各通貨とのリスク*比較

Top PDF 各通貨とのリスク*比較:

- 目 次 - 1. はじめに 1 2. 化学物質の安全性評価とリスク評価法について 安全性評価およびリスク評価の考え方 リスク評価の方法 環境モニタリング調査 6 3. 本リスク評価における対象環境水系に関する考え方 7 4. 各界面活性剤の人健康および環境影響

- 目 次 - 1. はじめに 1 2. 化学物質の安全性評価とリスク評価法について 安全性評価およびリスク評価の考え方 リスク評価の方法 環境モニタリング調査 6 3. 本リスク評価における対象環境水系に関する考え方 7 4. 各界面活性剤の人健康および環境影響

で 50μg/L 未満でした。 LAS 水生生物に対する影響については多く研究結果が報告されています。LAS 生態系に対する最大許容濃度はオランダ環境庁同国・石鹸洗剤工業会共同研究結 果により、 250μg/L 報告されています。また、アメリカ合衆国石鹸洗剤工業会では、 野外河川で行った生態系モデル試験結果を基にして、 NOEC(無影響濃度)は 360μg/L 以上報告しています。これら試験は、生態影響試験分野では、メソコズム試験言 われているもので、河川等実際環境を完全なまま試験区域として維持し、そこに試験 したい化学物質を長期間流して、生息する種々水生生物を観察し、化学物質影響がど 程度あるかを調べるものです。魚やミジンコ等単一生物による長期間に渡る慢性毒性 試験によっても化学物質影響がどの程度あるか情報は十分に得られますが、メソコズ ム試験は実際環境で試験を行っていますので、より実際生態系に近い結果が得られる ことになります。LAS については、このように高いレベル試験まで行われているとい うことです。このようにして得られた無影響濃度環境モニタリング調査で確認した河川 水中濃度や他研究機関が測定した別濃度調査結果比較しても、LAS 環境濃度は この無影響濃度を下回るものでした。
さらに見せる

21 さらに読み込む

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択:平成26年度日本企業海外現地法人アンケート調査結果概要

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択:平成26年度日本企業海外現地法人アンケート調査結果概要

本論文が扱う 2014 年度「日本企業海外現地法人に対するインボイス通貨選択アンケー ト調査」は、2010 年に実施した「日本企業海外現地法人に対するインボイス通貨選択ア ンケート調査」第二弾として、 2014 年 11 月末から 2015 年 1 月上旬まで実施された。第 1 回調査から 4 年間で、アジアを中心として世界各地に生産拠点や販売網を広げてきた日 本企業現地法人が大幅な為替変動にどう対処してきたか、特に国際的な生産・販売ネ ットワークにおける為替リスク管理やインボイス通貨選択行動がどのように変容している か、という点を詳細に調査することを目的している。2011 年 3 月東日本大震災後、 日本貿易収支は赤字に転じ、その赤字幅拡大が続く現在、日本経常収支黒字大幅 な縮小赤字転落可能性が指摘された。2012 年末から円安に転じたにもかかわらず、貿 易収支赤字は容易に改善しなかった。2014 年後半から大幅な原油価格低下によって 貿易収支赤字は減少したが、日本輸出が数量ベースで伸びないため、貿易収支が黒字 基調なるまで改善するには至っていない。なぜ日本輸出は伸びないか、日本企業は 輸出競争力を失ってしまったか、懸念されている。本調査は、こうした日本経済が直 面する政策課題に対しても、有益な情報を提供することができる。
さらに見せる

96 さらに読み込む

各コース ( 毎 分配型 ) <Q: なぜ一部コースの分配 を前月対 引き下げたのですか?> A. 基準価額の下落や分配対象額の減少によるものです 当ファンドの各コースの基準価額は エマージング債券から得られる利息収 とその価格変動の影響を受けます さらに各コースについては 各選択通貨と円の為替レー

各コース ( 毎 分配型 ) <Q: なぜ一部コースの分配 を前月対 引き下げたのですか?> A. 基準価額の下落や分配対象額の減少によるものです 当ファンドの各コースの基準価額は エマージング債券から得られる利息収 とその価格変動の影響を受けます さらに各コースについては 各選択通貨と円の為替レー

<南アフリカランド>利上げを実施、インフレへ対応を優先し引き締め姿勢続く 南アフリカ7-9⽉実質GDP成⻑率は、前期⽐年率+0.7%前期マイナス成⻑からプラスに転じました。 11⽉、南アフリカ準備銀⾏は政策⾦利を0.25%引き上げ6.25%しました。南アフリカでは、低成⻑環境下、 通貨安や電気料⾦引き上げ、⼲ばつによる⾷料品価格上昇などにより、インフレリスクが⾼まっています。 声明文では、物価安定経済成⻑を不適切に損なわないことバランスをとりつつ、インフレへ対応を優 先し、緩やかな利上げを進める姿勢を示唆しています。南アフリカランドについては、12⽉に⼊り、財務相辞 任や後任⼈事を巡る混乱などから対米ドルで一時⼤幅に下落しており、今後も不安定な展開が続く⾒られます が、⾼い⾦利水準や追加利上げ観測がサポート材料になることが期待されます。
さらに見せる

14 さらに読み込む

生産性リスク下におけるプロスペクト理論と期待効用理論の比較分析

生産性リスク下におけるプロスペクト理論と期待効用理論の比較分析

前者効用関数対数線形性は,y 財部門価格決定においてモデル簡単 化に貢献している。この形効用関数は確かによく用いられるものであるが, 2つ消費財間で交差効果がないという性質から,結論がかなり特徴的な ものになる。例えば,y 財産業生産性が全体的にλ(λ>1)倍になった しよう。する,! 14 式から明らかなように,このモデルでは均衡価格が1/λ に下落することになる。生産性が向上する限界費用が低下して均衡価格が下 落するは自然であるという解釈もあるが,このモデルでは価格下落は配当 所得低下を意味する。生産性向上が技術開発競争結果達成できたもので あるなら,それによって配当所得が下落することは技術開発インセンティブ 整合的でない。そう考える,ここでモデルにおける y 財部門生産性に ついて,開発競争不確実な成果解釈することには限界があることになる。 さらに,y 財産業3つ企業達成可能な生産性が y 0 ,y 1 ,y 2 3つさ れ,これら3つ生産性が企業にランダムに割り当てられるという形になっ ている,という特定化には議論余地があるであろう。この特定化によって, 結果が明らかになる前からポートフォリオを組むことによって配当所得リス クをゼロにできるからである。そのため,産業全体で生産量は一定値を達成 できるという仮定は,本質的にリスクではないという批判も十分に予測される。
さらに見せる

27 さらに読み込む

RIETI - 貿易ネットワークにおけるインボイス通貨選択と為替リスク管理:「平成22年度日本企業海外現地法人アンケート調査」結果概要

RIETI - 貿易ネットワークにおけるインボイス通貨選択と為替リスク管理:「平成22年度日本企業海外現地法人アンケート調査」結果概要

本論文は、 2010 年 8 月に日本企業海外現地法人 16,000 社を対象として実施された「平 成 22 年度日本企業海外現地法人アンケート調査」回答結果をもとに、日本企業海外現 地法人が行うインボイス通貨選択や為替リスク管理特徴をファクトファインディング してまとめたものである。調査対象を海外現地法人した理由は、以下とおりである。 2009 年に日本本社企業に対して実施された「日本企業貿易建値通貨選択に関するア ンケート調査」では、日本企業アジア向け輸出における米ドル建てシェア高さを説明 する要因として、アジアを中心に展開する日本企業生産ネットワーク構築アジア 生産子会社から第三国(特に米州)へ輸出におけるインボイス通貨選択行動が重要な鍵 なっているという結果が得られた。さらに為替リスク管理観点から着目すべきことは、 大規模な日本企業は本社財務部が「集中的な為替リスク管理」を行っているに対して、 その他多く日本企業が「現地法人毎各社分散型」を採用していることがわかった。 海外で調達・生産・販売活動を行う日本企業現地法人は、急激な景気・為替変動や目ま ぐるしく変化する資本・為替規制に直面しながら、どのような戦略に基づいてインボイス 通貨選択や為替リスク管理を行っているだろうか。世界経済が大きな転換点を迎えて いるこの時期に日本企業現地法人を対象にアンケート調査を実施し、現地法人貿易に おけるインボイス通貨選択や為替リスク管理実態を把握することは、アジアにおける将 来望ましい為替協調体制について日本企業視座に立った政策提言を行う上で大きな意味 を持つもの考えられる。
さらに見せる

81 さらに読み込む

目次 1.Bitcoin 価格の高騰と停滞 2.Bitcoin 取引の実際とそのリスク 3.Bitcoinの誕生とその前史 4. 仮想通貨市場の現状 5.ICOの増加と仮想通貨の高騰の背景 6.Blockchain 2.0 と the DAO 事件 7. 中央銀行デジタル通貨を巡って 2

目次 1.Bitcoin 価格の高騰と停滞 2.Bitcoin 取引の実際とそのリスク 3.Bitcoinの誕生とその前史 4. 仮想通貨市場の現状 5.ICOの増加と仮想通貨の高騰の背景 6.Blockchain 2.0 と the DAO 事件 7. 中央銀行デジタル通貨を巡って 2

② カナダ(カナダ銀行) カナダ銀行は、2016年6月17日ウィルキンス副総裁講演等において、商業銀行や民間企業連携し、DLT実験を行う旨、公表している。実験概要 については、各種フォーラム等場でカナダ銀行スタッフより説明がなされている。例えば本年10月に開催されたシカゴ連銀主催「シカゴ・ペイメンツ・シン ポジウム2016」では、銀行間取引を再現した擬似環境もとで、この実験に参加する民間金融機関がカナダ銀行特別勘定に資金を担保として差し入れ、 その見合いとしてカナダ銀行がDLTに基づく中央銀行債務(預金証券)を発行する紹介されている。なお、カナダ銀行では、本実験目的について、実験 的な大口決済システム環境中でDLTをテストすることを通じて、この技術メカニズムや限界、可能性を理解することにある、している。
さらに見せる

70 さらに読み込む

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択 平成30年度日本企業の海外現地法人アンケート調査結果概要

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択 平成30年度日本企業の海外現地法人アンケート調査結果概要

為替リスクを回避するために選ばれたインボイス通貨はどの通貨か、という質問に対する回答を まとめたが表 3-17 である。全体として傾向は、米ドル、日本円、ユーロ順番に高く、相対的 に人民元割合は低かった。ただし、第一回、第二回調査に比べて人民元回答割合が上昇し ている。地域ごとにも回答違いがある。アジアでは、前回調査に比べて、米ドル割合が 81.9% から 65.3%に低下したに対し、日本円割合が 24.8%から 36.4%に上昇し、人民元割合も 6.7%から 14.8%に上昇した。前回調査ではアジア以外地域で人民元回答した企業はゼロであ ったが、今回調査では北米、欧州(ユーロ圏)、欧州(非ユーロ圏)でも人民元回答する企業が現 れたは興味深い点である。北米、中南米ではドルが圧倒的多数である点、欧州(ユーロ圏)、欧 州(非ユーロ圏)でユーロが支配的である点などは前回調査同様傾向である。一方、大洋州では その他をインボイス通貨として選択することにより為替リスクを回避している現地法人が 6 割超であ り、ここにはオーストラリアドル、ニュージーランドドル等が含まれている考えられる。前回同様傾 向として、アジアおよび中南米を除く地域では、現地通貨をインボイス通貨として選択することによ り現地法人為替リスクを回避する、という方針があるに対して、アジアおよび中南米では基軸 通貨米ドルを選択することにより為替リスクを回避するという方針がある点が特徴的である。この ような現地法人方針が、アジアおよび南米を除く地域では現地通貨をインボイス通貨として選択 しているに対して、アジアおよび南米におけるインボイス通貨選択で米ドルが支配的であるという 事実を裏付けているもの考えられる。
さらに見せる

150 さらに読み込む

一部の新興国通貨は売られるも 年初来では高値圏で推移米経済指標の改善を受けてもドル高は進まず エマージングマーケット短期見通し今週の新興国通貨は 資源国通貨や政治リスクが意識された通貨を除き安定した値動きとなった 資源国通貨については イラン石油相が増産凍結に不参加の意思を表明したことに加え サウジ

一部の新興国通貨は売られるも 年初来では高値圏で推移米経済指標の改善を受けてもドル高は進まず エマージングマーケット短期見通し今週の新興国通貨は 資源国通貨や政治リスクが意識された通貨を除き安定した値動きとなった 資源国通貨については イラン石油相が増産凍結に不参加の意思を表明したことに加え サウジ

うかは今後発表される経済指標次第なるだろう。 ロシア: 10~12 月期も GDP 停滞続く 1 日に発表されたロシア 10~12 月期 GDP は前年比▲3.8%、7~9 月期 (同▲3.7%)から減速した。また、同時に発表された 2015 年成長率は 同▲3.7% 2014 年(同+0.6%)から大きく減速している。10~12 月期 内訳を見る、純輸出は欧州による経済制裁を受けた輸入減により、同 +6.4%全体を押し上げている。もっとも、個人消費減少幅が拡大(7 ~9 月期:同▲10.4%→10~12 月期:同▲12.4%)したほか、設備投資(7 ~9 月期:同▲11.3%→10~12 月期:同▲6.0%)も減少が続いた。背景に は 2014 年秋頃から続く原油安や、それに伴う RUB 安を受けた輸入物価 上昇がある。17 日(日)には OPEC 及び非 OPEC 産油国による産油量に 関する会合が予定されているが、サウジアラビア副皇太子が「イランが合 意しない場合、サウジアラビアも合意しない」発言をしているほか、 ロシア 3 月産油量が増加している報道も見られ、会合で増産凍結が 合意される可能性は低く、原油価格低迷は当面続くだろう。そのため、 今後も原油価格低迷とともにロシア経済弱い動きは続く見込みだ。
さらに見せる

9 さらに読み込む

日米欧リスクプレミアム比較~長期金利からみる先行きリスク~

日米欧リスクプレミアム比較~長期金利からみる先行きリスク~

 2017年で注意すべきは、欧州リスク高まりである。それはすでに一部金利に反映されている。 山積する欧州リスク  まず、2016年6月国民投票後、英国金利に変化がみられた。英国長期金利は、国民投票後 に1% を割り込んだことで、米国金利差が拡大し、国民投票後には米国金利を1% 近く下回るよ うになった。この原因として、 EU 離脱による成長期待低下などが考えられる。また、2016年 8月にイングランド銀行は7年5カ月ぶり利下げ、量的緩和再開など、大規模な金融緩和を実 施した。金融政策を総動員して国民投票後景気後退を阻止することを狙ったものだった。  2017年には、ユーロ圏各国多くで、選挙が実施される。例えば、3月にはオランダで総選 挙が行われる。自由党が第1党になる見込みが強まっていることもあり、年初に比べて足元金利 は上昇している。ただし、自由党が第1党になっても連立政権を樹立できず、議会でも多数派にな らないみられており、 EU 離脱は選択されないというが大勢見方だ。ただし、オランダ選挙 結果が、これから大統領選を控えるフランスなど他国に影響を及ぼす可能性もあって、足元では オランダ金利が上昇しているようだ。
さらに見せる

6 さらに読み込む

RIETI - 中国の為替政策とアジア通貨

RIETI - 中国の為替政策とアジア通貨

インドネシア・ルピアは、第 1 図時期よりは、ほかアジア通貨連動性を強めて いるものの、大きな上昇、下落が見られる。台湾ドルは対米ドルで、減価傾向があり、 ほか東アジア通貨連動性を失った。 要約する、つぎようになろう。第 1 図(人民元改革前)第 2 図(人民元改革後) を比べる、シンガポール・ドル、タイ・バーツ、韓国ウォンが相関しつつ中期的変動 を繰り返しているが、「後」期には、増加率を高めた。「前」期ではフィリピン・ペソ が連動性がなかったが、「後」期には、バーツについで、大きな上昇を見せ、連動性を 高めた。「前」期に韓国ウォンについで上昇した台湾ドルは、「後」期には、連動性を 失い、減価傾向を見せている。マレーシア・リンギは、「前」期には、人民元とともに ドル・ペッグであったが、「後」期には、シンガポール・ドル連動性を高めて、変 動した。インドネシア・ルピアは、全期間を通じて、大きな上昇下落を繰り返していた が、「後」期ほうが、ほか東アジア通貨連動性を高めた。中国元は、連動性を もって変動しつつ、基調として増価する東アジア通貨増価率最低限を画していた。 以上ような考察を敷衍して、「中国元増価率が高まる、他通貨増価率も高ま る」、推察することはできても、実証することは難しい。東アジア通貨は米ドルに対 する増価率を上昇させているが、それは、米ドルに対して徐々に増加する中国人民元を 意識しつつ、それよりもすこし高め増価率は許容する、という人民元をベンチマーク にする政策結果なかもしれない。あるいは、「世界不均衡」解消に向けて、すべて 通貨に対して米ドルが下落するなかで、通貨は、対ドル増加率を(介入政策によ り)選択していたかもしれない。
さらに見せる

21 さらに読み込む

リスクプレミアムの2段階推定におけるバイアスの修正方法の比較

リスクプレミアムの2段階推定におけるバイアスの修正方法の比較

バイアス修正方法比較 木 下 亮 1 はじめに 株価が投資家合理的行動によって形成されている想定するであれば,高い期待リタ ーンには,何らかのリスクが伴う。このようなリスクリターントレードオフに関しては CAPM や APT によって線形モデルとして構築されており,広く実証分析が行われている。 しかしながら,先行研究で提案されているリスクプレミアム推定量は,必ずしも統計的 に望ましい性質を満たさない。そのため,推定方法開発推定量性質調査はファイナ ンス分野における主要なテーマひとつである。時系列回帰クロスセクション回帰 2 段 階推定がリスクプレミアムを推定するため古典的な方法である。この方法は以下ような 手順で行われる。初めにポートフォリオリターンをファクターに回帰することで,ベー タを推定し,次にポートフォリオ平均リターンを推定されたベータに回帰することで リスクファクターリスクプレミアムを推定する方法である。この方法は,2 段階目推定 において真ベータではなく,推定されたベータを用いるため説明変数に観測誤差を含む回 帰分析に対応する。通常説明変数に観測誤差を含む回帰分析では,不偏性一致性が保証 されない。しかし,この分析場合にはベータ推定量が一致推定量であるため,観測誤差 が漸近的に除去されることになり,2 段階目リスクプレミアム推定量一致性も保証さ れる。しかしながら,有限標本ではリスクプレミアム推定量にバイアスが存在する。本稿 では,このバイアスを除去するため推定量を提案する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

国際通貨基金とは

国際通貨基金とは

国別サーベイランスは、加盟国経済政策に関する包括的な協議かたちで定期的に (通常は年 1 回) 実施 され、必要に応じ臨時協議も行います。このようなコンサルテーション (年次協議) は、IMF 協定第 4 条に規定さ れていることから「4 条協議」呼ばれています。4 条協議際は、IMF エコノミスト (経済専門家) チームが当該 国を訪問して経済金融に関する情報を収集し、政府や中央銀行スタッフ経済政策について議論します。IMF チームは、当局面談者以外にも、しばしば議会関係者や、産業界、労働組合など代表者に会って話を聞 きます。チームは、IMF マネジメントに調査結果を報告し、その後、IMF 全加盟国を代表する IMF 理事会にも 提出し、同理事会により議論されます。報告について理事会見解要旨は当該国政府に送られます。そう することにより、国際社会見解や国際的な経験に基づく教訓が当該国経済政策に反映されるです。理事会 による議論概要ほとんどはパブリック・インフォメーション・ノーティス(PIN)として公表され、IMF ホームペー ジに掲載されています。スタッフが作成した各国に関する報告書も同様に公表されています。
さらに見せる

16 さらに読み込む

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択 「平成25年度 日本企業の貿易建値通貨の選択に関するアンケート調査」結果概要

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択 「平成25年度 日本企業の貿易建値通貨の選択に関するアンケート調査」結果概要

回答結果から得られた 2009 年度調査比較して日本企業為替リスク管理インボイ ス通貨主な特徴は以下 4 点である。 第一に、日本から世界へ輸出総額に占める円建て取引比率は 48%から 42%へ低下 し、ユーロ建て取引比率が減少する一方で、米ドル建て取引比率は 42%から 49%に上昇 した。また、人民元国際化など進展を背景として、アジア通貨建て取引比率が若干上 昇傾向にあることも確認された。第二に、仕向地別に見る、アジア向け輸出において米 ドル建てが選択される比率は上昇している。アジア向け輸出における相手国通貨建て取引 は若干上昇傾向にあるものの依然として少ないが、中国向け輸出については、円建てシ ェアが 2009 年 55.4%から 2013 年には 44.6%に、10%超低下した代わりに、米ドル建て シェアが 43.7%から 47.1%に上昇すると共に、人民元建てシェアが 1.3%から 8.2%に大幅 に上昇した。第三に、為替リスクヘッジ観点からは、為替リスクヘッジ手段利用が低 下しており、特にその傾向は電気機器や精密機器分野で顕著であること、またマリー・ ネッティングを利用している割合は全体 4 割弱前回調査ほぼ同様であるが、業種ご で為替リスクヘッジ管理変化に違いが生じていることが観察された。これは、本社 海外現地法人分業体制に業種ごとにそれぞれ異なった変化が起こり、それが為替リス クヘッジ手段違いに反映していることを示唆するものである。第四に、円高時、円安時 における企業価格設定行動については、どちら局面においても為替変動を価格に転嫁 し て い る 企 業 割 合 は 4 分 1 弱 で あ り 、 為 替 相 場 変 動 に 関 わ ら ず PTM(Pricing-to-the-Market)整合的な価格設定行動をとっている企業割合が高いこと が示された。
さらに見せる

32 さらに読み込む

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択-「平成21年度日本企業の貿易建値通貨の選択に関するアンケート調査」結果概要-

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択-「平成21年度日本企業の貿易建値通貨の選択に関するアンケート調査」結果概要-

回答結果から得られる日本企業為替リスク管理インボイス通貨選択主な特徴は、 以下 5 点である。第一に、貿易取引を行っている日本製造業上場企業は複数外国 通貨を取り扱い、直面する為替リスクに関して、市場を通じた為替リスクヘッジ及び企業 内でインボイス通貨選択を通じたマリー・ネッティングを主な手法として為替リスク 管理を行っている。こうした為替リスク管理は、企業規模が大きくなるほど、海外市場 へ販売エクスポージャーが高いほど活発である。第二に、日本から輸出総額に占め るインボイス通貨通貨別シェアは、円建て米ドル建てが拮抗し次いでユーロ建てが用 いられている。企業規模が大きくなるほど、円建てシェアが低下し、米ドル及びユーロ 建てシェアが上昇する傾向がある。業種別では機械輸送用機器円建てシェアが高く、 電気機器米ドル建てシェアが高い。第三に、日本から欧米各国(地域)向け輸出にお けるインボイス通貨選択については、米国ユーロ圏向け輸出を中心に、相手国通貨をイ ンボイス通貨として選択する傾向が観察され、この傾向も企業規模が大きくなるほど顕著 である。第四に、日本からアジア各国向け輸出におけるインボイス通貨大半は円米ド ルであり、相手国通貨であるアジア各国通貨はほとんど利用されていない。企業規模が大 きくなるほど、円建てシェアが低下し、米ドル建てシェアが増加する傾向が顕著であ る。第五に、日本企業は特にアジア各国に設立した生産拠点として現地法人からアジア 域内及び世界全体に向けて活発な輸出を行っているが、アジア生産拠点から輸出におけ るインボイス通貨選択については、欧米市場のみならず日本及びアジア域内向けにおいて も米ドルが最も使用頻度高いインボイス通貨として選択されている。
さらに見せる

59 さらに読み込む

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択:「2017年度日本企業の貿易建値通貨の選択に関するアンケート調査」結果

RIETI - 日本企業の為替リスク管理とインボイス通貨選択:「2017年度日本企業の貿易建値通貨の選択に関するアンケート調査」結果

 前回調査比較して、為替変動を現地で販売価格に転嫁しない回答する現地法人 割合が 2 割から 4 割に増えた。さらに、現地法人が第 3 国に輸出している場合輸 出先販売価格に対しては、為替変動を現地価格に転嫁しない回答する割合は 5 割 、その割合は高くなる。また、今回調査で新たに追加した円高局面、円安局面そ れぞれにおいて価格設定、および調達数量変化については、円高時円安時で異 なるという結果が得られた。2012 年末まで歴史的な円高局面では、日本から調達 価格が上昇した回答した企業割合は 3 割であり、調達先現地化や日本から現地 へ生産拠点移転も起こっていた。一方、2012 年末以降円安局面では、日本から 調達価格が減少した回答した企業割合は 2 割前後に低下し、調達数量も 9 割が変 化なし回答している。この回答結果は、Shimizu and Sato (2015)円高時には日本 輸出企業はパススルー率を高めたが、円安になってからまた PTM 行動に戻ったとい う結果整合的である。
さらに見せる

86 さらに読み込む

自国通貨建てと外国通貨建てのソブリンCDS を用いたリスクフリー・レートのターム・ストラクチャーの推定 : カウンターパーティ・リスクの影響の除去

自国通貨建てと外国通貨建てのソブリンCDS を用いたリスクフリー・レートのターム・ストラクチャーの推定 : カウンターパーティ・リスクの影響の除去

3.3. 通貨デフォルト強度差異 ドイツ連邦共和国を参照体するユーロ建て CDS 評価は,CDS に係るキャッシュフローをユーロ建て リスクフリー・レートで現在価値に割引く.一方,ド イツ連邦共和国を参照体する米ドル建て CDS 評 価は,CDS に係るキャッシュフローを米ドル建てリ スクフリー・レートで現在価値に割引く.通貨建てが異 なればリスクフリー・レートも異なっている.そのため 通貨建てで異なる CDS プレミアム差異原因をリス クフリー・レート差異に帰することも否定できない. そこで異なる通貨建て CDS プレミアムを共通尺度 で測られるデフォルト強度に変換して比較した.前小節 手続きによって推定したユーロ建てリスクフリー・ レートドイツ連邦共和国を参照体するユーロ建て CDS からドイツ連邦共和国デフォルト強度を推定し た.ユーロ建て CDS から推定されたデフォルト強度, 米ドル建て CDS から推定されたデフォルト強度から ユーロ建て CDS から推定されたデフォルト強度を減 じた差異をそれぞれ図 10,11 に掲げる.ドイツ連邦共
さらに見せる

13 さらに読み込む

ドル建ハイイールド債ファンドにおける 3 つの収益の源泉 各ファンドは 通貨選択型の投資信託です 通貨選択型の投資信託は 株式や債券などの投資対象資産への投資に加えて 為替取引の対象通貨を選択できるように設計された投資信託です 以下の収益源に相応してリスクが内在していることに注意が必要です ポイント

ドル建ハイイールド債ファンドにおける 3 つの収益の源泉 各ファンドは 通貨選択型の投資信託です 通貨選択型の投資信託は 株式や債券などの投資対象資産への投資に加えて 為替取引の対象通貨を選択できるように設計された投資信託です 以下の収益源に相応してリスクが内在していることに注意が必要です ポイント

② 為替変動リスク ■豪ドルコース、ブラジルレアルコース、メキシコペソコース、トルコリラコース •ファンド主要投資対象である外国籍投資信託は、主に米ドル建資産に投資し、原則として米ドル売り、取引対象通貨買い為替取引を行います。そのため、ファンドは円に対する取引対象 通貨為替変動影響を受け、 取引対象通貨為替相場が円高方向に進んだ場合には、ファンド基準価額は下落し、損失を被り投資元本を割込むことがあります。 また、為替取引を行う際 に米ドル建資産額為替取引額を一致させることはできませんので、基準価額は円に対する米ドル為替変動影響を受ける場合があります。なお、 為替取引を行う際に取引対象通貨金利が 米ドル金利より低い場合、米ドル取引対象通貨金利差相当分費用(為替取引によるコスト)がかかることにご留意ください。
さらに見せる

20 さらに読み込む

ドル建ハイイールド債ファンドにおける 3 つの収益の源泉 各ファンドは 通貨選択型の投資信託です 通貨選択型の投資信託は 株式や債券などの投資対象資産への投資に加えて 為替取引の対象通貨を選択できるように設計された投資信託です 以下の収益源に相応してリスクが内在していることに注意が必要です ポイント

ドル建ハイイールド債ファンドにおける 3 つの収益の源泉 各ファンドは 通貨選択型の投資信託です 通貨選択型の投資信託は 株式や債券などの投資対象資産への投資に加えて 為替取引の対象通貨を選択できるように設計された投資信託です 以下の収益源に相応してリスクが内在していることに注意が必要です ポイント

ご留意事項等 ご留意事項 ●当資料は、販売用資料としてアムンディ・ジャパン株式会社が作成したものです。法令等に基づく開示書類ではありません。 ●当資料は、信頼できる考えられる情報に基づき作成しておりますが、情報正確性あるいは完全性について保証するものではありません。また、当資料中いかなる 内容も、将来投資収益等を示唆または保証するものではありません。当資料中には、特定資産、市場等に関する予測および将来見通しが含まれていることがあり ますが、実際に生起する事象はかなり相違することがあります。当資料に記載されている内容は、全て当資料作成日現在ものであり、今後予告なしに変更される ことがあります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

研究開発投資とリスクとの関係について:設備投資との比較分析

研究開発投資とリスクとの関係について:設備投資との比較分析

。企業収益は個別企業要因だけではなく,市場全体(マク ロ)要因にも影響されることを考慮し,市場全体影響を年度ダミーで捉え ることにする。次に上場ダミーについては次ような理由で使用している。企 業が上場している証券取引所ではそれぞれ違う基準を設けており,それら 基準をクリアすることが上場へ必要条件なる。その基準は新興市場から2 部市場へ,2部市場から1部市場へ上場変更するほど,厳しくなるが通常で ある。企業収益性はその基準一つであり,上場区分企業収益変動 性関連性は否定できない。
さらに見せる

18 さらに読み込む

Show all 10000 documents...