危険物取扱者試験のお知らせ

Top PDF 危険物取扱者試験のお知らせ:

(3) 標識等の設置 見やすい箇所に標識 掲示板を立て関係者に注意喚起を行うこと (4) 流出防止対策 流出した危険物が拡散しない形状の場所を選定すること 危険物が流出する危険性がある場合は 吸着マットや簡易の防油堤等必要な流出防止対策を講ずること (5) 火気使用の制限 保有空地を含め 危険物の貯

(3) 標識等の設置 見やすい箇所に標識 掲示板を立て関係者に注意喚起を行うこと (4) 流出防止対策 流出した危険物が拡散しない形状の場所を選定すること 危険物が流出する危険性がある場合は 吸着マットや簡易の防油堤等必要な流出防止対策を講ずること (5) 火気使用の制限 保有空地を含め 危険物の貯

・ 取扱い際には、開口前エア抜き操作等、取扱説明書等に書かれた 容器操作方法に従い、こぼれ・あふれ等がないよう細心注意を払って ください。 万一流出させてしまった場合には少量であっても回収・除去を行うとと もに周囲火気使用禁止や立入り制限等が必要です。必要に応じて消火 器を準備しておきましょう。また、衣服や身体に付着した場合は、直ちに 衣服を脱いで可能であれば大量水と石けんで洗い流しましょう。 ・ ガソリン使用機器取扱説明書等に記載された安全上留意事項を厳守
さらに見せる

25 さらに読み込む

2- 制限 (Limitations) 2.6- 微量危険物 (Dangerous Goods in Excepted Quantities) 液体危険物については 吸収材を中間容器内または外装容器内のいずれかに置くことを許可するよう包 装規定が修正された 2.8- 政府および運航者例

2- 制限 (Limitations) 2.6- 微量危険物 (Dangerous Goods in Excepted Quantities) 液体危険物については 吸収材を中間容器内または外装容器内のいずれかに置くことを許可するよう包 装規定が修正された 2.8- 政府および運航者例

注: “マーキングからマーク”へ変更は第7章以外章にも適用となる。しかしながら非常に多数これら編集上 変更は第7章である。 7.1.5.5―リチウム電池マーク要件を規定する新しい規則である。リチウム電池マーク仕様は図 7.1.C に示 されている。新しいマークは 2017 年 1 月 1 日付けで発効するが 2 年間経過期間があり、その期間中はリチウ ム電池包装基準 Section IB または、Section Ⅱに従って準備されたリチウム電池を含む包装にはリチウ ム電池マークまたはリチウム電池取り扱いラベルいずれを貼付してもよい。
さらに見せる

7 さらに読み込む

危険物受験案内.qxd

危険物受験案内.qxd

一般財団法人消防試験研究センター(以下「当センター」という。)は,危険取扱試験実施と免状作成 業務を行っています。 当センターは,試験及び免状事業実施機関として個人情報を取り扱っていますので,個人情報重要性を 十分認識し,その保護徹底を図るとともに,個人情報保護に関する法令及びその他関連する規範を遵守 し,取得した個人情報は,正確,かつ,安全に取り扱います。
さらに見せる

16 さらに読み込む

まえがき 本報告書は 国土交通省海事局の指導の下に 平成 28 年度に日本財団の助成を得て 危険物の海 上運送に関する調査研究 について危険物等海上運送国際基準検討委員会を設けて調査研究を行い その内容を取りまとめたものである 危険物等海上運送国際基準検討委員会 - 敬称略 順不同 括弧内は前任者

まえがき 本報告書は 国土交通省海事局の指導の下に 平成 28 年度に日本財団の助成を得て 危険物の海 上運送に関する調査研究 について危険物等海上運送国際基準検討委員会を設けて調査研究を行い その内容を取りまとめたものである 危険物等海上運送国際基準検討委員会 - 敬称略 順不同 括弧内は前任者

は じ め に 危険、液状化物質等船舶運送中に人命、船体、財貨等に有害な影響を及ぼすおそれある 貨物については、その取り扱いを適切、かつ、国際的に統一した基準で行うことが要請されてい る。このため、国際海事機関( IMO)は SOLAS 条約第 VI 章・第 VII 章をはじめ各種規則・基 準を整備し、その多くは日本国内法にも取り入れられている。これら規則・基準 IMO におけ る審議詳細は、貨物運送小委員会( CCC 小委員会)に委ねられている。CCC 小委員会は、危 険、固体ばら積み貨物、コンテナ等貨物海上運送に係る IMDG コード(国際海上危険規 程) 、IMSBC コード(国際海上固体ばら積み貨物規程)、CSS コード(貨物積付け及び固定に 関する安全実施規則)等について審議を行なっている。また、海洋汚染防止条約附属書Ⅲ (MARPOL 条約)に基づく個品運送海洋汚染物質特定及びその運送要件は IMDG コードに より規定されており、同小委員会へ付託事項一つである。また、汚染防止・対応小委員会 (PPR 小委員会)にて検討が行われているばら積み液体危険海洋に対する危険性評価法は、 基本的に個品危険(海洋汚染物質)それと同じであり、その運送に係る国際規則は共にわが 国危険運送規則である「危険船舶運送及び貯蔵規則(危規則)」に採り入れられている等、 危険個品運送及びばら積み運送は相互に密接な関係がある。
さらに見せる

242 さらに読み込む

別紙 2 平成 29 年中の危険物に係る事故の概要 平成 30 年 5 月 消防庁危険物保安室

別紙 2 平成 29 年中の危険物に係る事故の概要 平成 30 年 5 月 消防庁危険物保安室

危険施設における流出事故発生件数推移を製造所等別にみると、最近5年間では、 一般取扱所、屋外タンク貯蔵所、移動タンク貯蔵所、給油取扱所及び地下タンク貯蔵所が上位 を占めている。(第16表、第5図参照) イ 平成29年中、無許可施設に係る流出事故は3件(前年6件)発生し、死傷は0人(前年 死傷0人)、損害額62万円(前年15万円)となっている。前年に比べ、流出事故発生件数 は3件減少、死傷は引き続きなし、被害額は47万円増加となっている。(第17表参照) ウ 平成29年中危険運搬中流出事故は13件(前年11件)発生し、死者は0人(前年0
さらに見せる

34 さらに読み込む

消防・危険物に関する法令

消防・危険物に関する法令

第13条 政令で定める製造所、貯蔵所又は取扱所有、管理又は占有は、甲種危険 取扱(甲種危険取扱免状交付を受けているをいう。以下同じ。)又は乙種危険取扱 (乙種危険取扱免状交付を受けているをいう。以下同じ。)で、6月以上危険取扱い 実務経験を有するものうちから危険保安監督を定め、総務省令で定めるところにより、そ が取り扱うことができる危険取扱作業に関して保安監督をさせなければならない。 2 製造所、貯蔵所又は取扱所有、管理又は占有は、前項規定により危険保安
さらに見せる

17 さらに読み込む

別添 1 平成 29 年度 危険物保安功労者消防庁長官表彰 受賞者名簿

別添 1 平成 29 年度 危険物保安功労者消防庁長官表彰 受賞者名簿

(2) 優良危険関係事業所表彰 危険関係法令遵守はもとより、危険施設位置、構造及び設備並びに危険取扱いに係る保安 上措置自主的かつ積極的推進、危険安全管理に関する教育徹底等を通じて危険保安に関す る行政推進に協力し、もって国民生活安全確保に顕著な功績あった危険関係事業所を表彰しま す(別添2)。
さらに見せる

10 さらに読み込む

可燃性のガス (49 件 ) 化学物質 ( 危険物 有害物等 ) に起因する 労働災害 ( 休業 4 日以上 )/2015 年 爆発性の物等 (17 件 ) 引火性の物 (112 件 ) 有害物 (278 件 ) 合計 456 件 労働者死傷病報告 による死傷災害発生状況 (2015 年確定値 )

可燃性のガス (49 件 ) 化学物質 ( 危険物 有害物等 ) に起因する 労働災害 ( 休業 4 日以上 )/2015 年 爆発性の物等 (17 件 ) 引火性の物 (112 件 ) 有害物 (278 件 ) 合計 456 件 労働者死傷病報告 による死傷災害発生状況 (2015 年確定値 )

(2017年1月1日施行) 保護衣等  事業は、当該物質を製造し、若しくは取り扱う作業又は これら周辺で行われる作業であって、皮膚に障害を与え、 若しくは皮膚から吸収されることにより障害をおこすおそ れがあるものに、労働を従事させるときには、当該労働 に保護眼鏡並びに不浸透性保護衣、保護手袋及び保護 長靴を使用させること

28 さらに読み込む

平成 28 年熊本県熊本地方を震源とする 地震における危険物施設の被害及び危険物 の仮貯蔵 仮取扱いの状況 平成 28 年 11 月 消防庁危険物保安室

平成 28 年熊本県熊本地方を震源とする 地震における危険物施設の被害及び危険物 の仮貯蔵 仮取扱いの状況 平成 28 年 11 月 消防庁危険物保安室

市町村名(             ) 事業所名(                      住所                             ) 事業担当・連絡先 (担当氏名                     連絡先                    消防本部担当・連絡先 (担当氏名                    連絡先                    地震発生時被災した 製造所等稼働状況
さらに見せる

44 さらに読み込む

移送取扱所変更許可及び仮使用承認申請書 危険物の規制に関する規則に係る様式 | いわき市消防本部

移送取扱所変更許可及び仮使用承認申請書 危険物の規制に関する規則に係る様式 | いわき市消防本部

                    申 請                        住 所           (電話     )                       氏 名                    設 置 住 所              電話

1 さらに読み込む

一般取扱所の基準(危険政令第19条)

一般取扱所の基準(危険政令第19条)

ただし,実態上「給油,灯油若しくは軽油詰替え又は自動車等点検・整備若しく は洗浄ために給油取扱所に出入りするを対象とするもの」と認められる理容室等に あっては,設置を認めても差し支えないものであること。 ( H9 危 104) なお,危省令第25条4第1項第2号用途に供する部分においては,物品販売 若しくは展示又は飲食提供だけではなく,レンタカー業務,物品貸付けほか行 為媒介,代理,取次等営業ができるものであり,これら営業に係る商品,サービ ス等種類については,制限はないものであること。 ( S62 危 38)(H22 危 158)
さらに見せる

69 さらに読み込む

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程

第16条 署長は, 次に掲げる届出書提出があったときは, 必要な指導を行うとともに, 受領する1部を除きその他ものには,危市規則第7条第2項に規定する届出済印(以下 「届出済印」という。 )を押して返付するものとする。 ⑴ 危市規則第6条第1項に規定する危険製造所等所有氏名等変更届出書 ⑵ 危市規則第7条第1項に規定する危険製造所・貯蔵所・取扱所譲渡引渡届出書 ⑶ 危市規則第7条2第1項に規定する危険製造所・貯蔵所・取扱所品名,数量又
さらに見せる

30 さらに読み込む

危険物製造所等変更許可及び仮使用承認申請書 危険物の規制に関する規則に係る様式 | いわき市消防本部

危険物製造所等変更許可及び仮使用承認申請書 危険物の規制に関する規則に係る様式 | いわき市消防本部

   2 この申請書は、移送取扱所以外製造所等について、変更許可申請と仮使用承認申請を同時に行う場     合に用いるものであること。    3 法人にあっては、その名称、代表氏名及び主たる事務所所在地を記入すること。 製造所

1 さらに読み込む

ライター用オイルの危険物運搬容器の誤表示について

ライター用オイルの危険物運搬容器の誤表示について

なお、当該表示誤りは、神戸市において、ライター用オイル取扱いを不適切に行っ たことにより発生した火災事故が契機となり判明したものです。 各都道府県におかれましては、貴管内市町村(消防事務を処理する一部事務組合等 を含む。)に対してもこの旨周知されるようお願いします。

5 さらに読み込む

5.危険物・防災・保安分野

5.危険物・防災・保安分野

要望理由  電子加速器については、工業分野、医療分野、環境分野など各方面で利 用が進んでおり、特に利用目的に最適化した小型加速器は、近年その利用が 拡大しつつある。しかし、現状では第一種放射線取扱主任でないと取扱いが 認められず、その普及を阻害する要因一つとなっている。10MeV以下低エ ネルギー電子加速器場合、装置単独では中性子を発生しないので、X線発 生装置ように法規制対象にする必要はなく、第一種主任でなくとも取扱 いは十分可能であるといえる。第一種以外免許取得にも加速器取扱い を認めることにより、放射線利用技術が幅広い分野で応用され、一層社会貢 献が期待できる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

危険物乙4試験

危険物乙4試験

①移動タンク貯蔵所には、移送する危険を取扱うことできる免状を持つ危険取扱が乗車 し、免状を携帯する。②移送が連続運転時間4時間を超える又は一日運転時間9時間を超える場 合には、原則として2名以上運転要員を確保する。③休憩ために一時停止させるときは、安全 な場所を選ぶ。④漏油等災害発生おそれがある場合には、応急措置を講じ、消防機関に通報 する。⑤アルキルアルミニウム等を移送する際には、移送経路等を記載した書面を関係消防機関 に送付するとともに、書面写しを携帯し、書面記載事項に従う。⑥移動タンク貯蔵所には、完成 検査済証、定期点検記録、譲渡・引渡届出書、品名・数量又は指定数量倍数変更届出書を 備え付ける。⑦車両前後に定められた標識を付ける。⑧移送中に消防吏員から停止を命じられ、 免状提示を求められたら提示をしなければならない。
さらに見せる

76 さらに読み込む

平成28年度 国内旅行業務取扱管理者試験 受験案内

平成28年度 国内旅行業務取扱管理者試験 受験案内

(注)1.受験願書提出後、試験地(希望試験地)変更はできませんので、ご注意ください。 2.試験地「大阪・神戸」は、収容人員都合から1つ試験地として扱います。 3.試験地として「東京」または「大阪・神戸」を希望するは、試験会場指定ができません。受験票に試 験会場を記載してお知らせしますので、お間違えないよう確認うえ試験会場へお越しください。 (他 会場で受験はできません。)また、受験票に記載された試験会場を変更することもできません。 4.試験会場施設内は駐車禁止です。周辺道路や商業施設等で違法な駐停車も禁じます。
さらに見せる

11 さらに読み込む

状況 No. 専門学位業務内容経験 資格希望時間希望頻度 13 生理活性物質学学士データの整理 パソコンでの資料作成 (Word Excel) 文献調査統計 解析研究事務その他各種分析有機合成水質関係第一種公害防止管理者試験甲類危険物取扱者環境計量士 ( 濃度関係 ) 平日の日中 5 時間程度 週

状況 No. 専門学位業務内容経験 資格希望時間希望頻度 13 生理活性物質学学士データの整理 パソコンでの資料作成 (Word Excel) 文献調査統計 解析研究事務その他各種分析有機合成水質関係第一種公害防止管理者試験甲類危険物取扱者環境計量士 ( 濃度関係 ) 平日の日中 5 時間程度 週

― 46 応用微生物学 博士 実験・実習補助 データ整理 パソコンで資料作成:文書作成 (Word)、表・グラフ作成 (Excel) 、プレゼン資料作成(Power Point)、研究事務、細胞培養、クリーン ベンチ、DNA実験、各種分析、微生物培養、細胞培養、組換えタン パク質作製・精製、電気泳動、DNA抽出、シーケンス、GC・ HPLC、PCR、ウエスタンブロット、スクリーニング

7 さらに読み込む

N K K K 危険物コンテナ運送セミナー

N K K K 危険物コンテナ運送セミナー

船舶設備規定 第 311 条 18 コンテナ荷重試験 (2)「コンテナ構造上重大欠陥に関するガイダンス」 国際海事機関(IMO)は、2005 年 5 月に CSC 条約に基づくコンテナ安全承認板に関する違反、コンテ ナ安全性に影響を及ぼす構造上重大欠陥を有するコンテナ判断基準として「コンテナ構造上 重大欠陥に関するガイダンス」を関係各国に CSC/Circ.134 として回章した。これを受けて関係各国は、 PSC(ポートステートコントロール、当該船舶旗国ではなく寄港国主官庁による船舶検査)におい て輸出入コンテナ損傷等をこのガイドライン基準に従って判断することが想定されるので、関係 はこの内容を理解して対応する必要がある。
さらに見せる

34 さらに読み込む

沿革 公益財団法人大阪府危険物安全協会は 公益財団法人として安全意識の普及啓発事業や危険物取扱者保安講習 危険物取扱試験受験準備講習 関係テキストの作成 改定などの関係事業を実施し 自主保安体制の確立を目的として活動を行っています 大阪府では 明治 14 年に 石油取締規則 が制定され 明治 34

沿革 公益財団法人大阪府危険物安全協会は 公益財団法人として安全意識の普及啓発事業や危険物取扱者保安講習 危険物取扱試験受験準備講習 関係テキストの作成 改定などの関係事業を実施し 自主保安体制の確立を目的として活動を行っています 大阪府では 明治 14 年に 石油取締規則 が制定され 明治 34

この講習は、危険取扱作業に従事するが安全・確実に作業を実施するため、消防法第 13 条 23 に基づき大阪府知事が行なう法定講習で、危険取扱作業に従事する危険取扱が 3 年に 1 回受講を義務付けられている講習です。危険取扱免状を有してその業務に従事している がこの講習を受講しない場合には、免状返納命令対象になることがあります。また、保安監督 に選任されているにもかかわらず、講習を受講せず作業に従事していた場合などは、場合によって は危険施設所有等に保安監督解任命令が発せられ、この命令に違反した所有等には 消防法第 13 条 24 により、施設使用停止命令が発せられることがあります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...