものです。患者さん見て、患者さんと会話しながら、 「様子/雰囲気」捉 えます。例えば「グッタリしている」 、 「全く活気がない」、 「ゼイゼイしている」などと表現される「様子/ 雰囲気」です。 「様子/雰囲気」などと言えば、 「そんなのは曖昧だ」と批判があるかもしれませんが、決し て曖昧なものではありません。全身状態の観察は実臨床における基本中の基本です。
さらに見せる

25 さらに読み込む

に該当するか否かを確認するための照合についての手段及び基準 4 資産凍結等経済制裁の対象となる取引又は行為に該当するか否か明らかではない場合の判断基準及び判断後の対応等 資産凍結等経済制裁に関する外為法令を遵守するための具体的な事務手順が規定されているか (2) 資産凍結等経済制裁の内容の変更等にあ

に該当するか否かを確認するための照合についての手段及び基準 4 資産凍結等経済制裁の対象となる取引又は行為に該当するか否か明らかではない場合の判断基準及び判断後の対応等 資産凍結等経済制裁に関する外為法令を遵守するための具体的な事務手順が規定されているか (2) 資産凍結等経済制裁の内容の変更等にあ

ⅲ) 資産凍結等経済制裁対象の仕向送金ではないこと確認するため、必要情報 の把握は不可欠であるが、顧客の取引状況や経常的な送金内容の把握等による 顧客管理行っている場合において、電話回線等経由して顧客から送金受 け付けた際に顧客からの送金データに必要情報の一部が欠落しその把握が困 難なときは、当該必要情報の把握に代えて、顧客からの送金データと顧客管理 により把握しているデータと照合することにより、資産凍結等経済制裁対象 の仕向送金ではないことの確認ができることに留意する必要がある。ただし、 当該送金が必要情報の真偽に疑いがある場合等に該当するときは、売買契約 書、輸入許可書又は船荷証券等送金の理由となる資料の提示等求め、資産凍 結等経済制裁対象の仕向送金ではないことの確認行う必要がある。
さらに見せる

17 さらに読み込む

日開催の当社取締役会において 本公開買付けに関して賛同する旨を決議するとともに 当社株主の皆様が本公開買付けに応募するか否かについては 当社株主の皆様のご判断に委ねる旨を決議いたしました 本公開買付けは平成 26 年 2 月 4 日から平成 26 年 3 月 18 日まで実施されましたが 本日 当社

日開催の当社取締役会において 本公開買付けに関して賛同する旨を決議するとともに 当社株主の皆様が本公開買付けに応募するか否かについては 当社株主の皆様のご判断に委ねる旨を決議いたしました 本公開買付けは平成 26 年 2 月 4 日から平成 26 年 3 月 18 日まで実施されましたが 本日 当社

(注1) 「⑦ 大株主及び持株比率(平成 25 年9月 30 日現在) 」における持株比率の記載は、対象者の発行済株式総数に 対する所有株式数の割合(少数点以下第三位四捨五入)記載しております。 (注2) 上記⑧に記載の「所有割合」の計算においては、①対象者が平成 26 年2月3日に公表した平成 26 年3月期第3 四半期決算短信〔日本基準〕(連結)に記載された平成 25 年 12 月 31 日現在の発行済普通株式総数(13,512,870 株)に、新株予約権(2,700 個:対象者が平成 25 年6月 24 日に提出した第 162 期有価証券報告書に記載された 平成 25 年5月 31 日現在の新株予約権の数(2,730 個)に、平成 25 年6月1日から平成 25 年 12 月 31 日までの 変更(対象者によれば、平成 25 年6月1日から平成 25 年 12 月 31 日までに、新株予約権は 30 個減少していると のことです。 )反映した新株予約権の数)の目的となる対象者株式の数(135,000 株:本株式併合の影響反映 した株式数)加え、②上記平成 26 年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)に記載された平成 25 年 12 月 31 日現在対象者が所有する普通株式に係る自己株式数(17,255 株)控除した株式数(13,630,615 株)に係 る議決権の数(136,306 個)分母として計算しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

不当な差別的取扱いに相当するか否かについては, 個別の事案ごとに判断することになるが, 不当な差別的取扱いに当たり得る具体例として, 例えば, 次のようなものがある なお, 以下の例については, 要領第 8 条第 2 項で示した正当な理由が存在しないことを前提とする ( 障害を理由とする機会提供の拒

不当な差別的取扱いに相当するか否かについては, 個別の事案ごとに判断することになるが, 不当な差別的取扱いに当たり得る具体例として, 例えば, 次のようなものがある なお, 以下の例については, 要領第 8 条第 2 項で示した正当な理由が存在しないことを前提とする ( 障害を理由とする機会提供の拒

平成 25 年 6 月に制定された障害理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成 25 年法律第 65 号。以下「法」という。)は,障害者基本法(昭和 45 年法律第 84 号) の差別の禁止の基本原則具体化するものであり,全ての国民が,障害の有無によって 分け隔てられることなく,相互に人格と個性尊重し合いながら共生する社会の実現に 向け,障害者差別の解消推進すること目的としている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1 現地及び所有者等の調査現地調査及び所有者等の調査は 以下の記載順によらず事案に応じて判断するものとする ( 同時並行も可 ) 実施手順 現地調査 (1) 現地調査による空家等の状態の把握事案の発生を受け 当該事案に係る空家等が特定空家等に該当するか否かを判定するために必要な調査を行う 1 特定空

1 現地及び所有者等の調査現地調査及び所有者等の調査は 以下の記載順によらず事案に応じて判断するものとする ( 同時並行も可 ) 実施手順 現地調査 (1) 現地調査による空家等の状態の把握事案の発生を受け 当該事案に係る空家等が特定空家等に該当するか否かを判定するために必要な調査を行う 1 特定空

6 命令 【実施手順】 (1)命令の実施 ①次の場合において、法第14条第3項の規定に基づき命令実施する。 ・事前の通知に示した意見書の提出期限までに意見書の提出がなかった場合 ・事前の通知書の交付受けた日から5日以内に意見の聴取の請求がなかった場合 ・意見書又は意見聴取経てもなお当該命令措置が不当でないと認められた場合 ②命令は書面(ガイドライン参考様式4)により行い、次の事項明示する
さらに見せる

12 さらに読み込む

本日の議論 2 本日は 6 月に実施する以下の業務における需給バランスの評価における供給予備力の基準について ご議論いただく 供給計画とりまとめ (STEP0, 対象 : 第 1 年度 ~ 第 10 年度 ) 電源入札等の検討開始の要否判断のための需給バランス評価 (STEP1, 対象 : 第 1

本日の議論 2 本日は 6 月に実施する以下の業務における需給バランスの評価における供給予備力の基準について ご議論いただく 供給計画とりまとめ (STEP0, 対象 : 第 1 年度 ~ 第 10 年度 ) 電源入札等の検討開始の要否判断のための需給バランス評価 (STEP1, 対象 : 第 1

 過去の気温実績は、気象庁の平年気温算定の考え方 ※1 参考にしつつ、至近の気象状況の変化も反映され るよう、至近30カ年(S60~H26)の気象実績 ※2 対象とする ※1 気象庁の平年気温は、現在はS56年~H22年の30カ年のデータ基に算定されている ※2 至近30カ年の気温実績は、気象庁のウェブサイトより入手。なお、過去のデータのうち、当該時間帯の気温データが公表されていない場合 は、前後の時間帯の気温実績から推定
さらに見せる

40 さらに読み込む

公開買付価格の妥当性については意見を留保し 第一回公開買付けに応募するか否かについては 株主の皆様の判断に委ねること さらに 公開買付者によれば 第一回公開買付けが成立した場合には その決済が完了してから速やかに 公開買付者が第一回公開買付価格よりも高い価格での第二回公開買付けを実施する予定であるこ

公開買付価格の妥当性については意見を留保し 第一回公開買付けに応募するか否かについては 株主の皆様の判断に委ねること さらに 公開買付者によれば 第一回公開買付けが成立した場合には その決済が完了してから速やかに 公開買付者が第一回公開買付価格よりも高い価格での第二回公開買付けを実施する予定であるこ

当社は、電気機器や電子部品に使用されている材料・部品の金属めっき加工や化学処理加 工主たる業務とする電子機能材事業と、電線用導体などの伸線加工主たる業務とする電 気機能線材事業行っております。 当社の電子機能材事業は、金属めっき加工部門とフィルム・特殊機能材部門で構成されて おります。金属めっき加工部門では、携帯電話やパソコン、家電製品や自動車などに使用さ れているコネクタやコンデンサ、各種センサや半導体等の数多くの電子部品に要求されてい る半田付け性、耐腐食性、耐摩耗性、導電性、高周波特性、寸法精度などの機能や特性実 現すべく、金、銀、ニッケル、スズや3元合金(FCM-Ⅱ) (注1)などのめっき加工行 っており、販売先より支給された材料・部品へのめっき加工主たる業務としております。 フィルム・特殊機能材部門では、デジタル家電に代表される電気製品や電子機器の高機能化 と小型化の進展による電子部品の軽薄短小化ニーズに伴い、電子部品より軽く、薄く、小 さく、高密度とするために、各種の化学処理加工精密かつ微細に行ったフィルム基材・回 路開発し、多くの製品への応用可能としております。
さらに見せる

28 さらに読み込む

本入学試験に際し 出願資格に該当するか否か判断のつかない場合には 下記までFAXにてお問い合わせください 文書にて回答いたします ( 受付期間 :2012 年 9 月 3 日 ( 月 ) まで ) 出願資格について出願資格に関する問い合わせはFAXのみ受け付けます 青山学院大学広報入試センター入試課

本入学試験に際し 出願資格に該当するか否か判断のつかない場合には 下記までFAXにてお問い合わせください 文書にて回答いたします ( 受付期間 :2012 年 9 月 3 日 ( 月 ) まで ) 出願資格について出願資格に関する問い合わせはFAXのみ受け付けます 青山学院大学広報入試センター入試課

⑴ 出願期間 2012年9月15日(土)〜9月21日(金)郵送受付に限ります(締切日必着*)        * 9月21日(金)までに大学に到着したもの有効とします。ただし出願締切日に渋谷郵 便局に到着し、大学への配達時間が過ぎていて翌日に配達されたものは有効とします。        (注意)出願期間以前に到着した出願書類は、出願期間内に到着したものとみなします。             出願にあたっては十分ゆとりもって郵送してください。出願書類に不足・不備
さらに見せる

42 さらに読み込む

る行為 ( インターネットを通じて行われるものを含む ) であって 当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう 個々の行為が いじめ に当たるか否かの判断は 表面的 形式的にすることなく いじめられた児童生徒の立場に立つことが必要である この際 いじめには 多様な態様があることに

る行為 ( インターネットを通じて行われるものを含む ) であって 当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう 個々の行為が いじめ に当たるか否かの判断は 表面的 形式的にすることなく いじめられた児童生徒の立場に立つことが必要である この際 いじめには 多様な態様があることに

の指導によらずして良好な関係再び築くことができた場合等においては、 「いじめ」 という言葉使わず指導するなど、柔軟な対応による対処も可能である。ただし、こ れらの場合であっても、法が定義するいじめに該当するため、事案学校いじめ対策 組織(以下「生徒サポート拡大委員会」 )で情報共有することは必要となる。

5 さらに読み込む

意匠の類否判断における需要者の意義と可能性 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

意匠の類否判断における需要者の意義と可能性 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

 二つ目は、審査官による事実認定のうち、各部の 態様における共通点/差異点の認定が誤りである旨 の立論行うレベルである。特に、審査官が共通点 としている具体的態様について、そのうちの一部ま たは全部が差異点として認定されるべきである旨の 立論行うことはこのレベルに分類される。  三つ目は、審査官の事実認定のうち、基本的構成 における認定が誤りである旨の立論行うレベルで ある。一般に審査官は基本的構成が共通する意匠 引用するため、このレベルにおける反論が有効であ る事例は多くない。
さらに見せる

4 さらに読み込む

意匠の類否判断における需要者の意義と可能性 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

意匠の類否判断における需要者の意義と可能性 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

② 使用時(喫煙時)には、本願物品は手に持たれ、 またはテーブル上に載置されており、正面、背面、 平面、左側面および右側面の各態様が視覚観察 行う場合に観察されやすく、これらの部分におけ る差異点は注意引きやすい。また、側面四隅の 面取り部(審査官は「切り欠き部」と呼称)は、使 用時に最も指に触れ易く、使い勝手の観点から注 意引き、かつ、どの角度から見ても常に目に入 る部位であるため、意匠に係る物品の用途および 機能、大きさ等に基づいて需要者が関心持って 観察する部位である。
さらに見せる

3 さらに読み込む

よるリスクを損失余命 ( 人年 ) として算出し その両者の比 獲得余命 / 損失余命 ( リスク ) が 1.0 を超えているか否かを適応判断のポイントとする これは長く行なわれてきた医療における適応判断の一つであると言える 4. リスクの定量的な評価本節では LNT 仮説に基づく被曝リスクを損失

よるリスクを損失余命 ( 人年 ) として算出し その両者の比 獲得余命 / 損失余命 ( リスク ) が 1.0 を超えているか否かを適応判断のポイントとする これは長く行なわれてきた医療における適応判断の一つであると言える 4. リスクの定量的な評価本節では LNT 仮説に基づく被曝リスクを損失

しかし、現時点で放射線診断のリスク評価するのは LNT 仮説によらざる得ないため、 本研究ではその結果による癌検診の場合と通常の臨床診断のケース取上げた。それによ ると、癌検診では若年層ではリスクが利益上回る可能が明らかとなり、癌検診の年齢の 下限設定する条件の一つとなっている。一方、通常の臨床診断では検診とは異なり、個々 の病気や症状により、大きく異なり、検診の場合のように定式化することは困難である。 そのため、それぞれのケースに応じた計算行なわなければならない。しかし、有病率が 大きい患者が対象であることから、受ける利益は被曝のリスクに比して十分に大きいと予 想される。
さらに見せる

7 さらに読み込む

負傷等の事故の発生を警戒し 防止する業務 ( 雑踏の整理に係るものに限る ) と規定されており 個々の警備業務が雑踏警備業務に該当するか否かは 個々の警備業務ごとに 当該業務の委託契約書等の内容 業務の実態等から雑踏警備業務の定義に該当するか否かをみて判断されるものです (2) 1 号業務との関係

負傷等の事故の発生を警戒し 防止する業務 ( 雑踏の整理に係るものに限る ) と規定されており 個々の警備業務が雑踏警備業務に該当するか否かは 個々の警備業務ごとに 当該業務の委託契約書等の内容 業務の実態等から雑踏警備業務の定義に該当するか否かをみて判断されるものです (2) 1 号業務との関係

一般に、駐車場における警備業務は、車両の誘導がその業務であり、それに 伴い発生する駐車場内歩く乗降客の誘導も「人の雑踏の整理」には該当しな いことから、当該業務は雑踏警備業務には該当しません。 ただし、駐車場において、例えば駐車場横切ってイベント会場へ向かう多 数の歩行者の整理行うなど「人の雑踏の整理」行うような場合には、その 業務は雑踏警備業務に該当します(一人の警備員が交通誘導警備業務と雑踏警 備業務の両方行う場合もあります。)。
さらに見せる

10 さらに読み込む

原審は,(ⅰ) 本件製品が本件発明 1 の技術的範囲に属するか否か及び (ⅱ)Y による損害賠償請求権の行使が権利濫用に当たるか否かについてのみ判断した 具体的には, 原審は,Y の権利行使が権利濫用に該当すると判断し,X の請求を認容した Y は, これを不服として控訴した 消尽の争点は, 原審で

原審は,(ⅰ) 本件製品が本件発明 1 の技術的範囲に属するか否か及び (ⅱ)Y による損害賠償請求権の行使が権利濫用に当たるか否かについてのみ判断した 具体的には, 原審は,Y の権利行使が権利濫用に該当すると判断し,X の請求を認容した Y は, これを不服として控訴した 消尽の争点は, 原審で

壁は小さい。そこで,完成品メーカーにとって, 部品メーカーによる完成品特許の権利行使の可否 は,重要な関心事である。 第三者の立場からすると,権利者が,形式的に は特許製品について 1 回のみ対価回収している としても,実質的には部品と完成品(特許製品) とで複数回の対価回収の機会得ることは,許容 し難い。例えば,実質的にはエンジンの発明につ いて,特許権者が,クレームでは自動車規定し ておき(あるいは,同じ出願日でエンジンと自動 車とそれぞれ別の特許権取得し),自らエンジン 販売した後で,自動車についても権利行使する ことは,許容し難い。その一方,特許権者の立場 からすると,経済的価値の小さい専用品譲渡し ただけで,特許権が消尽するのであれば,対価回 収の機会が奪われてしまう。
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...