債務負担等の資金関係事務等

Top PDF 債務負担等の資金関係事務等:

漁業近代化資金等利子補給事業 平成27年度(26年度事業)の評価結果:事務事業評価シート  西尾市役所

漁業近代化資金等利子補給事業 平成27年度(26年度事業)の評価結果:事務事業評価シート 西尾市役所

受益者に偏りはないか ○ 事業を継続することで、成果向上が期待できるか ◎ 受益者負担を求めていない、また、求めている状況は適当か ○ 委託、手段を変更してもコスト削減は期待できないか ◎ 事業に対する市民ニーズを把握しているか ○ 事務手段を工夫しても業務時間は短縮できないか ○

2 さらに読み込む

【事務連絡】平成30年7月豪雨の被災者に係る医療保険の一部負担金の還付等に関するQ&A

【事務連絡】平成30年7月豪雨の被災者に係る医療保険の一部負担金の還付等に関するQ&A

(答) お見込みとおり。 医療機関被災により、災害救助法適用日より前に係るものと災害救助法適用日以後に係 るものを区別できない場合、災害救助法適用日以降日数が月日数に占める割合を一部負 担金額に乗じた額を還付する。(例えば、災害救助法が7月5日に適用されている市町村 被保険者については、7月に支払った一部負担8割が災害救助法適用日以後自己負担 額とみなし、一部負担額に0.8を乗じた額を還付する。)
さらに見せる

8 さらに読み込む

税負担軽減措置等の適用状況等 ( 速報値 ) 本資料は平成 25 年度税制改正における税負担軽減措置等の要望項目及び見直し未済項目に関し 税負担軽減措置等の適用状況等をとりまとめたものである なお 今後の精査によって 計数の変動があり得る 目次 1. 税負担軽減措置等に該当する措置又は特例ごとの適用

税負担軽減措置等の適用状況等 ( 速報値 ) 本資料は平成 25 年度税制改正における税負担軽減措置等の要望項目及び見直し未済項目に関し 税負担軽減措置等の適用状況等をとりまとめたものである なお 今後の精査によって 計数の変動があり得る 目次 1. 税負担軽減措置等に該当する措置又は特例ごとの適用

鉄道事業者が敷設した新規営業路線線路設備に係る特例措置 (固定資産価格) 課税標準 644,722,174 ガス事業者が新設したガス事業用償却資産に係る特例措置 (固定資産価格) 課税標準 555,427,987 農業協同組合が取得した共同利用機械に係る特例措置 (固定資産価格) 課税標準 20,064,066 日本放送協会事業用資産に係る特例措置 課税標準

33 さらに読み込む

特定個人情報特定個人情報等個人情報ファイル特定個人情報ファイル個人番号利用事務個人番号関係事務個人番号利用事務実施者個人番号関係事務実施者職員等特定個人情報等保護管理者特定個人情報等事務取扱担当者 個人番号をその内容に含む個人情報をいう個人番号および特定個人情報をいう特定の個人情報を検索できる状態に

特定個人情報特定個人情報等個人情報ファイル特定個人情報ファイル個人番号利用事務個人番号関係事務個人番号利用事務実施者個人番号関係事務実施者職員等特定個人情報等保護管理者特定個人情報等事務取扱担当者 個人番号をその内容に含む個人情報をいう個人番号および特定個人情報をいう特定の個人情報を検索できる状態に

特定個人情報取扱規程 第1章 総則 (目的) 第1条 本規程は、 「個人情報保護に関する法律」及び「行政手続における特定個人を識別す るため番号利用に関する法律」に従って、公益社団法人 全国有料老人ホーム協会(以下「本 協会」という)が取り扱う個人番号及び特定個人情報(以下、総称して「特定個人情報」とい う。)安全管理措置について定め、特定個人情報保護と適正な取扱い確保に資することを 目的とする。
さらに見せる

8 さらに読み込む

私立幼稚園就園奨励費補助金、私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金、私立幼稚園等の入園に伴う補助金の交付に関する事務

私立幼稚園就園奨励費補助金、私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金、私立幼稚園等の入園に伴う補助金の交付に関する事務

私立幼稚園就園奨励費補助金、私立幼稚園園児保護者負担軽減補助金、私立幼稚園入園に 伴う補助金交付に関する事務 ③システム名称 1.私立幼稚園補助金システム(※ただし、マイナンバーは保有しない) 2.システム共通基盤(団体内統合宛名)

4 さらに読み込む

金融監督等にあたっての留意事項について*事務ガイドライン*第三分冊:金融会社関係

金融監督等にあたっての留意事項について*事務ガイドライン*第三分冊:金融会社関係

(4)運用基本方針 (内容) ○ 運用基本方針においては、運用目的、運用目標、資産構成に関す る事項、運用受託機関選任に関する事項、運用業務に関する報告内 容及び方法に関する事項、運用受託機関評価に関する事項、運用業務 に関し遵守すべき事項、自家運用に関する事項(自家運用を行う基金に 限る。 ) 、その他運用業務に関し必要な事項を定めなければならない(法 第136条4及び規則第42条参照) 。
さらに見せる

12 さらに読み込む

家賃債務保証の利用状況 家賃債務保証業とは 賃借人の委託を受けて 当該賃借人の家賃の支払いに係る債務を保証することを業として行うもの 賃貸借契約の約 97% において 何らかの保証を求めており 約 6 割が家賃債務保証会社を利用 近年 高齢単身世帯の増加や人間関係の希薄化等を背景として 家賃債務保証

家賃債務保証の利用状況 家賃債務保証業とは 賃借人の委託を受けて 当該賃借人の家賃の支払いに係る債務を保証することを業として行うもの 賃貸借契約の約 97% において 何らかの保証を求めており 約 6 割が家賃債務保証会社を利用 近年 高齢単身世帯の増加や人間関係の希薄化等を背景として 家賃債務保証

○資本金は「3百万円超~1千万円」が最も多く、1千万円以下で全体約3割となっている。また純資産額は「5 億円超」が最も多い。 ○家賃債務保証事業売上高は「1億円以下」が最も多く全体約4割となっている、また営業利益は「0円超~ 1千万円」が最も多く5千万円以下が全体約6割となっている。

16 さらに読み込む

tuutisyuu H26.6  03 ・「障害児入所給付費等負担金」及び「障害児入所医療費等負担金」の平成26 年度交付要綱等の改正等について(平成26年4月1日付)

tuutisyuu H26.6 03 ・「障害児入所給付費等負担金」及び「障害児入所医療費等負担金」の平成26 年度交付要綱等の改正等について(平成26年4月1日付)

2 徴収金取扱いについて (1) (目)分割に伴う取扱いについて 児童福祉法第 21 条通所措置及び児童福祉法第第 27 条入所措置に係る徴収 金については、 本来であれば、 福祉と医療支弁実績に応じて障害児入所給付費負 担金・障害児入所医療費負担金からそれぞれ控除すべきものであるが、 地方公共団 体事務が煩雑になることから、 原則として徴収金は障害児入所給付費負担金から 一括で控除することとします。 ただし、 徴収金額が障害児入所給付費負担金から 支弁額を超える場合には、 その超えた額につき、 障害児入所医療費負担金から控 除することとします。
さらに見せる

3 さらに読み込む

介護福祉士等修学資金の手引き

介護福祉士等修学資金の手引き

従事日数内訳証明書(様式 14) 貸付要綱第 14 条第 1 号 養成施設を卒業した日から 1 年以内に京都府内(国立障害者リハビリテーション センター、国立児童自立支援施設において業務する場合は全国区域とす る。以下同じ。)において、昭和 63 年 2 月 12 日社庶第 29 号社会局長・児童家庭 局長連名通知「指定施設における業務範囲及び介護福祉士試験受験資 格に係る介護業務範囲について」別添1に定める職種若しくは別添2 に定める職種又は当該施設業務に従事し、かつ、5年間(過疎地域自立 促進特別措置法(平成 12 年法律第 15 号)第 2 条第 1 項に規定する過疎地域に おいて当該業務に従事した場合又は中高年離職者(入学時に 45 歳以上者で あって、離職して2年以内ものをいう。)が当該業務に従事した場合は、3年間) 間、引き続き(他種養成施設における修学、災害、疾病、負傷、その他や むを得ない事由により当該業務に従事できなかった場合は、引き続き当該業務に 従事しているとみなす。ただし、当該業務従事期間には算入しない。)これら業 務に従事したとき
さらに見せる

51 さらに読み込む

浦安市建設工事等指名業者選定の運用基準 契約・入札事務関係規程集|浦安市公式サイト

浦安市建設工事等指名業者選定の運用基準 契約・入札事務関係規程集|浦安市公式サイト

2 資格審査基準第 10 条第2項(工事標準発注金額特例)関係 以下に該当する優良な市内業者に対しては、当該業者施工能力を勘案 うえ上位等級に属する工事指名について十分配慮すること。 ア 市発注工事について、工事成績が優良であること。 イ 工事安全管理に努め、工事事故がないこと。

3 さらに読み込む

奈良県看護師等修学資金

奈良県看護師等修学資金

一 前項第一号又は第四号に掲げる事由に該当するとき。 二 看護師免許を取得し、直ちに医療施設において看護師業務に従事したとき。 三 看護師業務従事先を変更したとき。 3 連帯保証人は、修学生又は修学資金貸与を受けた者が死亡したときは、直ちに死亡届(第十号様式)にその事 実を証明する書類で知事が別に定めるものを添えて知事に提出しなければならない。ただし、第十条規定に より返還債務免除申請を行つたとき、及び貸与を受けた修学資金に係る返還債務が消滅したときは、この 限りでない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

設計業務等委託契約関係標準様式 様式名 備考 ページ 業務の損害費用負担について ( 協議 ) ( 土木設計 )( 損害負担が伴う場合 ) 196 の損害費用負担について ( 協議 ) ( 測量 )( 損害負担が伴う場合 ) 197 業務の損害費用負担について ( 承諾 ) ( 土木設計 )( 損害

設計業務等委託契約関係標準様式 様式名 備考 ページ 業務の損害費用負担について ( 協議 ) ( 土木設計 )( 損害負担が伴う場合 ) 196 の損害費用負担について ( 協議 ) ( 測量 )( 損害負担が伴う場合 ) 197 業務の損害費用負担について ( 承諾 ) ( 土木設計 )( 損害

□□損害費用負担について(協議) (測量)(損害負担が伴う場合) 197 ○○業務損害費用負担について(承諾) (土木設計)(損害負担が伴う場合) 198 □□損害費用負担について(承諾) (測量)(損害負担が伴う場合) 199 ○○業務損害費用負担について(協議) (土木設計)(損害負担金額に満たない場合) 200 □□損害費用負担について(協議) (測量)(損害負担金額に満たない場合) 201 ○○業務損害費用負担について(承諾) (土木設計)(損害負担金額に満たない場合) 202 □□損害費用負担について(承諾) (測量)(損害負担金額に満たない場合) 203
さらに見せる

94 さらに読み込む

老人医療給付費等の国庫負担(補助)について

老人医療給付費等の国庫負担(補助)について

(4) 補助金と基金造成事業に係る予算及び決算と関係を明らかにした別紙様式1に よる調書を作成するとともに、基金造成事業に係る歳入及び歳出について証拠書類を 整理し、当該調書及び証拠書類を補助金確定日(事業中止又は廃止承認 を受けた場合には、その承認を受けた日)属する年度終了後5年間保管しておか なければならない。

14 さらに読み込む

上記 (2) の機関に所属する非常勤を含む 研究者 事務職員 技術職員及びその他関連する者 (4) 不正故意若しくは重大な過失による競争的資金等の他の用途への使用又は競争的資金等の交付の決定の内容やこれに付した条件に違反した使用 また 研究活動に関係する不正については 上記のほか 研究活動における不

上記 (2) の機関に所属する非常勤を含む 研究者 事務職員 技術職員及びその他関連する者 (4) 不正故意若しくは重大な過失による競争的資金等の他の用途への使用又は競争的資金等の交付の決定の内容やこれに付した条件に違反した使用 また 研究活動に関係する不正については 上記のほか 研究活動における不

また、研究費を年度内に使い切れずに返還しても、その後採択に悪影 響はないことを周知徹底することも必要である。 ⑧ 上記「機関に実施を要請する事項」⑦特殊な役務 についても検収対象と し、原則として、有形成果物がある場合には、成果物及び完了報告書 履行が確認できる書類により、検収を行うとともに、必要に応じ、抽出によ る事後チェックなどを含め、これに係る仕様書、作業工程など詳細をこれ ら知識を有する発注者以外者が チェックする。また、成果物がない機器 保守・点検など場合は、検収担当者が立会いによる現場確認を行うこ とが必要である。
さらに見せる

31 さらに読み込む

測量等標準契約約款 契約・入札事務関係規程集|浦安市公式サイト

測量等標準契約約款 契約・入札事務関係規程集|浦安市公式サイト

債務負担行為又は継続費に係る契約前金払特則) 第22条 債務負担行為又は継続費に係る契約前金払については、第16条中「契約書記載工事完成 時期」とあるは「契約書記載工事完成時期(最終会計年度以外会計年度にあっては、各 会計年度末)」と、第16条及び第17条中「請負代金額」とあるは「当該会計年度出来高予定額(前会 計年度末における第19条請負代金相当額(以下この条及び次条において「請負代金相当額」とい う。)が前会計年度まで出来高予定額を超えた場合において、当該会計年度当初に部分払をした ときは、当該超過額を控除した額)」と読み替えて、これら規定を準用する。ただし、この契約を締結 した会計年度(以下「契約会計年度」という。)以外会計年度においては、受注者は、予算執行が 可能となる時期以前に前払金支払いを請求することはできない。
さらに見せる

9 さらに読み込む

1章国債3債務管理制度 (2) 各会計の債務償還費 利子及割引料等の状況 ( 平成 30 年度当初予算 平成 28 年度決算 ) 国債整理基金特別会計は 一般会計及び特別会計からの繰入資金等を財源として 公債 借入金等の償還及び利子等の支払を一元的に経理しています A 平成 30 年度当初予算 債務

1章国債3債務管理制度 (2) 各会計の債務償還費 利子及割引料等の状況 ( 平成 30 年度当初予算 平成 28 年度決算 ) 国債整理基金特別会計は 一般会計及び特別会計からの繰入資金等を財源として 公債 借入金等の償還及び利子等の支払を一元的に経理しています A 平成 30 年度当初予算 債務

平成30年度 当初予算 (B) 差   引 増△減額 (B)-(A) 国債整理支出 191,992,787 187,717,420 ▲ 4,275,367 証書製造費 80 2 ▲ 78 国債事務取扱手数料 28,941 30,946 2,005 賠償償還及払戻金 823 823 -  貨幣交換差減補填金 0 0 0 売却及償還差額補填金 126,000 103,000 ▲ 23,000 債務償還費 180,924,350 176,826,926 ▲ 4,097,424 公債償還 135,994,432 127,947,691 ▲ 8,046,742 一般会計負担分 117,807,951 115,052,171 ▲ 2,755,780 特別会計負担分 18,186,482 12,895,520 ▲ 5,290,962 借入金償還 41,866,548 42,805,586 939,038 一般会計負担分 728,091 601,732 ▲ 126,359 特別会計負担分 41,138,457 42,203,854 1,065,397 政府短期証券償還 3,063,370 6,073,650 3,010,280 利子及割引料 10,912,593 10,755,723 ▲ 156,870 公債利子 10,126,418 10,071,984 ▲ 54,434 一般会計負担分 9,212,710 9,218,682 5,972 特別会計負担分 913,708 853,302 ▲ 60,406 借入金利子 216,110 115,340 ▲ 100,770 一般会計負担分 113,888 16,663 ▲ 97,225 特別会計負担分 102,222 98,677 ▲ 3,545 政府短期証券利子 570,065 568,399 ▲ 1,666 一般会計負担分 60,000 60,000 -  特別会計負担分 510,065 508,399 ▲ 1,666 復興債整理支出 4,648,778 3,503,275 ▲ 1,145,504 国債事務取扱手数料 315 340 25 株式売払手数料 26,988 25,626 ▲ 1,362 売却及償還差額補填金 2,910 2,437 ▲ 473 債務償還費 4,592,536 3,440,337 ▲ 1,152,199 公債償還 4,592,536 3,440,337 ▲ 1,152,199 特別会計負担分 4,592,536 3,440,337 ▲ 1,152,199 利子及割引料 26,029 34,534 8,505 公債利子 24,029 33,034 9,005 特別会計負担分 24,029 33,034 9,005 借入金利子 2,000 1,500 ▲ 500 特別会計負担分 2,000 1,500 ▲ 500 歳 出 合 計 196,641,565 191,220,694 ▲ 5,420,871 (注1)国債整理支出一般会計負担分及び復興債整理支出特別会計負担分に
さらに見せる

13 さらに読み込む

1. 財政投融資を活用している事業の主な内容高速道路資産の保有及び高速道路株式会社に対する貸付けのほか 道路関係四公団から承継した債務 その他の高速道路の新設 改築等に係る債務の早期の確実な返済等を行うことにより 高速道路に係る国民負担の軽減を図るとと

1. 財政投融資を活用している事業の主な内容高速道路資産の保有及び高速道路株式会社に対する貸付けのほか 道路関係四公団から承継した債務 その他の高速道路の新設 改築等に係る債務の早期の確実な返済等を行うことにより 高速道路に係る国民負担の軽減を図るとと

③ 当機構における政策コスト分析は、(独)日本高速道路保有・債務返済機構、東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株)、西日   本高速道路(株)、首都高速道路(株)、阪神高速道路(株)及び本州四国連絡高速道路(株)分を一体として実施している。   注)各会社が高速道路建設を行うことによって増加する資産及び負債はすべて機構に承継され、機構は各会社に高速道路資産     を貸付け、各会社から道路貸付料収入を受け入れる。出資金は、この道路貸付料収入により償還期間内に国に返還するこ     ととなるため、この間出資金機会費用が機構政策コストとなる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

民間資金等の活用による公共施設等の整備等に関する事業の実施に関する基本方針の変更について

民間資金等の活用による公共施設等の整備等に関する事業の実施に関する基本方針の変更について

また、国及び地方財政は、長期債務残高合計がGDP2倍を超えて推移している など非常に厳しい状況にあり、財政効率性を高めていくために、徹底した無駄削減と 予算使い途大胆な見直しが求められている。公共施設整備についても、経済成 長に結びつく投資効果高い公共施設や、人口減少が見込まれる中で国民生活や都市 や地域活力を維持し、環境や防災課題に的確に対応した公共施設など、その必要 性を厳しく精査した上で進める必要がある。人口減少・高齢化進展に伴い、コンパクト シティ推進を図り、公共施設新規投資や更新に当たっては、既存計画見直し や施設廃止も含め、選択と集中を強力に推進し、経済社会と人口構造実情に即した再 編を進めることが求められる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

目次 各種資金一覧表 1 用途別の資金選択フロー 3 農業近代化資金 4 日本政策金融公庫資金 7 山梨県農業災害対策資金 負債整理関係資金 8 借入申込みから貸付決定までの流れ 9 農業制度資金の借入にあたっての注意点 10 農業信用保証保険制度の概要 11 農業制度資金についての問い合わせ先等

目次 各種資金一覧表 1 用途別の資金選択フロー 3 農業近代化資金 4 日本政策金融公庫資金 7 山梨県農業災害対策資金 負債整理関係資金 8 借入申込みから貸付決定までの流れ 9 農業制度資金の借入にあたっての注意点 10 農業信用保証保険制度の概要 11 農業制度資金についての問い合わせ先等

農業制度資金借り入れにあたっては、次点にご注意ください。 ①事業計画作成 ・制度資金を借り入れる際は、経営改善資金計画書事業計画を作成する必要があります。 ・経営改善資金計画については、認定農業者や認定新規就農者になる際農業経営改善計画や青 年就農計画と整合性、計画達成確実性、借入金償還確実性につき審査が行われます。 ・借入額が高額になる場合、慎重な審議が必要と判断される場合は、市町村特別融資制度推進会 議で審査を行う場合もありますので、資金必要な時期を考慮し、早め手続きをお願いします。
さらに見せる

16 さらに読み込む

多重債務問題及び消費者向け金融等に関する懇談会の設置について 関係省庁との調整、検討会、研究会等|消費者庁

多重債務問題及び消費者向け金融等に関する懇談会の設置について 関係省庁との調整、検討会、研究会等|消費者庁

(座長)山本 豊 〔京都大学大学院法学研究科教授〕 行岡みち子 〔生活協同組合連合会グリーンコープ連合常務理事〕 渡邊 千穂 〔公益社団法人全国消費生活相談員協会理事〕 (注) 〔〕内肩書きは平成 27 年5月 18 日現在もの。

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...