今1Qの当期純利益は前年同期比44%増の237億円

Top PDF 今1Qの当期純利益は前年同期比44%増の237億円:

業績総括 (1) 当期純利益は 1,66 億円 ( 前年同期比 17% 増 ) ROE( 年換算 ) は13.% 当期純利益 と ROE( 年換算 ) ( 億円 ) 2,2 14.7% 1,7 12.2% 13.% 1,2 1,613 1,422 1, 上期 17.3 上期 1

業績総括 (1) 当期純利益は 1,66 億円 ( 前年同期比 17% 増 ) ROE( 年換算 ) は13.% 当期純利益 と ROE( 年換算 ) ( 億円 ) 2,2 14.7% 1,7 12.2% 13.% 1,2 1,613 1,422 1, 上期 17.3 上期 1

これら見通しと異なる結果を生じさせる原因となる要素、当社がアメリカ合衆国証券取引委員会(SEC)に提出しておりますForm20-Fによる報告 書「リスク要因(Risk Factors)」、関東財務局長に提出しております有価証券報告書および東京証券取引所に提出しております決算短信「事業等 リスク」に記載されておりますが、これらに限られるものでありません。 また、ハートフォード生命保険株式会社、2015年7月1日にオリックス生命保険株式会社と合併し、現在オリックス生命保険株式会社として引き続き お客さまご契約をお守りしています。オリックス生命保険株式会社、The Hartford Financial Services Group, Inc.、またはその関係法人関連 会社でありません。
さらに見せる

42 さらに読み込む

2018 年 3 月期実績総括 P2 通期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 3 兆 7,572 億円 前期比 +18.5% 2 期振り増収 営業利益 3,742 億円 前期比 +40.3% 経常利益 3,828 億円 前期比 +33.5% 3 期連続増益当期純利益 2 2

2018 年 3 月期実績総括 P2 通期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 3 兆 7,572 億円 前期比 +18.5% 2 期振り増収 営業利益 3,742 億円 前期比 +40.3% 経常利益 3,828 億円 前期比 +33.5% 3 期連続増益当期純利益 2 2

将来予想に関する注意事項 ※このプレゼンテーション資料に記載した将来予想、 現 時点で入手可能な情報及び仮定に基づき当社が判断し たもので、リスクや不確実性を含んでおり、当社としてそ 実現を約束する趣旨ものでありません。

28 さらに読み込む

2016 年 3 月期第 3 四半期半期決算ハイライト 業績 15 期連続過去最高売上 売上高 億円 ( 前年同期比 111.4%) 営業利益 6.34 億円 ( 前年同期比 151.5%) 定期購入会員数の増加により売上 11.4% 成長原価率 販促費のコントロール EC 以外の収益

2016 年 3 月期第 3 四半期半期決算ハイライト 業績 15 期連続過去最高売上 売上高 億円 ( 前年同期比 111.4%) 営業利益 6.34 億円 ( 前年同期比 151.5%) 定期購入会員数の増加により売上 11.4% 成長原価率 販促費のコントロール EC 以外の収益

(c)お節を中心とした年末商戦効率化 (c)お節を中心とした年末商戦効率化 (c)お節を中心とした年末商戦効率化 (c)お節を中心とした年末商戦効率化 – 効率的なチャネルに集中した展開をしたことで売上減収したものの利益増加 効率的なチャネルに集中した展開をしたことで売上減収したものの利益増加 効率的なチャネルに集中した展開をしたことで売上減収したものの利益増加 効率的なチャネルに集中した展開をしたことで売上減収したものの利益増加 – DEAN&DELUCA DEAN&DELUCA DEAN&DELUCA DEAN&DELUCAコラボお節 コラボお節 コラボお節3 コラボお節 33 3週間で完売と好調 週間で完売と好調 週間で完売と好調 週間で完売と好調
さらに見せる

19 さらに読み込む

2015 年 3 月期第 1 四半期業績概要 営業収益 営業利益 % 3, % 6.1% 3,000 2, % 3, 営業利益率 186 5% 2,800 ( 億円 ) 前年同期第 1 四半期 ( 億円 ) 前年同期第 1

2015 年 3 月期第 1 四半期業績概要 営業収益 営業利益 % 3, % 6.1% 3,000 2, % 3, 営業利益率 186 5% 2,800 ( 億円 ) 前年同期第 1 四半期 ( 億円 ) 前年同期第 1

なお、点線で囲んでおります部分、収入と費用がほぼ両建てとなっている、旅行売上/原価、 商事流通、燃油転売等取引を示しております。 左上にございます為替影響につきまして、ご説明いたします。USドルが前年同期3 安となりました。USドル以外通貨を含め、収入面で安による外貨建て収入が10 増収、費用31増加となり、為替影響で合計21減益となりました。
さらに見せる

29 さらに読み込む

空港運営 2018 年 12 月号 NAA 中間連結決算は民営化以降第 2 位 NAA は 2019 年 3 月期 (2018 年度 ) の中間連結決算と通期見通しを発表しました 中間連結決算は 営業収益 1,251 億円 ( 前年同期比 % 増 ) 営業利益 億円 ( 同

空港運営 2018 年 12 月号 NAA 中間連結決算は民営化以降第 2 位 NAA は 2019 年 3 月期 (2018 年度 ) の中間連結決算と通期見通しを発表しました 中間連結決算は 営業収益 1,251 億円 ( 前年同期比 % 増 ) 営業利益 億円 ( 同

【鹿児島県奄美市 朝山市長】  世界自然遺産ことでないかと思います。 5 月に、国際自然保護連合(IUCN)より指摘 を受けちょっと待ったがかかりました。国として 、この貴重な野生動植物生態系を確実に守っ ていくと、その前提条件としてユネスコから示さ れた国立公園化にしたところです。そしてそれを 担保に申請をしたですが、少し待てという指摘 が 2・3 点ありました。したがって国としてそれ を一度取り下げ、もう一度指摘されたことを整え た来年 2 月 1 日に再度申請をするという方針が 打ち出されました。そして、県・我々地元市町村も、 まさにそのとおりでないかということで、現在、 指摘事項について鋭意努めているところです。た だ、その際に 1 つ懸念されること、今後、ユネ スコに対する自然遺産登録並びに文化遺産各国 1 つだということが示されました。以前、文化遺 産と自然遺産と別々に申請していましたが、今後 文化遺産も自然遺産も 1 つにまとめて出すよう にという指摘が極端に言うとなされています。  奄美市・奄美群島において、徳之島、そして 沖縄島、北部やんばる地域、西表、この県 にまたがる 4 カ所自然をしっかりまとめて国に 出すということになっているので、鋭意、国にお いてそれを念頭に置きながらやっていただいて いると確信しているものの、来年限られた期 間中に方針をまとめて、しかも閣議決定をし  リピーター、東京や大阪、そういった所で
さらに見せる

10 さらに読み込む

2015 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 2,349 億円 最 益更新 6 期連続増益 ROE は 11.5% 既存事業の成 と市場の好機を捉えた資産売却益が増益に貢献 配当は 13 円増の 1 株当たり 36 円に増配 配当性向も上昇 当期純利益 と ROE 1 株当たり配当 と配当性向

2015 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 2,349 億円 最 益更新 6 期連続増益 ROE は 11.5% 既存事業の成 と市場の好機を捉えた資産売却益が増益に貢献 配当は 13 円増の 1 株当たり 36 円に増配 配当性向も上昇 当期純利益 と ROE 1 株当たり配当 と配当性向

計算 た 他 指標を 財務指標 開 す いて計算したその他指標を、Non-GAAP財務指標として開示しています。 Non-GAAP財務指標、2015年3月31日現在財政状態を過年度期間と⽐較する上で意味ある追加的な情 報を投資家に提供していると考えています。2010年4月1日に会計基準書アップデート第2009-16号および2009-17 号(以下 「当会計基準」という )を適⽤したことで 特定VIEを連結することが求められました 当会計基準適⽤ 号(以下、「当会計基準」という。)を適⽤したことで、特定VIEを連結することが求められました。当会計基準適⽤ 、連結財務諸表上資産および負債著しい増加と利益剰余⾦(税効果控除後)減少をもたらしましたが、これ ら連結VIEへ投資から得られる正味キャッシュ・フローや経済的効果変わりありません。したがって、⽶国会計基準に 準拠して計算された財務情報補足として、特定VIEを連結することによる資産・負債へ影響を除いた財務指標を 提供すること 現在財政状態全体的な理解を向上させ 当会計基準適⽤による貸借対照表⼤きな変動を 提供すること、現在財政状態全体的な理解を向上させ、当会計基準適⽤による貸借対照表⼤きな変動を 除くこれまで財務および営業トレンドを投資家が評価することを可能にしていると考えています。
さらに見せる

34 さらに読み込む

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

 一方で、当社が東京ディズニーランドにおいて大規模投資プロジェクトをオープンする 2020年に向けて、外部環境において、労働人口減少や、東京オリンピック開催など により人材需要が高まっていくことが想定されます。  より一層、キャストが働くことを通して成長を実感し、安心して楽しく働き続けることができ るよう、人事制度や職場環境さらなる改善など、人財確保と育成に向けたさまざまな取 り組みを実施してまいります。加えて、IT活用や運営方法を見直し、ゲスト利便性向上を 前提としたテーマパーク運営におけるオペレーション業務改善を行ってまいります。
さらに見せる

28 さらに読み込む

商業用の米の輸出数量及び輸出金額の推移 2017 年の輸出数量は 11,841 トン ( 対前年比 19% 増 ) 輸出金額は約 32 億円 ( 同 18% 増 ) となった 2018 年 1 月の輸出数量は 989 トン ( 対前年同期比 35% 増 ) 輸出金額は約 2 億 5 千万円 ( 同

商業用の米の輸出数量及び輸出金額の推移 2017 年の輸出数量は 11,841 トン ( 対前年比 19% 増 ) 輸出金額は約 32 億円 ( 同 18% 増 ) となった 2018 年 1 月の輸出数量は 989 トン ( 対前年同期比 35% 増 ) 輸出金額は約 2 億 5 千万円 ( 同

(2) ただし、コメ国家貿易品目として国が輸入を行う立場にあること から、ミニマム・アクセス機会を設定すれば、通常場合に当該 数量輸入を行うべきものと考えている。 (3) しかし、我が国が輸入しようとしても、輸出国が凶作で輸出余力 がない等客観的に輸入が困難な状況もありえないわけでなく、か かる例外的なケースにおいて、現実に輸入される数量がミニマム・ アクセス機会として設定される数量に満たなかったとしても、法的義 務違反が生じるものでないと理解している。
さらに見せる

22 さらに読み込む

商業用の米の輸出数量及び輸出金額の推移 2017 年の輸出数量は 11,841 トン ( 対前年比 19% 増 ) 輸出金額は約 32 億円 ( 同 18% 増 ) となった 2018 年 1~5 月の輸出数量は 5,243 トン ( 対前年同期比 17% 増 ) 輸出金額は約 14 億円 ( 同

商業用の米の輸出数量及び輸出金額の推移 2017 年の輸出数量は 11,841 トン ( 対前年比 19% 増 ) 輸出金額は約 32 億円 ( 同 18% 増 ) となった 2018 年 1~5 月の輸出数量は 5,243 トン ( 対前年同期比 17% 増 ) 輸出金額は約 14 億円 ( 同

注4:一般輸入価格政府委託契約価格(年度ベース)であり、港湾諸経費を含まない。(加重平均価格) 注5:カリフォルニア州短粒種(精米)現地価格、現地精米所出荷価格(暦年ベース)。「USDA Rice Yearbook」(米国農務省)。23年1~10月データなし。 注6:米国産うるち中粒種(精米)現地価格、業界誌が掲載した月初FOB価格(当該年度9月~3月平均価格)。 注7:中国産ジャポニカ米(精米)現地価格、平成21年まで現地市場における精米卸売価格、平成22年、23年現地市場におけるもみ米卸買付価格を精米換算(換算率米国農務省データによる)したもの、平 成24年以降卸売市場における精米卸売価格(いずれも暦年ベース)。 「中国農業発展報告」(中華人民共和国農業部)
さらに見せる

27 さらに読み込む

連結 1Q 業績ハイライト 前年同期比 増収増益 を達成 順調な進捗 1 売上高営業利益 * EBITDA ( 億円 ) ( 億円 ) ( 億円 ) 44,661 47,000 ( 予 ) 8,326* 8,850 ( 予 ) 14,110 14,800 ( 予 ) 進捗率 23% 進捗率 24%

連結 1Q 業績ハイライト 前年同期比 増収増益 を達成 順調な進捗 1 売上高営業利益 * EBITDA ( 億円 ) ( 億円 ) ( 億円 ) 44,661 47,000 ( 予 ) 8,326* 8,850 ( 予 ) 14,110 14,800 ( 予 ) 進捗率 23% 進捗率 24%

データ定額料 (1ポイント= 1相当) 注)auスマートバリューまたはauスマートバリューmineご加入場合、割引額を差し引いたデータ定額料が対象。対象データ定額サービス等にご加入方が対象。 記載金額税抜。月末時点でご利用に応じて、翌月にポイント付与

28 さらに読み込む

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

増益要因、 大型不採算案件解消、 利益高いサービス分野ビジネス拡大、 管 理コストコントロール 3 点である。 以下に不採算案件解消以外 2 点について順に説 明する。 利益高いサービス分野ビジネス拡大で、 15 年 3 月期に引き続き、 機器販売から 構築や開発案件拡大、 それに伴う運用保守や自社サービス拡大へ事業転換を推進して いく。 そして、 データアナリティクス、 セキュリティソリューション、 マイクロソフトソリューション 注力 3 事業組み合わせによって優位性を出すことで、 大型受注が見込めそうな大企 業や官公庁といった方面に顧客基盤を広げていく。 例えば、 「Office 365」 を導入している顧 客に、 同システムに簡単に組み込むことができる、 標的型サイバー攻撃に対するメール対 策自社サービスを売り込む。 また、標的型サイバー攻撃対策として FireEye 社ソリュー ションを導入している顧客に、「Office 365」 提案を行う。 これマイクロソフトソリューショ ン事業とセキュリティソリューション事業クロスセルと言える。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2013 年 3 月期通期連結業績予想 ( 単位 : 億円 ) 前回 (10 月公表 ) 今回公表値 通期構成比 通期 構成比 増減 売上高 1, % 1, % 50 営業利益 75 5% 経常利益 65 4% 当期純利益 35 2%

2013 年 3 月期通期連結業績予想 ( 単位 : 億円 ) 前回 (10 月公表 ) 今回公表値 通期構成比 通期 構成比 増減 売上高 1, % 1, % 50 営業利益 75 5% 経常利益 65 4% 当期純利益 35 2%

、 2012 年度 26 に対して、2013 年度▲5 営業 損失という事で非常に良くない予想となっております。 これ、上期で非常に悪い業績であった要因を、下期まで 引きずってしまったということです。但し、金額的な大きさ として、デジタルエンタテインメント事業と比較して、そ れほど大きなものでありません。

10 さらに読み込む

株主の皆さまへ Operating Results 営業の概況 当第 2 四半期の業績概況 1,024 億 12 百万円前年同期比 3.1% 減 78 億 87 百万円前年同期比 18.5% 減 1 株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長 日頃は格別のご高配を賜り 厚く御礼申しあげます 第

株主の皆さまへ Operating Results 営業の概況 当第 2 四半期の業績概況 1,024 億 12 百万円前年同期比 3.1% 減 78 億 87 百万円前年同期比 18.5% 減 1 株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長 日頃は格別のご高配を賜り 厚く御礼申しあげます 第

1  日頃格別ご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。  第69期、新たな3ヵ年中期経営計画初年度 としてスタートしましたが、日本国内、個人消費 足踏みが続く中、インバウンド減速感なども強まり、 依然として先行き不透明な状況が続いています。 そんな中、わが社第2四半期累計期間業績、 国内市場において、直営店事業順調に推移し ましたが、主力卸事業である百貨店や量販店 売上が伸び悩みました。また、海外市場においても、 欧米足元需要回復基調にあるものの、中国 売上伸び悩みに加え、影響が大きく、グループ 全体売上前年同期を下回る結果となりました。 一方、利益面について、販管費発生一部繰り 越しなどもありますが、計画していた一時費用が予定 より縮小できたことや為替影響による売上利益
さらに見せる

8 さらに読み込む

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

このうち類似する製品本部を集約し、「プリンティングインキ」、「ファインケミカル」、「ポリマ」、「コンパ ウンド」、「アプリケーションマテリアルズ」5つを報告セグメントとしています。 「プリンティングインキ」、グラビアインキ、オフセットインキ及び新聞インキなどを製造販売しています。 「ファインケミカル」、有機顔料及び液晶材料などを製造販売しています。「ポリマ」、アクリル樹脂、ウレタ ン樹脂、エポキシ樹脂及びポリスチレンなどを製造販売しています。「コンパウンド」、PPSコンパウンド、ジ ェットインキ及び樹脂着色剤などを製造販売しています。「アプリケーションマテリアルズ」、工業用粘着テープ 及びヘルスケア食品などを製造販売しています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

1. 売上高と利益の動向 ( 第 1 図 第 2 図 ) (1) 売上高 ( 金融業 保険業を除く )( 第 1 表 ) 売上高は343 兆 5,978 億円で 前年同期 (345 兆 3,293 億円 ) を1 兆 7,315 億円下回り 対前年同期増加率 ( 以下 増加率 という ) は 0.5

1. 売上高と利益の動向 ( 第 1 図 第 2 図 ) (1) 売上高 ( 金融業 保険業を除く )( 第 1 表 ) 売上高は343 兆 5,978 億円で 前年同期 (345 兆 3,293 億円 ) を1 兆 7,315 億円下回り 対前年同期増加率 ( 以下 増加率 という ) は 0.5

(注) 1.全産業及び非製造業に金融業、保険業含まれていない。 2.平成 21 年 4-6 月期調査から業種分類を改定し、旧分類「一般機械」と「精密機械」一部を「はん用機械」、 「生産用機械」、「業務用機械」に再編するなどした。 ※「政府統計総合窓口(e-Stat)」ホームページ(http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do)「時 系列データ」で、新分類「生産用機械」平成 21 年 1-3 月期調査以前計数、旧分類「一般機械」計数を接 続させております。同様に、新分類「業務用機械」平成 21 年 1-3 月期調査以前計数、旧分類「精密機械」 計数を接続させております。
さらに見せる

38 さらに読み込む

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

3.その他 (1) 期中における重要な子会社異動 (連結範囲変更を伴う特定子会社異動) 無 (2) 会計処理方法における簡便な方法採用有無 無 (3) 最近連結会計年度から会計処理方法変更有無 無

8 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

また、王子ホールディングス株式会社と協力関係もと、王子製紙株式会社富岡工場遊休設備を 活用し高級白板紙抄紙機へ改造を行い、昨年10月より営業運転を開始しております。早期に利益貢献 するため引き続き品質と安定操業確立に取り組んでまいります。 加えて、当社川内工場においてセルロース・ナノファイバー第一期商業プラントを昨年6月に稼働し、 7月初旬より製品生産を開始いたしました。当社独自研究開発ノウハウを活かし、応用分野拡大 と販路拡大に注力し、早期生産拡大を目指します。
さらに見せる

19 さらに読み込む

第 1 四半期決算概況 年間業績予想に対して順調な進捗 U.S. GAAP 業績 営業収益 : 11,367 億円 前年同期比 ( + 2.5% ) 営業利益 営業 FCF : : 2,783 億円 2,840 億円 (- 7.0% ) (-10.1% ) EBITDA : 4,049 億円 ( -

第 1 四半期決算概況 年間業績予想に対して順調な進捗 U.S. GAAP 業績 営業収益 : 11,367 億円 前年同期比 ( + 2.5% ) 営業利益 営業 FCF : : 2,783 億円 2,840 億円 (- 7.0% ) (-10.1% ) EBITDA : 4,049 億円 ( -

8. 当社グループ提供する商品・サービス不適切な使用等により、当社グループ信頼性・企業イメージに悪影響を与える社会的問題が発生し得ること 9. 当社グループまたは業務委託先等における個人情報を含む業務上機密情報不適切な取り扱い等により、当社グループ信頼性・企業イメージ低下等が発生し得 ること 10. 当社グループ等が事業遂行上必要とする知的財産権等権利につき当該権利保有者よりライセンス等を受けられず、その結果、特定技術、商品またはサービス提 供ができなくなったり、当社グループが他者知的財産権等権利侵害を理由に損害賠償責任等を負う可能性があること、また、当社グループが保有する知的財産権 等権利が不正に使用され、本来得られるライセンス収入が減少したり、競争上優位性をもたらすことができない可能性があること
さらに見せる

23 さらに読み込む

ハイライト トップメッセージ 売上高 ( 前年同期比 6.% 増 ) 4,, 2, 1, 29, () 24,68 24,521 26, 21,459 12,656 経常利益 ( 前年同期比 5.% 増 ) 5, 4,, 2, 1,,1,45,977,952 4,5 () 1,86 親会社に帰属する

ハイライト トップメッセージ 売上高 ( 前年同期比 6.% 増 ) 4,, 2, 1, 29, () 24,68 24,521 26, 21,459 12,656 経常利益 ( 前年同期比 5.% 増 ) 5, 4,, 2, 1,,1,45,977,952 4,5 () 1,86 親会社に帰属する

 当中間期業績について  このような情勢なか、当社グループ、モジュール・システム建築技術・ ノウハウを活用し、工場、倉庫、店舗等受注を拡大していく一方、ユニットハ ウスにおいて各工場生産能力を強化し、拡大するレンタル需要に対応してま いりました。また、4月に発生した熊本地震被災地域で応急仮設住宅建設に取 り組むとともに、北海道・東北地方における台風被害復旧・復興にも尽力して まいりました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

固定家賃期間に想定以上空室が発生した場合、「逆ザヤ」が発生することとなる。 空室発生抑制(入居率向上)と適正家賃獲得が同社収益向上ため最重要ポイントとなっている。 「新規オーナー開拓による賃貸アパート建設供給増加と、入居者安定的な獲得による家賃収入増大」が同ビ ジネスモデルにおける収益拡大ストーリーであったが、2008 年リーマンショックを受けた企業収益急速な悪化か ら各企業における人員削減が増加。同社において法人契約物件を中心に退去が増加したため「逆ザヤ」となり、 賃貸事業収益が悪化した。また金融機関ローン審査が厳格化したことでアパート新規供給も急減し、建築請 負事業も大きな影響を受け、収益低迷した。
さらに見せる

17 さらに読み込む

Show all 10000 documents...