予備避難場所としての活用を図る

Top PDF 予備避難場所としての活用を図る:

創意工夫 ノウハウを活用することにより 公共サービスとしての質の向上や効率化を図るところにある 設計 施工一体型発注方式等の他の事業とPFI 事業との違いは PFIにおいては PFI 事業者に PFI 事業者が管理することが効率的な事業リスクを移転し 全体としてリスク管理のコスト低減を図るとともに

創意工夫 ノウハウを活用することにより 公共サービスとしての質の向上や効率化を図るところにある 設計 施工一体型発注方式等の他の事業とPFI 事業との違いは PFIにおいては PFI 事業者に PFI 事業者が管理することが効率的な事業リスクを移転し 全体としてリスク管理のコスト低減を図るとともに

創意工夫、ノウハウ活用することにより、公共サービスとして向上や 効率化図るところにある。 設計・施工一体型発注方式等事業とPFI事業と違いは、PFIにお いては、PFI事業者に、PFI事業者が管理することが効率的な事業リスク 移転し、全体としてリスク管理コスト低減図るとともに、金融機関によ るモニタリング機能も活用しつつ、事業安定的な遂行図ろうとする点が挙 げられる。従って、リスク定量化とリスク調整適切に行った後でないと、 両者と正確なコスト比較はできない場合がある。このように、両者それぞれ 事業方式特徴踏まえ、計画する事業特性によりふさわしい事業方式 選定することが望ましいと考えられる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

達成指標 項目 現状 (2016 年度 ) 目標 (2022 年度 ) 設定の考え方 新たに観光資源として環境整備された疏水等の箇所数 25 か所 農村の活性化を図るため 各地域 2~3か所の疏水等を新たに観光資源として活用する取組を進める 農業用水を活用した小水力 2,184kW 発電の設備容量

達成指標 項目 現状 (2016 年度 ) 目標 (2022 年度 ) 設定の考え方 新たに観光資源として環境整備された疏水等の箇所数 25 か所 農村の活性化を図るため 各地域 2~3か所の疏水等を新たに観光資源として活用する取組を進める 農業用水を活用した小水力 2,184kW 発電の設備容量

・ 疏水等に秘められた歴史や SNS ※ 映えする美しい景観など魅力観光資源として活用し、観光 客に産地 「こだわり」や農作物育む環境間近に見て感じてもらうことにより、農産物付加 価値向上や農業・農村有する多面的機能へ理解促進図ります。 ・ 農業用水路流れる水が包蔵しているエネルギー貴重な地域資源として発電へ活用し、得られ た売電収益農業用水路等にかかる施設管理費に充てることで、農業者負担軽減図るとともに エネルギー地消地産進めます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ネットワークに関する教材の作成・活用をとおした,学習意欲を向上させるための指導と評価の改善を図る研究

ネットワークに関する教材の作成・活用をとおした,学習意欲を向上させるための指導と評価の改善を図る研究

ネットワークに関する教材作成・活用とおした 学習意欲向上させるため指導と評価改善図る研究 研究課題 情報社会発展担う情報分野で活躍する人材育成 するため学習・指導方法及び評価方法工夫・改善に 関する実践的研究

35 さらに読み込む

本計画は この基本理念に加え 国の責務等を明らかにし 及び自転車の活用の推進に関する施策の基本となる事項を定めるという法の目的にのっとり 自転車の活用の推進に関する総合的かつ計画的な推進を図るため 法第 9 条に基づいて定めるものであり 我が国の自転車の活用の推進に関して基本となる計画として位置付け

本計画は この基本理念に加え 国の責務等を明らかにし 及び自転車の活用の推進に関する施策の基本となる事項を定めるという法の目的にのっとり 自転車の活用の推進に関する総合的かつ計画的な推進を図るため 法第 9 条に基づいて定めるものであり 我が国の自転車の活用の推進に関して基本となる計画として位置付け

4.自転車活用推進に関する施策総合的かつ計画的に 推進するために必要な事項 (1)関係者連携・協力 本計画に位置付けられた目標達成するため、自転車活用推進本 部下、関係府省庁が緊密に連携して施策推進図る。また、地 方公共団体に対して、法第10条に基づく都道府県自転車活用推進計 画及び法第11条に基づく市町村自転車活用推進計画(以下「地方版 推進計画」という )策定促すとともに、地方版推進計画に位置 。 付けられた施策実施に当たっては、国、地方公共団体、公共交通 事業者その他事業者、国民等が相互に連携が図られるように、国 地方支分部局はじめとする関係者に対して要請する。
さらに見せる

27 さらに読み込む

滑な推進を図る (4) ボランティアフォンの活用登録個人ボランティアに対し 携帯メールを活用し ボランティア活動への参加促進を図る (5) 研修会等への参加ボランティアセンター職員の資質向上を図るため各種ボランティア関係研修会へ派遣する 3 情報収集 提供事業 (1) おせったい通信 の発行( 紙ベ

滑な推進を図る (4) ボランティアフォンの活用登録個人ボランティアに対し 携帯メールを活用し ボランティア活動への参加促進を図る (5) 研修会等への参加ボランティアセンター職員の資質向上を図るため各種ボランティア関係研修会へ派遣する 3 情報収集 提供事業 (1) おせったい通信 の発行( 紙ベ

大規模災害発生時「災害ボランティアセンター」設置及び運営が円滑に行な えるよう、松山市社会福祉協議会職員対象とした訓練等研修実施する。 (3)東日本大震災追悼事業 「東日本大震災」風化させないこと目的に、誰もが参加できるイベント等 開催し、亡くなられた方々へ追悼と、今私たちにできることは何かともに考え る機会とする。

35 さらに読み込む

マイナンバー等分科会 中間とりまとめの概要 世界最先端の IT 利活用社会 のインフラとして マイナンバー制度の普及と利活用を図るため 国 地方 民間が連携して取り組むべき事項を取りまとめ 目指すべき社会 個人番号カード 誰もが取得できる実社会 オンラインの本人確認手段 マイポータル / マイガバメ

マイナンバー等分科会 中間とりまとめの概要 世界最先端の IT 利活用社会 のインフラとして マイナンバー制度の普及と利活用を図るため 国 地方 民間が連携して取り組むべき事項を取りまとめ 目指すべき社会 個人番号カード 誰もが取得できる実社会 オンラインの本人確認手段 マイポータル / マイガバメ

② 地方公共団体が条例により独自にマイナンバー利用する場合においても、情報提供ネットワークシステム利用した情報 連携可能とする。 ③ 地方公共団体要望等踏まえ、雇用、障害者福祉等分野において利用事務、情報連携追加行う。 ① 預金保険機構等によるペイオフため預貯金額合算において、マイナンバー利用可能とする。

9 さらに読み込む

文化財を残すための様々な努力がなされてきたということを理解し 本物の文化財を 鑑賞することは 文化財を単なる物としてではなく 唯一無二のかけがえのない存在 事象として捉え 人の心を豊かにすることに通じる 文化財は次世代を通じた公共財として社会全体で保存し活用するため 保存 修理 管理 活用を図る循環

文化財を残すための様々な努力がなされてきたということを理解し 本物の文化財を 鑑賞することは 文化財を単なる物としてではなく 唯一無二のかけがえのない存在 事象として捉え 人の心を豊かにすることに通じる 文化財は次世代を通じた公共財として社会全体で保存し活用するため 保存 修理 管理 活用を図る循環

○ 自治体等に専門家職員配置し、所有者や博物館等から相談体制整えることが有 効。保存と活用が両立するよう、地域振興、観光振興策と連携することが必要。 ○ 県立美術館・博物館や及び指定都市都道府県教育委員会等に、文化財保存修復専 門職員(文化財(文化資源)コーディネーター(仮称))配置し、都道府県内さ まざまな施設や所有者から相談に対応することが重要。保存と活用が両立するよう 相談対応、助言行い、地域振興、観光振興策と連携することが必要ではないか。 ○ 文化財専門家ネットワーク構築し、協力してもらえる体制整えることが有効。 ○ 博物館・美術館で文化財鑑賞学校等教育的活動として教育プログラムに組み
さらに見せる

18 さらに読み込む

ホームページを重要な広報ツールとして活用できるよう 利用者が目的とする情報にたどりつきやすいトップページを実現するとともに 医療センター職員によるページ作成過程をシステム化し 情報提供の迅速化と内容の充実を図る このことを実現するために以下の事項を基本方針として本業務を実施すること 1 医療センター

ホームページを重要な広報ツールとして活用できるよう 利用者が目的とする情報にたどりつきやすいトップページを実現するとともに 医療センター職員によるページ作成過程をシステム化し 情報提供の迅速化と内容の充実を図る このことを実現するために以下の事項を基本方針として本業務を実施すること 1 医療センター

近年情報通信技術進展に伴い、様々な利用者・利用環境想定したページづくりが求められてい る。また、JIS X 8341-3:2016 へ対応が課題であり、アクセシビリティやユーザビリティ満たし、か つ医療センター職員誰もが平易にウェブページづくり行う環境も必要である。 加えて、高度化する人為的なサイバー攻撃や、首都直下型地震など自然災害リスクに備え、現在 以上に安定したページ公開続けられる環境構築が急務である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

クチルを活用することで 個別対応食の充実 朝食対応メニューの拡充などにより患者サービスの向上を図る 軟らかく仕上げる必要がある食材の下処理として真空調理を活用し 術後や咀嚼 嚥下障害のある患者に対し 適した形態の料理の拡充を図ることで治療効果と患者サービスの向上を図る 6 遵守事項乙は 業務の実施に

クチルを活用することで 個別対応食の充実 朝食対応メニューの拡充などにより患者サービスの向上を図る 軟らかく仕上げる必要がある食材の下処理として真空調理を活用し 術後や咀嚼 嚥下障害のある患者に対し 適した形態の料理の拡充を図ることで治療効果と患者サービスの向上を図る 6 遵守事項乙は 業務の実施に

(8)配膳・下膳車扱いは正しく行い、使用後は洗浄・消毒し常に清潔に保つこと。 (9)医師等検食については、甲指定する場所に配膳し、そこから下膳すること。 (10)配下膳条件 配膳は栄養部門(委託業者)が行う。ただし、配茶は病棟スタッフが実施する。医 療安全上、甲作成したマニュアル遵守し、配膳・下膳実施すること。一般病棟 では病室まで配膳原則とし、病棟デイルームへ配膳にも対応する。下膳車まで 下膳は病棟スタッフが担当するが、以降下膳作業については栄養部門(委託業者) 管理とする。
さらに見せる

15 さらに読み込む

新たな宿泊モデルとしての都市型民泊の実態と活用可能性 -福岡市を対象として- [ PDF

新たな宿泊モデルとしての都市型民泊の実態と活用可能性 -福岡市を対象として- [ PDF

流人口拡大など図るためイベント民泊が行われ た。募集期間は福岡市に比べると余裕があるが申請 は 6 〜 7 件と少数である。しかし、南相馬市と五所 川原市ではいずれも現地調査実施し、その際サイト にアップする写真撮影職員が行っていた。その 他、南相馬市では事前説明会実施やサイトへ仲介 手数料負担、五所川原市では現地調査際ホストと 共に仲介サイトへ申請書作成するなどホスト個人 負担軽減していることがわかった。福岡市では新 たなホテル整備も進んでおり、今後需要と供給 動向見極めながら実施検討するとしており、他 2 市も今後継続していく考えで、イベント民泊に対し前 向きな姿勢見せている。
さらに見せる

4 さらに読み込む

4 第 1 節雪害対策 (1) 緊急輸送関係迅速かつ円滑な災害応急対策を行うためには 緊急輸送体制の整備が必要である このため スノーシェッドの設置 除雪体制の強化等の雪害に対する安全性の確保を図る (2) 避難収容関係ア公民館 学校等の公共施設は 雪崩のおそれがない場所へ設置する イ避難施設等にお

4 第 1 節雪害対策 (1) 緊急輸送関係迅速かつ円滑な災害応急対策を行うためには 緊急輸送体制の整備が必要である このため スノーシェッドの設置 除雪体制の強化等の雪害に対する安全性の確保を図る (2) 避難収容関係ア公民館 学校等の公共施設は 雪崩のおそれがない場所へ設置する イ避難施設等にお

第2編第2章第6節「自衛隊災害派遣活動」定めるところにより、林野火災規模や収集 した被害情報から判断し、必要がある場合には、県に対して自衛隊災害派遣要請する。 6 広域応援要請 災害規模により村単独では十分な災害応急対策実施できない場合は、第2編第2章第4 節「広域相互応援活動」定めるところにより、他消防機関、近隣市町村、県及び国へ応 援要請する。
さらに見せる

18 さらに読み込む

ペットの防災対策 災害は突然起こります いざというとき ペットを守れるのは飼い主だけです まず飼い主が無事でいること そして避難する場合にはペットと一緒に避難場所に避難すること ( 同行避難 ) が基本です ともに安全に避難でき 周りの人へ迷惑をかけず 安心して過ごすためには 日頃からの心構えと備え

ペットの防災対策 災害は突然起こります いざというとき ペットを守れるのは飼い主だけです まず飼い主が無事でいること そして避難する場合にはペットと一緒に避難場所に避難すること ( 同行避難 ) が基本です ともに安全に避難でき 周りの人へ迷惑をかけず 安心して過ごすためには 日頃からの心構えと備え

7 平成28年4月に発災した熊本地震で避難生活した飼い主方から、様々なご意見いただきました。 避難所で生活する 避難所では人とペットは別場所で生活し、ペット世話は飼 い主が自ら行うことが原則です。いつも以上に周り人に配慮 し、飼育スペースや排泄物処理など決められたルール必ず 守りましょう。飼い主同士で助け合い飼育エリア確保や清掃 行えるとよいでしょう。また、ペット(特に猫)は1日ほ とんどケージ中で過ごすことが多くなるため、ケージ布 で覆って目隠ししたり、段ボールで簡易ハウス作るなど、 飼育環境整えて、ストレス減らす工夫しましょう。
さらに見せる

8 さらに読み込む

災害等の緊急時の利用者の避難 誘導 安全確保及び必要な通報等についてマニュアルを作成し 緊急時には的確に対応すること また 災害時に 市が緊急に防災拠点 避難場所等として本施設を使用する必要があるときは 市の指示により優先して避難者等を受け入れること (6) 廃棄物処理施設から発生する廃棄物の発生抑

災害等の緊急時の利用者の避難 誘導 安全確保及び必要な通報等についてマニュアルを作成し 緊急時には的確に対応すること また 災害時に 市が緊急に防災拠点 避難場所等として本施設を使用する必要があるときは 市の指示により優先して避難者等を受け入れること (6) 廃棄物処理施設から発生する廃棄物の発生抑

 ② 1件20万円以上場合は、効率的かつ効果的な業務実施ために必要であること明   らかにし、市と事前協議すること。事前協議により当該修繕が必要と認められるときは、   市が指定管理者と協議行い実施する。    なお、緊急要する場合は、執行後すみやかに報告すること。 (3) 備品等管理業務

6 さらに読み込む

様式編目次 市に提出 ( 様式 6 は自衛水防組織を設置した場合に提出 ) 1 計画の目的 1 2 計画の報告 1 様式 1 3 計画の適用範囲 1 施設周辺の避難経路図 2 施設内の避難経路図 3 4 防災体制 4 5 情報収集 伝達 5 6 避難誘導 6 7 避難の確保を図るための施設の整備 7

様式編目次 市に提出 ( 様式 6 は自衛水防組織を設置した場合に提出 ) 1 計画の目的 1 2 計画の報告 1 様式 1 3 計画の適用範囲 1 施設周辺の避難経路図 2 施設内の避難経路図 3 4 防災体制 4 5 情報収集 伝達 5 6 避難誘導 6 7 避難の確保を図るための施設の整備 7

10 防災教育及び訓練年間計画作成例 ・・・・・ 9 11 施設利用者緊急連絡先一覧表 ・・・・・・・ 10 12 緊急連絡網 ・・・・・・・・・・・・・・・ 11 13 外部機関等へ緊急連絡先一覧表 ・・・・・ 11 14 対応別避難誘導方法一覧表 ・・・・・・・・ 12 15 防災体制一覧表 ・・・・・・・・・・・・・ 13 別添 「自衛水防組織活動要領(案)」 ・・・・・・ 14 別表1「自衛水防組織編成と任務」 ・・・・・・ 15 別表2「自衛水防組織装備品リスト」 ・・・・・・ 15
さらに見せる

17 さらに読み込む

7 訓練項目 項目内容場所実施機関 1 シェイクアウト訓練 2 避難訓練 3 避難所運営訓練 4 緊急物資輸送訓練 5 患者搬送訓練 訓練参加者は 防災行政無線による放送を合図に それぞれの場所において 姿勢を低くする 体 頭を守る 揺れが収まるまでじっとする の 安全確保行動 を行う 安全確保行動

7 訓練項目 項目内容場所実施機関 1 シェイクアウト訓練 2 避難訓練 3 避難所運営訓練 4 緊急物資輸送訓練 5 患者搬送訓練 訓練参加者は 防災行政無線による放送を合図に それぞれの場所において 姿勢を低くする 体 頭を守る 揺れが収まるまでじっとする の 安全確保行動 を行う 安全確保行動

平成 25 年度逗子市総合防災訓練概要 1 目的 大規模地震発生時における避難訓練及び避難所運営に関する訓練実施し、自助・共助に基 づく地域防災力向上図るとともに、防災関係機関と応急活動に係る連携強化図る。 2 実施日時

5 さらに読み込む

者のために個室や隔離したスペースを確保する 身近な福祉避難所 また 一般の避難所や身近な避難所では避難生活が困難な要配慮者を避難させるために 社会福祉施設等に開設する 福祉避難所 と重層的に福祉避難所を設置することを想定している (2) 要配慮者とは福祉避難所の対象者として想定されるのは 法律上 要

者のために個室や隔離したスペースを確保する 身近な福祉避難所 また 一般の避難所や身近な避難所では避難生活が困難な要配慮者を避難させるために 社会福祉施設等に開設する 福祉避難所 と重層的に福祉避難所を設置することを想定している (2) 要配慮者とは福祉避難所の対象者として想定されるのは 法律上 要

福祉避難開設し、受け入れ体制が整ったときは、要配慮者及びその家族、 自主防災組織、地域住民、支援団体等に速やかにその場所周知し、福祉避難対象となる者受け入れる。 一般避難所から情報提供や要請により、福祉避難所利用候補者調査 行う。また、福祉避難対象者は固定的ではないので、対象者あらかじ め把握していないときにはもちろん、あらかじめ把握しているときにも、被 災直後混乱期から一定期間経過した後には、避難所に対象者が避難して いないか調査する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

エ緊急時 ( 防犯 防災 その他 ) の体制及び対応について 1 防犯 防災マニュアルを職員に周知徹底し 速やかに必要な措置をとる 2 災害時対応マニュアルに基づき 年 2 回以上防災 避難訓練を実施する 4 災害時は特別避難場所開設マニュアルに基づいて特別避難場所を開設する 年 1 回以上 災害時

エ緊急時 ( 防犯 防災 その他 ) の体制及び対応について 1 防犯 防災マニュアルを職員に周知徹底し 速やかに必要な措置をとる 2 災害時対応マニュアルに基づき 年 2 回以上防災 避難訓練を実施する 4 災害時は特別避難場所開設マニュアルに基づいて特別避難場所を開設する 年 1 回以上 災害時

イ 効率的な運営へ取組について ①地域交流、地域包括支援センター、生活支援体制整備事業、居宅介護支援各職 員が常に情報共通認識し、効率的運営行う。 ②地域中で問題早期発見に努め、保健・福祉・医療専門職やボランティア、 民生委員等地域福祉支える様々な関係者と密接な連携図りながら、効率的な運 営に努める。

18 さらに読み込む

京都タワービル地下施設洪水時避難確保 浸水防止計画 1 目的及び適用範囲 (1) 目的この計画は, 水防法第 15 条に基づき, 必要な措置に関する計画を作成し, 京都タワービルの利用者の洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るとともに, 浸水の防止を図ることを目的とする (2) 適用範囲ア地下施設の

京都タワービル地下施設洪水時避難確保 浸水防止計画 1 目的及び適用範囲 (1) 目的この計画は, 水防法第 15 条に基づき, 必要な措置に関する計画を作成し, 京都タワービルの利用者の洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るとともに, 浸水の防止を図ることを目的とする (2) 適用範囲ア地下施設の

5 浸水時体制 (1)自衛水防本部設置 自衛水防組織統括管理者は,気象情報,河川情報(洪水予報等)等発表や局地的 な集中豪雨などにより,地下空間へ浸水危険性認識した際には,自衛水防本部 設置して,地下空間へ浸水防止・抑制する措置(警戒活動)や避難対応など 迅速かつ的確に行い,浸水による被害防止や軽減図るものとする。
さらに見せる

18 さらに読み込む

水害 土砂災害に備えて (- 土砂災害 -)- 概要版 -(2/2) 3 どのタイミングで避難行動をとることが望ましいかを明確にする 市町村から避難準備情報が発令された段階で 要配慮者の方は安全 な場所に立ち退き避難を開始する 土砂災害警戒情報等の防災気象情報 避難準備情報等の市町村が発令する避難情

水害 土砂災害に備えて (- 土砂災害 -)- 概要版 -(2/2) 3 どのタイミングで避難行動をとることが望ましいかを明確にする 市町村から避難準備情報が発令された段階で 要配慮者の方は安全 な場所に立ち退き避難を開始する 土砂災害警戒情報等の防災気象情報 避難準備情報等の市町村が発令する避難情

避難勧告 ・予想される災害に対応した指定緊急避難場所へ立ち退き避難する。 ・指定緊急避難場所立ち退き避難はかえって命に危険及ぼしかねないと自ら判 断する場合には、「緊急的な待避場所」(近隣より安全な場所、より安全な建物等) へ避難や、少しでも命が助かる可能性高い避難行動として、「屋内で安全確保 措置」(屋内より安全な場所移動)とる。
さらに見せる

24 さらに読み込む

Ⅱ 土砂災害警戒情報が出たら 緊急連絡網による連絡 電話 メール FAX その他 ( ) の実施 ( 副会長, 各種団体, 該当する自主防災部等 ) 緊急避難場所の開設準備を指示 隣接自主防災会へ情報を提供 該当自主防災部を通じて, 緊急避難場所として の開設準備中 ( 又は開設済み ) を住民へ伝

Ⅱ 土砂災害警戒情報が出たら 緊急連絡網による連絡 電話 メール FAX その他 ( ) の実施 ( 副会長, 各種団体, 該当する自主防災部等 ) 緊急避難場所の開設準備を指示 隣接自主防災会へ情報を提供 該当自主防災部を通じて, 緊急避難場所として の開設準備中 ( 又は開設済み ) を住民へ伝

緊急避難場所では  □ 関係団体へ情報伝達 □ 土臭いにおい □ 流量激減 □ 斜面亀裂  □ 自主防災部長等へ情報伝達 □ 地鳴り・異常音 □ 流木 □ 地面振動  □ 自主防災会内被害状況把握 □ 水異常な濁り □ 湧き水停止 □ 斜面はらみだし  □ 区役所等,関係機関と情報共有 □ 石転がる音 □ 湧き水噴出し □ 段差発生・拡大  □ 消防団と連携活動
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...