会社法第 条第6B号及 第88A条第 項

Top PDF 会社法第 条第6B号及 第88A条第 項:

町田市における建築基準法第86条第1項、同条第2項及び第86条の2第1項の規定に基づく認定基準

町田市における建築基準法第86条第1項、同条第2項及び第86条の2第1項の規定に基づく認定基準

道路又は通路の幅員は、メートル以上であること。ただし、道路又 は通路の終端及び区間35メートル以内ごとに自動車が転回できる広場 を設けているときはこの限りでない。 道路に接しない敷地又は路地状部分によってのみ道路に接する敷地 (以下「奥敷地」という。)に東京都建築安全条例(昭和25年東京都 条例。以下「安全条例」という。)に規定する特殊建築 物が存する場合においては、通路が2以上設けてあり、かつ、そのうち の1以上が幅員メートル以上(安全条例10の2(ろ)欄 に掲げる用途の建築物が存する場合は、12メートル以上)で、その他 が幅員4メートル以上であること。
さらに見せる

12 さらに読み込む

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

5 メートル以上、非住居系は車道2車線で原則として9.0メートル以上の幅員の 道路に接しているもの又は接することが確実であるものとする。 2 地区施設は、当該地区の周辺の道路状況等を勘案の上、区画道路及び公園、 緑地、広場その他の公共空地を配置するとともに必要に応じて雨水調整施設を 配置するものとし、当該地区施設に係る基準は、33に適合するものとす る。

8 さらに読み込む

規制適用除外 規制の対象とならない建築等の行為 ( 法第 43 条第 1 項 政令第 34 条 第 35 条 ) 1 2 法第 29 条第 1 項第 2 号に定める農林漁業用建築物及び農林漁業者用住宅の建築等 ( 法第 43 条第 1 項本文 ) 法第 29 条第 1 項第 3 号に定める公益上必要

規制適用除外 規制の対象とならない建築等の行為 ( 法第 43 条第 1 項 政令第 34 条 第 35 条 ) 1 2 法第 29 条第 1 項第 2 号に定める農林漁業用建築物及び農林漁業者用住宅の建築等 ( 法第 43 条第 1 項本文 ) 法第 29 条第 1 項第 3 号に定める公益上必要

(1) 周辺における土地利用及び環境と調和のとれたものであって、 市町の都市計画上支障がな いものと認められるもののうち、次のいずれかに該当するもの ① 中小企業者と農林漁業者との連携による事業活動の促進に関 する法律 (平成 25 年法律 38 。以下「農商工等連携促進」という。)又はやまぐ ち次産業化・農商工連携推進事業補助金交付要綱(平成 26 年 8 月 1 日施行)に基づく 事業計画の認定を受けたものであって、次のいずれにも該当するもの
さらに見せる

12 さらに読み込む

別紙様式第16号の17(第17条の5、第25条の2及び第211条の36第1項関係)

別紙様式第16号の17(第17条の5、第25条の2及び第211条の36第1項関係)

評価・換算差額等合計 - 新株予約権 - 純資産の部 合計 427,884 資産の部合計 2,137,866 負債及び純資産の部合計 2,137,866 (注)1. 有形固定資産の減価償却は、定額により行っております。

6 さらに読み込む

第 321 条の8 第 22 項及び第 23 項の申告書を除く ) を削り 第 98 条第 1 項 を 第 81 条の6 第 1 項の申告書 第 98 条第 1 項 に改め 同条に次の2 号を加える (5) 第 48 条第 1 項の申告書 ( 法第 321 条の8 第 1 項 第 2 項 第 4 項

第 321 条の8 第 22 項及び第 23 項の申告書を除く ) を削り 第 98 条第 1 項 を 第 81 条の6 第 1 項の申告書 第 98 条第 1 項 に改め 同条に次の2 号を加える (5) 第 48 条第 1 項の申告書 ( 法第 321 条の8 第 1 項 第 2 項 第 4 項

の 場 合 に お い て 、 3 2 1 2 2 に 規 定 す る 申 告 書 ( 以 下 こ の に お い て 「 修 正 申 告 書 」 と い う 。 ) の 提 出 が あ っ た と き ( 当 該 修 正 申 告 書 に 係 る 町 民 税 に つ い て 同 又 は 1 9 に 規 定 す る 申 告 書 ( 以 下 こ の に お い て 「 当 初 申 告 書 」 と い う 。 ) が 提 出 さ れ て お り 、 か つ 、 当 該 当 初 申 告 書 の 提 出 に よ り 納 付 す べ き 税 額 を 減 少 さ せ る 更 正 ( こ れ に 類 す る も の を 含 む 。 以 下 こ の に お い て 「 減 額 更 正 」 と い う 。 ) が あ っ た 後 に 、 当 該 修 正 申 告 書 が 提 出 さ れ た と き に 限 る 。 ) は 、 当 該 修 正 申 告 書 の 提 出 に よ り 納 付 す べ き 税 額 ( 当 該 当 初 申 告 書 に 係 る 税 額 ( 還 付 金 の 額 に 相 当 す る 税 額 を 含 む 。 ) に 達 す る ま で の 部 分 に 相 当 す る 税 額 に 限 る 。 ) に つ い て は 、 次 に 掲 げ る 期 間 ( 詐 偽 そ の 他 不 正 の 行 為 に よ り 町 民 税 を 免 れ た 人 が 3 2 1 の 1 1 又 は の 規 定 に よ る 更 正 が あ る べ き こ と を 予 知 し て 提 出 し た 修 正 申 告 書 に 係 る 町 民 税 又 は 令 の 1 の 2 に 規 定 す る 町 民 税 に あ っ て は 、 に 掲 げ る 期 間 に 限 る 。 ) を 延 滞 金 の 計 算 の 基 礎 と な る 期 間 か ら 控 除 す る 。
さらに見せる

52 さらに読み込む

(5) 上 記 のほか 必 要 な 表 現 の 変 更 統 一 及 び 明 確 化 を 行 うとともに 字 句 の 修 正 及 び 条 項 数 の 整 備 等 を 行 うものです( 第 5 条 第 27 条 第 1 項 第 29 条 第 1 項 第 3 項 及 び 第 33 条 第 1 項 第 (1

(5) 上 記 のほか 必 要 な 表 現 の 変 更 統 一 及 び 明 確 化 を 行 うとともに 字 句 の 修 正 及 び 条 項 数 の 整 備 等 を 行 うものです( 第 5 条 第 27 条 第 1 項 第 29 条 第 1 項 第 3 項 及 び 第 33 条 第 1 項 第 (1

(2) 租税特別措置施行規則(昭和 32 年大蔵省令 15 。その後の改正を含みます。 )の改正に より、不動産投資法人の特例規定が削除されたことに伴い、記載要件とされていた規約条項 を削除するものです(現行規約 26 関係) 。 (3) 投資法人の計算に関する規則(平成 18 年内閣府令 47 。その後の改正を含みます。 )及び 租税特別措置(昭和 32 年法律 26 。その後の改正を含みます。 )等の改正により、投資 法人における会計と税務の処理の差異(税会不一致)を解消するための措置が講じられたこ とに伴い、本投資法人における課税負担を軽減する目的での利益を超えた金銭の分配を可能 とする規定を設けるものです( 33 (2)及び(4)関係) 。
さらに見せる

15 さらに読み込む

PowerPoint プレゼンテーション

旅行業法施行要領新旧 ( 案 ) 旧 新 第一 定義 ( 法第 2 条 ) 第一 定義 ( 法第 2 条 ) 1 旅行業 ( 法第 2 条第 1 項 ) 1 旅行業 ( 法第 2 条第 1 項 ) 1) 報酬について 1) 報酬について (1) 事業者が法第 2 条第 1 項各号に掲げる行為を行うこ

2) 管理、監督は、実質的になされれば足り、当該旅行業者等におけ る職制上、旅行業務取扱管理者が管理監督者の身分にあることを要し ない。 3) 旅行業務取扱管理者資格は、現行上、旅行業務取扱管理者試験 の合格者のみに与えられるものであるが、旅行業法の一部を改正する 法律(平成1年法律72)による改正前の旅行業法の規定によ り旅行業務取扱主任者試験に合格した者、及び旅行業法の一部を改正 する法律(昭和57年法律33)による改正前の旅行業法の規定 により資格認定を受けた者(以下「認定資格者」という。)について は、旅行業務取扱管理者試験の合格者とみなされる。
さらに見せる

25 さらに読み込む

1 提出理由 2018 年 8 月 21 日開催の当社取締役会において 会社法第 236 条 第 238 条第 1 項及び第 2 項並びに第 240 条第 1 項に基づき当社取締役に対してストックオプションとして新株予約権を発行すること 並びに 会社法第 236 条 第 238 条第 1 項ないし第

1 提出理由 2018 年 8 月 21 日開催の当社取締役会において 会社法第 236 条 第 238 条第 1 項及び第 2 項並びに第 240 条第 1 項に基づき当社取締役に対してストックオプションとして新株予約権を発行すること 並びに 会社法第 236 条 第 238 条第 1 項ないし第

 当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上 を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存す る新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社236 イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基 づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を 新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契 約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るもの とする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

- 1 - 国土交通省令第五十一号道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第四十八条第一項 第五十四条第四項(同法第七十一条の二第二項において準用する場合を含む ) 第九十一条の三及び第九十四条の十 道路運送法(昭和二十六年法律第百八十三号)第二十七条第三項(同法第四十三条第五項において準用す

- 1 - 国土交通省令第五十一号道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第四十八条第一項 第五十四条第四項(同法第七十一条の二第二項において準用する場合を含む ) 第九十一条の三及び第九十四条の十 道路運送法(昭和二十六年法律第百八十三号)第二十七条第三項(同法第四十三条第五項において準用す

主な改正内容 1.大型自動車の定期点検整備について 自動車点検基準の改正により、車両総重量トン以上又は乗車定員 30 人以上の 自動車に係る定期点検整備の3ヶ月毎の点検項目に以下の項目が追加されまし た。

19 さらに読み込む

Microsoft Word - 法第43条第2項第2号許可基準

Microsoft Word - 法第43条第2項第2号許可基準

(4)道を使用することについて管理者が承諾していること。 ・ 「条例対象建築物」とは建築基準条例の2、19及び26の対象となる特 殊建築物等をいう。 ただし、物品販売業(物品加工修理業を含む。)を営む店舗で床面積3,000㎡以上のものは建 築基準条例21の適用を受けるため、当規定からは除外する(以下同じ。)。

6 さらに読み込む

ガイア指定第 1 号様式第二号様式 ( 第一条の三 第二条 第三条 第三条の三関係 )(A4) 確認申請書 ( 建築物 ) ( 第一面 ) 建築基準法第 6 条第 1 項又は第 6 条の 2 第 1 項の規定による確認を申請しますが 申請するにあたっては 株式会社ガイア確認検査業務規程 及び確認検査

ガイア指定第 1 号様式第二号様式 ( 第一条の三 第二条 第三条 第三条の三関係 )(A4) 確認申請書 ( 建築物 ) ( 第一面 ) 建築基準法第 6 条第 1 項又は第 6 条の 2 第 1 項の規定による確認を申請しますが 申請するにあたっては 株式会社ガイア確認検査業務規程 及び確認検査

 ⑪ 9欄の「ロ」は、建築基準施行令10に掲げる建築物のうち、該当するもののの数字を記入して ください。  ⑫ 9欄の「ニ」は、当該認証番号を記入すれば、10の5の4に該当する認証型式部材等の場合にあ つては欄の概要及び9欄の「ハ」屎 シ 尿浄化槽又は合併処理浄化槽 並びに給水タンク又は貯水タンクで屋上又は 屋内以外にあるものに係るものを除く。)並びに11欄から14欄まで及び五面の3欄から欄までの事項につい て、同に該当する認証型式部材等の場合にあつては欄の概要及び9欄の「ハ」(当該認証型式部材等に  ⑬ 10欄の「イ」は、最上階から順に記入してください。記入欄が不足する場合には、別紙に必要な事項を記入 し添えてください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

食品表示法第6条第8項の規定に基づく命令等の指針 食品表示法等(法令及び一元化情報)|消費者庁

食品表示法第6条第8項の規定に基づく命令等の指針 食品表示法等(法令及び一元化情報)|消費者庁

2 食品衛生との関係 食品衛生(昭和 22 年法律 233 )の規定により販売し(不特定又は多 数の者に授与する販売以外の場合を含む。)、若しくは販売の用に供するため に、採取し、製造し、輸入し、加工し、使用し、調理し、貯蔵し、若しくは 陳列してはならず、又はこれらの行為を禁止されている食品については、衛 生上の危害を防止する観点から同の規定に基づく措置(行政指導を含む。 以下同じ。 )を優先するものとする。
さらに見せる

4 さらに読み込む

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

16 期末手当及び勤勉手当は、勤務期間等に応じ、一般職給与に規定する国家公務 員に係る期末手当及び勤勉手当の規定を準用して支給する。ただし、期間率については、 給与規程25の規定を準用する。 2 前項の場合において、 6月の期末手当の額は期末手当基礎額に100分の122.5を、 12月の期末手当の額は期末手当基礎額に100分の137.5を、勤勉手当の額は勤 勉手当基礎額に100分の70を乗じて得た額とする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

建築基準法第86条第1項の規定に基づく

建築基準法第86条第1項の規定に基づく

②集会所 戸当たり 0.5 ㎡を目安として、住戸数に応じた規模の集会用施設を確保すること。 ③駐車場 駐車場の整備率は、一団地の区域内の総住戸数に対し神戸市民の住環境等をまもり そだてる条例施行規則 1 及び 2 に定める整備率を満たすとともに、敷 地内通路や敷地周辺の道路等に駐停車されることのないよう出来る限り高め、かつ、 適切な維持管理がなされるよう乗降や荷捌きスペースの確保等に配慮した計画とする こと。ただし、高齢者用住宅等の住戸のうち、特定行政庁が認めたものについては、 駐車台数を算定する住戸数から除くことができる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目次 商標審査基準 改訂第 13 版 1 第 1 第 3 条第 1 項 ( 商標登録の要件 ) 2 一第 3 条第 1 項全体 2 二 第 3 条第 1 項柱書 3 三 第 3 条第 1 項第 1 号 ( 商品又は役務の普通名称 ) 15 四 第 3 条第 1 項第 2 号 ( 慣用商標 ) 16

目次 商標審査基準 改訂第 13 版 1 第 1 第 3 条第 1 項 ( 商標登録の要件 ) 2 一第 3 条第 1 項全体 2 二 第 3 条第 1 項柱書 3 三 第 3 条第 1 項第 1 号 ( 商品又は役務の普通名称 ) 15 四 第 3 条第 1 項第 2 号 ( 慣用商標 ) 16

場所、質等の表示) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 六 (ありふれた氏又は名称等) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 七 (極めて簡単で、かつ、ありふれた標章) ・・・・・・・・・・ 20 八 (前までのほか、識別力のないもの) ・・・・・・・・・・・ 21 (使用による識別性) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23 及び(不登録事由) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26 一 全体 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26 二 (国旗、菊花紋章等) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28 三 及び(国の紋章、記章等) ・・・・・・・・・・ 29 四 (赤十字等の標章又は名称) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 32 五 (国、地方公共団体等の著名な標章) ・・・・・・・・・・・・・・ 32 六 (公序良俗違反) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 34 七 (他人の氏名又は名称等) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 34 八 (博覧会の賞) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 35 九 10(他人の周知商標) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 36 十 11(先願に係る他人の登録商標) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 37 十一 12(他人の登録防護標章) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 48 十二 14(種苗で登録された品種の名称) ・・・・・・・・・・・・・・・・ 48 十三 15(商品又は役務の出所の混同) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 十四 16(商品の品質又は役務の質の誤認) ・・・・・・・・・・・・・・・・ 50 十五 17(ぶどう酒又は蒸留酒の産地の表示) ・・・・・・・・・・・・・・ 52 十六 18(商品又は商品の包装の機能を確保するために不可欠な
さらに見せる

340 さらに読み込む

電子帳簿保存法 施行規則第8条第1項二号の規程に係る参考例

電子帳簿保存法 施行規則第8条第1項二号の規程に係る参考例

2.電子取引データの保存義務について (1) 電子取引の取引情報に係る電磁的記録の保存( 10 4 及び 5 条は、国税関係帳簿書類に係る電磁的記録あるいはマイクロフィルム による保存を希望する事業者が、所轄の税務署長に申請し、承認されることにより電磁的 記録のみにより保存可能となるものですが、 10 条は EDI 取引に代表される電子取引 の場合を対象としており、EDI 等の電子取引を実施する事業者全てが対象となります。そ の内容は電子取引の取引情報(注文データや請求データ等)を電磁的記録、即ち CD-ROM やハードディスク等に保存しなければならないと規定しているものです。ただし、電磁的 記録への保存に代えて、取引情報を出力した書面やマイクロフィルムを保存することも許 容されています。 P7 の「図 2 電子計算機を使用して作成する帳簿書類及び電子取引関係」 に示されているとおり、電子取引情報は、書面による出力の他、オリジナルの電子データ または電子計算機出力マイクロフィルムでの保存が認められています。オリジナルの電子 データとは、電子データの原本または電子データ原本と同等の写しを総称しています。
さらに見せる

41 さらに読み込む

法第78条の2第4項各号及び第115条の12第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書

法第78条の2第4項各号及び第115条の12第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書

祉施設入所者生活介護に係る指定の申請者を除く。)が、七十八の十(からまでを除 く。)の規定により指定(認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護又は地域密 着型介護老人福祉施設入所者生活介護に係る指定を除く。 )を取り消され、 その取消しの日から起算し て五年を経過しない者(当該指定を取り消された者が法人である場合においては、 当該取消しの処分に 係る行政手続十五の規定による通知があった日前六十日以内に当該法人の役員等であった者で 当該取消しの日から起算して五年を経過しないものを含み、当該指定を取り消された者が法人でない 事業所である場合においては、当該通知があった日前六十日以内に当該事業所の管理者であった者で 当該取消しの日から起算して五年を経過しないものを含む。)であるとき。ただし、当該指定の取消し が、指定地域密着型サービス事業者の指定の取消しのうち当該指定の取消しの処分の理由となった事 実及び当該事実の発生を防止するための当該指定地域密着型サービス事業者による業務管理体制の整 備についての取組の状況その他の当該事実に関して当該指定地域密着型サービス事業者が有していた 責任の程度を考慮して、この本文に規定する指定の取消しに該当しないこととすることが相当であ ると認められるものとして厚生労働省令で定めるものに該当する場合を除く。
さらに見せる

3 さらに読み込む

4 広告可能な事項の具体的な内容 (1) 法第 6 条の 5 第 3 項第 1 号関係 (2) 法第 6 条の 5 第 3 項第 2 号関係 (3) 法第 6 条の 5 第 3 項第 3 号関係 (4) 法第 6 条の

4 広告可能な事項の具体的な内容 (1) 法第 6 条の 5 第 3 項第 1 号関係 (2) 法第 6 条の 5 第 3 項第 2 号関係 (3) 法第 6 条の 5 第 3 項第 3 号関係 (4) 法第 6 条の

3 他の法律における規制との関係 医療に関する広告の規制については、に基づく規定の他に、不当景品類及び不当表示防止(昭 和 37 年法律 134 。以下「景表」という。)、医薬品医療機器等等があり、これら他法令に違 反する広告は、当該他法令に基づく指導・処分等の対象となり得るものである。の5等の規 定に違反し、又は違反が疑われる広告は、これら広告等を規制する他の規定に違反し、又は違反し ている可能性があり得るものである。このため、の運用に当たっては、関係法令の内容を十分に理 解し、を主管する課室(以下「主管課室」という。)を中心に、景表主管課室等の関係法令を 所管する課室も含め、収集した情報の交換等により、密接に連携・協力し、指導等の実効を挙げるよ うに努められたい。
さらに見せる

40 さらに読み込む

農地法第18条第1項の規定による許可申請書 農地の賃貸借契約を解約について|三島市 201843 radD34C5

農地法第18条第1項の規定による許可申請書 農地の賃貸借契約を解約について|三島市 201843 radD34C5

                      申請者  住所                            氏名             印  下記土地について賃借権の  をしたいので、農地18の規定により許可を申請し ます。

1 さらに読み込む

研究報告 第68号掲載課題

研究報告 第68号掲載課題

謝 辞 本品種の育成にあたっては, 「ビール大麦育成系統合 同比較試験」の遂行にご尽力をいただいたビール酒造組 合,ビール会社,栃木県の生産者団体,各県農業試験場, 作物研究所および各地域農業研究センターの関係者各位 に謝意を表します.また,特性検定試験,系統適応性検 定試験および奨励品種決定調査のために,各県農業試験 場の関係者各位に多大なるご協力をいただいた.本品種 育成試験の遂行にあたり,野沢清一氏,大塚孝氏,星野 洋子氏,徳原裕幸氏,若桝淳氏,田中良張氏,荒川秀樹 氏,大橋一雄氏ならびに栃木県農業試験場栃木分場のパ ート職員の皆様には,調査補助,圃場管理,品質分析等 において多大なるご尽力をいただきました.これらの 方々の力なくしては「アスカゴールデン」の育成はでき なかったものと深く感謝を申し上げます.
さらに見せる

26 さらに読み込む

Show all 10000 documents...