同社ではまた陰暦六月十九日に

Top PDF 同社ではまた陰暦六月十九日に:

2 七月二十九日に開催されたマリンフェスティバルを皮切りに 乙部町のイベントシーズンが始まりました そこで今月は 八月に開催される三大イベントをご紹介します おとべ温泉&産業まつりは 平成六年から産業まつりと おとべ温泉まつりを統合して現在のスタイルで開催されています 産業まつりは昭和四十九年八月七

2 七月二十九日に開催されたマリンフェスティバルを皮切りに 乙部町のイベントシーズンが始まりました そこで今月は 八月に開催される三大イベントをご紹介します おとべ温泉&産業まつりは 平成六年から産業まつりと おとべ温泉まつりを統合して現在のスタイルで開催されています 産業まつりは昭和四十九年八月七

〇新たごみ箱を設置する場合、外部から中が見えるごみ箱の設置を  お願いします。また、中が見えないごみ箱について、収集もれがな  いようするため、ごみ箱と分かる表示をお願いします。 〇共同ごみ箱を使用している場合、他の住民の迷惑ならないよう  燃やせるごみと燃やせないごみを分別して出すようお願いします。  (分別されていない場合収集できません)

12 さらに読み込む

日本年金機構法 ( 平成十九年法律第百九号 ) 改正平成二八年一二月二六日同第一一四号 目次第一章総則 ( 第一条 第八条 ) 第二章役員及び理事会並びに職員 ( 第九条 第二十二条 ) 第三章服務 ( 第二十三条 第二十六条 ) 第四章業務第一節業務の範囲等 ( 第二十七条 第三十二条 ) 第二節

日本年金機構法 ( 平成十九年法律第百九号 ) 改正平成二八年一二月二六日同第一一四号 目次第一章総則 ( 第一条 第八条 ) 第二章役員及び理事会並びに職員 ( 第九条 第二十二条 ) 第三章服務 ( 第二十三条 第二十六条 ) 第四章業務第一節業務の範囲等 ( 第二十七条 第三十二条 ) 第二節

3 機構が前二項の業務を行う場合における第二三条第三項、第二六条第二項、第三一条第一 項、第四八条第一項及び第五条第四号並びに附則第二条第一項の規定の適用について、第 二三条第三項中「第二七条」とあるの「第二七条並びに附則第八条第一項及び第二項」 と、「若しくは年金生活者支援給付金の支給に関する法律(平成二四年法律第百二号)」とあるの 「、年金生活者支援給付金の支給に関する法律(平成二四年法律第百二号)、特定障害者に対する特 別障害給付金の支給に関する法律(平成六年法律第百六六号)、子ども・子育て支援法及び就学前 の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行伴 う関係法律の整備等に関する法律(平成二四年法律第六七号)第三七条及び第三八条の規定 よりなお従前の例によることとされた同法第三六条の規定による改正前の児童手当法(昭和四六 年法律第七三号。以下「整備法改正前児童手当法」という。)、平成二二年度等における子ども 手当の支給に関する法律(平成二二年法律第号。以下「平成二二年度子ども手当支給法」と いう。)第二条第一項の規定により適用される児童手当法の一部を改正する法律(平成二四年法律 第二四号)附則第一条の規定によりなおその効力を有するものとされた同法第一条の規定による 改正前の児童手当法(以下「平成二四年改正前児童手当法」という。)若しくは平成二三年度お ける子ども手当の支給等に関する特別措置法(平成二三年法律第百七号。以下「平成二三年度子 ども手当支給特別措置法」という。)第二条第一項、第三項及び第五項の規定により適用される児 童手当法の一部を改正する法律附則第二条の規定によりなおその効力を有するものとされた平成二 四年改正前児童手当法」と、第二六条第二項中「若しくは年金生活者支援給付金の支給に関する 法律」とあるの「、年金生活者支援給付金の支給に関する法律、特定障害者に対する特別障害給付 金の支給に関する法律、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な 提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行伴う関係法律の整備等に関する法律第三七 条及び第三八条の規定によりなお従前の例によることとされた整備法改正前児童手当法、平成二 二年度子ども手当支給法第二条第一項の規定により適用される児童手当法の一部を改正する法律附 則第一条の規定によりなおその効力を有するものとされた平成二四年改正前児童手当法若しくは 平成二三年度子ども手当支給特別措置法第二条第一項、第三項及び第五項の規定により適用され る児童手当法の一部を改正する法律附則第二条の規定によりなおその効力を有するものとされた平 成二四年改正前児童手当法」と、第三一条第一項中「第二七条」とあるの「第二七条並び 附則第八条第一項及び第二項」と、第四八条第一項中「又は年金生活者支援給付金の支給関 する法律」とあるの「、年金生活者支援給付金の支給に関する法律、特定障害者に対する特別障害 給付金の支給に関する法律、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合 的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行伴う関係法律の整備等に関する法律第三 七条及び第三八条の規定によりなお従前の例によることとされた整備法改正前児童手当法、平成 二二年度子ども手当支給法第二条第一項の規定により適用される児童手当法の一部を改正する法 律附則第一条の規定によりなおその効力を有するものとされた平成二四年改正前児童手当法又は 平成二三年度子ども手当支給特別措置法第二条第一項、第三項及び第五項の規定により適用され る児童手当法の一部を改正する法律附則第二条の規定によりなおその効力を有するものとされた平 成二四年改正前児童手当法」と、第五条第四号中「第二七条」とあるの「第二七条並び 附則第八条第一項及び第二項」と、附則第二条第一項中「第二七条」とあるの「第二七 条及び附則第八条第一項」とする。
さらに見せる

18 さらに読み込む

-1- 遺伝子組換え生物等の第二種使用等のうち産業上の使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令別表第一号の規定に基づき経済産業大臣が定めるGILSP遺伝子組換え微生物平成十六年一月二十九日経済産業省告示第十三号一部改正平成十七年四月十二日経済産業省告示第百十号一部改正平成十八年四月二十五日

-1- 遺伝子組換え生物等の第二種使用等のうち産業上の使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令別表第一号の規定に基づき経済産業大臣が定めるGILSP遺伝子組換え微生物平成十六年一月二十九日経済産業省告示第十三号一部改正平成十七年四月十二日経済産業省告示第百十号一部改正平成十八年四月二十五日

ただし、当該改造によって水平伝播を生じさせるおそれがある場合、この限りな い。 (5)別表第二の挿入DNA、当該挿入DNAの一部が改造されたものあっても、産生され る物質の機能上の基本的性質著しい変化が認められない場合、別表第二の挿入DNA と同等なものとして扱うものとする。

19 さらに読み込む

六十五歳以上七十歳未七十歳以上 三 九三〇円一五 二九一円 三 九三〇円一三 二八四円 附則 1 この告示は 平成四年四月一日から施行し この告示の施行の日 ( 以下 施行日 という ) 以後の期間に係る年金たる補償に係る平均給与額及び施行日以後に支給すべき事由が生じた休業補償に係る平均給与額につい

六十五歳以上七十歳未七十歳以上 三 九三〇円一五 二九一円 三 九三〇円一三 二八四円 附則 1 この告示は 平成四年四月一日から施行し この告示の施行の日 ( 以下 施行日 という ) 以後の期間に係る年金たる補償に係る平均給与額及び施行日以後に支給すべき事由が生じた休業補償に係る平均給与額につい

し、同日前の期間係る年金たる補償係る平均給与額及び同 日前支給すべき事由が生じた休業補償係る平均給与額つ いて、なお従前の例よる。 附 則 (平成七年四月一総務省告示第四百八号) この告示による改正後の規定、平成七年四月一以後の 期間係る年金たる補償係る平均給与額及び同日以後支給 すべき事由が生じた休業補償係る平均給与額について適用 し、同日前の期間係る年金たる補償係る平均給与額及び同 日前支給すべき事由が生じた休業補償係る平均給与額つ いて、なお従前の例よる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

奥野信太郎年譜明治三十二年(一八九九)十一月十一日 陸軍中将奥野幸吉の長男として当時の東京市麹町区紀尾井町三番地で出生 母は子爵橋本綱常(橋本左内の実弟)の長女政子 明治三十三年(一九OO)一才父が北清事変に出征したため 麹町区山元町三丁目四番地に移転 明治三十六年(一九O三)四才 番町尋常小学校附

奥野信太郎年譜明治三十二年(一八九九)十一月十一日 陸軍中将奥野幸吉の長男として当時の東京市麹町区紀尾井町三番地で出生 母は子爵橋本綱常(橋本左内の実弟)の長女政子 明治三十三年(一九OO)一才父が北清事変に出征したため 麹町区山元町三丁目四番地に移転 明治三十六年(一九O三)四才 番町尋常小学校附

中野町本郷一 O 八番地に新築し、母と共に住んだ。この頃から三田文学にものを書き出した。 大正十二年(一九二三) 母死去(四十五才)。家産が自由になった為浪費生活がはじまったが、 二十四才 さかんに古書も購入し、 一生のうちでもっとも自由大胆な生 活をおくつたと言う。 大正十四年(一九二五) 二十六才 五月、慶大文学部卒業。卒業論文はダンテの神曲の研究であった。卒業と同[r]

8 さらに読み込む

西高木家略系図10貞臧(修理 冠山)11経貞(修理)12貞広(鉄三郎 弾正 広 万水)13貞正(養子 尾張藩家臣 成瀬能登守正敦男)家督 文化九(一八一二)八月四日~家督 文久元(一八六一)六月四日~家督 明治四(一八七一)年八月~文久元(一八六一)三月十六日没明治四(一八七一)年七月十二日没大正九

西高木家略系図10貞臧(修理 冠山)11経貞(修理)12貞広(鉄三郎 弾正 広 万水)13貞正(養子 尾張藩家臣 成瀬能登守正敦男)家督 文化九(一八一二)八月四日~家督 文久元(一八六一)六月四日~家督 明治四(一八七一)年八月~文久元(一八六一)三月十六日没明治四(一八七一)年七月十二日没大正九

― 20 ― 高木家と幕末情報  高木家文書、幕末のさまざまな情報を書き留めた風説留が数多く伝わっており、こ れらの資料高木家の活動のみならず、幕末社会を考える上でも貴重な資料となっている。  資料諸侯や藩士、公卿、新選組などの建白書、江戸や京都・長州の情勢など実に多 様な情報が書き留められており、めまぐるしく変化する幕末政治対応するため、高木家 が様々なルートを駆使して情報を収集し記録していたことがわかる。
さらに見せる

28 さらに読み込む

地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律 ( 平成元年六月三十日法律第六十四号 ) 最終改正 : 平成二六年六月二五日法律第八三号 第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章地域における医療及び介護の総合的な確保 ( 第三条 第十一条 ) 第三章特定民間施設の整備 ( 第十二条 第二

地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律 ( 平成元年六月三十日法律第六十四号 ) 最終改正 : 平成二六年六月二五日法律第八三号 第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章地域における医療及び介護の総合的な確保 ( 第三条 第十一条 ) 第三章特定民間施設の整備 ( 第十二条 第二

三 第二条の規定、第四条の規定(第五号掲げる改正規定を除く。)、第五条のうち、介護 保険法の目次の改正規定、同法第七条第五項、第八条、第八条の二、第三条、第二四条の二 第五項、第三二条第四項、第四二条の二、第四二条の三第二項、第五三条、第五四条 第三項、第五四条の二、第五四条の三第二項、第五八条第一項、第六八条第五項、第六 条の三四、第六条の三八第二項、第六条の三第二項、第七八条の二、第 七八条の四第一項、第百五条の二、第百五条の二二第一項及び第百五条の四五 の改正規定、同法第百五条の四五の次に条を加える改正規定、同法第百五条の四六及 び第百五条の四七の改正規定、同法第六章中同法第百五条の四八を同法第百五条の四 とし、同法第百五条の四七の次に一条を加える改正規定、同法第百七条、第百八条、 第百二二条の二、第百二三条第三項及び第百二四条第三項の改正規定、同法第百二四条 の次に二条を加える改正規定、同法第百二六条第一項、第百二七条、第百二八条、第百四 一条の見出し及び同条第一項、第百四八条第二項、第百五二条及び第百五三条並びに第 百七六条の改正規定、同法第一章の章名の改正規定、同法第百七条から第百八二条ま の改正規定、同法第二百条の次に一条を加える改正規定、同法第二百二条第一項、第二百三条 及び第二百五条並びに附則第条第一項ただし書の改正規定並びに同法附則一条を加える改 正規定、第七条の規定(次号掲げる改正規定を除く。)、第条及び第条の規定、第二条 の規定(第一号掲げる改正規定を除く。)、第三条及び第四条の規定、第五条の規定(第 六号掲げる改正規定を除く。)、第六条の規定(第六号掲げる改正規定を除く。)、第 七条の規定、第八条の規定(第六号掲げる改正規定を除く。)、第条の規定並び第二 一条中看護師等の人材確保の促進に関する法律第二条第二項の改正規定並びに附則第五条、第 八条第二項及び第四項、第条から第二条まで、第三条(ただし書を除く。)、第四条か ら第七条まで、第二八条、第三条、第三二条第一項、第三三条から第三条まで、 第四四条、第四六条並びに第四八条の規定、附則第五条の規定(第六号掲げる改正規 定を除く。 ) 、 附則第五一条の規定、 附則第五二条の規定 (第六号掲げる改正規定を除く。 ) 、 附則第五四条、第五七条及び第五八条の規定、附則第五条中高齢者虐待の防止、高齢 者の養護者に対する支援等に関する法律(平成七年法律第百二四号)第二条第五項第二号の 改正規定(「同条第四項」を「同条第二項」、「同条第八項」を「同条第六項」改 める部分限る。)並びに附則第六五条、第六六条及び第七条の規定 平成二七年四月 一
さらに見せる

13 さらに読み込む

山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 平成二十八年山梨県告示第九十九号 ) 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針を次のとおり定める 平成二十八年三月二十四日 山梨県知事 後 藤 斎 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 趣旨 ) 第一条 この技術指針は 山梨県世界遺産富士山の保全に係る

山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 平成二十八年山梨県告示第九十九号 ) 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針を次のとおり定める 平成二十八年三月二十四日 山梨県知事 後 藤 斎 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 趣旨 ) 第一条 この技術指針は 山梨県世界遺産富士山の保全に係る

2 前項規定するもののほか、この技術指針において使用する用語、条例使用する用 語の例よる。 (技術指針記載のない事項の考慮) 第三条 事業者、景観評価及び景観保全措置の検討を行うに当たって、景観影響を及 ぼす対象事業の内容(第五条第一項において「事業特性」という。)並びに当該対象事業の 実施係る区域及びその周囲の自然的社会的状況(同項において「地域特性」という。 )を 勘案し、必要応じてこの技術指針定めのない事項についても考慮しなければならない。 (景観評価を合理的行うための手法の選定に関する指針)
さらに見せる

5 さらに読み込む

避難器具の設置及び維持に関する技術上の基準の細目 ( 平成八年四月十六日 ) ( 消防庁告示第二号 ) 改正平成一一年九月八日消防庁告示第七号同一二年五月三一日同第八号同一四年六月二四日同第六号同一八年五月一九日同第一六号 消防法施行規則 ( 昭和三十六年自治省令第六号 ) 第二十七条第二項の規定に

避難器具の設置及び維持に関する技術上の基準の細目 ( 平成八年四月十六日 ) ( 消防庁告示第二号 ) 改正平成一一年九月八日消防庁告示第七号同一二年五月三一日同第八号同一四年六月二四日同第六号同一八年五月一九日同第一六号 消防法施行規則 ( 昭和三十六年自治省令第六号 ) 第二十七条第二項の規定に

(三) 緩降機、使用の際、壁面からロープの中心までの距離が〇・一五メートル以上 〇・三メートル以下となるよう設けるとともに、降下空間、当該緩降機を中心と した半径〇・五メートルの円柱形包含される範囲以上確保されていること。ただし、 〇・一メートル以内避難上支障のない場合若しくは〇・一メートルを超える場合 もロープを損傷しない措置を講じた場合あって突起物を降下空間内設け、又は 降下空間及び避難空地を他の緩降機と共用する場合あって、器具相互の中心を 〇・五メートルまで近接させることができること。
さらに見せる

15 さらに読み込む

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成二十六年四月二十一日消費者庁観光庁

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成二十六年四月二十一日消費者庁観光庁

4 当社の受注型企画旅行参加中の旅行者を対象として、別途の旅行代金を収受して当社が実施する募集 型企画旅行について、受注型企画旅行契約の内容の一部として取り扱います。 (旅程保証) 第三条 当社、別表第二上欄掲げる契約内容の重要な変更(次の各号掲げる変更(運送・宿泊機 関等が当該旅行サービスの提供を行っているもかかわらず、運送・宿泊機関等の座席、部屋その他の 諸設備の不足が発生したことによるものを除きます。)を除きます。)が生じた場合、旅行代金同 表下欄記載する率を乗じた額以上の変更補償金を旅行終了の翌日から起算して三以内支払 います。ただし、当該変更について当社第二八条第一項の規定基づく責任が発生することが明ら かある場合、この限りありません。
さらに見せる

47 さらに読み込む

( 事業所税の課税標準の特例 ) 第三十三条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) 6 平成二十九年四月一日から平成三十一年三月三十一日までの期間 ( 以下この項において 補助開始対象期間 という ) に政府の補助で総務省令で定めるものを受けた者が児童福祉法第六条の三第十二項に規定する業務を目的とする同法

( 事業所税の課税標準の特例 ) 第三十三条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) 6 平成二十九年四月一日から平成三十一年三月三十一日までの期間 ( 以下この項において 補助開始対象期間 という ) に政府の補助で総務省令で定めるものを受けた者が児童福祉法第六条の三第十二項に規定する業務を目的とする同法

・ 国難とも呼ぶべき少子化の危機直面する中、待機児童の解消待ったなしの課題あり、最優先取 り組むべきものある。 ・ 平成 29 年度税制改正において、 「待機児童解消加速化プラン」による平成 29 年度末までの保育の受け 皿の整備目標を 40 万人から 50 万人拡大したことを背景として、企業主導型保育事業の活用の促進を図 るため、固定資産税等の課税標準の特例措置が講じられた。

5 さらに読み込む

第 1 章総則 1. 趣旨 ガイドライン第 1 条関係 第一条このガイドラインは 個人情報の保護に関する法律 ( 平成十五年法律第五十七号 以下 法 という ) 第八条に基づき また 法第七条第一項に基づく 個人情報の保護に関する基本方針 ( 平成十六年四月閣議決定 平成二十年四月及び平成二十一年九

第 1 章総則 1. 趣旨 ガイドライン第 1 条関係 第一条このガイドラインは 個人情報の保護に関する法律 ( 平成十五年法律第五十七号 以下 法 という ) 第八条に基づき また 法第七条第一項に基づく 個人情報の保護に関する基本方針 ( 平成十六年四月閣議決定 平成二十年四月及び平成二十一年九

エ 地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成 15 年法律第 118 号)第 2 条第 1 項規定する 独立行政法人をいう。 ) オ その取り扱う個人情報の量及び利用方法からみて個人の権利利益を害するおそれが少ない者 オの規定いう者と、その事業の用供する個人情報データベース等を構成する個人情報 よって識別される特定の個人の数の合計が過去6か月以内のいずれのにおいても 5,000 を超え ない者とする(個人情報の保護に関する法律施行令(平成 15 年政令第 507 号。以下「施行令」と いう。)第2条)。5,000 を超えるか否か、国土交通省関係事業者が管理するすべての個人情報 データベース等を構成する個人情報によって識別される特定の個人の数の総和により判断する。 ただし、同一個人の重複分除くものとする。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第 2 回東大和市学校給食センター運営委員会 専門部会資料 1 学校給食衛生管理基準文部科学省告示第六十四号学校給食法 ( 昭和二十九年法律第百六十号 ) 第九条第一項の規定に基づき 学校給食衛生管理基準を次のように定め 平成二十一年四月一日から施行する 平成二十一年三月三十一日文部科学大臣塩谷立

第 2 回東大和市学校給食センター運営委員会 専門部会資料 1 学校給食衛生管理基準文部科学省告示第六十四号学校給食法 ( 昭和二十九年法律第百六十号 ) 第九条第一項の規定に基づき 学校給食衛生管理基準を次のように定め 平成二十一年四月一日から施行する 平成二十一年三月三十一日文部科学大臣塩谷立

第1 総則 1 学校給食を実施する都道府県教育委員会及び市区町村教育委員会(以下「教育委員会」 という。)、附属学校を設置する国立大学法人及び私立学校の設置者(以下「教育委員 会等」という。)、自らの責任において、必要応じて、保健所の協力、助言及び援 助(食品衛生法(昭和二二年法律第二百三三号)定める食品衛生監視員による監 視指導を含む。)を受けつつ、HACCP(コーデックス委員会(国連食糧農業機関/ 世界保健機関合同食品規格委員会)総会において採択された「危害分析・重要管理点方 式とその適用に関するガイドライン」規定されたHACCP(Hazard Analysis and Critical ControlPoint:危害分析・重要管理点)をいう。)の考え方基づき単独調 理場、共同調理場(調理等の委託を行う場合を含む。以下「学校給食調理場」という。) 並びに共同調理場の受配校の施設及び設備、食品の取扱い、調理作業、衛生管理体制等 について実態把握努め、衛生管理上の問題がある場合、学校医又は学校薬剤師の 協力を得て速やか改善措置を図ること。
さらに見せる

14 さらに読み込む

49( ) 刑事司法の神髄は事実の認定にあり ( 平成二十九年一月二十日大阪学院大学退職記念講演 )( 中村 ) 講演録 刑事司法の神髄は事実の認定にあり(平成二十九年一月二十日大阪学院大学退職記念講演)中村雅臣一はじめに二検事を志望した動機三検事の職務四検事に求められる能力 資質五検事

49( ) 刑事司法の神髄は事実の認定にあり ( 平成二十九年一月二十日大阪学院大学退職記念講演 )( 中村 ) 講演録 刑事司法の神髄は事実の認定にあり(平成二十九年一月二十日大阪学院大学退職記念講演)中村雅臣一はじめに二検事を志望した動機三検事の職務四検事に求められる能力 資質五検事

次の大阪高検刑事部一年間、生駒トンネル内発生した電車火災(業務上過失致死傷)事件等の公判を担当 し、次いで、同高検公安部長、刑事部長として、公職選挙法上の連座制による現職国会議員の当選無効・失職訴訟 の提起、和歌山毒カレー事件(四人が死亡し六三人が急性ヒ素中毒の重症を負った無差別殺人及び一億円を超え る保険金詐欺事件)の捜査指揮等を担当した。

18 さらに読み込む

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成十九年三月十二日国土交通省告示第二

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成十九年三月十二日国土交通省告示第二

6 この約款「カード利用」と、旅行者又は当社が手配旅行契約基づく旅行代金等の支払又は払 戻債務を履行すべきをいいます。 (手配債務の終了) 第三条 当社が善良な管理者の注意をもって旅行サービスの手配をしたとき、手配旅行契約基づく当 社の債務の履行終了します。したがって、満員、休業、条件不適当等の事由により、運送・宿泊機関 等との間旅行サービスの提供をする契約を締結できなかった場合あっても、当社がその義務を果た したとき、旅行者、当社に対し、当社所定の旅行業務取扱料金(以下「取扱料金」といいます。 )を 支払わなければなりません。通信契約を締結した場合において、カード利用、当社が運送・宿泊 機関等との間旅行サービスの提供をする契約を締結できなかった旨、旅行者通知したとします。 (手配代行者)
さらに見せる

45 さらに読み込む

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成三十年三月二十九日観光庁告示第九号

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成三十年三月二十九日観光庁告示第九号

4 当社の受注型企画旅行参加中の旅行者を対象として、別途の旅行代金を収受して当社が実施する募集 型企画旅行について、受注型企画旅行契約の内容の一部として取り扱います。 (旅程保証) 第三条 当社、別表第二上欄掲げる契約内容の重要な変更(次の各号掲げる変更(運送・宿泊機 関等が当該旅行サービスの提供を行っているもかかわらず、運送・宿泊機関等の座席、部屋その他の 諸設備の不足が発生したことによるものを除きます。 )を除きます。 )が生じた場合、旅行代金同表 下欄記載する率を乗じた額以上の変更補償金を旅行終了の翌日から起算して三以内支払いま す。ただし、当該変更について当社第二八条第一項の規定基づく責任が発生することが明らか ある場合、この限りありません。
さらに見せる

48 さらに読み込む

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成三十年三月二十九日観光庁告示第九号

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成三十年三月二十九日観光庁告示第九号

第二条 この規程において「企画旅行」と、標準旅行業約款募集型企画旅行契約の部第二条第一項及び 受注型企画旅行契約の部第二条第一項定めるものをいいます。 2 この規程において「企画旅行参加中」と、旅行者が企画旅行参加する目的をもって当社があらか じめ手配した乗車券類等によって提供される当該企画旅行日程定める最初の運送・宿泊機関等のサー ビスの提供を受けることを開始した時から最後の運送・宿泊機関等のサービスの提供を受けることを完 了した時までの期間をいいます。ただし、旅行者があらかじめ定められた企画旅行の行程から離脱する 場合において、離脱及び復帰の予定日時をあらかじめ当社届け出ていたとき、離脱の時から復帰の 予定の時までの間「企画旅行参加中」とし、また、旅行者が離脱及び復帰の予定日時をあらかじめ当 社届け出ることなく離脱したとき又は復帰の予定なく離脱したとき、その離脱の時から復帰の時ま の間又はその離脱した時から後「企画旅行参加中」といたしません。また、当該企画旅行日程、 旅行者が当社の手配係る運送・宿泊機関等のサービスの提供を一切受けない(旅行地の標準時よ ります。)が定められている場合において、その旨及び当該生じた事故によって旅行者が被った損 害に対しこの規程による補償金及び見舞金の支払いが行われない旨を契約書面明示したとき、当該 「企画旅行参加中」といたしません。
さらに見せる

47 さらに読み込む

平成二十七年度第百十六回京都大学書道部日時平成二十七年十二月十九日 二十日十時 ~ 十七時 ( 二十日は受付十六時まで ) 場所建仁寺西来院 禅居庵

平成二十七年度第百十六回京都大学書道部日時平成二十七年十二月十九日 二十日十時 ~ 十七時 ( 二十日は受付十六時まで ) 場所建仁寺西来院 禅居庵

さまざまな動物の毛が使われて作られています。同じ毛質の筆も太さや長さにより書き味が異なりま す。一般的な筆として羊毫と兼毫筆がよく使われています。皆さん最低も、半紙用と作品用の二種類ぐら いの筆使ってほしいですね。書道を習い始めた時買った一本の筆、良くも悪くも自分合っていると思 って使っていませんか。筆同じ羊毛の筆太さや長さが同じ物でも書き味が同じと限りません。同時に作 られた筆多少異なります。又、紙の種類(滲み具合)や墨の濃淡により、適した筆を用いないと、作品表現が うまくできません。紙、墨、筆の三つの要素がうまく調和しないと良い作品なりません。例えば、よく滲む 紙淡墨作品を書く場合、柔かい羊毛書き難く適していません。又、濃墨書くとしても、滲みが多い紙だ とねばり強い濃墨だと筆が上手動かすの難しいですね。少し薄めてサラットすると爽やかな線を引くこと が出来ます。
さらに見せる

13 さらに読み込む

放送法 ( 昭和二十五年五月二日法律第百三十二号 ) 最終改正年月日 : 平成二六年六月二七日法律第九六号第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章放送番組の編集等に関する通則 ( 第三条 第十四条 ) 第三章日本放送協会第一節通則 ( 第十五条 第十九条 ) 第二節業務 ( 第二十条 第二十七条

放送法 ( 昭和二十五年五月二日法律第百三十二号 ) 最終改正年月日 : 平成二六年六月二七日法律第九六号第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章放送番組の編集等に関する通則 ( 第三条 第十四条 ) 第三章日本放送協会第一節通則 ( 第十五条 第十九条 ) 第二節業務 ( 第二十条 第二十七条

2 第百六条第二項、第三項及び第五項の規定、認定放送持株会社について準 用する。この場合において、同条第二項中「前項」とあるの「第百六一条第一項」 と、「外国人等」とあるの「第百六一条第一項規定する外国人等」と、「場合 欠格事由」とあるの「場合第百五条第二項第五号イ又はロ定める株式会 社」と、「とき、同項」とあるの「とき、社債等振替法第百五二条第一項」と、 「(欠格事由」とあるの「(同号イ又はロ定める株式会社」と、同条第三項中「前二 項」とあるの「第百六一条第一項及び同条第二項において準用する第百六条 第二項」と、「第三条第一項第六号ホ(1)」とあるの「第百五条第二項第 五号ロ(1)」と、「同号ホ(2)」とあるの「同号ロ(2)」と、「株式会社ある地上基幹 放送を行う認定基幹放送事業者」とあるの「認定放送持株会社」と、「同号ホ定め る事由」とあるの「同号ロ定める株式会社」と、「同号ホ(1)及び(2)」とあるの 「同号ロ(1)及び(2)」と、同条第五項中「第一項」とあるの「第百六一条第一項」 と、「外国人等」とあるの「同項規定する外国人等」と読み替えるものとする。 (基幹放送の業務の認定等の特例)
さらに見せる

106 さらに読み込む

アレルギー疾患対策基本法 ( 平成二十六年六月二十七日法律第九十八号 ) 最終改正 : 平成二六年六月一三日法律第六七号 第一章総則 ( 第一条 第十条 ) 第二章アレルギー疾患対策基本指針等 ( 第十一条 第十三条 ) 第三章基本的施策第一節アレルギー疾患の重症化の予防及び症状の軽減 ( 第十四条

アレルギー疾患対策基本法 ( 平成二十六年六月二十七日法律第九十八号 ) 最終改正 : 平成二六年六月一三日法律第六七号 第一章総則 ( 第一条 第十条 ) 第二章アレルギー疾患対策基本指針等 ( 第十一条 第十三条 ) 第三章基本的施策第一節アレルギー疾患の重症化の予防及び症状の軽減 ( 第十四条

第三章 基本的施策 第一節 アレルギー疾患の重症化の予防及び症状の軽減 (知識の普及等) 第四条 国、生活環境がアレルギー疾患及ぼす影響に関する啓発及び知識の普及、学校 教育及び社会教育におけるアレルギー疾患の療養に関し必要な事項その他のアレルギー疾患 の重症化の予防及び症状の軽減の適切な方法に関する教育の推進その他のアレルギー疾患 の重症化の予防及び症状の軽減に関する国民の認識を深めるため必要な施策を講ずるもの とする。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...