• 検索結果がありません。

Productivity Shocks and National Food Security for Japan (Japanese)

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "Productivity Shocks and National Food Security for Japan (Japanese)"

Copied!
59
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

DP

RIETI Discussion Paper Series 09-J-009

コメの生産性ショックと輸出制限を考慮した

日本の食料安全保障のシミュレーション分析

田中 鉄二

School of Oriental and African Studies, University of London

細江 宣裕

(2)

RIETI Discussion Paper Series 09-J-009

コメの生産性ショックと輸出制限を考慮した日本の食料安全保

障のシミュレーション分析

2009 年 3 月 23 日

田中 鉄二†

School of Oriental and African Studies, University of London 細江 宣裕‡ 政策研究大学院大学

概要

農産物の貿易自由化に関する従来の研究のほとんどは貿易障壁撤廃の直接的影響のみに焦点を当 ててきた。自由貿易は経済の効率性を高める一方で、輸入国は対外依存度を深め、供給を不安定に する可能性がある。すなわち、農産物の貿易自由化は食料安全保障を不確かなものにする可能性があ り、日本政府はこれを国内コメ市場の開放を拒む主な根拠のひとつとしてきた。国内農業保護論者が想 定する主な不安要因として、農産物輸出国における不作のような自然要因や、戦争、輸出制限のような 人為的な要因が考えられる。本稿では世界各国で生産性ショックが発生するものとし、コメの貿易自由 化を行ったときに、日本が食料安全保障を確保できるかをシミュレーション分析した。その結果、輸出国 における不作の可能性を考慮したとしても自由化が日本の経済厚生を悪化させる可能性がないことが 明らかになった。 * 本稿に関する有益な助言を本間正義氏、後藤則行氏、板倉健氏、川崎賢太郎氏、Laixiang Sun 氏から頂いた。 ここに謝意を表したい。もちろん、本稿にあり得べき誤りはすべて筆者に帰すべきものである。

Thornhaugh Street, Russell Square, London WC1H 0XG, United Kingdom. E-mail:

227009@soas.ac.uk, Tel: +44-(0)20-7898-4404; Fax: +44-(0)20-7898-4829.

〒106-8677 東京都港区六本木 7-22-1. E-mail: nhosoe@grips.ac.jp, Tel: +81-(0)3-6439-6129; Fax: +81-(0)3-6439-6010.

(3)

1.

はじめに

1.1

日本における「食料安全保障」と農業政策

食料自給率は日本にとって農業政策の重要な指標としてしばしば取り上げられる。日本の供給熱量 で見た自給率はわずか 40%であり、主要先進国中で最も低い。このように低い自給率は突出した工業 部門の比較優位の結果と考えられる一方で、農産物の不作、戦争、そして輸出制限などの不測の事態 に直面した際に食料不足におちいる可能性を高めているとも考えられる。日本は1993 年の冷害でコメ 不足を経験したが、これは 1926 年以来 2 番目に深刻な不作で、その年の生産量は平年と比べて約 25%も減少した。また、アメリカは、1973 年に大豆の凶作のために禁輸を行い、1980 年には旧ソ連軍 のアフガニスタン侵攻に対して穀物の輸出制限を行った。これらの出来事は、食料供給の過度な輸入 依存は食料安全保障を脅かすということを人々に印象付けるものであった。このように食料の生産や供 給にはつねに不安定要因が存在するが、これにいかに対処するかが日本の「食料安全保障」の達成を 考える上で重要になる。1 内閣府(2006)による国民意識調査では、(1)我が国の食料自給率が 40%であることについて、(2)我 が国の将来の食料供給について、(3)食料の輸入が途絶えた場合に起こること、(4)望ましいと思う将来 の食料自給率、(5)我が国の食料生産・供給のあり方、および、(6)食料自給率向上のために必要と思う 施策、について調査がなされた。その結果これらの質問に 1727 人が回答し、70%の回答者が現在の 日本の食料自給率が低い、もしくは、どちらかというと低い、としている。(一方で、総理府(2000)による 同様の意識調査では、同じ質問に対して3570 人の回答者のうち 53%が低い、もしくはどちらかというと 低い、としている。)また、将来の食料供給になんらかの不安を抱いている回答者の半数以上は、それが 異常気象、災害、そして不作によるものだけでなく、輸入における何らかのトラブル、砂漠化や地球環境 の悪化による生産能力の限界などによってもたらされるのではないか、という点に不安を抱いている。ま 1 ここで議論する「食料安全保障」は、途上国における人口増加や貧困といった文脈で議論される food security と は異なるものである。両者の違いに関しては Hayami (2000)で解説されている。本稿では、「食料安全保障」は、 すべて、日本の農林水産省が定義する意味(後述)で用いられている。

(4)

た、87%の回答者がすべての食料を国内で生産する、もしくは、少なくともコメのような主食だけは国内 生産するのが良い、と回答する一方で、回答者のわずか 8%が、もし国産の食料よりも輸入品が安いの であれば輸入する方が良い、と答えた。21990 年代前半に行われた調査では、同じ質問に対して 17% の回答者が食料輸入を支持していた事を考えれば、国内生産に対する選好の高まりは明らかである。 ここで回答した人々が、それぞれ、どのような予測や情報に基づいて意見を表明したかは知る由もない が、この調査結果は人々の食料供給の不確実性に対する不安や、それに対応する食料自給率向上に 対する要求の高まりを示している。 農林水産省(2006)は食料供給を確保するために、不測の事態に備えた「食料安全保障マニュアル」 を作成した。このマニュアルでは、緊急事態における最低供給熱量を通常より20%低い 1 人 1 日当た り2000kcal と設定し、緊急事態の程度に応じて、 レベル1: 特定品目の供給が平時の供給を2 割以上下回る場合 レベル2: 1 人 1 日当たり供給熱量が 2000kcal を下回る場合 の 2 つの目安を設定した。具体的な対応策としては、国内生産の促進、備蓄の活用と輸入の確保、市 場監視・統制、などが計画されている。 2001 年において、日本では総熱量のうち 28%をコメから、つづく 13%を小麦から摂取しており、いう までもなく、コメが日本にとって最も重要な穀物である。3食料安全保障の確保のため、平時においては、 政府は食料自給率向上に力を注ぐ一方、年間生産量の 2.5%程度のコメ備蓄やその他の作物の備蓄 を行っている。 ところで、日本は非常に高い貿易障壁をコメの輸入に課してきたが、それによって 100%に近い自給 2 ただし、この意識調査の質問中の表現に注意したうえで、この結果を解釈する必要がある。すなわち、調査の質 問表では「外国産より高くても、少なくとも米などの主食となる食料については、生産コストを引き下げながら国内で 作る方がよい」、あるいは、「外国産より高くても、食料は、生産コストを引き下げながら、できるかぎり国内で作る方が よい」(下線筆者)といったように、回答者が国産品を(少なくともこの下線部分がない場合よりも)支持しやすい質問 になっているからである。 3 出所: FAOSTAT<URL: http://faostat.fao.org/>。

(5)

率を実現できている。コメ以外の食料供給に関して、その大部分をすでに輸入に依存しているため、現 在設定されている(禁止的に)高いコメの貿易障壁は食料供給確保のために不可欠である、と国内農業 保護論者は主張している。経済理論的に考えても、コメの自由貿易は資源配分の効率性を高める一方 で、コメの輸入依存度を高めて食料自給率を低下させ、ひいては、食料供給を不安定にするリスクがあ ることは、たしかに考えられる。 ただし、Wailes et al. (1993)が指摘しているように、日本の食料安全保障に関して現実的な議論を 行うならば、コメの生産や運搬などで石油や石油製品が中間投入として多く用いられている以上、エネ ルギーの安全保障を考えずに、食料安全保障について議論することはできない。しかしながら、石油に 関するショックは商品市場の投機行動だけでなく、政治的な原因にもよるため、その分析は非常に複雑 になり、それらの事象の発生確率を推定することは極めて困難である。また、国内食料価格を抑えて政 治的安定を図るという動機から、穀物輸出国が禁輸を行うことも多々あり、この発生確率についても推定 は困難であろう。

1.2

コメ貿易と貿易障壁

日本は長年にわたり、コメの輸入を原則的に禁止してきたが、1995 年にコメのミニマム・アクセス(MA) を受け入れ、1999 年にはコメの関税化をウルグアイ・ラウンド(UR)合意の一部として行ったが、2001 年 のその輸入量は 78.6 万トン(国内生産のわずか 8.7%)であった。コメの貿易障壁は実質数百パーセン トに及ぶため(表 1)、この貿易障壁が撤廃されれば、輸入米の占める市場シェアはかなりのものになるこ とが予想される。 コメには、おもに 2 種類の代表的な商品区分––長粒米(いわゆるインディカ)と中短粒米(同ジャポニ カ)がある。日本人が多く消費するコメのほとんどは、後者である。中短粒米は東アジアで多く消費され、 長粒米はその他の地域で多く消費されている。日本のコメ輸入量上位3 ヵ国である中国、アメリカ、オー ストラリアは中短粒米を少なからず生産している国であり、この貿易パターンは日本の選好をよく表して いる。輸入自由化を行えば、まずこれらの国からの輸入が多くなることが予想される。 コメは生産された地域内で消費される割合が高い作物である。見方を変えれば国際市場で取引され

(6)

る割合が他の穀物と比較して低い作物とも言える。また、コメ生産量上位 10 ヵ国で世界生産の 90%を 占めており、その 10 ヵ国のほとんどが高温多湿のアジア諸国である(表 2)。生産量の変動は主に気候 の変化によるものであり、旱魃、冷害、そして台風などは生産に影響を及ぼす要因となる。生産性は長 期的には上昇傾向にあるが、これらの要因によって、突然低下する(図 1)。 そもそも国際市場で取引されているコメの量が少ないため、日本が輸入自由化を行った場合に、国際 市場に大きな影響を与える可能性がある。日本人が強く選好する中短粒米の市場はさらに小さい。こう したことを考慮すると、コメの供給を国外に頼るよりも、国内農家を保護して自給率の維持・向上に努め ることの方が、食料安全保障の達成のために望ましい政策のように思われる。

1.3

先行研究

日本の国内コメ市場開放問題に関しての分析は、その資源配分上の効率性の改善や、国内農業へ の影響といった決定論的な観点からのものが大部分である。たとえば、Kako et al. (1997)は、低下し 続ける消費量のもとで MA 米を吸収するために必要なコメの転作の程度について検討し、Hayami and Godo (1997)は部分均衡モデルを用いて MA、関税化、そして生産調整といった政策手段につい て、政治的に実行可能な組み合わせを分析した。また、Cramer et al. (1999)は、22 地域を考慮した 世界貿易モデルを構築し、日本が関税率を毎年 8%削減したと仮定すると、輸入は約 300 万トン(国内 消費量の 3 分の 1)に達すると推定した。同時に彼らは、国内市場を保護するよりも、むしろ、自由化に よって国際市場へのアクセス性を高めることで日本の食料安全保障はより確かなものになると示唆した ものの、シミュレーション結果等の具体的な裏付けがあるわけではない。 Cramer (1993)は、空間均衡モデルを用いてコメの貿易障壁の撤廃シミュレーションを行った。その 結果、もし自由化が行われるならば日本は約500 万トンのコメを輸入することになると推定した。Wailes (2005)は、Cramer (1993)と類似の分析であるが、より新しいデータを用いて関税と輸出補助金の撤廃 の分析を行い、日本のコメの輸入は200 万トン程度になると推定した。これらの研究結果をまとめれば、 日本がコメの貿易自由化を行うと、現在の国内生産量の約 20%から 50%程度のコメを輸入することに なると考えられる。

(7)

一方、自由化問題に関して、食料安全保障や農産物の不作の可能性に着目した研究は少ない。 Beghin et al. (2003)は、数種類の農産物・食料市場を考えたモデルにより、韓国の国内保護の効率 性について分析した。韓国は、農業に関する比較劣位のもとでの国内稲作農家の保護政策や、食料安 全保障に対する深刻な懸念という点で日本と似た状況にある。コメ、大麦、そして食肉の完全自給、過 去の自給率、もしくは国内生産水準の維持といったいくつかの国内市場保護の政策目標を所与とし、こ れを達成するために必要な最小の超過負担について、Anderson and Neary (1996)の貿易制限度指 数(trade restrictiveness index)を用いてこれを計測し、現在これらの目的のためにとられている政策 手段は非常に非効率であることを明らかにした。しかしながら、彼らの分析では食料自給率や国内生産 といった食料安全保障のリスク要因に関する変数は、政策目標として所与とされているため、輸入食料 供給の不確実性に関する分析までは行っていない。Hosoe (2004)はコメの価格統制下で、1993 年に 起こったコメの不作の影響と、コメ不足を補うために行った日本の緊急輸入が他国に与えた影響を分析 した。ここで考慮した生産性ショックは、1993 年の国内における不作を再現したものに過ぎず、異なる 地域や、不作・豊作の程度を幅広く考慮したものではない。 以上をまとめると、一般に、コメの貿易自由化は食料安全保障を危うくすると考えられているにもかか わらず、これまでの先行研究はコメの生産性ショックや輸出制限等のリスク要因については切り離して考 え、分析は、単に輸入自由化によって国内市場に大量の輸入米が流入する、その程度を計測するにと どまっていた。こうした二分法が広く用いられてきたために、貿易自由化は日本経済が国外からショック をより大きくする可能性があるというその懸念のみが一人歩きしてきた可能性がある。 本研究では、(日本にとっての)コメの自由化の是非を考える上で、生産性ショックの影響を中心に考え つつ、コメの輸出制限の影響も合わせて考察する。コメの自由化の影響には2 種類ある。ひとつは貿易 障壁を撤廃する際に生じる決定論的な資源配分の効率性の改善、もうひとつは各国の生産性ショック によってもたらされる確率的な影響である。ここでは、これら両方の要因を考慮し、コメの貿易障壁撤廃 が本当に日本の経済厚生に対して望ましい影響を与えるのか、または輸入自由化が食料安全保障を 脅かす重大なリスク要因になるのかについて分析する。そのためには、日本の食料安全保障を評価す るためには、これまでに経験したことのある供給ショックだけでなく、今後起こり得るよりショックまで広範

(8)

に考慮する必要がある。そこで本稿ではモンテカルロ法を用いた確率的世界貿易応用一般均衡 (Computable General Equilibrium, CGE)モデルを構築した。この手法は、Harris and Robinson (2001)が、メキシコにおけるエルニーニョ現象が農業生産や所得に与える影響を分析するために用い た手法と同様のものである。具体的には、まず、日本とその貿易相手国について、日本単独のコメ輸入 自由化の(決定論的な)影響を分析し、つぎに、コメの生産性ショックを与えるモンテカルロ・シミュレーシ ョンを行う。また、日本政府が緊急時に備えて保有している備蓄米の政策効果も計測する。そして最後 に、コメ輸出国が日本に対して輸出制限を行った場合の、その影響について分析する。 第2 章ではモデルの構造とシミュレーション・シナリオを説明し、第 3 章ではその計算結果を示す。第 4 章では政策的含意と結論を述べる。

2.

確率的世界貿易

CGE モデルとシミュレーション・シナリオ

2.1

モデルの構造

本研究では、Devarajan et al. (1990)によって開発された標準的な一国経済 CGE モデルを世界貿 易モデルに拡張したものを用いる。データはGlobal Trade Analysis Project(GTAP)データベース・ バージョン 6 を用いた。部門を 8 つに分け、地域は 12 地域(生産量の上位、かつ、日本にとって重要 なコメ貿易相手国10 ヵ国、および、その他アジア地域、その他地域)を設定した(表 3)。4 各部門における生産活動は、代表的企業による 2 段階の利潤最大化行動によって描写される(図 2)。 そ こで は 、第 1 段階で要素(資本、労働、および、土地)を投入として、constant elasticity of substitution (CES)型生産関数のもと、合成生産要素が生産される。第 2 段階では、この合成生産要 素と中間投入財をレオンチェフ型関数のもと、国内生産物を生産する。この CES 型生産関数における 代替の弾力性は、農業部門では0.2、それ以外では 1.0 とした。5また、資本と土地は部門間・地域間で 4 GTAP データベースの詳細については Hertel(1997)を見よ。 5 この弾力性を 0.1 もしくは 1.0 と仮定しても計算結果に質的な違いは見られなかった。頑健性の検証については 付録で示した。

(9)

は移動ができないと仮定して、その上で、生産性ショック等の影響を考える短期的な分析を行う。また労 働については地域間移動も不可能としたが、地域内では部門間の移動を可能と仮定した。これらの生 産要素は価格の調整を通じて、完全雇用が達成される。

国内生産物はconstant elasticity of transformation(CET)関数によって国内向けと輸出向けに振 り分けられ、輸出向けの合成輸出財は、さらに CET 関数により各地域へと配分される。Armington (1969)の方法を用いて CES 関数により国内財と合成輸入財とでアーミントンの合成財が生産され、こ れが国内で消費・投入される。合成輸入財はさまざまな地域からの輸入を CES 関数で集計するもので ある。輸出入パターンを描写する CET/CES 関数の代替/変形の弾力性に関しては、GTAP データベ ースの弾力性値を利用した。それらの弾力性は国内で生産された財と輸出先/輸入元で生産された財と の類似性を表している。例えば、籾・玄米の国内財と合成輸入財の代替の弾力性は 5.05 であり、加工 米は2.60 である。6 このモデルでは、長粒米、中短粒米といったコメの商品区分について明示的な区別を行わないが、モ デル中のCES 型合成輸入財生産関数(のシェア係数)を推定(すなわち、実際のデータに合わせてキャ リブレート)することで、各地域の(たとえば、日本人が多く消費する中短粒米に対する)選好をおおむね 反映させることができる。経常収支に関しては米ドル単位で表され、為替レートが変化することで、収支 均衡するモデルとなっている。 アーミントンの合成財は家計消費、政府消費、投資、そして中間投入に利用される。代表的家計の効 用は、合成食料財(後述)、製造業財、サービス、交通サービスの消費量に依存する(図 3)。合成食料財 は、農産物や食料を集計して生産されるものである。ここでもまた、CES 型生産関数を仮定し、農産物・ 食料間の代替関係を幅広く考慮できるようになっている。シミュレーションにおいては、この代替の弾力 6 既存研究と同様に、これらの弾力性値を 2 倍したものが合成輸入財生産関数・合成輸出財変形関数の弾力性と して用いた。付録で検討されているように、この弾力性を前後 30%の範囲で幅広く考えても、結論はおおむね質的 に頑健であった。

(10)

性を0.1 と仮定した。7

2.2

シミュレーション・シナリオ

2.2.1 4 つのシナリオ構成要素 日本のコメ輸入自由化が日本経済に与える影響を計測するために以下の4 つのシナリオ構成要素を 考慮する。(1)籾・玄米と加工米の輸入障壁について、日本のみが一方的に撤廃する、(2)籾・玄米部門 の生産性変動、(3)コメの不作に備えた備蓄米の放出、(4)対日コメ輸出国のうち上位 4 ヵ国による輸出 制限である。これら 4 つの要素がどの程度、食料安全保障を達成(もしくは阻害)するか、以下の 11 の シナリオを用意して検討する(表 4)。 シナリオT0 と T1 は従来の研究でよく行われたものであり、T0 は何らショックのない基準均衡、T1 は コメの貿易障壁撤廃のみを考えたシナリオである。これらの上に、日本にのみ生産性ショックを与える分 析(J0, J1)、日本以外の世界の国々に生産性ショックを与える分析(R0, R1)、全世界に生産性ショック を与える分析(A0, A1)を行う。シナリオ S では日本の備蓄米の放出の効果を分析し、シナリオ M と Q でコメ輸出国が輸出制限を行う影響を分析する。これらのシナリオ構成要素に関する詳細は以下で述 べる。 2.2.2 シナリオ構成要素 1: 貿易障壁撤廃 GTAP データベースをもとに計算されたコメ(籾・玄米と加工米)の貿易障壁を、日本のみが一方的に 撤廃するとする(表 1)。一方、日本のほかの部門や、ほかの地域の貿易障壁については変化させない。 7 一般的にはコメのような必需財の価格弾力性は非常に小さい値をとると考えられるが、実証研究におけるその推 定値は0 ないし 0.1 から、2.8 までの間で大きなばらつきをもっていた。これに関する感応度分析を行ったが、大き な違いは見られなかった。詳しくは付録参照。

(11)

2.2.3 シナリオ構成要素 2: 生産性ショック 生産性ショックを、籾・玄米部門の国内生産関数における総要素生産性の変動として導入し、各地域

r

の生産性が独立同一正規分布

( )

2

,

1

r

N

σ

に従うと仮定する。12 地域における生産性の標準偏差

σ

r の推定にあたっては、FAOSTAT のデータ(1990 年から 2004 年までの 15 年間)を用い、作付面積あ たりの生産量をコメの生産性として、そこから図 1 が示唆するタイム・トレンドの影響を取り除いた残差の 標準偏差の推定値を、モンテカルロ・シミュレーションにおいて発生させる乱数の標準偏差とした(表 5)。 各シナリオにおいて 1000 回の標本抽出を行う。生産性の実現値のうち、もっとも悪い値はオーストラリ アで–26%であり、次いで日本が大きな変動をもつ。それら以外の地域における生産性の変動幅は、上 下10%から 20%程度であった。 厳密に言えば、「作付面積あたりの生産量」の変動は、純粋に外生的ショックのみによって引き起こさ れた訳ではないであろう。なぜなら、農家は(土地と資本の投下量を決定したあとに観察される)生産性 ショックに対して最適な生産を随時(再)計画するからである。具体的には、予報や実際の天候、そして それがもたらす市場価格の変動を予想して、農家はどの作物をどれだけ植えるのかを考え、利潤最大 化を行う。このような彼らの行動は、通常、生産性ショックが市場へ与える直接的な影響を和らげる効果 を持つ。また一方で、そうした努力では克服できないほど深刻な不作が予想される時、農家は追加的な 努力を放棄し、その不作をより一層悪化させてしまう可能性もある。より正確な生産性ショックを推定する ことが望ましいことは確かではあるが、それは推定作業や世界貿易モデルの開発を非常に困難にする ため、本研究では作付面積あたり生産量をその代理変数として用いた。この潜在的問題点を補うために、 付録で示されるような生産性ショックに関する感応度検査を行い、われわれが示す結果の頑健性を検 討した。 大きな不作が日本で起こった場合、国産米をすべて国内向けに出荷してもなお足りず、一部は、輸入 米に頼ることになるであろう。その反対に日本が豊作であれば、その余剰分は外国に吸収されると考え られる。貿易自由化は、万一の国内の不作に対して、輸入という手段でより柔軟に対応できることを可能 にする。(モンテカルロ・シミュレーションによって生成される)日本の経済厚生の分布に与える影響という 観点からこれらの効果を考えると、貿易自由化それ自体は厚生分布の平均値を正の方向にシフトさせ、

(12)

標準偏差も小さくすると予想される(図 4 上)。この場合、生産性ショックの実現値が正であれ、負であれ、 貿易自由化自体はつねに経済厚生分布に対して望ましい影響を与える。 日本で不作が起こるケースとは対照的に、例えば中国、アメリカ、そしてオーストラリアのようなコメ輸出 国側で不作が起こった場合、日本の輸入は危険に晒される可能性がある。貿易自由化は輸入への依 存度を高めるため、国内市場が、国外で起きた負の生産性ショックに対してより脆弱になる。これは保護 論者が最も強調する点である。しかし、反対に国外で正の生産性ショックが発生するならば、日本は同 じ原理でその恩恵をより大きく享受できることになる。生産性の値は、(定義により)生産性ショックの平均 値の両側に分布するので、全体としてこのような生産性ショック自体が日本の経済厚生の平均値を大き く引き下げることはない。しかし、自由化によって厚生の変動幅(標準偏差)を大きくするというリスクがあ る(図 4 下)。貿易自由化は経済厚生分布の(右側だけでなく)左側の裾も厚くするから、程度によっては、 これは非常に強くリスク回避的な消費者にとっては問題となる可能性がある。 2.2.4 シナリオ構成要素 3: 備蓄米 コメの備蓄量は政府が公式に備蓄している量と同じ 150 万トンと仮定した。これは 2001 年の生産量 のおよそ 17%に相当する。この備蓄米は、日本の生産性が負の値をとった時に、その不作によって失 われた量を埋め合わせるように国内市場へ放出される、と仮定した。ただし、150 万トンという在庫量を 超える深刻な負の生産性ショックが起こった場合は150 万トンすべてが放出され、それでもなお不足す る分は、市場価格の変動や輸入によって調整されることになる。すなわち、この備蓄米の放出は、コメの 供給量の分布の左側の一部を取り除くことになる(図 5)。 分析の簡単化のため、備蓄米はショックの前に用意され、政府にはキャピタル・ゲインもロスも発生しな いと仮定する。本研究では、備蓄米が経済厚生に与える便益から、備蓄米の保管費用を差し引くことで、 備蓄の社会的純便益の推定を試みる。 2.2.5 シナリオ構成要素 4: 輸出数量制限 生産性ショックは毎年生じる不確実要因である一方で、輸出制限はめったに起こらない。しかし、もし

(13)

仮に起これば深刻な問題を引き起こす。とくに、自由化によって輸入米の市場占有率が上昇し、以前は 稲作のために利用されていた生産要素が、いったん他の部門で利用されるようになってしまった後に、 輸出国による輸出制限等によって輸入が途絶える事態になれば、国内では容易にコメ生産を増加させ ることができず、食料危機に陥る可能性がある。こうした状況下における食料安全保障を分析するため に、自由化によって籾・玄米部門から他の部門へとすべての生産要素が部門間を移動すると仮定して、 この移動が完了した中長期的均衡をいったん計算する。これを以下の 2 つのシナリオに基づく比較静 学のための新しい出発点とする(これを「自由化後の中長期的均衡」と呼ぶことにする)。その上で、対日 コメ輸出国の上位4 ヵ国が輸出数量制限を同時に行う(シナリオ Q)、もしくは行わない(シナリオ M)とい う仮想的状況をシミュレートする。ここでの籾・玄米と加工米の輸出制限の上限量は、MA における数量 と同程度と仮定する。これらにおいても、シナリオ A と同様に全世界において生産性ショックを与える一 方で、しかし、生産要素の部門間移動は出来ないと仮定する(図6)。 日本の籾・玄米部門の規模が中長期的均衡で縮小すればするほど、輸出制限や生産性ショックが発 生する前に、それだけ生産要素が籾・玄米部門からそれ以外の部門に移動してしまうことを意味する。 このとき、日本はシナリオQ や M ではそれらの外的要因に対してより脆弱になることが予想される。

3.

シミュレーション結果

3.1

貿易自由化の決定論的影響

日本のコメ(籾・玄米と加工米)の貿易障壁の撤廃を仮定したシナリオ T1 の結果は、既存の研究のそ れと同様のもので、直感に沿うものである(表 6, 7)。急増する籾・玄米、加工米輸入は日本のコメ生産を 半減させ、コメ(籾・玄米と加工米の両方)の自給率は 94%から 73%にまで低下する。国内の米価が下 がるためにコメの消費量は 10%増加する。結果として、等価変分で計った経済厚生効果は日本の GDP の 0.17%に相当する 67 億米ドル(8,270 億円)であった。8他方、コメの国際価格は上昇するため、 コメの輸出ブームによってほとんどのアジア諸国の厚生は改善されるが、中国は自国のコメ消費を犠牲 8 2001 年の平均為替レート 1 米ドル=121.53 円を用いて円換算。

(14)

にする程度が大きいためにわずかに経済厚生を悪化させる。これは中国の食料消費の中でコメの占め る割合が高く、また、農産物・食料間の代替の弾力性が小さいと仮定したためであると解釈できる。 このシナリオT1 の計算結果は従来の CGE 分析と基本的には変わらない結果であったが、以下の 6 つのシナリオでは、籾・玄米部門の生産性ショックの与え方について、日本のみ、日本以外の国々、そ して全世界という3 通りを考える。われわれのモンテカルロ・シミュレーションによって、生産、消費、輸入、 輸出、そしてそれらの価格といった様々な経済変数の分布を導くことができるが、生産性ショック等の外 的要因の下で輸入自由化が引き起こす日本の食料安全保障への危険性を評価するために、おもに供 給熱量と経済厚生(等価変分)の分布に焦点を当てる。

3.2

日本国外の生産性ショック

コメの供給を国外に大きく依存するとき、その輸出国における不測の生産性ショックのために食料供給 が不安定になる可能性がある。シナリオR0 と R1 で行うモンテカルロ・シミュレーションの結果と、シナリ オT0 と T1 の結果と比較することで、この懸念の妥当性を評価できる。シナリオ R0 とシナリオ T0 を比 較すると日本の経済厚生の平均値は同じであるが、標準偏差に関してはシナリオR0 と R1 の間でいく らかの違いが見られる。すなわち、自由化によって国外発の生産性ショックの影響を受けやすくなる(図 7)。しかし、シナリオ R0 の分布を見ると、その右側の裾は長くない。すなわち、考えられる限り大きな豊 作が国外で起こったとしても、自由化することなしにはシナリオT1 で得られた経済厚生(67 億 49 百万 米ドル)を実現できないことを意味する。 シナリオR1 では外国におけるコメの生産性変動を考慮しつつ、貿易障壁を撤廃する。自由化は輸入 米の国内流入を増加させて、自給率を低下させる。輸入は国外初の生産性ショックという不確実性を伴 う。自由化シナリオであるR1 では、シナリオ R0 と比べて経済厚生の平均値と標準偏差の両方が大きく なるが(表 8, 図 7)、その変動幅の拡大も厚生損失を発生させることには結びつかない。また、シナリオ R1 の等価変分の最小値は、シナリオ R0 の等価変分の最大値よりも大きい。すなわち、自由化をしたと きに最悪の状況が発生したとしても、自由化をしない場合の経済厚生を決して下回ることはない。 日本にとっての輸入価格を調べることで、国外の生産性ショックから受ける影響を確認できる(図 8)。

(15)

自由化シナリオR1 では加工米の輸入価格が約 80%低下するが、自由化をしないシナリオ R0 では加 工米の輸入価格にはほぼ影響はない。また、合成食料財生産関数の代替の弾力性は 0.1 を仮定した ため、こうした価格変動が家計のコメ消費分布の変動幅を目に見えて大きくすることはない(図 9)。

3.3

日本国内の生産性ショック

前節では国外発の生産性ショックが日本国内に与える影響を吟味したが、これとは反対に、日本国内 のみに生産性ショック与えると、貿易自由化の評価はまた異なったものになる。自由化をしないシナリオ J0 の結果は、国内における生産性ショックが経済厚生の変動幅をかなり大きくすることを示唆する(表 8, 図 10)。これは国内市場でコメが不足したときに代替的な供給源となりうる輸入というオプションを、実質 的なコメの輸入禁止によって捨ててしまっていることによる。 日本のみの生産性ショックを仮定すると(シナリオ J1)、貿易自由化は一石二鳥の効果をもたらす。す なわち、経済厚生の平均値の上昇と変動幅の縮小である。これは自由化によって、より高い厚生水準が より確実に実現できることを意味する。原理的には、国内市場と国際市場を統合することによって多国 間で生産性ショックをより柔軟に吸収できることによる。シナリオJ1 の等価変分の分布が示すものは(J0 のそれと比べて)、日本国内の生産性ショックのみを考慮した場合でも、貿易自由化を行ったとしても日 本の経済厚生が現状より低下してしまう可能性がない、ということである。

3.4

世界全体の生産性ショックの影響

前節まででシナリオR0, R1, J0, J1 の結果を比較し、日本国内で起こる生産性ショックこそが日本経 済に影響を与える大きな要因であり、他方、国外で発生する生産性の変動による影響は––たとえ輸入 自由化によって輸入米が大きな市場シェアを握ったとしても––軽微であることが分かった。本節では全 世界において生産性ショックが発生するとし、コメ自由化の効果を吟味する。このシナリオ A0 と A1 の 結果は、シナリオJ0 と J1 の結果に非常に近いものとなった(表 8, 図 11)。そしてこの結果は、たとえ生 産性ショックという不確実性を考慮したとしても、コメの貿易自由化は日本国民を危険に晒すものではな いことを意味する。

(16)

等価変分以外にも、供給熱量の分布も示したが、自由化は供給熱量分布の平均値を上昇させ、その 標準偏差を下げる(図 12)。最終的に、これらのシミュレーションの結果は、農林水産省が定めるレベル 1(特定品目の供給が平時の 2 割減)やレベル 2(1 人 1 日当たりの供給熱量が 2000kcal 未満)といっ たような食料不足の状況に陥る可能性がほとんどないことを示している。

3.5

備蓄の効果

備蓄は不作に対処するためのもっとも一般的な手段である。その直前までに政府が行ってきた食糧管 理制度改革の一環として 23 万トン(年間生産量のわずか 2.5%)にまでコメの備蓄を減らしていたが、こ れが 1993 年に起こったコメ不足の影響をより深刻にしたと考えられている。この凶作を経験して、近年 では備蓄量を 150 万トンにまで増加させた。この備蓄量の増加は食料供給をより確かなものにする一 方で、備蓄米の保管費用を増加させる。ここでは、現状の 150 万トンという備蓄水準が持つ効果を明ら かにする。 ドーハ・ラウンドの重要な議題の 1 つは、UR 合意水準よりもさらに農産物貿易の障壁を削減すること であるが、その交渉をまとめるにはまだ数年は掛かるであろうから、近日中に日本政府がコメ輸入を自 由化することはないであろう。そこで、このシナリオ S では貿易自由化を仮定せずに、全世界に生産性 ショックを与えて、現在の在庫量をもってして、日本のコメ市場をどの程度安定化できるかを評価する。9 シナリオ A0 の結果と S のそれを比較することで備蓄米から得られる便益を定量化する。本研究では、 1000 回の標本抽出を行ったが、そのうち 493 回で日本の生産性ショックは負の値をとった。また、その 負の生産性ショックを経験するケースの 95%において、150 万トンの備蓄量があれば完全に不作分を 補うことができた。不作時に備蓄米を放出することで、米価の分布の右側の裾をより小さくする(図 13)。 すなわち、米価の高騰を抑制できる。実際、ここで行ったシナリオ S に基づいたシミュレーション結果の 中で観察された価格のうち、最も高いものは(基準均衡における価格を 1.00 として)1.17 であるが、シナ リオ A0 では 1.37 である。そしてコメ消費の分布では歪度が負になる(すなわち、分布は右側に偏 9 これらの外的要因に加えて、貿易障壁の撤廃も同時に考慮すると、厚生効果の平均値と標準偏差は日本にとっ てより望ましいものになることは、シナリオA1 の結果が示唆するとおりである。

(17)

る)(図 14)。 図 13, 14 を見る限り、備蓄米の放出は市場安定と供給の確保に効果的であるかのように思われるが、 厚生全体への影響という観点から見ると、実は期待する程の効果はない。備蓄米を放出することで等価 変分の平均値をシナリオA0 に比べて 1 億 8 百万米ドルだけ改善させるが、等価変分の標準偏差は 大して小さくならない(表 8, 図 15)。10 ここで、備蓄米の費用対効果に議論を移そう。農林水産省(2001)によると備蓄米の年間保管費用は 1 トンあたり 1 万円であり、総額では 1 億 23 百万米ドルにのぼる。これだけの備蓄をあらかじめ用意し てこれを不作時に放出するという政策手段は、等価変分の平均値の上昇を社会的(粗)便益とすると、リ スク中立的、もしくは(それほど極端ではなく)リスク回避的な消費者にとって意義のある政策とはいえな いであろう。すなわち、この計算結果は、在庫量を減らす、もしくは在庫管理コストを削減できる国外に 保管場所を移すことが必要な政策であることを示唆する。例えば、国際備蓄構想研究会(2001)によれ ば、タイでは1 トンあたり年間 22.5 米ドルで保管できるから、保管費用の総額は 34 百万米ドルで済む。 日本と外国に所在する保管庫との間の輸送にまつわる種々のリスクを負担しなければならないものの、 このときには、150 万トンの備蓄による期待便益がその費用を上回る。

3.6

輸出制限の影響

すべての生産要素が部門間で移動可能と仮定した上でコメの輸入自由化をシミュレートすると、自由 化後の中長期的均衡が示すように、日本の籾・玄米部門は、ほとんど跡形も残らないほど生産を減らす (表 9)。籾・玄米部門が縮小し、より安価な輸入米が流入して米価が急激に下がり、農業部門特有の生 産要素である土地は他の農業部門によって利用されるようになる。 この自由化後の中長期的均衡を新しい比較静学のための出発点として、あらためて資本と土地が部 門間で移動できない状況を仮定し、以下の外的要因を考慮したシミュレーションを行う。生産性ショック のみを与えるケース(シナリオ M)と生産性ショックと外国が輸出制限を行うケース(シナリオ Q)である。上 10 なお、すべての地域の生産性ショックの標準偏差を元の 2 倍として同じシミュレーションを行った場合、備蓄の効 果は2 億 74 百万米ドルと推定された。

(18)

で説明した自由化後の中長期的均衡は、自由化に対応してすべての生産要素の再配分が行われると 仮定して導き出されたものであるから、経済厚生の平均値は、シナリオ A1 の 67 億 7 百万米ドルに比 べて、シナリオM では 143 億 47 百万米ドルと、より大きな自由化の便益を示唆する(表 10 上)。(2 つ のシナリオの間での仮定の違いは、資本と土地の部門間移動の有無のみである事に注意。) シナリオ Q では、日本に対するコメ輸出上位 4 ヵ国がコメ(籾・玄米と加工米)輸出を MA 水準にまで 抑制する。シナリオ M では日本は貿易の利益を大いに享受したが、シナリオ Q では反対に経済厚生 が悪化する(表 10 下)。日本の供給熱量は農林水産省が定義した危機レベル 2 をはるかに下回り、そ の栄養状態は 2001–03 年のエリトリア、コンゴ、ブルンジといったアフリカの最貧国よりも悪い水準に陥 る(図 16)。11当然、不作と輸出制限によって不足するコメの量は日本が現在保有している備蓄量ではと うてい補いきれるものではない。 これらの計算結果は、以下の2 つの含意を導く。ひとつは、本研究では、生産性ショックというシナリオ 構成要素に関して、モンテカルロ・シミュレーションの手法を用いて確率論的な議論を行う一方で、輸出 制限という要素に関しては、それが実際に発生すると仮定した決定論的な方法でこれを導入した、とい う事である。すなわち、シナリオ Q における分析は、「輸出制限が行われた場合」という条件付の評価を 行ったものである。この場合、輸出制限がこの 4 ヵ国で行われる確率がどの程度あるか、その見込みに 依存して全体の評価は変わってくる。しばしば政治的に決定される輸出制限の発生確率について、正 確な推定するのは困難な事であるから、以下では一定の仮定のもので議論を試みる。例えば、このよう な緊急事態が 10 年に一度といった頻度で起こると仮定すれば、コメの貿易自由化は経済厚生の観点 からマイナスかも知れないが、100 年に一度と仮定すれば輸出制限の悪影響は無視し得る程度と推定 されるかも知れない。歴史的に見ると、アメリカが 1973 年に 2 ヶ月間だけ大豆の対日輸出量を半分に 規制した事があったが、日本が本当に深刻な被害を受けた禁輸政策は、第二次世界大戦中の海上封 鎖の一部として一度経験したのみであった。実際に中国、フィリピン、インドネシアなどの国は 2008 年 にコメの輸出を制限または禁止したが、タイはこれを行わないと表明し、同様にコメの輸出を禁止してい たカンボジアは 2008 年 5 月に輸出を再開した。さらに、日本に対する主要コメ輸出国であるアメリカと 11 出所: FAOSTAT

(19)

オーストラリアは近年の一次産品の価格上昇を受けても何ら制限を設けなかった。主に政治的な理由か ら国内の食料不足を避けるためにコメ輸出を規制する国は、通常、純輸出量がそれほど多くない国であ る。タイ、アメリカ、オーストラリアはそれらの国々とは異なり、輸出を前提として生産を行っている国であ る。日本へのコメ輸出上位4 ヵ国のうち 3 ヵ国は、戦後から今日に至るまでコメの輸出制限を行ったこと がない、という事実は念頭に置くに値するであろう。これらの事実を考慮すれば、この種の非常事態が 起きる確率は非常に低い、と考えても良いのかもしれない。 いまひとつ重要な点は、貿易自由化の結果として日本の籾・玄米部門が縮小し––これはコメの供給源 を輸入に依存している状態であるが––、また同時に、輸出国も日本への輸出に依存している、とも解釈 できる事である。シナリオM と Q の厚生効果を比較すると、中国とタイはわずかに利益を受けるが、アメ リカとオーストラリアでは自らの輸出制限により不利益を被る。つまり、最後の 2 ヵ国が輸出制限を実施 することには(ここで計測している経済厚生をその目的関数とし、かつ、特別な政治・経済・社会的制約 に直面していない政府にとって)合理性がない。こうした観点からも、この輸出制限が発生する確率につ いて、近年ますます深まる経済の相互依存を鑑みれば、さほど高く見積もる必要はないと考えられる。

4.

結論

どの要因がどの程度、日本の食料安全保障の確保に重要であるかを分析するために、確率的世界貿 易 CGE モデルを構築し、モンテカルロ・シミュレーション分析を行った。本分析で明らかになった主要 な点は以下の通りである。(1)生産性ショックが外国において発生するとき、たとえそれが日本の経済厚 生の変動幅を増大させたとしても、日本経済がコメの貿易自由化によって総合的に悪影響を受ける可 能性はない。(2)日本国内で生産性ショックが発生する場合、コメの貿易自由化は経済厚生の平均値を 上昇させるだけでなく、その変動幅を縮小させる効果も同時に持つ。これら 2 つの観点から、国内コメ 市場の保護は、日本の食料安全保障を達成しやすくするどころか、むしろそれを困難にさせる。また、 (3)供給安定化のために現在行っている備蓄政策は、その管理費用に比してもたらされる便益が小さい、 という意味で効果的なものではない。これは最適備蓄量が現在の150 万トンより少なく、あるいは、備蓄 米の保管場所を一部なりとも保管費用が低廉な外国とすべき、という政策的含意につながる。(4)対日

(20)

主要コメ輸出国 4 ヵ国が輸出制限を行うと日本は甚大な不利益を被るが、同時にそれらの輸出国も何 らかの不利益を被るか、あるいは、利益を得たとしても大きくはない。この輸出制限が行われる確率が非 常に小さいと想定する限り、日本がコメの貿易自由化から得られる便益は正である、と結論づけられるで あろう。 本研究では、モンテカルロ・シミュレーションにおいて、生産性ショックが正規分布に従うと仮定した。 一方、近年よく見られるような異常気象などによって深刻な不作が起きる可能性が高まってきている。ま た、家計は食料のような必需品の供給不足に敏感である一方で、先進国のような食料消費について十 分満たされている国では豊作がもたらす利益はあまり重視されず、両者の間で評価が非対称になること が考えられる。これらの問題点を克服するために生産性ショックの分布として正規分布以外の分布を仮 定することや、家計の効用関数に他の関数型を考慮することで、本研究の結果をより一般的なものとで きるであろう。 コメの在庫に関して言えば、政府在庫以外に、販売業者等の民間部門が保有している在庫がある。こ の民間在庫もコメ供給が不足した場合にショックを緩和する役割を果たすと考えれば、政府の備蓄米の 効果は、ここで示したシミュレーション結果が示唆するものよりも小さいものになるであろう。

(21)

参考文献

大塚啓二郎(1984)「米の需要供給関数の推定」, 『経済と経済学』, 第 55 巻, 15–26. 草刈仁(1991)「コメの品質別需要と輸入自由化」, 米政策研究会(編)『コメ輸入自由化の影響予測』, 富 民協会, pp. 146–174. 国際備蓄構想研究会(2001)「第 2 回国際備蓄構想研究会委員要求資料」, 食糧庁, 6 月 5 日. 小林弘明(1988)「日本の米需給」, 大賀圭治(編)『米の国際需給と輸入自由化問題』, 農林統計協会, pp. 31–73. 澤田学(1985)「食料需要と品質––米・肉類の事例分析––」, 崎浦誠治(編)『経済発展と農業開発』, 農 林統計協会, pp. 70–89. 澤田裕(1984)「米類需要の計量分析」, 崎浦誠治(編)『米の経済分析』, 農林統計協会, pp. 139–153. 総理府(2000)「農産物貿易に関する世論調査」. 茅野甚治郎(2000)「米需給モデルの構造と生産調整の行方」, 農業政策研究会(編)『国境措置と日本 農業』, 農林統計協会, pp. 234–252. 内閣府(2006)「「食料供給に関する特別世論調査」の概要」, 政府広報室, 12 月. 農林水産省(2001)「第 2 回食料安全保障マニュアル小委員会議事録」, 9 月 26 日. ___(2006)「不測時の食料安全保障マニュアル」, 4 月. 長谷部正(1996)「米の品質別需要と価格変動」, 黒柳俊雄, 嘉田良平(編)『米自由化の計量分析』, 大 明堂, pp. 13–30.

Anderson, J. E., and Neary, J. P. (1996) “A new approach to evaluating trade policy,” Review of Economic Studies 63(1), 107–125.

Armington, P. S. (1969) “A theory of demand for products distinguished by place of production,” International Monetary Fund Staff Papers 16(1), 159–178.

Beghin, J. C., Bureau, J. C., and Park, S. J. (2003) “Global agricultural trade and developing countries,” American Journal of Agricultural Economics 85(3), 618–632 Cramer, G. L., Hansen, J. M., and Wailes, E. J. (1999) “Impact of rice tariffication on Japan

(22)

1149–1156.

Cramer, G. L., Wailes, E. J., and Shui, S. (1993) “Impacts of liberalizing trade in the world rice market,” American Journal of Agricultural Economics 75(1), 219–226.

Chern, W. S. (2001) “Assessment of demand-side factors affecting global food security,” in: Chern, W.S., Carter, C. A., and Shei, S. (Eds.) Food Security in Asia, Edward Elgar, pp. 83–118.

Chern, W. S., Ishibashi, K., Taniguchi, K., and Tokoyama, Y. (2002) “Analysis of food consumption behavior by Japanese households,” ESA Working Paper No. 02-06, The Food and Agriculture Organization.

Devarajan, S., Lewis, J. D., and Robinson, S. (1990) “Policy lessons from trade-focused, two-sector models,” Journal of Policy Modeling 12(4), 625–657.

Harris, R. L., and Robinson, S. (2001) “Economy-wide effects of El Niño/Southern oscillation (ENSO) in Mexico and the role of improved forecasting and technological change,” Technical Report 83, International Food Policy Research Institute, Washington, D.C.

Hayami, Y. (2000) “Food security: Fallacy or reality?” in: Chern, S. W., Carter, C. A., and Shei, S. (Eds.) Food Security in Asia, Edward Elgar, pp. 11–17.

Hayami, Y., and Godo, Y. (1997) “Economics and politics of rice policy in Japan: A perspective on the Uruguay Round,” in: Ito, T., and Kruger, A. O. (Eds.) Regionalism versus Multilateral Trade Arrangements, University of Chicago Press, pp. 371–399.

Hertel, T. W. (Ed.) (1997) Global Trade Analysis, Cambridge University Press.

Hosoe, N. (2004) “Crop failure, price regulation, and emergency imports of Japan’s rice sector in 1993,” Applied Economics 36(10), 1051–1056.

Kako, T., Gemma, M., and Ito, S. (1997) “Implications of the minimum access rice import on supply and demand balance of rice in Japan,” Agricultural Economics 16(3), 193– 204.

(23)

Wailes, E. J., Young, K. B., and Cramer, G. L. (1993) “Rice and food security in Japan: An American perspective,” in: Tweeten, L., Dishon, C. L., Chern, W. S., Imamura, N., and Morishima, M. (Eds.) Japanese and American Agriculture: Tradition and Progress in Conflict, Westview Press, Boulder, CO, pp. 337–393.

Wailes, E. J. (2005) “Rice: Global trade, protectionist policies, and the impact of trade liberalization,” in: Aksoy, M. A., and Beghin, J. C. (Eds.) Global Agricultural Trade and Developing Countries, The World Bank, pp. 177–193.

(24)

図表

表1: 日本のコメ輸入と貿易障壁 輸入額 貿易障壁 輸入額 貿易障壁 日本への輸出国 [百万米ドル] [%] [百万米ドル] [%] 中国 1.0 1,000 43.9 1,135 インド 0.4 0 1.5 829 インドネシア 0.0 0 1.5 0 バングラデシュ 0.0 0 0.1 929 ベトナム 0.2 0 3.7 929 タイ 0.0 0 27.8 1,186 フィリピン 0.0 0 1.4 0 アメリカ 33.2 804 65.0 929 オーストラリア 7.4 804 28.0 927 その他アジア 1.0 581 4.2 453 その他地域 2.4 30 6.1 274 合計 45.6 183.2 加工米 籾・玄米 注: 貿易障壁は関税、非関税障壁の両方を含む。 出所: GTAP データベース・バージョン 6. 表2: 2001 年の各国のコメの生産量 生産量 割合 地域 [1,000トン] [%] 中国 179,305 30.0 インド 139,900 23.4 インドネシア 50,461 8.4 バングラデシュ 36,269 6.1 ベトナム 32,108 5.4 タイ 26,523 4.4 ミャンマー 21,916 3.7 フィリピン 12,955 2.2 日本 11,320 1.9 ブラジル 10,184 1.7 その他 76,716 12.8 合計 597,657 100.0 出所: FAOSTAT.

(25)

表3: モデルにおける地域と部門の分割 地域 部門 日本 籾・玄米* 中国 小麦* インド その他農業* インドネシア 加工米* バングラデシュ その他食品* ベトナム 製造業 タイ サービス フィリピン 交通 アメリカ オーストラリア その他アジア その他地域 注: *(アステリスク)は合成食料財に利用される財を生産する部門である。 表4: シミュレーション・シナリオと構成要素 T0 - - - - -T1 x - - - -R0 - - x - -R1 x - x - -J0 - x - - -J1 x x - - -A0 - x x - -A1 x x x - -S - x x x -M x x x - -Q x x x - x 輸出制限 シナリオ シナリオ構成要素 貿易 自由化 生産性ショック 備蓄米 日本 日本以外 の地域

(26)

表5: コメの生産性の回帰分析結果と抽出標本の基本統計量 [従属変数: 生産性指数(2001=1.00)] 最小 最大 日本 –9.735 0.005 0.080 0.088 0.75 1.31 (–1.02) (1.12) 中国 –12.946 0.007 0.026 0.606 0.91 1.08 (–4.16)** (4.47)** インド –15.658 0.008 0.042 0.453 0.87 1.16 (–3.10)** (3.28)** インドネシア –4.280 0.003 0.019 0.304 0.94 1.07 (–1.93)* (2.38)** バングラデシュ –47.716 0.024 0.047 0.854 0.84 1.13 (–8.57)** (8.73)** ベトナム –54.695 0.028 0.016 0.985 0.95 1.05 (–28.85)** (29.33)** タイ –35.838 0.018 0.030 0.893 0.89 1.10 (–10.17)** (10.43)** フィリピン –22.865 0.012 0.050 0.548 0.83 1.16 (–3.82)** (3.97)** アメリカ –26.487 0.014 0.037 0.752 0.86 1.11 (–6.07)** (6.28)** オーストラリア –5.916 0.003 0.088 0.031 0.74 1.25 (–0.56) (0.65) –19.607 0.010 0.021 0.836 0.94 1.07 (–7.76)** (8.14)** –33.394 0.017 0.023 0.924 0.93 1.08 (–12.26)** (12.60)** モンテカルロ 抽出標本 コメの生産性変動の回帰分析の結果 その他地域 その他アジア 残差の 標準偏差 切片 タイム・トレンド R2 注: 括弧内は t 値を表す。 *, **, ***は、それぞれ 10%, 5%, 1%の有意水準で有意であることを表す。 抽出された生産性の標本平均と標準偏差は、仮定した値とそれぞれ整合的である。

(27)

表6: シナリオ T1 における日本に関するシミュレーション結果 生産 消費 輸入 籾・玄米 –48.7 9.5 1,545.8 小麦 0.5 2.8 2.8 その他農業 0.8 2.7 3.8 加工米 –36.8 10.2 1,217.4 その他食品 2.4 2.9 1.2 製造業 0.4 –0.3 –0.8 サービス –0.0 –0.1 –0.7 交通 –0.1 –0.1 –0.8 生産 消費 輸入 籾・玄米 –37.3 –46.2 –71.6 小麦 1.9 1.5 1.3 その他農業 2.8 2.6 1.4 加工米 –37.8 –49.5 –80.7 その他食品 0.4 0.5 0.9 製造業 0.1 0.1 0.4 サービス –0.0 –0.0 0.3 交通 –0.0 –0.0 0.3 数量の変化[%] 価格の変化[%] 注: シナリオ T0 からの変化を表す。 表7: 貿易自由化による経済厚生の変化(シナリオ T1) 等価変分 等価変分の 対GDP比 [百万米ドル] [%] 日本 6,749 0.17 中国 –345 –0.03 インド 13 0.00 インドネシア –43 –0.03 バングラデシュ –2 –0.00 ベトナム 62 0.19 タイ 253 0.22 フィリピン –8 –0.01 アメリカ 1,926 0.02 オーストラリア 125 0.04 その他アジア 280 0.02 その他地域 –656 –0.01 合計 8,354

(28)

表 8: シナリオとその推定結果 平均 [百万米ドル] [%] T0 - - - - 0 0 94.0 T1 x - - - 8,962 0 58.7 R0 - - x - 1 24 94.0 R1 x - x - 8,965 162 59.2 J0 - x - - –176 1140 93.7 J1 x x - - 8,949 191 58.3 A0 - x x - –175 1140 93.7 A1 x x x - 8,952 256 58.7 S - x x x –79 1001 91.9 シナリオ 日本に関するシミュレーション結果 貿易 自由化 生産性ショック 備蓄米 シナリオ構成要素 日本 日本以外 の地域 標準偏差 等価変分 コメの自給率 (平均値) 注: 各シナリオの日本の等価変分の分布は図 7, 10, 11, 12, 15 おいて示されている。 表 9: 日本に関する自由化後の中長期的均衡のシミュレーション結果 生産 消費 輸入 資本 労働 土地 籾・玄米 –97.2 16.3 5012.9 –97.3 –97.3 –96.6 小麦 46.3 5.5 –5.0 42.2 42.2 79.0 その他農業 5.8 5.9 –6.6 3.8 3.8 30.6 加工米 –43.4 13.0 1607.4 –43.4 –43.4 – その他食品 5.3 5.5 –0.7 5.3 5.2 – 製造業 0.7 –0.1 –0.8 0.7 0.6 – サービス 0.0 –0.1 –0.5 0.1 0.0 – 交通 –0.1 –0.2 –0.5 –0.0 –0.1 – 生産 消費 輸入 資本 労働 土地 籾・玄米 –9.7 –62.7 –84.6 –0.1 – –68.3 小麦 –8.1 –1.1 1.3 –0.1 – –68.3 その他農業 –5.9 –5.0 –0.3 –0.1 – –68.3 加工米 –35.8 –50.4 –82.7 –0.1 – – その他食品 –1.8 –1.5 0.6 –0.1 – – 製造業 –0.1 –0.1 0.2 –0.1 – – サービス –0.1 –0.1 0.2 –0.1 – – 交通 –0.1 –0.1 0.2 –0.1 – – 数量の変化 [%] 生産要素 価格の変化 [%] 生産要素 注: シナリオ T0 からの変化を表す。労働が基準財となっているため、賃金率は変化しない。

(29)

表 10: 経済厚生への影響(シナリオ M, Q) シナリオ M [百万米ドル]等価変分 等価変分の対GDP比 最小 平均 最大 [%] 日本 13,004 14,347 15,163 0.35 中国 –2,391 77 1,358 0.01 インド –1,908 –71 937 –0.02 インドネシア –497 –33 372 –0.02 バングラデシュ –1,291 –43 504 –0.09 ベトナム –121 37 178 0.11 タイ –74 179 395 0.16 フィリピン –1,043 –41 361 –0.06 アメリカ 1,031 2,000 3,027 0.02 オーストラリア –2 156 381 0.05 その他アジア –1,558 –511 482 –0.04 その他地域 –1,747 –214 1,346 –0.00 合計 15,867 0.05 シナリオ Q [百万米ドル]等価変分 等価変分の 対GDP比 最小 平均 最大 [%] 日本 –105,645 –92,775 –80,122 –2.29 中国 –2,041 353 1,623 0.03 インド –1,626 555 1,799 0.12 インドネシア –532 –45 378 –0.03 バングラデシュ –1,343 –42 528 –0.09 ベトナム 1,012 1,377 1,740 4.21 タイ –236 21 252 0.02 フィリピン –1,209 –118 314 –0.16 アメリカ –2,185 –1,549 –745 –0.02 オーストラリア –623 –579 –527 –0.17 その他アジア 2,901 4,699 6,460 0.38 その他地域 –2,058 –540 975 –0.00 合計 –88,688 –0.29 注: 等価変分の対 GDP 比は等価変分の平均を用いて計算した。

(30)

図1: コメの生産性変動 [単位: トン/ヘクタール] 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1990 1992 1994 1996 1998 2000 2002 2004 中国 インド インドネシア バングラデシュ ベトナム タイ フィリピン 日本 アメリカ オーストラリア その他アジア その他地域 図2: 世界貿易モデルの構造

(31)

図3: モデルの構造––家計消費

図4: 生産性ショックと貿易自由化の日本の経済厚生への影響

(32)

図6: 生産要素の部門間移動と生産性ショックのタイミング 貿易自由化+生産性ショック 労働の部門間移動 シナリオR, J, A の仮想的均衡 貿易自由化 生産性ショック(+輸出制限) 労働の部門間移動 すべての生産要素の部門間移動 自由化後の中長期的均衡 シナリオQ, M の仮想的均衡 t t

-短期モデル

-中長期モデル

図7: 国外の生産性ショックが日本の経済厚生に与える影響 [単位: 百万米ドル] 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 ~ –6, 000 ~ –5, 000 ~ –4, 000 ~ –3, 000 ~ –2, 000 ~ –1, 000 ~ 0 ~ 1, 000 ~ 2, 000 ~ 3, 000 ~ 4, 000 ~ 5, 000 ~ 6, 000 ~ 7, 000 ~ 8, 000 ~ 9, 000 ~ 10, 000 ~ 11, 000 ~ 12, 000 ~ 13, 000 頻度 シナリオ R0 シナリオ R1

(33)

図8: 国外の生産性ショックが日本の加工米輸入価格に与える影響 [単位: 基準均衡(シナリオ T0)価格を 1 とした価格指数] 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 ~ 0. 00 ~ 0. 20 ~ 0. 40 ~ 0. 60 ~ 0. 80 ~ 1. 00 ~ 1. 20 ~ 1. 40 ~ 1. 60 ~ 1. 80 ~ 2. 00 ~ 2. 20 頻度 シナリオ R0 シナリオ R1 注: ここでの価格は、図 2 で示した合成輸入財の価格を意味する。 図9: 国外の生産性ショックが日本の家計の加工米消費量に与える影響 [単位: 基準均衡消費額(百万米ドル)にキャリブレートした数量指数] 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 ~ 20, 00 0 ~ 22, 00 0 ~ 24, 00 0 ~ 26, 00 0 ~ 28, 00 0 ~ 30, 00 0 ~ 32, 00 0 ~ 34, 00 0 ~ 36, 00 0 ~ 38, 00 0 ~ 40, 00 0 ~ 42, 00 0 頻度 シナリオ R0 シナリオ R1 図10: 国内の生産性ショックが日本の経済厚生に与える影響 [単位: 百万米ドル] 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 ~ –6, 000 ~ –5, 000 ~ –4, 000 ~ –3, 000 ~ –2, 000 ~ –1, 000 ~ 0 ~ 1, 000 ~ 2, 000 ~ 3, 000 ~ 4, 000 ~ 5, 000 ~ 6, 000 ~ 7, 000 ~ 8, 000 ~ 9, 000 ~ 10, 000 ~ 11, 000 ~ 12, 000 ~ 13, 000 頻度 シナリオ J0 シナリオ J1

(34)

図11: 国内と国外の生産性ショックが日本の経済厚生に与える影響 [単位: 百万米ドル] 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 ~ –6, 000 ~ –5, 000 ~ –4, 000 ~ –3, 000 ~ –2, 000 ~ –1, 000 ~ 0 ~ 1, 000 ~ 2, 000 ~ 3, 000 ~ 4, 000 ~ 5, 000 ~ 6, 000 ~ 7, 000 ~ 8, 000 ~ 9, 000 ~ 10, 000 ~ 11, 000 ~ 12, 000 ~ 13, 000 頻度 シナリオ A0 シナリオ A1 図12: 国内と国外の生産性ショックが日本の供給熱量に与える影響 [単位: 1 人 1 日あたり kcal] 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 ~ 2, 500 ~ 2, 550 ~ 2, 600 ~ 2, 650 ~ 2, 700 ~ 2, 750 ~ 2, 800 ~ 2, 850 ~ 2, 900 ~ 2, 950 ~ 3, 000 頻度 シナリオ A0 シナリオ A1 図13: 備蓄米放出が日本国内の加工米価格に与える効果 [単位: 基準均衡価格を 1 とした価格指数] 0 50 100 150 200 250 ~ 0. 80 ~ 0. 84 ~ 0. 88 ~ 0. 92 ~ 0. 96 ~ 1. 00 ~ 1. 04 ~ 1. 08 ~ 1. 12 ~ 1. 16 ~ 1. 20 ~ 1. 24 頻度 シナリオ A0 シナリオ S

(35)

図14: 備蓄米放出が日本の加工米消費量に与える効果 [単位: 基準均衡消費額(百万米ドル)にキャリブレートした数量指数] 0 50 100 150 200 250 ~ 20, 500 ~ 20, 700 ~ 20, 900 ~ 21, 100 ~ 21, 300 ~ 21, 500 ~ 21, 700 ~ 21, 900 ~ 22, 100 ~ 22, 300 ~ 22, 500 ~ 22, 700 頻度 シナリオ A0 シナリオ S 図15: 備蓄米放出が日本の経済厚生に与える影響 [単位: 百万米ドル] 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 ~ –6, 000 ~ –5, 000 ~ –4, 000 ~ –3, 000 ~ –2, 000 ~ –1, 000 ~ 0 ~ 1, 000 ~ 2, 000 ~ 3, 000 ~ 4, 000 ~ 5, 000 ~ 6, 000 ~ 7, 000 ~ 8, 000 ~ 9, 000 ~ 10, 000 ~ 11, 000 ~ 12, 000 ~ 13, 000 頻度 シナリオ A0 シナリオ S 図16: 輸出制限が日本の供給熱量に与える影響 [単位: 1 人 1 日あたり kcal] 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 ~ 1, 200 ~ 1, 450 ~ 1, 700 ~ 1, 950 ~ 2, 200 ~ 2, 450 ~ 2, 700 ~ 2, 950 ~ 3, 200 ~ 3, 450 ~ 3, 700 頻度 シナリオ M シナリオ Q

(36)

付録: 感応度分析

A.1 感応度分析: 合成食料財の価格弾力性

本文中で示したシミュレーションでは、家計の合成食料財生産CES 関数の代替弾力性

ε

f として0.1 という値を仮定したが、これは、コメ、および、その他の農産物・食料需要の価格弾力性と近似的に一致 する。この 0.1 という値は、しかし、コメの価格弾力性の値としては、ひょっとしたら小さすぎるかも知れな い。Chern et al. (2002)以外の日本のコメの価格弾力性推定値はみな 1 より小さい傾向を持つが、1 以下であるとしても、その範囲のどの値が広く合意を得られる値であるかは、実は自明ではない(表 A.1)。 そこで、この弾力性値についての感応度分析を行った。ここでは、

ε

f を 0.1 とするかわりに 1.0 と仮定 して同様のシミュレーションを行った。その結果、消費の増加の程度は更に大きくなり、程度は小さいが、 国内コメ生産の減少幅を小さくすることが分かった(表 A.2)。コメの輸入が増加し、食料需要がより価格 弾力的になったために価格調整は以前ほど目立たなくなった。経済厚生への影響は、本文で示したシ ミュレーション結果と比べて約40%大きくなった(表 A.3)。 より大きな弾力性値を仮定することで、家計消費はより敏感に価格に反応するようになり、自由化シナ リオであるシナリオR1, J1, A1 での厚生分布の標準偏差が大きくなった(表 A.4)。図 A.1 から A.4 が 示すように、シナリオR0, R1, J0, J1, A0, A1 の結果について言うと、貿易自由化の有無で 2 種類描 かれる経済厚生や供給熱量の分布は、この場合でも互いに重なることはない。また図 A.5 は、シナリオ S で考察した備蓄米が大して目立った効果を持たない、という本文中に示した結果の頑健性も示唆す る。より大きな価格弾力性を仮定することで、自由化が自給率を押し下げる効果はより大きくなる。実際、 自由化を考えたシナリオでは、表8 におけるものと比較して、自給率の平均値が 2%ポイントほど低くな る。結論として、合成食料財生産関数の代替の弾力性を1.0 としても、0.1 としても、われわれの分析結 果が質的に異なることはなかった。

(37)

表A.1: コメ需要の価格弾力性の推定 価格弾力性の 推定値 コメの種類 標本期間 標本の種類 データの出所 大塚 (1984) 0.095–0.127 米類 1955–80 年次 家計調査, 農家経 済調査報告 0.2153–0.4091 うるち米 1.4161–2.7977 他のうるち米 1.07 1972–75 1.21 1976–82 0.280 うるち米 1968–84 年次 家計調査 0.184 1968–84 0.103 1974–84 0.469 自主流通米 1.104 政府1・2類米 0.919 標準価格米 1.811 他のうるち米 0.365 標準価格米 Kako et al. (1997) 0.130 米 1970–91 年次 家計調査 茅野 (2000) 0.3315 米(粗食料) 1970–94 年次 食料需給表 Chern (2001) 0.140 米 1986–95 プール 家計調査 1.824 米(全標本) 1.551–1.906 米(5所得階層別) Chern et al. (2002) 1997 横断面 家計調査 長谷部 (1996) 1969–73, 77–86 年次 家計調査 草刈 (1991) 1981–88 月次 米の消費動態調 査, 米麦等の取引 価格年報 小林 (1988) 米(粗食料) 年次 食料需給表 澤田 (1984) 1963–79 年次 家計調査 澤田 (1985) 他のうるち米 プール 家計調査 注: 通常の有意水準で統計的に有意な推定値のみを表示した. 表A.2: シナリオ T1 における日本のシミュレーション結果(

ε

f =1.0) 生産 消費 輸入 籾・玄米 –29.9 70.6 1,924.0 小麦 0.4 –1.4 0.4 その他農業 0.0 –0.2 –1.1 加工米 –8.9 73.1 1,847.4 その他食品 0.5 0.3 –1.7 製造業 0.5 –0.3 –1.1 サービス –0.0 –0.1 –0.9 交通 0.0 –0.2 –0.8 生産 消費 輸入 籾・玄米 –33.8 –41.5 –68.3 小麦 1.2 1.3 1.3 その他農業 –0.1 0.0 0.4 加工米 –28.9 –42.3 –78.1 その他食品 –0.5 –0.4 0.4 製造業 0.2 0.2 0.5 サービス –0.0 –0.0 0.4 交通 0.0 0.0 0.4 価格の変化[%] 数量の変化[%]

図表  表 1: 日本のコメ輸入と貿易障壁  輸入額 貿易障壁 輸入額 貿易障壁 日本への輸出国 [百万米ドル] [%] [百万米ドル] [%] 中国 1.0 1,000 43.9 1,135 インド 0.4 0 1.5 829 インドネシア 0.0 0 1.5 0 バングラデシュ 0.0 0 0.1 929 ベトナム 0.2 0 3.7 929 タイ 0.0 0 27.8 1,186 フィリピン 0.0 0 1.4 0 アメリカ 33.2 804 65.0 929 オーストラリア 7.4 804 28.0
表 3: モデルにおける地域と部門の分割  地域 部門 日本 籾・玄米* 中国 小麦 * インド その他農業* インドネシア 加工米* バングラデシュ その他食品* ベトナム 製造業 タイ サービス フィリピン 交通 アメリカ オーストラリア その他アジア その他地域 注: *(アステリスク)は合成食料財に利用される財を生産する部門である。  表 4: シミュレーション・シナリオと構成要素  T0 - - - -  -T1 x - - -  -R0 - - x -  -R1 x - x -  -J0 - x
表 5: コメの生産性の回帰分析結果と抽出標本の基本統計量  [従属変数: 生産性指数(2001=1.00)]  最小 最大 日本 –9.735 0.005 0.080 0.088 0.75 1.31 (–1.02) (1.12) 中国 –12.946 0.007 0.026 0.606 0.91 1.08 (–4.16)** (4.47)** インド –15.658 0.008 0.042 0.453 0.87 1.16 (–3.10)** (3.28)** インドネシア –4.280 0.003 0.0
表 6: シナリオ T1 における日本に関するシミュレーション結果  生産 消費 輸入 籾・玄米 –48.7 9.5 1,545.8 小麦 0.5 2.8 2.8 その他農業 0.8 2.7 3.8 加工米 –36.8 10.2 1,217.4 その他食品 2.4 2.9 1.2 製造業 0.4 –0.3 –0.8 サービス –0.0 –0.1 –0.7 交通 –0.1 –0.1 –0.8 生産 消費 輸入 籾・玄米 –37.3 –46.2 –71.6 小麦 1.9 1.5 1.3 その他農業 2.8 2.
+7

参照

関連したドキュメント

Sociocultural norms, along with the tenets of Confucianism, place an expectation on Japanese women to take on major caregiving responsibilities for their frail, elderly parents

The 100MN hydraulic press of the whole structural model based on the key dimension parameters and other parameters is analyzed in order to verify the influence of the

(ed.), Buddhist Extremists and Muslim Minorities: Religious Conflict in Contemporary Sri Lanka (New York: Oxford University Press, 2016), p.74; McGilvray and Raheem,.

Changes in the Designated Security Plan Article 5 If the owner of the designated Japanese vessel certified as set forth under paragraph 1 of the preceding Article hereinafter

The fact that Japanese links inclusion and partial inclusion is hardly evidence that the IN/ON continuum is deeply relevant, since functional considerations naturally link the

sleeping in Wolfram Manzenreiter, Barbara Holthus (eds) Happiness and the good life in Japan. Sexlessness Among Contemporary Japanese Couples, In: Beniwal A., Jain

Sarieddine ed., Congress and the Foreign Policy Process: Modes of Legislative Behaviors (Louisiana University Press, 2000); Kelley, Donald R., Divided Power: The

McGraw eds., 2012, Improving Public Opinion Surveys: Interdisciplinary Innovation and the American National Election Studies, Princeton University Press. Weimer, 2003, “The Advent of