仮想ネットワークの制御のための

Top PDF 仮想ネットワークの制御のための:

振動制御のための座屈拘束ブレースに関する分岐経路追跡(PDF)

振動制御のための座屈拘束ブレースに関する分岐経路追跡(PDF)

著者らは座屈拘束ブレースを芯ブレースと 補剛材接触問題として解析 (3) を行い、波状 変形を考慮するために微小な形状不整を用い た突起付きモデル等を検討して分岐した変形 モードを得た。しかし、これらモデルを用い て、実験等で得られている荷重―変位履歴特性 を再現することを試みたが、用いてきた分岐経 路追跡法が荷重制御法であったため、荷重

8 さらに読み込む

アクティブ状態への遷移タイミングを制御する非同期型MACプロトコルのための適応スリープ制御

アクティブ状態への遷移タイミングを制御する非同期型MACプロトコルのための適応スリープ制御

あらまし 無線センサネットワークでは,ネットワークを長期間稼働させるために消費電力を削減する必要が ある.これまで,無線通信デバイスを効率的にスリープ状態に遷移することで省電力化を図る MAC (Medium Access Control) プロトコルが数多く提案されている.本論文では,アクティブ状態に遷移するタイミングを合 わせる非同期型 MAC プロトコルに着目し,ネットワークトラヒックに応じて適応的にスリープ期間を設定する 適応スリープ制御を提案する.適応スリープ制御を非同期型 MAC プロトコル一つである PS-MAC に組み込 み,実機実装実験及びシミュレーションによる大規模実験を行った.その結果,高トラヒック時にはパケット到 達率を維持しながら遅延時間削減が可能であり,低トラヒック時にはデューティーサイクル改善効果がある ことを確認した.
さらに見せる

9 さらに読み込む

授業内演習のための自動制御実験装置の開発

授業内演習のための自動制御実験装置の開発

そのため,学習者に対してプログラミング技術習得を事 前準備として必要とするだけでなく,実験装置規模が肥 大となり,実験施設で常設を余儀なくされるものが多い. さらに,従来理論解説および数値シミュレーション演習 で構成した授業展開場合よりも,制御実験を授業と連動 し講義室において機動的に実施することで技術習得へ向 上心高揚や理解度向上が期待されることから,近年実 験装置小型化が図られてきているものの,授業内で運用 が可能なシステムは希少である.
さらに見せる

4 さらに読み込む

Computer Security Symposium October 2015 プロセス情報不可視化のための仮想計算機モニタよるメモリアクセス制御 佐藤将也山内利宏谷口秀夫 岡山大学大学院自然科学研究科 岡山県岡山市北区津島中 {sato, ya

Computer Security Symposium October 2015 プロセス情報不可視化のための仮想計算機モニタよるメモリアクセス制御 佐藤将也山内利宏谷口秀夫 岡山大学大学院自然科学研究科 岡山県岡山市北区津島中 {sato, ya

ㄞ䜏㎸䜏䜢チྍ ㄞ䜏㎸䜏䜢⚗Ṇ 図 2 プロセス情報読み込み制御 いないコードから読み込みに対しては,偽 プロセス情報を返す.これにより,本来プロ セス情報を攻撃者から隠ぺいする.アクセス元 コードがアクセスを許可したコードか否か 判定には,カーネルスタックを用いる.カーネ ルスタックには,カーネル内関数戻りアド レスが格納されている.このため,重要プロセ スプロセス情報読み込みを検知した際に, カーネルスタックからすべて戻りアドレスを 取得し,取得したすべてアドレスがアクセス を許可した領域に含まれていた場合には,本来 プロセス情報読み込みをエミュレートする. そうでない場合には,偽プロセス情報読み 込みをエミュレートする.
さらに見せる

6 さらに読み込む

SICEセミナー 制御のためのシステム同定

SICEセミナー 制御のためのシステム同定

2010年度 足立研究室研究テーマ ディーゼルエンジン着火システム着火時期制御 自動車エンジンを効率よく稼働させるためには、多く条件をクリアする 必要があります。その条件一つが、“燃料が最も燃えやすいタイミングで 着火を起こす”、ことです。そして、本研究目的は 燃料噴射時期制御ア ルゴリズムを設計する ことです。しかし、エンジン動作や燃料燃焼は 複雑な現象であり、数式でモデリングすることが困難です。そこで、本研究 では複雑な現象をデータベース化し、逐一簡単な数式モデルを構築する “ Just-In-Time法 ”を用いて着火時期制御アルゴリズムを設計します。設
さらに見せる

11 さらに読み込む

Human–Computer Interactionのための手の運動制御とその応用

Human–Computer Interactionのための手の運動制御とその応用

79 玉城: Human–Computer Interactionため運動制御とその応用 し,Table 1内MP関節とは,MetacarPophal-angeal joint つまり 中手指節間関節である。8人参加者中,1人 参加者は,親指DIP関節と小指PIP関節が独立動作 し,小指も他指と連動せずに動作した。同参加者は, ピアノ演奏を幼少ころより頻繁に行っており,日常的 に親指や小指を独立して動作させる環境にあったと後日 判明した。同参加者は,親指と小指を動作させる筋肉が 発達しているため,親指と小指を動作させる筋肉へ単 独電気刺激が可能になったではないかと推測され る。また,親指DIP関節と小指PIP関節は,ユーザ 手指と腕状態により制御可能かどうか変化するとも 推測される。
さらに見せる

4 さらに読み込む

1C4-3 制御システムのためのイベントの予測に基づく異常検知

1C4-3 制御システムのためのイベントの予測に基づく異常検知

1. はじめに 昨今,社会インフラ等を支える制御システムは年々複雑化し てきている.また,国内を含む先進国では,老朽化したシステム 維持保守費用削減が求められている.一方,新興国では, 先進国ように高度なスキルを持った保守員を確保することが 難しい.このため,一般的な保守員でも障害対応できるように, [加藤,13]など異常検知を自動化する取り組みが盛んとなって いる.一方,異常検知技術は業務効率低下や機会損失となる 事象発見など業務改善に対する応用も期待されている.そこ で本研究では,障害対応迅速化,業務改善ために把握すべ き事象(これらをインシデントと呼ぶ)発見を自動化するログを 活用した異常検知手法を提案する.
さらに見せる

2 さらに読み込む

ばらつき抑制のための確率最適制御

ばらつき抑制のための確率最適制御

同値変換に対する同時分布不変性 システムパラメータ同時分布 p( Θ ) として任意分布を許すなら ば,座標変換 ¯x = T x に対して同時分布は不変. p( A , B , C , D , Q , R ) = p( T A T −1 , T B , C T −1 , D , T Q T T , R ) すなわち同値な状態空間モデル尤度は等しい!

47 さらに読み込む

量子フィードバック制御のための推定論とその応用

量子フィードバック制御のための推定論とその応用

$=\{\begin{array}{l}0p_{2}/(p_{2}+p_{4}+p_{6})0p_{4}/(p_{2}+p_{4}+p_{6})0p_{6}/(p_{2}+p_{4}+p_{6})\end{array}$ $\mathbb{P}$ ( $k|$ odd) $=\{\begin{array}{l}p_{1}/(p_{1}+p_{3}+p_{5})0p_{3}/(p_{1}+p_{3}+p_{5})0p_{5}/(p_{1}+p_{3}+p_{5})0\end{array}$ (8) さて,この議論を量子的な表現を用いて書き直してみる.我々がサイコロシール色 を見るとは,物理量 $\hat{A}=diag\{a, b, a, b, a, b\}$ を測定することである,と表現できる. $A$ 固有値 $a,$ $b$ は相異なる実数であり,測定結果 $a,$ $b$ はそれぞれ奇数,偶数に対応する.この 物理量を射影測定することを考えよう.いま, $A$
さらに見せる

13 さらに読み込む

制御のためのSimulink入門

制御のためのSimulink入門

 【MATLAB と Simulink による制御設計】 トレーニング • MATLAB/Simulink 製品群による閉ループ制御システム設計方法(プラン トモデリング、解析、コントローラー設計・シミュレーション等)を習得できます。 • 日数:2日間 in 名古屋/東京

45 さらに読み込む

制御盤設計者のための電気安全技術

制御盤設計者のための電気安全技術

- 納入工具リスト。 7) 安全防護物,インタロック機能,及びガードインタロックに関する説明(相互接続図を含む。)。連携し て稼働する機械では,特に必要である。 8) 安全防護説明及び安全防護を解除する必要がある場合(例えば,マニュアルプログラミング,プロ グラム検証などために。)解除手段説明(9.2.4 参照)。

64 さらに読み込む

より 他のファイアウォールを使用した場合のようなネットワークパフォーマンスの低下が起こりません ネットワークの制御と柔軟性 NSa シリーズの中核をなすのは SonicWall の豊富なオペレーティングシステムである SonicOS です SonicOS は アプリケーションインテリジェンスと制御

より 他のファイアウォールを使用した場合のようなネットワークパフォーマンスの低下が起こりません ネットワークの制御と柔軟性 NSa シリーズの中核をなすのは SonicWall の豊富なオペレーティングシステムである SonicOS です SonicOS は アプリケーションインテリジェンスと制御

簡 単 な導 入、 セットアップ、 および 継続的な管理 すべて SonicWall ファイアウォールと同じ ように、NSa シリーズは、重要なセキュリ ティ、接続、柔軟性を実現するテクノロジー を 1 つ包括的なソリューションに緊密に 統合しています。このソリューションには SonicWave ワイヤレスアクセスポイントと SonicWall WAN Acceleration Appliance (WXA) シリーズが含まれており、それらを管 理する NS a ファイアウォールによっていず れもが自動的に検出され、プロビジョニン グされます。複数機能を統合することによ り、必ずしもうまく連動するとは限らない製 品を個別に購入してインストールする必要 がなくなります。これにより、ソリューション をネットワークに導入して構成するために 必要な作業が減り、時間と費用両方を節 約できます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

内容 1. システム要件 Microsoft Azure Microsoft Azure 仮想ネットワーク Citrix Cloud 事前準備 Microsoft Azure Account のセットアッ

内容 1. システム要件 Microsoft Azure Microsoft Azure 仮想ネットワーク Citrix Cloud 事前準備 Microsoft Azure Account のセットアッ

はじめに、Citrix Cloud と Microsoft Azure 間通信を認証し、暗号化するため、Citrix Cloud Connector を構築します。XenApp & XenDesktop Service on Azure 仮想デスク トップリソースは Microsoft Azure に配置されます。Citrix Cloud Connector は、冗長 性や継続性を踏まえ、2台以上マシンを準備してください。

64 さらに読み込む

4 新世代ネットワーク基盤技術 統合管理型ネットワーク仮想化基盤技術 山田一久中尾彰宏金田泰才田好則雨宮宏一郎 進化型ネットワーク仮想化を実現する統合管理型ネットワーク仮想化技術について 従来のネットワーク仮想化基盤からの新たな追加拡張機能の研究開発成果について報告する ネットワーク仮想化基盤の要件

4 新世代ネットワーク基盤技術 統合管理型ネットワーク仮想化基盤技術 山田一久中尾彰宏金田泰才田好則雨宮宏一郎 進化型ネットワーク仮想化を実現する統合管理型ネットワーク仮想化技術について 従来のネットワーク仮想化基盤からの新たな追加拡張機能の研究開発成果について報告する ネットワーク仮想化基盤の要件

リダイレクタにおけるリソースアイソレーション基 本機能については論文[4] に記述したが、その概要は 次とおりである。リダイレクタは VLAN 機能、IP ルーティング機能、QoS 機能などをもつ L3 スイッ チを内蔵している。このスイッチは QoS 機能として Weighted Fair Queuing (WFQ) 機能、ポリシング 機能などをもっているが、リダイレクタはこれらを 使用してリソースアイソレーションを実現している。 WFQ 機能はスイッチからパケットを出力する際にパ ケットをフローごとにキューイングしてフロー出力 帯域を制御するが、リダイレクタはこの機構によって スライスごと高性能な帯域制御を実現している。し かし、この方法はキューイングために高速メモリが 必要なので高速回線においては比較的高コストであり、 従来は限られたスライスだけがこの機能を使用できた。 これに対してポリシング機能はメモリを必要としない ため低コストであり、数十個以上スライスにおいて リソースアイソレーション機能を利用することができ た。ただし WFQ を使用する方法と比べると性能は低
さらに見せる

10 さらに読み込む

目次 エンジニアリング企業についてプラントの情報ネットワーク制御システム構成例制御システム ( サイバー ) セキュリティについての認識エンジニアリング企業の現況プラントの安全と設計制御システムセキュリティについて思うことおわりに 2012 TOYO ENGINEERING CORPORATION

目次 エンジニアリング企業についてプラントの情報ネットワーク制御システム構成例制御システム ( サイバー ) セキュリティについての認識エンジニアリング企業の現況プラントの安全と設計制御システムセキュリティについて思うことおわりに 2012 TOYO ENGINEERING CORPORATION

プラント安全を守り運転信頼性を高めるために、制御システムへ対策のみならず、従来か ら検討手法や安全対策と融合した設計方法を考える必要があるようにも思います。 日本から具体的方法提案や海外と国内規格相互認証などに期待したいと思います。 エンジニアリング企業としましては、海外で知見・方法国内へ紹介、

22 さらに読み込む

AR415S/AR550S/AR560S/AR570SとWindows Azure 仮想ネットワークのIPsec接続設定例

AR415S/AR550S/AR560S/AR570SとWindows Azure 仮想ネットワークのIPsec接続設定例

ADD FIREWALL POLI="net" RU=3 AC=NON INT=vlan1 PROT=ALL IP=192.168.1.1-192.168.1.254 ↓ SET FIREWALL POLI="net" RU=3 REM=172.16.0.1-172.16.255.254 ↓ 9. 基本ルールままでは IPsec パケットまで遮断されてしまうので、これらパケッ トを通過させるためルールを設定します。「ENCAP=IPSEC」は、IPsec パケットから オリジナルパケットを取り出したあとでこのルールを適用することを示します。よっ て、以下コマンドは、「取り出したパケット終点が 192.168.11~192.168.1.254、 つまり、ローカル側 LAN ならば NAT 対象外とする」意味になります。
さらに見せる

23 さらに読み込む

Cisco Catalyst スイッチを使用した 制御ネットワークのケーブル接続

Cisco Catalyst スイッチを使用した 制御ネットワークのケーブル接続

• Supervisor Engine Card(部品番号 SUP720)は、Cisco Catalyst 6509 スイッチ電源を投入し、コ ンソール アクセスを確立するために必要なプロセッサ カードです。 • 16 ポート ギガビット イーサネット カード(部品番号 WS-X6416-GBIC)には、Gigabit Interface Converter(GBIC; ギガビット インターフェイス コンバータ)光モジュールが必要です。

6 さらに読み込む

4 新世代ネットワーク基盤技術 我が国におけるネットワーク仮想化研究開発 中尾彰宏 我々は 2008 年よりプログラム可能な独立なリソースの集合 スライス を用いて新世代ネットワークを構成する持続進化可能な ネットワーク仮想化基盤 の研究を始め SDN と NFV の融合に相当する概念やデータプレー

4 新世代ネットワーク基盤技術 我が国におけるネットワーク仮想化研究開発 中尾彰宏 我々は 2008 年よりプログラム可能な独立なリソースの集合 スライス を用いて新世代ネットワークを構成する持続進化可能な ネットワーク仮想化基盤 の研究を始め SDN と NFV の融合に相当する概念やデータプレー

した。VNode アーキテクチャ詳細は、本特集号 他章に詳述を譲るが、仮想ネットワークを構築する 部分であるリダイレクタ(Redirector)と呼ばれる部分 とプログラマ(Programmer)と呼ばれるネットワーク 機能を実装する部分とに分離され、それらを接続する バックプレーン、という構成を取る。このアーキテク チャこそが、仮想ネットワーク実装技術と、ネットワー ク機能実装技術を独立にスケールさせる工夫があり、 この思想は、2008 年時点で筆者プレゼンテーショ ンスライドに原案があった。現代から振り返ると、そ れぞれが SDN や NFV そしてその融合がオーケスト レーションとして議論されるなど、ビジネスで先行す る、ネットワークをスライスし、ネットワーク機能を 実行する、というアーキテクチャ原型であると言え る。
さらに見せる

7 さらに読み込む

情報機器・家電ネットワーク制御

情報機器・家電ネットワーク制御

(2)我が国が創り出すミドルウェア規格 政府は 1980 年代初めから、将来家庭における情報化を見据えた「ホームネットワー ク」 「住宅情報化」普及、ならびに関連産業振興をねらいとした各種政策や規格制定に向け た取り組みを開始した。その始まりは、当時高まりつつあった 「ホームオートメーション ( HA) 」を実現する手段として、通商産業省 (現経済産業省)が中心となって提案・推進し た「ホームバス( HBS)構想」に遡ることができる。最近では情報処理振興事業協会(IPA) 育成事業などを通じて、主に設備系ホームネットワークに関する技術開発支援を進めて いる。 1997 年 12 月より、これら施策が発展する形で、国内大手電機メーカー参加下 「エコーネット・コンソーシアム」が設立され、主に電灯線経由で家電機器ネットワー ク制御技術と装置 (ホームゲートウェイ)開発、ならびに各種規格制定と国際標準化に 向けた活動を行っている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

AX&FortiGate セキュア仮想ネットワークソリューション システム構築ガイド

AX&FortiGate セキュア仮想ネットワークソリューション システム構築ガイド

FortiManager では、複数 FortiGate と、複数仮想ドメイン(VDOM)を、集中管理するためアプライアン ス製品です。FortiManager を使うことで、共有できるセキュリティポリシを複数 FortiGate や VDOM に適用し たり、FortiGate ファームェア更新を集中的に効率よく実施できます。また、インターネットリーチャブルでな い FortiGate に対して、アンチウイルスや IPS シグネチャデータベースを更新することもできます。この他、設 定履歴や差分管理機能も備えています。FortiManager XML API 利用で、自動化にも対応可能です。
さらに見せる

54 さらに読み込む

Show all 10000 documents...