• 検索結果がありません。

太陽光発電によるエネルギー維新が世界

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2023

シェア "太陽光発電によるエネルギー維新が世界"

Copied!
42
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

自然災害の時代、価値観が変わり、マスクだけでなく電気料金(コル)も高騰しています。寒波の到来で電力需要が増大。

燃料在庫の減少によるLNG熱出力の減少。 「需給逼迫」による太陽光発電によるものではない →1月6日から1月12日までの全国の発電量は昨年より増加。 2月3日:「電力需給逼迫」・「価格高騰問題への緊急提言」(自然エネルギー財団)より。

電力需給状況(大手電力10社の予備率の推移) 化石燃料の需要を減らすために、太陽光発電の普及が必要な時期です。化石燃料の需要と依存は大幅に減少するでしょう。

化石燃料をめぐる紛争や国際紛争をなくし、自給自足できるようになれば、世界中の生活の質は直ちに向上し、不平等の縮小につながります。

エネルギー・セキュリティ」への答え、そのひとつがここにある

エネルギー自給率の低い国が抱えるリスク

自給自足エネルギーの普及へ、ソリューションは「分散化電源」太陽光発電しかない

エネルギーの供給リスクにさらされない強靭なエネルギーセキュリティを確保

エネルギーを自給できないことのリスク

地球環境問題」への答え、そのひとつがここにある

化石燃料を減らしてゆくこと、そして自然や環境を大切にしながらの再エネ普及、

それが地球環境問題の解決につながる

化石燃料への依存が地球環境全般を脅かす地球温暖化は環境問題の一側面にすぎない

再生可能エネルギー・太陽光発電の普及と「主力電源化」が、地球と日本の未来を変える

エネルギー」を化石燃料に依存することの危うさ

いかに化石燃料への依存を減らすかが、喫緊の課題

自給自足)エネルギー、 それは太陽光発電しかない。

いかに化石燃料への依存を減らすか

化石燃料に代わる、代替エネルギーの普及拡大!

エネルギー維新」

今では誰でも簡単に低価格で手に入れることができます。

当たり前だった平和や普通が、突然そうではなくなります。経済やお金の価値は流動的(相対的、変動的)になります。本物であることが唯一の価値基準となります。 。 (水、食料、住居、エネルギーなど)。

人間が生きていく上で絶対に必要なもの。大切なのは「本当に価値のあるもの」をどれだけ安定して確保できるかです。

エネルギーだけでも、自給自足を

アフターコロナ」とはどういう時代か?(まとめ)

エネルギー」を化石燃料に依存することの危うさ 化石燃料の依存を減らすことが重要

自給自足)エネルギー、それは太陽光発電しかない。

化石燃料に代わる、代替エネルギーの普及拡大! 「エネルギー維新」

太陽光発電 主力電源化への道すじ

エネルギーミックスの展望(XSOLの考察)

XSOLの推測値

自給率を約50%まで劇的に高めることで

強靭なエネルギーセキュリティ」を確保

自給エネルギー「40~48%」

太陽光のみで22〜24%(200〜250GW)社会的要請

化石燃料の依存度は大幅に削減

次世代エネルギー基本計画

2030年代以降は、

自給エネルギーが過半となり、日本のエネルギーセキュリティが強化

他国へのエネルギー依存も大幅に削減)

ゼロエミ電源も過半となり、CO 2 排出(環境)問題も大幅改善

PV100年構想」へ

足並みがそろい出した2030年/2050年に向けた動き

2050年カーボンニュートラル」宣言

2020年10月26日 第203回臨時国会

2050年CO 2 排出実質ゼロ表明を行う

自治体が急増(4自治体→316自治体へ)

公開機関 2030年に向けた再エネ・PV 2050年に向けた再エネ・PV

約170GW

2030年/2040年に向けた導入容量(考察)

産業

5〜6GW/年程度

2020年9月

PVの本格的導入の時代

XSOL独自試算(自家消費型含む・DCベース)

FITからの自立こそが太陽光発電の本格導入の時代 (Post FIT時代)

太陽光発電市場導入量 累計推移】

ルーフトップの導入ポテンシャル

約3000万棟

約7,000件

約7万5,000件

約5,600件

約14万4,000件

約40万棟/年

約100万戸

約200GW

今後の導入方法の分類

オンサイト

導入方法が多様化し、普及が加速する

FIT 全量

FIT・FIP

RE100など再生可能エネルギーを求める企業だけでなく、レジリエンスの観点からも再生可能エネルギーの導入が拡大しています。

太陽光発電 普及ビジョン

FIT→自由売電 (電源開発)

Non FIT+

After FIT

Non FIT

FIT売電と 自家消費①

FIT制度が始まった2014年度(FIT売電単価:42円/kWh)と現在(R3年度)との比較。

約 2.2 倍

FIT買取価格と回避可能費用の推移

2021年1月

円/kWh

円/kWh

FIT価値(買取価格)判明後(7~22円/kWh ※一部条件あり)、FITによる余剰売電電力量(22円/kWh)と同等の単価となります。回避可能なコストとしては、月によって異なりますが、9円/kWh程度です。 2020年のオークションの最低落札価格は10.5円/kWhで、すでにコスト面で自立できる水準となっている。

仮にFIT金額が10円/kWhとなった場合は、賦課金はほぼ発生しない。

太陽光発電はコスト競争力において既に自立

賦課金はほぼ発生しない

2020年度

2020年度以降の新設は

2012年

ほとんど再エネ賦課金は発生しない

長期安定稼働とレジリエンス電源化の実現に向けて

フェーズⅠ

フェーズⅡ フェーズⅢ

通報制度を活用し、規制執行強化 や緊急対処が必要!

目視や電気点検を行い、不具合 が発見された設備の是正。

重要なのはここ!

電技の遵守が行われているかは不 明確であるが、強度的問題はない

緊急」対応は不要!?

制度の確立

議論・検討が進行中

約30 %

格上げ!

約70 %

XSOLの取組

いよいよ訪れる Post FIT の時代

平成」から「令和」へ 美しい調和の時代への変革と共に 世界、そして日本にエネルギー革新が訪れようとしています。

それが XSOL の提唱する「ファイナライズ<完成>」です。

すべての屋根への全棟搭載を可能に!

大きな発電所から電気を供給されるのではなく、それぞれが自分たちで創る。

国民負担もともなわず、大きな土地も必要とせず、そして送配電網の心配もない。

PV100 年構想」を実現させ、太陽光発電の「主力電源化」を実現させ、

電気は買うより創る、売るより使う方がおトク。

それがあたりまえの時代になってきました。

が提供する4つの「レス」

2019年4月 プレスリリース

2021年3月 リリース

狭い屋根にも!

太陽光発電をパネル1枚から設置できる! 屋根でなくても!

カーポートにも太陽光発電が設置可能

いつもの暮らしを支えるもしもの時、大切なラ イフラインを守る。全ての家庭を、停電レスに

2020年9月 プレスリリース

2021年3月 プレスリリース

ご家庭の電気料金プランを切り替えるだけで を「初期費用0円」で導入可能。

住宅用ソリューション

電気料金切り替えプランサンレールポート

産業マップ 太陽光発電産業ソリューション。

PPAマッチング グリーンチケット

太陽光発電を

実質0円で導入!

太陽光発電のクリーンな 価値をお金にします!

産業用ソリューション

パワーコンディショナの自立運転機能を利用するための外部コンセントキットを発売しました。全国の発電所を停電時の給電所に! 【陸屋根でも簡単・安全に施工】接着剤を使用した革新的な工法を実現。

折りたたみ屋根に穴を開けずに取り付け可能です。

屋根に穴をあけずに太陽光発電が設置でき、

雨漏れの心配不要

基礎を置くだけの簡単設置で穴もあけない

設置が困難な場所にも楽々設置 停電時に太陽光発電所から電気を取り出せる これ一台で安心、外部コンセントキット

オリジナル製品

したがって、太陽光発電を主力電源にすることが、日本を、世界を、地球を救うことになります。

太陽光発電の主力電源化が「日本・世界・地球」を救う だからこそ

この産業は「人々・世界・地球」にとって必要不可欠

そしてこれからが本番

ご清聴ありがとうございました

参照

関連したドキュメント