主な疾患の年齢調整死亡率

Top PDF 主な疾患の年齢調整死亡率:

1 Hiroki Minato 1 Abstract Keywords : [1] 59cm 35cm 24cm [2] 10 [3] [4] 23 1 *1 *1 Yonezawa laboratory Faculty of Informatics Kansai Uni

施策の方向 2 生活機能 身体機能を維持するための高齢者の健康づくり 年齢を重ねても できるだけ長く自立した活力ある生活を営むためには 高齢者の生きがいづくりや社会参加の支援とともに 要支援 要介護状態の主な原因疾患であるロコモティブシンドローム ( 運動器症候群 ) や 脳血管疾患 認知症などの予

       高齢者健康づくり  年齢を重ねても、できるだけ長く自立した活力ある生活を営むためには、高齢者生き がいづくりや社会参加支援とともに、要支援・要介護状態原因疾患であるロコモ ティブシンドローム(運動器症候群)や、脳血管疾患、認知症など予防対策が重要です。  そのため、脳梗塞や心筋梗塞などを予防する生活習慣病と、運動能力低下や低栄養、 口腔機能低下、認知症などを予防する介護予防を総合的に推進することにより、高齢者 活力ある生活維持を支援します。
さらに見せる

14 さらに読み込む

私どもは、心血管疾患のうち非虚血性心疾患の主たる病態である上整脈疾患、肺血管疾患、慢性心上全を主な診療の対象として、基礎的・臨床的観点から、個別的・包括的に研究活動を行っている

私どもは、心血管疾患のうち非虚血性心疾患の主たる病態である上整脈疾患、肺血管疾患、慢性心上全を主な診療の対象として、基礎的・臨床的観点から、個別的・包括的に研究活動を行っている

16) 里見和浩, Ouyang F, Kuck KH, 清水渉: 致死性不整脈発生機序とカテーテ ルアブレーション療法. The Circulation Frontier, 11: 28-38, 2007. 17) 清水渉: Brugada 症候群・QT 延長症候群治療戦略. Modern Physician, 27: 111-116, 2007.

7 さらに読み込む

リハビリテーション 疾患別リハビリテーション改届 疾患別リハビリテーションには 心大血管疾患 脳血管疾患等 運動器 呼吸器 廃用症候群の各リハビリテーション ( 以下 リハビリ ) があります ( 各リハビリの主な施設基準は次頁以降の表を参照 ) 疾患別リハビリの所定単位は 20 分 1 単位 で

リハビリテーション 疾患別リハビリテーション改届 疾患別リハビリテーションには 心大血管疾患 脳血管疾患等 運動器 呼吸器 廃用症候群の各リハビリテーション ( 以下 リハビリ ) があります ( 各リハビリの主な施設基準は次頁以降の表を参照 ) 疾患別リハビリの所定単位は 20 分 1 単位 で

※1:急性心筋梗塞及び大血管疾患は発症後(手術を実施した場合は手術後)1カ月以上経過したものに限る。 ※2:要介護被保険者等に対し、一定期間(脳血管疾患等は60日、廃用症候群は40日、運動器は50日)を経過した後に、引き続きリハビリを実施する場合で、過去3 カ月以内に目標設定等支援・管理料を算定していない場合には、90%点数で算定。 ※3:疾患別リハビリ対象となる疾患増悪等により、1週間以内に FIM 又は BI が10以上 (指定難病患者は5以上) 低下するよう状態等に該当する場合をいう。 注) 上記にかかわらず、必要があって標準的算定日数を超えてリハビリを行った場合は月13単位に限り算定できる。その場合、脳血管疾患等、廃用症候群、運動器については、
さらに見せる

5 さらに読み込む

要旨 背景と目的 : インドネシアでは過体重 肥満者が多くジャカルタでは約 30% である 主な疾患別死亡率は 脳卒中約 21% 心臓病約 18% 糖尿病約 5% である 主な要因としてエネルギー 脂質 糖類などの過剰摂取 食物繊維の摂取不足が考えられるが 栄養調査報告がほとんどないために対策を立て

要旨 背景と目的 : インドネシアでは過体重 肥満者が多くジャカルタでは約 30% である 主な疾患別死亡率は 脳卒中約 21% 心臓病約 18% 糖尿病約 5% である 主な要因としてエネルギー 脂質 糖類などの過剰摂取 食物繊維の摂取不足が考えられるが 栄養調査報告がほとんどないために対策を立て

結果: 主婦平均年齢は 37 歳、平均BMIは 26であった。このことは、半数以上対象者が 過体重・肥満(BMI がそれぞれ 25 以上あるいは 30 以上)であったことを示している。摂取 した食事メニューは殆どがパームオイルで炒めたり揚げたものであった。主食コメは、 ココナツミルクやパームオイルで料理したものが多かった。インドネシア栄養推奨量を 100%とすると、脂質は155%で飛びぬけて高かった。その結果、エネルギー摂取量 2297kcal は、推奨量よりもかなり高かった。食物繊維が 35%と著しく低かったことは、野菜摂取量 が低いことが第一原因と考えられた。たんぱく質:脂質:炭水化物エネルギー比率(P FC比)は、13:36:51 で、脂質が高い。食事脂肪脂肪酸割合は、飽和脂肪酸 51%、一 価不飽和脂肪酸 30%、多価不飽和脂肪酸 19%で、飽和脂肪酸が半分を占めていた。これは、 飽和脂肪酸を全脂質 1/3 以下に抑えようという国際的方向性と大きく異なるものであ った。
さらに見せる

15 さらに読み込む

( 図表 6-2-1) 人口 10 万人当たりの脳血管疾患の年齢調整死亡率福祉保健所 保健所別 全国 高知県 安芸 中央東 高知市 中央西 須崎 幡多 男性 女性

( 図表 6-2-1) 人口 10 万人当たりの脳血管疾患の年齢調整死亡率福祉保健所 保健所別 全国 高知県 安芸 中央東 高知市 中央西 須崎 幡多 男性 女性

また、在宅患者中には、身体状況だけでなく抑うつ状態や認知低下など症 例も見られ、リハビリテーション中でも精神的ケアが必要場合があります。 6 医療連携体制 現在地域連携クリニカルパスでは、急性期病院から回復期リハビリテーション病棟 へ転院、また、回復期リハビリテーション病棟から維持期医療機関へ転院時に提供 される患者情報が非常に役立っていますが、まだ内容が不統一で、患者情報引き継ぎ が十分にされないまま医療が提供される場合もあります。また、患者医療情報は、在 宅療養になっても引き継ぐことが必要ですが、地域で活動する介護支援専門員や介護サ ービス事業者に十分に伝わっていません。
さらに見せる

15 さらに読み込む

私どもは、心血管疾患のうち非虚血性心疾患の主たる病態である不整脈疾患、肺血管疾患、慢性心不全を主な診療の対象として、基礎的・臨床的観点から、個別的・包括的に研究活動を行っている

私どもは、心血管疾患のうち非虚血性心疾患の主たる病態である不整脈疾患、肺血管疾患、慢性心不全を主な診療の対象として、基礎的・臨床的観点から、個別的・包括的に研究活動を行っている

2) 清水 渉, 相庭武司, 山田優子, 岡村英夫, 野田 崇, 里見和浩, 須山和弘, 相原直彦, 栗田隆志, 鎌倉史郎: 先天性 QT 延長症候群における electrical storm に対する Ca 拮抗薬使い方. 心電図 30: 55-62, 2010. 3) 清 水 渉 : 本 邦 に お け る ア ミ オ ダ ロ ン 静 注 薬 現 状 . 心 電 図 , 30: 344-349,2010.

6 さらに読み込む

心Aグループでは不整脈疾患を主な診療の対象としている

心Aグループでは不整脈疾患を主な診療の対象としている

( 2010年研究成果) 慢性心不全についても英文論文発表を行っている。まず、検査法主体である心エコ ー分野では、研究成果を国内外学会で発表し、うち幾つかは英文誌に既に掲載されて いる。近年超音波医学技術革新にはめざましいものがあるが、当グループは常に積極 的に新しい手法を取り入れ研究を続けている。組織ドプラ法を用いた左房収縮性指標 と心房容積と組み合わせることによって、左房リモデリング程度を表す新た指標を提唱 した。そしてこの指標により単なる左房径や左房容積より、高い感度で、心原性脳塞栓症 リスクである発作性心房細動をもつ患者を非発作時に診断可能であることを報告した (Hypertension. 2010;55:1150-6)。また、運動負荷心エコー検査臨床応用が本格化し、病 態理解のみならず、治療法決定に有益情報を発信している。僧帽弁狭窄症において弁 口面積は同等であっても、症状出現には違いがある。手術適応決定において症状 有無は重要であるが、これまで左房リザーバー機能と関係は十分に解明されてい かった。我々は僧帽弁狭窄症患者に運動負荷心エコー検査を行い、運動耐容能低下には 左房リザーバー機能低下が関与していることを明らかにした(2011年第60回ACC発 表)。現在この成果は、英文誌へ投稿予定である。
さらに見せる

6 さらに読み込む

(2) 循環器疾患項目 策定時の現状 データソース 1 脳血管疾患 虚血性心疾 脳血管疾患 厚生労働省 人口動態調査 脳血管疾患 脳血管疾患 患の年齢調整死亡率の減少 男性 49.5 男性 44.8 男性 41.6 (10 万人当たり ) 女性 26.9 女性 24.6 女性 24.7 虚血性心疾患

(2) 循環器疾患項目 策定時の現状 データソース 1 脳血管疾患 虚血性心疾 脳血管疾患 厚生労働省 人口動態調査 脳血管疾患 脳血管疾患 患の年齢調整死亡率の減少 男性 49.5 男性 44.8 男性 41.6 (10 万人当たり ) 女性 26.9 女性 24.6 女性 24.7 虚血性心疾患

(参考値)17.3% 日本整形外科学会によるイン ターネット調査 ※インターネット調査で「言 葉も意味もよく知ってい た」、「言葉も知っていた し、意味も大体知ってい た」、「言葉は知っていた が、意味はあまり知らなかっ た」又は「言葉は聞いたこと があるが、意味は知らなかっ た」と回答した者割合

12 さらに読み込む

糖尿病 50 巻 11 号 (2007) 2,884 人,21,280 疾患 ( 年齢 67.6:10.5, 男 1,709/ 女 1,175), 非糖尿病群 21,480 人,71,740 疾患 ( 年齢 66.3:12.7, 男 10,895/ 女 10,585) で, 両群間で平均年齢に差はな

糖尿病 50 巻 11 号 (2007) 2,884 人,21,280 疾患 ( 年齢 67.6:10.5, 男 1,709/ 女 1,175), 非糖尿病群 21,480 人,71,740 疾患 ( 年齢 66.3:12.7, 男 10,895/ 女 10,585) で, 両群間で平均年齢に差はな

考 察 退院要約に記載された全病名数を疾患ごとに集計 し,糖尿病患者および非糖尿病患者で比較することに より,糖尿病患者で疾患(群)頻度と易罹患性を明 らかにした.糖尿病が特異的合併症のみならず広範 囲領域疾患において,易罹患性高い疾患である ことが再確認された.わが国糖尿病合併症疫学的 調査は剖検輯報,特定施設,地域における前向き追跡 調査およびアンケート調査などによるものがあるが, いずれも血管障害を中心とする主要疾患に限定されて おり,死因と直結しない軽症疾患に関するデータは乏 しく,かつ全体を網羅して相対的頻度も推測できる よう報告はみられない.
さらに見せる

7 さらに読み込む

第 1 章人口 医療資源等 資料 1 人口と人口増加率の推移 資料 2 年齢 3 区分別の人口割合と性比割合の推移 資料 3 二次保健医療圏別 年齢 3 区分別の人口割合の推移 資料 4 人口動態の推移 資料 5 死因順位第 10 位までの死亡数と死亡割合 資料 6 受療率( 人口 10 万人対 )

第 1 章人口 医療資源等 資料 1 人口と人口増加率の推移 資料 2 年齢 3 区分別の人口割合と性比割合の推移 資料 3 二次保健医療圏別 年齢 3 区分別の人口割合の推移 資料 4 人口動態の推移 資料 5 死因順位第 10 位までの死亡数と死亡割合 資料 6 受療率( 人口 10 万人対 )

四 慢性期機能 病院又は診療所一般病床又は療養病床における入院患者であつて長期にわ たり療養が必要であるもの(主としてリハビリテーションを受ける入院患者その他厚生労働 大臣が認める入院患者を除く。以下「慢性期入院患者」という。)うち当該構想区域に住所を 有する者性別及び年齢階級別数にイに掲げる範囲内で都道府県知事が定める数(イ(1) に規定する慢性期総入院受療がイ(1)に規定する全国最小値よりも小さい構想区域にあつ ては、一。以下「補正」という。 )を乗じて得た数に障害その他疾患を有する入院患者のう ち当該構想区域に住所を有する者性別及び年齢階級別数を加えて得た数を当該構想区域 性別及び年齢階級別人口で除して得た数。ただし、当該構想区域がロに掲げる要件に該当す るときは、当該構想区域慢性期機能平成三十七年における病床数必要量を平成四十二年 までに達成すればよいものとし、都道府県知事は、当該達成期間延長に応じた補正を定 めることができる。
さらに見せる

65 さらに読み込む

基本情報平成 26 年度平成 27 年度平成 28 年度単位収集期間定義備考 死亡患者 死亡退院数 人 年度 粗死亡率 % 年度 精死亡率 % 年度 死亡患者数 / 退院患者数 100 この病院での 1 年間の死亡の数です この

基本情報平成 26 年度平成 27 年度平成 28 年度単位収集期間定義備考 死亡患者 死亡退院数 人 年度 粗死亡率 % 年度 精死亡率 % 年度 死亡患者数 / 退院患者数 100 この病院での 1 年間の死亡の数です この

主要疾患別患者数 (※2) 別紙2参照 別紙2参照 別紙2参照 年度 ※原則としてICD3桁分類上位20疾患とする どのよう病気を扱うかを示します。 疾病分類別患者数 (※3) 別紙3参照 別紙3参照 別紙3参照 年度 病床利用 84.5 85.9 85.1 % 年度 入院病床が平均してどのくらい利用されているかという数字で す。 平均在院日数 175.4 162.2 163.1 日 年度 (延べ入院患者数-退院患者数)/(新入院患者数+退院患者数)÷2 急性疾患を取り扱うか、慢性疾患を取り扱うか、病院特徴 を示す数字です。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Ⅰ 全体目標 (1) がんによる年齢調整死亡率 (75 歳未満 人口 10 万人あたり ) の 25% 減少 67.9(H29 年 ) Ⅱ 個別目標 第 1 節 < 進捗状況 > 75 歳未満年齢調整死亡率 15.0% の減少 97.2(H17 年 ) 82.7(H24 年 ) (2) がんに罹患し

Ⅰ 全体目標 (1) がんによる年齢調整死亡率 (75 歳未満 人口 10 万人あたり ) の 25% 減少 67.9(H29 年 ) Ⅱ 個別目標 第 1 節 < 進捗状況 > 75 歳未満年齢調整死亡率 15.0% の減少 97.2(H17 年 ) 82.7(H24 年 ) (2) がんに罹患し

2 がん患者療養生活維持向上 (1)がんと診断された時から緩和ケア推進 個別目標 現状 取り組み状況(平成25年度) 課題 今後取組内容・方向性 国が認定する緩和ケア研修修了者 を3,000人とする。また、拠点病院で は、自施設がん診療に携わる全て 医師が緩和ケア研修を修了する。  (1,325人→3,000人)

5 さらに読み込む

要因 2 全国的に 死亡原因の 6 割が生活習慣病であり 大阪市においては 特に死亡者数の最 も多い悪性新生物 ( がん ) の死亡率が高くなっている なお 心疾患および脳血管疾患 については 全国との差が年々縮まり 現在はほぼ同じ水準となっている 国 大阪府 大阪市の死亡率 H22 年 人口 10

要因 2 全国的に 死亡原因の 6 割が生活習慣病であり 大阪市においては 特に死亡者数の最 も多い悪性新生物 ( がん ) の死亡率が高くなっている なお 心疾患および脳血管疾患 については 全国との差が年々縮まり 現在はほぼ同じ水準となっている 国 大阪府 大阪市の死亡率 H22 年 人口 10

"自主的健康づくり活動を実施する""市民健康づくりを支援する活動を行う” (例えば、適切食生活へ取組み支援、施設内受動喫煙防止、健康づくりに関する情報提供など) 企業、事業所、団体、NPO法人、自主グループ に登録をいただく制度で、平成26年3月25日現在190団体が登録されています。 ・社会全体で健康づくりに向けて機運を盛り上げることをめざしています。

13 さらに読み込む

大阪府のがん医療の現状 総人口 8,863,324 人 全死亡者数 80,472 人 がん死亡者数 25,307 人平成 24 年人口動態調査 75 歳未満年齢調整死亡率男性全国 41 位 女性全国 43 位 平成 24 年人口動態統計 ( 国立がん研究センターがん対策情報センター ) 8 つの二次

大阪府のがん医療の現状 総人口 8,863,324 人 全死亡者数 80,472 人 がん死亡者数 25,307 人平成 24 年人口動態調査 75 歳未満年齢調整死亡率男性全国 41 位 女性全国 43 位 平成 24 年人口動態統計 ( 国立がん研究センターがん対策情報センター ) 8 つの二次

平成 24年度大阪府がん診療連携協議会・緩和ケア部会   (厚労省指定 14病院+大阪府指定46病院) •   「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」   Ø   開催日程調整  

24 さらに読み込む

第 1 章計画の概要 1 策定の趣旨 ⑴ 札幌市におけるがんの実態 がんは昭和 51 年から死因の第一位 ( 死亡者数 5,783 人 全死亡者数の 32.7%) 75 歳未満がん年齢調整死亡率 は 86.8 と全国の 79.0 と比べ約 1 割高い 75 歳未満年齢調整死亡率 : 年齢構成の異なる

第 1 章計画の概要 1 策定の趣旨 ⑴ 札幌市におけるがんの実態 がんは昭和 51 年から死因の第一位 ( 死亡者数 5,783 人 全死亡者数の 32.7%) 75 歳未満がん年齢調整死亡率 は 86.8 と全国の 79.0 と比べ約 1 割高い 75 歳未満年齢調整死亡率 : 年齢構成の異なる

市民、地域、関係機関、行政それぞれが健康づくりに取り組み、社会全体でがん対策を推進 3 進行管理 計画に掲げる指標や取組進行状況等については、毎年度、札幌市健康づくり推進協議会に おいて評価し、次年度以降取組について、見直しや重点化等を検討

8 さらに読み込む

商品の概要 主な保障内容 為替変動率について 支払事由 死亡保険金被保険者が据置期間中に死亡されたとき 被保険者が支払期間中の支払日に生存されているとき 支払金額被保険者が死亡された日の基本保険金額 積立金額または基本払戻金額のいずれか大きい金額に為替変動率を乗じた金額支払開始日の前日における積立金

商品の概要 主な保障内容 為替変動率について 支払事由 死亡保険金被保険者が据置期間中に死亡されたとき 被保険者が支払期間中の支払日に生存されているとき 支払金額被保険者が死亡された日の基本保険金額 積立金額または基本払戻金額のいずれか大きい金額に為替変動率を乗じた金額支払開始日の前日における積立金

(*4)最高一時払保険料判定は、申込日属する年度における住友生命所定判定用為替レートを用いて一時払保険料(基準金額)を円換算した金額(払込通貨 が円貨場合は円貨払込額)にて判定します。同一被保険者が、すでに住友生命商品に加入済場合等、記載金額までご加入いただけない場合があります。 ※「たのしみグローバル(指数連動プラン)」は指定通貨建(外貨建)個人年金保険であり、為替レート変動により損失が生じるおそれがあります。 ※解約返戻金には市場価格調整および解約控除が適用されるため、一時払保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

心疾患患による死亡亡数等 平成 28 年において 全国国で約 20 万人が心疾疾患を原因として死亡しており 死死亡数全体の 15.2% を占占め 死亡順順位の第 2 位であります このうち本県の死亡死亡数は 1,324 人となっています 本県県の死亡率 ( 人口 10 万対 ) は 概概ね全国より高

心疾患患による死亡亡数等 平成 28 年において 全国国で約 20 万人が心疾疾患を原因として死亡しており 死死亡数全体の 15.2% を占占め 死亡順順位の第 2 位であります このうち本県の死亡死亡数は 1,324 人となっています 本県県の死亡率 ( 人口 10 万対 ) は 概概ね全国より高

100.2 39.7 64.8 24.7 0 0 (人口10万対 17 虚血性心疾患により救急搬送された患者数 患者調査 (厚生労働省) H26 0.0 0.0 0.0 0.1 - 0.1 (人口10万対) 0.1千人 ○国提供データ不足ため現状把握不能。 18 救急要請(覚知)から医療機関へ収容までに要した平均時間 救急・救助現状 (消防庁) H26 39.4 38.8 分 ○全国を下回っている。 19 虚血性心疾患により救急搬送された患者圏域外へ搬送 ○国提供データ不足ため現状把握不能。
さらに見せる

9 さらに読み込む

指標 45 急性心不全におけるリスク調整院内死亡率 (DPC 指標 厚労省提出指標 ) 分子の定義 Ⅰ. 分母のうち 退院時転帰が 6. 最も医療資源を投入した傷病による死亡 あるいは 7. 最も医療資源を投入した傷 病以外による死亡 である症例数 リスク調整因子の定義 性別年齢入院時年齢 :18-

指標 45 急性心不全におけるリスク調整院内死亡率 (DPC 指標 厚労省提出指標 ) 分子の定義 Ⅰ. 分母のうち 退院時転帰が 6. 最も医療資源を投入した傷病による死亡 あるいは 7. 最も医療資源を投入した傷 病以外による死亡 である症例数 リスク調整因子の定義 性別年齢入院時年齢 :18-

・分母:18歳以上急性心不全症例(急性心筋梗塞は除く) ・単位:なし 1)分母に相当する各症例死亡退院有無を患者レベル変数で予測するロジスティック回帰モデルを作成する。 2)各病院に患者個別予測死亡確率を平均し、 「予測死亡」を得る。

5 さらに読み込む

表 1. 罹患数, 罹患割合 (%), 粗罹患率, 年齢調整罹患率および累積罹患率 ; 部位別, 性別 A. 上皮内がんを除く ; 部位別, 性別 B. 上皮内がんを含む 表 2. 年齢階級別罹患数, 罹患割合 (%); 部位別, 性別 A. 上皮内がんを除く B. 上皮内がんを含む 表 3. 年齢

表 1. 罹患数, 罹患割合 (%), 粗罹患率, 年齢調整罹患率および累積罹患率 ; 部位別, 性別 A. 上皮内がんを除く ; 部位別, 性別 B. 上皮内がんを含む 表 2. 年齢階級別罹患数, 罹患割合 (%); 部位別, 性別 A. 上皮内がんを除く B. 上皮内がんを含む 表 3. 年齢

遡り調査後結果を反映させて、再度報告書を作成しました。 罹患数に対する死亡情報のみ症例割合であるDCO割合は、遡り調査後は35.2から 5.2へ (上皮内除く)、32.1から4.8へ(上皮内含む)と改善しました。 届出票または遡り票が提出されているので詳細が分かるデータである、DCOを除く届出患 者は、4120件から6111件(上皮内除く)へ、 4715件から6723件(上皮内含む)へと 増加しました。

34 さらに読み込む

MM 形質細胞が腫瘍化し 骨髄で増殖する血液がん 異常な抗体 (M 蛋白 ) を産生 リンパ腫 白血病についで多い 発症年齢が高い : 発症年齢中央値 66 歳 年齢調整罹患率 (2011 年 ): 男性 2.9 人 /10 万人女性 2.4 人 /10 万人 治癒させることはできないが治療は可能

MM 形質細胞が腫瘍化し 骨髄で増殖する血液がん 異常な抗体 (M 蛋白 ) を産生 リンパ腫 白血病についで多い 発症年齢が高い : 発症年齢中央値 66 歳 年齢調整罹患率 (2011 年 ): 男性 2.9 人 /10 万人女性 2.4 人 /10 万人 治癒させることはできないが治療は可能

*パノビノスタット :ヒストン脱アセチル化酵素( HDAC )阻害薬   ・・・ヒストンをアセチル化したまま状態にすることにより、      DNA とヒストンが離れた状態を維持することが出来、     がん抑制遺伝子発現が高まることにより抗腫瘍効果     を発揮する。

42 さらに読み込む

Show all 10000 documents...