先行研究の記述と検討

Top PDF 先行研究の記述と検討:

生き生きした現在は反省可能か フッサール研究における先行研究の比較検討 Is Living Present Accessible for Reflection?: An Examination of Secondary Literature on Husserl Scholarship 佐藤大介 S

生き生きした現在は反省可能か フッサール研究における先行研究の比較検討 Is Living Present Accessible for Reflection?: An Examination of Secondary Literature on Husserl Scholarship 佐藤大介 S

7   筆者は現在、〈生き生きした現在は反省可能か〉を主題した論文を執筆中であり、生き生きした現在へ反 省問題に関する先行研究を整理および比較検討した本論は、現在執筆中論文一部を成す。 対する各先行研究立場を大別すれば、生き生きした現在は現象学的反省にとって謎にとどまる いう立場、生き生きした現在は現象学的反省にとって謎にとどまるわけではないという立場に 分かれる。生き生きした現在は現象学的反省にとって謎にとどまるという立場をとる研究者は、ヘ ルト、斎藤、ザハヴィである。ここで注意すべき点は、ザハヴィはヘルトおよび斎藤が用いていな いベルナウ草稿を加味した上で、ヘルトおよび斎藤同じ立場に大別される点である。つまり、C 草稿だけでなくベルナウ草稿を加味しても、ザハヴィによれば、現象学的反省は生き生きした現在 を捉えるものだは言えない。また、この三人は、生き生きした現在が現象学的反省にとって謎に とどまるという見解を示している点では同じ立場に大別されるが、生き生きした現在が謎にとどま ることに対する評価に関しては、立場を異にしている。この三人立場はそれぞれ、次ようなも である。ヘルト立場は、現象学的反省は生き生きした現在を捉えることができないことを、フッ サール現象学に方法的限界を突き付けるものとして否定的に捉える、というものである。また、斎 藤立場は、現象学的反省は生き生きした現在を捉えることができないが、フッサール現象学がこ うした限界に直面することを、「哲学本旨がまっとうされた証」として肯定的に捉える、という ものである。また、ザハヴィ立場は、現象学的反省は生き生きした現在を捉えることができない が、こうした限界に直面することを、生き生きした現在本性表れとして肯定的に捉える、とい うものである。他方、生き生きした現在は現象学的反省にとって謎にとどまるわけではないという 立場をとる研究者は、榊原である。榊原立場は、現象学的反省は「自己感触」に支えられること によって、生き生きした現在を明示できる、というものである。
さらに見せる

19 さらに読み込む

パッケージ デザインに対する知覚と評価 パッケージ デザインに対する知覚と評価 広告研究に基づく余白の効果に関する検討 外川拓 目次 1. はじめに 2. 先行研究レビュー 3. 理論的背景 4. 仮説の設定 5. 結びにかえて 1. はじめに かつて Pilditch (1961) が 物言わぬセ

パッケージ デザインに対する知覚と評価 パッケージ デザインに対する知覚と評価 広告研究に基づく余白の効果に関する検討 外川拓 目次 1. はじめに 2. 先行研究レビュー 3. 理論的背景 4. 仮説の設定 5. 結びにかえて 1. はじめに かつて Pilditch (1961) が 物言わぬセ

ことで、望ましいブランド・イメージを伝達できることを調査によって明らかにしている。 2 − 3 先行研究課題研究目的 ここまでレビューによって、カラー、画像といった視覚的要素から、サイズ、形状とい った構造的要素に至るまで、あらゆるパッケージ要素効果が解明されてきたことがわかる。 ところが、とりわけ視覚的要素効果に関する研究に注目した場合、「ある要素をパッケー ジに掲載した際、掲載しなかった時異なり、どのような効果が生じるか」(例えば Underwood, Burke, and Klein 2001)いった点や、「ある要素をパッケージ上どこに配置 したらよいか」(例えば Rettie and Brewer 2000)といった問題は検討されているものの、「あ る要素をパッケージ上にどの程度量ないしサイズで盛り込むべきか」といった問題につい ては考慮されていない。飲料から家電に至るまで、パッケージ・デザインをシンプルにする ことで、付加価値を高めることに成功しているブランドが存在することを踏まえる(岩野 2007)、パッケージ要素量やサイズは消費者反応を決定づける重要な要因一つ考えら れる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

精神疾患に NIRS を用いた先行研究の概観 25 精神疾患に NIRS を用いた先行研究の概観 NIRS による思考場療法の有効性の検討に向けて 與久田巌 岡本直子 * The overview of preceding studies with NIRS examination of menta

精神疾患に NIRS を用いた先行研究の概観 25 精神疾患に NIRS を用いた先行研究の概観 NIRS による思考場療法の有効性の検討に向けて 與久田巌 岡本直子 * The overview of preceding studies with NIRS examination of menta

いて有意で、3D 再構成した MRI 画像におい て前頭前野背外側面前方(特に左側)両 側シルビウス裂後部周辺推定される 記している。次に双極性障害(単極性うつ病 同程度)群は、「oxy-Hb」増加まで時 間間隔が健常群より延長していることが特徴 で、「oxy-Hb」増加大きさは健常者同程 度だが、増加まで潜時が健常群よりも長く、 課題開始後に漸増して課題後半でピークをな すパターンを示すことが、前頭プローブ下方 で目立った報告した。そして、そのことは 脳機能賦活が遅れたタイミングで生じるこ を示している記述している。なお、躁状 態について予備的なものしたうえで、うつ 状態や寛解期は異なり、課題開始とともに 前頭葉賦活が急速に生じており、賦活反応性 が異なる可能性に言及している。また NIRS データで性別(男性 24 名、女性 15 名)年 齢(若年:23 〜 33 歳 24 名、壮年:35 〜 52 歳 15 名)影響を検討する、男性>女性、 若年>壮年という差を認め、女性や壮年が前 頭葉機能賦活反応性が小さく、うつ病パ ターンに近い報告している。なお、武井・ 青山・須田・成田・桜井・佐藤・成田・亀山・ 福田・三國(2010)も、福田・亀山・伊藤ら (2006)同様な結果を報告している。
さらに見せる

12 さらに読み込む

HOKUGA: 中国農民工に関する研究 : 先行研究の批判的検討

HOKUGA: 中国農民工に関する研究 : 先行研究の批判的検討

ように,戸籍制度改革を三段階に けている。 第1段階は,戸籍制度が確立する 1958年以 前 1949年か ら 1957年 に 至 る 自 由 移 動 期 である。第2段階は,戸籍制度が確立し, 主として農民都市へ移動が禁止された時 期である。第3段階は,改革・開放以降 1979年から今日に至る戸籍改革期であり, 主として小城鎮戸籍制度改革期であるとして いる。そして,大量農村余剰人口存在 困など 農村病 原因は,城郷 割 二元戸籍制度にあるし,中国戸籍制度改 革ためには,次三点が必要であるとして いる。第1に,全 民自由な移動居住権 回復であり,それを保障する 中華人民共 和国戸籍法 を制定し,半世紀にわたり実施 されてきた現 戸籍登記条例 及び関連法規 を廃止する。第2に,戸籍は,人口社会的 管理ためものであり,国民社会的待遇 や福祉など関係を無くする。第3に,全 国的な統一労働市場や就業制度を定める。つ まり,戸籍制度変遷を3段階に区 すると もに,最終的には二重戸籍制度を撤廃すべき であるというである。しかし,最終目的で あるする戸籍制度撤廃に関しては,第3 段階詳細な 析が必要である。
さらに見せる

22 さらに読み込む

HOKUGA: 整数のかけ算筆算における部分積の記述の有無が解答に及ぼす影響についての発達的検討と教授学習過程

HOKUGA: 整数のかけ算筆算における部分積の記述の有無が解答に及ぼす影響についての発達的検討と教授学習過程

更なる影響要因として,ワーキングメモリー音韻ループにおける情報量,中央実行系による 部分積へ注意割り当てなど関係して,計算過程で部分積を紙面に記述するか否か違いが 挙げられる(以下,部分積を問題用紙に記述しない方法を短乗法,記述する方法を長乗法称す る。)。短乗法長乗法では解答処理過程が異なるため,情報処理速度や解答正確さに違い が生じる可能性がある。本研究では,後藤(1993)結果を用いて三桁かけ算を材料し,短乗 法長乗法問題を児童に解答させて,部分積記述有無が処理速度や正確さにどのような影 響を及ぼすか,反応時間正答率を手がかりに学年差を含めて発達的な視点を加えて明らかにし, さらに教授学習過程について考察を加えることを目的する。
さらに見せる

11 さらに読み込む

ユニバーサル・デザインの観点から can-do 能力記述文を再検討する

ユニバーサル・デザインの観点から can-do 能力記述文を再検討する

 たとえば、日本語話者に対する中国語教育において、音声教育は大きな比重を占めるとい う考えかたは広く支持されている(日本語中国語では、音韻体系がかなり異なるので)。しか し、音声言語を使わない学習者にとって、音声教育は強制されるべきものではない。  また、中国語学習においては、どうように、文字学習も重要視される。しかし、台湾 点字も中国点字も、基本的には表音文字であり、漢字を表すものではない。つまり、点字を 通して中国語を理解している人々は、漢字を媒介として理解していない。中国語という言語 漢字という文字体系を密接に結びついたもの信じて疑わない中国語教師は、漢字学習は中 国語学習において本質的なものかどうか、再考してみなければならない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Microsoft Word - フレームワーク開発における形式仕様記述の適用に関する検討.docx

Microsoft Word - フレームワーク開発における形式仕様記述の適用に関する検討.docx

各クラスにおける記述方法は以下とおりである. ・アクションクラス(図 2) アクションクラスは,ほぼ Java 言語記述を一対一で VDM++仕様記述に変換することがで きた(図 3).そのかわり,画面入力値をアクションクラスメンバ変数に設定したり,画面遷移先 を操作戻り値で表現したり,Struts2 フレームワークとして設計方針に依存した仕様記述 なった.

8 さらに読み込む

A A A 2. 先行研究の検討と本稿の視座 (1)グローバル化社会における国際移動としてのロングステイ [ : ] [ : ] [ ] [ : ]

A A A 2. 先行研究の検討と本稿の視座 (1)グローバル化社会における国際移動としてのロングステイ [ : ] [ : ] [ ] [ : ]

 本稿では、日本人ロングステイヤー現地社会 関係性を、グローバリゼーション研究による <構造的アプローチ>に見られるような、先進国 第三世界所得格差に根ざした垂直的な つながりではなく、その日タイ関係を水平的なつ ながりである捉えた<水平的アプローチ>に よる分析・考察を試みる。具体的には、日本人中 高年ロングステイというタイに向かう移動行動 を、高齢化が進行するグローバル化社会に生じた 新たな人流として位置づけ、現地社会へ適応 いう視点から、個人を対象するではなく、社 会的によりインパクトある日本人ロングステイ ヤーで構成するアソシエーションA会を対象し て用いる。そして、A会現地社会交渉・交 流現状分析を行い、その関係性考察を通じて、 この人流がもたらす現地社会へ影響を明らかに し、移動者である日本人ロングステイヤー視点
さらに見せる

21 さらに読み込む

第1章 統計的事実の観察と先行研究の展望 資料シリーズ No112 外国人労働者の失業の現状|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第1章 統計的事実の観察と先行研究の展望 資料シリーズ No112 外国人労働者の失業の現状|労働政策研究・研修機構(JILPT)

こうし た諸 外国 経 験や知 見 日 にも あ ま るか う か 以 日 調査 研究 に つい 検討 し いく こ に る 日本 にお ける 外 国人労 働者 失 業に 関 する調 査研 究 既にふ た う に 日 国内 外 国人 労働 者 失業 に関 る 調査 研 究 外国 人労 働者 研 究全体 中 必 し も 大 比重 を占 たわけ い い く つか 理 考 えら る 既存 調 査研 究を ま る 日 に い 外 国人 雇用 拡 大 した 年代 か ら 年 代に かけ 人 手不足 を背 景に した も あ るこ 換 言 外 国人 雇 用 背 景に 労働 需給 逼 迫した 状況 存 在し いるこ 年 入 管法改 を 経 日系 人 労働者 を中 心 した 外 国人労 働者 雇 用 製造業 派遣 や 請負 間接 雇用 ー アル バ い った非 規 雇用 多 く また 制 度面 も 製造現 場 派 遣 可 能 に る 景 気に 陰 見え る 年半 ま 拡大 傾向 推 移し たこ 挙 ら
さらに見せる

38 さらに読み込む

目次 イントロダクション 4 第 1 章研究の背景と目的 先行研究 ソ連共産主義文化についての先行研究 ユーゴ共産主義文化についての先行研究 分析の方法論 プロパガンダにおける権威との距離 研究上の問いと仮説 13

目次 イントロダクション 4 第 1 章研究の背景と目的 先行研究 ソ連共産主義文化についての先行研究 ユーゴ共産主義文化についての先行研究 分析の方法論 プロパガンダにおける権威との距離 研究上の問いと仮説 13

演劇祝祭パレード関係を検討した。そのなかで、ロシア・アヴァンギャルド演劇 が観客席舞台あいだ「第 4 壁」を取り払おう試みていた同時に、革命直後 祝祭には観衆を巻き込むかたちで祝祭イベントが組織されていたが、 1920 年代後半より プロパガンダ重心が複製メディアに移ったのちも、読者や鑑賞者を記録された出来事 内部へ導く「オーチェルク」スタイルが特徴的であったことを明らかにした。演劇や 祝祭日パレードにおいて強調されていた、役者観衆が同じ存在論的次元にいるという 感覚は、メディア・イメージにおいても受け継がれていったことを指摘した。
さらに見せる

11 さらに読み込む

「ひきこもり」の家族要因に関する先行研究レビュー

「ひきこもり」の家族要因に関する先行研究レビュー

は古賀(2012)のみであった。古賀は、支援団体参加者で研究協力を承諾した20家族 (父親7名、母親12名うち1名はキャンセルため11名)に対してインタビュー調査を行い、事例 を検討している。インタビュー内容は、(1)現在生活状況や(2)ひきこもり状態になってから現 在まで経緯成育歴、(3)支援や相談活動選択有効性、(4)今後求める支援や展望について 以上4項目であったため、各項目ごと結果を以下に述べる。まず(1)現在生活状況特徴である が、良くも悪くも「ひきこもり」当事者ひきこもり状態に家族が慣れ親しんでいく「常態化」様 子が推察された。(2)ひきこもり状態になってから経緯成育歴に関しては、高校卒業以前にひき こもり状態になった「ひきこもり」当事者は5例であり、大学在学時が7例、大学卒業後または就職・ 進学時が7例であった。さらに、 「いじめ体験」がひきこもり状態になったきっかけ1つであること もインタビュー中で多く語られていた。また、ずっとひきこもり続けた状態ではなく、アルバイト をし始めたり、外出し始めたりする等行動も見られ、改善傾向が何度か見られたことも報告されて いる。(3)支援や相談活動選択有効性に関しては、家族特に親が利用できる支援機関を次々探 し、効果を求めて探し続ける傾向があることが報告されている。(4)今後求める支援や展望について は、居場所やフリースペース設置、訪問型相談充実、親ミーティング設定等が挙げられ ていた。以上(1)~(4)を「ひきこもり」当事者その家族基本情報として押えたうえで、家族 が抱えている根本的な困難について述べている。古賀(2012:17)は「過去自分育て方にみられ た意図したわけではない失敗、すなわち『過失』、今後曖昧な方向性なかで育てなおし具 体的な可能性すなわち『援助』二重性間に、板挟みにあうように、保護者は位置づけられざる をえない。」述べている。なお、この「援助」「支援」をおそらく同義として2つ単語を論文内 に記述しているが、結論部分には「支援」記述されているため(古賀(2012:26))、2.4③項目名 には「支援」記載した。
さらに見せる

32 さらに読み込む

目次 目次 第 1 章はじめに 本研究の目的 本研究の構成と概観... 2 第 2 章先行研究 スピーチレベルとスピーチレベルシフト スピーチレベルとスピーチレベルシフトの定義 スピーチレベルに関する研究の流れ... 6

目次 目次 第 1 章はじめに 本研究の目的 本研究の構成と概観... 2 第 2 章先行研究 スピーチレベルとスピーチレベルシフト スピーチレベルとスピーチレベルシフトの定義 スピーチレベルに関する研究の流れ... 6

24 もなるものである」述べ、談話においてある言語要素分析をするときに実際言語 表現機能記述が必要であることを積極的に主張している。 その後、国立国語研究所(1987b)は、大きく「文型部」「発話機能部」を設け、 映像教材内全発話について、構造機能という両面から分析・整理した。 「発話機能部」 では文文脈関係を分析するために、「文末表現意図による分類」「場面を形成す る要因による分類」という二つ観点が設けられている。まず、文末表現意図に基づき、 文を叙述要素文、伝達要素文、疑問要素文、要求要素文、意志要素文、単語文、言いさし 文 7 種類に分類した。次に、場面を形成する要因を基準に、(1)発話動機(自律的、 非言語的文脈へ対応、言語による文脈へ対応) 、 (2)働きかけ種類(没対者性、対者 性) 、 (3)発話内容に対する態度(中立的、肯定的評価、否定的評価) 3 分類し、幾つか 角度から教材文特徴を記述している。そのうち、働きかけ種類対者性は対人 関係上に関わる部分であり、さらに「要求」 (情報要求、行為要求、注目要求)「非要求」 (情報提供、意志表示、注目表示)に分けられている。これは前述で言及したハリデー 要求(demanding)付与(giving)という発話機能最も基本的な形共通している。
さらに見せる

179 さらに読み込む

自治体間連携制度を活用した建築物における木材利用に関する研究 -森林・木材産業と建築需要からみた地域特性の検討と先行制度のケーススタディ- [ PDF

自治体間連携制度を活用した建築物における木材利用に関する研究 -森林・木材産業と建築需要からみた地域特性の検討と先行制度のケーススタディ- [ PDF

3. 地方自治体における木材利用施策動向 木材利用に対する取り組み状況を把握するために、木 材利用方針を策定済み 67 自治体(全都道府県、政令 指定 17 都市、東京都 3 区)を対象し、各木材利用方 針において木材利用取り組み積極性に対する指標 して7つ項目に関する記述有無を整理した(表 3) 。 その結果、北海道・東北地方では規定している項目数が 多い傾向にあり、他地方では取り組み状況にばらつき が見られるが、関東地方茨城、中部地方岐阜・静岡、 九州地方熊本・宮崎など林産業が盛んな地域では規定 された項目が多い。利用木材に関しては、基本的には地 域産材のみを対象にしているが、 市町村レベルでは港区、 品川区、横浜市など、他地域産材も可するなど、地 域を超えて対応する柔軟な施策展開がされていることも 確認された。
さらに見せる

4 さらに読み込む

ヒンドゥー・ナショナリズムの先行研究とその最新動向

ヒンドゥー・ナショナリズムの先行研究とその最新動向

10) 。すなわち、今日ヒンドゥー・ナショナリズム研究においては、ヒンドゥー・ナショナリスト運 動を総合的に把握するためより確かな視点が求められている。 本稿では、基本的なヒンドゥー・ナショナリズム理解を以下で紹介するジェフレロー(C・Jaffrelot) やハンセン(T・B・Hansen)ヒンドゥー・ナショナリズム研究に依拠しながら、現代的な議会制 民主主義展開中からヒンドゥー・ナショナリスト政治戦略をBJS/BJP動向重ねながら考 察を行う。一方で、ヒンドゥー・ナショナリスト運動全体像を検討または理解するためいかなる 分析視角であろうとも、その分析において同運動親組織RSS動向やそれ各ヒンドゥー・ナショ ナリスト組織関係性を無視することはできないであろう。なぜならば、特に独立後同運動大 部分が最大かつ最強ヒンドゥー組織RSSを中心として展開されてきたこと、そしてRSSがインド社 会各分野にあるヒンドゥー・ナショナリスト組織にイデオロギー人材発信源として機能し、相 当に影響力を発揮してきたためである。また、ヒンドゥー・ナショナリストではないが、程度差こ そあれ、ヒンドゥー・ナショナリスト思考様式や主張に共感する人々もまた社会階層や地域に関係 なく存在する 11) 。したがって、ヒンドゥー・ナショナリズムを総合的に分析する上で、ヒンドゥー・
さらに見せる

27 さらに読み込む

先行研究 pp

先行研究 pp

個中 6 個)」より多いことが分かる。和語に比べ、漢語は書き言葉的文章に より多く現れる。ここからも「N を通じて」は「N を通して」より書き言葉 的であることが伺える。また、 N 意味分類を見る、 「人間活動主体」は「N を通して」違い、「政府、JICA、国連、県、学校、大臣、業者」ように 公的組織・機関(擬人化)を指しており、また、「人間活動―精神及び行 為」は「投資、貿易、審議、評価、改革」ような、「公的な活動」を表す 名詞が多いことが分かる。よって、 「N を通じて」は 4-1 で見た「N を通して」 に比べれば、どちらかいう公的な活動について述べる傾向にある言え る。また、「N を通して」に比べれば、「N を通じて」前接名詞「投資、取 引、議論、戦争、開催、努力、検討、管理、援助、促進」などは、動作・行 為を表して、動作過程を含むことが分かる。「N を通して」にも「通訳、鑑賞、 食事、裁判」ような動作プロセスを含む動的名詞用例があるが、用例数 も、N 種類(異なり語数)も「N を通じて」ほど多くない。
さらに見せる

22 さらに読み込む

以上の 3 つの先行研究は これまで 具体的に指標として明らかにされてこなかったスポーツイベントの経済効果を明らかにした優れた先行研究であると言える しかしながら メインの大会終了後の実際の地域への経済効果の算出は難しく 調査報告のレベルにとどまっているとも言える そこで 本稿では これまでの先行研

以上の 3 つの先行研究は これまで 具体的に指標として明らかにされてこなかったスポーツイベントの経済効果を明らかにした優れた先行研究であると言える しかしながら メインの大会終了後の実際の地域への経済効果の算出は難しく 調査報告のレベルにとどまっているとも言える そこで 本稿では これまでの先行研

そのような中、2006 年、里崎選手は WBC に出場、ベストナインとして絶大な知名 度を手に入れた。それに伴い、まず AS ファン投票により、初候補者として選出され ることなる。 2007 年、『ビックリマンプロ野球チョコ』でシール化され、同時に終身 名誉 PR 大使に任命された。当時私が無作為に選んだファン 100 名にアンケートを行っ た結果、「キラキラバージョンが欲しい」、「来場者プレゼントなら行くしかない」とい う声がファンから多数挙がり、球場に足を運んでいたことがわかった。知名度向上は、 数回ディナーショーへ開催をも促している。里崎ディナーショーでは他選手 トークショーは異なり、歌を主体するライブである。後に記述することなる引退 セレモニー後ソロライブでは、球場にいた大勢観客が夜遅い時間にも関わらず、特 設ブースに詰めかけた。この映像は youtube に配信され、1 週間で 26,000 再生を超え た。捕逸は歴代プロとしても最も少ないため、他球団ファンにも守備力が評価されてい る。ファンサービスも評判が良く、子供野球教室を催す、大人から子供まで多世代 ファンが詰めかけた。図から読み取れるように、 2005 年優勝後、2006 年平均観客動 員数は約 2 万人増なっているが、2006 年 WBC 後、2007 年平均観客動員数は約 20 万人増という顕著な結果が見て取れる(表 7)(図 1)。このことから、日本一になっ た時には、それほど伸びなかった観客数も、 2006 年、2009 年 WBC 後には顕著な伸 びを見せていることが明らかなった。これが里崎選手 WBC で知名度向上を意味 することは想像に難くないであろう。つまり、WBC 影響から、低迷していた経済効 果を数倍にまで引き上げたである。
さらに見せる

13 さらに読み込む

産業組織とイノベーションをめぐる先行研究についての一考察

産業組織とイノベーションをめぐる先行研究についての一考察

Ⅳ.産業組織イノベーションに関する   諸研究検討 1.産業組織論について検討 米国映画産業が競争的な市場構造に回帰することで 成長を遂げたこと、寡占的な大企業効率性を強調す る論調乖離を出発点として、先行研究サーベイに よって産業組織論変遷を概観してきた。米国では反ト ラスト政策を巡りハーバード学派シカゴ学派間で論 争が重ねられたが、シカゴ学派台頭反トラスト政策 緩和が進むことなった。その後、ポスト・シカゴ学 派登場に伴い反トラスト政策は再び見直されていく。 しかしながら日本では、シカゴ学派は産業組織論新 たな潮流として紹介されるに留まり、両学派における独 占禁止政策に関する論争は殆ど行われなかった。日本 産業組織論は、シカゴ学派視点を取り入れる修正を行 いつつ、ポスト・シカゴ学派影響を受けてより精緻な ものへ展開されていった。
さらに見せる

12 さらに読み込む

地方自治体における外郭団体の評価 : 先行研究の整理と総務省の方針

地方自治体における外郭団体の評価 : 先行研究の整理と総務省の方針

第 1 章 はじめに  地方自治体など、非営利分野における会 計や評価に関する改革が行われてきている。 そのようななか、地方自治体外郭団体にお いて点検評価を行う法人が増加している。総 務省(2016)によれば、定期的に経営点検 評価を実施している法人は26. 7%なってい る。その一方で、民間企業は異なり公益性 をもつ外郭団体評価は地方自治体同様に 難しい指摘も多い。そこで、外郭団体 評価についてどのような研究が行われてきた かを整理し、総務省方針比較を行って いく。なお、第 2 章で述べるように、一般的 に「外郭団体」される法人「第三セク ター」される法人は共通していることが多 いことから、必要に応じて第三セクターに関 する先行研究等を参照していくことする。  総務省が実施した「第三セクターおよび地 方三公社」について調査結果によれば、第 三セクターおよび地方三公社規模は、法人 数7,484法人、出資総額5,300,637百万円(う ち地方公共団体出資額3,294,333百万円)、役 職員数305,309人、経常収入約 5 兆5,734億円、 資産総額約26兆3,658億円なっている。こ ように、わが国地方自治において重要な 役割を担う外郭団体については、地方自治体 へ影響も大きいことから経営健全化をすす めることが求められている(総務省,2014)。 しかし、45. 5%法人が地方自治体から補 助金交付を受けており、その総額は284,269 百万円にのぼっている(総務省,2016)。さ らに、地方自治体から借入残高は4,128,863
さらに見せる

21 さらに読み込む

語彙調査検討要じ : 語彙(力)調査 先行調査研究 等

語彙調査検討要じ : 語彙(力)調査 先行調査研究 等

しかし、世代を問わず、言葉をインプットする機会や、多様な人会話頻度などアウトプットする機会 が多い方が語彙力が高い。言葉に触れる体験をいかに増やすかが重要だろう。 今回結果では、語彙力世帯年収、主観的幸福度に関連があることもわかった。因果関係はわから ないが、豊かな語彙は社会に対する見聞を広め、よりよい生活につながる可能性が高い。ベネッセでも、広 く語彙を身につける大切さを伝えていきたい。
さらに見せる

27 さらに読み込む

2型糖尿病患者における衝動的間食行動の先行条件に関する検討

2型糖尿病患者における衝動的間食行動の先行条件に関する検討

日本認知・行動療法学会 第44回大会 一般演題 P2-53 - 403 - 本研究では, 間食行動によって短期的な報酬を得る が, 長期的には望ましくない結果を得るような間食行 動を衝動的間食行動操作的に定義した。そこで, 全 て間食データ中で,「間食直前気分」得点が「短 期気分」得点以下であり, かつ, 「短期気分」得点が 「長期気分」得点より高くなるような間食を衝動的間 食行動, それ以外間食データを非衝動的間食行動 して分類した (衝動的間食行動24データ, 非衝動的間 食行動76データ, 合計100データ) 。
さらに見せる

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...