判明した特許無効審判の傾向

Top PDF 判明した特許無効審判の傾向:

恋愛 結婚ムード上昇中?!65% が結婚したい! 新成人調査では 結婚したい 男女は約 8 割で長年の下落傾向から大幅上昇も あなたは結婚したいですか? 26~34 歳の男女に調査したところ 65% 以上が 結婚したい と考えていることが判明しました 1 月に実施した新成人に向けた調査でも 将来結婚

恋愛 結婚ムード上昇中?!65% が結婚したい! 新成人調査では 結婚したい 男女は約 8 割で長年の下落傾向から大幅上昇も あなたは結婚したいですか? 26~34 歳の男女に調査したところ 65% 以上が 結婚したい と考えていることが判明しました 1 月に実施した新成人に向けた調査でも 将来結婚

恋愛・結婚ムード上昇中?!65%が結婚たい! 新成人調査では「結婚たい」男女は約 8 割で長年下落傾向から大幅上昇も ■あなたは結婚たいですか? 26~34 歳男女に調査ところ、65%以上が「結婚たい」と考えていることが判明まし。1 月に 実施新成人に向け調査でも、将来結婚たいと考えている新成人は 74.3%から 79.0%に増加。2010 年以来下落傾向から大幅な上昇に転じており、世の中で「結婚たい」ムードが高まっているといえそ うです。「君名は」や「ラ・ラ・ランド」など、恋愛コンテンツ盛り上がりで、恋愛ムードが高まっ 結果、結婚へ意欲も高まっているでしょうか。
さらに見せる

8 さらに読み込む

く 特許異議申立制度と無効審判制度が併存していた平成 15 年特許法改正以前は 請求人適格を限定する明文規定こそ存しなかったものの 特許無効審判は利害関係人に限り請求できるとの解釈がなされていた このことからも 特許無効審判の請求人適格に限定を付すか否かは 特許異議申立制度と特許無効審判制度との併存

く 特許異議申立制度と無効審判制度が併存していた平成 15 年特許法改正以前は 請求人適格を限定する明文規定こそ存しなかったものの 特許無効審判は利害関係人に限り請求できるとの解釈がなされていた このことからも 特許無効審判の請求人適格に限定を付すか否かは 特許異議申立制度と特許無効審判制度との併存

第3 検討における基本的視座 1 総 論  以上ような経緯を経て、特許無効審判請求人適格として「利害関係人」であることが明文 上要求されるに至っところ、幾つか視点から多角的に観察することにより、新たに明文化さ れ同要件意味内容を明らかにていくことが可能である。すなわち、まず、①今回改正に より新たに明文化され要件であることから、同改正趣旨に沿って検討が加えられるべきこと は当然である。つぎに、②今回改正により新たに設けられ制度も、特許法という大枠中に おけるひとつ制度であることにかわりはないであるから、その解釈が特許本質に沿っ (抵触ない)ものであることも要請される。さらに、③法は実社会に適用されるものであり、 現実社会に不都合を強いるものであってはならないであるから、このような現実社会と調 和観点からも検討する必要がある。
さらに見せる

6 さらに読み込む

被告は, 同年 12 月 24 日, 訂正請求をした 特許庁は, 平成 23 年 7 月 8 日, 訂正を認める, 特許第 号の請求項 1に係る発明についての特許を無効とする旨の審決 ( 以下 無効第 1 次審決 という ) をしたため, 被告は, 同年 8 月 8 日, 審決取消訴

被告は, 同年 12 月 24 日, 訂正請求をした 特許庁は, 平成 23 年 7 月 8 日, 訂正を認める, 特許第 号の請求項 1に係る発明についての特許を無効とする旨の審決 ( 以下 無効第 1 次審決 という ) をしたため, 被告は, 同年 8 月 8 日, 審決取消訴

また,上記止着具は,当該辺に沿う線状乃至棒状補強部材に磁石,フック,止 めピンその他止着部材を組合せ構成とすれば,一層簡単かつ確実に換気扇用フ ィルターを換気扇本体に装着することができる。 」 ( 【0008】~【0010】) 「フィルター膜2は,綿など天然繊維素材,レーヨン,アセテート,ナイロン, ポリプロピレン,ポリ塩化ビニル,ポリエステル,ビニロン等合成繊維素材,ア ルミニウム等金属素材,その他適宜材質通気性を有する不織布シート,或いは 細かい網状シート等を素材と,図1に示すように,長手方向に比較的細かい連続 波形状乃至蛇腹状に形成てある。このように長手方向に波形状乃至蛇腹状に 形成することにより,前後方向に弛みが生じないように強度を高めることができる ばかりか,長手方向伸縮を自在とすることができ,開口幅に合うように巾を調整 することができる。また,例えば換気扇本体10開口11単位面積当たり換気 扇用フィルター1表面積が大となるから,塵埃,油分など微粒子など収集効 率を一層高めることができる。
さらに見せる

37 さらに読み込む

東京地裁知財部から見た特許審査・審判 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

東京地裁知財部から見た特許審査・審判 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

8)反対、本間崇「座談会 特許クレーム解釈論点をめぐって」4 3頁以下における三村量一判事発言、 「知的財産権訴訟最近実 務動向(5) (下) 」 (判タ1 1 7 9号5 8頁。以下「実務動向(下) 」という。 )における同判事発言、牧野利秋「キルビー最高裁判決 その後」ジュリスト1 2 9 5号1 8 0頁、1 8 5頁、渋谷達紀「知的財産法講義。」 1 8 3頁。反対説出発点は、他人が申し立て、自分が手続 に関与する機会がなかっにもかかわらず、同一証拠に基づく無効審判請求ができないと規定する特許法1 6 7条を憲法違反と考える 点にある。
さらに見せる

5 さらに読み込む

外国特許権侵害に関する仮処分命令申立事件と特許権無効の主張 : EU司法裁判所のSolvay v. Honeywell事件先決判断

外国特許権侵害に関する仮処分命令申立事件と特許権無効の主張 : EU司法裁判所のSolvay v. Honeywell事件先決判断

、 欧 州 委 員 会 同 提 案 に 関 す る 提 案 理 由(explanatory memorandum)によると、同改正提案が目指すところは、主に、①第三国 に住所を有する被告(ブリュッセルⅠ規則では、各構成国法上規律に任さ れてい)に対して統一特許裁判所ないしベネルクス司法裁判所(Benelux Court of Justice)で手続を行うため EU レベルで統一的な国際裁判管 轄ルールを設けること、②統一特許裁判所とベネルクス司法裁判所と間で 訴訟競合等ルール明確化、そして、それら裁判所とそれら各協定 へ非加盟国裁判所と間で訴訟競合等ルール明確化、③統一特許裁 判所協定等へ加盟国たる EU 構成国とそれら協定へは非加盟 EU 構成 国と間で判決承認・執行に関するルール明確化、等であり、本稿で取 り上げ Solvay 事件で問題となっような複数被告について併合管轄(ブ リュッセルⅠ規則 6 条 1 項)、または、保全命令管轄と特許有効性等を 審理する管轄規律(同規則 22 条 4 項,31 条)と関係については今と ころ改正される予定はないようである 。
さらに見せる

25 さらに読み込む

同訴訟代理人弁護士末吉剛 同訴訟代理人弁理士寺地拓己 主 文 1 原告の請求を棄却する 2 訴訟費用は原告の負担とする 事実及び理由第 1 請求特許庁が無効 号事件について平成 28 年 11 月 7 日にした審決を取り消す 第 2 事案の概要本件は, 特許無効審判請求を不成

同訴訟代理人弁護士末吉剛 同訴訟代理人弁理士寺地拓己 主 文 1 原告の請求を棄却する 2 訴訟費用は原告の負担とする 事実及び理由第 1 請求特許庁が無効 号事件について平成 28 年 11 月 7 日にした審決を取り消す 第 2 事案の概要本件は, 特許無効審判請求を不成

(b) 甲7には,ロバスタチン,プラバスタチンなどHMG-CoA 還元酵素阻害剤となる化合物について,「組織選択性は主に薬剤相対的親油性に よる影響を受け,相対的に親水性高い化合物が高い肝選択性を示す」と仮説を 検討ところ,「肝臓と他組織とで選択性が等しくなる『交差』点は,CLOGP ≒2」であり,「これより下場合,化合物は肝臓に選択的で,これより上場合は 末梢組織に選択的となる」ことが記載されている。また,甲20には,プラバスタチ ン,ロバスタチン,メバスタチン及びシンバスタチンという四つHMG-CoA 還元酵素阻害剤親油性(logP)を測定,ヘキサヒドロナフタレン環6位に メチル基を有するロバスタチンやシンバスタチンよりも,水酸基を有するプラバス タチンlogP値が低いこと,そのような物理化学的特性により,プラバスタ チンが肝臓外細胞によって余り効率的に取り込まれないといえるであろうことが 記載されている。
さらに見せる

112 さらに読み込む

ことができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している さらに 台湾専利法第 76 条は 特許主務官庁は 無効審判を審理する際 請求によりまたは職権で 期限を指定して次の各号の事項を行うよう特許権者に通知することができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している なお

ことができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している さらに 台湾専利法第 76 条は 特許主務官庁は 無効審判を審理する際 請求によりまたは職権で 期限を指定して次の各号の事項を行うよう特許権者に通知することができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している なお

また、拒絶理由通知書が発せられる前面接も可能になっため、発明技術的 内容について審査官に説明を行うことにより、審査官発明に対する理解および審 査進行を促すことが期待できる。 新面接制度には、拒絶理由通知書に対する応答前に面接を行うことで審査官心 証をより的確に把握可能になり、有効な応答が可能になるという点でメリットがあ る。

5 さらに読み込む

主 文 1 特許庁が無効 号事件について平成 28 年 5 月 19 日にした審決を取り消す 2 訴訟費用は被告の負担とする 事実及び理由第 1 請求の趣旨主文同旨第 2 事案の概要本件は, 特許に対する無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である 争点は,1 訂正要件適合

主 文 1 特許庁が無効 号事件について平成 28 年 5 月 19 日にした審決を取り消す 2 訴訟費用は被告の負担とする 事実及び理由第 1 請求の趣旨主文同旨第 2 事案の概要本件は, 特許に対する無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である 争点は,1 訂正要件適合

【0030】 (21)グルタミン酸及びアスパラギン酸含有量合計を,0.2 5~0.60重量%に調整する, 上記(17)~(20)いずれか一項に記載トマト含有飲料酸味抑制方法。 【発明効果】 【0034】本発明によれば,主原料となるトマト以外野菜汁や 果汁を配合なくても,濃厚な味わいでフルーツトマトような甘みがあり且つト マト酸味が抑制され,新規なトマト含有飲料及びその製造方法が実現される。 また,本発明態様によれば,トマト含有飲料酸味が効果的に抑制される。 【0035】そして,本発明うちトマト以外野菜汁及び/又は果汁を実質的 に含まない態様によれば,粘度が高く飲み難い上記従来トマト飲料,酸味が強く 飲み難い上記従来トマト飲料,果汁飲料或いは野菜汁飲料に近い上記従来トマ トミックス飲料, 及び,粘度が低く酸味が強い上記特許文献1に記載トマト飲料, いずれとも異なるトマト含有飲料,すなわち濃厚な味わいでトマト本来甘みが 際立ち,酸味が抑制されており,さらには飲料形態としておいしく飲める純粋なト マト含有飲料という新たな市場カテゴリーが創設されるので,近年消費者嗜好 性多様化に沿うことができる。
さらに見せる

65 さらに読み込む

第 1 原告の求めた判決 特許庁が無効 号事件について平成 23 年 12 月 28 日に した審決を取り消す 第 2 事案の概要本件は, 被告の請求に基づき原告の本件特許を無効とした審決の取消訴訟であり, 当裁判所が取り上げる争点は, 実施可能要件及びサポート要件の充足性の

第 1 原告の求めた判決 特許庁が無効 号事件について平成 23 年 12 月 28 日に した審決を取り消す 第 2 事案の概要本件は, 被告の請求に基づき原告の本件特許を無効とした審決の取消訴訟であり, 当裁判所が取り上げる争点は, 実施可能要件及びサポート要件の充足性の

本件発明2で特定される昇温結晶化温度及び結晶化熱量は,「優れ光沢外観 を有する黒色系包装用容器を得る」と課題を解決するために重要な役割を担っ ていると考えられるところ,これら物性が所定値であることにより,所望効 果が得られること,すなわち上記課題が解決されることが,発明詳細な説明によ って裏付けられていなければならない。ところが,本件発明2で特定される昇温結 晶化温度(128度以上)及び結晶化熱量(20mJ/mg以上)は,外層ととも に多層シートを構成するシート層が有する物性値であって,かつ,包装用容器を形 成する前における状態で物性値であるに対して,実施例1,2,3における昇 温結晶化温度(130,132,136)及び結晶化熱量(25,31,33)は, 包装用容器に形作られ多層シート物性値であるから,両者は,シート層が 有する物性値か多層シートが有する物性値か他に,包装用容器を形成する前 物性値か包装用容器に形作られ物性値か点においても相違する。
さらに見せる

24 さらに読み込む

特許権の本質と審判制度の機能と運用に関する一考察 後編 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

特許権の本質と審判制度の機能と運用に関する一考察 後編 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

 ところで,形成訴えとは,一般的に次ように説明さ れている 65) 。 「・・・このように法律行為やその他一定要件事実発 生によって直ちに法律関係変動を生じるとせず,その要 件に該当する事実が存在することを訴えをもって主張, 裁判所がその存在を認めて,法律関係変動を判決で宣言 ,その判決(形成判決)が確定てはじめて変動効果 が生じると取り扱うが形成訴えである。そのような取 扱いは,変動自体を事実上困難にする反面,変動を明確に ,その法律関係をめぐる無用紛争を防止できる。また, その場合判決効力を第三者へも及ぼすことによって多 数利害関係人法律関係を画一的に処理するのに役 立つ。さらに,その種訴えを提起できる者資格を一定 者に制限たり,提訴期間を設けることもできるから, これら規律によって,その法律変動可能性を事実上 制約することができ,その法律関係安定を図ることもで きる。そこで,法は,とくに法律関係安定をはかる必要 がある場合や多く関係人に対して画一的な変動を必要と する場合を個別に拾い上げて,この種変動方式をとるこ とを各別に規定ており,このような規定に基づく訴えが 形成訴えということになる。したがって,形成訴えに 共通メルクマールとしては,形成判決確定がないかぎ り,訴え目的たる法律関係変動を何人も主張えない という点に求めることができる」
さらに見せる

7 さらに読み込む

ても認知者による認知の無効の主張を許さないという趣旨まで含むものではないなどとして, 被上告人による本件認知の無効の主張を認め, 被上告人の請求を認容すべきものとした 4 所論は, 認知者自身による認知の無効の主張を認めれば, 気まぐれな認知と身勝手な無効の主張を許すことになり, その結果, 認知に

ても認知者による認知の無効の主張を許さないという趣旨まで含むものではないなどとして, 被上告人による本件認知の無効の主張を認め, 被上告人の請求を認容すべきものとした 4 所論は, 認知者自身による認知の無効の主張を認めれば, 気まぐれな認知と身勝手な無効の主張を許すことになり, その結果, 認知に

本件には特殊な事情があると考えるからである。それは,本件では,認知者による 認知があっ当時から,フィリピン国籍特定され実父があることが原審認定 で明らかにされているということである。 (1) この原審認定は,嫡出でない子親子関係成立を規律する法適用に 関する通則法29条1項本文によると,被認知者である上告人に父があっかにつ いては出生当時父(かどうかが問題となる者)本国法によることとされ,本件 では父と目される男性はフィリピン国籍と認定であるから,フィリピン法による べきであるところ,フィリピン家族法(1988年施行)175条,172条で は,「父かどうかは,認知を経ることなく,血縁上父という事実関係が証明され るかどうかで決まる」という原則がとられているとみられるため,その旨証明が あっことにより当該男性が父(上告人がその嫡出でない子)とされ,平成20年 頃死亡とされていることから,被上告人による認知がされ当時である平成1 6年において父が存在ことになるということであると解される。
さらに見せる

16 さらに読み込む

同丸山真幸 主 文 1 特許庁が無効 号事件について平成 29 年 5 月 15 日にした審決のうち, 特許第 号の請求項 5 及び6に係る部分を取り消す 2 原告のその余の請求を棄却する 3 訴訟費用は, これを3 分し, その1を原告の負担とし, その余を

同丸山真幸 主 文 1 特許庁が無効 号事件について平成 29 年 5 月 15 日にした審決のうち, 特許第 号の請求項 5 及び6に係る部分を取り消す 2 原告のその余の請求を棄却する 3 訴訟費用は, これを3 分し, その1を原告の負担とし, その余を

ウ 引用発明2「第2バイト」情報構成要件C該当性について (ア) 甲1記載事項(前記(2)ア(エ)ない(カ),図1ないし3)によれば, 甲1には,「第2バイト」について,①「第2バイト中にはカセット 利用について情報が記憶されている。当該情報はカセット最初使 用際1度可変できる。しかる後は上記情報も可変でなくなる」こと, ②図1「空らカセット場合」(不使用カセット空ら状態場合) におけるメモリ装置メモリ内容実施例には第2バイトに「x00」 識別子が,図2「個人的なユーザより最初に使用されカセット」 場合におけるメモリ装置メモリ内容実施例には第2バイトに「x 01」識別子が,図3「事前記録されカセット」(レンタル又は 販売ため定められカセット)場合におけるメモリ装置メモリ内 容実施例には第2バイトに「xff」識別子が記憶されていること, ③「空らカセット場合」(不使用カセット空ら状態場合),「第 2メモリ領域における識別によっては上記メモリ領域を1度最初記 録際変更させ得る」ことが記載されているものと認められる。
さらに見せる

92 さらに読み込む

米国特許ニュース AIA102( 条 (a)(1) の出願日前の販売 (on sale) は たとえ販売内容が秘密であっても旧法 102 条 (b) の オンセール と同じで 特許を無効にすると最高裁判決 服部健一米国特許弁護士 2019 年 2 月 HELSINN HEALTHCARE S. A.

米国特許ニュース AIA102( 条 (a)(1) の出願日前の販売 (on sale) は たとえ販売内容が秘密であっても旧法 102 条 (b) の オンセール と同じで 特許を無効にすると最高裁判決 服部健一米国特許弁護士 2019 年 2 月 HELSINN HEALTHCARE S. A.

しかし、それら判例は解釈が定着用語を変更例ではない。Helsinn 社はキ ャッチオール用語にウェートを置きすぎているといえる。それら判例や主張は、これ までに定義され on sale という用語をそのまま用い場合、議会が意味を変えとす るには不十分である。よって、Helsinn 社(発明者)が有効出願日一年を超える前に MGI 社(第三者)に発明を販売、その販売が公に行われてい場合は、たとえ発明内容 を秘密に保っていても、その販売は新 102 条(a)(1) on sale 先行技術に該当すると判 決する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

特許権の本質と審判制度の機能と運用に関する一考察 -前編- 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

特許権の本質と審判制度の機能と運用に関する一考察 -前編- 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

7)吉藤・前掲注 6・14 頁 8)最判平成 12 年 4 月 11 日(民集 54 巻第 4 号 1368 頁[キルビー最判])。なお,キルビー最判以前は,例えば最判昭和 37 年 12 月 7 日(民集第 16 巻 12 号 2321 頁[炭車トロ脱線防止装置事件])や,最判昭和 39 年 8 月 4 日(民集 18 巻 7 号 1319 頁,判時 387 号 20 頁,判タ 166 号 120 頁[液体燃料燃焼装置事件])にみられるように,事実上,公知技術部分については権利行使を認めないと解される裁判例が中心であっ。 また,進歩性にまで踏み込んだとされる裁判例も,鎌田義勝「進歩性欠如と技術的範囲解釈」牧野利秋編『裁判実務大系 9 工業所有 権訴訟』 (1985 年・青森書院)154-168 頁によれば,数は多くなく,かつその殆どは,公知技術単なる寄せ集めであり,日本過去 実務(一般基準「発明同一性に関する審査基準」 [1]-14-9 には,同一と判断される例として「発明(イ)とその発明(イ)に公知 発明を付加もので,その付加点に技術的な意味がない発明」が例示されている。)では新規性違反とされるような事例である。 またそもそも,キルビー判決射程は,村林隆一「特許法 104 条 3 制定とその解釈」パテ 63 巻 7 号(2010)111-118 頁ように,同一 性違反を含む広義新規性違反に限るものであり,進歩性や記載要件に関しては射程外であるとする論考もあり,この考え方は,清瀬・ 前掲注 1・95 頁「……發明カ新規性ヲ有スルコトハ發明權存在ノ根本理由ナリ。故ニ発明ニシテ新規性ヲ有セサルコトカ發見セラルルト キハ,縦令特許証ヲ下附セラルルモ其特許權ハ根本ヨリ無効ニシテ特ニ特許ノ取消処分ヲ要セサルナリ」,すなわち,発明にとって新し さというは根本問題であり,それが容易であるかという問題とは別種観念であって(清瀬・前掲注 1・95 頁には,「斯ノ如ク發明ノ 新規ナルヤ否ヤハ,是ヨリ先ニ世人カ之ヲ知リ,之ヲ用ヰタルニアラスヤトノ考慮ヨリ来ル要件ナリ。前節ニ説明シタル發明ト稱セラ ルル者成立スト認ムヘキヤ否ヤノ問題(Sufficiencyofsubjectmatter)トハ別種ノ觀念ナルヲ知ルヘシ。何人モ容易ニ鷹用シ得ヘキモノ, 即チ發明ト稱スルニ足ラサルモノハ縦令新規ナルモノ(例ヘハ鑛泉ヲ氷結セシ物體)ト雖モ發明トハ稱スヘカラス。(唯容易ニ思考シ得 ヘキ如キモノハ同時ニ新規ナラサルコト多カルヘシ)。」と記載される),新しくないものに限っては無効審判等を経る必要が無いと考え 清瀬博士と見解とも整合的であるとも言える。
さらに見せる

11 さらに読み込む

第 2 事案の概要本件は, 特許無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である 争点は,1サポート要件違反,2 実施可能要件違反,3 新規性,4 進歩性の各有無である 1 特許庁における手続の経緯被告は, 平成 17 年 3 月 2 日, 発明の名称を 鋼の連続鋳造用モールドパウダー とする発明につ

第 2 事案の概要本件は, 特許無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である 争点は,1サポート要件違反,2 実施可能要件違反,3 新規性,4 進歩性の各有無である 1 特許庁における手続の経緯被告は, 平成 17 年 3 月 2 日, 発明の名称を 鋼の連続鋳造用モールドパウダー とする発明につ

- 58 - 移動方向とは逆になっていることになる。 前記認定事実(1(1)オ)及び弁論全趣旨によると,モールドパウダー鋳片か ら剥離性には,鉄及びモールドパウダー熱収縮率及び熱伝達率差が影響する と認められる。前記とおり,モデル実験は,熱移動方向が実際連続鋳造時と は異なっており,そうすると,鉄及びモールドパウダー熱伝達率差が,実際 連続鋳造時鋳片及びモールドパウダー熱伝達率差と同じであるとは考え難い。 また,前記とおり,モデル実験に用いられ鉄及びモールドパウダー組成全 容は,明らかでないから,このことからも,モデル実験における鉄及びモールドパ ウダー熱収縮率差が,実際連続鋳造時鋳片及びモールドパウダー熱収縮 率差と同じであるかは,不明であるといわざるを得ない。
さらに見せる

59 さらに読み込む

事実及び理由 第 1 当事者の求めた裁判 特許庁が無効 号事件について平成 28 年 3 月 8 日にした 審決を取り消す 第 2 事案の概要本件は, 特許無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟であり, 争点は, 進歩性の判断の当否である 1 特許庁における手続の経緯被告は

事実及び理由 第 1 当事者の求めた裁判 特許庁が無効 号事件について平成 28 年 3 月 8 日にした 審決を取り消す 第 2 事案の概要本件は, 特許無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟であり, 争点は, 進歩性の判断の当否である 1 特許庁における手続の経緯被告は

審決説示部分意味は必ずしも明確ではなく,引用発明1においてはpHを弱 酸性~弱アルカリ性範囲で安定化を図ることのみでは,分散安定性と色味安定性 とを良好にする効果とは結びつかず,pHを5.0~7.5範囲に限定なけれ ばならないという趣旨に解さざるを得ない。しかしながら,そうであれば,それは, 化粧品開発において当業者が当然になすべき化粧品安定化ために,pH最適 化又は好適化ためpH値調整範囲を決定する試行結果として当然に奏す る効果であるにすぎず,本件発明1においても,pH調整は,pH調整剤を適宜 使用て安定化を行うこととされていることから,的外れ説示である。結局,本 件発明効果は,発明詳細な説明記載から判断する限り,当業者が当然試みる 最適化又は好適化作業から容易に得られるものであるという意味において,予測ものでないとはいえず,格別なものではないことは明らかである。
さらに見せる

43 さらに読み込む

Ⅰ. 事実の概要 本件は, 発明の名称を ピリミジン誘導体 とする特許 ( 第 号 ) の無効審判請求 ( 無効 ) を不成立とした審決の取消訴訟である 本件特許は, 被告特許権者等が販売する高コレステロール血症治療薬 クレストール の有効成分の物質特許である

Ⅰ. 事実の概要 本件は, 発明の名称を ピリミジン誘導体 とする特許 ( 第 号 ) の無効審判請求 ( 無効 ) を不成立とした審決の取消訴訟である 本件特許は, 被告特許権者等が販売する高コレステロール血症治療薬 クレストール の有効成分の物質特許である

判例評釈 Ⅲ.研究 (下線は筆者) 本判決 3 つ争点うち,特許権消滅後審 決取消訴訟訴え利益については,本判決が判 示するように, 訴え利益は職権調査事項であり, 裁判所が当事者間紛争可能性などを調査,判 断なければならないことになるは不当である から,広く訴え利益を認めて本案審理に入っ ことは,妥当であると考える。また,サポート要 件についても,原告主張は,発明課題設定 不当性をいうものであり,本判決説示するとお り,これは進歩性要件で争うべき問題であると思 われる。進歩性に関し,その判断枠組・要素と その立証責任について本判決判示は,従来 裁判例等を踏襲ており,知財高裁大合議として 初めて示し点に意義を有する。進歩性判断にお ける引用発明認定について本判決は,刊行物に 化合物が一般式形式で記載され,膨大な数選 択肢を有する場合,特定選択肢に係る具体的な 技術的思想を抽出引用発明と認定するには,こ れを積極的あるいは優先的に選択すべき事情を要 すると,原告主張副引用発明を引用発明と て認定できないと判示。この点,刊行物記載 引用発明認定基準については従来から議論が あり,また,原告が主張ていように選択発明 新規性・進歩性判断と関係も問題になると思 われる。そこで,本稿では,進歩性判断引用発 明認定論点についてのみ検討する。
さらに見せる

16 さらに読み込む

説明会の進め方 0. 審判とは? 1. 特許庁及び審判部の組織 2. 審査 審判のフロー 3. 審判の役割と位置づけ 4. 審判制度の種類とその概要について 5. 各種審判事件について 5-1. 拒絶査定不服審判 5-2. 訂正審判 5-3. 無効審判 5-4. 特許異議の申立て 5-5. 商標登録

説明会の進め方 0. 審判とは? 1. 特許庁及び審判部の組織 2. 審査 審判のフロー 3. 審判の役割と位置づけ 4. 審判制度の種類とその概要について 5. 各種審判事件について 5-1. 拒絶査定不服審判 5-2. 訂正審判 5-3. 無効審判 5-4. 特許異議の申立て 5-5. 商標登録

職権審理発動は合議体義務ではなく裁量権とされ ている。合議体が職権審理権限を発動するか否かは、 特許庁自らが当該特許処分適否について審理、当 該特許に瑕疵があるときは、その是正を図ることにより、 特許早期安定化を図ると制度趣旨(→67―00)を 踏まえ、その事件が公益に及ぼす影響、職権探知をす ることによる審理遅延可能性、職権探知結果として 真実発見可能性、等を総合的に考慮、事案に応じ て合議体が決定すべきものである。
さらに見せる

118 さらに読み込む

特許無効審判の審判請求書における補正の要旨変更についての一考察審判請求後の無効理由の主張及び証拠の追加等に関する裁判例の検討

特許無効審判の審判請求書における補正の要旨変更についての一考察審判請求後の無効理由の主張及び証拠の追加等に関する裁判例の検討

しかしながら,要旨変更は,審判請求書書面自体 補正だけではなく,審判請求書以外書面に基づい て,その主張等から実体的に判断されることに留意が 必要である。上述ように,条文規定上は,審判請 求書が補正要旨変更判断対象とされているのであ るが,実体的には,請求後に提出する各種書面記 載が要旨変更判断対象となるである。具体的に は,弁駁書,口頭審理陳述要領書,上申書,手続補正 書,回答書等審判請求後に提出する全て書面が, 要旨変更判断対象となる。そして,これら書面 において,新たな無効理由や,無効理由根拠及び証 拠等が追加されると,無効となる理由要旨が変更さ れと判断され得ることになる。もちろん,審判請求 書自体を補正する補正書も,要旨変更判断対象に はなる。しかし,審判請求書自体補正よりも,特許 権者から応答に応じて,あるいは審判長から審尋 に応じて,審判請求書に記載ていなかっ事項を, 請求後書面において追加で主張及び立証すること
さらに見せる

15 さらに読み込む

平成23年改正特許法における無効審判及び訂正審判の運用について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

平成23年改正特許法における無効審判及び訂正審判の運用について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

ることと(法134条 2第7項、規則50条 2 2、様 式65 5 2)、その旨は相手方に通知されることと (規則50条 5 2)。ただし、請求項ごと又は一群請 求項ごとに訂正を請求ときは、その全て請求を取り 下げる場合にのみ、取り下げることができることと (法134条2第7項)。請求項ごとに取り下げることがで きるとすると、前述ように「特許請求範囲一覧性 欠如」が発生する問題が生じるため、一部取下げは認め ないこととものである。なお、訂正請求一部を取 りやめたいときには、訂正明細書等(訂正に係る明細書、 特許請求範囲又は図面)補正(法17条 4)により訂 正事項一部削除を行うことができる。この場合には、一 覧性欠如問題が生じることはない。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...