前連結会計年度末比1,166百万円増の13,048百万円となりまし

Top PDF 前連結会計年度末比1,166百万円増の13,048百万円となりまし:

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

【通信ネットワーク・コンピュータシステムについて】 携帯電話やPC等を結ぶ通信ネットワークが、自然災害や事故(社内外人的要因ものを含む)、急激なアクセス集中等によって切断された場合には、当社グループ 事業及び業績に影響を与える可能性があります。コンピュータウィルスやハッカー不正な侵入により通信ネットワークやコンピュータシステムに障害が発生した場合、 当社グループ事業及び業績に影響を与える可能性があります。計画を超えるユーザー急激な増加等が発生した場合、設備投資前倒しや計画よりも大きな費用負担が 発生し、当社グループ事業及び業績に影響を与える可能性があります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

(4)今後見通し  平成31年9月期アルゴリズムライセンス事業につきましては、良好な市場環境を背景に、アルゴリズムライセンス 積み上げおよびアルゴリズムソフトウエア拡販を見込んでおります。また、自然言語処理、画像認識、機械学習/深 層学習技術に関わるアルゴリズムソリューション潜在的な成長機会は非常に大きいもの考えており、優秀な人材 採用およびアルゴリズムソフトウエア開発を推し進めることで、継続的な成長を目指してまいります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

※ 決算短信は公認会計士又は監査法人監査対象外です ※ 業績予想適切な利用に関する説明、その他特記事項  本資料に記載されている業績見通し等将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的である判断する一定前提に基づいており、実際 業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想前提なる条件及び業績予想ご利用にあたって注意事項等については、(添付資 料)3ページ「1.経営成績等概況(4)今後見通し」をご覧ください。
さらに見せる

13 さらに読み込む

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

もあり、未だ不透明であります。当期収支見通し いたしましては、昨年オープンした東京スカイツ リータウンさらなる収益向上に取り組むほか、引 き続き各部門においても積極的な営業活動を展開 する一方、省力化をはじめ、徹底した経営効率化 をはかり、すでに前倒し達成いたしました「東武グ ループ中期経営計画2010~2013」数値目標 (当期純利益200億等)について、さらなる上積 みをはかってまいりますので、株主皆様には、今 後とも一層ご理解ご支援を賜りますようお願い 申しあげます。
さらに見せる

9 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

当部門では、地球環境へ配慮やユニバーサルデザインへ対応などを進め、企業や生活者多様 なニーズに的確に応える製品・サービスを国内外に提供していきます。 包 装 事 業 で は、 水 蒸 気 や 酸 素 な ど バ リ ア 性 に 優 れ た 「 D N P 透 明 蒸 着 フ ィ ル ム ( I B 〔Innovative Barrier〕フィルム)」シリーズや、植物由来原料を使用した「DNPバイオマス プラスチック包材 バイオマテック」シリーズなど高機能製品シェア拡大を図っていきます。 海外展開については、昭和47年からインドネシアで包装材製造・販売を行っており、日用品や 食品など分野で同国トップシェアを獲得しています。平成25年5月に開設したベトナム工場 など拠点も活用して、海外進出する日系企業やグローバル企業に付加価値高い製品サービスを 提供していきます。
さらに見せる

37 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

○添付資料目次 1.経営成績等概況 ……………………………………………………………………………………2 (1)当期経営成績概況 …………………………………………………………………………2 (2)当期財政状態概況 …………………………………………………………………………3 (3)当期キャッシュ・フロー概況 ……………………………………………………………3 (4)利益配分に関する基本方針及び当期・次期配当 …………………………………………4 (5)今後見通し ……………………………………………………………………………………4 2.会計基準選択に関する基本的な考え方 …………………………………………………………4 3.連結財務諸表及び主な注記 …………………………………………………………………………5 (1)連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………5 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 ……………………………………………………7 (3)連結株主資本等変動計算書 ……………………………………………………………………9
さらに見せる

20 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

■決算動向 フィールドマーケティングはリピート率向上で業績は急拡大中 (2)フィールドマーケティング事業 子会社ソフトブレーン・フィールドで展開する「フィールドマーケティン グ事業」は、店舗における営業支援(店舗商談、売場構築、POP広告取り付 け)が売上高大半を占めている。2012年12期売上高は前期54.5% 1,171、セグメント利益は同78.9%231大幅な増収増益なっ た。企業が広告宣伝費効率的運用を図るため、直接的効果高い店頭販促支 援活動比重を増やす傾向にあること、またそのなかでコスト低減ためにア ウトソーシング活用を増やしていること、同社サービス品質向上によるリ ピート率向上などが業績急拡大要因なっている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

当第2四半期連結会計期間末における固定負債は92なり連結会計年度に比べ13増加いたし ました。これは主に資産除去債務が11増加したことによるものであります。 (純資産) 当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は3,812なり連結会計年度に比べ153増加 いたしました。これは主に連結子会社である株式会社オールアバウトナビ株式一部譲渡及び同連結子会社によ る日本テレビ放送網株式会社を引受人する第三者割当増資により資本剰余金が344、非支配株主持分が302 増加したこと、親会社株主に帰属する四半期純利益を247計上したこと及び40配当実施によ り利益剰余金が206増加したこと、また、立会外買付により自己株式が700増加したことによるもので あります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業 売上高は16,737(前年同期はなし)、事業利益(のれん償却営業利益)2,105(同)、のれん償却 額366、セグメント営業利益は1,739(同)なった。 ミュゼプラチナムが運営する女性専用美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」顧客が順調に拡大したこと(会 員数は2016年3月末280人から、2016年9月末295人へ拡大)や役務消化効率向上へ取り組みなどが背景。 具体的には、同社は、予約当日キャンセル率改善、EC機能強化による収益向上ため施策として、2016年4 月にミュゼプラチナム会員向けアプリ「ミュゼパスポート」をリリースした。同社によれば、「ミュゼパスポー ト」ダウンロード数は好調に推移した。また、併せて、予約キャンセルに関する会員規約見直しや当日予約 会員に対するキャンペーンを実施した。更に、2016年8月より、法人向けマーケティングサービス「ミュゼマーケ ティング」提供を開始した。美に関心高い女性に対して製品・サービス認知拡大やイメージ調査など実 施を考える法人向けに、295女性会員「ミュゼプラチナム」店舗、会員専用サイト・アプリを活用した 豊富な媒体メニューを提供するため取り組みを推進した。尚、「ミュゼプラチナム」は、美容脱毛専門サロン 市場で「店舗数・売上 No.1」を5年連続、「顧客満足度 No.1」を3年連続獲得している(2016年7月時点、 株式会社東京商工リサーチ調査)。
さらに見せる

5 さらに読み込む

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 ( 百万円未満切捨て ) 総資産株主資本株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円百万円 % 円銭 18 年 3 月期第 1 四半期 186, , , 年 3 月期第 1 四半期 187, ,93

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 ( 百万円未満切捨て ) 総資産株主資本株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円百万円 % 円銭 18 年 3 月期第 1 四半期 186, , , 年 3 月期第 1 四半期 187, ,93

1. 実地たな卸については継続記録が整備されていることを条件として省略しております。 2. 貸倒引当金計上基準は、貸倒実績率については連結会計年度実績により計算 しております。 3. 減価償却費については、年間償却予定額月割額を計上しております。なお、期中に 売却あるいは除却する場合減価償却費については、売却あるいは除却まで期間に 見合う償却は、通常実施しております。ソフトウェア、営業権及び長期前払費用償 却も同様です。
さらに見せる

8 さらに読み込む

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2.当社は、平成29年8月3日に東京証券取引所マザーズ市場及び名古屋証券取引所セントレックス市場に上場 したため、希薄化後1株当たり当期利益は、新規上場日から当事業年度まで平均株価を期中平均株価 みなして算定しております。 3.当社は2017年4月12日付で普通株式1株につき100株割合で株式分割を行っております。また、2018年8 月6日付で普通株式1株につき3株割合で株式分割を行っております。2018年9月期期首に当該株式分 割が行われた仮定し、期中平均普通株式数を算定しております。
さらに見せる

22 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

(2)当期財政状態概況 ………………………………………………………………………………………………… 3 (3)当期キャッシュ・フロー概況 …………………………………………………………………………………… 3 (4)今後見通し …………………………………………………………………………………………………………… 4 (5)利益配分に関する基本方針及び当期・次期配当 ………………………………………………………………… 4
さらに見せる

19 さらに読み込む

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

当中間期に関しましては、全国的に公共防食工事物件数が大幅に増加し、それに伴い当社受注件数も大きく 増加したため、売上高は防食工事関連で 1,142,515 千(前年同期 66.3%) 、防食工事増加に伴い、関連する 材料販売も堅調に出荷量が増加したため、建設材料販売関連売上高は 864,363 千(前年同期 12.9%な りました。混和剤関連売上高は、関西圏大型公共工事減少により生コン出荷量は減少しましたが、高機能 薬剤へ切り替えを推進し、主要生コン工場シェアアップを図ったことで、236,334 千(前年同期 6.9%なりました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

モバイルサービス事業 2018年12月期第1四半期における同事業売上高は1,713(前年同期なし)、セグメント利益は171(同) なった。モバイルサービス事業では、複数ポイントサイト、採用課金型アルバイト求人サイトなどを運営している。 運営するポイントサイトにおいて、会員ECサイトで利用金額一定割合をポイントで還元するEC連携型アフィリ エイト広告を強化するほか、人口知能(AI)によるアフィリエイト広告配信最適化技術を導入する等、収益性向上に向け た取り組みを行った。コンテンツメディアにおいては、事業拡大ために広告宣伝活動に注力した。また、自社で新サ
さらに見せる

5 さらに読み込む

2 P.8(4) 今後の見通し < 訂正前 > 個別業績予想 第 2 四半期 ( 累計 ) 通期 予想値 前年同期比 予想値 前年同期比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 経常利益 37, , ( 親会社株主に帰属する ) 当期純利益 29,00

2 P.8(4) 今後の見通し < 訂正前 > 個別業績予想 第 2 四半期 ( 累計 ) 通期 予想値 前年同期比 予想値 前年同期比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 経常利益 37, , ( 親会社株主に帰属する ) 当期純利益 29,00

*4 2015年度に決算月を3月から2月に変更しており、上表中2015年度累計数値は14か月(2015年1月~2016年2月)実績値なります。 Notes: *1 Share of group companies includes investments from group companies besides investments from Lawson, Inc. *2 According to our internal calculation, the combined operating income of LAWSON STORE100 business has made a total of (566) million yen in fiscal year 2017. This total was calculated by adding the operating income of Lawson Store100, Inc. together with the operating income of Lawson, Inc.'s LAWSON STORE100 business division.
さらに見せる

30 さらに読み込む

定性的情報 財務諸表等 1. 連結経営成績に関する定性的情報テーマパーク事業が堅調であったことなどから 売上高は 266,787 百万円 ( 前年同期比 0.3% 増 ) となりました 加えて 同事業において固定費や人件費などが減少したことにより 営業利益は 37,285 百万円 ( 同 6.9%

定性的情報 財務諸表等 1. 連結経営成績に関する定性的情報テーマパーク事業が堅調であったことなどから 売上高は 266,787 百万円 ( 前年同期比 0.3% 増 ) となりました 加えて 同事業において固定費や人件費などが減少したことにより 営業利益は 37,285 百万円 ( 同 6.9%

【複合型商業施設事業】 :イクスピアリ、ディズニーアンバサダーホテル など イクスピアリ、ディズニーアンバサダーホテルともに好調に推移し、増益なりました。 売上高 17,796(同0.1) イクスピアリでは、7月7日オープン7周年にあわせた記念アイテムやスペシャルメニュー提供、例年好評を博 しております「イクスピアリ・ハロウィーン」や「ピアリ・クリスマス」など、イクスピアリ独自イベントを開催した ほか、新店舗導入や店舗リニューアルを実施いたしました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

セグメント別業績概要は次とおりであります。各セグメント売上収益は外部顧客に対する売上収益を記載 しており、各セグメント利益は、営業利益であります。 (日本) 国内においては、完成車検査問題等影響により、OEM製品売上が減少し、当セグメント売上収益は576 億53前期18.1減収なりました。損益面につきましては、全社をあげた固定費及び原価低減活 動を推進いたしましたが、減収影響を補うことが出来ず、調整後営業利益は前期42億2悪化し、11億32 なり、また、年度を通じて実行した事業構造改革による関連費用16億96計上により、前期61 億87悪化し、5億96営業損失なりました。
さらに見せる

14 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

  1口当たり 利益超過分配金 ・1口当たり利益超過分配金は、本投資法人規約及び資産運用会社社内規程である資産運用 ガイドラインに定める方針に従い算出しています。2019年2月期利益超過分配金総額(継続 的利益超過分配金及び一時的利益超過分配金合計)は、179を想定しています。2019 年2月期については、賃貸事業収益一時的な減少により、2019年8月期における1口当たり 分配金(利益超過分配金は含まない)に比して、一時的に1口当たり分配金(利益超過分配金 は含まない)額が減少することが見込まれるため、1口当たり分配金(利益超過分配金を含 む)を平準化することを目的に継続的利益超過分配金145(当該期間に発生する減価償 却費30.0%)に加えて一時的利益超過分配金34(当該期間に発生する減価償却費 7.0%)を分配することを前提しています。2019年8月期利益超過分配金総額(継続的利 益超過分配金)は、当該期間に発生する減価償却費30%を分配することを前提として算出し ており、146を想定しています。いずれも税法上出資等減少分配に該当する出資払 戻しであり、一時差異等調整引当額から分配はありません。
さらに見せる

38 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

以上結果、マーケティングソリューションセグメント売上高は1,599(前年同四半期10.0%減)、 セグメント利益は113(前年同四半期68.6%減)なりました。 (コンシューマサービスセグメント) コンシューマサービスセグメントにおきましては、「サンプル百貨店」におけるサンプル商品拡充会員数 増加に注力し、主力有償サンプリングサービス「ちょっプル」は引き続き堅調に推移しております。また、第 2四半期連結会計期間より損益を取り込んでおりますファッションECサイト「MUSE&CO.」売上貢献もあり、売上 高は堅調に推移しました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

(マーケティングソリューションセグメント) マーケティングソリューションセグメントにおきましては、第1四半期連結会計期間よりファイブスターズゲー ム株式会社業績を連結損益計算書に反映させております。また、当社において新たなマネタイズ施策としてクラ イアント企業オウンドメディア構築を支援する「コンテンツマーケティング」を推進してまいりました。 以上結果、マーケティングソリューションセグメント売上高は1,288(前年同四半期28.1)、 セグメント利益は109(前年同四半期168.5%なりました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...