事務管理業務を統合ン標準化し

Top PDF 事務管理業務を統合ン標準化し:

評価(案)「財務省行政情報化LANシステムの運用管理業務」

評価(案)「財務省行政情報化LANシステムの運用管理業務」

この結果、対応漏れや対応進捗の管理効率的かつ適切に実施することが可能と なり、運用の効率が図られるとともに、財務省とのコミュニケーション管理の強 にもつながり、これまでよりも円滑なシステムの管理が行えるようになった。 イ 人事異動時期(4月及び7月)においては、行政LANシステムの問い合わせ対

5 さらに読み込む

Pro. スタッフの概要について 当システムはスタッフ紹介 人材派遣業様と アイパスとの共同考案により スタッフ紹介 人材派遣 紹介業において業務の効率化 省力化 管理レベルの向上を目的に統合化した人材派遣 紹介業向けトータルシステムです Pro.

Pro. スタッフの概要について 当システムはスタッフ紹介 人材派遣業様と アイパスとの共同考案により スタッフ紹介 人材派遣 紹介業において業務の効率化 省力化 管理レベルの向上を目的に統合化した人材派遣 紹介業向けトータルシステムです Pro.

6.条件にマッチたスタッフ迅速に検索するスタッフマッチングやCTI(電話とデータベース連携た検索システム) また銀行への振込システムから行うファームバンキング等のオプションも用意されております。 7.@Advance Pro.スタッフ は、低コストでカスタマイズなしのスタンドアロンタイプとカスタマイズ可能なLAN 運用タイプの2種類が用意されています。

17 さらに読み込む

Ⅰ. 組織変更 (2013 年 4 月 1 日付 ) ( 別紙 参照 ) 1. 変更の内容 (1) 石化開発部門 石化企画管理部門 化学品本部およびポリマー本部に関するもの 1 石化開発部門 と 石化企画管理部門 を統合し 石化企画本部 を設置する 2 化学品本部ナレッジビジネス推進室 を 石化企画

Ⅰ. 組織変更 (2013 年 4 月 1 日付 ) ( 別紙 参照 ) 1. 変更の内容 (1) 石化開発部門 石化企画管理部門 化学品本部およびポリマー本部に関するもの 1 石化開発部門 と 石化企画管理部門 を統合し 石化企画本部 を設置する 2 化学品本部ナレッジビジネス推進室 を 石化企画

(1) 石開発部門、石企画管理部門、化学品本部およびポリマー本部に関するもの ① 石事業の将来戦略に則り、RD投資管理および研究開発の推進より強化するため、「石開発部門」と「石企画管理部門」統合 、「石企画本部」設置、一体運営図ることとた。 ② 「化学品本部 ナレッジビジネス推進室」については、ライセンスビジネスのグローバル展開において企画部門および研究開発部門との連 携が一層重要となること踏まえ、「石企画本部」所管とする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

~ 価値創造のための戦略コンサルティンググループを目指してビュー2016 統合報告書ディスクロージャー誌 27 オペレーショナルエクセレンス ( 卓越した業務遂行力 ) One MIZUHO 戦略の実行力である オペレーショ の技術革新や新発想の取り込みを推進し オペレーション ン を向上させ オペ

~ 価値創造のための戦略コンサルティンググループを目指してビュー2016 統合報告書ディスクロージャー誌 27 オペレーショナルエクセレンス ( 卓越した業務遂行力 ) One MIZUHO 戦略の実行力である オペレーショ の技術革新や新発想の取り込みを推進し オペレーション ン を向上させ オペ

  新中期経営計画は、“お客さま第一” と“オペレーショ ナルエクセレンス” 2つの土台として、 「総合金融コンサル ティンググループ」という新しいビジネスモデル構築、前 中期経営計画で標榜た“One MIZUHO戦略”進化さ せようとするものであり、新中期経営計画における目指す姿、 5つの基本方針、さらに、基本方針具体た事業戦略、

6 さらに読み込む

4 プロジェクト管理部を名称変更し プロジェクトマネジメント推進部とする 5 ノウハウの形式知化と技術マップ整備のため ナレッジマネジメント本部を新設する (9) 業務統括本部 1 現在の第 1 業務部を名称変更し 日立業務部とする 2 現在の第 2 業務部を名称変更し 管理業務部とする (10)

4 プロジェクト管理部を名称変更し プロジェクトマネジメント推進部とする 5 ノウハウの形式知化と技術マップ整備のため ナレッジマネジメント本部を新設する (9) 業務統括本部 1 現在の第 1 業務部を名称変更し 日立業務部とする 2 現在の第 2 業務部を名称変更し 管理業務部とする (10)

(1) 経営企画本部 ① 経営企画部分割、事業企画部新設する。 (2) 営業統括本部 ① 業種別営業体制に改編、産業、流通、通信系担当するソリューション第1営業本部、金融、公共、 社会系担当するソリューション第2営業本部、読売Gr.他販社対応のソリューション第3営業本部と する。

7 さらに読み込む

ジョブ管理 WebSAM JMSS は 定型化した一連業務の自動運転 ジョブ投入 稼働監視 制御 日次 月次ジョブスケジューリングなど 多様化 高度化している業務運転の自動化 省力化をサポートするための製品です WebSAM JMSS を導入することにより ジョブのスケジューリング運転をはじめ サー

ジョブ管理 WebSAM JMSS は 定型化した一連業務の自動運転 ジョブ投入 稼働監視 制御 日次 月次ジョブスケジューリングなど 多様化 高度化している業務運転の自動化 省力化をサポートするための製品です WebSAM JMSS を導入することにより ジョブのスケジューリング運転をはじめ サー

見積り時の注意事項 ・ 管理 GUI(クライアントモジュール)のライセンス数は無制限です。 ・ クラスタ外に稼働マシン追加する当システムでは、 JMSS クラスタ連携オプションが必須です。 ・ WebSAM JMSS クラスタ連携オプションは、クラスタのノード分(当システムの場合は 2 本)購入。

7 さらに読み込む

災害対応業務標準化に向けた新潟県の取組

災害対応業務標準化に向けた新潟県の取組

遣する 指揮調整(総括責任者) 1-4 物的資源確保す る 1 -4 - 1 本部運営に必要な通信手段確保する 資源管理(復旧班) 1 -4 - 2 本部運営に必要な連絡車輛の運用管理する 資源管理(総務班) 1 -4 - 3 支社本部運営に必要な物的資源(OA機器・事務用機器等)

16 さらに読み込む

統合 ID 管理システム SECUREMASTER/EnterpriseIdentityManager(EIM) 連携先システム : AD 1, 業務サーバ 3 監査オプション : あり ユーザ ID 情報を一元管理し 業務システム (CSV インポートが可能なシステム ) や AD などの ID

統合 ID 管理システム SECUREMASTER/EnterpriseIdentityManager(EIM) 連携先システム : AD 1, 業務サーバ 3 監査オプション : あり ユーザ ID 情報を一元管理し 業務システム (CSV インポートが可能なシステム ) や AD などの ID

 SAML2.0、OpenID の標準仕様に基づく認証連携により、クラウドサービスや同仕様利用するシステムに対する SSO・アクセス 制御実現ます。連携先システムのプラットフォームや製品に依存せずに SSO や属性情報交換が可能となります。  事前に企業内でユーザ認証一度済ませておけば、そのユーザ権限により SSO が可能です(個別のユーザ認証は不要です)。 推奨動作環境

6 さらに読み込む

参考資料 地方自治体における業務プロセス システムの標準化及び AI ロボティクスの活用に関する研究会 参考資料集 ( 業務プロセス システムの標準化 ) 平成 31 年 1 月総務省自治行政局行政経営支援室

参考資料 地方自治体における業務プロセス システムの標準化及び AI ロボティクスの活用に関する研究会 参考資料集 ( 業務プロセス システムの標準化 ) 平成 31 年 1 月総務省自治行政局行政経営支援室

(関連意見)「ノンカスタマイズ進めている自治体としては、要件ベースではなく改修規模より明確に表すプログラムステップ数ベースの最終的な改修率知りたい が、企業秘密ということでベンダから教えてもらえなかった。様々なプログラミング言語がある中で、単純にステップ数として表現できないなどという話もあるが、プロ グラムステップ数に相当するような値によらなければ、改修規模的確に評価することは出来ない。これ把握出来れば、システムのコアな部分や帳票等の自治体 裁量部分など、システムのエリア毎の改修規模知ることが出来る。また、この改修規模が小さい自治体は、システムに業務合わせるBPRに成功た事例として、 他自治体のモデルとなる。このような情報はベンダ側で蓄積て情報提供するべきではないか」(第3回・意見交換)
さらに見せる

36 さらに読み込む

直しも行う これらの事務については 稟議規程 文書管理規程 契約書取扱規程は管理本部長が所管 情報管理規程 情報セキュリティ管理規程はコンプライアンス推進部長が所管し 運用状況の検証 見直しの経過等 適宜取締役会に報告する なお 業務を効率的に推進するために 業務システムの合理化や IT 化をさらに

直しも行う これらの事務については 稟議規程 文書管理規程 契約書取扱規程は管理本部長が所管 情報管理規程 情報セキュリティ管理規程はコンプライアンス推進部長が所管し 運用状況の検証 見直しの経過等 適宜取締役会に報告する なお 業務を効率的に推進するために 業務システムの合理化や IT 化をさらに

子会社担当する当社の各部門が、子会社における損失の危険の発生把握た場合には、速やか に発見た損失の危険の内容、発生する損失の程度および当社に対する影響等について、当社の代表 取締役に報告する。 8.子会社の取締役および使用人の職務の執行が効率的に行われること確保するための体制 当社は、子会社に当該年次計画の作成義務付け、予算配分等定める。子会社の業績目標明確 させ、業務の効率性確保する社内体制整備する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

医師主導治験実施医療機関を対象とした調査協力のお願い Ver 医師主導治験における治験調整事務局業務の標準化 効率化に関する研究 班へのご協力をいただき ありがとうございます 本研究班では 医師主導治験を実施する医療機関において 準備や実施に役立つ教育コンテンツやモデル標準業務手順

医師主導治験実施医療機関を対象とした調査協力のお願い Ver 医師主導治験における治験調整事務局業務の標準化 効率化に関する研究 班へのご協力をいただき ありがとうございます 本研究班では 医師主導治験を実施する医療機関において 準備や実施に役立つ教育コンテンツやモデル標準業務手順

1-1-5.医師主導治験の実施上の課題についてお伺います。 1-1-5-1.医療機関内で、協力部門のスタッフに対し、医師主導治験に関する理解が得られる よう、貴施設において工夫された点記載てください。 1-1-5-2.医師主導治験と同時に、企業治験や院内臨床研究併行実施(または支援)する際 の問題点記載て下さい。

8 さらに読み込む

< 組織改正 > 平成 27 年 3 月 30 日付をもって 次のとおり組織を改正します 1. 保険金等支払いに係る組織再編 保険金等の迅速な請求手続きに向けたお客さまサポートを強化する観点から 保険金支払事務 の企画等を担う 支払管理部 と支払業務を担う 保険金部 を統合します 現行 支払管理部

< 組織改正 > 平成 27 年 3 月 30 日付をもって 次のとおり組織を改正します 1. 保険金等支払いに係る組織再編 保険金等の迅速な請求手続きに向けたお客さまサポートを強化する観点から 保険金支払事務 の企画等を担う 支払管理部 と支払業務を担う 保険金部 を統合します 現行 支払管理部

保険金等の迅速な請求手続きに向けたお客さまサポート強化する観点から、保険金支払事務 の企画等担う「支払管理部」と支払業務担う「保険金部」統合ます。 2.支社の改組 既契約者サービスに重点置いた運営に加え、優秀人材の採用・育成にも力点置き、マーケッ トの維持・拡大図る観点から、岸和田CS事業部「岸和田支社」に改組ます。
さらに見せる

24 さらに読み込む

資料 1 地方自治体における業務の標準化 効率化に関する研究会第 6 回研究会 (2014[ 平成 26] 年 10 月 31 日 ( 金 )) 地方自治体における業務の標準化の法的課題 原田大樹 ( 京都大学大学院法学研究科 )

資料 1 地方自治体における業務の標準化 効率化に関する研究会第 6 回研究会 (2014[ 平成 26] 年 10 月 31 日 ( 金 )) 地方自治体における業務の標準化の法的課題 原田大樹 ( 京都大学大学院法学研究科 )

I-2. 庁内標準と情報保護・セキュリティ (1)目的外の情報取得・利用制限 番号法9条1項 別表第1の上欄に掲げる行政機関,地方公共団体,独立行政法人等その他の行政事務 処理する者(法令の規定により同表の下欄に掲げる事務の全部又は一部行うことと されている者がある場合にあっては,その者含む。第3項において同じ。)は,同表の下 欄に掲げる事務の処理に関して保有する特定個人情報ファイルにおいて個人情報効 率的に検索,及び管理するために必要な限度で個人番号利用することができる。当 該事務の全部又は一部の委託受けた者も,同様とする。
さらに見せる

70 さらに読み込む

塀 フェンス 駐車場 通路 自転車置場 ゴミ集積所 排水溝 排水口 外灯設備 植栽 掲示板 専用庭 プレイロット ( 管理事務の内容及び実施方法 ) 第 3 条管理事務の内容は 次のとおりとし 別表第 1から第 4に定めるところにより実施する 一事務管理業務 ( 別表第 1に掲げる業務 ) 二管理員

塀 フェンス 駐車場 通路 自転車置場 ゴミ集積所 排水溝 排水口 外灯設備 植栽 掲示板 専用庭 プレイロット ( 管理事務の内容及び実施方法 ) 第 3 条管理事務の内容は 次のとおりとし 別表第 1から第 4に定めるところにより実施する 一事務管理業務 ( 別表第 1に掲げる業務 ) 二管理員

⑫ マンション管理業者が損害保険証券保管する場合については、適正法施行規 則第 87 条に規定する有価証券の分別管理の規定に鑑み、掛け捨て型の保険契約に係 る証券に限るものとする。 ⑬ 乙の収納口座と甲の保管口座設ける場合における乙の収納口座からの支払、保 証契約締結て甲の収納口座と甲の保管口座設ける場合における甲の収納口座 からの支払については、乙は甲からの支払委託により包括的に承認受けていると 考えられる。なお、甲の保管口座から支払う場合及び保証契約締結ていないと きの甲の収納口座から支払う場合は、甲の収納・保管口座設ける場合と同様、個 別に甲の承認得て支払うことが必要となる。
さらに見せる

46 さらに読み込む

行政文書をより体系的 効率的に管理するための電子的な管理の充実 1. 共有フォルダでの体系的 効率的な管理を実現するため 標準例 共通マニュアルを作成する (A) 標準例 共通マニュアル 下記のポイントを踏まえた標準例 共通マニュアルを作成する (ⅰ) 共有フォルダ内の体系的保存の標準化 (ⅱ) 文

行政文書をより体系的 効率的に管理するための電子的な管理の充実 1. 共有フォルダでの体系的 効率的な管理を実現するため 標準例 共通マニュアルを作成する (A) 標準例 共通マニュアル 下記のポイントを踏まえた標準例 共通マニュアルを作成する (ⅰ) 共有フォルダ内の体系的保存の標準化 (ⅱ) 文

1.A (ⅱ) 文書ファイルの名称等の付与方法の標準 ○行政文書及び行政文書ファイルについて、当該行政機関の事務及び事業の性質、内容等に応じて系統的に分類、分かりやすい名称付す。<施行 令> ○「行政文書」の名称の設定については、当該行政文書の内容端的に示すような、分かりやすい名称とする。<ガイドライン> ○ 「行政文書ファイル」の名称(小分類)の設定については、

8 さらに読み込む

事例 事例|業務最適化型文書管理 QuickBinder

事例 事例|業務最適化型文書管理 QuickBinder

多様なクライアントに様々な機械設備提供するとともに、プラントなどの 生産ラインの総合設計まで行う同社にとって、図面データ必要な時に素 早く閲覧・出力できる仕組み欠くことはできません。ところが、旧来のシ ステムでは端末が技術部の専用機として設置されており、例えば営業部の 社員が図面見たり印刷たりするには、わざわざコピー室まで足運ぶ必

2 さらに読み込む

事例 事例|業務最適化型文書管理 QuickBinder

事例 事例|業務最適化型文書管理 QuickBinder

キリンビジネスシステム株式会社 情報技術統轄部 ワーキングスタイル変革グループ 加藤 善裕 氏 文書管理の合理はもちろん、社員間のコミュニケーション促進 や内部統制への対応など、システムに求める条件はいくつもあり ました。さまざまな製品数年間かけてじっくり検討た結果、 それはintra-mart QuickBinder 以外にないという結論にたど り着きました。

2 さらに読み込む

事例 事例|業務最適化型文書管理 QuickBinder

事例 事例|業務最適化型文書管理 QuickBinder

2社経営統合で大がかりな業務編成変更もあり、 現場と既存運用に留意て慎重に導入進める 必要がありました。カスタマイズ担当する技術者 含め月に一度の定例会開催するなど、法務部が 核となり導入準備進め、運用開始ました。

2 さらに読み込む

製造部内に配置している業務グループ及び 生産管理グループを生産業務グループ及び 生産推進グループに改称して置く 3 GMP 推進部の効率化を図るため GMP 推進グループと薬事グループを統合し GMP 推進グループを置く 4 日医工統合により製造部生産技術グループを廃止し 業務の一部を開発企画本部製

製造部内に配置している業務グループ及び 生産管理グループを生産業務グループ及び 生産推進グループに改称して置く 3 GMP 推進部の効率化を図るため GMP 推進グループと薬事グループを統合し GMP 推進グループを置く 4 日医工統合により製造部生産技術グループを廃止し 業務の一部を開発企画本部製

③ 新たに自社製造始める凍結乾燥製剤に対応、且つ指示命令のスピード図るため、製 造部製剤グループ改組製剤1グループ(秤量から製剤)と製剤2グループ(検査包装) 置く。 ④ GMP 推進部の効率図るため、GMP 推進グループと薬事グループ統合、GMP 推進 グループ置く。

5 さらに読み込む

目次 医薬品等臨床試験標準業務手順書治験審査委員会 (IRB) 標準業務手順書企業治験 製造販売後臨床試験標準業務手順書医師主導治験標準業務手順書製造販売後調査標準業務手順書治験事務局 CRC 標準業務手順書治験薬 治験機器 治験製品管理標準業務手順書モニタリング 監査標準業務手順書費用 契約標準業

目次 医薬品等臨床試験標準業務手順書治験審査委員会 (IRB) 標準業務手順書企業治験 製造販売後臨床試験標準業務手順書医師主導治験標準業務手順書製造販売後調査標準業務手順書治験事務局 CRC 標準業務手順書治験薬 治験機器 治験製品管理標準業務手順書モニタリング 監査標準業務手順書費用 契約標準業

12)総括報告書作成に関する手順書 13)その他治験が適正かつ円滑に行われること確保するために必要とされる手順書 2 自ら治験実施しようとする者は、医師、歯科医師、薬剤師その他の治験の実施の準備及び 管理に係わる業務行うことにつき必要な専門的知識有する者確保、治験の実施体制 整える。治験の実施の準備及び管理に係わる業務行うことにつき必要な専門的知識有 する者として治験に関する医学的な問題について適切な助言行う医学専門家、並びに治験 実施計画書、治験薬概要書等の作成・改訂、データの取扱い、統計解析の実施、総括報告書 の作成等、治験の全過程を通じて活用されるべき者医療機関内だけでなく外部の専門家(生 物統計学者、臨床薬理学者等)も含めて組織する。
さらに見せる

72 さらに読み込む

Show all 10000 documents...